しわしわ ネーム。 しわしわネームって?ランキングから見る男女別の名前例一覧と後悔しないための注意点

キラキラネーム一覧!まさかの実在、男の子女の子の名前

しわしわ ネーム

2017年の男子の名づけでよく使われている漢字は「大」「翔」「陽」「悠」などです。 のびのびとしたイメージを想起させる漢字が多いようですね。 「大和(やまと)」や「伊織(いおり)」など、古くからある名づけも人気です。 名前の終わりに漢字で「てる」や「より」、「ひと」を付けることで古風な響きにする方法があります。 明照(あきてる)、道頼(みちより)、和仁(かずひと)などです。 芸能人では、名前の最後に「たろう」がついた名前の俳優さんがしばしば見受けられます。 間宮祥太朗さん、坂口健太郎さんなどがそうですね。 神木隆之介さんや佐々木蔵之介さんなど、最後に「介」がつくと、古風で男らしい雰囲気になります。 「古風」と「古臭い」の区別は難しいところですが、あまりに違和感のある名前だと「いじめられるのでは」「かわいそう」と周囲から思われてしまうこともあります。 たとえば「しげ」や「よね」といった名前は、おばあちゃんをイメージしてしまうこともありますよね。 読み方を間違えやすい名前の場合、何度も訂正しなくてはならなかったり、なかなか覚えてもらえなかったりと、不便なことがあるようです。 難読漢字や当て字を使うときは注意しましょう。 また、あまりに格の高い名前の場合、プレッシャーを感じるという事例もあるようです。 ただし、どの名前を「格が高い」と感じるかは人それぞれなので、難しいところですね。 赤ちゃんはいずれ大人になります。 大きくなってからも後悔しないような名前を、夫婦でじっくり検討してみてくださいね。

次の

キラキラは気の毒?増える「しわしわネーム」

しわしわ ネーム

「マンキンで」の意味とは マンキンでとは、 万金丹を飲んだかのようなハイテンションで、また、 全力でという意味です。 マンキンというのは漢方薬の「万金丹」のことで、効き目がとてもよいことで有名です。 その抜群の効き目を持つ万金丹を飲んだことで、体調や気分が良くなりテンションが高くなるさま、無茶だと思われることも全力で行えるさまを表現しています。 例えば「マンキンでネタをやりきる」というと「100パーセントの力でネタをやりきる」「全力で笑いをとりにいく」という意味になります。 お笑い用語として知られており、主に関西の芸人さんがよく使っているのを耳にします。 「マンキンで」の語源 万金丹とは、伊勢国朝熊山で製造販売されている伝統的な漢方薬のことで、解毒作用や気付けに効果があり、実益な薬であることから、伊勢参りの土産物としても喜ばれる薬です。 そしてマンキンという言葉はもともと、お笑い芸人の小藪千豊さんがつくった言葉です。 実際に小籔さんはラジオ番組「ゴー傑P」の中で、自分が使い始めた言葉だと発言しています。 滑っているのにも関わらず芸を最後までやり抜く芸人に対して、ドーピングをしているんじゃないのという意味で「万金丹でも飲んでいるのか?」と言い放ったことがもとになっています。 このことから、万金丹を飲んだ後のごとく全力でやりきることや高いテンションのことを「万金丹」から「マンキン」と略して言うようになりました。 漫画の「マンキン」 万金丹とは関係なしに、武井宏之さんによる漫画やそれを原作としたアニメのタイトル「シャーマンキング」のことを、略して「マンキン」と呼ぶことがあります。 シャーマンといわれる霊能力を持った少年が、その王者であるシャーマンキングを目指すというストーリーです。 シャーマンキングは、500年に一度開催されるシャーマンファイトと呼ばれる大会で、霊能力者同士が戦うことによって決定します。 各国から集まった世界中のシャーマンたちとの壮大な闘いが繰り広げられ、交流を深めていきます。 1998年から2004年にかけて、漫画雑誌の「週刊少年ジャンプ」で連載され、アニメ版はその間の2001年から2002年の約一年間、全64話が放送されました。 連載の末期にはアンケート順位が下位となることが続き、一度は打ち切りとなりましたが、のちに約380ページの描き下ろしが追加され、2008年に完結となりました。 魂をテーマに人間の在り方や哲学も描かれた意味深い内容となっており、数多くの名言や名シーンを残しています。 そのため、根強いファンも多い人気の作品となっています。 「マンキンで」の例文・用例 マンキンでを使った例文・用例を紹介します。 SNSでの「マンキンで」の使われ方 自分のネタを合コンでマンキンでやる芸人が一番キツい ナダルは裏切らんな — 親方の親方🥜🍃🕊 araimangu 朝からマンキンで「ゆるさなーーーーーーーーーい」ってやる田中みな実、ある意味推せる。 全身全霊とは、四字熟語で、体力と精神力のすべて、つまり持っている力のすべてという意味です。 100パーセントの力を使いものすごい勢いで頑張ることを「全身全霊で取り組む」というように使います。 全力も同様、出せる限りの力、ありったけの力という意味です。 「マンキンで」の対義語・反意語 マンキンでの対義語・反意語はありませんでした。

次の

女の子の名前!古風で可愛いらしい名前230個以上を一挙ご紹介!

しわしわ ネーム

キラキラネームを持つ子供が名前の奇抜さが原因でいじめに遭ったり、 名前が読みづらいために苦労するといった話がネット等で広がったことから、 最近では、あえてしわしわネームを子供につけるお父さん、お母さんが増えています。 また、日本の伝統や文化が感じられる和風・古風な名前も人気となっています。 本記事では、しわしわネームも含め、古風・和風な女の子の名前を考える際に役立つ情報をご紹介していきます! 【女の子の名前 古風編】止め字が「子」、「美」の名前 明治安田生命保険相互会社(以下、明治安田生命保険)が生命保険加入者を対象に行っている「生まれ年別の名前調査」の結果を見ると、 止め字(名前の最後につく字)が「子」という名前は、 1913年(大正2年)から1964年(昭和39年)まで不動の1位となっていました。 1957年(昭和32年)になると止め字が「美」の名前もランキングトップ10にランクインするようになり、 それ以降は「〇子」と「〇美」という名前が長年に渡ってランキング上位を占めるようになりました。 そこでこのパートでは、「〇子」や「〇美」といった名前を昭和を代表する「しわしわネーム」として紹介します。 止め字が「子」の女の子の名前 日本で「子」が付く名前といえば、女性皇族の皆様を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 ここでは、女性皇族の皆様のお名前と、明治安田生命の「生まれ年別の名前調査」で昭和元年から63年までにトップ10にランクインした名前を紹介します。 【天皇家】 美智子(みちこ) 雅子(まさこ) 愛子(あいこ) 紀子(きこ) 眞子(まこ) 佳子(かこ) 華子(はなこ) 百合子(ゆりこ) 信子(のぶこ) 彬子(あきこ) 瑶子(ようこ) 久子(ひさこ) 承子(つぐこ) 絢子(あやこ) 【「生まれ年別の名前調査」上位ランクイン】 昭子(あきこ) 栄子(えいこ) 悦子(えつこ) 恵美子(えみこ) 和子(かずこ) 勝子(かつこ) 京子(きょうこ) 久美子(くみこ) 恵子(けいこ) 啓子(けいこ) 貞子(さだこ) 幸子(さちこ) 智子 (さとこ、ともこ) 順子(じゅんこ) 純子(じゅんこ) 節子(せつこ) 孝子(たかこ) 千代子(ちよこ) 照子(てるこ) 敏子(としこ) 直子(なおこ) 信子(のぶこ) 典子(のりこ) 弘子(ひろこ) 浩子(ひろこ) 文子(ふみこ) 麻衣子(まいこ) 光子(みつこ) 美代子(みよこ) 八重子(やえこ) 優子(ゆうこ) 裕子(ゆうこ) 由美子(ゆみこ) 洋子(ようこ) 陽子(ようこ) 良子(よしこ、 りょうこ) 止め字が「美」の女の子の名前 「生まれ年別の名前調査」では、1957年(昭和32年)以降に「〇美」という名前が人気トップ10にランクインするようになりました。 ひらがな表記のため下記では紹介していませんが、 「めぐみ」や「あゆみ」という名前も昭和後期には人気だったようです。 【「生まれ年別の名前調査」上位ランクイン】 明美(あけみ) 麻美(あさみ) 絵美(えみ) 恵美 (えみ、めぐみ) 智美 (さとみ、ともみ) 友美(ともみ) 直美(なおみ) 愛美(まなみ) 真由美(まゆみ) 裕美(ゆみ) 由美(ゆみ) 【女の子の名前 古風編】近年人気の漢字と「子」「美」の名前 昭和に流行った名前を見て、 「名前に『子』や『美』をつけたいけど、あまりに昭和っぽすぎるのは…」 という方にオススメしたいのが、近年人気の漢字と組み合わせること。 これにより、響きは昭和風でありながら、字は今風という名前にすることができます。 中でも、女性らしさや可愛らしさを感じる「花」に関する漢字を使った名前や、 空で静かに輝く「月」を使った名前が近年人気となっています。 葵(あおい) 星(あかり) 明奈(あきな) 彩花(あやか) 杏奈(あんな) 一華(いちか) 楓(かえで) 心春(こはる) 心晴(こはる) 桜(さくら) 雫(しずく) 涼香(すずか) 星来(せいら) 千晴(ちはる) 渚(なぎさ) 菜月(なつき) 葉月(はづき) 花(はな) 晴(はる) 波瑠(はる) 陽香(はるか) 陽菜(ひな) 陽菜乃(ひなの) 陽葵(ひまり) 風花(ふうか) 澪(みお) 美桜(みお) 美樹(みき) 美空(みく) 美咲(みさき) 心咲(みさき) 美月(みつき) 実里(みのり) 芽生(めい) 桃花(ももか) 結菜(ゆいな) 優花(ゆうか) 雪乃(ゆきの) 柚葉(ゆずは) 結月(ゆづき) 優月(ゆづき) 蘭(らん) 莉桜(りお) 梨花(りんか) 【女の子の名前 古風編】日本の伝統芸能に関する漢字を使った名前 伝統芸能とは、日本に古くからあった芸術・技能のことで、 詩歌や音楽、舞踊、工芸等のことを指します。 女の子の名付けでは、繊細かつ力強い印象がある「琴」を使った名前や艶やかで美しい織物に関する漢字を使った名前が人気です。 なお、下記で紹介している「いろは」とは、 習字の練習に使われた「いろは歌」の事です。 「彩葉」等の漢字を当てることもできますね。 藍(あい) いろは 詩(うた) 神楽(かぐら) 琴音(ことね) 琴葉(ことは) 早織(さおり) 詩織(しおり) 紬(つむぎ) 舞(まい) 祭(まつり) 美織(みおり) 美琴(みこと) 雅(みやび) 和歌奈(わかな) 和奏(わかな) 【女の子の名前 古風編】日本の歴史上の人物に関する名前 日本には、歴史に名を残す女性が多くいます。 ここでは、実際に活躍した姫や女流作家、神話に登場する有名な女神の名前の他、 同音異字の名前や、名前の一部に同じ漢字を含んだものを紹介します。 下記リスト中盤で紹介している41代天皇の持統天皇は、本名を「鸕野讚良(うののさらら)」といい、 モデルの神田うのさんの名前の由来にもなっています。 歴史上の登場人物からとった名前は、子供が大きくなった時に自分の名前のモデルを調べることもでき、 面白いかもしれませんね。 尾崎翠 (明治~昭和の作家) 翡翠(ひすい)、翠(みどり)、碧(みどり)、美登里(みどり) お市の方 (織田信長の妹) 依智 (いち)、壱(いち)、市華(いちか) 小野小町 (平安時代の歌人) 小町(こまち)、恋町(こまち)、小真智(こまち) 金子みすゞ (大正末期~昭和初期の作家) 美鈴(みすず)、美寿々(みすず) 高台院(寧々) (豊臣秀吉の妻) 寧(ねい)、寧々(ねね)、嶺々(ねね) 木花咲耶姫 (火、出産の神) 咲耶(さくや)、咲夜(さくや)、紗久耶 (さくや) 佐保姫 (春の神) 佐保(さほ)、佐保子(さほこ)、佐保里(さほり) 静御前 (源義経の妾) 静(しずか)、静花(しずか)、静音(しずね)、静菜(せいな) 持統天皇(うののさらら) (第41代天皇) 宇乃(うの)、讚良(さらら)、咲良々(さらら)、紗羅々(さらら) 巴御前 (平安時代の女武将) 巴(ともえ)、友笑(ともえ)、智恵(ともえ)、巴子(ともこ)、巴瑠妃(はるひ) 新島八重 (同志社大学創立者の妻) 八重(やえ)、弥栄(やえ)、八恵(やえ) 野溝七生子 (昭和の作家) 七生(なお)、七生子(なおこ)、七生実(なおみ)、直子(なおこ)、奈緒子(なおこ) 樋口一葉 (明治の作家) 一葉(いちは、いちよう、かずは)、一耀(いちよう) 三宅花圃 (明治の作家) 花圃(かほ)、果歩(かほ)、香穂 (かほ) 紫式部 (平安中期の作家) 紫緒里(しおり)、紫音(しおん)、紫月(しづき)、紫(ゆかり)、由香里(ゆかり) 由布姫 (武田信玄の側室) 優(ゆう)、由布(ゆう)、悠羽(ゆう)、結宇(ゆう)、由布佳(ゆうか) 与謝野晶子 (明治~昭和の作家) 晶子(あきこ)、明子(あきこ)、亜希子(あきこ) 淀殿(茶々) (豊臣秀吉の側室) 茶々良(ささら)、茶々(ちゃちゃ) 【女の子の名前】古風・和風な名前が人気な理由 現在大活躍中の若手女優さんにも、広瀬すずさんや二階堂ふみさん等、古風な名前の持ち主がいらっしゃいます。 「すず」や「ふみ」と聞くと、なんだか大正時代生まれのおばあちゃんの名前のようにも思えますが、 逆に耳慣れなくて新鮮な響きに感じます。 これが、しわしわネーム等の古風な名前が人気となっている理由のひとつ。 こういった名前は、奇抜な響きのキラキラネームとは違い、誰もが人生のどこかで聞いたことがある名前だからか安心感や堅実そうな印象があります。 そのため、年齢を重ねる程味わい深く、使い勝手が良くなるのが特長です。 その他、グローバル化が進む現代だからこそ、日本らしさを感じる名前が見直されているといった背景もあります。 外国人が日本の伝統や文化に親しむ姿を見て日本人が自国の良さを再認識し、和風・古風な名前を魅力的に感じるようになったのです。 また、名付けに関する本を多数執筆している命名研究家の牧野恭仁雄氏によると、 戦時中は「勝」や「勇」、食料難の時代は「茂」や「実」といった具合で 「名前にはその時代に足りないものが反映される傾向がある」そうです。 日常生活でも「コンプライアンス」や「コミット」等の横文字が飛び交い、 外国人の名前に無理やり漢字を当てた名前(「樹利亜(じゅりあ)」等)を見る機会が増えた現代には、 「日本らしさ」溢れる名前が必要なのかもしれません。 また、これらの名前の魅力で忘れてはいけないのは、その読みやすさ。 今風な名前では一般的ではない漢字の読み方(空を「あ」等)をすることも多いですが、 古風な名前では日常で使用される熟語通りの読み方(花子を「はなこ」等)をする場合がほとんどです。 そのため誰にでも読みやすく、名前を間違われるリスクが低いのです。 キラキラネームの読みにくさが話題となることが多い現代だからこそ、古風な名前が見直されているのですね。 まとめ 奇抜ではないけれど、周りと被らず個性が光る名前を我が子に用意してあげたいお父さん、お母さんは、 昭和風の名前や日本の情緒を感じる名前も選択肢に入れてみてくださいね。 こういった和風・古風の名前を持つ子は、日本人としての誇りを持った子に育ってくれるでしょう。 <男の子> <女の子>.

次の