副鼻腔炎 手術 名医 大阪。 副鼻腔炎 阪急茨木市駅より徒歩7分の耳鼻咽喉科 茨木やまもと耳鼻科

京大耳鼻科ホームページ

副鼻腔炎 手術 名医 大阪

慢性副鼻腔炎 蓄膿症 の手術「内視鏡下鼻内副鼻腔手術」 投薬治療やネブライザー療法などで慢性副鼻腔炎(蓄膿症)が治らない場合や、鼻ポリープが生じているケースでは、内視鏡による手術「内視鏡下鼻内副鼻腔手術」を行います。 閉鎖してしまった鼻内の腫れた粘膜・ポリープを取り除き、鼻が本来持つ自浄作用を回復させる手術です。 かつて行われていた手術と比べると、切開範囲を最小限に抑えられるため、出血、術後の痛み、顔の腫れも少なくて済みます。 当院では、局所麻酔による日帰り手術として、内視鏡下鼻内副鼻腔手術を受けていただけます。 症状の程度によっては、短期入院になるケースも わたなべ耳鼻咽喉科では、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)に対する内視鏡下鼻内副鼻腔手術を、局所麻酔の上、日帰り手術として受けていただける体制を整えております。 ただし、症状の程度、患者様の体調によっては、短期入院が必要になることもあります。 内視鏡下で行うメリット 内視鏡で行う鼻内副鼻腔手術では、医師がモニターの映像を見ながら内視鏡を操作します。 正確で安全な手術が可能 小型カメラで拡大された映像を見ながら手術を行いますので、高い正確性と安全性が維持されます。 以前まで一般的だった術式(鼻根本術)で行われていた唇の裏の切開や上顎の骨を削るなどの処置も必要ありません。 切除する範囲は最小限 モニターから正確な映像と情報が得られるため、念のため、と大きく切除する必要がありません。 必要な箇所を、必要なだけ切除し、患者様のご負担を軽減します。 出血や痛みも抑えられます。 短い手術時間 内視鏡を使ったピンポイントの術式であるため、片側で約20分、両側で約40分程度と、短時間で手術を終えられます。 術後、日常生活で気を付けることは?• 手術を受けた当日は、出血しやすい状態が続いています。 ご帰宅後は、リラックスした状態で横になり、極力安静にしてください。 手術後2~3日で、軽い運動ができる状態になります。 手術当日は入浴できません。 医師の判断により、翌日か翌々日から可能になります。 手術の翌日か翌々日に、ガーゼを取り除きます。 その後1週間程度は、腫れと滲出液によって鼻づまりが強くなります。 手術後2~3週間をかけて徐々に鼻の通りが良くなります。 粘膜の状態が完全に回復するまでは、2か月ほどを要します。 手術後2か月ほどは、鼻血が起こる可能性が高くなります。 鼻血が止まらないときには、当院にご連絡ください。

次の

耳鼻咽喉科/慢性副鼻腔炎の名医|クリンタル

副鼻腔炎 手術 名医 大阪

国内の慢性副鼻腔炎・ 蓄膿症(ちくのうしょう)の患者数は100万人以上、予備軍を含めると1000万人とも言われています。 蓄膿症を治療せずに放置していると 膿(うみ)が鼻内に発生し、長期に渡り鼻づまりなどの症状が現われます。 さらに鼻の粘膜が腫れ、鼻茸(はなたけ)と呼ばれるポリープが発生することもあります。 主な症状としては、倦怠感、頭痛、嗅覚低下、集中力の低下、睡眠時の無呼吸症候群など、重症になると 手術が必要な場合もあります。 また、頭痛に関しては膿の溜まる場所に応じて痛む場所や痛み方が異なります。 全国の 慢性副鼻腔炎・ 蓄膿症の名医・専門医を紹介します。 スポンサーリンク 北海道・東北エリア 医師名 病院名 コメント 地 域 耳鼻咽頭科全般を専門にしていて、慢性副鼻腔炎蓄膿症の治療のエキスパートと呼ばれている名医です。 北海道 耳鼻咽喉科全般の症状に対し、高度な医療を提供している名医です。 山形県 日本耳鼻咽喉科学会専門医で、中耳炎や副鼻腔炎の治療の名医です。 宮城県 耳鼻咽頭科を幅広く診察と受診をしていて、最善の医療を提供している名医です。 宮城県 スポンサーリンク 関東・甲信越エリア 医師名 病院名 コメント 地 域 アレルギー性鼻炎や副鼻腔良性腫瘍、副鼻腔炎の診断と治療に対し、国内トップと言われている名医です。 東京都 副鼻腔炎の治療に対し、高度な技術で内視鏡下副鼻腔手術を行っている名医です。 東京都 鼻副鼻腔炎の病態とその治療を専門としていて、内視鏡下鼻内手術法の開発にも尽力している名医です。 東京都 副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎など鼻疾患全般に対応している名医です。 東京都 副鼻腔炎など蓄膿症全般とアレルギー性鼻炎に対し、全国屈指の実績を持つ名医です。 東京都 耳鼻咽喉の疾患に対し、幅広い診察と治療を行っている名医です。 東京都 耳鼻咽喉科一般を専門分野とし、高度な技術で鼻副鼻腔手術を行っている名医です。 東京都 慢性副鼻腔炎や蓄膿症、耳下腺腫瘍の執刀件数が全国でもトップクラスの名医です。 東京都 鼻副鼻腔疾患や嗅覚障害の治療に関してスペシャリストと呼ばれている名医です。 東京都 副鼻腔炎や蓄膿症の治療が専門で、多くの患者から信頼を得ている名医です。 東京都 耳鼻咽頭科の教授で、医者向けの著書の出版や雑誌でも紹介されている名医です。 東京都 副鼻腔炎など鼻の疾患に対し、トップクラスの治療と手術を経験している名医です。 東京都 耳鼻咽喉学一般やアレルギー性鼻炎の診断と治療に尽力している名医です。 神奈川県 鼻副鼻腔疾患や中耳炎などの治療を得意とし、頭頸部の手術では定評のある名医です。 埼玉県 副鼻腔炎など耳鼻科疾患全般の治療を高度なレベルで医療提供している名医です。 埼玉県 鼻副鼻腔疾患や上気道疾患が専門領域で、内視鏡的鼻内副鼻腔手術においては国内で圧倒的な経験を誇る名医です。 栃木県 慢性副鼻腔炎のエキスパートと呼ばれていて、豊富な経験と実績のある名医です。 栃木県 日本鼻科学会の理事を務めている鼻の疾患に対する名医で、難治性鼻炎にも対応しています。 山梨県 慢性副鼻腔炎・ 蓄膿症の治療 慢性副鼻腔炎・蓄膿症の治療には、 薬物療法・ 外科療法の2つがあります。 少し前まで蓄膿症は治らないというイメージがありましたが、医療の進歩によって蓄膿症は治癒できるようになりました。 薬物には、クラリスやエリスロマイシンといった マクロライド系抗生物質の長期に服薬することで重症でない限り、70%の患者が治癒できます。 しかし、薬物療法でも効果が乏しい時や鼻茸(ポリープ)がある場合には手術が適応されます。 手術は 内視鏡なので日帰りが可能です。 スポンサーリンク 東海・関西・中部・北陸・四国エリア 医師名 病院名 コメント 地 域 耳鼻咽頭科を専門領域とし、先進的な治療を取り入れている名医です。 静岡県 副鼻腔炎と蓄膿症治療のスペシャリストで、テレビなどメディアにも出演している有名な名医です。 静岡県 鼻副鼻腔疾患とアレルギー疾患が専門分野で、難治性の症例に手腕を発揮している名医です。 大阪府 耳鼻咽頭化学を専門分野とし、名誉教授も務めていて雑誌でも紹介された名医です。 大阪府 花粉症や副鼻腔炎治療のスペシャリストで、テレビや雑誌でも人気のある名医です。 大阪府 副鼻腔炎の治療が得意分野で、レベルの高い内視鏡下手術を行っている名医です。 大阪府 耳鼻科の専門医で、海外で活躍していた経験を活かして診療している名医です。 大阪府 慢性副鼻腔炎とアレルギー性鼻炎の治療に関する名医で、鼻内内視鏡手術を行っています。 大阪府 日本の耳鼻科医療をよくすることを念頭におき、日々治療に尽力している名医です。 大阪府 副鼻腔炎など咽頭領域の専門家で、患者とのコミュニケーションを大切にしている名医です。 兵庫県 耳鼻咽頭科学を専門としていて、数々の論文や内視鏡検査支援システムを開発した名医です。 京都府 アレルギー性鼻炎や蓄膿症など鼻疾患全般に対応していて、内視鏡下鼻副鼻腔手術の名医です。 京都府 慢性副鼻腔炎の治療を得意としていて、論文や著書でも有名な名医です。 三重県 九州・沖縄エリア 医師名 病院名 コメント 地 域 日本耳鼻咽頭科学会の専門医で、日本の名医32選にも指名された名医です。 福岡県 副鼻腔など耳鼻咽頭領域が専門で、鼻中隔形成術のエキスパートと呼ばれている名医です。 大分県 首から上の幅広い診察と治療が可能な名医で、多くのテレビ番組に出演したり、講演会に参加しています。 大分県 日本耳鼻咽喉科学会専門医で、深い知識と高度な技術で治療を行っている名医です。 特に連絡の必要はありません。

次の

診療科・部門|大阪市立大学医学部附属病院

副鼻腔炎 手術 名医 大阪

慢性副鼻腔炎の原因と治療法は時代と共に変化しています。 以前は慢性副鼻腔炎(ちくのう症)の原因といえば、風邪を長引かせたりあるいは栄養不足によっていつまでも青バナを出し続けているような場合が大半でした。 また、治療の為の薬もまだ未発達であったために、手術をせずに治そうとすると、それこそ半年~数年の間耳鼻咽喉科に通い続けなければならないような病気でした。 それが今では栄養状態の改善や抗生物質の発達によって昔ほどは治療が困難な病気ではなくなってきています。 ただ、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)が減っているかというとそういう訳でもなく、最近ではアレルギーによって鼻がつまり、それがきっかけとなって慢性副鼻腔炎(蓄膿症)を併発するケースが多くなってきています。 そのため、投薬による治療についても慢性副鼻腔炎(蓄膿症)そのものの治療のみならず、アレルギー性鼻炎の治療を並行して行う必要性が増してきています。 確かに現在の忙しい社会の中では、週に1回といえども定期的に通院して鼻の治療を受ける事が難しい、という事は重々承知しています。 ただ、慢性副鼻腔炎の治療は「今治すのか?将来にツケを回すのか?」ということでもあります。 いつかは治さねばならないのであれば、少しでも早いに越したことはありません。 放置することによってその期間、仕事や学習に集中できず種々の影響が起こったり、本来は美味しいはずの食事が香りや匂いがほとんど分からないまま楽しめない…このようなことは人生に於いて思った以上に大きな代償を払っているのです。 確かに治療の間はしばらく大変ではあるのですが、将来のご自身に負の遺産を残さないよう、日々の中で治療の優先順位を高く設定していただき、早く治して快適な生活を送って頂けるよう坂本クリニックグループでもお手伝いをさせて頂きます。

次の