三井 住友 ds アセット マネジメント。 世界インパクト投資ファンド|三井住友DSアセットマネジメント

木村忠央氏(三井住友DSアセットマネジメント株式会社 株式運用第一部 バリューチーム シニアマネージャー)|会ってみた!10社ファンドマネージャーに独占インタビュー!|SBI証券

三井 住友 ds アセット マネジメント

ファンドの目的 ファンドの特色• 当資料は、三井住友DSアセットマネジメントが、ファンドの商品性格および運用状況等についてお伝えすることを目的として作成したものであり、特定の商品の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。 当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、当社は責任を負いません。 投資信託の取得のお申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。 当資料に投資信託説明書(交付目論見書)と異なる内容が存在した場合には、最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容が優先します。 投資信託は値動きのある証券(外国証券には為替変動リスクもあります。 )に投資しますので、運用実績は変動します。 したがって元本や利回りが保証されているものではありません。 投資信託は預貯金や保険契約と異なり、預金保険・貯金保険・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。 また登録金融機関でご購入の場合、投資者保護基金の支払対象とはなりません。 当資料は当社が信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。 当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。 当資料に市場環境にかかるデータ・分析、運用・分配金実績等が示される場合、それらは当資料作成時点のものであり、将来の市場環境・運用成果等を保証するものではありません。 分配金は金額が変わる、または分配金が支払われない場合もあります。 当資料に評価機関等の評価が掲載されている場合、それらは過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。 また、当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

次の

「いつか」を「いま」に! 三井住友DS投信直販ネット

三井 住友 ds アセット マネジメント

僕が小学校の時に書いた文集を見ると「将来の夢はラーメン屋」と書いてありました。 別に特にラーメンが好きだったわけではなく、色んなものを作って提供して喜んでもらうことが好きだったようです。 ファンドマネージャーになろうと思ったのは就職がきっかけです。 当時(1994年)はまだファンドマネージャーってそんなにメジャーな職業じゃなかったんですよ。 とにかく毎日環境が変わる仕事をやりたいなと思ってるときに、ファンドマネージャーって何?って興味を持ったところからはじまりました。 詳しい仕事内容は分からなかったけど、四大証券の投信会社は新卒採用をしていることを知り、全部受けてみようと思って、最初に内定をもらった山一証券投資信託委託に入ったことがきっかけです。 座右の銘を教えてください 「チャンスは普段、勤勉にその姿を変えている」です。 これはもうほぼ、運用の話と一緒です。 私はファンドマネージャーとしてずっと仕事をしていますが、自分が「相場が上手い」と思ったことはただの一度もないです。 でも、だからこそ、僕は運用をずっと続けられてこられたと思っているんです。 相場でちょっと上手くいくと、自分は相場が上手いのではないかと勘違いしてしまいがちです。 でも相場が上手い人なんて、世の中にいないと僕は思っているんです。 1週間休みがあったら何をしますか? ということで、休みがあったらやりたいことは1つなんです。 私はもともと岩壁登りが趣味なんですよ。 私が好きなのは道がないところをどうやって攻略するか考えることなんです。 それが、運用にすごい似てるなとも思っているんですよね。 運用も色んな知識を学んで、情報を得たりするじゃないですか。 で、岩壁登りも、色んな技術や知識が必要なんです。 そして同じルートでも天候や環境、一緒に登るパートナーなどによって状況は毎回大きく異なります。 その状況に応じて、例えば撤退するとか、このまま進むといったことを、色々判断したりするんです。 技術や知識を学べばより可能性が広がっていくわけであって、あとはリスクと自分で出来るかってことを総合的に判断して進めていくのが、すごく楽しいんです。 20~30代の頃とかは金曜日に会社が終わると、クライミングのセットを準備して、車で夜中長野とか山梨に行って、岩場で過ごして帰ってきてまた月曜日から仕事をするっていうことをずっとやってました。 だから1週間休みがあったら、また岩壁登りをとことんしたいですね。 運用しているファンドやその運用方針の紹介をお願いします。 僕はとにかく株が好きなんですよ。 だからこそ、ずっとこの仕事をやってこられたっていうのもあると思います。 趣味としても株がすごい好きなんですよね。 よく色々なところでお話ししているのですが、私、四季報を読むのが趣味なんです。 四季報は銘柄を公平に且つ、平等に扱っているという点が好きで小説だと思って読んでいます。 小説は最初から最後まで読むのが当たり前ですよね。 だから四季報も最初の1ページ目から最後まで読みます。 定年後は個人投資家になってみたいですね。 そして同じ四季報が読むのが趣味な人たちと、四季報を読んだ感想を共有して、それぞれの投資アイディアとかを話し合ったりしてみたいです。 最後に一言お願いします。 インタビューを終えて 今回のインタビューでは趣味である岸壁登りのお話をはじめ、この場では書ききれないほど沢山のお話をしていただきました。 気付いたら60分を大幅に超えるあっという間のお時間の中で、一貫されていると感じたのが「強い精神力とひたむきな探求心」でした。 道なき道を這い登る岸壁登りは普通の人が簡単にできるものではありませんし、四季報にしても隅から隅まで万遍なく読破される方はそういらっしゃらないと思います。 SBI証券 長谷川 ご注意事項• ・本ページは、投資一般に関する情報提供を目的としているものであり、投資その他の行動を勧誘したり、推奨したりするものではございません。 銘柄の選択などの投資にかかる最終判断は、お客様ご自身の判断でお願いいたします。 ・本ページに記載されている情報は各取材時点のものです。 ・個別銘柄の紹介にあたっては、当ファンドの過去の組入銘柄の一部および運用担当者による見解を紹介したものであり、当該銘柄について将来の保有を約束するものでも、売買を推奨するものでもありません。 また、当ファンドが組入れる銘柄などのパフォーマンスを示唆するものでもありません。 ・投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。 投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。 ・投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。 ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客さまが実質・的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。 ・ご投資にあたっては、商品概要や目論見書(目論見書補完書面)をよくお読みください。 , Ltd. ALL Rights Reserved.

次の

【業界研究:アセマネ】野村アセットマネジメント、アセットマネジメントOne、大和アセットマネジメント、三井住友DSアセットマネジメント:隠れ優良業界⁉資産運用業界(アセットマネジメント)の実態や業務とは?|就活サイト【ONE CAREER】

三井 住友 ds アセット マネジメント

ファンドの目的 ファンドの特色• 当資料は、三井住友DSアセットマネジメントが、ファンドの商品性格および運用状況等についてお伝えすることを目的として作成したものであり、特定の商品の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。 当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、当社は責任を負いません。 投資信託の取得のお申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。 当資料に投資信託説明書(交付目論見書)と異なる内容が存在した場合には、最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容が優先します。 投資信託は値動きのある証券(外国証券には為替変動リスクもあります。 )に投資しますので、運用実績は変動します。 したがって元本や利回りが保証されているものではありません。 投資信託は預貯金や保険契約と異なり、預金保険・貯金保険・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。 また登録金融機関でご購入の場合、投資者保護基金の支払対象とはなりません。 当資料は当社が信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。 当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。 当資料に市場環境にかかるデータ・分析、運用・分配金実績等が示される場合、それらは当資料作成時点のものであり、将来の市場環境・運用成果等を保証するものではありません。 分配金は金額が変わる、または分配金が支払われない場合もあります。 当資料に評価機関等の評価が掲載されている場合、それらは過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。 また、当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

次の