年金受給者 カードローン。 年金受給者がお金を借りる方法【3選】年金を担保に借りたい人必見

年金受給者がお金借りるには?即日融資カードローンと審査落ちしない方法を解説!

年金受給者 カードローン

「年金受給者でも申し込めるカードローンってあるの?」 「そもそも年金受給者でも新しくお金を借りられるの?」 このページに訪れた方は「年金をもらっていてもカードローンで借入れができるのか?」とギモンや不安を感じていることでしょう。 結論から言うと、 年金受給者の方でもカードローンで新しく借入れすることは可能です。 年金受給者の方がお金を借りるときは「年齢制限」と「収入状況」の2ポイントを押さえれば、自ずと申し込むべきカードローンが見えてきます。 今回は「年金受給者だけどお金を借りたい!」という方へ向けて• 年金受給者が借入れを成功させるためのポイント• 年金受給者におすすめの申し込み先 の2点を軸に「年金受給者とカードローンの借入れ」について徹底解説。 また万が一に備えてカードローン以外でお金を借りる方法まで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。 icon-hand-o-right 年金受給者がカードローン申し込みでチェックする2つのポイント• 【年齢制限】申し込める年齢をオーバーしていないか• 【収入状況】年金が「毎月の収入」にカウントされるか 申し込める年齢制限をオーバーしていないか カードローンに申し込める年齢は、どんなに高くても 70歳までになっています。 カードローン 年齢制限 銀行 満20歳以上満66歳未満 ご契約時の年齢が満20歳以上70歳未満のお客さま 満20歳以上69歳未満の方 満20歳以上満69歳以下 満20歳以上62歳以下の方 消費者金融 満20歳以上70歳以下の方 満20歳以上69歳以下の方 満20歳以上69歳以下の方 満20歳以上69歳以下の方 特に三井住友銀行などの大手銀行は「69歳まで」と、申し込める年齢の上限が低めということからもわかるように• 銀行カードローン: 申し込める年齢の上限が低い(65歳まで)• 消費者金融カードローン: 申し込める年齢の上限が高い(69歳まで) と考えておくといいでしょう。 大手消費者金融ならSMBCモビットがおすすめ 消費者金融カードローンに申し込むなら、真っ先に検討すべきなのがSMBCモビット。 金利 実質年率3. またWEB完結なら電話連絡なし・郵送物なしなので、お金を借りることが周りの人にバレる恐れはありません。 (もちろん職場への電話もかかりません。 ) 周囲に内緒でこっそり&スピーディーに必要なお金を用意したいなら、SMBCモビット一択です。 カードローン 年金のみ 銀行 消費者金融 上記の通り、 年金だけで申し込めるのは原則 銀行カードローンだけ。 ただし「年金の他に、仕事やアルバイトで毎月収入がある」など年金以外にも定期収入がある方は消費者金融カードローンに申し込めるのはもちろん、審査でかなり有利になります。 年金受給者の年齢・収入状況ごとにおすすめの申し込み先を解説 「結局のところどこのカードローンに申し込めばいいかわからない…」という方に向けて、おすすめの申し込み先を紹介していきます。 「収入が年金だけ」なら低金利の銀行カードローンで利息をおさえる• 収入が年金のみの方• 65歳未満の方 に当てはまる方は 銀行カードローンへの申し込みがおすすめです。 ほとんどの銀行カードローンは 年15. カードローン (実質年率) 年齢制限 年金のみ (年1. 9%~14. 5%) 満20歳以上62歳以下 (年3. 0~14. 【10万円を毎月4,000円ずつ返済した場合】 カードローン (実質年率) 毎月の返済額 返済総額 利息額 (年14. 地方銀行カードローンの中にはどの地域に住んでいても利用できる全国対応のカードローンもあるので、選択肢に入れてみるのもいいでしょう。 「年金以外に収入がある」なら消費者金融カードローンで即日融資OK• 仕事を続けている・アルバイトをしているなど、年金以外に収入がある方• 65歳以上の方 に当てはまる方は 消費者金融カードローンへの申し込みがおすすめ。 特に大手消費者金融カードローンは審査時間が 最短30分、借入れまで 最短1時間~即日と今スグお金が必要な方の強い味方です。 カードローン (実質年率) 年齢制限 審査時間 融資時間 (年4. 5%~17. 8%) 満20歳以上69歳以下の方 最短30分 最短1時間 (年3. 0%~18. 0%) 満20歳以上69歳以下の方 最短30分 最短即日 (年3. (年3. 他にも• 最大30日間の無利息期間は利息が全額タダ• 幅広い層の申し込みを受け付けていて、審査が前向き• 大手消費者金融で審査落ちしたら中小消費者金融も要検討 一方でプランネルのような中小消費者金融カードローンなら• 大手消費者金融よりも年齢の上限が高い、または審査次第では許容される• 柔軟な審査を実施している など、銀行や大手消費者金融には申し込めない…という方も借入れのチャンスがあるので、最終手段として検討してみるのもひとつの手段でしょう。 金利 (実質年率) 4. 5%~ 18. 中小消費者金融(街金)の中でも【ベルーナノーティス】は高齢者の方への融資に前向きです。 その証拠に申し込み者の年齢制限は 78歳までとかなり高齢となっています。 最短3分で申し込めるほど入力フォームが簡素• 審査スピードは最短30分 ということで、スピーディーに審査結果をもらえるのもうれしいポイントです。 年金以外に安定した収入がある方は、ベルーナノーティスへの申し込みも検討してみてください。 年金受給者がカードローン以外でお金を借りる方法3つ 「年齢制限をオーバーしてしまう」「体調を崩してしまって働けない…」など、カードローンでの借入れが難しい方は以下の方法を検討してみましょう。 「生活保護」「生活福祉資金制度」などの公的支援制度を利用する• 「年金担保融資制度」などの融資制度を利用する• リサイクルショップやネットオークションなどで不要品を売る 公的機関の支援制度を利用する 「毎日の食事代にも困っている」「配偶者の急な入院でお金が足りない」など、日々の生活もままらない…という場合は 公的機関の支援制度を頼ってみましょう。 【公的機関の支援制度】• 生活保護制度 (生活費や家賃、医療費などの扶助制度)• 生活福祉資金制度 (一時的に生活費が足りない場合の生活支援制度)• 高齢者配食サービス (高齢者のみの世帯に対する食費の支援制度) など いずれも 65歳以上が対象になることがほとんどなので、年齢制限に注意してください。 お住まいの地域の区役所・市役所に相談して申請が通れば、無償で支援を受けられるため返済する必要もありません。 年金や住宅を担保にした融資制度を利用する 年金や住宅、積み立てた保険金を担保にして融資を受けるのもひとつの手段です。 担保 融資制度 金利 内容 年金 年金担保融資 年0. 55~1. 8~3. 0~6. 特に年金担保融資はどんなに高くても年 1. リバースモーゲージなら契約者が死亡しても担保にした住宅を売却すれば完済できるので、身内に借金を残してしまう…という心配なしで利用できるのもうれしいですね。 また保険契約者貸付は審査なしで借入れOKと、書類のやり取りだけでお金が借りられるのがポイントになっています。 年金を担保にしたお金の貸し借りを許可されているのは、2つの公的機関だけ。 福祉医療機構(WAM)• 日本政策金融公庫(JFC) 上記以外で「年金を担保にお金を貸しますよ」と言っているのは闇金融(ヤミ金)である可能性が高いです。 「年金で支払えるから便利」だと勘違いしてヤミ金を利用すると高額の返済を要求されるだけでなく、犯罪に巻き込まれてしまうこともあります。 リサイクルショップを利用する お金を借りる手段がどうしても見つからない場合は、 リサイクルショップで不要品を売却してお金を作ることもできます。 長い人生を歩んで来られた高齢者のみなさんは、お家に様々なものをお持ちになっているはずです。 またお子さんやお孫さんに不要品の売却を手伝ってもらえるならネットオークションで出品してもらったり、家具など大きな品物は出張買取を依頼することもできます。 質屋は金利が高い 質屋での借入れはカードローンと比べても金利が高いのでおすすめできません。 金融機関 金利の上限 (実質年利率) 100万円借りた時の 返済総額 消費者金融 カードローン 上限20. 質屋で100万円を借りると利息だけで100万円以上かかり、完済までに200万円以上支払うことになります。 年金受給者の方がカードローンで借入れを成功させるには、「年齢制限」「収入状況」に注目して申し込み先を選ぶ必要があります。 当サイト(カードローンの巨匠)では上記2つのポイントを踏まえて、それぞれおすすめしたいカードローンは以下のとおりです。 またどうしてもカードローンで借入れができない…という場合は• 生活保護などの公的支援制度を利用する• 年金担保融資制度などの融資制度を利用する• リサイクルショップなどで不要品を売ってお金に替える といった方法を状況に合わせて検討してみましょう。 もちろん闇金融でお金を借りると犯罪に巻き込まれるなど、デメリットしかないのでゼッタイに利用を避けてください。 今やカードローンは老後の生活を豊かに過ごすひとつの手段になっています。 借入れるときはきちんと計画を立てた上で適切に利用するようにしましょう。

次の

年金受給者でもカードローンでお金を借りることができるの?

年金受給者 カードローン

年金受給者がお金を借りるのは難しいといいます。 それは、「年金が安定収入とみなされるかどうか」「カードローンの年齢制限」この2点から考えることができます。 カードローンやキャッシングで借り入れする場合、申し込み条件では毎月の継続した一定の収入、「安定収入」が必要になります。 しかし年金の場合、働いて収入を得ているわけではないため、それを「安定収入」とみなして融資が可能になるかどうかは金融機関の判断によって異なるのです。 そのため、年金だけで借りれるカードローン会社とそうでないところがあります。 また、カードローンでは年齢制限があり、銀行カードローンの場合には60歳未満としているところもあります。 高齢の場合、若い時と比べて病気や怪我の可能性も高くなります。 そうなった場合、その後の返済が難しくなる可能性があるため、年齢が高くなるほど金融機関側もお金を貸すことに消極的になってしまうのです。 こうした理由から年金受給者は一般的にお金を借りるのが難しいと言われるのですが、年金受給者の場合、「 年金担保融資制度」などの公的融資制度も利用することができます。 年金担保融資制度• カードローン• 生活福祉資金貸付制度 なかでも年金受給者がまず検討されたいのが「 年金担保融資制度」です。 いくら申し込みが可能なカードローンがあったとしても、65歳以上になってくると民間のカードローンからお金を借りるのは難しくなっていきます。 なにより年金生活において高金利の借入は、利息の負担も大きく大変です。 その点、年金を担保に非常に 低金利でお金を借りることができる年金担保融資制度は年金受給者に適しています。 ただし、即日融資や急ぎの融資を希望する場合にはカードローンを検討したほうがいいケースもあります。 それぞれ資金使途や利用できる条件にも違いがありますので、詳しくみていきましょう。 年金を担保にしてお金を借りる年金担保融資制度 年金担保融資制度とは「 年金担保としての融資を唯一法律で認められた制度」です。 「 年金前借り制度」とも言い、というところで行われている事業で、保健・医療、介護・福祉、住宅改修、冠婚葬祭、生活必需物品の購入などの支出のために一時的に小口の資金が必要な場合に利用できます。 年金を担保として借りる制度は、公的な制度ですから金利も大変低く設定してあります。 しかし• 融資までに概ね4週間程度かかる(今借りたい!時には間に合わない)• 借入の目的は限定されている• 原則追加借入不可 といったように、お金を借りる方法としてとても便利な方法というわけではありません。 ですが、低金利で借りることを第一にしたい方は、年金担保融資制度の対象条件などを確認していきましょう。 年金担保融資はいくらまで貸してくれるのか? 融資限度額は「10万円〜200万円」の範囲内で、受給している年金の0. 8倍以内、1回あたりの返済額の15倍以内となります。 融資限度額 借り入れ申込者本人が必要な限度額(次の3つの条件を満たす額の範囲) ・限度額は10万円〜200万円の範囲内 (使途が生活必需品の購入の場合は10万円〜80万円の範囲内) ・受給している年金の0. 8倍(年額。 年金から源泉徴収されている所得税額に相当する額を除く)以内 ・1回あたりの返済額の15倍以内 返済方法 独立行政法人福祉医療機構が、年金支給機関から直接引き落とし。 融資利率 年金担保貸付:2. 老齢年金、老齢基礎年金、障害年金、遺族年金いずれもOKです。 嘘情報に惑わされないように! 独立行政法人福祉医療機構、年金担保貸付事業についてデマ情報が出回っています。 「連帯保証人必須である」という内容。 連帯保証人が必ず必要であるため、それが用意できない方は連帯保証人不要のローンを推奨するという内容の嘘偽りのサイトが実に多く存在しています。 独立行政法人福祉医療機構の年金担保融資は確かに「連帯保証人は原則必要」です。 しかし、個人の連帯保証人が立てられない方でも信用保証機関 公財 年金融資福祉サービス協会 が保証人を引き受ける信用保証制度を利用することができます。 確かな情報は確かな情報源にしかありません。 誤情報には気を付けましょう! 年金担保融資の審査基準 次の証書を持っていること(現在年金の支払いを受けていること)• 平成26年12月1日以降に借入申込後、任意繰上返済し、融資決定時の完済予定日に到達していない場合• 生活保護を受けている方• 生活保護終了後5年経過していない方• 融資金の使途が投機性の高い場合や公序良俗に反する場合、借入者本人の利益に明らかに反する場合• 年金の支給が全額停止されている方• 同一の年金で借入残高がある方• 現況届、定期報告書が未提出の方• 特別支給の老齢厚生年金を受給していた方で65歳時の年金決定手続き期間中の方• 反社会勢力に該当または関係がある方• その他、独立行政法人福祉医療機構の定めによる場合 年金担保融資の申し込みから融資までの流れ 1. 相談 独立行政法人福祉医療機構年金貸付課または取り扱い金融機関に相談 2. 申請 取り扱い金融機関で申し込み手続き 3. 審査 審査開始(4~5週間程度) 4. 貸付決定 取り扱い金融機関から本人宛に電話連絡 5. 融資実行 融資実行日に指定預金口座へ振り込み 6. 返済 年金支給期間から支払われる年金を独立行政法人福祉医療機構が受領 取り扱い窓口はメガバンクや地方銀行、信用金庫です。 「 独立行政法人福祉医療機構代理店」であることが表示されていますが、電話で問い合わせると間違いないでしょう。 なお、 ゆうちょ銀行、農協および労働金庫は取り扱い窓口になっていません。 ひと月に2回から3回、公的年金を担保とする融資の「金融機関申し込み締め切り日」と「融資日」が決められています。 自由度の高いものではないためスケジュールの確認をしましょう! 年金担保貸付の注意点! 資金使途を明確にする 資金使途を明確にするために見積書等の提示が必要です。 カードローンのように自由に利用ができるものではありません。 また、資金使途には生活資金や旅行費用は認められていません。 追加借り入れはできない 年金担保貸付の残高があるうちには追加借り入れはできません。 完済後に再度申し込みを行うことはできます。 返済ができなくなったとき 年金を担保としているため、返済ができなくなれば年金が返済額に充当されます。 手元からお金を捻出しなくてもよいという反面、受け取れるはずの年金が受け取れなくなる可能性もよく考えて利用をしましょう。 借主が死亡した場合 借入後、返済期間中に借主が死亡した場合には連帯保証人が返済を引き継ぐことになります。 信用保証制度を利用した場合には信用保証機関が返済に対応することになります。 その分保証料は必要となりますが、万一のときに連帯保証人に責任を負わせることがありません。 年金担保詐欺がいまだに横行しています。 年金を担保とした融資は、唯一、独立行政法人福祉医療機構だけに法的に認められている制度です。 だまされることのないように注意しましょう。 年金担保融資事業の廃止が決定 平成22年12月、閣議決定によって年金担保融資事業は廃止されることとなりました。 令和4年3月末で申込受付終了が決定 平成22年に廃止が決定され、段階的に制度が見直され事業規模が縮減されてきています。 この度、厚生労働省が令和4年3月末の予定で新規の申し込みの受付を終了する方針を示しました。 終了の時期までは、申し込みが可能です。 また、令和4年3月末以降に返済期間が継続している方は、そのまま同じ返済パターンで返済していけます。 令和4年3月末が来たから繰り上げて返済しないといけないということはありません。 代替措置は特になし 年金担保貸付制度がなくなったあと、お金を借りたいときにはどうすればよいのでしょうか? 現時点では特に代替措置が提案されていません。 ただし、審査要件を満たす方が「」を利用できます。 また、家計での支援が必要な場合は、自立相談支援機関に相談可能です。 高齢者世帯、低所得者世帯に生活福祉資金貸付制度 社会福祉法人の全国社会福祉協議会が行っているのが「 生活福祉資金貸付制度」です。 低所得者、障害者、高齢者の生活を経済的に支えながら社会参加の促進を図ることが目的の貸付制度。 実施主体は都道府県社会福祉協議会となっており市区町村にある社会福祉協議会が窓口です。 低所得者個人、障害者個人、高齢者個人が対象となるのではなく、低所得者、障害者、高齢者を含む世帯単位が対象となります。 貸付対象者 低所得者世帯 資金の貸付けにあわせて必要な支援を受けることにより独立自活できると認められる世帯であって、 必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯 市町村民税非課税程度 障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者の属する世帯 障害者総合支援法によるサービスを利用しているなど条件と同程度と認められるものを含む 高齢者世帯 65歳以上の高齢者の属する世帯 日常生活上療養または介護を要する高齢者等 資金種類 総合支援資金 生活支援金・住宅入居費・一時生活再建費 福祉資金 福祉費・緊急小口資金 教育支援資金 教育支援費・就学支度費 不動産担保型生活資金 不動産担保型生活資金・要保護世帯向け不動産担保型生活資金 連帯保証人と貸付利子 連帯保証人 原則必要 金利 無利子(連帯保証人を立てない場合は年1. 連帯保証人を立てることが条件となっており、それができない場合には年率がかかりますが、それでも1. 5%です。 また返済期間が長く用意されているため生活に負担がないように計画することができます。 大きな魅力の反面、大きなデメリットもありますので、詳しい内容は「」ご確認ください。 例えばアルバイトでも構いません。 または家賃などの不動産収入も認められています。 年金受給者に対応しているカードローンかどうか、必ず確認をしましょう。 それを怠ると「年金受給者に対応していないカードローン」に繰り返し申し込みをすることになりかねません。 通らない審査に繰り返し申し込みをする、これは「申し込みブラック」の状況になり得るものです。 チェックしたいのは2つ。 「年金受給者に対応しているか」と「年齢制限の上限」です。 現在公式ホームページで年金受給者OKとしているのは三菱UFJ銀行など数行のみです。 メガバンクで唯一年金収入でもOKなバンクイック メガバンクとして知られる三菱UFJ銀行のカードローンがバンクイックです。 申し込み方法は3つあります。 WEB申込• テレビ窓口(三菱UFJ銀行本支店内に設置)• 電話 WEB申込はパソコンやスマートフォンからでき、面倒な手続きではありません。 申し込み画面に必要事項を入力したら後は審査結果の連絡を待つのみ。 それでも不安があれば電話で申し込みが安心でしょう。 テレビ窓口で申し込みをすれば審査回答後(お申し込みから最短翌営業日)にカードの受け取りができます。 カードがあればすぐにATMからの借り入れができます。 利用できるのは、以下の方です。 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さまで、保証会社(アコム㈱)の保証を受けられるお客さま。 原則安定した収入があるお客さま。 収入が年金のみですが申し込みできますか? A. お申し込みいただけます。 原則安定した収入がある方であれば、お申し込みいただけます。 ネット申し込み可能ならオリックス銀行カードローン オリックス銀行カードローンでも、収入が年金のみの方も申込可能です。 ただし、オリックス銀行カードローンはネット銀行のため、申し込みはネット申込のみになります。 利用できるのは、以下の条件全てを満たす方です。 申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満の方• 原則、毎月安定した収入のある方• 日本国内に在住の方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)• オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方 オリックス銀行カードローン公式サイト、よくあるご質問では年金収入について次のように明記してあります。 【カードローン】収入が年金のみですが、申し込みできますか? A. 収入が年金のみの方もお申し込みいただけます。 auユーザーならじぶん銀行 カードローン じぶん銀行カードローンはauユーザーなら誰でも年0. 申込方法はパソコン、スマートフォン、ケータイからの申込になります。 利用できるのは以下の条件を満たす方です。 ご契約時の年齢が満20歳以上70歳未満のお客さま• 安定継続した収入のあるお客さま(自営、パート、アルバイトを含みます)• 年金収入については公式サイトで次のように明記してあります。 【じぶんローン】現在の収入は年金だけですが、申込みはできますか? A. お申し込みいただけます。 ただし、当行所定の審査結果によってご要望に沿いかねる場合があります。 即日融資も可能なJ. score みずほ銀行とソフトバンクが合同で設立したJ. scoreは日本初、AIによる画期的な融資システムが特徴です。 AIスコア・レンディングではAIスコアによって金利や利用限度額が決まります。 AIスコアは一般的なカードローンとは違い、例えば趣味や仕事、ライフスタイルなどの質問に答えていくことで算出され、その算出されたAIスコアをもとにJ. scoreでは貸付を行います。 現在、銀行カードローンでは即日融資ができませんが、J. scoreは銀行カードローンではなく貸金業者に該当します。 そのため、即日融資も可能です。 利用できるのは以下のすべての条件を満たす個人の方です。 ご契約時の年齢が満20歳以上、満70歳以下の国内に居住するお客さま• 安定かつ継続した収入の見込める方 (学生・留学生で、アルバイトなど安定収入がある方もお申込みいただけます。 年金収入については公式サイトに次のように記載があります。 年金受給者もOKなカードローンは限られますが、以上のように申し込みを受け付けているところもいくつかあります。 ただし、ネット申込のみのところも多いです。 ネット申込の手続き自体はそれほど面倒なものではありませんが、不安な方は電話やテレビ窓口での申し込みも可能な三菱UFJ銀行のバンクイックを検討されるといいかもしれません。 即日融資を検討している場合には、銀行カードローンではできないため、J. score等を検討してみましょう。 障害年金は「通常の年金」として扱われるの? 年金にはいくつかの種類があり、その中のひとつに障害年金があります。 障害年金は原則として65歳までに請求することとなっています。 つまり「65歳以上が受給できる年金」ではなく、「障害がある」ことに対して支給される年金です。 カードローンや融資、貸付では年金を収入として認めているところは少数派です。 しかし、年金受給だけでも申し込みが可能としている融資であれば利用ができます。 車ローンや住宅ローンは年金受給だけで審査は通る? 大きな融資であればそれだけ安定した収入が必要になります。 年金はほかの収入とは大きく異なり「生きている限りは確実にある収入」です。 これが大きな融資を受けるときの審査には有利になります。 リストラの可能性もない、収入減の可能性もない。 しかし唯一あるのが「高齢による死亡の可能性」です。 「 年金のみでは収入が低い」「 住宅ローンを組める年数が短い」この2つの理由から融資額は低くなることは仕方のないこと。 傾向としては頭金を多く用意して残りをローンでやりくりするという方が多いようです。

次の

年金受給者でも借りられるカードローンをFPが徹底解説!

年金受給者 カードローン

年金受給者の利用条件とは カードローンの利用条件は、性別や年収・職業などで変わるものではなく、誰でも下記の条件を満たしていれば申し込めます。 カードローン申し込み条件• 満20歳以上(上限年齢はカードローン会社によって異なります)• 本人に継続する安定した収入がある 銀行の場合は、上記の条件に保証会社の保証が受けられる では、受給を開始すると死ぬまで受け取れる年金受給者は、カードローンの申し込みができるのでしょうか? 答えは、一般の申込者と同じで「継続する安定した収入」があれば借りられます。 つまり、収入が年金のみの場合は、申し込みができないということです。 ある意味、死ぬまで受け取りができる年金は、どんな職業よりも安定しているように思いますよね。 しかし、基本的にカードローン会社では、継続する安定した収入は、働いて同じところから毎月一定額を受け取っていることをさすので、2ヶ月に1度の支給である年金は継続する収入とみなしていないのです。 ただし、銀行カードローンの場合は、収入が年金だけの人でも申し込めるところがあります。 銀行カードローンの場合ということは、消費者金融では借りれるところがないということですよね。 では、なぜ消費者金融では借りれないのか、次の章で詳しく説明したいと思います。 消費者金融は収入が年金だけでは借りれない?そのワケは 消費者金融は、銀行よりも柔軟にお金を貸してくれるイメージなのですが、年金以外に収入のない人への貸付は行っていません。 69歳まで申し込めるところが多いのに、なぜ年金受給のみの人には貸してくれないのでしょう? その理由は、年金を担保にお金を貸すことは違法だから。 でもカードローンは、担保も保証人も要らないローンだから、関係ないのでは?と思った人もいますよね。 確かに、カードローンは担保も保証人も必要なく、返済能力があれば誰でも借りれるローンです。 カードローン会社の求める返済能力とは、継続する安定した収入があり、遅延や延滞をしない人のこと。 また、年金を担保にした違法な貸付が社会問題となった時代があり、2004年(平成16年)に貸金業法が改正され「違法年金担保融資対策法」が施行されたこともあり、貸金業法に則って貸金業を営んでいる消費者金融では、年金受給のみの人には貸付していないのです。 違法年金担保融資対策法の内容は以下の2つです。 違法年金担保融資対策法• 1広告や勧誘に、年金受給者の借入意欲をそそるような表示または説明をしてはならない• 2貸付金の弁済を、公的給付を原資とする資金(年金・生活保護費など)から受ける目的で、公的給付金が振り込まれる預金通帳やキャッシュカード、あるいは年金証書などの引き渡しを求めたり保管する行為を行ってはならない と定められました。 1および2に違反した業者は行政処分の対象となり、特に、2の条文に違反した業者は、改正前までは業務停止だけだったのが、1年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金または両方を科せられるようになったのです。 法改正後も違反する業者はありましたが、預金通帳やキャッシュカードを預かった場合だけでなく、年金受取口座から自動引き落としをしていた業者が逮捕されるということもありました。 そういったことから、口座引き落としでも返済できる消費者金融では、年金以外に継続する安定した収入がない年金受給者への貸付をしないのでしょうね。 申し込めても借りれる期間が短い!年金受給者はレイクが一番? 年金受給者がカードローンを利用するには、年金以外に継続する安定した収入がないと借りれないといいましたが、唯一、新生銀行カードローンレイクは、年金のみでも利用することができます。 それだけでなく、申し込める年齢も一番高く、70歳まで申し込みが可能なのです。 上記のように、早くから受給した人や者のなかには、急な出費で少しだけ借りたいという人もいますよね。 そんなピンチの時に、少しだけ借りるのに便利なのが、目的自由なカードローン。 ただし、年金以外に収入がない人の場合は、銀行カードローンに申し込むことになりますが、銀行の申し込み可能年齢は消費者金融より若いところが多いです。 申し込み可能年齢一覧 会社名 年齢 条件 アイフル 満20歳以上69歳まで 年金以外に継続する安定した収入があれば申し込み可 アコム 20歳~69歳まで 年金以外に継続する安定した収入があれば申し込み可 プロミス 年齢20歳以上、69歳以下 年金以外に継続する安定した収入があれば申し込み可 SMBCモビット 満年齢20才~69才 年金以外に継続する安定した収入があれば申し込み可 新生銀行 満20歳~70歳 申込可能 みずほ銀行 満20歳以上満66歳未満 申込可能 三井住友銀行 満20歳以上満69歳以下 年金以外に継続する安定した収入があれば申し込み可 三菱東京UFJ銀行 満20歳以上65歳未満 年金以外に継続する安定した収入があれば申し込み可 楽天銀行 満年齢20歳以上62歳以下 年金以外に継続する安定した収入があれば申し込み可 オリックス銀行 満20歳以上69歳未満 年金以外に継続する安定した収入があれば申し込み可 住信SBIネット銀行 満20歳以上満65歳以下 年金以外に継続する安定した収入があれば申し込み可 上記の表を見ればわかるように、年金受給者でも借りれますが、基本的に年金以外の継続する安定した収入がないと借りれないです。 ただし、みずほ銀行と新生銀行(レイク)では、年金受給のみでも申し込みができ、レイクにいたってはどこよりも長く、70歳まで申し込むことができるので、年金受給者が申し込むにはレイクが一番いいかもしれませんね。 年金受給者が借りれるのはどれくらい?限度額はいくら 年金受給者がカードローンでお金を借りるには、基本的に年金以外で継続する安定した収入が必要です。 そのため、たとえ年金受給額が高くても年金は収入とみなされないので、年金以外に得ている収入に対して、総量規制の範囲内で利用限度額が決まります。 しかし、年齢的に返済能力が低いとみられるため、利用限度額はあまり高くはならず、10万円~50万円になることが多いです。 では、レイクのように収入が年金だけでも借りれる場合は、どれくらい借りれるのでしょう。 年金は、受給開始時期や年金保険料を納めた期間によって、受け取れる金額がそれぞれの人で違います。 高い厚生年金保険料を払っていた人で、年間300万円くらいあると言われています。 年収300万円だと考えると、100万円くらい借りれるのではないかと思いますよね。 残念ながら、年金をたくさん受け取っていても、やはり年齢的に返済能力が低いとみられるので、10万~50万円くらいになるようです。 年金受給まで待てない!無職の年金受給者が借りれるところは? 年金の支給は毎月ではなく、2ヶ月に1度偶数月に支給されます。 現役の頃は月に1度お給料が振り込まれていたので、2ヶ月に1度のペースに慣れず、ついつい使ってしまって次の支給日までもたなくてつなぎ資金を借りたいという人や、まとまった金額が必要になることもありますよね。 でも、そんな人がカードローンで借りるには「年金収入しかないから借りれるところが少ない」「カードローンでは借りれる金額が少ない」と、申し込み条件が合わなかったり、希望金額が借りれない場合が多いです。 そんな年金受給者が、年金を担保に安心安全に借りられるところが2つあります。 1つは国が運営する日本政策金融公庫(JFC)の「恩給・共済年金担保融資」。 もう1つは民間の独立行政法人福祉医療機構(WAM・ワム)の「年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業」です。 基本的に年金を担保にお金を貸してはいけないと法律で決まっていますが、1つは国が運営している会社でもう1つは唯一法律で認められたところなので、安心して利用できるのです。 クレジットカードやローンの未払いや遅延があると借りれない クレジットカードを現役の時からずっと利用していて、年金受給になってからもポイントを貯めたり、インターネットショッピングの支払いに利用している人は多いですよね。 また、住宅ローンや自動車ローンがまだまだ残っている人や、携帯からスマホに換えて端末を分割払いにしている人もいます。 これらの支払いに遅延や延滞があると、ただでさえ審査が厳しい年金受給者の場合は、借りれない可能性が高くなります。 年金を担保にお金を借すのは法律違反!闇金融の可能性大 年金を担保にお金を貸せるのは、日本政策金融公庫と独立行政法人福祉医療機構だけといいました。 それでも、さも年金を担保に借りられるかのように、甘い誘い文句で勧誘している業者があるのです。 しかし、そんなところから絶対に借りてはいけません。 それは、確実に支給される年金目当ての、闇金業者の可能性大です。 闇金業者の手口は、まず法外な金利で貸し付けたうえで、日本政策金融公庫や福祉医療機構から借入させて、その借入金を返済にあてさせたり、年金が振り込まれる通帳やキャッシュカードを預かるなどして貸付をしてきます。 しかし、日本政策金融公庫や福祉医療機構で借りる際に、年金証書を預けることになりますが、預金通帳やキャッシュカードを預けることはありません。 また、年金証書を預かる際にも、必ず預り証が発行されます。 言葉巧みに近づいてくるので、だまされないように注意しないといけません。 年金担保貸付は使途の制限がある!急な出費にはカードローンを活用 現役の時のお給料と比べると、はるかに少ない金額かもしれませんが、年金は老後を支える大事な収入源です。 退職金のない会社に勤めていた人や、貯金が思うようにできなかった人にとっては、生活を支える唯一のお金です。 しかし、年金をもらう年にさしかかると、急に亡くなる人が増えたり、病気で入院することになったりと、生活費以外にも必要なお金が増えてきます。 また、長年利用してきた家電が壊れたり家の修繕が必要になることもありますよね。 家電の購入や家の修繕といった、使いみちがはっきりしていて、まとまったお金が必要な時は、金利の低い年金を担保に借りれる日本政策金融公庫や福祉医療機構から借りるといいです。 ただし、年金を担保に借りるには、使いみちがはっきりしていないといけないうえに、借りるまでに時間がかかります。 葬儀や急病といった急な出費には、カードローンがとても便利です。 レイクのように、収入が年金のみでも借りれるところもあるので、上手に利用するといいですね。 大手の会社を選ぶ• 金利の低さ• 返済方法 大手を選ぶ 大手を選ぶ、単純ですがここ大事です。 大手と似たような名前のカードローン会社で「審査不要!その場でお貸しします!」といった宣伝や看板を見ますが絶対利用しないように! 金利の安さ 大手の金利はほぼほぼ変わりませんが、アイフルやSMBCモビットでは、上限金利が18%に設定されていて、プロミスの上限金利は17. プロミスだけ0. 2%金利が安くなっています。 返済方法 コレ、見落としがちです。 借りるときは1回で済みますが 一番重要なのが何回も繰り返す返済。 返済方法が面倒だと返済を忘れたり、手数料が高かったり、気をつけたいところです。 一番利用しやすいのは、でした。 あっという間に振込返済できます。 振込手数料が0円なのがうれしいです。 結果から言うと が一番利用しやすく金利も一番安く返済の手数料もかからない方法が多いです。

次の