新潟 感染 者。 新型コロナウイルス感染症対策 事業者の皆様へ

【新型コロナ】新潟市北区の感染者のうち複数人がカラオケ店を利用|感染者は誰?どこのカラオケ? クラスターの可能性は?

新潟 感染 者

患者発生の情報は、このページの「患者の発生について(報道資料)」をご覧ください。 1 本ホームページの情報について ・令和2年6月21日時点の厚生労働省報道発表等に基づき作成しています。 ・最新の情報は厚生労働省のホームページを御確認下さい。 <外部リンク> <外部リンク> <外部リンク> <外部リンク> 【インターネット・SNS上の情報について】 ・インターネットやSNS上において、新型コロナウイルス感染症に関する様々な情報が掲載されていますが、中には不確かな情報や事実とは異なる情報もあります。 ・むやみに転載・拡散することなく、厚生労働省や県などの公的機関のホームページ等で情報を確認いただきますようお願いします。 人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-Cov(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMers-Cov(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。 <外部リンク> ・世界保健機関(WHO)の緊急委員会は、1月31日未明(日本時間)、中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生状況が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(Pheic: Public Health Emergency of International Concern)」に該当すると発表しました。 ・このような状況を踏まえ、新型コロナウイルス感染症は、感染症法に基づく「指定感染症」に指定され、また、検疫法に基づく「検疫感染症」に指定されました。 (令和2年2月1日施行) ・また、令和2年2月25日(火曜日)に、「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」が厚生労働省より示されました。 3 県民の皆様へのお願い (1)今後も厚生労働省や各関係機関と密に連携しながら、迅速で正確な情報提供に努めてまいります。 (2)県民の皆様におかれましては、咳エチケットや手洗い等、引き続き通常の感染対策に努めていただくようお願いします。 また、風邪症状があれば、外出を控えていただき、やむを得ず、外出される場合にはマスクを着用していただくよう、お願いします。 <外部リンク> <外部リンク> <外部リンク> (3)集団感染の共通点は、特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。 換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。 (4)新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安について 1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと ・発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。 ・発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。 ・基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話で御相談ください。 2.帰国者・接触者相談センター等に御相談いただく目安 ・少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) (妊婦の方へ) ・妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。 (お子様をお持ちの方へ) ・小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 これまで通り、検査の必要性については医師が個別に判断します。 3.医療機関にかかるときのお願い ・複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。 ・医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。 また、検査実施の際には積極的な検体の確保に御協力くださるようお願いします。 (2)検査件数:4,913件 【うち陽性事例:84件(再陽性事例1を含む)】 6 参考リンク• <外部リンク>• <外部リンク>•

次の

【新潟】上越市コロナ感染者は誰?行動歴や経緯はどこか調査!

新潟 感染 者

20人以上を接客か?市が利用者に呼びかけへ• 新潟市は18日、17日に新型コロナウイルスの感染が判明した新潟市東区の飲食店従業員の20代女性について、新潟駅前のキャバクラ「Club NOA(クラブ ノア)」に勤務していたと発表• 不特定多数の客と接触している可能性がある• 市によると、女性は7~10日に勤務• 少なくとも20人の接客をしたという• この4日間に同店を訪れ、発熱などの症状が出た場合は帰国者・接触者相談センター(025・212・8194)に電話するよう呼びかけている 新潟市では不特定多数の方が利用していた施設と日時を公開しています。 次の施設をご利用の方へのお願い 新潟市内において新型コロナウイルスに感染した方が立ち寄った施設の中で、不特定多数の方と接触している可能性があることが判明しました。 次の日時に施設を利用していた方で、利用後約2週間以内に、次のような症状が現れた方は、「帰国者・接触者相談センター」(025-212-8194)にご相談いただくことをお願いします。 【ご相談いただく症状の目安】 37. 5度以上の熱が4日以上続き、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある (高齢者や基礎疾患のある方は2日程度) 対象施設 Club NOA(クラブ ノア) 中央区東大通1-7-1 第一ビル5F 4月7日火曜日から4月10日金曜日 現在、当該店舗において感染が確認されているのは、2名です(感染経路不明)。 なお、当該店舗は、4月11日土曜日から当面のところ、自主的な判断で閉店しています。 どの子もお酒が大好きでノリのいい子ばかり。 ワイワイと盛り上げ上手な子が多いので、パーッと盛り上がりたい時はぜひ当店へ脚をお運びください。 日ごろの疲れなんか飲んで笑って全部流しちゃいましょう。 1セット50分・お一人様6,000円、お2人様以上なら5,000円でご案内します。 初めての方でもわかりやすい明朗会計ですのでご安心ください。 不安な方はスタッフが丁寧にご説明させていただきます。 ご来店の際にお気軽にお声掛けくださいね。 新潟エリアに住んでいる方はもちろん、旅行や出張で新潟へお越しの方もぜひお店に来てみてください。 キャバクラ遊びが好きな方でもあっと驚かせる自信があります。 可憐で無垢な女の子と一緒に美味しいお酒をご用意してご来店お待ちしております。

次の

【新潟】上越市コロナ感染者は誰?行動歴や経緯はどこか調査!

新潟 感染 者

新潟県で5名が新型コロナの感染確認、全員が同じ卓球スクール会員 3月3日も、続々と新型コロナウイルスの感染者が明らかとなった。 新潟市では、新たな「クラスター」、つまり集団感染が発生したと見られている。 その場所は…。 「卓球スクール」だ。 これまで、新潟県で新型コロナウイルスの感染が確認されたのは5人。 全員が同じ卓球スクールの会員だったという。 2月29日に感染が明らかとなった1例目の感染者は、母親の介護のため、東京から新潟市に帰省していた60代の男性。 18日と20日に卓球スクールを訪れていた。 さらに加茂市で郵便局の集配業務に携わる40代男性、新潟市の50代女性と60代女性、そして自営業の40代男性の感染も明らかになっている。 新潟市によれば、5人は同じ卓球スクールに通っていて、最初に感染が確認された60代の男性と他の4人は、それぞれ接触があったという。 さらに…。 「全体を2つに仕切るような形で卓球台が配置されており、その仕切りの、1件目の男性と同じ側で教室に参加されていた方、全員に調査を行ったということでございます。 31名です」 新潟市によると、18日と20日に、1例目の感染者の近くで卓球をしていた31人を濃厚接触者として、調査を進めているという。 さらに、24日には、卓球スクールのインストラクターや会員らが懇親会を開いていたといい、1例目の感染者や他の感染者も参加していたことが分かっている。 スクールの関係者、「生徒と先生の距離は近い」と証言 卓球スクールの中で、会員らはどのように練習していたのか? 「直撃LIVEグッディ!」は関係者に話を聞いた。 卓球スクールの関係者: 教室は卓球台が3列に5~6台ずつ、合計16台並んでいます。 卓球台を挟むと4mの距離で、濃厚接触の距離ではないが、激しい運動をしており息も荒く、声を出しているから感染する可能性もあるかもしれません。 卓球スクールの関係者: 生徒のフォームを指導する際は接触することもあるので、生徒と先生の距離は近いです。 空調は教室の間はつけており、切ることはありません。 現在、この卓球スクールは休業している。 また、感染者が他の複数の体育館を利用していたことも明らかになっており、新潟市は市内の体育館を3月15日まで休止にするという。 「比較的広い空間でも、条件がそろえば感染する可能性がある」 大村正樹フィールドキャスター: 卓球スクールの関係者によると、教室の広さは40m四方で、ちょっとした体育館くらいのスペースがあります。 また、最初に感染が判明したのは2月25日に発熱した60代男性ですが、残る4人の方は22日~25日に発症していて、感染元に関しては60代男性ではない可能性もありますね。 安藤優子キャスター: 二木さんに伺います。 今回の卓球スクールは卓球台が16台ある、割合と広い空間ですが、ここで一緒に卓球をしただけで感染するんでしょうか? 二木芳人氏 昭和大学医学部 特任教授 : おそらく卓球をしただけでしたら、感染する可能性は低いと思います。 ですが、ラケットをお互いに貸し借りしたりハイタッチしたり、触れる機会はないことはないと思うんですね。 指導するときは距離も近いということですから、このような 比較的広い空間でも、条件がそろえば感染する可能性があるということを意識しておかないといけません。 もう一つ、この人たちは懇親会をしたと言っていましたね。 大村正樹フィールドキャスター: 24日に懇親会がありましたが、皆さんが参加したわけではなく、一部の方ということです。 二木芳人氏 昭和大学医学部 特任教授 : そういうところも 感染が広がった理由の 一つでしょう。 症状はないですけど人に感染する可能性のある期間がおそらくありますから、どの方が最初かっていうのはなかなか難しいですが、そういうことも考えておかないといけませんね。 安藤優子キャスター: 比較的広い空間でも、「クラスター」の現場になってしまうんですね。 (「直撃LIVE グッディ!」3月4日放送分より).

次の