香典 辞退 文例。 家族葬の場合、会社への連絡は?会社としての対応は?遺族と会社の付き合い方

家族葬を行う場合の弔問や香典の断り方や文例など

香典 辞退 文例

ある東証一部上場企業の平均的な香典金額は3千円だという話もあります。 費用だけの話ではありません。 葬儀後親族縁者から香典が届けば返礼品を送る必要がありますし、返礼品がなくなっていれば業者に追加発注する必要も出てきます。 このような事情から香典をお受けしないという葬家が増えてきています。 また、香典はお断りしていますと事前に通告することで会葬者も参列しやすい環境になります。 香典をお断り・辞退する方法 顕著に増えた家族葬ですが、そこに参列する弔問者の数は、さほど多いとは考えづらいですよね。 直接電話等で訃報のご連絡をするときに、 恐縮でございますが、お香典は故人の遺志で、ご辞退させて頂きたい旨をしっかりお伝えしましょう。 お香典や供花などが、郵便書留や生花店から持ち込まれる事もあります。 この場合、 固辞しないで有難くお受けしましょう。 『 どうしても香典を渡したい!』という場合、会葬者の気持ちですから、感謝の気持ちを込めて受け取り、喪主さんからもお礼をするようにしましょう。 ご葬儀では、決めた事であってもトラブル回避のために柔軟な姿勢も大切なことです。 香典を断る場合の例文 父が1月15日亡くなりましたので、ご連絡させて頂きました。 葬儀は、明後日の17・18日に行います。 生前父のかつての希望が、家族葬で執り行うようにとの事でしたので、父の遺志に従いまして、家族葬で行います。 つきましては是非、山田太郎様にはお時間の許す限りご参列を、お願いしたいと思っております。 17日であれば、自宅に来て頂くような気持で、平服のままお越し下さい。 準備の関係上、時間は17時以降であれば、何時からでも構いません。 18日であれば、出棺が11時でございますので、それまでにお超し願い出来ればと思っております。 先ほども申しましたが、家族葬でございますので、ご友人様へのお連絡などはご無用に願いします。 それと最後になりますが、お香典と供物等も、今回父の遺志でお辞退申し上げておりますので、何卒ご理解頂きますようお願い致します。 香典や供物を辞退する場合、正しい文例などありませんが、丁重な言葉遣いは必要です。 また 故人の遺志や故人の希望といった言葉を使いましょう。 こちら側の意図をしっかりと伝えましょう。 故人の意図であることが何より大事な事なのですから、理解を求めることが大切です。 お香典を辞退するときの受付 受付には、参列して頂いた方々のご芳名(名前)を記帳して頂きましょう。 会葬帳と明記されています。 あとで会葬して頂いた方の記録帳になります。 受付に黒盆は設置しません。 受付の黒盆は、お香典をお受けするときの専用盆だからです。 また香典帳も一切用意致しません。 事前に、受付の脇に故人の遺志により、お香典・お供物・ご供花は、ご辞退させて頂く旨の文面を表示すると親切です。 葬儀社に言えば準備して頂けます。 受付に立つ方は他人であってもご葬家の代弁者ともいえる方です。 くれぐれも受付でお香典を提出される方に対し、丁寧な対応で、謙虚にご辞退の趣旨を説明頂き、参列者にご理解を頂く努力を忘れずに務めて頂きましょう。 なかにはどうしても、お香典を差し出す方がおります、辞退を決めた事だからといって固辞し続けるよりも受け取った方が良いこともあります。 頂いたお香典に関しては、四十九日法要が済んだ後にお香典返礼として、半値程の商品を文面(奉書紙)を添えてお返ししましょう。 万が一を考えて、お香典の即日返しの品を数個用意する葬家も良く見られますが、それでは主旨が変わってしまいますので、葬儀当日に香典返しの準備は一切無用と考えましょう。 参列した葬儀で辞退していることを知ったとき ご葬家が、お香典等の辞退を申し出ているときは、 直 ( すなお )に申し出を受けましょう。 強引にお香典を差し出すことは、葬家に対して非礼にあたります。 お香典を辞退している場合、お清めや返礼品は準備をしないケースがほとんどですが、葬家によっては、お清めの料理が用意されている場合などもあります。 案内されたときは、遠慮しないで席につきましょう。 お清めはご供養の一環であり、かたくなな遠慮はかえって、無沙汰な行為と受け取られます。 ご葬儀への参列は、故人を悼み誠の礼を尽くす場でございます。 この方程式は、如何なる時代になろうとも変わらない、人間としての感情でありましょう。 時代とともに形は変化しますが、哀悼の心を尽くす姿勢は変わり様がありません。 自分自身の思い常識を、相手様に押し付けることのない様にしましょう。 特に葬儀のような伝統的な風習があるときには、柔軟な対応が必要です。 葬儀後、どうしてもお香典以外で、形として弔意を表したいとき。 四十九日法要までの期間、一週間毎の法要として『初七日・二七日・三七日、、、、、』がございます。 ご自宅に、真心の表れとして、お花をお送りすることも宜しいかと存じます。 お線香をお送りする方も多いのですが、葬家によっては、煙や匂いが気になる方もいらっしゃいます。 無難に喜ばれ、誠意を感じられる品としては申し分ないと思います。 主な料金プラン• 小さなお別れ葬119,000円• 小さな火葬式159,000円 お坊さん費用含)• 参列者への返礼品や食事手配 2. 僧侶の読経、戒名費用 3. 遺体安置が規定日数を超す場合の費用 4. 搬送費用が50k mを超える場合の費用 5. その他サービス 上記料金は一般的なプランです。 小さなお葬式を運営するユニクエストは、メディア取材も多く、お葬式に関する素材によく利用されています。 利用者の93. 4%が満足と回答しています。 お葬式は料金のチェックもしたいですが、品質のチェックも重要です。 サービス内容の詳細は資料をご覧ください。

次の

香典返し 辞退》書き方/例文/文例/金額/失礼/お礼状/住所/連名

香典 辞退 文例

「辞退」は自分自身が主体になっているのに「ご辞退申し上げます」のように「ご」を付けるのは不自然だと思う人もいらっしゃるようです。 確かにこれが尊敬語なら敬語として問題がありますが、「お手紙」「ご挨拶」「ご説明」のような例の表現が日本語にはありますよね。 これは謙譲語と言われるへりくだる表現です。 同様な使い方をする敬語の例として美化語や丁寧語があります。 ご辞退申し上げますの「ご辞退」は向かう先への敬意 謙譲語の「お」や「ご」は対象になる人への敬意を示す表現になります。 ちなみに「ご飯」、「お菓子」、「お茶」などの表現が美化語で、「です」、「ます」、「ございます」などの表現が丁寧語です。 謙譲語で注意すべき点は「私のお考え」や「私のご活躍」など行動の方向性が自分自身へ向かう場合は使用できないという点です。 行動の主体のみならず、行動の方向性を考えなければならないので日本語は難しいですね。 「ご辞退申し上げます」の用例と示す意味を知ろう 例えば、葬儀で「故人の遺志により、ご供物、ご供花の儀はご辞退申し上げます」との表現を見かける事があります。 また、「ご厚志ご辞退申し上げます」この2つの違いとして、前者は香典の受け取りが可能、後者は香典の受け取りも不可能ですよ、という状態を表現している点です。 「ご辞退申し上げます」は丁寧に拒否、拒絶を意味しているため、相手側の意向を可能な限り尊重しましょう。 「ご辞退申し上げます」を面接や内定辞退でも使う ビジネスシーンでは、例えば面接や内定を断る場面で使われます。 「誠に申し訳ありませんが、一身上の都合により、面接(または内定)のご辞退申し上げます」などの用例があります。 もちろん、日常業務で目上の人に対してお断りの意を示す時にも使えますので、このフレーズを覚えておくと何かと役に立つのではないでしょうか。 「ご辞退申し上げます」以外のお断りの表現 類似した表現に、「ご遠慮いたします」、「お断りいたします」、「見送らせていただきます」などがあります。 ただし、いずれも表現としては「ご辞退申し上げます」とイコールにはならないので注意が必要です。 例えば「見送らせていただきます」は先方企業からのお断りの表現として使われますし、「ご遠慮」は相手からの誘いを断る表現になります。 また、「お断りいたします」も同様ですが、強い表現になりますね。 「ご辞退申し上げます」以外で目上の人の頼みごとを断る場合の例 今度は具体的な文例で、辞退の表現を見てみましょう。 「お申し出ありがたいのですが、ご希望に添いかねます」これは要望に応えられないケースですね。 「私ごとき若輩者の出る幕ではございません」力不足の場合の辞退表現です。 「身に余るお申し出光栄ではございますが、私などにはとても務まりません」こちらもへりくだり、辞退する表現です。 使用例をもとに「ご辞退申し上げます」の敬語としての役割と関連表現を知ろう 「ご辞退申し上げます」との表現は謙譲語にあたり、相手への行為を円滑に行うための敬語の1用法です。 この表現は葬儀やビジネスなど社会生活の多様な場面で使用され、汎用性が高い表現方法です。 また、これに類似するお断りの表現がありますが、それぞれに用途の違いがありますので、場面ごとに的確に敬語を選択する必要があります。 「ご辞退申し上げます」などの表現例を上手に使って、円滑なコミュニケーションをとりましょう。

次の

死亡通知はがきはいつ出すの?家族葬の文例は?香典辞退はどう書く?

香典 辞退 文例

特に都市部ではかなり割合になってきているようですね。 とは言え、まだまだ香典辞退に違和感を感じる方が多いのも事実。 いざ自分が喪主の立場になったとき、香典を辞退する方向で、冷静に話を進めていけるでしょうか? 急きょ訪れた悲しみの中、あわただしく物事を決めなければならないことも多く、結局いろんな事が周りの意見に押し流されてしまいがちです。 そういった状況でも自信を持って「香典辞退」を伝えられるよう、今のうちに整理しておきましょう。 ここでは御香典を辞退するときの連絡方法、意向を伝えるための言葉や文例などをご紹介しています。 スポンサーリンク 葬儀の香典を辞退したい! 全国的に広まりつつある香典辞退。 特に関西方面でこの傾向が強いようですね。 やはり合理的な考えの人が多いんでしょうか。 ちなみに自分も関西人です。 そもそも香典は「供養のためのお線香代」というのが名目ですが、実際には「葬儀のための費用の負担」という意味合いも含まれています。 昔はお葬式が大掛かりでしたし、近所の方が総出で手伝ったりして大変でした。 最近は自宅で葬儀を行うケースはほぼ無いので、他人の手を煩わす心苦しさを感じずにすみます。 いくらお互い様と言っても、普段付き合いのない人にまでお手伝いをお願いするのは気まずいですよね。 このように、葬儀の手間や費用に関して、相互支援という考えが必要なくなったため、お香典を受け取る事の意味合いも変わってきたようです。 香典を辞退する理由として• 葬儀費用が抑えられるので香典をアテにする必要がない• 参列者に負担をかけたくない• 故人の遺志• 会葬者との接点がない• 香典という風習が馴染めない など様々ですが、一番の理由は、• 香典返しに手間をかけてくない• 香典をいただいても今後、義理を果たせないかもしれない というのが大きいのではないでしょうか。 気疲れしている状態の時にお返しの品を用意するのって、たしかに大変です。 しかも「頂いた金額の半返しが常識」「一律で返すのが常識」と、地域によってそれぞれ「常識」が違ったりするから厄介です。 参列してくれる方全員の出身地を把握して個別に対応するなんて事はできないですしね。 それなら最初からお香典半分でお返し不要にするか、もしくは香典は辞退したいと考えるのも、ある意味自然な流れかもしれませんね。 「香典は借金と同じ」とう話を聞いたことはないでしょうか。 つまり、親戚や知人などに不幸があると、頂いた分と同じ額を返していくという考え方なんですが、借金しなくては出来ないような葬儀を、はたして故人が望んでるかどうか。 もちろん、人それぞれ考え方は違うと思いますが、香典を辞退する方が増えてるというのは、明らかに葬儀というものに対する考え方や価値観が変わってきていることの現れです。 香典を辞退するときの連絡方法 会社への連絡はどうすればいいの? 会社に葬儀の連絡をする際、人事や総務の方に 「故人の遺志により香典や供花はご辞退したいのですが」と口頭で伝えておけば社内の必要部署に通達してくれます。 もう少し小規模な会社の場合なら、社長や直属の上司、事務の方などへの直接連絡でOKなはずです。 弔問や弔電をお断りしたいときは それも付け加えておきましょう。 福利厚生の一種である「慶弔見舞金・弔慰金」は、規程によって会社から一律に出るものなので、受け取っておいてかまいません。 お返しも不要です。 ただ、急な忌引き休暇で周りに迷惑をかけてしまう事や、その間の仕事を割り振りしてもらった職場の方への感謝の気持として、出社する際に簡単な折菓子などを持っていくといいですよ。 知人への連絡はどうする? 香典を直前でお断りするのは、わざわざ準備してくれた方に対して失礼にあたります。 できるだけ葬儀の前に知らせておくようにしましょう。 葬儀日程などを電話で連絡する場合、 「勝手で申し訳ないのですが、故人の遺志で御香典は辞退させてもらってます」と伝えるようにしましょう。 ハガキやFAXなどで葬儀の案内状を送る場合は、訃報連絡のあとに香典辞退の旨を伝える一文を書き添えておきます。 案内の文例はのちほどご紹介させていただきます。 案内状での通知連絡ができなかった場合は? 不幸は突如訪れるもの。 実際には案内状を作成出来ない事もありますし、誰が参列してくれるかを事前にすべて把握することはできません。 そういう場合は葬儀会場で香典の辞退を伝える必要があります。 通常、香典は受付で渡しますので、受付の記帳台などに 「誠に勝手ながら 故人の遺志により 御香典 御供花はご辞退申し上げます」といった内容を書いた看板を用意しておきましょう。 看板に気付かず香典を出そうとする方もいらっしゃいますので、その時は受付けの人から直接その旨を伝えるようにします。 言葉としては 「申し訳ございませんが、故人の遺志により御香典は辞退させていただいてます。 お気持ちだけありがたく頂戴致します。 」などで大丈夫です。 親族からの香典も辞退するべき? 香典の辞退は近親者以外の参列者に対しての場合が多く、親族からの香典については受け取るのが一般的です。 親族間での香典辞退となると理解してもらえないことも多いですし、あまり頑なに断ると関係性に溝ができてしまう事もあります。 悲しみにくれる間もないほど多忙なときに、それを説得するために気疲れしてしまっては何もなりません。 親族からの香典はありがたく受け取られることをおすすめします。 ただし、受付などで受け取ってしまうと一般の会葬者を困惑させてしまうので、親族の控室などで直接受け取るのがベターです。 スポンサーリンク 葬儀の案内で香典辞退を伝えるときの文例 まず、はっきりさせておくべき事として、参列者に対し香典辞退を伝えたいのか、それとも、家族葬などのため、参列そのものをお断りした上で香典も辞退するのか。 それによって用意する案内状の書き方も違ってきます。 参列者に対して香典辞退を伝えたい場合 近親者だけでなく、仕事関係の方や近所の方など、来ていただく方全員に前もって葬儀の日程を伝える必要があります。 さらに香典を辞退する場合は、参列者が準備をしなくて済むよう明確に伝えておかなければなりません。 伝え方としては電話、ハガキ、FAXなど。 その際、香典を辞退させていただく旨をハッキリと書き加えておくようにします。 家族葬のため、参列しない方に対して香典辞退を伝えておく場合 家族葬のように身内のみで故人を弔う場合、まずは列席そのものをお断りする事を伝えなければなりません。 その上で、参列されない方に対して、香典・弔電・供花・供物をお断りする旨を明確に伝えておく必要があります。 通知方法としては電話、ハガキ、FAXなど。 家族葬のため親族のみで行うこと、香典を辞退させていただく旨をハッキリと書き加えておくようにします。 こちらは、葬儀に呼ばない人に送る通知状の例になります。 中には「なぜ受け取れないんだ!」と怒り出す方もいらっしゃいます。 そういった場合でも無下に押し切るのではなく、まずは 「大変申し訳ありませんが、故人の希望でしたので。 お気持ちだけありがたく頂戴させていただきます。 」と角が立たないような言葉で、再度丁重にお断りしてみてください。 これで大抵は納得してくれるはずです。 それでも「何もしないのは申し訳ない」「以前自分の身内のときにしてもらったから」などの理由でどうしても受け取ってほしいと言われる事もあります。 そのときは、相手の気持を汲んでありがたく頂いておきましょう。 貰ったり貰わなかったりでは不公平になると考えがちですが、必要以上に拒むと、お付き合いを断るという意味にも捉えられかねません。 穏便に事を済ませるために臨機応変に対応してくださいね。 香典が送られてきた場合は? 後日、現金書留や郵送・宅配などで、香典や供物が送られてくるといったケースもあります。 受け取ることが本意ではなかったとしても、送られてきたものを、返金・返品するのは失礼ですしマナー違反でもあります。 四十九日が過ぎた時点で、御礼の手紙を添えた香典返しでお返しするのがスマートです。 関連記事 香典辞退に関するまとめ 今や香典の辞退は珍しいことではなくなってきていますし、おそらくこれからどんどん増えていくと思います。 葬儀にまつわる考え方や常識・慣習などは地域によってあまりにも違いすぎるため、今や何が正解なのか分らなくなってきています。 さらに核家族化による家族構成の変化、つきあいかたの変化、葬儀に対する価値観など、色んな事が昔とは違ってきています。 香典を辞退したいと考えるのも、時代の流れなのかもしれませんね。 ただ、考え方は人それぞれなので、故人を弔ってくれる方の気持ちへの配慮は大切にしたいですね。

次の