エレン と ジーク。 【進撃の巨人】エレンがジークを裏切る!?30巻に注目!!

【進撃の巨人】エレンがジークを裏切る!?30巻に注目!!

エレン と ジーク

爆弾男です。 2016年07月11日 01:12 遂にこの爆弾を投下する日がきたか…。 ジークとグリシャとエレンの血縁関係がかなりはっきりと明示され、なぜかグリシャが持っていたのと同じ「巨人になる注射」が今、物語の中心になっているんだがこの「注射」による無知性巨人化と巨人化能力者の捕食で相手の能力を奪って人間体に戻れると言う設定の中に明確なウソがある。 第63話「鎖」でロッド・レイスに捕らえられたエレンとヒストリアが見たこともない「記憶」を思い出すんだが、実はグリシャは超ワイルドな巨人でフリーダの中の巨人の力(おそらくは座標)を奪う。 フリーダの巨人をボコボコにしてうなじに噛り付いて脊髄ごと首を引き千切って喰った。 すげー衝撃的な1ページぶち抜きの絵とまさかグリシャが巨人だったとは…そしてエレンの父親喰い! しばらく呆然としたのを覚えている。 けれどアニメを見返したとき「あれ?」を思った。 エレンが女型に敗れて喰われた時(21話)、エレンは人間体だったじゃないか!今回のジーク、ライナー、ベルトルトもそう、アニとユミルも巨人の身体を纏った人間で脊髄まで巨人化するのは無知性巨人の特徴のはず。 レイス家の巨人だから特別ではない。 ウーリの巨人も同じ原理として描かれている。 何でフリーダの巨人だけ一体化してるのだ?そしてグリシャを喰ったとされる無知性巨人のエレンが子供の巨人になってるが超大型も鎧も5年後成長なんてしてないぞ。 どちらもロッドによる記憶の改竄だよ!それだと「巨人になる薬」の正体が兵団が考えている物(読者に与えられてる情報)と全く違うものの可能性が高い。 ユミル復活時の状況も「マルセル」を喰ったのは確かだろうが隠されてる事が多すぎる。 この作者は堂々と大嘘を描いておいて巨人と座標と地下室と海などの謎をちりばめて読者を惑わしばーんとひっくり返すつもりだろう。 これからどんな展開になるか楽しみだ。 名無しのお前らが進撃してくる• 2016年07月11日 13:13 『あの父親に』って言い回しは同じ立場(息子)を臭わせる表現なので外見上の年齢差を超えた兄弟設定としか思えないな。 が、単語の修正とか単行本化の際に良くやってる話なので単行本であっさり修正されれば潰される仮説でもある。 グリシャが壁内に現れてカルラと結婚するまでに数年はかかってるだろうから、カルラと交際中に壁外に出て浮気してたなんて超展開でもない限り10歳以上の年の差がある異母兄弟だろうから外見年齢は当てにならんな。 外人でヒゲ面だからジークが二十代半ばくらいであの外見でも別に驚かない。 オルオ19歳の方が驚いた。 100. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2016年07月15日 17:10 100 横だけど。 ライナーはエレンが座標とわかって慌てて無知性投げて食わせようとしてたので、別にエレンじゃなくてもいいんだと思う。 ここからは勝手な予想だが、エレンの血族なら座標使えるんじゃないかと。 壁外側には血縁のジークがいるし、エレン食べた無知性をジークに食わせればいい。 ライナー達自身でエレンを食べてしまうと、座標を使える奴に継承させられる 要するに食われる ことになるからエレンを食べなかった。 多分グリシャも使えるけど、グリシャは敵に顔割れてるし、エレンに渡して行方不明になったほうが敵を撹乱できる。

次の

進撃の巨人【ネタバレ】【考察】113話「暴悪」 リヴァイVSジーク再び

エレン と ジーク

進撃の巨人でエレンが座標に来た目的は?きっぱりとジークの安楽死計画を拒否! しかし、エレンが絶命する直前にジークがエレンの頭部に触れたことで、 「始祖の巨人の力+王家の血」が接触することになりました。 そして、エレンとジークは座標にたどり着いたのです。 ここで改めてジークはエレンに安楽死計画を実行するように頼みますが、エレンはこのように言い放ちました。 「こんなふざけた計画オレは到底受け入れられない。 悪いが兄さん、オレはここに来るために あんたに話を合わせていただけだ」 なんとなく予想はつきましたが、やはりエレンはジークの安楽死計画に対して賛同してはいなかったようです。 となると、ここで一つの疑問が浮かび上がります。 それは 「なぜエレンはジークと接触しようとしたのか?」ということ。 一体エレンの目的は何で、エレンは何をしたかったのでしょうか? ここを考える上で重要なのは、先ほどのエレンのセリフにあります。 「オレは ここに来るために、あんたに話を合わせていただけだ」 「ここ」とは「座標」ですよね。 つまり、エレンは座標にたどり着きたかったからジークと接触を図ろうとしていたのです。 では、 エレンはなぜ座標にたどり着きたかったのでしょうか? エレンが座標に来た理由を考えるのに、調査兵団に入った理由を考える エレンが座標にたどり着きたかった理由。 それを考える前に、 「そもそもエレンが調査兵団になぜ入りたかったのか?」ということを再確認しておきます。 エレンは母親を巨人に食べられたことで、巨人に対してかなり恨みを持っています。 そして、 「巨人を駆逐する」という目的で調査兵団に入りました。 当時は、 巨人は人間とは全く違う生き物、という認識がパラディ島にはあったため、人間にとって有害な巨人は駆逐しなければならないもの、というようにエレンは復讐心を持っていました。 >> しかし、グリシャの地下室に行くことで明らかになったことの中の一つに、 巨人は人間である、という事実がありました。 この事実を知った頃から、エレンは単独行動をするようになったり、アルミンやミカサをあえて突き放すなど、不可解な行動が目立つようになります。 つまり、 巨人は人間である、と知った時から、エレンの目的は巨人を駆逐する、というものではなくなった可能性があります。 >> 始祖ユミルと大地の悪魔との契約をなくしてエルディア人が巨人化できないようにする ということなんじゃないか、と考えています。 そもそも巨人は、始祖ユミルが大地の悪魔と契約したことにより力を得ました。 >> その巨人が今では戦争の兵器として用いられ、その巨人の力を奪おうと世界は争いだらけです。 そしてパラディ島以外では、巨人になることができるエルディア人は迫害され、肩身の狭い思いを強いられています。 そんな現状を変えようとしたのがジークのエルディア人安楽死計画ですが、安楽死計画には大きな欠点があります。 それは、 今後100年は王家の血筋を絶やしてはならないこと。 なぜなら、エルディア人がこの世からなくなる約100年後までは、 世界の争いに対抗するために「地ならし」の力を確保しておく必要があるからです。 そして「地ならし」の力を発揮できるのは、 「始祖の巨人+王家の血筋」です。 >> 王家の血筋はヒストリア(クリスタ)だけ そして、現状で子供が産める女性の王家の血筋はヒストリア(クリスタ)だけです。 つまり 安楽死計画を発動してしまうと、ヒストリアは王家の血筋を絶やさないために人生を出産で終えることになります。 ヒストリアは、エレンと苦楽を共にした104期訓練兵団のメンバーです。 そんなヒストリアを、 子供を生むだけの存在にしたくない、ということを考えていることが過去の描写でわかっています。 >> 以上を考えると、ヒストリアが子供を生むだけの存在になってしまう安楽死計画には賛同できないが、巨人という存在はなくしたい。 だから、 始祖ユミルと大地の悪魔の契約をなくすために、座標までたどり着きたかったのではないか、と考えています。 そして、始祖ユミルは意思を持たない奴隷であることが判明しました。 となると、エレンが持つ進撃の巨人がキーになる可能性があります。 というのも、進撃の巨人は自由のために戦ってきた巨人です。 漫画のタイトルにもなっている「進撃の巨人」。 様々な伏線を持たせている本作品なので、 進撃の巨人が「自由のために戦ってきた巨人」という情報だけで終わるとは思えません。 もしかしたら、始祖ユミルを奴隷から解放するには進撃の巨人の能力が必要なのでしょうか・・・。 >> このエレンが座標に来たかった本当の目的が、121話で明らかになるといいのですが。。

次の

『進撃の巨人』考察!「イェーガー派」の真の目的とは?

エレン と ジーク

ジーク・イェーガー 【進撃アニメTwitterイラスト】 皆様、明日です、日曜日24時10分よりNHK総合にて放送!多くの方に観て欲しいです。 マーレの戦士からは「戦士長」と呼ばれ、マーレの戦士の中でも隊長的ポジションを務めている。 始祖の巨人の力を奪還するためにウォール・マリアでらとともにと対峙するが、の策によるリヴァイの奇襲を受けて瀕死状態に。 に助けられなんとか難を逃れるが、を奪われた上に始祖の巨人も奪還できずに作戦は失敗に終わった。 獣の巨人の継承者 ジークがマーレの戦士となって継承したのは。 当初他のよりも多少でかいくらいしか取り柄がなかったが、ジークが野球経験者であったため、長い手を活かした投球攻撃によって一気に戦闘能力が向上した。 砕いた岩を投げつけることで敵部隊を一気に壊滅させたり、軍艦を一撃で沈めたりと対多数の敵相手に絶大な威力を発揮する攻撃方法を作中で繰り出している。 また、これは獣の巨人の能力というより王家の血を引くジーク自身の能力になるが、ジークの脊髄液を摂取したエルディア人を叫びの力で無垢の巨人に変えることができる。 この能力で巨人化した巨人は、ジークの意のままに操ることができ、通常の無垢の巨人よりも運動能力が高い。 グリシャとダイナの間に生まれた王家の血を引く子 ジークはグリシャとフリッツ家の人間であるダイナの間に生まれた子供。 そのため、ジークも王家であるフリッツ家の血を引いていることになる。 グリシャは壁内でカルラと結婚しエレンを授かったので、エレンとは異母兄弟となる。 父親のグリシャからはエルディア復権派の思想に染まるよう教育され、最終的には始祖奪還計画の一環としてジークをマーレの戦士に立候補させた。 ジークも期待に応えようとしたが、優秀な兵士とは言えずマーレの戦士になるのは絶望的な状況に。 そんな中、エルディア復権派の活動がマーレ側にバレそうになる。 グリシャたちの活動がバレ、一家もろとも楽園送りになることを危惧したクサヴァーの助言で、ジークはグリシャとダイナの活動を摘発。 グリシャとダイナを売る形で自身と祖父母の安全が保障されることとなった。 その後、マーレの戦士となり、クサヴァーの意志を受け継ぐ形で獣の巨人を継承する。 王家の血を引いているということで、に捉われずに始祖の巨人の力を発動させるための条件である「始祖の巨人の継承者が巨人化能力を有する王家の人間と接触する」を満たす存在となっている。 そのため、作中でも非常に重要なキャラとなる。 マーレを裏切りパラディ島に渡った マーレの戦士長でありながら、ジークは反マーレ派義勇兵の中心人物であった。 つまり、マーレを裏切っていたことが明らかになった。 エレンがレベリオ区を襲撃してきた際、ジークも獣の巨人となってエレンと対峙したが、その実すでにエレンとは繋がっており、つまりは茶番だった。 調査兵団メンバーが飛行船でパラディ島に帰還する際にジークも一緒に乗り込み、パラディ島に上陸することとなった。 エレンとジークが揃うことで始祖の巨人の発動条件をクリアすることになるので、エルディアに協力する体でパラディ島にやって来たが、エルディア側からは一切信用されず、半ば監禁状態となっていた。 エルディア人の安楽死が真の目的 ジークの真の計画はエルディア人の安楽死。 始祖の巨人の力をつかえば、エルディア人の体の構造すら書き換えることができるので、その力でエルディア人の生殖能力を奪い、そのまま自然に滅亡させるのが真の目的だった。 エレンもその計画に合意していたため、パラディ島に乗り込み始祖の巨人を有するエレンとの接触を果たしたが、エレンの合意はジークを欺くための演技だったことが明らかになる。 ジークはエルディア人の滅亡を望んでいるが、弟であるエレンだけは救いたいと思っている。 エレンについては「」にさらに詳しくまとめています。 グリシャ ・イェーガー 進撃の巨人アニメ 57話「あの日」 覚えておけよ、グリシャ 巨人の力はこうやって使う …なんかアニメの進み、ものすごく早い気がする😳 — マスマス masumasugenki ジークの父親。 無理やりエルディア復権派の思想に教育されたので、グリシャには憎しみを抱いている。 リヴァイ・アッカーマン 今週の進撃アニメのタイトル、どう考えても「 45 リヴァイ 美美美」で良かったでしょ — ケージ keji1225 宿敵とも言える存在。 作中で度々対峙してはやられているので、天敵と言ったほうがいいかもしれない。 リヴァイについては「」にさらに詳しくまとめています。 トム・クサヴァー 進撃もうアニメで既にクサヴァーいて草 — swordMHW EGswordGG ジークの理解者。 クサヴァーの意思を継ぐ形でジークはエルディアの安楽死を計画している。 今かけているメガネはクサヴァーが使っていたもの。 まとめ 以上、ジークについてまとめてみました。 ジークは作中において非常に重要度の高いキャラになるので、情報はちゃんと整理しておきたいところですね。 ジークは今も作中で活躍しているキャラなので、今後のジークの活躍にも注目しておきましょう。 進撃の巨人の今までのストーリーを「」にまとめているので、話自体を振り返りたい方はそちらもご覧ください。

次の