ゼンショー 株価 暴落。 ゼンショー(7550)、すき家の株主優待や今後の株価はどうなる?|Mさんの資産運用ブログ

(株)ゼンショーホールディングス【7550】:株主優待

ゼンショー 株価 暴落

牛丼チェーン「すき家」• スタンダードレストラン「ココス」• ファミリー焼肉レストラン「宝島」• メキシカンレストラン「エルトリート」• 焼肉・しゃぶしゃぶ「牛庵」• 焼肉倶楽部「いちばん」• 手ごねハンバーグ・サラダバー「ビッグボーイ」• 手ごねハンバーグ・サラダバー「ヴィクトリアステーション」• 自家製うどん「久兵衛屋」• 丼ぶりと京風うどん「なか卯」• 回転寿司「はま寿司」• パスタ専門店「ジョリーパスタ」• すき家:1,969店 2016年8月2日現在• なか卯: 467店 2016年8月2日現在• はま寿司:448店 2016年10月7日現在• その他 株価プラス期待 ・・M&Aを積極的に展開中。 「フード業世界一」を目指す道半ば。 グループ主力の「すき家」の既存店売上は6月より回復傾向に。 株価マイナス懸念 ・・PER・PBR的には割高。 株価はここ10年のうちで最高値圏。 海外でも中国、ブラジル、タイ、マレーシア、メキシコ、台湾、インドネシア、ベトナムなど8か国に出店し、いまや世界の外食企業の中でもトップ10に入っています。 ゼンショーグループは、原材料の調達から製造・加工、物流、販売までのすべての流れを自社管理で行っています。 現在のところ、事業には「国内外食事業」「海外外食事業」「小売事業」「介護事業」と 4つの事業の柱を据え、規模のビジネスを生かした積極的なM&Aを行ってさらなる拡大を目指しているようです。 0% ファストフードカテゴリー:22. 最近のメニューには、「特盛」の上を行く「 メガ」までしか載っていませんが、裏メニューとして「キング」は今でも注文ができるそうです。 キング盛りは、ご飯が「並盛」の3倍弱、肉は6倍という豪華さ。 メガ牛丼730円 税込 は、カロリーが1163kcalとこれはこれで大ボリュームなのですが、キング牛丼 1,140円 税込 はその遥か上を行く 2240kcal、という圧倒的ボリュームです。 なお、お持ち帰りはできません。 私も10年くらい前に、1度だけ挑戦して何とか食べきった覚えがありますが、今はもう無理なことでしょう。 食べたいとも思わないですが。 ちなみに、カレーや豚丼でも「キング」にすることは可能なので、大食いに自信がある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。 現在は運よくサラリーマンに復帰。 優待・配当銘柄を中心に複利運用による雪だるま式資産増殖にチャレンジ…と言いながら、資産ほぼゼロになってからの大復活な旅の途中。 貯金は得意 天引き。 日本株 NISA ・取得単価 ・1887 日本国土開発 100株 625円 ・3512 日本フェルト 100株 450円 ・4755 楽天 100株 1,113円 ・5976 ネツレン 100株 873円 ・6091 ウエスコホールディングス100株 319円 ・7643 ダイイチ 100株 698円 ・8002 丸紅 100株 674円 ・8591 オリックス 100株 1,574円 ・8789 フィンテックグローバル100株 156円 ・8848 レオパレス21 100株 205円 ・8912 エリアクエスト 100株 150円 ・9434 ソフトバンク 100株 1436円 米国株 NISA ・取得平均単価 ・CISCO49株 46. 2ドル ・UL 24株 54. 18ドル ・KHL 17株 29. 04ドル ・T 13株 32. 51ドル ・MO 9株 45. 25ドル ・KO 6株 48. 13ドル ・TTM 6株 7. 85ドル ・VZ 2株 61. 01ドル ・BRK-B 1株 185. 47ドル ・HDB 1株 64. 41ドル ・ABBV 1株 89. 53ドル ・BYND 1株 75. 20ドル ・QCOM 1株 80. 03ドル ・DAL 1株 22. 15ドル 米国株 特定 ・取得平均単価 ・KHL 42株 35. 0092ドル ・ABBV 7株 70. 7114ドル ・VZ 4株 60. 78ドル ・MO 4株 43. 45ドル ・KO 2株 50. 11ドル ・UL 1株 52. 05ドル 検索.

次の

ゼンショーの株価は暴落しやすい?飲食業界首位の人気銘柄を徹底分析!|投資の達人

ゼンショー 株価 暴落

牛丼首位の「すき家」を展開する外食大手企業。 業績悪化に苦しんでいたが、事業再編後は、利益が増加。 ただし利益率水準は2%台と、収益性は悪い。 とはいえ株価は上昇トレンドに転換しているので、暴落で投資チャンスが訪れたら購入を検討してみたい。 ゼンショーホールディングスで儲けるポイント• 国内外に外食店舗、スーパーマーケットを展開。 ただし収益性が悪い。 売上増加に伴い、粗利益低下。 ただし構造改革で、営業利益率は改善傾向に。 有利子負債は多い。 利益の1割程度は利息の支払い。 業績回復と共に上昇トレンドに転換。 支持となるトレンド線を参考に買い場を探したい。 利益が増えている株を、暴落で買うのが株式投資の王道。 (2017年4月26日公開) 業績は改善してきたが、今は割高な水準。 管理人は、まだ静観のスタンスを維持。 ゼンショーホールディングスは、 外食業界では最大手の企業です。 主に国内外の外食事業と、スーパーマーケットチェーンを展開する小売事業が収益源です。 介護事業の規模は、まだ小さいです。 各事業の代表的なブランド店舗は、以下の通りとなります。 残念ながら 稼ぎ頭の外食事業の営業利益率は2. 5%と、収益性が悪いです。 薄利多売の商売です。 さらに売上総利益率 売上高から原価を差し引いた利益の利率 の低下が、気になります。 売上高が増加しているのに、収益性を示す営業利益率も低下傾向です。 ただし 2016年度は、利益率が改善。 今後、収益性の改善が継続するのか?注目です。 それにしても、 借金が多いです。 利益剰余金211億円に対して、有利子負債が1,394億円。 毎年、 利息として10億円近くの支出が発生。 利益の1割近くを占めますのから、収益性の改善は急務だと思いますね。 項目 内容 コメント 企業名(銘柄コード) ゼンショーホールディングス (7550) 上場市場 東証1部 業種 小売業 株価 1,890円 単元株数と最低購入単価 100株:18万9,000円 時価総額 2,828億円 資本金 678億円 発行済株式数 1億4,964万株 浮動株数 5,536万株 利益剰余金 211億円 有利子負債 1,394億円 保有者比率 外国 5. 2015年度は事業再編の費用が発生し、赤字に陥りました。 事業再編後は、利益が回復。 固定費が削減できたのでしょう。 今後は売上高の増加に伴い、利益も増える見込みです。 良い傾向だと思いますね。 さて資金繰り状況もチェックしておきましょう。 を拝見すると、営業CFがプラスで推移。 は、営業CFのマイナスが続きますから、当企業は安定的に現金を稼げて安心感はあります。 ただ手元の現金は十分にありますし、 今のところ、資金繰り状況に問題を感じません。 ゼンショーホールディングスの利益の動向と、株価の動きは連動しており、とても分かりやすいです。 営業利益が停滞していた時期は、株価も低迷。 事業改革で利益が増え始めた頃から、株価が上昇しています。 当たり前ですけど、利益が減る企業の株は買っては駄目です。 他の有望そうな銘柄を探し出すか、市場が好調であれば、シンプルにを購入する戦略でも良いでしょう。 紺色線:ゼンショーホールディングス ピンク色線:日経平均株価指数 さてゼンショーホールディングスの株を買っても良いのか?繰り返しになりますが、業績が好調な企業の株を買うのが株式投資の王道です。 営業利益、1株当たりの当期純利益が増えていれば、株が上がる可能性が高いので、事前に確認しておきましょう。 決算短信を拝見すると、1株当たり当期純利益、営業利益が前期に比べて増加見込みです。 下記、業績予想情報は古いので、最新の決算短信をご確認下さい。 利益が増えているので、買い場が訪れたら株を買いたいと思います。 業績が良くても高値で飛びつくと、損失になる事が多いです。 よって業績分析だけでなく、チャート分析も重要です。 まずはしましょう。 ゼンショーホールディングスの長期チャートを拝見すると、業績の改善後は上昇トレンドが継続しています。 トレンド線が支持として機能しており、となっています。 で詳しく解説していますが、 業績が良いのであれば、支持となる上昇トレンド線付近で株を買う戦略となります。 さらに管理人は、の考え方を応用して、買い場を絞り込みます。 仮に上記指針に沿って2016年6月に100株1,400円で購入し、株価が上昇から下落に転じた2017年1月に1,900円で売却すれば、 14万円の投資に対して利益が5万円。 利益率が35%になりました。 注意点は、トレンド線より株価が割高な価格帯 下記チャートの赤色エリア では買わない事。 事前に損切価格を必ず決めておくことでしょうか。 なお 現在の株価は割高な水準と感じており、管理人なら、この水準では株を買いません。 市場環境の悪化で株が下落するの待ちますね。 無理する必要は、ありません。 2017年4月時点で管理人がチェックした小売業銘柄.

次の

株主優待

ゼンショー 株価 暴落

ゼンショーの株はこれから下がりますか? 暴落? 産経新聞によると すき家のアルバイトがそこを辞めて 他の楽な仕事に逃げていくらしい。 「牛すき鍋定食」を発売した2月以降、アルバイト従業員の大量退職が生じ、人手不足による店舗休業はしばらく解消できない見通しだ。 すき家は他の牛丼チェーンに比べ、少ない従業員で店舗を運営する手法により利益率を高め、年間最大200カ所超の積極出店で事業を拡大。 国内外食チェーンとしては「マクドナルド」に次ぐ2000店達成を射程に収めていたが、快挙を目前に成長モデルの転換を迫られている。 勤め帰りのサラリーマンらが、黄色にライトアップされた牛丼店「松屋」へと吸い込まれていく。 だが、環八通りを挟んで斜め向かいに建つ「すき家」の明かりは消えたままだ。 ゼンショーHDは「パワーアップ改装のため3月20日から休業中」と説明する。 だが、店内で工事が行われている様子はうかがえない。 同HDによると「改装中」の店は全1990店舗のうち137店舗(22日現在)にのぼる。 都内の別店舗で働く男性従業員(24)は「人繰りがつかないために『改装』が長引いている店も多い」という。 集まらない人手を、ゼンショーHD傘下の別チェーン「なか卯」からの融通でしのごうとしている-。 同社は否定するが、今月中旬にはネットの掲示板にこんな書き込みもなされた。 実際に男性従業員は「春以降の騒動で、自分も近隣店の応援に入る日が増えた」と打ち明ける。 同HDによると、すき家は3月、人手不足を理由に営業を休止・短縮した店が一時123店舗に上った。 4月以降は「採用が好転しつつある」(同社)という。 それでも、人手不足による休業は6月末時点でなお30店舗残る見通しだ。 一連の店舗休止により、平成27年3月期の連結営業損益は8億7000万円程度下ぶれする見通しだ。 「吉野家」など他の牛丼チェーンでは、1店舗に社員を含む2人以上の配置する。 これに対しすき家は、アルバイト1人だけで1店舗を 他の楽な仕事というより、すき家がひどすぎるということでしょうね。 夜間の牛丼屋の強盗の大部分が一人であるすき家などということがあった会社ですからね。 名前を隠してのバイトの募集などを見ても全く懲りている様子がありませんね。 どうやって抜け道を見つけるかしか考えていないのでしょう。 トップは3Kの話をして問題なのは従業員や現代の国民であるような話をしていますね。 これなど語るに落ちたということですね。 自社が3Kでしかも低賃金。 それを前提としなければ成り立たない事業であるということを自ら告白したのだと思います。 結局これらを見てもあの会社の体質だと思います。 結局のところ何らかのダメージがなければ変わらないのでしょう。 最もそれすら望めない会社かもしれませんが。 ストライキが5月29日にあるという情報が流れていますが、ぜひ起こってほしいですね。 これは企業が昨今非正規などを正規を同じように使い捨てしてきたことによる結果です。 もし実際に行われたら画期的なことになると思います。 第一に今までは非正規は労働組合もなく、ストライキなどの方法をなかなかできませんでしたが、もしこれが成功すれば日本の非正規のストライキの一つのモデルになるでしょう。 第二にそれが報道等を通じて拡散するとそれ自体が企業イメージに大打撃を与えるということです。 このように実際にストが行われれば、すき家だけでなく他の業種も含めた企業全体が今までのような使い捨てができにくくなるでしょう。 その意味でも成功してほしいものです。

次の