ヴェル ベット ローズ。 ベルベットローズ&ウード (量り売り香水.com) どんな香水でも量り売り!

ブルーベルベット

ヴェル ベット ローズ

背景 [ ] 作詞・作曲は、出身の女性ソングライター、による。 当初、映画『ローズ』のプロデューサー達は、この曲を「退屈」「讃美歌であってロックン・ロールではない」と考えて却下するが、同作で音楽を担当した(映画のモチーフになったのプロデューサーでもある)は、この曲を強く推してプロデューサー達に再考を迫った。 そして、ロスチャイルドから連絡を受けたベット・ミドラーが、この曲を気に入ったため、最終的に主題歌として採用された。 シングルにはアルバムと異なるヴァージョンが使用されて 、シングルのB面には、やはり映画『ローズ』においてミドラーが歌った「ステイ・ウィズ・ミー」が収録された。 作者のマクブルームは、リンカーン・マヨルガと連名のアルバム『Growing Up in Hollywood Town』(1980年)や、自身のアルバム『Dreaming』(1986年)等で本作を歌っている。 評価 [ ] ミドラーは、本作で最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス部門を受賞した。 また、作者のマクブルームは、この曲でを受賞した。 が2004年に選出した「」では、本作が83位にランク・インした。 また、アメリカのウェブサイトが選出した「Top 100 Best Love Songs Of All Time」では34位 (後の改定では37位 )にランク・インした。 2011年7月には、『』誌が過去50年間にアダルト・コンテンポラリー・チャート入りした楽曲を対象にした「The Top 100 Adult Contemporary Songs Ever」で55位にランク・インした。 カヴァー [ ] 都はるみによるカヴァー [ ] 「 愛は花、君はその種子」 の 初出アルバム『おもひでぽろぽろ オリジナル・サウンドトラック』 リリース 規格 (訳詞) シングル 年表 BIRTHDAY (1991年) 愛は花、君はその種子 (1991年) 夢でもいいから (1991年) 「 愛は花、君はその種子(あいははな、きみはそのたね)」はに発売されたのシングル。 概要 [ ] 日本の歌手、は、映画『』(1991年7月公開)の主題歌として、同作の監督であるが訳詞を担当した日本語のカヴァー「愛は花、君はその種子」を歌った。 カップリング曲「好きになった人」は、都はるみが1968年にヒットさせた曲で、『おもひでぽろぽろ』のサウンドトラックでも使用された。 は、アルバム『歌姫ものがたり』(2009年)に「愛は花、君はその種子」のカヴァーを収録している。 また、によるアルバム『Tribute to STUDIO GHIBLI 宝塚娘役がうたうスタジオジブリのうた』(2010年)では、が「愛は花、君はその種子」を歌った。 収録曲 [ ]• 愛は花、君はその種子 - 4:04• 作詞・作曲:アマンダ・マクブルーム/訳詞:/編曲:• 愛は花、君はその種子(オリジナル・カラオケ) - 4:06• - 3:42• 作詞:/作曲・編曲:• 1位(アイルランド 、イギリス )• 4位(スウェーデン )• 67位(オーストリア )• 85位(スイス ) シングル 年表 () ローズ (2006年) () ミュージックビデオ - 概要 [ ] 出身の男性ボーカルグループ、によるカヴァー曲で、彼らは全曲カヴァー曲で構成されたアルバム『』(発売。 カヴァー・アルバムとしては2枚目。 )の1曲目に、この曲のカバーを取り上げており、シングルとしてはでグループにとって12曲目の1位獲得作品となった。 音楽評論家のSharon Mawerは、において「オリジナルと大きな違いはないが、ウエストライフの音楽性は十分に刻みこまれている」と評している。 収録曲 [ ] CD1• "The Rose" - 3:40• "Solitaire" - 5:07 CD2• "The Rose" - 3:40• "Nothing's Gonna Change My Love for You" - 3:47• "If" - 2:42 音楽チャート [ ] チャート Peak position 地域 シングル チャート 67 シングル ホット 100 4 シングル チャート 1 シングル チャート 4 シングル チャート 85 1 その他の主なカヴァー [ ]• - アルバム『Amazing Grace』(1985年)に収録。 - 英語詞のアルバム『Why Worry』(1986年)に収録。 - から発売された『Sub Pop 200』(1988年)に、この曲のカバーを収録。 - アルバム『やさしく歌って』(1991年)に収録。 - アルバム『』(1993年)に収録。 - アルバム『Always』(1995年)に収録。 - アルバム『You Must Ask the Heart』(1995年)に収録。 - アルバム『ユー・ライト・アップ・マイ・ライフ』(1997年)に収録。 - アルバム『Circle of Life』(1997年)に収録。 - アルバム『All in One Voice』(2000年)に収録。 - アルバム『JUST BESIDE YOU』(2000年)に収録。 - 『』(2000年/録音は1999年)に収録。 - アルバム『Angel』(2001年)に収録。 溝口のヴァージョンは、のCMに使用された。 - アルバム『ハートフィルド』(2001年)に収録。 - アルバム『オカリナ・エチュード5 〜スクリーン・ミュージック〜』(2003年)に収録。 - シングル「」(2003年)のとして発表。 中島は2001年放映の『』の第9話の劇中でも、この曲を歌った。 - 『』(2003年)に収録。 平井のヴァージョンは、 プレジデントのCMに使用された。 - シングル「」(2004年)のカップリング曲として発表。 アルバム『』(2005年)にも収録された。 - 没後発表の未発表音源集『The London Sessions 1978-1998』(2004年)に収録。 - アルバム『Duets』(2005年)に、とのデュエットによるカバーを収録。 - ベストアルバム『』(2006年)に収録。 - アルバム『ビアンカ・ライアン』(2006年)に収録。 - コンピレーションアルバム『Sad Songs』(2006年)に収録。 - 両A面シングル「Love You. テレビドラマ『』の主題歌に使用された。 - アルバム『The Rose 〜I Love Cinemas〜』(2008年)に収録。 なお、手嶌がデビューするきっかけとなった曲でもある。 - シングル「」(2009年)のカップリング曲として発表。 日本映画『』(2009年5月公開)挿入歌。 - アルバム『SCENES』(2010年)に収録。 Starring - アルバム『』(2010年)に収録。 - シングル「」(2011年)のカップリング曲として発表。 - カバー・アルバム『』(2011年)に収録。 Imaginary Flying Machines - 『』収録。 - カバー・アルバム『』(2012年)に収録。 - ミニアルバム『WINTER MIX 2014-2015』(2014年)に収録。 テレビドラマ『』(2014年)の主題歌に使用された。 - カバー・アルバム『SINGER3』(2015年)に収録。 脚注 [ ].

次の

バラの花束通販ショップ「ベルローズ」|プロポーズ・誕生日に

ヴェル ベット ローズ

特徴 [ ] 13世紀にイタリアで生み出された生地。 柔らかで上品な手触りと深い光沢感が特長で、フォーマル・やに用いられる。 やが一般的。 縫いずれし易く、きれいに縫製するには高度な技術が必要である。 (別珍、英語名:ベルベッティーン)と見た目では区別がつきづらく混同され易い。 どちらも製品としては見た目はよく似ているが、製法に違いがある。 ベルベットがタテ糸パイルの比較的毛足の長いパイル織物であるのに対し、ベッチンは比較的毛足の短いパイル織物である。 日本にはポルトガルからもたらされ、16世紀の戦国武将の帽子や外套にベルベット製のものがある。 ポルトガル語のveludoの日本語読みでビロードと称された。 また、和名は天鵞絨で天鵞は白鳥の意味である。 伝来した当初は絹製の白い生地を指していたため、ビロードは特にシルク製のベルベットのことをいうこともある。 生地としての利用の他、拭きに利用された。 脚注 [ ]• 一般財団法人ニッセンケン品質評価センター. 2019年12月31日閲覧。 関連項目 [ ]• - で、滑らかなビロードのようにスムーズに革命が成功した。 - 流血の惨事を起こすことなく、とが分離独立した。 - シャンパンと黒ビールのカクテル。 のどごしの滑らかさから名付けられた。 - 赤色のレイヤーケーキ。 - 小野の出すパスが正確無比にコントロールされることからベルベット・パス(織物のように柔らかいパス)と名付けられていた。 外部リンク [ ]•

次の

エルメス カラーカタログ

ヴェル ベット ローズ

解説 60年代の最大の女性シンガーといわれたジャニス・ジョプリンをモデルに、反体制の空気に満ちた60年代のアメリカの若者を熱狂させた1人のロック歌手ローズの愛と激情の人生を描く。 製作総指揮はトニー・レイ、製作はマーヴィン・ワースとアーロン・ロッソ、監督は「シンデレラ・リバティー かぎりなき愛」のマーク・ライデル。 ビル・カービーの原案を基に彼とボー・ゴールドマンが脚色。 撮影はヴィルモス・ジグモンド、音楽はポール・A・ロスチャイルド、編集はロバート・L・ウォルフ、美術はジム・ショッピ、衣裳はシオニ・V・アルドレッジが各各担当。 出演はベット・ミドラー、アラン・ベイツ、フレデリック・フォレスト、ハリー・ディーン・スタントン、バリー・プリマス、デビッド・キース、サンドラ・マッケーブ、ウィル・ヘアー、ルディー・ボンドなど。 日本語版監修は清水俊二。 デラックスカラー、ビスタサイズ。 1979年作品。 1979年製作/アメリカ 原題:The Rose 配給:20世紀フォックス ストーリー 反体制の波にゆれる1969年のアメリカ。 ベトナム戦争がもたらした若者たちの反撥は頂点に達し、そんな空気の中で女性ロック・シンガーのローズ(ベット・ミドラー)がカリスマ的な支持を受けていた。 故郷フロリダでの公演のあと1年の休みを欲しいというローズの願いも、マネジャー、ラッジ(アラン・ベイツ)の厳しい言葉に消されていった。 ニューヨーク公演の後、ラッジと共に作曲家ビリー・レイ(ハリー・ディーン・スタントン)を訪ね、そこでビリーに冷たい言葉をつきつけられたローズは、ビリーのもとをとび出し、乗り込んだハイヤーの運転手ダイアー(フレデリック・フォレスト)を知る。 途中、レストランに立ち寄った2人は、そこでささいな喧嘩に巻き込まれるが、その場のダイアーの男らしさにいつしか魅かれるローズだった。 翌朝、録音に5時間も遅れたローズはラッジと言い合うが、仲裁に入ったダイアーにまで罵声を浴びせるローズだった。 その場を去るダイアーにしかしローズは追いすがり、自分の愛の深さを告白する。 そして、ダイアーが運転手ではなく、軍隊を脱走してすでに3週間になる身であることを知る。 しかし、ローズの自由奔放な愛の生活は限りなく、かつてのレズビアンの愛人セーラ(サンドラ・マッケーブ)などの愛も平気で受け入れる有様だった。 この場を目撃したダイアーは、遂にローズのもとを去った。 いよいよ故郷フロリダにやって来たローズは、再びラッジと決定的な喧嘩をしてしまい、彼にクビを言い渡される。 一方、スタジアムでは、ローズを迎えようと、1万人以上の観衆が待ちかまえており、その熱狂の裏で、控え室のラッジらは頭をかかえていた。 口では強いことを言っても、ローズの行方をラッジは必死に追っていたのだ。 ローズがクスリでふらつきながら、なつかしい母親に電話をしたことから、交換手を通して彼女の居所をつかんだラッジはへリコプターを用意し、花火の上がる大観衆のスタジアムに彼女を迎え入れることに成功。 割れるような観衆の拍手の中、足をふらつかせながらステージに立つローズ。 そして、続いて歌った歌詞が、つぶやきのようにささやかれると、彼女はそのままばったり倒れた。 愛を求め、愛に生きた1人の激情のロック歌手のそれが最後だった。 (20世紀フォックス映画配給*2時間14分) 10年ほど前に鑑賞後、度々観ている作品。 ジャニス・ジョプリンをモデルに、ローズという女性シンガーの波瀾万丈な歌手人生を描いている。 もちろん豪快で破滅的ななローズの振る舞いや、女としての苦悩やらは観ていて爽快でもあり切なくも痛くもあり、音楽業界のシビアさなども垣間見えて映画としても十分面白い。 だが最大の見所はベット・ミドラーの圧巻のライブだろう。 彼女の本当に命を削るようなパフォーマンスや歌唱に恵まれた映画だと思う。 音楽も素晴らしい。 特に序盤でローズがステージで歌う「男が女を愛する時」という名曲は、私もなんとなく知っていたが、こんなに、こんなに映像での歌唱パフォーマンスで鳥肌が立ったのはこの映画が初めてだった。 終盤で歌われる「Stay with me」では映画の観客さながらに興奮し、泣いてしまった。 そしてエンディングで流れる「Rose」は今や世界中カバーされ、(個人的にジブリの「おもひでぽろぽろ」のEDがカバーで一番好き)有名だ。 落ち込んだ時、空っぽになったときにローズのパフォーマンスに勇気と命の息吹をもらう。 これからも観ていくだろう。

次の