アメリカ 看護 留学。 看護学校への入学 日本とアメリカ

アメリカ看護師資格取得|ナース留学.com

アメリカ 看護 留学

私はワーキングホリデー制度を利用しました 私は実際にシドニーで語学学校に通っている頃は、たくさんの日本人看護師がワーキングホリデー制度を利用し英語を学んでいました。 (2)語学留学で看護師海外留学 学生ビザを取得して 長期に語学学校、専門学校、大学に行く場合の留学です。 ワーキングホリデービザは語学学校に行ける期間が限られている国もあるため、(例:オーストラリアは最長16週間まで 、長期で勉強したい場合は学生ビザでの語学留学となります。 ビザの申請はオンラインで全てできるので出国前に全ての手続きをします。 詳しくは現地の移民局のホームページを参考に! 観光ビザで最初に入国し、長期で滞在したくなった場合は現地での学生ビザの申請が可能の場合もあります。 詳しくは 現地の移民局のホームページを参考にしましょう。 (日本語のページもあります。 ) (3)短期留学(1週間留学など)で看護師海外留学 短期留学は旅行もかねて海外を経験してみたい看護師にぴったりの留学です。 短期なので学生ビザではなく観光ビザで気軽に行くことができます。 まずは下見に行ってみたい看護師におすすめ 長期の語学留学はちょっと心配、まずは下見で行ってみたいという人にもオススメの留学です。 現地の看護大学に1年から2年通わなければならない場合• 日本の看護師免許があれば3か月程度の短期トレーニングコースのみで現地の看護師登録ができる場合 などがあります。 どちらのコースも日本での臨床経験がある程度必要です。 海外での看護師資格は永住権につながりやすいので移住目的で海外留学する看護師も近年増えてきています。 看護師が海外留学で得たことは仕事に活きるのか? せっかく現地で学んできた英語を日本に帰ってきてからも勉強を続けたい看護師は多いはずです。 以下に具体的に活かせる仕事をあげてみました。 (1)外国人専用の病院で働くことで活かせる 東京などの大都市では仕事や勉強で長期滞在している外国人や旅行者が多く、 外国人専門または英語で対応している病院やクリニックがたくさんあります。 そのような職場で看護師は医療英語を話せることが最低条件です。 海外で医療英語を学び、直接仕事に活かすことができます。 補足説明! このような外国人専用の看護師求人は都市部に集中し、地方の看護師は求人が見つけにくいというデメリットがあります。 (2)医療通訳として働くことで活かせる 英語が話せることを活かして医療通訳をしてみたいと思う看護師は多いでしょう。 ただ、看護師ではなく 、 医療通訳として働くので医療行為はできません。 自分が看護師だと現場で直接看護業務ができないのがもどかしく感じる人もいるかもしれません。 医療通訳は資格が必要になります 医療通訳としての資格を取る必要があるので、留学経験だけでなくさらに資格の勉強が必要となります。 看護師の仕事に疲れたが、医療現場で英語を活かして働きたい看護師には向いていると言えます。 医療通訳の関しては「」を確認してください。 (3)一般病院で外国人が入院してきた時に役立つ 英語を使う機会は上の2つの仕事よりも圧倒的に少ないです。 しかし、高度な医療英語力や看護師以外の資格は必要ないので、海外留学の経験がすぐに活かせるというメリットはあります。 補足説明! 外国人が比較的よく来る病院やクリニックの情報を集めて、求人を探すか看護師転職サイトの担当に聞いてみるのもいいでしょう。 日本人看護師が海外留学のために退職するリスク 短期留学程度の短い期間であれば退職する必要はありませんが、1年以上海外留学をすることになると 現在の病院や施設を退職しなければならない場合がほとんどです。 看護師の仕事を辞め、海外に出ることへのリスクをいくつかあげていきます。 (1)帰国後の再就職の就活でのリスク 再就職の際にワーキングホリデーで1年間看護師を離れていたことをマイナスと取る病院もあります。 (有名な病院や人気な病院は特にです。 ) 自分がワーキングホリデーで何を得たかを伝えることで、 ただ海外に遊びに行っていただけではないことをアピールする必要があります。 ポイント! 医療英語を学ぶ、病院や介護施設でボランティアをするなど看護と関わりがあることをするとアピールポイントになります。 (2)看護技術を忘れてしまうリスク 手に職とも言える看護師の仕事ですが、採血や点滴などの看護技術は毎日やっていてこそ身についているものです。 1年以上臨床を離れていると 再就職した時に率先力として働くことが難しいこともあります。 不安がある場合は再就職先で恥ずかしがらずに技術の練習をさせてもらいましょう。 もともと毎日やっていた技術は何度か練習するうちにすぐに取り戻せるはずです。 海外留学を考えている日本人看護師へのアドバイス 私(看護師)が行った海外留学の経験を元に、現在留学を考えている看護師の方へ、アドバイスを2つお伝えします。 (1)勤務先に休職制度があれば利用することを考えよう 1年程度のワーキングホリデーや短期語学留学であれば帰国の時期がはっきりしているため病院側の休職制度を利用しやすいです。 現在の職場に戻っても構わないと考える場合は、帰国後すぐに仕事が始められるので生活費など金銭面で困ることはないでしょう。 (2)英語力は日本でも伸ばせます 海外に行ってから英語を頑張って勉強しようと思っても、 現地に行ってからなかなか思うようにいかないのが現実です。 理由は、英語の勉強以上に初めての環境に慣れるのに相当に体力と精神力を使うからです。 日本にいる間に、.

次の

【看護留学】看護師限定の留学|年間実績300名以上 ワールドアベニュー

アメリカ 看護 留学

日本の自宅からアメリカの英語クラスに参加できるバーチャル・プチ留学 あたらしく始まったアメリカ発オンライン留学のご案内です 2020年春から多くの英語校・大学・専門校がインターネットを活用した遠隔学習コースを 開設しています。 今すぐの留学はちょっと不安で延期したいけれど、英語の勉強も本格的に 早く始めたい方にもピッタリなチャレンジ企画です。 英語研修はもちろん、 ミュージック、 ボイストレーニング、映画制作、アクティングなどの多様な一般教育プログラムの メニューでご紹介中。 高額な授業料で知られたニューヨークフィルムアカデミーのコースも オンライン学習なら格安でライブの授業を英語で受けられます。 オンラインのバーチャル留学にご関心がある方は、ページ下のお問合せからご連絡ください。 オンライン以外の留学については、 からお問い合わせください。 アメリカ留学センター本社代表 野村ちえい 2020年5月5日 アメリカ留学センター ロサンゼルス本部 コロナウイルス対応について 皆様、世界中でコロナウイルス感染騒ぎで皆様のご不安も高まっている事でしょう。 とりわけ日本は中国と韓国が隣国なだけに今後の成り行きの不透明感で 留学をご検討する余裕もなかなか多難な時期かと思われます。 最新情報を 皆様と共に共有しながら, 弊社、アメリカ留学センターでは、これからの 夏に向けたアメリカ留学のお手伝いを引き続きお取り扱いしておりますので お気軽にアメリカ向けの3都市からつながるホットライン、またはラインをご利用になり、 現地アメリカの最新状況を直接ご確認いただければと存じます。 最新のアメリカ留学センターのニュースは または からどうぞ 敬具 野村ちえい CHIEY Nomura 2020年3月13日 アメリカ留学センター ロサンゼルス本部.

次の

アメリカで看護師になるには?日米の看護職・制度の違いを比較してみた #アメリカ看護留学連載 Vol.8

アメリカ 看護 留学

CGFNS公式サイト 利用方法【動画】 資格を発行する州、並びにアメリカの各領土の看護協会 Board of Nursing に受験申請し許可を得る必要があると記載しましたが、そのファーストステップとなるのが、CGFNSへの申請・審査です。 CGFNS(Commission on Graduates of Foreign Nursing Schools)とは、アメリカ国外で教育を受けた看護師がアメリカ(各州)で看護師になった際に不当な待遇を受けることを防止するため、また、アメリカ国民に安全なケアを保証するために、設立・運営されている非営利団体です。 日本ですでに資格を有している方の場合、取得している資格の証明書や高等学校、専門学校、短大、大学などで取得した単位や成績などが、アメリカ各州から求められる十分な技術や知識を有しているかを、各州が指定するCGFNSの審査や試験を合格する必要があります。 どの州でどの資格を取得する必要があるのかはをご参照ください。 CGFNSの審査と試験を通過後、Authorization to Test(ATT:受験資格)を申請・取得する必要があります。 ただし、州によってはATT取得に際して、日本、アメリカでの無犯罪証明書が必要だったり、Social Security number(SSN:アメリカにおける社会保障番号)が必要だったりと、条件、要項、手続きの流れが異なりますので注意しましょう。 Social Security numberはアメリカの社会保障法が定める市民・永住者・外国人就労者に対して発行される9桁の番号です。 残念ながら留学生の場合、語学留学生には発行されず、カレッジや大学など高等教育機関に通い且つ就労機会を得ることができる留学生のみ申請・取得することができます。 NCLEX-RNやATTについてはNCLEX-RN の試験を作成するをご覧ください。 STEP 2 NCLEX-RN 国家試験 を受験 NCLEX-RNは、先述している通り NCSBN によって作成され、CAT(computer-adaptive test)と呼ばれる形式で行なわれます。 制限時間は6時間、多項選択式問題を中心に、近年では複数選択問題、計算問題、優先順位を記述させる問題などが、最低75問、最高265問出題されます。 当然のことながら、試験はすべて英語で行なわれます。 日本の試験とは異なる試験形式、問題内容、英語力など、きちんと対策し本場に臨みましょう。 STEP 3 Visa Screen ビザスクリーン Visa Screen ビザスクリーン サービスは、アメリカで働きたいと希望する医療従事者のための総合的な審査です。 NCLEX-RN合格はもちろんのこと、TOEFL、IELTSなどの英語力の証明、日本またはアメリカで取得した学士での単位証明、成績証明、その他必要書類を提出し、アメリカで看護師として就労ビザなどを申請・取得するに伴い、必要な水準を満たしているかどうかの審査を受けていただきます。 ただし、就労ビザや永住権取得を確約・保証するものではありません。 日本で正看護師資格をお持ちでない方の場合 日本で高校を卒業したばかりの方を含む、日本で正看護師の資格は取得していない方の場合、アメリカのカレッジ 短大 や大学にて看護学を学び、国家試験を受験、資格を取得いただく必要があります。 STEP 1 カレッジ 短大 ・大学進学 カレッジ 短大 ・大学進学に伴い、教育機関が指定する英語力の証明が必要です。 したがって、進学に伴い、まずは英語研修からスタートされる方が多いかとは思います。 語学研修後、英語力の規定を満たすことができれば、カレッジ 短大 ・大学進学へ進学、その後、NCLEX-RN受験に必要な単位数を取得いただきます。 STEP 2 NCLEX-RN受験 国家試験NCLEX-RNを受験、合格後に資格取得となります。 アメリカで「看護師」として就職できる可能性 アメリカで働くためには、アメリカの就労ビザ規定をクリアいただく必要があります。 就労ビザの種類のなかで、看護師が該当するビザは、H-1B 特殊技能職 と呼ばれるビザです。 アメリカの就労ビザに関しては、の情報をご参照ください。 なお、前項で、日本で看護師資格取得を有している方の場合、短大(カレッジ)や大学への編入は必要ないと記載いたしておりますが、 H-1B 特殊技能職 取得には、4年制大学卒が原則となります。 したがって、日本で資格は有しているものの、最終学歴が専門学校、短期大学、高校などの方の場合、アメリカにて学位を取得いただく必要もあります。 以前は、人材不足に伴い、H-1Cと呼ばれる看護師用の就労ビザなるものが存在しました。 しかし、残念ながら、2009年末にH-1Cは廃止。 2015年2月時点でも看護師がH-1B取得に該当する職業かどうか議論されているものの、現時点ではH-1B取得に該当する職業として認められてはいません。 2017年11月、ニューヨークで起きたテロを受け、移民に抽選で米国永住権(グリーンカード)を与える制度を「可能な限り早く廃止する」と表明が発表されている今、アメリカ人の方との結婚に伴い永住権の取得するなどがないに限り、資格を取得できたとしても、その後、「看護師として就職し働く」のは、至難の業だということです。 参照 ・ ・ 2020年9月末まで!オンラインにて週1回 海外看護有給インターンシップ・プログラム説明会を開催 アメリカでの看護留学は難しいものの、国にこだわらなければ海外の医療や看護の現場を見たい!経験を積みたい!という声に応える留学プログラムはあります。 年間300名もの看護師が参加する大人気プログラム「海外看護有給インターンシップ・プログラム」無料説明会の詳細は以下よりご覧いただけます。

次の