じんかん万事塞翁が馬。 「人間万事塞翁が馬」ということわざの人間はじんかんと読むのか?

「人間万事塞翁が馬」 結果ばかりを気にせず自分の信念をつらぬく。

じんかん万事塞翁が馬

中国のことわざに「人間(じんかん)万事塞翁が馬」というものがある。 金谷 1993 によれば、これは『』に出てくる「塞翁が馬」から来ている。 国境の砦のほとりにひとりの老人がおり、ある時飼っていた馬が逃げてしまった。 人々がおくやみをいうと、「いや、これは幸いのもとになるだろう」と答える。 すると、その言葉通り逃げた馬がたくさんの野生の馬をつれて戻ってきた。 人々が「おめでとう」というと、「いやいや、これがかえって災いのもとになるかもしれん」と老人は返した。 そのとおり、息子が馬を乗り回しているうちに落馬し骨折してしまう。 「お気の毒なことで」と人々がいうと、「いや、これがまた幸いのもとになるかもしれない」と老人がいい、実際、戦争になって多くの若者が戦死したのに、息子は怪我のせいで戦争に行けず、命拾いをしたという話である。 日本でもよく知られたことわざであるわけだが、金谷は、この「塞翁が馬」のとらえ方が日本人と中国人とでは違うという。 中国人の考え方のほうが中国思想を反映していることを含んだコメントである。 ではどう違うのか。 まず、日本では、に、塞翁が馬を「人生の吉凶・禍福は予測できぬことのたとえ」とあり、角川の漢字中辞典では「人生の幸・不幸が変わりやすいことのたとえ」とあるように、「人間の努力は報われるか報われないか、禍福はままならない」と日本人は理解しているのだと金谷は指摘する。 人生はサイコロを投げるようなもので、何が起こるかわからない(思いがけない幸運に恵まれることもある)という理解の仕方であるといえる。 しかし、中国の辞書では「しばらく損害を受けても、またそれで良いことが得られることのたとえ」となっていると金谷は指摘する。 つまり、塞翁が馬の意味は「失敗してもまた回復して良いことが得られるというたとえ」だというのである。 日本では、世の中のことは当てにならないもので、個人の努力には限りがあるといった方向になっていくのだが、中国では、失敗したってくじけるなということになる。 禍を受けてもそれで失望してはいけない、むしろ次の幸福への転換を期待して頑張れということである。 日本では「禍が来たり福が来たりと世の中は当てにならない」となるのだが、中国では「禍の中に福の兆しがあり、福の影に禍が隠れている」となり、易の思想の「もの極まれば変ず」と深く関連した解釈になっていることがわかる。 さらに言えば、「塞翁が馬」には、本質的にたいへん的な中国人の考え方が表現されていると金谷はいう。 どんなに激しい嵐でもいつまでも続くものではない。 辛抱していればいつかはおさまるというように、苦難にもへこたれない知恵を教えており、同時に、良いことが起こったときに有頂天になることを警戒する教訓にもなっている。 つまり、「人勧万事塞翁が馬」のことわざは、日本人が考えるように、「将来何が起こるかわからない。 良いことも悪いことも起こる」ということを示唆するものではなく、陰陽の易思想も反映しながら、物事が悪くなってもへこたれず楽観的に構え、物事が良い方に向かったときには油断したり有頂天になることを戒める、中国流の処世術を表したものだともいえるのである。

次の

「人間万事塞翁が馬」 結果ばかりを気にせず自分の信念をつらぬく。

じんかん万事塞翁が馬

人間万事塞翁が馬の読み方とは? 人間万事塞翁が馬の読み方は「にんげんばんじさいおうがうま」 まず、「人間万事塞翁が馬」の読み方は「にんげんばんじさいおうがうま」です。 「人間万事」の部分は読みやすいですが、特に「塞翁が」の「さいおうが」の部分は普段から使い慣れない言葉なので読みにくい印象がある方が多いと思います。 そのため、誤用も生まれやすい読み方だとされています。 この「塞翁 さいおう 」とは、「とりでに住む老人」という意味を表す言葉だそうです。 この部分は読み方が分かったとしても、その言葉自体の意味を予測するのも非常に難しいですね。 この記事内容をきっかけに、ぜひ「にんげんばんじさいおうがうま」の読み方と後述するこの言葉全体の意味をしっかり覚えていきましょう。 人間万事塞翁が馬の「人間」の部分は「じんかん」という読み方をする場合も この「人間万事塞翁が馬」の「人間」という部分は、「にんげん」だけではなく、「じんかん」という読み方をする場合もあるそうです。 「じんかん」という読み方をした場合、これは「世間、社会」を表す言葉として機能します。 「人と人との間」という意味で使用するということですね。 昨今、日本でこの人間万事塞翁が馬が使用される場合に限っては、初めにお伝えした「にんげんばんじさいおうがうま」の読み方をすることがほとんどです。 しかし、希に「じんかん」と読み方を変化させてものを耳にしたり目にしたりする場合もありますので、この読み方は補足の情報として頭の片隅に留めておきましょう。 人間万事塞翁が馬の意味とは? 人間万事塞翁が馬の意味は基本的には「何が幸せかは分からない」 人間万事塞翁が馬の意味は、基本的には「何が幸せかは分からない」という意味です。 「幸せ」と言っても、それには人それぞれ違った定義があります。 また、例えば結婚して幸せになれる、と信じていた人が逆に結婚したことで生活に制限を感じるようになり、幸せを感じられなくなったなどということもあります。 この言葉は、基本的にはこの例のように、例え世間一般的に、または自分の中では「これが絶対に幸せなことで良いことだ」と思っていたとしても、その結果は結局誰にも分からない、ということを意味しています。 私達人間はうっかり目の前のことに振り回されそうになりますが、この言葉はそれを戒めてくれますね。 人間万事塞翁が馬の意味は様々な解釈がある 人間万事塞翁が馬の基本的な意味は先述した「何が幸せかは分からない」ですが、その他にもその意味には様々な解釈があります。 例えば、この言葉を「幸福をむやみに喜ぶことは良くないことだ」と解釈する意味も存在します。 これは、時代の変遷と共にその言葉を使用する人々の概念が反映されてきた結果だとも言えます。 具体的には、「そんなにくよくよするなよ。 人間万事塞翁が馬さ。 」などの形で使用します。 これは、「そんなに落ち込むなよ。 人生で無駄なことはないさ」という意味となります。 あなたのこれまでの人生を考えてみても、その時は失敗に見えても、後から考えてみるとその時の経験が後の人生で生かされた、ということが沢山あると思います。 この例文は、その事実を落ち込んでいる相手にそっと伝えて励ましてあげる際に使用できます。 これは、例えば「彼は宝くじに当たったって言っていたけど、人間万事塞翁が馬だからね。 」などの形で使用します。 この意味は、「彼は宝くじに当たったらしいが、それを喜ぶべきではない」という意味です。 確かに、例文のように宝くじが当たったからと言って、その後の人生が必ず良くなるという確証が得られたわけではありませんよね。 例えばそれがきっかけで事件に巻き込まれる、人間関係に悩まされる、などの弊害も起こり得ます。 この使い方は、それらのことを加味して一つのことに振り回されてはいけないと教えるものです。 これは、例えば「人間万事塞翁が馬さ。 明日には何もなくなっているかもしれないしね。 」などの使い方ができます。 意味としては「この世で起こることは全く予測ができないよ。 明日には何もないかもしれない。 」という意味です。 私達は基本的に、何かの信念を基にしてこの世界を生きています。 例えば、「お金はいつもある」「住む家はいつもある」「明日の仕事はある」などです。 しかし、これは厳密に言うと事実ではありません。 今この瞬間、それがなくなってもおかしくはないのです。 この使い方は、この世の不確実性を示唆する内容となっています。 人間万事塞翁が馬の由来とは? 人間万事塞翁が馬の由来は中国の思想書の淮南 えなんじ 「人間万事塞翁が馬」の由来は、中国の思想書の淮南 えなんじ からきていると言われています。 この思想書は、中国で紀元前に作られました。 その中の「人間訓」の中に「人間万事塞翁が馬」の逸話が収録されています。 この逸話のあらすじは、簡単に説明すると、「老人の馬が逃げてしまい、その馬がもっと優秀な馬を連れて帰ってきた。 その後、その馬で落馬して子どもが怪我をしてしまうが、それがあったお陰で戦争に行かなくて済んだ。 」というものです。 このあらすじからも、「何が幸せかは分からない」という基本的な意味が見えてきます。 人間万事塞翁が馬は老荘思想を基にしたことわざだと言える 「人間万事塞翁が馬」は、老荘思想を基にしたことわざだと言える基にしたことわざだと言えます。 これは修身論とされており、主に自然と人間との関わりについて書かれています。 この老荘思想を基にした淮南 えなんじ の教えの基本は、「人間が作り出す欲や様々なものに振り回されず、自然と一体化しなさい」です。 この意味を踏まえると、このことわざの意味である「何が幸せかは分からない」や、他の解釈にもある「物事に一喜一憂するな」という意味がよりクリアに見えてくるのではないでしょうか。 紀元前の書物なので非常に古い教えではありますが、現代にも活用できる知恵が詰まったものであると言えるでしょう。 以上までで、「人間万事塞翁が馬」の意味や読み方、由来などについて詳しくお伝えしてきました。 下記関連記事内では、中国の名言・格言・ことわざを分かりやすくまとめています。 有名なものから恋愛に関わるもの、意味や響きがかっこいいものまで幅広く集めました。 興味のある方はぜひこちらも参考にしてみてください。 」です。 これは、「人生というのは悪い時もそれが悪い時だと決めつけることはできない、と思って苦しい時も乗り越えてきた」という意味の例文となります。 私達の人生には嬉しいことばかりではなく、当たり前に悲しいことや困難なことが待ち構えています。 それを苦しいからと避けるのではなく、この例文のような心持ちで正面から向き合い、しかるべき対処ができると素敵ですよね。 これができる人はどんどん自分から成長をし、人生を豊かにしていくことができます。 」です。 これは、「嬉しい瞬間も一瞬で、人生というのはそのまま嬉しい瞬間、幸せな瞬間だけが続くわけではない」という意味を表します。 文字にしてみると当たり前のことですが、私達はどうしても何かに執着したい生き物です。 例えそれが、喜びや幸せなどポジティブなものであったとしても、それに執着した瞬間に、それを失う恐れや苦しみに悩むようになってしまいます。 もちろん、幸せをかみしめることは大切ですが、ある程度それを行ったらしっかりそれを手放すようにしましょう。 そのためにもこの「人間万事塞翁が馬」の精神が生かせそうです。 」です。 これは、「人間、ダメだと思ったところからが勝負だと思って頑張ろう」という意味を表します。 自分や相手を鼓舞する際に使用できそうな例文ですよね。 人生とは結局、あなたがそれにどんな意味付けをするか?で決まってきます。 悲しいことがあってもこの例文のように「塞翁が馬だ」と一念発起して再起する人もいれば、「もうダメだ」と諦めてしまう人もいます。 起こったことは同じなのに、解釈が違うだけで結果が全く異なってくるわけです。 これは、「いちじがばんじ」です。 このことわざ・座右の銘は割と頻繁に使用されるものなので耳にしたことがある方も多いかもしれません。 意味は、簡単言うと「ピンチはチャンス」です。 このことわざ・座右の銘を使用した例文を具体的に挙げると、例えば「彼はその時、諦めそうになったが、自分に一事が万事と言い聞かせて何とか乗り切った。 」などがあります。 これは、「彼はその時諦めようと思ったが、自分にピンチはチャンスだと言い聞かせてそれをギリギリ乗り切った」という意味を表します。 この意味を簡単に説明すると、「悪いことがあれば良いこともある」という意味です。 人間万事塞翁が馬と同じく、まさに人生の真理を捉えたことわざ・座右の銘ですね。 このことわざ・座右の銘を使用した例文を具体的に挙げると、例えば「沈む瀬あれば浮かぶ瀬ありの精神でこれからも仕事に邁進していきます。 」です。 これは、悪いことがあれば良いこともあるという心持でこれからも仕事を頑張ります」という意味です。 これは、文字通り「人生には嬉しいこともあれば苦しいこともある」という意味です。 例文としては、「人生はまさに楽あれば苦ありである。 」などがあります。 この類語も日常会話でよく使用されることわざ・座右の銘です。 人間万事塞翁が馬の意味をしっかり理解して人生にも生かしていこう! 当記事では、「人間万事塞翁が馬」の読み方やその由来、使い方について具体的な例文を交えながら詳しくお伝えしてきました。 「にんげんばんじさいおうがうま」という読み方が少し難しいな、意味が捉えにくいなという印象を持っていた方も多いかと思います。 しかしじっくりその使い方を見ていくと活用しやすい表現でした。 また、この記事内でご紹介したような「人間万事塞翁が馬」という言葉の持つ意味とその人生観を自分の人生にも応用できると、きっと苦しい時でも諦めない強い精神力を得られることと思います。 ぜひこの記事内容をコミュニケーションのみならず、自分の人生に積極的に生かすようにしてみてください。 下記関連記事内では、自分の座右の銘を決める際に参考になるものを多数集めてご紹介しています。 かっこいい言葉やことわざ、四字熟語そして名言まで幅広い内容を学ぶことができますよ。 すでに座右の銘を持ち合わせているという方も勉強になる内容になっています。 興味のある方はこちらの内容もぜひ参考にしてみてください。

次の

「人間万事塞翁が馬」ということわざの人間はじんかんと読むのか?

じんかん万事塞翁が馬

人間万事塞翁が馬の意味 「人間万事塞翁が馬 じんかんばんじさいおうがうま 」とは、 人の幸・不幸は予測することが出来ないので、容易に一喜一憂すべきではないという意味です。 ここでの「人間」は、世間のことを意味しています。 そして、塞翁 さいおう とは、塞 とりで に住む老人のことを指します。 「人間万事塞翁が馬」の由来・エピソード 「人間万事塞翁が馬」淮南子 えなんじ という中国の前漢時代の思想書に出てくる話です。 昔、塞 とりで の付近、おじいさんがとその息子が住んでいました。 ある日、おじいさんの飼っていた馬が、逃げ出してしまいました。 人々はおじいさんのことを気の毒に思いましたが、おじいさんは、「そのうち、福がやってくるだろう」と言います。 すると、逃げた馬は、駿馬を連れて戻って来たのです。 人々が喜ぶと、おじいさんは、「これは不幸の元凶かもしれない」と言います。 すると、その馬に乗った息子が落馬して、足の骨を折ってしまいました。 再び、人々が気の毒に思うと、おじいさんは、「これは幸福なことだったのかもしれない」と言います。 すると、その頃、大きな戦が起こり、周辺の若者のほとんどは戦士してしまったのですが、おじいさんの息子は足を骨折したが故に、兵役を逃れ、命が助かったのです。 妻は、足を骨折をして外でのアルバイトが出来なくなったけれども、家にいる間、ネットビジネスに集中したら大成功した。 まさに、 人間万事塞翁が馬だ!• 第一志望の大学に落ちてしまったけれども、滑り止めで合格した大学に言ったら、そこで素敵な彼女に巡り合うことが出来た。 人生って 人間万事塞翁が馬だなあ。 あの野球選手は、肘を痛めてピッチャーを断念しなたんだけれども、 人間万事塞翁が馬だと思いながら、必死に努力をして、見事に打者として成功した。 中間テストで悲惨な点数だったので、死ぬ気になって勉強したら、期末テストで、クラス一位になることが出来た。 今から振り返れば、悪かったテストも、 人間万事塞翁が馬なんだと思う。 「人間万事塞翁が馬」の類語 「人間万事塞翁が馬」の類語には以下のような言葉があります• 山中伸弥さん iPS細胞を発見した教授• 芦田愛菜さん 女優• 岡田武史さん 元サッカー日本代表監督• 松井秀喜さん 元ヤンキースのメジャーリーガー 例えば、山中教授は、元々、臨床医だったのですが、うまく行かずに研修者になり、その結果、ノーベル賞を取るまでに至りました。 山中教授は、そんな半生を振り返って、 iPS細胞は「塞翁が馬」から生まれたとで話されたりしています。 また、松井秀喜選手は、座右の銘である「人間万事塞翁が馬」を実践したエピソードについて、あるインタビューで話したことがあります。 松井選手は、選手時代に手首を骨折して、連続試合出場の記録が途絶えてしまったことがありました。 しかし、その時に、 「手首を骨折したお陰で、打撃改造のチャンスを得ることが出来た」と前向きにとらえ、復帰戦で見事4安打を放ったというのですね。 松井選手の生き方には本当に人徳を感じますよね! 「人間万事塞翁が馬」を座右の銘にして感じること 私も、「人間万事塞翁が馬」を座右の銘にしています。 松井選手から影響を受けた部分も大きかったのですが、実は、 この言葉を座右の銘にしないとやってられなかったという理由もあります。 自分自身の半生は、かなり波乱万丈だったと思っているのですが、その中で、人生の底を這いずり回っているような期間は、「人間万事塞翁が馬」の言葉を握りしめ、半分自分を騙しながら、希望をひねり出して生きてきたところがあります。 そういった自分自身の経験を通じて、「人間万事塞翁が馬」を座右の銘にしている有名人の方々も、 きっと華やかな活躍の裏で、相当な苦労をされてきたんだろうなあと感じざるを得ないのです。 人生楽ありゃ苦もあるさ 涙の後には虹も出る 歩いてゆくんだしっかりと 自分の道をふみしめて これぞ、まさしく、「人間万事塞翁が馬」の歌って感じですよね。

次の