ビル ゲイツ 財団。 ビル&メリンダ・ゲイツ財団と日本の関係は? 2020年、日本が担う大きな役割とは(J

ビル・ゲイツ財団、新型肺炎「ワクチン」開発に100億円拠出

ビル ゲイツ 財団

出典元: 2020年3月14日、マイクロソフト社の創業者ビルゲイツ氏が、取締役を退任したと発表し、大きなニュースになっています。 マイクロソフト社といえば、アメリカの大手IT企業で、Windowsを開発した会社として有名ですよね。 その創業者であり、かつてCEOをつとめたビルゲイツ氏。 世界の個人資産ランキング(世界長者番付)で24年連続1位に選ばれたことがある、大富豪です。 また、最近では新型コロナウイルスの感染拡大対策に、ゲイツ氏が理事を務めているゲイツ財団が、約109億円を寄付しました。 一体、ビルゲイツ氏とは、どのくらいの資産を持っているのか、どんな経歴や学歴の人物なのか、詳しく調査してみました。 今回は 『ビルゲイツの資産と年収・収入は?財団や経歴・学歴を調査!』をご紹介します。 Contents• ビルゲイツの資産と年収・収入は? 出典: ビルゲイツの資産や年収・収入について見ていきましょう。 資産 2020年3月現在、ビルゲイツ氏の純資産は 1,001億ドルだといわれています。 日本円に換算すると、約10兆7,107億円・・・ 東京都の年間予算が約15兆円。 1万円札を10兆枚重ねると、その厚さは100キロメートル。 想像もつかない金額です。 2019年の世界長者番付によると、ビルゲイツ氏は総資産965億ドル 10兆6,150億円 で、世界第二位。 ベゾス氏は最近離婚を発表し、4兆円の株式を奥様に渡しているので、ゲイツ氏は現在、世界一の資産家かもしれません。 年収・収入 はっきりとした年収は分かりませんが、ビルゲイツ氏の全盛期の年収は、 1兆6,635億円だと言われています。 時給に換算すると、1億8,000万円程。 いかに年収が高いかが、よく分かります。 CEOを譲り、会長職となっていた現在でも、年収は7,000億円程あったようです。 収入の内訳は、マイクロソフト社からもらっている役員報酬が約5,000万円。 それにプラスして、大部分は、マイクロソフト社の株の売却益や含み益からの収入です。 ゲイツ財団や経歴・学歴を紹介! 出典: ビルゲイツ氏が創設したゲイツ財団や、経歴・学歴について詳しく見ていきましょう。 ビル&メリンダ ゲイツ財団 ゲイツ財団とは、ゲイツ夫妻によって2000年に作られた、世界最大の慈善基金団体です。 アメリカワシントン州のシアトルに本部があり、約1,500人のスタッフが働いています。 主な活動内容は、発展途上国への農業開発や水・衛生整備の支援、薬・ワクチン開発への支援などです。 薬・ワクチンの開発部隊、それをアフリカなど世界各地に持って行く部隊と、両方の機能を兼ね備えた団体となっています。 コレラなど伝染病のリスクを減らす活動、アルツハイマー病やエボラウイルスのワクチン開発など、その活動は多岐にわたります。 ビルゲイツ氏は、アメリカのABCテレビのQ&Aで、次のように語っています。 ビルゲイツ談:「まだ、マラリアや結核に苦しんでいる人がたくさんいるのに、富裕層の資金の提供先が人間が長生きするための研究だなんて、自己中心的ですよね。 」 世界で1位2位を争う大富豪のビルゲイツ氏ですが、こういった視点を持っているというのは、少し意外な気がしますよね。 実は、2017年9月、ゲイツ財団は東京に拠点を置いています。 日本の製薬会社がゲイツ財団から寄付を受け、薬・ワクチンの開発を行っているそうです。 ここから、世界の人たちを救う薬が開発されることを願います。 経歴 ビルゲイツ氏は、1955年、シアトルで生まれました。 ハーバード大学2年生の時にポール・アレン氏とマイクロソフト社を設立。 そして、1995年に発売開始した Windows95が爆発的にヒットします。 Windows95とは、それまで、一部の人しか使うことがなかったパソコンやインターネットを一般に普及させた立役者です。 インターネットの搭載や、カラー画面、今では当たり前の「スタートボタン」が初めて使われたのもこのシリーズ。 一気にマイクロソフト社は飛躍を遂げ、ビルゲイツ氏は世界長者番付上位の常連となりました。 2000年に、CEOから会長職となり、ゲイツ財団を設立し、世界の貧民救済のための活動を行っています。 2020年3月、取締役から引退することを発表し、今まで以上に途上国の教育・医療問題や気候問題に取り組んでいくそうです。 学歴 ビルゲイツ氏はシアトルの進学校、私立レイクサイド中学・高校出身です。 のちにマイクロソフト社を共に創る、ポール・アレン氏も同じ時期にレイクサイド中に通っていました。 1973年にゲイツ氏はハーバード大学に入学します。 ハーバード大学3年生の時にビルゲイツ氏は大学を出て、マイクロソフト社の事業に専念することになります。 まとめ マイクロソフト社、取締役を引退したビルゲイツ氏について、ゲイツ財団や資産や年収、経歴や学歴など詳しく見てきました。 ゲイツ氏は、誰もが簡単にパソコンを使い、インターネットで調べ物ができる時代を作った最大の功労者です。 マイクロソフト社は引退されましたが、これからも世界中で困っている人たちのために手を差し伸べるのでしょう。 まだ64歳と、十分お若いので、これからの活躍にも注目ですね! 今回は 『ビルゲイツの資産と年収・収入は?財団や経歴・学歴を調査!』をご紹介しました。 最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の

ゲイツ財団が「コロナ治療薬」開発に前進、既存薬を検証

ビル ゲイツ 財団

転載元:Forbes Japan 1987年、ニューヨークで開催されたマイクロソフト社の見本市でビル・ゲイツと出会ったメリンダ・ゲイツ。 1994年に結婚後は、マイクロソフト社にも勤めていたそうです。 その後、慈善事業や家族に注力するため1996年に退社。 2020年現在、妻メリンダ・ゲイツは、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の共同会長です。 夫ビル・ゲイツと2人で会長職をしている、という事ですね。 ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、2人によって創設された世界最大の慈善基金団体です。 日本の報道機関では「ゲイツ財団」と表記する事が多く、こちらの名前で耳にした事がある方もいるかと思います。 ビル・ゲイツの退任理由から察するに、 妻メリンダ・ゲイツと二人三脚で行っている財団事業に力を入れていく、という事のようです。 娘 長女 は医師? 転載元:front-row. jp ゲイツ夫妻の子供3人のうち、長男と次女は2020年現在、大学生だそうです。 ここでは、長女ジェニファー・ゲイツに焦点を当てて見ていきましょう。 長女ジェニファー・ゲイツは、2018年にスタンフォード大学を卒業し、現在はニューヨークのマウントサイナイ医科大学で学んでいます。 医師の卵、というわけですね。 専門分野は明らかにされていません。 2020年1月には、馬術競技選手のエジプト人の恋人、ネイル・ナサールと婚約しています。 ジェニファー・ゲイツ自身も、父の勧めで6歳から乗馬を始め、大学時代は馬術部に入部していたそうですが… 「世界で最も有名なライバル関係」とまで評された父ビル・ゲイツと、Apple社の創業者、スティーブ・ジョブズ。 なんと、ビル・ゲイツの娘ジェニファー・ゲイツと、スティーブ・ジョブズの娘イブ・ジョブズは、同じスタンフォード大学の馬術部に所属していたそうです。 それどころか、馬術において二人はライバル関係にあり、馬術競技大会では何度も戦った記録があります。 2020年現在、アメリカ馬術連盟 USEF の障害競技ランキングにおいて、ジェニファー・ゲイツは19位、イブ・ジョブズは23位。 ビル・ゲイツの娘、ジェニファー・ゲイツが僅かにリードしている状態です。 過去にはウインドウズvsマッキントッシュの図式で繰り広げられた戦い。 ゲイツvsジョブズの戦いが世代を超えた今、馬上で繰り広げられる、というのは何とも面白い逸話ですね。 まとめ いかがでしたか? 妻メリンダ・ゲイツの経歴はもちろん、子供も2人が成人を迎えた事からも、ビル・ゲイツの取締役退任は、決して後ろ向きなものでは無い事が伺えたかと思います。 妻メリンダ・ゲイツと協力して、ライフワークとも言える財団事業に注力していくための、前向きな退任として捉えられますね。 今後も、教育問題、環境問題等の難問に取り組む世界有数の資産家、ビル・ゲイツとその家族の活躍に注目していきましょう。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!.

次の

ビル・ゲイツ財団、新型肺炎「ワクチン」開発に100億円拠出

ビル ゲイツ 財団

米Microsoftの共同創業者、ビル・ゲイツ氏とその妻のメリンダ・ゲイツ氏による米慈善団体ビル&メリンダ・ゲイツ財団は5月4日(現地時間)、欧州連合(EU)が主催した新型コロナウイルス対策募金イベント「」で、1億2500万ドル(約133億円)を寄付すると発表した。 これで同財団による新型コロナ対策へのコミットは3億ドル以上になるとしている。 今回の寄付の内訳は、ゲイツ財団、英医療慈善団Wellcome Trust、Mastercardが共同で行っている医薬品開発プロジェクトCOVID-19 Therapeutics Acceleratorに5000万ドル、ワクチンと予防接種のための世界同盟GAVIアライアンスに5000万ドル、検査システムの開発に関する取り組みに2500万ドル、となっている。 関連記事• 動画共有アプリ「TikTok」を運営する中国ByteDanceは4月9日(現地時間)、新型コロナウイルス対策の支援として、約270億円を世界中の医療や社会活動などの関連団体に寄付すると発表した。 SquareとTwitterのCEO、ジャック・ドーシー氏が、Squareの持株10億ドル分を新型コロナ対策のために寄付するとツイートした。 「人生は短いのだから、人々を助けるために今日できるあらゆることをしよう」• ソニーが総額108億円のファンドを設立。 世界各国で新型コロナウイルスの影響を受けている人々を支援する目的。 医療、教育、エンターテインメントの3分野に出資していくという。 新型コロナウイルスのパンデミック宣言から約2週間。 Google(とその系列)によるさまざまな取り組みをご紹介。 伝統のエイプリルフールは来年にお預けに。 Microsoftの共同創業者ビル・ゲイツ氏の米慈善団体ビル&メリンダ・ゲイツ財団が、新型コロナウイルス対策に最大1億ドル(約109億円)拠出すると発表した。 ワクチン開発組織やWHOに支援を向ける。 関連リンク•

次の