空 の 青 さ を 知る 人 よ 評価。 「空の青さを知る人よ」感想評価レビュー│映画とドラマとアニメ好き

「空の青さを知る人よ」感想評価レビュー│映画とドラマとアニメ好き

空 の 青 さ を 知る 人 よ 評価

・『空の青さを知る人よ』って、どういう作品? ・「ガンダーラ」って、何だったの?すごいの? ・作品の裏設定が知りたい! 2019年10月11日、映画『空の青さを知る人よ』が公開されました。 メイン会場のレッドカーペットでは、地元の皆さんから熱い歓迎を受けました😆 — 映画『空の青さを知る人よ』 soraaoproject 初日に鑑賞し、裏側設定がつづられてるスピンオフ小説も読んだので、作品の裏側まで含めて考察や感想を紹介します。 本作のあらすじは、次のようになっています。 山に囲まれた町に住む、17歳の高校二年生・相生あおい。 将来の進路を決める大事な時期なのに、受験勉強もせず、暇さえあれば大好きなベースを弾いて音楽漬けの毎日。 そんなあおいが心配でしょうがない姉・あかね。 二人は、13年前に事故で両親を失った。 当時高校三年生だったあかねは恋人との上京を断念して、地元で就職。 それ以来、あおいの親代わりになり、二人きりで暮らしてきたのだ。 あおいは自分を育てるために、恋愛もせず色んなことをあきらめて生きてきた姉に、負い目を感じていた。 姉の人生から自由を奪ってしまったと…。 そんなある日。 町で開催される音楽祭のゲストに、大物歌手・新渡戸団吉が決定。 そのバックミュージシャンとして、ある男の名前が発表された。 金室慎之介。 あかねのかつての恋人であり、あおいに音楽の楽しさを教えてくれた憧れの人。 高校卒業後、東京に出て行ったきり音信不通になっていた慎之介が、ついに帰ってくる…。 高校生時代の姿のままで、過去から時間を超えてやって来た18歳の金室慎之介。 思わぬ再会から、しんのへの憧れが恋へと変わっていくあおい。 一方で、13年ぶりに再会を果たす、あかねと慎之介。 せつなくてふしぎな四角関係…過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。 出典:『青さを知る人よ』公式サイト ちなみに、本作品は2019年秋頃という時間設定です。 ということは、あおいは2001年生まれかな。 空青の作品テーマと評判、感想 『空の青さを知る人よ』の作品テーマと、それに対する僕の評価を述べていきます。 作品テーマ 僕は以下のようなことがテーマだと感じています。 30代という微妙な時期の、心の揺れ動き 僕もそうなんですけど、30代っていろんなことがあるんですよね。 あおいやしんののような高校生から見ると大人ですが、本人にはその自覚がなかったり、まだ大人になりきれない自分がいたりします。 仕事や家庭、独身ならば恋愛についても、周囲からいろんなプレッシャーがかかる時期です。 自分でも、「こんなもんだろう」という諦めや、「もっとやれるはずだ」という自分への期待や、焦りに心が揺れる時期です。 作品紹介で使われている「二度目の初恋」という言葉には、あかねと慎之介の恋愛感情だけでなく、これまでの人生の葛藤や、歩んできた道が凝縮されているように感じられます。 各キャラクターにとっての『ガンダーラ』がどこにあったのかは、後ほど紹介します。 評判と感想 とても楽しく、あっという間の100分間でした! Twitterでも好評なようですね。 『空の青さを知る人よ』。 超平和バスターズの秩父三部作の中で、秩父が舞台装置としてもっとも意味を持った作品になっています。 あおいがしんのに告白した時に、あおいの表情を映さないことで、逆に、しんのがあおいに与えた影響の大きさが感じられました。 音楽を上手に表現している 原作の超平和バスターズの皆さんは、音楽をやったことがないそうです。 そのため、楽器をしていたことがあるスタッフにギターやベースの扱い方や、ミュージシャンがどういう立ち居振る舞いをするのかなどを教わったそうです。 これにより、リアリティのある表現をすることができました。 慎之介があかねのリクエストに応えて『空の青さを知る人よ』を演奏し終わって、ギターを肩から下ろすときの仕草が、僕には不自然に見えたんですね。 しかし、あれが実際のギタリストの仕草なのでしょう。 あんな素敵な女性がいたら、プロポーズしちゃいます 空青の考察と裏設定 ここからは、スピンオフ小説の内容も踏まえた裏設定を元に、作品中の描写を考察していきます。 あかねスペシャル あかねスペシャルは、18歳の頃の慎之介が秩父に置いてきたものを象徴しています。 置いてきたものとは何だったのでしょうか? あかねスペシャルとは あかねスペシャルは、しんのがバイトで貯めたお金で、あかねと一緒に選んだギターです。 高校時代にあかねと過ごし、あかねと一緒に歩む未来への思いが詰まった、大切な楽器です。 しかし、あかねの両親が不慮の事故によって亡くなり、ふたりの未来への約束が立ち消えてしまいます。 しんのは、 本当は東京に行かずに、あかねと一緒にいたかった。 けれど、前に進むために、 思いを断ち切り、いつか必ず迎えに来るために、あかねスペシャルをおいて一部を出て行きました。 慎之介がアパートの自室で、ギターが入っていないギターケースを開けるシーンがありました。 これには、18才のしんのの決心が込められています。 いつでもギターを取りに戻れる=あかねを迎えに来れるようにしよう• その思いをいつでも思い出せるようにしよう このように考えてに、身の回りの楽譜や写真など、大切なものだけをケースに詰めて、上京したんですね。 しんのの生き霊は、置き去りにしてきたあかねという大切な存在を、思い出させるために出てきたんですね。 おにぎりが表すもの あかねが作るおにぎりは、1万回言っても昆布だけ、というエピソードがありました。 要は、恋人のしんのの好みよりも、自分の妹=あおいの好みを優先させたということです。 これは、自分のことより他人のことを優先するあかねの性格を、よく表しています。 そして同時に、本人は否定していますが、自分の幸せ=しんのと一緒にいることよりも、あおいの幸せを優先させてきたことを暗に表しています。 ラストシーンで「今度ツナマヨおにぎりを作ろうか」とあかねが言うシーンでは、あかねが自分の人生を歩み始めようとしたことを、ほのめかしています。 やさぐれていた慎之介が目を醒ましたことや、自分が思っている以上にあおいが大人になったことを感じて、自分も後悔しないように、本当にやりたいことをやろうと背中を押されたのでしょう。 あかねの作るツナマヨおにぎり、食べてみたいです。 慎之介のものまねの意味とは 慎之介がソロデビュー曲の『空の青さを知る人よ』を、あかねの前で歌うシーンがありました。 途中で高校時代の先生のモノマネをしていましたが、これには二つの意味があります。 一つ目 慎之介の照れ隠し 慎之介が作った『空の青さを知る人よ』は、実はあかねへのラブソングです。 640枚しか売れなかったデビュー作。 本人は黒歴史と言っていますが、デビュー当時の慎之介にとっても、あかねにとっても、大切な作品です。 ラブソングを、相手の目の前で歌うのはさすがに恥ずかしいですよね。 二つ目 二人の本当の想いを思い出させるきっかけ しんのとあかねは、高校1年生の時に、みちんこを介して知り合いました。 このとき、しんのはあかねに一目惚れしました。 とはいえ、あかねは真面目な優等生なのに対して、しんのは威勢のいいやんちゃ坊主。 タイプが違うのであかねも警戒していましたが、しんのは頑張ってアプローチしていました。 そのアプローチの過程であかね向けのラブソングを歌い、途中でものまねを披露しました。 すると、あかねに大ウケし、それから二人の仲は急速に深まっていきました。 しんののモノマネには、そんな背景があります。 別れてから13年後、このものまねによって、互いの思いに改めて気がついた二人。 でも、この時は慎之介はまだ自分の進む方向に迷い、あかねもあおいのことが気になって、自分に正直になれずにいたのです。 しんのは本当にいいやつですね。 作品タイトルに込められた意味 本作のタイトルである『空の青さを知る人よ』は、しんののデビュー曲と同じ名前です。 そしてこのデビュー曲は、あかねが好きな言葉である『井の中の蛙大海を知らず。 されど空の青さを知る』が元になっています。 これはあかねの決意表明で、この街で妹を守り育てていくという思いが綴られています。 逆に、しんのは東京に行けばすべてがうまくいくと思っていました。 けど実際には、場所なんて関係なく、自分にとって大切なものを大切にすることこそが、幸せなんだと気がつきました。 すべての夢が叶うという『ガンダーラ』は、どこか遠くの知らない場所ではなく、自分の心が決めるものなんですね。 それが「空の青さ」の意味するところです。 ちなみに、これは、あおいも同じです。 エンディングロールが流れる際に、大学の合格発表のような写真がありましたね。 あおいは、高校卒業後は東京に行って音楽で天下を取ると言っていましたが、進学することにしたようです。 きっと、この音楽フェスティバルがきっかけで、地元への思いや、自らが進むべき道について改めて考えることができたのだと思います。 ここでも、何が幸せなのかは自分の心が決めるという、大切なメッセージが感じられます。 空青鑑賞後のお楽しみ 『空の青さを知る人よ』の楽しみ方は、映画だけではありません! スピンオフ小説 スピンオフ小説の『空の青さを知る人よ Alternative Melodies』では、18歳のしんのと、31歳の慎之介の2人の視点から、物語が描かれます。 映画の中でしんのが考えていたことや感じたこと、慎之介がどのように心境を変化させていったかなど、心理的な裏側をうかがい知ることができます。 また、映画のラストシーンの翌日、翌々日についても描かれています。 エンディングロールで流れた、3年後の世界への出発点が、よく分かると思います。 Amazonなどで買うか、U-NEXTに登録して割引価格で買うのがおすすめです。 以下は、あいみょんのコメントです。 脚本を読ませていただいた時、しんのやあおいと同じく音楽をやっている身として共感できる部分や、青春の淡い痛さみたいなものが自分にもあったなと感じました。 監督やスタッフの皆さんに曲を聞いていただいた時に、「この楽曲と寄り沿いながら映画を作っていきたい」と言ってくださり、映画づくりの一員として携われたことを、とてもありがたいなと思いました。 楽曲制作の最初に映画のタイトルまるまる使った曲を作りたいという話をしていたので、作れたことを嬉しく思っています。 作品に寄り添いつつも、自分らしさのある素敵な曲になったと思いますので映画も楽曲も楽しみにしてください! 出典:『空の青さを知る人よ』公式サイト.

次の

映画「空の青さを知る人よ」って面白いの?見どころや感想をネタバレなしで紹介!|アニメおすすめラボ

空 の 青 さ を 知る 人 よ 評価

姉あかねは両親の死で元恋人の慎之助との上京をあきらめ市役所勤めです。 ある日、町の音楽祭の演奏者に慎之助の姿を見つけ…。 過去のしんのが伝えたかったことは? ネタバレ感想『空の青さを知る人よ』考察や評価レビュー この先は ネタバレありの感想考察です。 他の映画はも参考にしてください。 』(ここさけ)を制作した集団「超平和バスターズ」による最新アニメ映画です。 脚本は岡田麿里のオリジナルで、秩父三部作に位置づけられるようです。 プロデューサーは『』『』で成功をおさめている川村元気がつとめています。 メインキャラクター慎之助の声をイケメン俳優の吉沢亮、あかねを人気女優の吉岡里帆、新渡戸を松平健などが演じると報道され心配する人が多かったようですが、個人的には違和感なく安心しました。 あおい役の若山詩音が一番よかったです。 テーマは「初恋より大切なもの」「理想と現実」「田舎は不幸?」 『空の青さを知る人よ』のテーマのとらえ方は、観る人それぞれの立場や歩んできた人生により変わっていいと思います。 最もわかりやすいのは、語り手 「あおいの初恋」です。 共通点「目玉スター」から、しんのをより意識しはじめます。 同時に 「あかねの初恋」「しんのの初恋」も描かれますが、両親を亡くした あかねは初恋よりも「妹のあおい」を選び、しんのはあかねより「東京での成功」を優先します。 そんな2人を歯がゆく思ったあおいは、上京を決めたのでしょう。 お堂に閉じこめられた 「過去のしんの」は理想と希望に満ちあふれているが「現実の慎之助」はソロデビュー1曲目で挫折して演歌歌手のバック演奏で音楽家としての体裁をたもっています。 ヒューマンドラマでよくあるテーマの1つです。 小さな地域社会「村社会」の数少ない就職先の役所で働くあかねや中村正道(通称みちんこ)は、地元の田舎で暮らすことを選択します。 一方、しんのはメジャーデビューを目指して上京します。 『あの花』『ここさけ』では「 田舎の狭さや息苦しさ」を描いてましたが、『空の青さを知る人よ』では田舎をネガティブには表現せず、むしろ「 都会(東京)に出ることが幸福とは限らない」とうったえてるように感じられます。 「井の中の蛙 大海を知らず、されど空の青さを知る」の意味は? 「井の中の蛙 大海を知らず」は、狭い世界しか知らないカエルを皮肉った表現です。 そんな「広い世界」を知らない蛙でも「空の青さを知る」ことはできるので 「大海を知らない」ことが不幸にはつながらないと結論づけてるように感じます。 つまり、狭い井戸のような田舎に閉じこもって暮らすことは不幸ではないし、 広い大海のような東京や都市部で「夢」を追い求めることが必ずしも幸福に結びつくわけではないと表現されています。 同時に 「空の青さ」とは「あおい」のことでもあります。 あかねはしんのと東京へ行くことはあきらめたが、田舎で妹あおいと一緒に暮らすという「幸せ」を選択しました。 正に 「田舎のあかね、大海を知らず、されどあおいとの幸せを知る」ですね。 2人の慎之助の意味は?しんのが伝えたかった事? 上でも書きましたが「理想と現実」がテーマの1つになってます。 過去の生き霊しんのは、その当時の「理想」の残存思念のようなものです。 つまり「東京で音楽を成功させ、あかねと一緒に暮らすこと」を夢みてて実現に疑問を感じてません。 しんのの存在は、現実でやさぐれた慎之助との対称性を表すのに効果的です。 また、あおいが初恋をいだいたままのしんのであることも重要な点です。 ただしこの都合がよすぎるファンタジー設定には、それほど必要性を感じませんでした。 過去のしんのが伝えたかったのは、もう1つの未来の選択つまり 「東京で音楽」ではなく「あかねと一緒にいること」を優先せよということだったのでしょう。 しんのがあかねを救うためにお堂を出る時、 ギターの弦が切れたことも「音楽<あかね」を示しています。 エンドロールの結婚式の賛否は? エンドロールでは、慎之助とあかねが結婚式を開催する様子も映し出されました。 つまり慎之助は東京で音楽で成功するこをあきらめ、あかねはそんな慎之助を受け入れたことになります。 ラブストーリーとしては美しい結末でほっこりしますが 「夢かなわずとも愛はかなう」のかと考えるとモヤモヤします。 慎之助が何の仕事についたかは不明ですが、就職先の少ない田舎で就職歴のない中年男性が働ける仕事は少なそうです。 そんな男性を受け入れることのできた「あかね」は現実では希少なのではないかと思います。 独身女性には住みづらい田舎でさえ独り身でとおしてきたほどのあかねなので、 慎之助への愛は想像もできないほど大きかったのだと想像できます。 『空の青さを知る人よ』私の評価と前作との比較 夢を実現するために故郷を離れた慎之助と、妹と暮らすために田舎に残ったあかねとの、再会の物語と考えればシンプルですが、妹あおいの慎之助への初恋や若いしんのがからむことで 「夢や理想を追い求める難しさ」を思い知らされます。 そういう意味では前作『あの花』『ここさけ』より考えさせられます。 ただし、私はより ストレートにうったえかけてきた前2作の方が泣けたし好みでもあります。 夢が達成できなかったのに、あかねと結婚できた慎之助に嫉妬の思いもありますし(笑) 『空の青さを知る人よ』では、しんのやあおいがバンドマンを目指すことから「音楽映画」の側面もありますが、演奏シーンが少ないのは残念です。 ラストの音楽フェスはハイライトだと思ってたのに肩透かしです。 ここさけ被りを避けたのかも? それゆえ、 あおいとみちんこが加わっての「ガンダーラ」演奏シーンは貴重で鳥肌ものでした。 口はわるかったけど、あれで慎之助の心も動いたように感じます。 「超平和バスターズ」次回作にも期待したいです! 他の映画はも参考にしてください。 『空の青さを知る人よ』含む映画ランキングや映画賞•

次の

空の青さを知る人よ・結末その後はエンドロールに!あかねとしんのの後日談を考察

空 の 青 さ を 知る 人 よ 評価

山に囲まれた町に住む、17歳の高校二年生・相生あおい。 将来の進路を決める大事な時期なのに、受験勉強もせず、暇さえあれば大好きなベースを弾いて音楽漬けの毎日。 そんなあおいが心配でしょうがない姉・あかね。 二人は、13年前に事故で両親を失った。 当時高校三年生だったあかねは恋人との上京を断念して、地元で就職。 それ以来、あおいの親代わりになり、二人きりで暮らしてきたのだ。 あおいは自分を育てるために、恋愛もせず色んなことをあきらめて生きてきた姉に、負い目を感じていた。 姉の人生から自由を奪ってしまったと…。 そんなある日、町で開催される音楽祭のゲストに、大物歌手・新渡戸団吉が決定。 そのバックミュージシャンとして、ある男の名前が発表された。 金室慎之介。 あかねのかつての恋人であり、あおいに音楽の楽しさを教えてくれた憧れの人。 高校卒業後、東京に出ていったきり音信不通になっていた慎之介が、ついに帰ってくる…。 高校生時代の姿のままで、過去から時間を超えてやって来た18歳の金室慎之介。 思わぬ再会から、しんのへの憧れが恋へと変わっていくあおい。 一方で、13年ぶりに再会を果たす、あかねと慎之介。 せつなくてふしぎな四角関係…過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。 より引用 映画『空の青さを知る人よ』は面白いの?4つの見どころ 1.実績抜群の製作陣には期待せずにいられない! 【超平和バスターズ最新作!】 映画「空の青さを知る人よ」が2019年10月11日(金)公開決定! 公式ツイッター 公式サイト: 本日ポスタービジュアルを解禁しました! 公式HPには長井さん、岡田さん、田中さんのコメントも掲載! — あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 映画『空の青さを知る人よ』を手がけるのは、 「長井 龍雪(ながい たつゆき)」監督です。 ここさけが「大ヒット」はしなかった• あの花から月日が経っている そんな理由から、一般の人にも知名度の高いキャストになったのかな……などと勝手に妄想してみたりw とはいえ、これで ゴリゴリのアニメファン以外にも興味を持ってもらいやすくなったのは確かでしょう。 公開初日に早速観てきたので感想と個人的な評価を。 結論から言うと、 「話的にはすごく面白いし感動もできたけど、忙しかったのがちょっと残念」 というのが正直な感想です。 1.全体的に泣き所は多い まず個人的にはけっこう泣きポイントが多かったです。 僕の涙腺が激弱なのはあると思うんですが、開始30分過ぎたくらいからは これどういう意味だ? えっとあの時言ってたあれが……ああストーリーが進んじゃう! 集中して見ていても、ラストで少し置いていかれてしまう人もいるんじゃないかと思います。 3.声の違和感は少ない メインキャストの 「声」に関する違和感は特にありませんでした! 先に紹介したように 「声の演技歴の少ない俳優さん・女優さん中心の起用」だったので、不安もありましたが全然OKだったんじゃないかと。 ただあえて厳しめに評価するなら、 違和感がないというだけで逆に際立った感想もありません。 演技に圧倒されたり、特別印象に残ったりはしなかったんですよね。 4.映像はすごく綺麗 『空青』のアニメーションはすごく綺麗です。 これまでの超平和バスターズの作品同様、 見やすいキャラのタッチは健在ですね。 そして何より良かったのが 時折入る神映像。 終盤にあった1シーンでは、 リアルと見間違えるほどの街の描写に目を奪われずにはいられませんでした。 実はリアルとの合成だったり……? ごめんなさい、正直今でも分かってませんw さらに『あの花』で印象的な例の橋なんかも登場させてくれますし。 感情のスイッチの入るタイミングや、 その時の反応がなんとなく違和感があって。 とはいえ別に演じる人が悪いようには思えないんですよね。 単に僕が男性だから理解しきれないのかもしれません……でもちょっと気になったポイントです。 逆にこの 「あおい」というキャラクターに完璧に感情移入できたなら、最高の作品になるんじゃないかと。 感想・評価まとめ• 姉妹愛• 過去の選択&これからの選択 映画『空の青さを知る人よ』はこの3つがポイントとなっていて、内容はすごく面白かったし好きなタイプでした。 しかし 「いくつかの気になったポイントがある&飛び抜けた何かはない」ということで、 全体的には少し惜しい気もしました。 そして 女性の方がもっと刺さりやすいのは間違いないだろうなと。 主人公のあおいが女の子ですし、脚本の岡田麿里さんも女性ですからね。 共感しやすいでしょうし僕より良い印象を受ける人は多いはず。 また終盤のいくつかのセリフを始め考察しがいもある作品なので、• 小説やスピンオフ小説を読む• こちらも解説しているので参考になるかと思います。 劇場情報 映画『空の青さを知る人よ』は、 2019年の10月11日(金)より公開です。 一応、 47都道府県全てで公開されます。 これは嬉しいですね。 公開される劇場の数も多いので、地方に住んでいる人でも割と観に行きやすそうです。 近場の映画館で上映されるのか事前にチェックしておきましょう。 まとめ 以上、映画『空の青さを知る人よ』の見どころや面白さ・感想について紹介しました。 いくつか不満な点も挙げましたが、 内容的には面白かったし良い所もたくさんある映画です。

次の