毛利 庭園 が 生誕 の 地 と され る 人物 は。 毛利氏

毛利庭園(毛利甲斐守邸跡)

毛利 庭園 が 生誕 の 地 と され る 人物 は

毛利氏ゆかりの地を訪ねる 博物館を出て、現在の厚木市内に残る毛利庄と毛利季光の跡をたどってみる。 鎌倉時代でいえば下毛利庄と推定されるあたりから、毛利庄の中心地であり季光屋敷があったとされる光福寺まで移動し、現地を巡って情報がないか調べてみよう。 訪ねた毛利氏ゆかりの地の位置関係は以下の地図の場所になる。 今回訪ねた場所。 毛利台は、現在は住宅地。 毛利庄の中でも南側で、「下毛利」がこのあたりとされる。 毛利台入口のバス停 近くには、南毛利と書いて「なんもうり」と読むスポーツセンターがある 南毛利から少し北へ行くと、下古沢という土地に、毛利氏発祥の地の石碑がある。 毛利季光屋敷跡と記されているが、現在はもう少し北の飯山だったとも推定されている。 毛利氏発祥の地の石碑 石碑から北上し、季光に匿われた隆寛を開基とする飯山の光福寺を訪ねてみる。 なお、隆寛は浄土宗の僧侶だが、現在の光福寺は浄土真宗となっている。 江戸時代の地誌である『新編武蔵国風土記稿』でも、飯山村の「弥陀堂」と「光福寺」の項に、隆寛と毛利季光のゆかりが記されている。 それによると、弥陀堂は隆寛が住んだという由来から隆寛堂とも呼ばれていたこと、光福寺は開山が隆寛であることとその経緯などが記され、江戸時代にも飯山で隆寛の話が知られていたことがわかる。 現在、弥陀堂(隆寛堂)は廃寺となって跡も無い。 光福寺では、滅して800年もの時を経た隆寛が、今でも静かに眠っている。 『新編相模国風土記稿』の一部() 隆寛は貴族の生まれで、比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)で出家した天台宗の僧侶だったが、やがて浄土宗の開祖となる法然による専修念仏の教えを信仰するようになる。 法然没後は、浄土宗の有力者として京で活動していた。 そんな隆寛が、なぜ関東へ来たのか? 現代では鎌倉新仏教と呼ばれる宗派の一つである浄土宗は、法然の存命中から、天台宗など古くからある宗派からの圧力があった。 法然死後の1227(嘉禄3)年、浄土宗で「嘉禄の法難(かろくのほうなん)」と呼ばれる弾圧が起こり、他宗からの働きかけを受けた朝廷の命で、隆寛は奥州(東北地方)へ流罪とされてしまう。 この護送を担当したのが、毛利季光だった。 京を発った後、鎌倉に着いた隆寛は、流罪の身ながら丁重に扱われたという。 実は、季光の父である大江広元は法然を信奉していた人で、季光も念仏の教えを信じる人だった。 さらに、当時は鎌倉幕府でもその教えに理解があったのだ。 しかし、隆寛の配流先は、鎌倉よりさらに遠く寒さも厳しい北の地。 この時80歳という老齢の隆寛を案じた季光は、隆寛を自分の住所である飯山に匿い、代わりに弟子の実成房(じつじょうぼう)が配流先へ行った。 『隆寛律師相模飯山にて往生の図』() 隆寛は京を発ってから約1ヶ月後、鎌倉を出て季光屋敷のある飯山へ移り、そこで庵を結んで住む。 が、残念ながら、その4ヶ月後に病で亡くなってしまう。 それにしても、罪人である隆寛の滞在を、京の朝廷はともかく、鎌倉幕府が知らなかったとは考えづらい。 あえて幕府がそれを見過ごしたとすれば、季光はそれほどまでに力を持つ人物だったということだろう。 さらにいえば、密かに匿うには、現地の人々も多くの協力をしたはずだ。 老齢で長旅を強いられた隆寛の身を案じる季光の信仰心や情が、この地の人々にも汲まれていたのかもしれない。 取材を終えて 毛利氏ゆかりの地は、神奈川県厚木市にかつてあった「毛利庄」。 毛利氏は、この地を本拠とする鎌倉時代の武士である季光が、毛利を名乗ったことが始まりとされている。 神奈川にいた毛利氏に関する史跡や遺物は現在ほとんど残っていないが、地名や寺に毛利氏発祥の毛利季光や、その名字の地となった毛利庄が存在した痕跡を見ることができた。 毛利庄は、毛利季光の父である大江広元の代から領地として関わりがあり、京から罪人として送られた高僧を匿ったという季光の人情味あるエピソードの地でもあった。 ちなみに、毛利季光の父である大江広元は、2022年の大河ドラマに決定した北条義時が主役のタイトル『鎌倉殿の13人』で、この13人の1人とも予想されている。 確実に舞台となるだろう鎌倉の他に、厚木の毛利庄が登場する可能性も? と期待したい。 -終わり- 取材協力 あつぎ郷土博物館 池谷山光福寺 参考資料 『厚木市史』中世資料編・中世通史編.

次の

毛利氏(もうりうじ)とは

毛利 庭園 が 生誕 の 地 と され る 人物 は

毛利氏ゆかりの地を訪ねる 博物館を出て、現在の厚木市内に残る毛利庄と毛利季光の跡をたどってみる。 鎌倉時代でいえば下毛利庄と推定されるあたりから、毛利庄の中心地であり季光屋敷があったとされる光福寺まで移動し、現地を巡って情報がないか調べてみよう。 訪ねた毛利氏ゆかりの地の位置関係は以下の地図の場所になる。 今回訪ねた場所。 毛利台は、現在は住宅地。 毛利庄の中でも南側で、「下毛利」がこのあたりとされる。 毛利台入口のバス停 近くには、南毛利と書いて「なんもうり」と読むスポーツセンターがある 南毛利から少し北へ行くと、下古沢という土地に、毛利氏発祥の地の石碑がある。 毛利季光屋敷跡と記されているが、現在はもう少し北の飯山だったとも推定されている。 毛利氏発祥の地の石碑 石碑から北上し、季光に匿われた隆寛を開基とする飯山の光福寺を訪ねてみる。 なお、隆寛は浄土宗の僧侶だが、現在の光福寺は浄土真宗となっている。 江戸時代の地誌である『新編武蔵国風土記稿』でも、飯山村の「弥陀堂」と「光福寺」の項に、隆寛と毛利季光のゆかりが記されている。 それによると、弥陀堂は隆寛が住んだという由来から隆寛堂とも呼ばれていたこと、光福寺は開山が隆寛であることとその経緯などが記され、江戸時代にも飯山で隆寛の話が知られていたことがわかる。 現在、弥陀堂(隆寛堂)は廃寺となって跡も無い。 光福寺では、滅して800年もの時を経た隆寛が、今でも静かに眠っている。 『新編相模国風土記稿』の一部() 隆寛は貴族の生まれで、比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)で出家した天台宗の僧侶だったが、やがて浄土宗の開祖となる法然による専修念仏の教えを信仰するようになる。 法然没後は、浄土宗の有力者として京で活動していた。 そんな隆寛が、なぜ関東へ来たのか? 現代では鎌倉新仏教と呼ばれる宗派の一つである浄土宗は、法然の存命中から、天台宗など古くからある宗派からの圧力があった。 法然死後の1227(嘉禄3)年、浄土宗で「嘉禄の法難(かろくのほうなん)」と呼ばれる弾圧が起こり、他宗からの働きかけを受けた朝廷の命で、隆寛は奥州(東北地方)へ流罪とされてしまう。 この護送を担当したのが、毛利季光だった。 京を発った後、鎌倉に着いた隆寛は、流罪の身ながら丁重に扱われたという。 実は、季光の父である大江広元は法然を信奉していた人で、季光も念仏の教えを信じる人だった。 さらに、当時は鎌倉幕府でもその教えに理解があったのだ。 しかし、隆寛の配流先は、鎌倉よりさらに遠く寒さも厳しい北の地。 この時80歳という老齢の隆寛を案じた季光は、隆寛を自分の住所である飯山に匿い、代わりに弟子の実成房(じつじょうぼう)が配流先へ行った。 『隆寛律師相模飯山にて往生の図』() 隆寛は京を発ってから約1ヶ月後、鎌倉を出て季光屋敷のある飯山へ移り、そこで庵を結んで住む。 が、残念ながら、その4ヶ月後に病で亡くなってしまう。 それにしても、罪人である隆寛の滞在を、京の朝廷はともかく、鎌倉幕府が知らなかったとは考えづらい。 あえて幕府がそれを見過ごしたとすれば、季光はそれほどまでに力を持つ人物だったということだろう。 さらにいえば、密かに匿うには、現地の人々も多くの協力をしたはずだ。 老齢で長旅を強いられた隆寛の身を案じる季光の信仰心や情が、この地の人々にも汲まれていたのかもしれない。 取材を終えて 毛利氏ゆかりの地は、神奈川県厚木市にかつてあった「毛利庄」。 毛利氏は、この地を本拠とする鎌倉時代の武士である季光が、毛利を名乗ったことが始まりとされている。 神奈川にいた毛利氏に関する史跡や遺物は現在ほとんど残っていないが、地名や寺に毛利氏発祥の毛利季光や、その名字の地となった毛利庄が存在した痕跡を見ることができた。 毛利庄は、毛利季光の父である大江広元の代から領地として関わりがあり、京から罪人として送られた高僧を匿ったという季光の人情味あるエピソードの地でもあった。 ちなみに、毛利季光の父である大江広元は、2022年の大河ドラマに決定した北条義時が主役のタイトル『鎌倉殿の13人』で、この13人の1人とも予想されている。 確実に舞台となるだろう鎌倉の他に、厚木の毛利庄が登場する可能性も? と期待したい。 -終わり- 取材協力 あつぎ郷土博物館 池谷山光福寺 参考資料 『厚木市史』中世資料編・中世通史編.

次の

毛利甲斐守邸跡

毛利 庭園 が 生誕 の 地 と され る 人物 は

の墓 末期に、(旧称:三島郡)(さはしのしょう)南条(みなみじょう) のを領した毛利経光は、四男のに(よしだのしょう — 高田郡吉田、現・吉田)を分与し分家を立てる。 時親の子・、孫の親衡は越後に留まり安芸の所領は間接統治という形をとったが 、南北朝時代に時親の曽孫・は安芸に下向し、(よしだこおりやまじょう)において領地を直接統治 するようになる。 に移った毛利氏は、室町時代にの有力なとして成長し、およびの家臣として栄えた。 、が出ると一代でから、の所領の大部分との所領を併せ、最盛期には・10か国との一部を領国に置く最大級のに成長した。 元就の死後、孫のは将軍・を庇護し、と激しく争ったが、のちにに従属して、ほか8か国で112万石 を朱印状で安堵された。 また、本拠をからより地の利の良いに移す。 輝元はその後、に就任する。 しかし、慶長5年()、輝元がで西軍の総大将となったことで、敗戦後に毛利氏は・の2か国29万8千石に減封された。 には、萩に居城を新たに築城し、(萩藩)となる。 検地を経て幕府と交渉のすえ、36万9000石に高直しされ、江戸時代を通じての公称高(表高)となる。 (国持ち)のとして雄藩の一つに数えられた。 また支藩としてや、などがあった。 江戸時代末期には、藩主の改革が功奏し長州藩から数々の志士が現れ、を成就させる原動力となった。 明治維新後、長州藩の毛利宗家は、支藩の毛利家はとなり、議員などを輩出した。 歴史 [ ] 鎌倉時代から室町時代まで [ ] はの四男で毛利荘を父から相続したため、毛利氏を称するようになった。 したがって、毛利家・毛利氏としては季光を初代とするのが相当であるが、毛利家の慣習上、を初代とするため、季光は39代とされている。 だが、季光はの義父であったにもかかわらずと結んでに反旗を翻したため、敗北して一族の大半が果ててしまった()。 越後にいた季光の四男は合戦に関わらず、その家系が残った。 同族のの尽力により越後・安芸の守護職を安堵された経光は、嫡男に佐橋荘南条を譲り、四男に安芸国吉田荘を譲った。 毛利時親は後期、京都のの評定衆を勤めたが、姻戚関係(義兄)のあったのがに代わり、幕府で政権を握っているのを嫌って隠居し、料所のへ隠棲する。 3年()にの討幕運動からが起こり、らが鎌倉幕府を滅亡させるが、毛利時親は合戦に参加せず、により開始されたからも距離を置いたため、鎌倉幕府与党として一時領土を没収された。 南北朝時代には足利方に従い、時親の曾孫にあたるが、より九州の南朝勢力であったの征西府を討伐するために派遣された(了俊)の指揮下に入り活躍している。 元春は安芸に下向し、にて吉田荘の統治を始め、隠居していた曽祖父の時親が元春を後見した。 戦国時代 [ ] 毛利元就 のとして土着した毛利氏は一族庶家を輩出し、室町時代中期には庶家同士の争いが起きたものの、安芸国内では屈指の勢力になった。 しかし、(47代)、 (48代)、(49代)の時代には・という大勢力の守護に挟まれ去就に苦労することになる。 (50代)、(51代)の代には、大内氏ととが安芸を巡って争い、安芸国内の国人同士の争いも頻発した。 毛利氏は当主の早死にが続いたこともあり勢力は一時衰えたが、興元の弟である(52代)が当主となると、元就はその知略を尽くして一族の反乱や家臣団最大派閥の井上氏の粛清、石見国のなど敵対勢力を滅ぼし 、さらに有力国人である安芸国のに次男であるを、に三男のを養子に入れて家を乗っ取るなど勢力を拡大する。 元就は長男の(53代)に家督を譲ったのちも戦国大名として陣頭指揮を続け、に謀反し大内氏を事実上乗っ取ったを弘治元年()ので破った。 弘治3年()、晴賢の 傀儡 ( かいらい )であったを攻め滅ぼし 、大内氏の旧領をほぼ手中にする。 その後は北部九州に侵入し、やのや高橋氏を味方につけ 、とも争った。 同3年、吉川・小早川が安芸毛利当主家運営への参画、補佐することを条件に隆元(元就の長男)が毛利家の家督を継いだ。 こうして、毛利当主家を吉川家と小早川家で支える体制が成立し領国支配を盤石なものとし、これを後世 体制と呼ばれることになった。 永禄3年()には隆元が幕府から安芸に任じられている。 永禄6年()、隆元が早世し 、長男の(54代)が若くして家督を継ぐと、元就・元春・隆景が後見した。 永禄9年()に輝元は元就とともに仇敵の尼子氏を滅ぼして 、中国路(安芸・・・・・・・・・)を領有し、西国随一の大名となった。 さらに旧主家の残党であるを退け()、尼子氏の残党にも勝利した。 さらに、輝元はに追放された将軍・を庇護し、を目指す信長の西国侵攻に対する最大の抵抗勢力となる。 だが、天正10年()ににより信長が自害したため、領地を維持したまま織田方と和睦を結んだ。 桃山時代 [ ] 毛利輝元 毛利輝元は秀吉に臣従し、、、、、、、に加え、・両国のそれぞれ西部を安堵された。 における毛利家の総石高は112万石であり、ほかに四国と九州で・が輝元とは別に所領を得た。 天正19年(1591年)に豊臣秀吉から発給された領知朱印状・領知目録 「安芸 周防 長門 石見 出雲 備後 隠岐 伯耆三郡 備中国之内、右国々検地、任帳面、百拾二万石之事」 内訳は• 2万石 寺社領• 7千石 京進方(太閤蔵入地)• 6万6千石 羽柴小早川侍従(隆景)、内1万石無役• 11万石 羽柴吉川侍従(広家)、内1万石無役• 隠岐国 羽柴吉川侍従• 10万石 輝元国之台所入• 8万3千石 京都台所入• 73万4千石 軍役 都合112万石 の天下統一後、輝元はから地の利の良い瀬戸内海に面したを築城し、本拠を移した。 4年(1595年)、秀次事件の後に豊臣政権のの一人となった。 近世 [ ] 1867年 秀吉の死後は天下奪取を図るに対抗してと接近し、では西軍の総大将に就くもが東軍と内通した際に毛利氏は担ぎ上げられただけとの弁明により所領安堵の約定を得た。 ところが、敗戦後に大坂城で押収された連判状に輝元の名があったことから家康は約束を反故にしたため、輝元は隠居し嫡男の秀就に家督を譲り、安芸国ほか山陽・山陰の112万石から周防国・長門国()の2か国29万8千石 に減封された。 このようにして毛利氏は、萩に新たな居城を造るとともに領内の再検地に着手し始め、慶長18年()に幕閣と協議したうえで36万9千石に高直しを行ない、この石高が長州藩の表高(支藩分与の際も変わらず)として公認された。 末期、の時になどにより幕府から圧迫を受けたが、や、らの人材を輩出し、を成就させた。 通字と元服時の名前 [ ] 毛利元就軍幟 毛利家では、時にである「 元」(もと)のついた名()を名乗るのが慣例となっていた(家祖であるにちなむ)。 その後、輝元には秀元に代わって世子となる実子のが生まれ、の偏諱を受けたが、秀元と名乗りの重複を避けるため元就の1字を取っている。 また、豊臣政権時代は・をともに賜った。 ところが幕末には、13代長州藩主(67代)と世子(68代)が、の処分としてそれぞれ慶・定の字(・からの偏諱)を剥奪の上、敬親・広封と改名させられた(広封は明治維新後に元徳と改名)。 後、最高位のを授爵された毛利氏は、身分的に徳川氏の風下に立つことはなくなり、誰からも偏諱を受けることはなくなった。 また、明治5年太政官布告149号(通称実名併称禁止)により毛利家においては諱を名乗ることとなり、同年太政官布告235号(改称禁止令)により出生時の命名が基本となり、元服時に新たに名を付けることは禁止された。 家紋 [ ] 毛利家の家紋は、定紋を「一文字に三つ星(一文字三星)」、替紋を「長門沢瀉」(ながとおもだか)とする。 下賜された紋としては、十六菊(から)と五七桐(足利義昭から)がある。 具体的な使用は不明であるが、『見聞諸家紋』で安芸毛利として掲載されている紋は「吉文字に三つ星」である。 同史料では一文字に三つ星も長井・竹藤・萩とともに連名で掲載されている。 ・(元就以降)• (元就の庶子説あり)• (出身)• (出身)• (李氏朝鮮出身)• (元就以降)• (元就以降)• (始め小早川隆景の家臣)• (桑原又右衛門)• (悪景政)• (北野季勝)• (杉原盛重家臣) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 毛利庄とも。 神奈川県から ((;)・ (; 、、)・ (;、などの地名が残る)にかけて。 神奈川県厚木市のに、「 毛利季光屋敷跡 毛利氏發祥の地」の碑がある。 祖父時親、父貞親共に晩年安芸国に。 この人より安芸国に在住。 毛利四郎、安木守、尊卑分脈には毛利入道。 及び、南条、現・)。 南条館跡であるが南条(上南条)に所在。 北部にはの旧各村名である、(本貫、が所在)、(本貫、が所在)、、などの大字がある• 越後国佐橋荘は嫡男のが相続し、この系統はとなった。 毛利貞親・親衡は越後の毛利領を拠点に南朝に味方し活動。 吉田郡山城の築城者といわれる時親が曾孫の元春を後見した。 毛利氏に内応した筑前、、等であるが、文種は大友氏に攻め滅ぼされている。 出典 [ ]• 324. 領知朱印状・領知目録「安芸 周防 長門 石見 出雲 備後 隠岐 伯耆三郡 備中国之内、右国々検地、任帳面、百拾二万石之事」(「毛利家文書」)• 『大日本史料』6編2冊849頁。 建武2年12月26日条。 「毛利文書」• 『大日本史料』6編37冊221頁。 応安年6年4月8日2条。 「毛利家文書」「入江文書」• 『史料総覧』9編909冊574頁。 「萩藩閥閲録」「新裁軍記」• 『史料総覧』9編910冊412頁。 「毛利家文書」「吉川家文書」• 『史料総覧』9編910冊437頁。 弘治3年4月2日条。 「新裁軍記」• 『史料総覧』9編910冊442頁。 弘治3年7月18日条「秋月高鍋家譜」「佐田文書」「大友家文書録」• 『史料総覧』9編910冊492頁。 永祿3年2月21日条。 「毛利家文書」「新裁軍記」• 『史料総覧』9編910冊572頁。 永祿6年8月4日条。 「新裁軍記」• 『史料総覧』9編910冊646頁。 永祿9年11月19日条。 「佐々木文書」「毛利家文書」• 『大日本史料』11編2冊77頁。 天正10年7月17日条。 「毛利家文書」。 輝元はに信長死去に伴う弔意を伝えている。 『大日本史料』11編2冊100頁。 天正10年7月18日。 「蜂須賀文書」。 輝元はに物を贈り、の戦勝を祝った。 『毛利家文書』天正19年(1591年)旧暦3月13日付 『大日本古文書 家わけ文書第8 毛利家文書之三』所収• 『当代記』慶長元年「伏見普請之帳」安芸中納言の項• 『史料総覧』11編912冊329頁。 天正19年4月是月条。 「江系譜」「毛利家譜」• 慶長5年の検地による石高。 慶長10年()の「毛利家御前帳」にも同様の石高が記載。 『史料総覧』11編913冊277頁。 慶長5年10月10日条。 「毛利家文書」• 高澤 2008年、p. 190• 大野 2009年、p. 210 参考文献 [ ]• 高澤等著 千鹿野茂監修『家紋の事典』東京堂出版 2008年• データベース『大日本史料』、『史料総覧』• 『』、1926年3月。 関連項目 [ ].

次の