タイ 旅行 コロナ ウイルス。 ◆タイのコロナ:風評被害◆タイは危ない?と言う風評被害に実態を!

新型コロナウイルス感染拡大でタイでは非常事態宣言、入国規制、バーも閉鎖!観光旅行は原則禁止

タイ 旅行 コロナ ウイルス

コロナウイルスが全世界で流行っていますね。 新型肺炎で命にも関わると感染症と聞くと日本にいてマスクで対策していてもやっぱり不安になりますね。 そして、旅行シーズンも近づいているということもあり、海外旅行を計画されている方も少なくないですよね。 そして、タイ旅行に行こうと思っているという方もいらっしゃるでしょう。 私も海外旅行に行こうと計画を立てていたところなので現在のコロナウイルスが流行っている状況で行ってもいいのか不安になりました…。 この記事では、世界でコロナウイルスが流行っている中でタイ旅行に行ってもダイジョブかについて詳しく紹介します!! コロナウイルス流行中にタイ旅行に行っても大丈夫? 世界でコロナウイルスが流行っている中で、タイ旅行に行っても大丈夫?と不安になりますよね。 タイ旅行中でコロナウイルスに感染する可能性が高まるとしたら、飛行機が中国を経由する便の場合はリスクが高まるでしょう。 中国を経由せず直行便に乗られる方が感染を防げるのではないかと考えられます。 また、2020年1月28日現在では、タイでのコロナウイルス感染者は14名が感染していると確認されています。 日本では1月28日現在では7名が感染していると確認されているので、日本に比べると多く感じます。 不安であれば、別の機会にタイへ旅行されるのも懸命な判断ではないかと考えられます。

次の

タイでも流行の兆しが!?新型コロナウィルスの現状、症状、予防法

タイ 旅行 コロナ ウイルス

中国人のDNAを持つ人だけではなかった事実に恐怖😭 — 🇹🇭バンコクで修業中 苦悩と挫折の末辿り着いた最後の楽園🇹🇭 lukehide 世界保健機関が新型コロナ肺炎ウィルス対応会議。 タイ政府広報官によると、中国・武漢の封鎖前に武漢からタイに入国したのは2万人で17,000人は帰国済み。 100万人以上というSNS情報は嘘。 移民局の入り口で、全員の体温を測り、健康状態を確認して、マスクを配布していました。 やはり、多くの人が集まるところはリスクが高い。 — 🇹🇭バンコクで修業中 苦悩と挫折の末辿り着いた最後の楽園🇹🇭 lukehide アメリカの大学が新型コロナウイルスの情報をほぼリアルタイムで示すサイト開設 1月30日【コロナウイルス】最も感染リスクの高い都市1位にバンコク 記事引用先: イギリスのサウサンプトン大学のWorldPopチームが2020年1月28日に発表したデータによると、新型コロナウイルスに感染するリスクの高い中国以外の都市の1位はバンコク。 その理由は、武漢とその近隣の地域からの旅行者数が多いという理由でした。 2位に香港、3位に台北(台湾)、4位ソウル(韓国)、5位東京と続いています。 また感染リスクの高い国のランキングでは、1位タイ、2位日本、3位香港、4位台湾、5位韓国と続いています。 Twitterで流れて来た情報では、 中国・武漢からの航空機の席数を計算しており、この数値を持ってしても『タイの感染リスクが高い』とは言えないともいます。 : 逆に、中国人の間で蔓延している『日本は安全』『日本で高度の医療が無料で受けられる』との噂で中国人が日本へ脱出を図っている方が怖いです。 6人はいずれも中国人で、5人は中国湖北省武漢市から、残る1人は重慶市からバンコクの空港に到着した。 管理人のつぶやき.

次の

タイの新型コロナウイルス感染対策は7月1日よりフェーズ5へ

タイ 旅行 コロナ ウイルス

現在、中国で猛威を振るっている「コロナウイルス」。 この新型コロナウイルスによると見られる肺炎によってすでに中国国内では 5000人を超える患者が出ており、 死者の数は132人を数えているようです。 ( 2020年1月29日の情報) 2003年に「SARS:サーズ」が、2015年には韓国で「MERS:マーズ」が流行したときにその名を聞いたことがあるかもしれません。 その新型ウイルスがタイにも入ってきており警戒が呼びかけられていますので、この記事では「 タイでのコロナウイルス拡大の現状」と「 感染したときに見られる症状」、そして「 感染経路、 感染しないための予防方法」についてまとめておきたいと思います。 タイでも流行の兆しが!?新型コロナウィルス・新型肺炎の現状、症状、予防法 タイでのコロナウイルス拡大の現状 ちなみにタイ語で「新型コロナウイルス」を次のように言います。 ( 2020年1月24日の時点) そのうち3人は中国人旅行者で、もう1人はナコンパトム県に住むタイ人女性で武漢市へ旅行に行った際にコロナウイルスに感染したとみられています。 ただ新型のウイルスなのかどうかはまだ判明していないようです。 今では様々なSNSやネットメディアを介してこの種の情報を迅速に入手することができます。 こちらの では、現在プーケットの病院に入院している英国人の男性が新型コロナウイルスに感染しているかもしれないと記載しています。 もしその情報が正しいなら タイで5人目の感染報告となるかもしれません。 もちろん情報ソースの正確性は無視できませんので、信頼性の高いものかどうかをよく見極める必要性もあります。 いずれにせよ今回の新型コロナウイルスの猛威はすでにタイにも飛び火し、そして徐々に拡大しつつあることが分かります。 そのうち1人が死亡、33人がすでに回復したようです。 画像引用元: 感染したときに見られる症状など ではこの新型コロナウイルスに感染するとどのような症状が見られるのでしょうか? 中国の保健当局の専門家チームのメンバーの1人によると、この新型コロナウイルスの 潜伏期間は「 平均で7日前後、短かい場合は2日から3日、長くて12日」だそうです。 症状としては 発熱や空ぜきが中心で、 3日から5日後に 息切れがしたり胸が苦しくなったりして、人によっては 呼吸不全や ショック症状をおこすことがあるようです。 感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまることがあるようですが、今回の新型コロナウイルスでは中国で亡くなった17人のケースに見られるように、 重度の肺炎や 呼吸器障害に発展し、 命を失う可能性も大いにありますので決して甘く見ることはできません。 参考情報: 感染経路、感染しないための予防方法 現時点では感染経路はまだ不明とのことで、ヒトからヒトへの感染が証明された明らかな証拠はまだないようです。 「 MERS:マーズ」は ヒトコブラクダとの接触が感染リスクであると考えられています。 そして今回の新型コロナウイルスが猛威を振るうスタートとなった発生場所は、もうすでにニュースなどでも報じられていますが、武漢市にある 海鮮市場(華南海鮮城)と考えられており、当該海鮮市場は野生動物を販売している区画もあったようです。 (すでに閉鎖されているようです) 国立感染症研究所のHPに、過去のコレラウイルスの症状をまとめた表がありましたので転載しておきます。 感染の疑いがある野生動物に近づかない、接触しない、食べない。 手洗い、消毒の徹底• マスクの着用と咳エチケット(感染を拡大させない) 上記「新型コロナウイルス対策」の3番目にあげた「マスクの着用と咳エチケット」は、自分で出来る簡単かつ実際的な方法だと思います。 もちろんウイルスの大きさは「nm:ナノメートル」という極小サイズの世界ですので、マスクを着用するだけで完全に防ぐことができるわけではないかもしれません。 しかし高機能マスクを着用するなら自分が感染するのに加え、さらには他の人を感染させるリスクをかなり減らせると思います。 医療従事者向けで、着用者の呼吸器感染のリスクを低減する 『』などはかなり高機能だと言えるでしょう。 最近ではその上を行く「 N99」という規格のマスクもあるみたいですね。 まとめ 今回の新型コロナウイルスで亡くなった人の大半は高齢者のようですが、なかには40歳代で亡くなった方もいらっしゃるようで、ますます事態の深刻化が見られています。 ですのでいくら若くて体力に自信があったとしても、疑わしい症状があった場合はすぐに病院に行ってみてもらうのが良いかもしれませんね。 とはいえ慣れない海外では病院に行くのにも苦労するでしょう。 に入っていないと目の飛び出るような高額治療費を請求される可能性も大です。 なのでこれからタイや中国など、新型コロナウイルス感染の恐れがある国に渡航する予定のある人は十分に注意し、自分でできる万全の準備を行っていただきたいと思います。 《関連記事》.

次の