クレア2 ボーナス中。 クレアの秘宝伝2 |設定判別・設定差・高設定確定演出 解析まとめ

クレアの秘宝伝 2 眠りの塔と目覚めの石 スロット 天井 設定判別 解析 打ち方まとめ

クレア2 ボーナス中

0 高設定ほどボーナス確率が優遇されていますが、僅かな差なので2,000~3,000G程ではそんなにアテにならないレベルの設定差です。 6 スイカA+ボーナス確率に大きな設定差ありますので、一日に2回以上出現で高設定の期待がグンと高まります。 スイカAは斜め揃いのスイカです。 6 通常時のベルとチェリーは設定差が明らかにあるのでカウントしましょう。 強チャンス目も必ずカウントすることで、複数回の出現が確認ができた場合は、高設定の期待がグンと高まります。 ただし、強チャンス目はもともと確率が重いフラグなのでそこまでアテにせず、他の判別要素も併せて設定推測していきましょう。 23 ベルとチェリーのどちらかが良くて、どちらかが悪いなどの、判断が付きづらい場合には合算確率を参考にすると良いでしょう。 設定1・2は近い確率ですが、設定5・6はそれぞれに差がありますので、設定1・2の近似値から小役確率がしばらく動かなければ危険信号です。 88 RT中のハズレ確率にわずかな設定差があります。 短時間での設定判別材料にはならないレベルなので、参考程度にカウントしましょう。 REG中の登場キャラ パターン 示唆内容 銅 基本パターン 銀 高設定期待度アップ 金 高設定期待度アップ 赤 設定5以上確定 REG中は出現キャラと色の種類で設定示唆があり、【銅<銀<金<赤】という順で高設定を示唆。 特に赤は設定5以上確定となるので悶絶です。 1回のREGで5回キャラカードが出現するので、必ずカウントしましょう。 REG中のキャラでの設定示唆 パターン 示唆内容 全て銀のカード 設定5以上濃厚 現状分かっているのは全て銀のカードが設定5以上濃厚の演出となっていますので、設定推測に役立てていきましょう。 RT終了画面 パターン 示唆内容 パターン1 基本パターン パターン2 偶数設定示唆 パターン3 高設定期待度アップ パターン4 高設定期待度アップ パターン5 設定2以上確定 パターン6 設定5以上確定 パターン7 設定6確定 基本パターン、偶数設定示唆パターンはよく出ると思いますので、初めのうちは覚えておきましょう。 ちなみに RT中に当選したREGの終了画面も同様の画面となりますので、『RT終了画面1回』としてカウントは必須です。 【クレアの秘宝伝3】打ち方(通常時・ボーナス中) 通常時の打ち方(順押し) 左リールの上段or中段に白BARを目押し。 下段チェリー停止時は、中・右リールに青いピラミッド図柄を狙い、中・右リール共にピラミッド停止でチャンス目となる。 左リールにスイカ出現時は、中・右リールピラミッド狙いでスイカは獲得可能。 通常時の打ち方(中押し) 中リール枠2コマ上付近にピラミッド狙い。 停止形パターンは下記を参照。 BIG中の規定枚数内なら何度でもチャレンジできるため、積極的に実践していきましょう。 RT中の打ち方 通常時の小役狙いと同様。 ボーナス判別手順 下記手順だと最長2Gで全ボーナスを判別可能。 熱い状況なら積極的に実践するほうが良い。 ボーナス確率のみで見たら、5,000G以上回っていてやっと少しアテになるかな、といったレベルの設定差です。 ですので、小役確率・小役重複率・REG中のキャラ・RT終了画面、あたりをメインに設定判別できればと思います。 要するに、自身で打ってみないと分かり辛いってことですね。 機械割が高い機種ではないので、イベントの際にでも高設定が入りやすく、十分に狙える機種だと思います。

次の

クレアの秘宝伝2【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

クレア2 ボーナス中

設定 機械割 通常 時給 通常 機械割 上級者 時給 上級者 1 97. 悪い意味では 4が投入されやすい。 しっかり6を使っているお店かどうかの 把握はきっちりしておきましょう。 79 BIGは赤ピラ揃いに大きく差があります。 44 小役確率の解析値が出ました。 ベル・チェリー・スイカ・強チャンス目 どれもカウント必須です。 チェリーと強チャンス目はブレそうですが ベル・スイカの設定差は大きいですね。 同時成立期待度 設定 ベル チェリー スイカ チャンス目 1 0. 高設定になるとチェリー・スイカの 同時成立期待度がグッとあがります。 出現時は全ツッパですね。 高設定確定演出 RT中BIG当選で出現抽選。 ギラ爺RTのSP告知は 設定2以上確定、 シェイクRTのピンク高確は 設定4以上確定でした!! さらに鏡RTは 赤頂… 奇数示唆|青頂… 偶数示唆ということも判明! REG中のキャラ紹介• 「銀キラ」「金キラ」は高設定ほど出やすい• 「赤キラ」は 設定4以上確定 REG中のキャラカード振り分け REG中カード振り分け 設定 ノーマル 銀 金 赤 1 87. 銀キラ…高設定優遇 金キラ…高設定にかなり期待。 金キラは複数回出現でグッと 高設定に期待できる確率です。 返信どうもです。 すみません、全面的に書き方が悪かったですね。 ・そこまでの挙動になるのは確率的に低いから仕方ない? これに関してはその通りだと思います。 実際、特定日にもう一度同じ数値で、他にいい台がなければ打ち切ると思いますし… ・データグラフで? 高設定っぽいは危うい これに関しては傾向読みも含めてです。 二日連続でイベントと書きましたが、1日目がもともとの特定日。 2日目が前回も特定日の翌日に開催されたサイクロンの2回目でしたので、このように書きました。 なので、ある程度1日目のほうが強いのも考慮した上で、前日第二候補だった台がBR、差枚ともに高設定域だったので少なくとも5だと判断した次第です。 一応月に20万は設定狙いでプラスにしている店なので、傾向から大きく外れてはいないと思います。 ・設定差のある要素を特別な理由がない限り、無視するのは不合理 こちらに関しても仰る通りだとは思います。 非考慮という書き方がよくなかったです。 ただ、通常時の小役よりもサンプルが集めづらく、設定差も物凄く大きいわけではありませんので、ある程度サンプルゲーム数が集まるまでは軽視してもいいと思ったまでです。 実際、2000ゲーム回した時点で他の数値のみで推測ツールにかけたところ2濃厚と出ましたので… RT中のハズレ入力時と、非入力時とで数字を出して考えをまとめるのがいいかと思います。 長々と言い訳じみたことを書いてしまいすみません… やはり、こういう所に書き込みをするには、文章力、自制ともに足りないことを痛感しましたので、ROMに戻ります。 これからも有益な情報に期待しています。

次の

クレアの秘宝伝2で朝一456確定!からの6確!ぶん回し!稼働日記 5月収支を捲れるか!?

クレア2 ボーナス中

2 REG確率に大きめの設定差 BIG・REG確率ともに設定が上がるにつれて出現率がアップしますが、REG確率により大きめの設定差が付けられており、 設定6のみBIG・REG比率が1:1になります。 同時導入となったスーパープラネットDXの設定判別まとめにも同じことを書きましたが、設定状況に期待が持てる上でREGが先行しているなら、設定狙いで粘ってみる価値はあるでしょう。 また、クレアの秘宝伝2は全体的に機械割が甘めなので、設定4以上の数値を目安にして押し引きを見極めていくのがいいと思います。 設定1と設定6を比較した場合、約3. 5倍の差が付けられていることになります。 分母が大きくサンプルが取りづらい要素ですし、1回や2回程度確認できたくらいではまだまだ安心できませんが、それ以上確認できれば高設定に期待が持てますね。 ボーナス重複 設定 ベル チェリー 1 0. ボーナス重複確率の詳細が判明すれば、改めて追記していこうと思います。 「クレアの秘宝伝2」はチャンス目確率が高いので、ボーナス当選契機を正確に見極められないことも多いですが、スイカやチェリーからのボーナス当選を確認できればできるほど高設定期待度アップと覚えておきましょう。 通常時の出現率に設定差が付けられている小役は、 「ベル・チェリー・スイカ・強チャンス目」の4役で、「ベル<チェリー<スイカ<強チャンス目」の順で設定差が大きくなっています。 中でも分母が小さくサンプルの取りやすいベルと、そこそこサンプルが取りやすくて設定差が大きめなスイカが肝になりそうですね。 そして、RT中は ハズレ確率もあわせてカウントしておきましょう。 ただし、RT中のボーナス成立後のハズレはサンプルから除外するように。 また、強チャンス目に関しては、BIG成立後にリーチ目としても出現することがあるので、その場合もサンプルから除外して下さい。 REG中のカード 設定 ノーマル 銀 1 87. クレアの秘宝伝2の場合も、「ノーマル<銀<金<赤」の順で高設定に期待が持てる可能性が高いですね。 やはりカードの高設定期待度は見た通りで、ノーマルよりも銀、銀よりも金の方が期待が持てます。 銀カードには大きな設定差は付けられていませんが、金カードは設定1と設定6で 約4. 5倍の差が付けられています。 一度確認できたくらいでは油断できませんが、複数回確認することができれば粘る要素になりますね。 現時点ではそれ以外の情報が分かっていないので、とりあえずは参考程度に覚えておきましょう。 鏡RTは開始画面のロゴ色で奇数or偶数設定を示唆しているとのことで、サンプル自体は比較的稼ぎやすいですね。 爺サマーRT中のSPキーン告知は 設定2以上確定演出となっているため、設定別の発生率次第では高設定示唆要素として活用できるかもしれません。

次の