種 牡馬 と は。 【競馬】世界のG1馬輩出…名種牡馬サドラーズウェルズ死亡

種牡馬リーディング|競馬データベース

種 牡馬 と は

種牡馬• 2020年• 順位 馬名 出走 頭数 勝馬 頭数 出走 回数 勝利 回数 重賞 特別 平場 芝 ダート 勝馬 率 EI 入着賞金 万円 平均距離 芝 平均距離 ダ 代表馬 順位変動 出走 勝利 出走 勝利 出走 勝利 出走 勝利 出走 勝利 1 365 112. 307 2. 44 400,905. 1 1,829. 4 1,742. 249 1. 55 198,939. 4 1,622. 6 1,503. 274 1. 45 152,426. 5 1,906. 7 1,714. 224 1. 35 127,537. 9 1,920. 0 1,540. 250 1. 07 121,350. 5 1,789. 4 1,618. 240 1. 35 108,980. 9 1,968. 0 1,714. 221 1. 16 104,221. 4 1,542. 9 1,405. 234 1. 14 80,893. 4 1,400. 0 1,569. 329 1. 18 80,820. 1 1,803. 5 1,654. 200 1. 05 80,792. 1 1,500. 0 1,425. 237 2. 35 80,494. 2 2,066. 7 1,760. 176 1. 12 68,917. 0 1,840. 0 1,750. 154 1. 12 68,469. 8 1,905. 3 1,750. 259 0. 91 66,769. 1 1,266. 7 1,457. 250 1. 19 62,291. 9 1,842. 1 1,595. 193 0. 84 53,239. 4 1,500. 0 1,707. 198 0. 93 48,634. 5 1,680. 0 1,704. 194 0. 80 46,481. 8 1,723. 1 1,772. 160 0. 70 45,417. 9 1,630. 8 1,590. 253 0. 99 42,206. 9 0. 0 1,255. 272 0. 91 42,165. 5 1,900. 0 1,614. 167 0. 92 42,154. 2 1,760. 0 1,410. 136 3. 71 36,788. 5 2,000. 0 1,466. 159 0. 99 36,456. 4 1,575. 0 1,500. 191 0. 85 36,117. 6 0. 0 1,595. 149 0. 55 35,120. 1 1,583. 3 1,420. 290 1. 13 35,048. 5 1,688. 9 1,733. 250 1. 52 32,788. 1 1,200. 0 1,540. 292 2. 93 31,720. 4 2,240. 0 2,000. 229 0. 91 28,746. 2 1,600. 0 1,576. 233 0. 87 28,525. 7 1,200. 0 1,527. 182 1. 08 26,684. 5 1,575. 0 1,540. 155 1. 01 26,279. 0 1,714. 3 2,300. 198 0. 72 26,115. 1 0. 0 1,423. 209 0. 86 25,906. 4 1,871. 4 1,475. 121 0. 98 25,750. 5 1,400. 0 1,600. 171 0. 79 24,939. 2 1,450. 0 1,766. 135 0. 74 24,830. 2 2,275. 0 1,680. 116 0. 79 24,628. 8 1,300. 0 1,300. 070 0. 92 23,620. 1 1,875. 0 0. 260 1. 04 23,509. 4 2,000. 0 1,671. 333 2. 82 22,905. 5 1,600. 0 1,500. 141 0. 65 22,684. 5 1,428. 6 1,280. 104 0. 72 21,711. 0 1,880. 0 1,900. 147 0. 62 20,852. 9 1,433. 3 1,516. 217 0. 66 20,547. 8 0. 0 1,706. 180 0. 75 20,545. 7 1,200. 0 1,400. 194 0. 67 20,084. 9 0. 0 1,576. 113 0. 71 19,780. 3 1,733. 3 1,600. 400 4. 23 19,076. 3 1,200. 0 1,333.

次の

【最新】2020年 種牡馬一覧、種付け料ランキング|ほどよい競馬

種 牡馬 と は

出走数ランキング 相変わらず、 新種牡馬「モーリス」が首位を独走し、「ドゥラメンテ」も3位につけています! 他に 「ディスクリートキャット」「ホッコータルマエ」「ミッキーアイル」「ラブリーデイ」の新種牡馬が多く登場してます。 昨年の2歳リーディングサイアー「キズナ」も順調ですね。 ディスクリートキャット• ダイワメジャー• Frankel• ディープインパクト• Invincible Spirit やはり気になるのは「新種牡馬」ですね。 モーリス産駒はいまだに1勝もできておりません。 それに反して、 モーリスの父・スクリーンヒーロー産駒が今週2勝を挙げています。 現時点で「5頭出走:2-1-1-1」と絶好調です! Frankel産駒も2戦2勝と好調です。 しかも「モンファポリ」はブッチギリのレコード勝ちでした。 リーディングサイアーの ディープインパクト産駒は3戦2勝2着1回と連対100%です。 本日の同一レース(6月21日阪神5R)でワンツーフィニッシュでした。 昨年のレシステンシアに次ぐスターは出てくるのでしょうか!? ルーラーシップ産駒はまだ勝ち上がれていません。 キングカメハメハ系として「ロードカナロア」「ドゥラメンテ」がいるため、なかなか良い繁殖牝馬が回ってきにくいということも聞きます。 2歳戦に強いほうではないと思いますが、個人的にはお手頃で好きな種牡馬なので頑張ってほしいです。 あとは オルフェーブル産駒がまだデビューしていないですね。

次の

種牡馬(有力馬主、種牡馬紹介) イギリス競馬 各国の競馬 海外競馬発売 JRA

種 牡馬 と は

競走馬には、GIレースなどの多くの実績となるレースが用意されていますが、その父である種牡馬にも リーディングサイアーという 種牡馬としての実績を評価するランキングがあります。 世界各国で競馬は行われていますが、その中でも欧州・アメリカ・日本の代表的な種牡馬を紹介すると共に現在の 世界種牡馬ランキングを掲載しています。 種牡馬としても、自身の父であるサンデーサイレンスの後を継ぐように2012年から連続で JRAリーディングサイアーとして君臨し、過去の名種牡馬の記録を更新するなどの活躍で、 種牡馬としても最強の名を手にしたといえます。 2009年度産駒のは、のみならず ジャパンカップと有馬記念を制覇しており、他の産駒もGI級のレースの多くでディープインパクト産駒の活躍が目立っています。 2位 キングカメハメハ 父:kingmambo 母:マンファス 現役時代は複勝圏内を外すことのない堅実な走りは、 8戦7勝の成績にも表れていますが、中でも NHKマイルチャンピオンと東京優駿を制している実力は紛れもなく実力馬といえます。 種牡馬としても、2010年に アパパネが 牝馬三冠に輝くとジャパンカップでは、ローズキングダムが勝利を収めて、ついに リーディングサイアーを獲得しました。 JRAリーディングサイアーをが獲得したのは、1994年にトニービンが獲得して以来の記録だけに貴重な種牡馬でもあります。 3位 ダイワメジャー 父: 母: ダイワメジャーの現役時代は、 マイルから中距離での活躍が目立つ馬で、先行策からの抜け出しと息の長いスパートが決まると完ぺきな展開のレースになりました。 産駒の成績も比較的マイル路線で活躍をする馬が多く、 NHKマイルカップや桜花賞を獲得した産駒がいます。 リーディングサイアーに関しても、総合でディープインパクトを超える事は難しい状況ですが、2015年の 2歳リーディングサイアーに輝いています。 4位 ハーツクライ 父: 母:アイリッシュダンス 現役時代のハーツクライのGIに関しては 有馬記念を制覇したのみですが、比較的堅実な走りが多く、東京優駿やジャパンカップでは2着が最高順位になっています。 種牡馬になってからは、自身が勝つことができなかった、東京優駿も2011年に ワンアンドオンリーが勝ち、リーディングサイアーも2013年以降は 安定した上位にランキングの評価を得る事が多くなりました。 5位 ステイゴールド 父: 母:ゴールデンサッシュ 現役時代の国内GIレースでは、2着4回の他にも多くの重賞レースで2着や3着の 惜しいレースが続いた事から人気が出た珍しいタイプの馬で、ようやく勝利をしたGIは 海外のレースというのも変わったタイプの馬です。 ステイゴールドの現役時代は、惜しいレースの連続でしたが、種牡馬となってからは、2008年産駒ののをはじめ、翌年も ゴールドシップやフェノーメノなどのGI級の馬を産駒として残しています。 種牡馬になってからも初年度産駒の馬から 4頭もGI馬が誕生して、その後も順調に優秀な仔馬を輩出しています。 12世代連続でGI馬を誕生させている事からも、優れた種牡馬である事がわかります。 当然のように多数のGI馬を輩出していますが、中でも フランケルは日本でも知られている名馬ですが、 生涯成績14戦14勝の無敗馬として世界の中でも名馬と言われています。 7位 タピット 父:Pulpit 母:Tap Your Heels タピットの現役時代はデビューをすると2連勝を飾ったことや勝ち方がとても強かったことから、翌年の三冠戦の注目馬となるもフロリダダービーで6着に敗れて、その後は肺感染症や脚部腫瘍で苦しみ、 レースに復帰後も満足のできる結果は残していません。 種牡馬になって初年度産駒が、 GIで3勝をあげる活躍を残しました。 その後も順調に結果を残して初産駒が出走をしてからわずかの4年間で 種付け料が10倍になり、名種牡馬として名を残すことになりました。 日本にも代表産駒がいて、 テスタマッタがフェブラリーステークスを勝利しています。 8位 マンハッタンカフェ 父:サンデーサイレンス 母:サトルチェンジ 現役時代のマンハッタンカフェは、GI勝利が3回あり、 菊花賞・有馬記念・天皇賞春といういずれも長めの距離でのレースを制しています。 蹄が弱かったことから特殊な蹄鉄をつけて出走をしていましたが、 馬場状態が悪いと全く本来の力を発揮できなかったので、例え良馬場発表でも直前の天候状態によっては満足のできるレースができなかった事もあったようです。 種牡馬となってからは安定をした成績を残していて、 芝・ダート問わずGI戦線で活躍のできる産駒を輩出していいます。 9位 クロフネ 父:フレンチデピュティ 母:ブルーアヴェニュー 現役時代のクロフネは、東京優駿(日本ダービー)こそ5着に敗れはしたものの、 NHKマイルカップとジャパンカップダートでGIを制覇している馬です。 を制覇したことからも知名度は高くなりましたが、何よりもダートでの実力は 圧倒的な存在となっていました。 種牡馬としても順調なスタートをきったクロフネは、2007年度以降安定した成績を残しています。 主な産駒と戦績には、スリープレスナイトでスプリンターズSや、ホエールキャプチャのヴィクトリアマイル、他多数のGI競走馬を輩出しています。 10位 ネオユニヴァース 父:サンデーサイレンス 母:ポインテッドパス 生涯成績13戦7勝で、菊花賞こそ3着に敗れて逃してしまうものの、 皐月賞と東京優駿は見事に勝利を収めています。 種牡馬としてのネオユニヴァースは、ロジユニヴァースで東京優駿、アンライバルドで皐月賞を勝利していますが、中でもヴィクトワールピサが最も多くGI戦線で活躍をして、勝利を収めた馬になっているといえます。 まとめ 各国の代表という形でランキング形式にすると、日本の種牡馬が独占をしていることがわかりますが、決してこのランキングが種牡馬としての強さに直結をしている訳ではありません。 今回は 獲得賞金を基にランキングを行いましたので、欧州やアメリカよりも賞金の高い傾向がある 日本の種牡馬が圧倒的に有利になりますし、欧州の競馬は芝が中心で、アメリカの競馬はダートが中心というように競馬そのもののスタイルが全く違うので、 同じ物差しで測るのは少々難しい面もあります。 少なくとも言える事は、この状況の中とはいえ、ディープインパクトは日本の種牡馬として一世代を築いたサンデーサイレンスの後をしっかりと継いでいますし、上位の日本馬も同形が多くなっています。 また、ここにランキングをされている ガリレオやタピットという種牡馬は、賞金面に関係なく上位にランキングされていることからも世界を代表する名種牡馬と言っても過言ではないと考えられます。

次の