カメ の 甲羅 は あばら骨。 川崎悟司「カメの甲羅はあばら骨」 生き残りを賭けた試行錯誤|好書好日

カメの甲羅はあばら骨 ~人体で表す動物図鑑~ (SBビジュアル新書)

カメ の 甲羅 は あばら骨

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• 内容説明 ヒトも含め動物はみな、それぞれの生活環境に応じた体のつくりになっています。 しかし「なぜそうなっているのか」「その形にどんな意味があるのか」は意外と知らないものです。 本書は、動物の体の一部をヒトの体で表現したイラストで動物たちの体のつくりを体感する全く新しい動物図鑑です。 カメやカエル、ゾウにキリンにクジラ、ペンギンまで23種の動物たちの構造・進化の真実を、人体変形イラストを通してお楽しみください。 目次 1 爬虫類・両生類(カメ;カエル ほか) 2 哺乳類(陸上)(ゾウ;キリン ほか) 3 哺乳類(水中・地中・空中)(クジラ;モグラ ほか) 4 鳥類(鳥;フラミンゴ ほか) Extra Chapter 部位別比較(手・前足;足 ほか) 著者等紹介 川崎悟司[カワサキサトシ] 1973年、大阪府生まれ。 古生物、恐竜、動物をこよなく愛する古生物研究家。 2001年、趣味で描いていた生物のイラストを、時代・地域別に収録したウェブサイト「古世界の住人」を開設以来、個性的で今にも動き出しそうな古生物たちのイラストに人気が高まる。 出版社内容情報 「えっ! カメの甲羅って人間のあばらなの?」 「フラミンゴの逆に曲がった膝の部分は人間でいう足首!?」 カメの甲羅、ゾウの鼻、コウモリの手…… 図鑑や動物園の解説で見たことはあるけど、いまいちピンとこない動物の体。 そんな、おなじみの動物たちの体のしくみを「人間の体を変形させる」ことでわかる驚きの真実! 私たちの体を通して、動物の体のしくみがよくわかる「体感型動物図鑑」です!.

次の

楽天ブックス: カメの甲羅はあばら骨

カメ の 甲羅 は あばら骨

カメ! 身近にして奇っ怪な珍生物! 進化の過程で「 骨の装甲」を手に入れた脊椎動物はたくさんいます。 例えば、アルマジロやワニ、そして白亜紀に生息していたアンキロサウルスなどは、背中にタイル状に敷きつめられた硬い装甲をもっています。 でも、こういったほとんどの脊椎動物の装甲は、「 皮骨」と言われ「 皮膚の中」に形成されています。 体の表面にあった骨が、より内側に位置するよう進化したのです。 ところが、 カメの甲羅は全て「皮膚や筋肉の外側」にあるんですよね。 だから、カメさんどうしてこんなエクストリームな形状に進化しちゃったの? っていうのは、 進化論が認識されるようになった19世紀から、 発生学やら 古生物学やらで論争の的だったのであります。 具体的には、次のふたつの仮説のうちどちらが正しいかということで言い争われてきました。 ひとつは 「カメの祖先は皮骨性の装甲を持っており、現在のカメも、体幹の骨に加えてこの 皮骨を使って背甲を形成している」 という説です。 これは、カメの甲羅の微細な構造を観察すると、皮骨でできたものと非常に良く似ているため、整合性が高いと見られてきました。 そしてもうひとつは、 「カメの背甲は単に肋骨や背骨が変形したもので、 皮骨成分は含まれていない」 という説です。 そしてついに、この長年にわたる論争の答えを、日本の 理化学研究所などからなる研究グループが明らかに。 結論から言いますと、先ほどの2つの仮説のうち 後者が正解。 カメの甲羅の正体は、 あばら骨。 進化の過程で肋骨が劇的に形を変えたのです。 研究の結果、 皮骨からできている装甲とは明らかに異なっていることがわかりました。 さてさて、この発見、発生学と古生物学、両方の切り口からカメさんと向き合った研究の成果です。 理化学研究所では、スッポンを胚の状態から細胞レベルで観察してニワトリと比較したり... カメと同様の構造をした甲羅を持っていた中生代爬虫類シノサウロスファルギスの化石標本を研究するなど... 綿密な調査からこれらの結論を導き出したとのこと。 やっぱこれだけやらないと、進化の謎って解明できないんですね。 自然の神秘も凄いけど、その謎を解き明かす科学者もすげ〜。 なお、カメの進化のアニメーションはで見ることができます。 すごいですよ...。 しかし、まだ「 どうしてカメの肋骨は背中側にだけ広がって、それを覆う筋肉は形成されないの?」という謎は残っています。 今後研究チームは、この謎を解明するため、発生学や古生物学それぞれの切り口でさらなるリサーチを続けるとのこと。 カメさん大好き、恐竜大好きなぼくとしてはめちゃめちゃ応援しています。 地球凄い。 う〜ん数億年後の人類の子孫、甲羅背負ってたりするのかなあ。 (追記) 記事公開時に記事内に挿入されていたスミソニアン博物館のタイラー・ライソン博士のカメの甲羅進化過程の動画は、理化学研究所による研究と異なるものでしたので、変更いたしました。 ご指摘ありがとうございました。 [、、] (西條鉄太郎)• Tags :•

次の

【生き物の雑学】カメの甲羅は肋骨

カメ の 甲羅 は あばら骨

著者:川崎悟司 発売日:2019年12月 発行所:SBクリエイティブ 価格:1,100円(税込) ISBNコード:9784815604127 不気味な人体絵でわかる動物の体のしくみ 表紙の不気味な絵は、「カメを人体であらわすとどうなるか」が描かれたもの。 書名の通り、カメの甲羅は人体でいうとあばら骨になるそうです。 人間のあばら骨は、心臓や肺など内臓を守るためにありますが、カメは緊急時に頭と足を引っ込められる構造になっています。 本書では、爬虫類・両生類、哺乳類、鳥類と章ごとにさまざまな動物たちが紹介されています。 紹介される動物の中には、ゾウやクジラ、フラミンゴなど、人体とは遠く離れた体のしくみをしている動物たちも収録されています。 いったいどのような人体絵で表現されるのでしょうか……。 Chapter1 爬虫類・両生類:カメ、カエル、トカゲ、ワニ、トビトカゲ Chapter2 哺乳類(陸上):ゾウ、キリン、イヌ、ウマ、ライオン、コアラ、ナマケモノ、ウサギ、アルマジロ Chapter3 哺乳類(水中・地中・空中):クジラ、モグラ、コウモリ、アシカ、カバ Chapter4 鳥類:鳥、フラミンゴ、フクロウ、ペンギン また、手・足など部位ごとに人体と動物が比較されている章もあります。 人間と動物、それぞれの環境や特性に合わせて進化したことが解説されています。 本書を手がけたのは、これまで絶滅動物や恐竜などを描いてきたイラストレーターの川崎悟司さん。 川崎さんの不気味だけど何度も見たくなってしまう絵と解説によって、動物がより身近に感じられるユニークな動物図鑑です。

次の