アフターピル 市販化。 「アフターピルが市販されると女性の性が乱れる」という大嘘(及川 夕子)

アフターピル通販.com

アフターピル 市販化

今回は、アメリカではどのような種類の緊急避妊薬が店頭販売されているのか、どこでどれくらいの値段で購入できるのか、この種の薬の服用後はどのように感じるのか等ということを具体的にレポートします。 特にアメリカでは政権交代により避妊にまつわる法律が大きく改正されることがあるので注意が必要です。 1.アメリカで店頭販売されている緊急避妊薬の種類とブランド 「緊急避妊薬」と一概にいっても、何の成分が入っているかで種類は分類することができます。 アメリカで避妊、性病治療、堕胎などを行っているNGO、Planned Parenthood(プランドペアレントフッド、全米家族計画連盟)のウェブサイトによると、アメリカで現在認可されているのは以下の2種の緊急避妊薬で、以下のような違いがあります。 成分 主なブランド 効果 処方箋 ウリプリスタル酢酸 (ulipristal acetate) Ella より高い、事後120時間以内での服用が効果的(120時間以内であれば、1時間後でもそれ以降でも同じ程度の避妊効果が得られる) 必要無し レボノルゲストレル (levonorgestrel) Plan B One Step, Next Choice One Dose, Take Action, My Way, AfterPill 等 より低い、事後 72時間以内での服用が効果的であるが120時間までなら飲んでも良い(いずれにせよ早く服用すればするほど効果的) 必要あり ウリプリスタル酢酸が配合された緊急避妊薬は、アメリカでも医師または看護師からの処方箋が必要となります。 そのため、 店頭で購入できるのはレボノルゲストレルという成分が入った緊急避妊薬のみです。 ウリプリスタルに比べれば効果は低いものの、レボノルゲストレルも緊急避妊には十分効果があるので心配しないでください。 実際、酢酸ウリプリスタル配合の緊急避妊薬はそもそもアメリカとヨーロッパでのみしか認可されておらず、日本ではレボノルゲストレルは効果の高くかつ副作用が少ない薬として広く使用されてています。 表の中にレボノルゲストレルの主なブランドを示しておきましたが、その中でも「Plan B」はとても有名です。 絆創膏でいえば、「バンドエイド」のような存在とでもいいましょうか。 このブランドのウェブサイトを貼っておくので、薬の詳細はをご覧ください。 2.アメリカで緊急避妊薬を買える場所と値段 「店頭で購入可」と言っても、具体的にどこで買えるの?というのが次に気になることですよね。 もちろんWalgreens(ウォルグリーンズ)というマツキヨを5倍くらい大きくしたようなドラッグストアに行っても買えますが、 TargetやSafewayといった大型スーパーにも売っています。 だいたい生理用品(feminine hygiene products)やコンドーム等が売っている場所の近くにあって、最初の画像の通り、通常は他の商品と同じように棚に売っています。 薬が薬剤師のいるカウンターの後ろにあって話しかけないと買えない・・みたいな状況は通常はないと思うので、安心してください。 実はアメリカでも、2013年中旬までは緊急避妊薬16歳以下には処方箋が必要でした。 そのため女性は薬局のカウンターに行って17歳以上であると証明する必要があったようです。 でもこれはもう昔の話。 性別、年齢を問わず、現在はアメリカ全土で誰でも緊急避妊薬を購入できます。 そして、 IDの提示を求められずに買う権利が保障されているのです。 続いて気になるのはもちろん価格。 ブランドによって変わり、 だいたい30ドルから50ドルです。 「高い!」と感じられるかもれませんが、日本でレボノルゲストレルの緊急避妊薬を買おうとすると、病院に行かなければいけない上に、だいたい1万円はかかります。 店頭で買えるということを考慮すれば、アメリカでの緊急避妊薬の値段は比較的安いと思います。 よくあるのは、「Plan B One Step」が50ドルほどで販売されており、その横に30〜40ドル代のちょっと安めの他ブランドがもう一つ置かれているというパターン。 スーパーに売っている他の商品よりも高いので、万引き防止用の(?)プラスチックの箱に入っていたりします。 昨日行った近所のスーパーで確認したところ、「Plan B」と「take action」というブランドの2種が置かれていました。 前者は49. 99ドルで、後者は34. 99ドル。 どちらも前述の通り レボノルゲストレル1. 5mgの配合で、効果に変わりはありません。 成分表示など気になる方もいるかと思うので、この2つの商品パッケージのクロースアップを表面と裏面両方、載せておきます。 Plan Bの表面 Plan Bの裏面 take actionの表面 take actionの裏面 3.レボノルゲストレル服用後の感想 実は私自身もレボノルゲストレルが配合された緊急避妊薬を服用したことがあります。 パッケージの裏面にも表示されている通り、この薬は• 月経周期のズレ• 胸の張り• 吐き気• めまい といった 副作用をもたらすことがあります。 ですが、わたしの個人的な経験では特に副作用はありませんでした。 月経周期のズレは数日間はあったかもしれませんが(覚えてない)、吐き気もなかったし、頭痛も腹痛も一切ありませんでした。 通常と一切変わらない日常生活を送っていたと思います。 個人差があると思うので副作用への油断は禁物ですが、全くそのような症状がでない人もいるので、緊急避妊薬への過剰な警戒心は持たなくても良いと思います。 もし副作用が心配でも、必要であれば、必ず緊急避妊薬を服用してください。 以上が、アメリカで市販されている緊急避妊薬についてのレポートでした!異国の地で避妊に失敗するなんて本当に不安になる出来事ですが、アメリカであれば店頭で緊急避妊薬を購入できるので、まずは落ち着いてスーパーに行き探してみてくださいね。 特に店員に話しかける必要もないはずなので、スマートに購入できます。 いざという時はとても役立つ知識だと思うので、頭の隅にでも入れておいてくれれば嬉しいです!.

次の

アフターピル通販.com

アフターピル 市販化

モラルの低下が懸念される最近の日本 ハロウィンの行事が年々酷くなって 暴動、暴行や痴漢などが多発した事件や 警察官の宴会の席で、女性警官へ男性二人が羽交い絞めして皆が見ている状態でマタを開かせた事件などなど(強姦ではなく宴会芸?としたらしいが、女性は助けてと訴えたが 誰も助けてくれなかったらしい) 警官が・・・ですよ? しかも女性は助けてって訴えても誰も助けないって(汗 日本人のモラルが物凄く低下している昨今 力の無い女性がレイプなどをされた場合 女性達が一番に不安になるのは 望まない妊娠です。 婦人科では「緊急避妊薬」と呼ばれています。 早く飲めばそれだけ効果が高くなります。 出遅れまくっている日本 アメリカやEU諸外国では、もしもの時の女性の為にすでにアフターピルは 市販化されています。 つまりアメリカの薬局でアフターピルは、 ふつーに売られているのです。 アフターピルは飲み続けると、吐き気などがある場合もありますが、基本的には安全性は高いので市販化されていても問題は無いはずなのに、日本ではいまだに市販化されていません。 日本でも一時期、市販化しようと話しが進んでいたらしいのですが、何故か市販化する話を 中止したようです。 その疑問が残る中止の原因が「薬の乱用が懸念されるから」「薬局の人が薬の説明するのが難しいから」だそうです。 前に書いた、の不思議といい、日本の医療制度はどうなってるのか不思議です。 アフターピルは市販化する方が絶対良い話 飲むのが早ければ早いほど効果があるアフターピル 今の日本では婦人科に受診しないともらえません。 それに保険もききません。 もしも金曜にそういう風になってしまった場合 土日に婦人科に行きたくても婦人科が休みだった場合 いつ婦人科にいけば良いのでしょうね? そして婦人科というのは敷居が高い 女性が病院に行った場合「そういう事をしたから・・・」とか言われそうですよね? なんというか 被害にあった女性は被害者だとしても、行きたくてもいけない産婦人科に、行きづらい心理もあるのではないでしょうか?。 特に 田舎での場合、婦人科に行けばたちまち人に知れ渡る可能性も高いです。 女性が何かの拍子に警察に捕まってしまった場合、国家権力をふりかざし1日数回男性の警官の強制的な性の犠牲になります。 独房に来た男性看守に気がつかないふりして、自分の番が来ないように息を潜めるとか・・・ 家で留守番していて男性に襲われるといった事も日常で、襲われた女性が襲われたのが父親にばれたら、被害女性が縁切られるくらい怒られるとか(何故加害者(男)に怒るのでなくて自分の娘に激怒する?) そういう事が日常茶飯事という事 つまり女性は弱い・・・だから男性の奴隷である事 北朝鮮の警察に捕まっている女性も夜に何故か涙が出るけど、何故涙が出るのか分らない・・・とか たとえ レイプ被害だとしても訴えた所で女性は相手にされない 弱い方(女性)が悪いといった風潮・・・ぶっ壊してやりたいですね(涙 こういった話を目にした時 まだ日本だったからマシなんだろうなと思います。 が 最近になって 日本でも男性警官の女性警察への行き過ぎた事件を見ると 日本のモラルや正義は何処へ??? まさか北朝鮮化してんじゃないでしょうね? なんて不安になりますよ マジで(汗 なんとなく怖い薬をネットで買う行為 アフターピルは女性にとって救世主になりえるのですが、実はネットでも売られています。 が、ネットだとなんだか怖くないですか? なんというか 安全性などを考慮しても、ネットで飲み薬を買うのは少し抵抗ありますよね? やはりここは日本国内で、アフターピルを市販化してもらって普通に薬局で買えるようにしてくれるのが、一番安心出来て良いと思うのですけれどね・・・ 因みに ネットで外国からアフターピルを買い付けてネットで売る場合は「 薬事法違反」になりますので止めましょうね まとめ 私は40歳を超えてしまっているので、これからそういった不安になる事はありませんが、過去に色々ありましたから 女性特有の苦しみや悲しみといった事は 物凄く理解出来るんですよね なので今の若い女性や、これから生きていくさらに若い女性の為にも 「アフターピルを市販化しろ!」って もっともっとネットで訴えたいなって私は思ったのでした。

次の

アフターピル通販.com

アフターピル 市販化

緊急避妊って? 避妊に失敗してしまった時、うっかりしていた時、そして意思を無視されて強引にされてしまった時…… そういう時の為に海外では、事後に服用して避妊をする為の避妊薬が開発されてきました。 きっかけはカナダのアルバート・ヤッペ先生という人が発見したことでした。 毎日飲む常用のピルを一定量飲むことで、事後の排卵を抑えて、移動を遅くし、着床に必要な条件を回避させることができたのです。 これは 中用量ピルと、そしてその後出てくる 低用量ピルのどちらでも可能でした。 それは本当に大発見でしたので、国内外から絶賛されたようです。 結果ヤッペ先生は多くの女性を救いました。 その成果を受けて、海外では「 事後の避妊に特化した専用薬の開発」が行われました。 ヤッペ先生考案のいわば代替法では、薬剤によって多少前後しますが「 副作用がとても強かった」のです。 結果、海外では「ノルレボ」のような、副作用のとても軽い緊急避妊薬が開発されました。 更には「事後5日まで効果が期待できる緊急避妊薬」 も開発され、既に海外では多くの女性に利用されています。 詳しくは「」 「」 参照 「なんで緊急避妊薬なんて必要なの? コンドームでいいじゃん」 コンドームは案外破れます。 知らない間に爪を引っかけちゃってたり、一緒に使ってはいけないものを使って劣化させてしまったり。 コンドームは案外抜けます。 ちゃんと付けてたつもりでも、動いているうちに奥の方に行っちゃってたり、抜く時にズルっと中に置いてっちゃってたり。 ヒューマンエラー(人の手によるミスの発生)は、完全にはなくせないんです。 それは社会の「仕事」でも同じです。 ただ「気を付ける」だけではエラーをなくす事はできません。 ヒューマンエラーを防ぐには、 「エラーを未然に防ぐ、エラーをカバーするシステム」が必要。 コンドームでの避妊失敗は、誰のせいでもないんです。 いくらちゃんと使おうとしても、破れたり抜けてしまったりすることがあるから。 あなたのコンドームの失敗は、あなたが下手だったから? そういう妊娠は、自分のせい? 失敗のフォロー、必要じゃないですか? 詳しくは「」参照 「低用量ピル飲めばいいじゃん?」 「低用量ピル飲めばいいじゃん?」 「コンドーム使えばいいじゃん?」 体質的に低用量混合ピルが合わない人がいます。 毎日飲まなければいけないピルそのものが自分には無理と思う人がいます。 日本にいれば「コンドームが一般的な避妊」「ヤリたい中出ししたい人はピルを飲む」なんて考えは一般的かもしれません。 でも世界はそんなすっトロい日本を置いて、とっくに「飲まなくてもいいコンドーム以外の避妊方法」を定着させています。 でもそんな海外でも、どれかの避妊方法一本槍になったことはないのです。 もちろん海外でコンドームが淘汰されたわけでもありません。 あくまで世界は 「選択できるようにしてきた」ということ。 そして、低用量ピル最大の欠点は「毎日飲まなければいけないこと」 忘れた時のサポートにも、そしてそれ以外の避妊のサポートにも、ノルレボは必要です。 詳しくは「」参照 「今までの安い緊急避妊があるから問題ないじゃん」 価格面では「今の日本のノルレボよりはマシ」というだけで、それまでの緊急避妊(中用量ピルによるヤッペ法)、そして毎日飲む常用の低用量ピルだって、 海外と比べれば同様に高いです。 そして何より、中用量(低用量)ピルによる緊急避妊の副作用は、ノルレボとは比べ物にならないほど強いですよ。 「緊急避妊はめちゃくちゃシンドイ」という伝言ゲームが消えないのは、この中用量ピルでの緊急避妊を経験した人の言葉が今も伝わっているからです。 主にヨーロッパとの価格比較を置いておくね。 なので、構成成分的にはあまり変わらない低用量ピルと中用量ピル、どちらでも緊急避妊は可能。 (一部バランス的に難しい低用量はあるが、錠数で言うとほぼ倍で出来る) でも日本では「低用量ピルで緊急避妊ができること」が伏せられ、中用量ピルを高額で処方されています。 詳しくは「」参照 「身体に悪い副作用の強いピルが手軽に買えるのは危険!」 ピルにも色んな種類がある。 身体への負担が少なくなるよう、沢山の種類が開発され、海外では使用されてきました。 そのうち、日本で避妊用として認可されているものはごく一部。 ノルレボという緊急避妊薬は、その中でも比較的新しい方で、副作用としては 市販の風邪薬程度のもの。 副作用が気になるからと、市販の総合感冒薬や解熱鎮痛剤を一切飲まない人は、どのくらいいるのかな? 特に「副作用が強いからダメ!」を主張する人は、昔から使われている「中用量ピルによるヤッペ法」の副作用を聞きかじって、それと混同している節があります。 中用量のヤッペ法とは、明らかに副作用の度合いが違うよ。 もし知り合いの人から「緊急避妊はツラかった」というお話を聞いての事なら、もっと詳しく聞いてみて下さい。 金額はどのくらいだったか、錠数と服用回数はどうだったか、処方年はいつだったか。 詳しくは「」参照 「性が乱れる原因になりそう」 コンドームが市販されることになった時代にも、まったく同じ事を言われていました。 もちろん低用量ピル認可前にも言われていました。 実際には乱れたのかな? そもそも性が乱れるって、なあに? 妊娠しない確証が得られたら、男女問わず全員が全員、毎日誰かれ構わずセックスをして、世の中はえらい事になる? ピルユーザーは日本にも世界にも居ますが、ピルの普及でそんな人が溢れかえったわけではありません。 また、緊急避妊薬そのものは常用の避妊に使えるほどの避妊率ではありません。 みんな当たり前に、したい人とセックスをするし、したくない人とはしないよね。 それともあなたは、そういう希望を抱いているのかな? だとしたらそれも個人の自由です、性感染症の検査は必ずしましょうね。 詳しくは「」参照 「レイプされた時はまず警察と病院だろ」 それは最も限りなく正解に近いです。 でも、傷付いた心身ですぐさま警察に駆け込める強靭な精神の人間だけが、この世にいるわけではないよね。 それができる人はもちろんそうするのがベスト。 でも状況的に精神的に辛くて、それをするエネルギーさえ失う人もいます。 そんな人に「いや警察に行く事が正しいから!」と正論をぶつけるのは、果たして正義なのかな? 市販薬化されれば本人以外が買ってきて飲んでもらうこともできます。 警察にはもちろんその後行く事もできるよ。 あなたの友達や家族がもしそういう状況になったら? 本人は辛くて辛くてしょうがない動けない状態なのに、「警察に! 警察に!」と言い続けて、本当に友達を救えるんでしょうか? 詳しくは「」参照 「性教育が先だろ」 「どちらか」ではなく「どちらも」がベストだよね。 教育機関での指導を想定していると思うけど、学校を卒業して立派な大人になった人間に、どうやって性教育しよう? この活動を支持している人に、「性教育なんて不要」と言っている人間はひとりもいません。 もちろん、性教育も大事。 教育について活動できる人も必要。 でもこの日本では、子供に性教育をすること自体が悪のように思われています。 実際に「性教育バッシング」は過去に何度もありました。 さて、どうやって立ち向かおうか? それは、私達にもわからないです。 けれど、できるだけのことを皆でやっていこうよ。 市販化する運動は、可能性のうちのひとつでしかないのです。 詳しくは「」 「」 「」 参照 「そんなに妊娠したくないならセックスしなけりゃいいじゃん」 ならあなた自身は、それでいいんじゃないのかな? あなただけは、恋人ができようが結婚しようが、妊娠目的以外でのセックスを一切しなければ、それで大丈夫じゃないかな? でももし、あなたに恋人ができて、好きで好きでたまらなくて、その好きの延長で恋人とセックスをしたくて、でも子供は出来たら困るけれど、それでも思わずしてしまって、 そして万が一避妊に失敗したと思った時には、その時に市販化されているかもしれないノルレボを使うといいですよ。 「我慢するべき教育」「性的なものはイケナイもの教育」は実際には実を結ばないし、誰も幸せにはなれないんですよ。 詳しくは「」参照 「値段が高い方がみんな慎重になって良いじゃん」 失敗を恐れて、本当にみんな皆が慎重になるのかな? でも、慎重にセックスするって、どういうこと? あまりセックスをしないこと? 慎重に避妊をすることも、慎重に運転をすることも、とても大切なこと。 でもどちらも、失敗の可能性をゼロにすることはできません。 運転のサポートとして自動ブレーキやナビゲーション、AIによる自動運転などが実装されてきました。 事故後には自動車保険もあります。 でもいくら罰則を強化しても、システム面からでないと人のミスは減らせません。 飲酒運転のような「明確な故意」には有効ですが。 ならば、「故意にちゃんとしなかったセックス」と、「ちゃんと慎重にしたセックス」を、誰がどういう基準で判別できるのかな? 詳しくは「」参照 もっと知りたい!と思ってもらえたなら できるだけ沢山の人にわかってもらえる説明の為に、細かい部分はかなり省きました。 もしこのサイトをお読みになって、緊急避妊薬、ノルレボ、ピルそのものへの興味が湧いたなら、 以下のサイトもご覧になってみて下さい。 情報を知っていればはきっと、あなた自身や周りの方の助けになれると思います。 ピルについての基本的なことを、広い視点で押さえています• アニメーションをふまえて、その働きについてを説明しています• ノルレボ市販薬化のキャンペーンブログ。 各種ソースを併記して丁寧に説明されています•

次の