かゆみ 止め 塗り薬。 虫さされにおすすめのかゆみ止めの人気ランキング10選【ウナクール・ムヒアルファEXなど】

汗疱がかゆい嫌だ!市販薬でゆみ止めはある?ムヒは使って良いの?

かゆみ 止め 塗り薬

目次からササッとチェック• どうして肌はかゆくなるのか? 肌がかゆくなる原因には 『ヒスタミン』という物質が大きく関与しています。 ヒスタミンは 何らかの刺激を受けると活性化し、かゆみを引き起こします。 では、このヒスタミンが活性化し、 かゆみが起こる原因には何があるのかを見ていきたいと思います。 かゆみの原因 1. 虫刺され 暑い季節になると厄介なのが 蚊の存在ですよね。 蚊に刺されて血を吸われると猛烈なかゆみを感じます。 それはなぜかというと、蚊が血を吸う為に動物の体内に管を挿入する時、 血を固まらせない様に唾液を注入するのです。 これがヒスタミンと反応して 強いかゆみを発生させるのです。 かゆみの原因 2. アレルギー 人間の体には防衛機能としての 免疫機構があるのですが、体質によって、 特定の刺激に過剰に反応してしまう事があります。 これがいわゆる アレルギー反応です。 刺激となるものは食べ物や金属、紫外線などまであり様々です。 このアレルギー反応を引き起こしているのが前述の ヒスタミンなのです。 アレルギー反応には皮膚が赤くなってかゆみが起こるものから、 喘息や痙攣といった重篤な症状が出てしまう物まであります。 かゆみの原因 3. アトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎もアレルギーの一種です。 こちらはよく知られている通り、 皮膚の湿疹や猛烈なかゆみが特徴の疾患です。 アレルギー体質の人の他にも、肌を守る機能が弱い人に見られます。 アトピー性皮膚炎は、子供の頃は何ともなかったのに、 大人になってから症状が出てきた、というケースもあり、多くの方が悩まされています。 かゆみの原因 4. 何らかの肌の炎症 特に原因が思い当たらないのに肌のかゆみがある、という人もいます。 このタイプは 元々肌が弱かったり敏感だったりする為、ちょっとした刺激でもヒスタミンが出て かゆみなどが引き起こされやすい体質といえます。 例えば肌に服や髪の毛が触れたり、体温が上がったりするだけで赤みやかゆみが出てしまう事もあります。 また、肌の赤みに特徴的な盛り上がりがある場合は じんましんである可能性も考えられます。 かゆみの原因 5. 乾燥 肌の乾燥によってもかゆみが引き起こされます。 特に冬場は肌がどうしても 乾燥しがちで、かゆみに悩まされている方も多いはず。 また、実は 夏も肌が乾燥しやすい季節なんです。 なぜなら 暑さによって肌の水分が蒸発し、乾燥が起こりやすいから。 肌のかゆみに何も原因が思い当たらない場合は、 実は肌が乾燥していた、というケースもあり得そうです。 肌のかゆみでおかしいと思ったら、まずは病院へ! 肌のかゆみには 色々な原因がある事が分かりました。 そして、かゆみって中々 我慢ができないものですよね。 そんな時、薬局などで薬を買って、一刻も早くかゆみを治めたいと思われる事と思います。 ですが、 自己判断で薬を買うのはちょっと待った! 自己判断で薬を使ったらかゆみが悪化する?! とにかくかゆみを止めたい!と思って、効きそうな薬を薬局で買って使う…のは、 おすすめできない場合があります。 なぜなら、人によっては使用したかゆみ止めの薬で 更に反応が起こり、かゆみが悪化してしまう事も考えられるからです。 また、自分ではかゆみの原因はこれじゃないかな?と思っても 実は原因は別にあった、という事も充分に考えられます。 ステロイドの入っている薬には注意! かゆみ止めの薬によく成分として使用されている ステロイドという物質があります。 こちらは皮膚の炎症を 強力に抑えてくれる成分なのですが、効果が強力な分、 副作用にも注意が必要なんです。 例えば、過剰に使ってしまうと皮膚細胞の増殖が抑えられて皮膚が薄くなってしまったり、 肌の表面の免疫、防衛機能を弱めてしまったりする事があります。 市販薬の中にはステロイドが含まれているものも普通にありますので、 知らず知らずのうちに過剰に使ってしまっていては危険かもしれません。 病院で診てもらうのがやっぱり安全! かゆみに悩まされているのであれば、市販薬で安く済ませたくなる気持ちも分かりますが、まずは 皮膚科などに掛かる事をおすすめします。 かゆみの原因がはっきり分かると 薬を使う上でも安心ですし、病院で処方される薬の方が効果的であるケースもあります。 また、勝手に使った薬で症状が悪化する事があれば、 結局病院代が高くついてしまう事にもなりかねません。 やはり、体の異常があった時は なるべく早い内に病院で診てもらう事を強くおすすめします。 ひびやあかぎれに効く塗り薬として有名なユースキンの別バージョン、 ユースキンIです。 この塗り薬はかゆみを素早く抑えてくれると同時に 肌の保湿効果も与えてくれる製品です。 ですので、 乾燥によるかゆみに効果的なお薬という訳なのです。 また、肌馴染みとのびの良いクリームタイプの薬なのにべたつかず、 さっぱりとした使用感なのも嬉しいポイントです。 おすすめの最強かゆみ止めはこれ!【パッチ編】 さて、最後に最強かゆみ止め薬としてご紹介したいのが、患部に貼り付ける パッチタイプのかゆみ止めです。 かゆみ止めとしての効果だけではなく、絆創膏の様に 患部を守ってくれるのが嬉しいかゆみ止め薬と言えます。 かゆみ止めに最強塗り薬 マキロンパッチエース.

次の

非ステロイドのかゆみ止め一覧。脱ステ時やリバウンド時にも使える塗り薬を集めました。

かゆみ 止め 塗り薬

冷たいという感覚がかゆみ神経の活動を抑えるからです。 冷たいおしぼりやアイスノンをやわらかい布に包んで患部にあてる、冷房を強くする、冬なら暖房を切るなどの工夫も必要です。 最近では、保湿外用薬もスプレーになっていて、冷やす効果があるものも市販されています。 このようなスプレーを携帯しておくことも考えてみてください。 ・「別のことを考える」、「無視する」 別のことを考えて、かゆみに意識が集中しないようにすることです。 体を動かす、好きなことをする(本を読む・ゲームをする)など、意識を他に向けることは大切です。 子供の場合、遊びに集中しているときは、ほとんど引っ掻いていていないのを、お母さんは気づいていると思います。 ・飲み薬 現在、手に入るかゆみ止めの飲み薬は、抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬と呼ばれるものです。 どちらも、かゆみを起こすヒスタミンという体内の物質を主に抑えることでかゆみ止めとして働きます。 薬によっては、その他に炎症を抑える力を持つものもあります。 また、薬によっては眠気を感じるものもありますが、かゆみ止めの効果も眠気の副作用もかなり個人差があります。 主治医と相談しながら、自分に一番合ったかゆみ止めを見つけるようにしましょう。 これらの薬を飲むことによってアトピー性皮膚炎のかゆみをある程度やわらげることができますが、完全に止めることはできません。 アトピー性皮膚炎のかゆみには、ヒスタミンだけではなく、他のいろいろなものが関与しているからです。 かゆみ止めの飲み薬を、ステロイド外用薬やプロトピック軟膏などの外用薬と組み合わせることによって、より強いかゆみの抑制効果を発揮することができます。 かゆみ止めの飲み薬は、あくまでも補助療法です。 かゆみや炎症が激烈な場合には、セレスタミン、プレドニン、リンデロンなどのステロイドの飲み薬を一時的に服用する場合もあります。 その場合、特に副作用を出さぬよう、主治医の指導通りに服用することが大切です。 かゆみに効く塗り薬 かゆみの治療には、スキンケア・セルフケアと並んで薬物療法があります。 かゆみが発生した場合、病院よりかゆみの軽減を図るため外用薬(塗り薬)を処方してくれる場合があります。 皮膚の炎症を抑える外用薬 ステロイド外用薬 ステロイドは、副腎皮質ホルモンともいい、湿疹が発生した部分に用いる外用薬で、効き目の強さが5段階に分かれています。 効果は比較的良くあらわれますが、長期にわたって強いステロイドを利用しつづけると、皮膚が薄くなる・弱くなるという副作用が発生する可能性があります。 特に顔に用いる場合には、ニキビが出やすくなる、血管が浮き出て赤ら顔になるといった症状が出る場合があるので、注意しましょう。 非ステロイド系外用薬 ステロイドを含まない外用薬として、タクロリムス軟膏や消炎外用薬があります。 タクロリムス軟膏は、免疫抑制薬を外用薬に用いたもので、元々臓器移植などの際に用いられていました。 かゆみが発生しているような皮膚のバリア機能が損なわれた場合に、この薬が浸透する特徴がありますが、2歳未満の子供には使用できないという特徴があります。 また消炎外用薬はステロイド外用薬と比べると炎症を抑える作用が弱い薬ですが、副作用が少ない外用薬です。 そのため症状が軽い場合に利用します。 それでも、副作用でかゆみが止まらない場合、皮膚が赤くなった場合は、皮膚科に行くことをおすすめします。 最後に 外用薬を塗るときは、強くすり込むことは避けましょう。 逆に皮膚を強く刺激してしまい逆効果です。 上手に塗るコツは、症状が出ている部位に薬を点状に少しずつ塗布し、それを指の腹や手のひらで薄く伸ばすように広げることが重要です。 かきむしりたいけどグッと我慢…虫刺されのかゆみ対策に使える日用品知ってますか? 虫刺されは掻いてはいけないとわかっていても、襲ってくるかゆみに対抗しがたい方もいるかもしれません。 日用品の中から、虫刺されのかゆみ対策に向いているものをいくつか紹介します。 よりよいのは生の蜂蜜をそのまま塗ることで、やや肌がべたべたしますので落とすときには流水を使って落とすこと、清潔なタオルで拭くことを忘れないでください。 健康な肌は弱酸性 pH6くらいまで ですが、炎症が出来るとpHバランスが乱れてしまいます。 その結果、虫刺され後の肌トラブルにつながることもあるのです。 重曹は、pHバランスを整えてくれる働きがあるので、水で軽く溶かして塗りましょう。 虫刺されが多い場合は、お風呂に少量を溶かして入るのも効果的な方法です。 虫刺されのかゆみは、血流が良くなるとますますかゆくなる特徴を持っているので、血流を悪くするために氷や保冷剤で冷やすと効果的なのです。 氷や保冷剤を使うのは虫刺されの患部を流水で流した後、清潔なタオルなどで拭いてからがよいです。 まずは、皮膚に付着している虫の唾液などを完全に落としてから冷やさないと、清潔が保たれないからです。 虫刺されのかゆみを止めるために、ほかにはサロンパスや湿布などを貼るという方もいます。 かゆみを伴うアトピー性皮膚炎について 皮膚のかゆみで、最もポピュラーな病気の一つに、アトピー性皮膚炎があります。 具体的にどのような病気で、どのような症状が発生してしまうのか、ここでまとめました。 症状としては、激しいかゆみを伴う慢性の皮膚炎であり、特定の体の場所に繰り返し症状が出ます。 アトピー性皮膚炎は乳幼児に多く見られますが、近年では成人の患者が増加する傾向にあります。 症状については、年齢によって症状が異なります。 乳児期の場合、首や胸、四肢の部分にかゆみを伴う皮膚炎が発症します。 しかも、乳幼児のアトピーはじくじくとした湿潤性のものとなります。 小児期~成人期のアトピー 小児期の場合のアトピー性皮膚炎は、からだ全体の乾燥が進み膝の裏側やおしりにも症状が発生します。 思春期や成人期になると、皮膚の乾燥がさらに進み、厚くなったり硬くなったりすることとなります。 アトピー性皮膚炎の場合、遺伝的な原因もあり、遺伝的にアレルギーを起こしやすく、しかも、皮膚が乾燥しやすいという特徴があります。 具体的な原因物質としては、ハウスダスト・ダニ・カビなどの他、卵や牛乳・米・大豆などの食物がアレルギーの原因になることもあるのです。 治療方法 軽症の場合は保湿剤を利用していますが、強いかゆみがみられる場合には、ステロイド外用薬を塗る他、抗ヒスタミン剤などを内服します。 また、原因となるアレルギー物質を除去すること、食事の場合はその食物を避けることも重要です。 まとめ アトピー性皮膚炎は、小児期に発症することが多い皮膚炎で強いかゆみを伴う症状ですが、小児期に治療をしっかりおこなうことで治ることが多い病気です。 治るまでには時間がかかりますが、根気よく治療を続けていくことが大事です。

次の

【市販薬】かゆみ止めの薬は飲み薬・塗り薬・パッチどれが最強?

かゆみ 止め 塗り薬

「かゆみ」の他に腫れ・ただれ・ほてりといった「炎症」を伴うときには、ステロイド剤のかゆみ止めが有効です。 虫にさされると、白血球がかゆみ・炎症を引き起こす物質を放出します。 長時間かゆみが止まらないのは、この白血球の働きが原因。 ステロイド剤はこの白血球の働きを抑制し、かゆみと炎症を抑える働きを持っています。 かゆみや炎症に効果の高いステロイド剤ですが、使用には注意が必要。 例えば、使用する体の部位によってステロイドの吸収率は異なり、特に頬やおでこは吸収率が高くなります。 ステロイド剤を使用する際には、必ず注意書きをよく読んで使用方法を守りましょう。 また、ステロイド剤は含有量によって、強さが5段階に分かれています。 症状によって使い分け、特にお子さまに使用する場合には含有量に注意してください。 ステロイド剤には、酢酸デキサメタゾン・吉草酸酢酸プレドニゾロン・酢酸ヒドロコルチゾンなどがあります。 清涼感のあるクリームタイプで、 ダニ・ノミから毛虫やクラゲまで、あらゆる虫さされを想定した かゆみ止め。 2種類のかゆみ止め成分のほか、アンテドラッグステロイド型の抗炎症成分PVAや、殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールなどを配合しています。 清涼感を与える成分も2種類配合し、べたつきがちな夏場でも塗った後にスーッとした気持ちよさが期待できますね。 ちなみに、ムヒアルファEXには液体タイプもありますが、どちらも効き目は同じ。 ただ、クリームタイプの方が使用感がおだやかです。

次の