トキワ 工業。 有限会社トキワ電子工業所

TOKIWA CONCRETE

トキワ 工業

主な対応工事 河川工事は自然災害から人々の生活を守る、土木工事の中でも重要性の高いものです。 河川の上流部では砂防工事、地すべり防止工事、砂防ダムの建設が行われます。 中流部・下流部では堤防の建設、床止め工事、河道整正といった方法が用いられるのが一般的です。 国土の7割が山岳地帯を占める日本では、これまで多くのトンネルが造成され、高度な土木技術が発達してきました。 代表的なトンネル工事工法としては山岳工法とシールド工法があり、岩盤の固さなどに応じて適切な方法が選択されています。 橋梁工事とは河川、渓谷、運河、海などに橋を架ける土木工事のことです。 インフラ整備には欠かせない土木工事といって良いでしょう。 橋梁工事は橋を支える部分を作る下部工工事、橋から上の部分を作る上部工工事から構成されています。 土地造成工事とは自然の地形のままでは使いにくい場所に土木工事を行い、使いやすいように整地することです。 適切な土地改良を行うには、まず、土地の特徴を正しく把握しなければいけません。 さまざまな専門知識と技術が必要といえます。 下水道管埋没工事とは下水道本管を土の中に埋めていく土木作業です。 工事を始める前に周囲の環境を十分に調査することが欠かせません。 また、場所や条件によって違う施工方法が用いられますが、開削工法と推進工法がメインになります。 治山工事とは森林の造成と保全を目的として、山の地盤を安定させる土木工事のことです。 荒廃した特殊な環境に臨むケースも多く、危険に早急に対応する専門的な知識と技術が必要とされます。 山腹工、渓流工、地すべり防止工などに大別されます。 とび・土工工事 世界各地から採れる数百種類に及ぶ石を加工して取付ける石工事は、石の特徴を活かして重厚な雰囲気を醸し出し、高級感のある空間を演出する工事です。 建築に使われる石材は世界中から採られる数百種類にも及ぶ天然石から出来ています。 その種類によって様々な性質や特徴を持っていて、その特徴を活かす事で重厚感のある建築資材として利用する事が出来ます。 石材の加工には一次加工と二次加工があります。 一次加工では石を薄い板状に切断し表面を自動研磨機で研磨して行きます。 二次加工では、更に現場で必要なサイズに切断され、細かい部分を手作業で研磨し仕上げます。 完成した石材は養生ビニールで包まれて梱包され、運送業者によって現場へと送り出されて行きます。 石材の表面仕上には様々な方法があり、ツヤ、色調、凹凸感などの組合せにより様々な表情に変化し、その石材固有の特徴を引き出す事も可能です。 建築石材を施工する場合には様々な施工法があり、施工する壁面の状況や石材の特性、外部面か内部面か等、様々な条件を考慮して取付ける工法を選択します。 更に、施工する高さや面積、石の厚み等も考慮して強度計算を必要とします。 建築において石材を使用する場合に最も重要な事は水との関係になります。 雨水のみならず施工時のコンクリート中に含まれる水分まで、詳細に水対策を考えておく必要があります。 事前の注意点、起こり得る問題点などを事前に知っておく事が重要です。 様々な場所で使用する石材は、その場所の用途と石材の性質を比較しながら検討する必要があります。 特に床材などは滑って転ぶなど危険と隣合わせな要素でもありますので、得に仕上方法に注意して選ぶ必要があります。 鉄骨造の建造物で、木造の木材、鉄筋コンクリート造の鉄筋コンクリートのような役割を果たすのが鉄骨です。 木材よりも強度が高く、鉄筋コンクリートよりも軽いため、大型建築物などに用いられます。 そのような鉄骨を工場で設計して製作し、現場で組み立てる鋼構造物工事を鉄骨工事といいます。 建築に関する十分な知識と高い溶接技術などが必要となります。 橋梁工事は橋を架ける鋼構造物工事です。 橋梁は河川などで分断された地域をつないで交流を生み、人々の生活をより豊かにするために欠かせません。 木造の橋もありますが、現在ではほぼすべての橋梁が鉄骨を用いた鋼構造物工事により製作されています。 鉄塔とは鉄骨で構成される細長い建造物のことです。 代表的なものに送電鉄塔がありますが、日本全国津々浦々まで電気を届け人々の生活を守るのに欠かせません。 鉄塔工事はインフラ整備のために重要な鋼構造物工事のひとつといえるでしょう。 石油・ガスなどの貯蔵用タンクは、貯蔵用タンク設置工事という鋼構造物工事によって設置されます。 危険物を貯蔵するタンクなので十分な強度を持たせるようにしなくてはいけません。 特に可燃性の物質を貯蔵する際には引火リスクにも十分配慮する必要があります。 屋外広告を設置する屋外広告工事には鋼構造物工事と、とび土木工事の2種類があります。 鋼構造物工事に分類されるのは、鋼材の加工・製作から請け負っていることが特徴です。 ここでは鋼構造物工事のひとつである屋外広告工事について解説します。 水門設置工事は、河川などに水門を取り付ける鋼構造物工事のことです。 水門とは河川などの堤防を分断する形で設置され、流水を制御する構造物のことです。 河川の他に用水路、運河、湖沼、港湾、貯水池などに設けられます。 ここでは、アスファルトの種類と舗装工事の内容を解説します。 アスファルトにも色々な種類があり、水を浸透させるものやそうでないものまで、路面によって使い分けられています。 アスファルトの下にある路盤を造る工事も必要になりますので、その工事の流れも説明しています。 ここでは、コンクリート舗装の特徴についての説明をしています。 一般道路では、施工性の高さからアスファルトの普及率が高くなっていますが、場所によってはコンクリートの路面の方が適している場合もあります。 コンクリートとアスファルトの違いとは、なんなのでしょうか?詳しく説明します。 コンクリートの舗装工事手順を説明しています。 短い施工期間で仕上がるアスファルトと違い、硬化に時間の掛かる生コンを打設して、硬化させる工事です。 真空コンクリート工法と呼ばれる滑り止め対策工事についても紹介しています。 路盤築造工事についての説明です。 道路を造る時には、その基礎となる部分を造って、その上にアスファルトを敷いていく必要があります。 ここでは、その基礎部分となる下層路盤と上層路盤を造るための工事の流れを紹介しています。 ここでは、ブロック舗装工事に使われるブロックの種類と、工事の流れについて説明しています。 ブロックはカラーリングとデザインが豊富で景観性に優れた素材です。 工事ではただ敷いていくのではなく、ブロックから湧水しないよう排水処理を施し、目地に砂を詰めてブロックの噛み合わせを強化する必要があります。 しゅんせつ工事とは、港湾、河川、運河などの底をさらって土砂を取り去る土木工事のことです。 治水、船舶の航路の確保などさまざまな目的で行われます。 四方を海に囲まれ、河川も多い日本の国土にとって、しゅんせつ工事は非常に重要です。 ポンプしゅんせつ工事とは、ポンプを利用して海底などの泥を吸引して取り除く工事のことです。 軟泥から硬質土まで対応することができ、港湾用の大規模工事から、河川・湖沼を対象とした小規模工事まで、幅広く活用されています。 グラブしゅんせつ工事とは、グラブバケットという二枚貝のように開閉しながら物体をすくい上げるものを使用して、水底に堆積している土砂を掘削するしゅんせつ工事のことです。 グラブしゅんせつ船という、巻き上げ機でしゅんせつ用のグラブバケットを昇降させて作業をします。 ダムしゅんせつ工事とは、ダムに施工するしゅんせつ工事のことです。 治水などを目的として造成されたダム湖も、その湖底に砂が堆積しては、きちんと機能することが難しくなります。 そのため、ダムしゅんせつ工事が必要となるのです。 しゅんせつロボット工事とは、しゅんせつロボットを利用したしゅんせつ工事のことです。 主にしゅんぜつ船を稼働させるのが困難な場所の工事に利用されます。 陸上からの操作はもちろん、ある程度の自律性も求められるのがしゅんせつロボットの特徴です。 海底の堆積物を取り除く海洋土木工事は、しゅんせつ船による施工がメインになっています。 しゅんせつ船と一口に言ってもさまざまなタイプがあり、作業を行う場所によって最も適したしゅんせつ船を選択するようにしなければいいけません。 外壁は日々雨や風、紫外線などにさらされるため、長い間放置しておくと塗装膜がはがれたり、劣化したりしてしまいます。 そうなると、雨や湿気が内部に入り込み壁材や基盤の腐食へと進行します。 屋根は建物の中で紫外線や雨風の影響を最も受ける場所です。 塗装の膜が活きているうちは問題ありませんが、5年以上経過すると塗装膜が枯れて来るので鉄板の伸縮に追従出来なくなり塗装膜が割れ始めて塗膜剥離が発生します。 メインの塗装には下塗り、 中塗り、上塗りの3工程があります。 屋根塗装は、下地処理の良し悪しで品質が決まると言っても過言ではありません。 下地処理をきちんとしないと、短期間で塗装が剥げる場合もあります。 外壁塗装の塗料は、主に水性系、溶剤系、弱溶剤系などに分けられ、さらに弾性塗料、硬質塗料など、実に多くの種類がありますが、近年では、臭いの少ない水性系塗料が主流となっています。 外壁塗装工事の工法として、大きく分けると吹付け工法(主に新築の際に使用)、ローラー工法(主にリフォームの際に使用)、特殊工法に分けられます。 それぞれの工法により、模様が違ってきます。 水道施設工事 お問い合わせはコチラへ!.

次の

TOKIWA CONCRETE

トキワ 工業

主な対応工事 河川工事は自然災害から人々の生活を守る、土木工事の中でも重要性の高いものです。 河川の上流部では砂防工事、地すべり防止工事、砂防ダムの建設が行われます。 中流部・下流部では堤防の建設、床止め工事、河道整正といった方法が用いられるのが一般的です。 国土の7割が山岳地帯を占める日本では、これまで多くのトンネルが造成され、高度な土木技術が発達してきました。 代表的なトンネル工事工法としては山岳工法とシールド工法があり、岩盤の固さなどに応じて適切な方法が選択されています。 橋梁工事とは河川、渓谷、運河、海などに橋を架ける土木工事のことです。 インフラ整備には欠かせない土木工事といって良いでしょう。 橋梁工事は橋を支える部分を作る下部工工事、橋から上の部分を作る上部工工事から構成されています。 土地造成工事とは自然の地形のままでは使いにくい場所に土木工事を行い、使いやすいように整地することです。 適切な土地改良を行うには、まず、土地の特徴を正しく把握しなければいけません。 さまざまな専門知識と技術が必要といえます。 下水道管埋没工事とは下水道本管を土の中に埋めていく土木作業です。 工事を始める前に周囲の環境を十分に調査することが欠かせません。 また、場所や条件によって違う施工方法が用いられますが、開削工法と推進工法がメインになります。 治山工事とは森林の造成と保全を目的として、山の地盤を安定させる土木工事のことです。 荒廃した特殊な環境に臨むケースも多く、危険に早急に対応する専門的な知識と技術が必要とされます。 山腹工、渓流工、地すべり防止工などに大別されます。 とび・土工工事 世界各地から採れる数百種類に及ぶ石を加工して取付ける石工事は、石の特徴を活かして重厚な雰囲気を醸し出し、高級感のある空間を演出する工事です。 建築に使われる石材は世界中から採られる数百種類にも及ぶ天然石から出来ています。 その種類によって様々な性質や特徴を持っていて、その特徴を活かす事で重厚感のある建築資材として利用する事が出来ます。 石材の加工には一次加工と二次加工があります。 一次加工では石を薄い板状に切断し表面を自動研磨機で研磨して行きます。 二次加工では、更に現場で必要なサイズに切断され、細かい部分を手作業で研磨し仕上げます。 完成した石材は養生ビニールで包まれて梱包され、運送業者によって現場へと送り出されて行きます。 石材の表面仕上には様々な方法があり、ツヤ、色調、凹凸感などの組合せにより様々な表情に変化し、その石材固有の特徴を引き出す事も可能です。 建築石材を施工する場合には様々な施工法があり、施工する壁面の状況や石材の特性、外部面か内部面か等、様々な条件を考慮して取付ける工法を選択します。 更に、施工する高さや面積、石の厚み等も考慮して強度計算を必要とします。 建築において石材を使用する場合に最も重要な事は水との関係になります。 雨水のみならず施工時のコンクリート中に含まれる水分まで、詳細に水対策を考えておく必要があります。 事前の注意点、起こり得る問題点などを事前に知っておく事が重要です。 様々な場所で使用する石材は、その場所の用途と石材の性質を比較しながら検討する必要があります。 特に床材などは滑って転ぶなど危険と隣合わせな要素でもありますので、得に仕上方法に注意して選ぶ必要があります。 鉄骨造の建造物で、木造の木材、鉄筋コンクリート造の鉄筋コンクリートのような役割を果たすのが鉄骨です。 木材よりも強度が高く、鉄筋コンクリートよりも軽いため、大型建築物などに用いられます。 そのような鉄骨を工場で設計して製作し、現場で組み立てる鋼構造物工事を鉄骨工事といいます。 建築に関する十分な知識と高い溶接技術などが必要となります。 橋梁工事は橋を架ける鋼構造物工事です。 橋梁は河川などで分断された地域をつないで交流を生み、人々の生活をより豊かにするために欠かせません。 木造の橋もありますが、現在ではほぼすべての橋梁が鉄骨を用いた鋼構造物工事により製作されています。 鉄塔とは鉄骨で構成される細長い建造物のことです。 代表的なものに送電鉄塔がありますが、日本全国津々浦々まで電気を届け人々の生活を守るのに欠かせません。 鉄塔工事はインフラ整備のために重要な鋼構造物工事のひとつといえるでしょう。 石油・ガスなどの貯蔵用タンクは、貯蔵用タンク設置工事という鋼構造物工事によって設置されます。 危険物を貯蔵するタンクなので十分な強度を持たせるようにしなくてはいけません。 特に可燃性の物質を貯蔵する際には引火リスクにも十分配慮する必要があります。 屋外広告を設置する屋外広告工事には鋼構造物工事と、とび土木工事の2種類があります。 鋼構造物工事に分類されるのは、鋼材の加工・製作から請け負っていることが特徴です。 ここでは鋼構造物工事のひとつである屋外広告工事について解説します。 水門設置工事は、河川などに水門を取り付ける鋼構造物工事のことです。 水門とは河川などの堤防を分断する形で設置され、流水を制御する構造物のことです。 河川の他に用水路、運河、湖沼、港湾、貯水池などに設けられます。 ここでは、アスファルトの種類と舗装工事の内容を解説します。 アスファルトにも色々な種類があり、水を浸透させるものやそうでないものまで、路面によって使い分けられています。 アスファルトの下にある路盤を造る工事も必要になりますので、その工事の流れも説明しています。 ここでは、コンクリート舗装の特徴についての説明をしています。 一般道路では、施工性の高さからアスファルトの普及率が高くなっていますが、場所によってはコンクリートの路面の方が適している場合もあります。 コンクリートとアスファルトの違いとは、なんなのでしょうか?詳しく説明します。 コンクリートの舗装工事手順を説明しています。 短い施工期間で仕上がるアスファルトと違い、硬化に時間の掛かる生コンを打設して、硬化させる工事です。 真空コンクリート工法と呼ばれる滑り止め対策工事についても紹介しています。 路盤築造工事についての説明です。 道路を造る時には、その基礎となる部分を造って、その上にアスファルトを敷いていく必要があります。 ここでは、その基礎部分となる下層路盤と上層路盤を造るための工事の流れを紹介しています。 ここでは、ブロック舗装工事に使われるブロックの種類と、工事の流れについて説明しています。 ブロックはカラーリングとデザインが豊富で景観性に優れた素材です。 工事ではただ敷いていくのではなく、ブロックから湧水しないよう排水処理を施し、目地に砂を詰めてブロックの噛み合わせを強化する必要があります。 しゅんせつ工事とは、港湾、河川、運河などの底をさらって土砂を取り去る土木工事のことです。 治水、船舶の航路の確保などさまざまな目的で行われます。 四方を海に囲まれ、河川も多い日本の国土にとって、しゅんせつ工事は非常に重要です。 ポンプしゅんせつ工事とは、ポンプを利用して海底などの泥を吸引して取り除く工事のことです。 軟泥から硬質土まで対応することができ、港湾用の大規模工事から、河川・湖沼を対象とした小規模工事まで、幅広く活用されています。 グラブしゅんせつ工事とは、グラブバケットという二枚貝のように開閉しながら物体をすくい上げるものを使用して、水底に堆積している土砂を掘削するしゅんせつ工事のことです。 グラブしゅんせつ船という、巻き上げ機でしゅんせつ用のグラブバケットを昇降させて作業をします。 ダムしゅんせつ工事とは、ダムに施工するしゅんせつ工事のことです。 治水などを目的として造成されたダム湖も、その湖底に砂が堆積しては、きちんと機能することが難しくなります。 そのため、ダムしゅんせつ工事が必要となるのです。 しゅんせつロボット工事とは、しゅんせつロボットを利用したしゅんせつ工事のことです。 主にしゅんぜつ船を稼働させるのが困難な場所の工事に利用されます。 陸上からの操作はもちろん、ある程度の自律性も求められるのがしゅんせつロボットの特徴です。 海底の堆積物を取り除く海洋土木工事は、しゅんせつ船による施工がメインになっています。 しゅんせつ船と一口に言ってもさまざまなタイプがあり、作業を行う場所によって最も適したしゅんせつ船を選択するようにしなければいいけません。 外壁は日々雨や風、紫外線などにさらされるため、長い間放置しておくと塗装膜がはがれたり、劣化したりしてしまいます。 そうなると、雨や湿気が内部に入り込み壁材や基盤の腐食へと進行します。 屋根は建物の中で紫外線や雨風の影響を最も受ける場所です。 塗装の膜が活きているうちは問題ありませんが、5年以上経過すると塗装膜が枯れて来るので鉄板の伸縮に追従出来なくなり塗装膜が割れ始めて塗膜剥離が発生します。 メインの塗装には下塗り、 中塗り、上塗りの3工程があります。 屋根塗装は、下地処理の良し悪しで品質が決まると言っても過言ではありません。 下地処理をきちんとしないと、短期間で塗装が剥げる場合もあります。 外壁塗装の塗料は、主に水性系、溶剤系、弱溶剤系などに分けられ、さらに弾性塗料、硬質塗料など、実に多くの種類がありますが、近年では、臭いの少ない水性系塗料が主流となっています。 外壁塗装工事の工法として、大きく分けると吹付け工法(主に新築の際に使用)、ローラー工法(主にリフォームの際に使用)、特殊工法に分けられます。 それぞれの工法により、模様が違ってきます。 水道施設工事 お問い合わせはコチラへ!.

次の

有限会社トキワ電子工業所

トキワ 工業

株式会社井上ブラシ• 栄光加工紙株式会社• 唐津化成工業株式会社• 株式会社キューヘル• 株式会社J&Jコーポレーション• 昭和ゴム株式会社• 大東ポリマー工業株式会社• 大和ゴム工業株式会社• 大洋工業有限会社• 日興ゴム工業株式会社• NSK• (旧東北ゴム)• 冨士ビニール工業株式会社• ポリハイソリジュールジャパン株式会社• モリソウ化成株式会社 やらわ•

次の