小林 よしのり ライジング。 小林よしのりライジングを語り隊

小林よしのりライジングを語り隊

小林 よしのり ライジング

大学在学中、「週刊少年ジャンプ」(集英社)にてデビュー作『東大一直線』を連載開始、大ヒットとなる。 昭和61年、「月刊コロコロコミック」(小学館)にて連載された『おぼっちゃまくん』が大ヒット。 昭和64年にはアニメ化もされ、第34回小学館漫画賞を受賞した。 主人公が喋る「茶魔語」が子供たちの間で流行語となり社会現象となる。 今でも根強い人気がありグッズ等の販売がされている。 平成4年、「SPA! 」(扶桑社)にて、社会問題に斬り込む『ゴーマニズム宣言』を連載開始。 すぐさま日本の思想状況を一変する大ヒットとなる。 特に、同シリーズのスペシャル本として発表された『戦争論』『戦争論2』『戦争論3』(すべて幻冬舎)は言論界に衝撃を与え、大ベストセラーとなった。 現在も「SAPIO」(小学館)にて『ゴーマニズム宣言』を鋭意連載中。 今月の配信号• 今月はまだ配信がありません。

次の

小林よしのりライジング100号への読者の皆様の声!

小林 よしのり ライジング

大学在学中、「週刊少年ジャンプ」(集英社)にてデビュー作『東大一直線』を連載開始、大ヒットとなる。 昭和61年、「月刊コロコロコミック」(小学館)にて連載された『おぼっちゃまくん』が大ヒット。 昭和64年にはアニメ化もされ、第34回小学館漫画賞を受賞した。 主人公が喋る「茶魔語」が子供たちの間で流行語となり社会現象となる。 今でも根強い人気がありグッズ等の販売がされている。 平成4年、「SPA! 」(扶桑社)にて、社会問題に斬り込む『ゴーマニズム宣言』を連載開始。 すぐさま日本の思想状況を一変する大ヒットとなる。 特に、同シリーズのスペシャル本として発表された『戦争論』『戦争論2』『戦争論3』(すべて幻冬舎)は言論界に衝撃を与え、大ベストセラーとなった。 現在も「SAPIO」(小学館)にて『ゴーマニズム宣言』を鋭意連載中。 今月の配信号• 今月はまだ配信がありません。

次の

小林よしのり

小林 よしのり ライジング

内容 基本的に、以下の項目で構成されている。 「ゴーマニズム宣言」…毎週刻一刻と変化する時事問題を取り上げる。 「」・「」の「」と異なり、漫画を交えず、活字のみによる。 1回だけアシスタントの時浦兼が執筆したことがある。 「しゃべらせてクリ! 」…「」の過去の1コマを用いて、ライジング読者が自由にセリフを入れ、物語を作る。 「トンデモ見聞録」…による現代社会の分析コラム。 なお、号によっては、代わりに泉美による体験談「わたくしの人たち」、あるいは小説「正しい宗教のつくり方」が掲載されることがある。 「Q&Aコーナー」…小林よしのりがライジング読者より投稿された質問に直接答えるコーナー。 「新刊&メディア情報」…小林よしのりの最新作、あるいはインタビューの掲載情報。 「編集後記」…秘書岸端みなによる「」などの告知、あるいは小林よしのりの現況などが記されている。 その他、その号のライジングやゴー宣ネット道場に載せられたブログに関する感想を載せた、読者からのコメント欄が付属している。 ただし、購読者でないと、投稿することはできない。 特別寄稿として、「ゴー宣道場」の師範であるや、などによる文章が掲載されたこともある。 過去の連載• 「今週のAKB48」…ブームから現代社会を掘り下げる。 「よしりん漫画宝庫」…これまでに小林よしのりが描いてきた作品を1作品ごとに紹介する。 「茶魔ちゃま秘宝館」…のキャラクターグッズを紹介する。 「もくれんの『ザ・神様!』」…泉美木蘭が日本神話の世界を風刺を交えて語る連載。 「御意見拝聴・よいしょでいこう!」…小林よしのりのアシスタントである時浦兼が、著名な言論人の著書を風刺する。 「ウィキ直し」…漫画家小林よしのりに関するのページを、アシスタントの時浦兼が添削し、正しい情報を表示する。 「よしりん企画、その風景」…よしりん企画の仕事場の風景を、1枚の写真と共に紹介する。 「今週の一品」…小林よしのりの愛用品を紹介する。 「今週のよしりん」…秘書岸端みなによる小林よしのりの観察記。 現在の「編集後記」にその内容が受け継がれている。

次の