日本のコロナ対策 海外の反応。 【海外の反応】世界がうらやむ日本の清潔さ:各国メディアが報じる新型コロナ感染者数から「見習うべき日本の姿」とは?

「仕方ない」と流れに身を任せていいの? : 東京在住の台湾・香港人が見た日本のコロナ対策

日本のコロナ対策 海外の反応

海外メディアが、日本の新型コロナウイルス対策の「成功」を、驚きを持って伝え始めている。 欧米のような強制力のあるロックダウン(都市封鎖)も行わず、かつPCR検査の数が他国に比べて非常に少ないにもかかわらず、感染を抑え込んだことに対し、その原因を探ろうと必死だ。 つい最近まで、日本の対策を批判的に報じていただけに、強烈な手のひら返しの感も否めない。 お辞儀の習慣が奏功 22日付の英高級紙ガーディアン(電子版)は、「大惨事の一歩手前から成功物語へ 日本はいかにして新型コロナにタックルしたのか」と題した東京発の記事を掲載した。 記事はまず、専門家は1カ月余り前まで「日本は新型コロナで最も悲惨な目にあう国の1つになる」と言っていたと指摘し、日本の対応が失敗と見られていたことを強調。 その理由として、ダイヤモンド・プリンセス号への対処の仕方が海外から批判を浴びたことや、東京五輪・パラリンピックの開催にこだわる余り初動が遅れたこと、PCR検査の数の少なさなどを挙げた。 その上で記事は、日本の感染者数や死者数が欧米主要国に比べて、結果的に非常に低いレベルにとどまっていることや、東京都内の最近の新規感染者数が一桁台に下がってきていることなどを指摘しながら、「いま日本は、確固たる証拠を持って、新型コロナ対策に成功した国だと主張することができる」と日本を持ち上げた。 ガーディアン紙は、考えられる成功の理由として、日本ではインフルエンザの予防や花粉症対策としてマスクをしたり、人と会った時に握手やハグではなくお辞儀をしたりする習慣があること、個人の衛生意識が高いこと、家の中では靴を脱ぐ文化があることなど、以前からウイルス感染に備えができていることを挙げた。 また、専門家の意見として、誰もが医療保険に加入できる国民皆保険制度の存在や、肥満率の低さ、肺炎の治療に関する知見を指摘した。 成功の理由は「ミステリー」 さらには、納豆を食べているお陰で免疫力が高いとか、日本語は他の言語に比べて話す際に飛沫が飛びにくいからといった、根拠の不確かな情報がインターネットやテレビのバラエティー番組で飛び交っていることも伝えている。 経済専門メディアの米ブルームバーグは同じく東京発の記事で、「国民は移動を規制されず、レストランも理容室も営業を続け、人々の動きを追跡する最先端のアプリもなく、国は感染症に対応する専門の中央組織も持たず、検査率は人口のわずか0. 2%と先進国の中では最低レベル。 にもかかわらず、感染拡大は抑えられ、死者数はG7(主要先進7カ国)の中で飛び抜けて低い1000人以下にとどまっている」と報じた。 多少の事実誤認はあるものの、日本は新型コロナの抑え込みに「成功した」と報じている。 同紙は、成功の理由として、全国にある保健所の存在と、それによって感染者の追跡が徹底して行われ、クラスターの発生を極力、未然に防ぐことができたという専門家の意見を紹介。 また、ウイルスの種類が欧米で広がったものより毒性の低い種類である可能性を指摘した。 オーストラリアの公共放送ABCは、「日本は、満員電車、世界で最も高い高齢者率、クルーズ船上での感染爆発、罰則なしの緊急事態宣言など、大惨事を引き起こすためのレシピを見ているようで、イタリアやニューヨークの二の舞になると懸念されたが、それは避けられた。 だが、封じ込めに成功した理由はミステリー(謎)だ」と報じた。 ABCは、日本の成功の理由を探ろうとノーベル生理学・医学賞を受賞した本庶佑氏に取材。 記事によると、本庶氏は「なぜ日本の感染率や死亡率がこれほど低いのかは、ほとんどの医学の専門家にとって依然、ミステリーだ」と述べた上で、「日本人は手を洗う習慣があるなどきれい好きで、(人前で)キスやハグもしない」と語った。 さらにABCは、本庶氏が結核を予防するBCGワクチンの影響を示唆したことに触れ、「BCGの接種はオーストラリアや米国、英国では一般的ではない」と指摘した。 安倍首相は評価されず 何が日本を成功に導いた理由かは報道するメディアによってまちまちだが、面白いのは、安倍政権のコロナ対策を理由として挙げているメディアがほぼ皆無であることだ。 ガーディアン紙は、「アベノマスク」が不評を買っているエピソードに触れながら、「感染者数の減少は政府の対策が成功したからではない」「安倍首相の危機への対応はずっと不安定なままだ」といった専門家の見方を紹介している。 ブルームバーグも「政治的なリーダーシップが欠けている」と、暗に安倍政権を批判した。 ドイツやニュージーランド、韓国、台湾など、新型コロナウイルスの封じ込めに成功した国や地域では、いずれもトップのリーダーシップがされている。 それだけに、封じ込めに成功した日本のトップに対し海外メディアがおしなべて低評価を下しているのは、非常に興味深い現象だ。

次の

「日本は成功」海外メディア、新型コロナで手のひら返し(猪瀬聖)

日本のコロナ対策 海外の反応

新型コロナウイルスの感染対策で日本は、2月のクルーズ船の隔離停泊以来、海外からの批判にさらされてきたが、最近、認識が改められつつある。 数字は雄弁で、日本の感染死亡率が突出して低いからだ。 日本の対応に懐疑的だった米外交誌はこれを「奇妙な成功」と評した。 香港メディアは、日本人の規範意識の高さが導いた結果と分析した。 だが、まだ気を緩める時ではないのは明白。 ウイルスとの闘いでの勝利は、なお先だ。 米外交誌フォーリン・ポリシー(FP)電子版は14日、この見出しの論評を掲載した。 論評は書き出しから刺激的だ。 「コロナウイルスとの闘いで、日本はすべて間違ったことをしてきたように思えた。 ウイルス検査を受けたのは人口の0・185%にすぎず、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の取り方も中途半端だ。 国民の大多数も政府の対応に批判的である。 しかし、死亡率は世界最低(水準)で、医療崩壊も起こさずに感染者数は減少している。 不可解だが、すべてが正しい方向に進んでいるように見えてしまう」 FPが日本の「成功」の論拠としているのは死者の少なさだ。 感染者数は、検査数が少ないのであてにならないが、死者数は確かな「指標」になるというわけである。 14日時点での人口100万人当たりの死者数は、日本が5人、米国が258人、スペインが584人、欧州での防疫の成功例として挙げられているドイツですら94人に上ると指摘。 日本の少なさは「ほとんど奇跡的」と評した。

次の

【世界の論点】コロナ対策 日本再評価 米紙「奇妙な成功」 香港紙「称賛すべき規範意識の高さ」(1/3ページ)

日本のコロナ対策 海外の反応

2019年10月7日、英・BBCが「What Japan can teach us about cleanliness(日本から学ぶ掃除の精神)」という記事を公開しました。 記事では、「なぜ日本はこんなにも綺麗なのか」という事実を「学校教育・宗教感・実際に起こった日本人の驚くべき行動」などいくつかの切り口で読み解いています。 新型コロナウイルス感染者の増加数を比較的抑えられたとしている日本のワケは 清潔さに隠されているのではないかとも考えられています。 今回は記事の中からいくつかと、その他の国における日本の清潔さに対する評判を紹介します。 関連記事 目次• 日本では一日の授業が終わった後に「放課後の掃除」をする 同記事ではじめに触れられていたのは、日本中の学生が帰宅前に一斉に掃除をし始めるということです。 「家庭教育」でも変わらず掃除は大事だと教え、出来ていなければ親に怒られていたとのインタビューも紹介しています。 朝8時になるとオフィスワーカーやショップ店員などが店の周りを掃除し始めます。 こうした光景がまた外国人にとっては特別に映ることがわかります。 「なぜ日本は公共の場であってもこんなに綺麗に保たれているのか?」という問いには、地域住民がゴミを片付けているからと説いていました。 インドでも昨年「Students in Japan clean the own classrooms and school toilets and the reason is incredible(日本の子供たちはクラスと学校のトイレを自身で掃除をする、その驚きの理由)」というタイトルでニュースを伝えています。 さらに「The Japan Times」のライフスタイル版に掲載された記事には、日本で子供を育てるアメリカ人の父親が、ある日息子の持って帰ってきた「必要なものリスト」を見てビックリしたエピソードが書かれています。 そのリストには「雑巾」と書かれており、その父親は何のためのものか全く理解できなかったといいます。 アメリカでは生徒が「掃除」する文化はないため驚きを隠せなかったようです。 世界も驚愕「新幹線での7分間清掃」 日本人の「清掃テクニック」で話題になったものとして、新幹線の清掃チームは有名です。 海外メディアでもこちらのサービスにフォーカスしています。 以下の動画は2015年にYouTubeの東京都の公式チャンネルで公開されました。 公開と同時に「神業」と世界中で話題になりました。 無駄のない動き・抜かりのない清掃テクニックは日本人であっても思わず拍手を送りたくなるほどでしょう。 この他にも「サッカー日本代表の試合後の更衣室掃除」や日本最大級の「フジロックフェスティバル」での清掃活動やゴミ拾いの例を挙げ、日本人の「倫理観」に触れました。 中国紙・日本人の「清潔」に関する4つのこだわり 中国のメディアでも、驚くべき日本人の「清潔」に関するこだわりを紹介しています。 「アジアで一番清潔な国」の日本を代表するエピソードとして以下の4つを紹介しています。 「お風呂が大好き」 災害中にインタビューすると皆「お風呂に入りたい」と答える。 「靴の履き替えを頻繁に行う」 学校でも「外履きから上履きへ」トイレでも「上履きからスリッパへ」と替える。 「トイレの清潔さ」 日本人はトイレに匂いが残るのを許さない。 「他人を排除する潔癖さ」 他人と同じ皿や箸を使うことを極度に忌み嫌い、特に父親がうっかり娘の食器を使って食べるとトラブルになる。 日本は「手と手でお金を受け取り合う文化」がないからこうした状態が保てると指摘し、小売店やホテル、タクシーでも紙幣や硬貨の置くためのトレーがあることを伝えています。 この他「見えない菌」に対しても日本人は対策を講じているといい、例えば風邪を引いたら必ずといっていいほど着用する「医療用マスク」は日本らしさがあると紹介しています。 なぜ日本人がマスクを着用するのかについて、他の人に移るのを防ぐために着用するのと、早く治癒させ「欠勤日を少なくおさえて富を守り、医療費を節約」するためであると述べています。 彼らがマスクしている理由は「暴走族のメンバー」だから? 英語で書かれている日本紹介メディアでは、日本人のマスク着用率の高さを以下の可能性で紹介しています。 病気であるから• 周りが風邪を引いているから• アレルギー反応を抑えるため• 暴走族のメンバーだから• YouTubeで顔を出すのが恥ずかしすぎるから 日本人では当たり前の行為も、外国人から見るとユニークに見えるようです。 仏教(禅)と神道の教えが清潔さに関係? 記事では最終的に「日本人の掃除の精神は仏教・神道の教えが関係している」と結論付けています。 6世紀から8世紀の間に中国と韓国より伝わった日本の仏教は「清潔さ」を中心的教えとして考えています。 そして12世紀から13世紀に中国より伝わった仏教の一派「禅宗」では掃除や調理など家事は瞑想と同じように「鍛錬」であるとしています。 イスラム教も「清潔さ」を宗教の一部と考える 「清潔さ」を重んじる宗教は他にも存在します。 「礼拝の前に体を洗い清める」イスラム教は清潔さの教えも説いています。 私たちの預言者(彼の上に祝福と平安あれ)が啓示を授かり、預言者の使命という名誉を与えられたとき、彼は次のように命じられました。 「あなたの衣を清浄にしなさい。 汚れを避けなさい」。 3 身に着けている衣類が古くても、まったく問題ではありません。 しかし汚れていればそれは問題です。 たとえどこにいようとも、信仰者は清潔さ、上品さ、そして清潔さの模範であるべきです。 清潔さとは、非物質的な汚れからの浄めも意味しています。 これは信仰者にとり、イスラムの光によって照らされている自分の心を、暗闇と悪から守ることを意味します。 それはごう慢、偽善、妬み、嘘、物惜しみといった悪病から心を回復させ、謙虚さ、誠実さ、寛大さ、思いやり、良心といった美しい性質をもって心を飾ることを意味します。 (参考:) 新型コロナ感染者数から注目を浴びている「日本の清潔さ」 現在は世界各地で新型コロナウイルスが流行しており、日本も例外ではありません。 しかし6月中旬現在、日本での感染拡大はある程度抑えられており、その理由に世界から注目が集まっています。 日本での流行が欧米より小規模に収まり、また比較的早期に収束の傾向を見せた理由についてはさまざまな意見がありますが、日本の「清潔さ」はその一つとして関心を集めています。 アフターコロナの訪日市場では「衛生管理」や「コロナ対策」が重視されると考えられているため、ウィズコロナで注目された日本の「清潔さ」も一つのPR材料となるでしょう。

次の