外国 人 髪型 メンズ ボウズ。 【最新をチェック!】海外で流行りのメンズ髪型150選

メンズの外国人風の髪型アレンジ・ヘアスタイルとは?顔の形に合わせた髪型を紹介!憧れのワイルド感を醸し出すには何が必要?

外国 人 髪型 メンズ ボウズ

海外メンズの髪型に欠かせないフェードカットとは?外国人風ヘアのかっこよさの秘密! そもそもフェードカット(fadecut)とは、ツーブロックなどが分類されている刈り上げの一種で、画像の黄色の線で囲っている部分のこと。 特にその刈り上げ(海外ではアンダーカットと呼ばれることも)の中でも、 上から下へだんだんと短くなっていくような、グラデーションのある刈り上げのことをフェードカットと呼びます。 その特徴的なスタイリングから、ツーブロックなどの長さが一定な刈り上げに比べて都会的な印象を作ってくれる効果があり、おしゃれに敏感な外国人男性に親しまれているフェードカット。 また、刈り上げが始まる位置を調整することで地肌をあえて露出させ、頭を小さく見せることが出来るなどヘアスタイル全体のバランスを整えてくれる効果もあります。 それでは、そんなフェードカットを活かしたかっこよすぎる海外メンズヘアの数々を見ていきましょう。 関連記事: フェードカットアップバング こちらはフェードカットを使っているお手本のようなヘアスタイルで、下から上へだんだんと長めに設定されている刈り上げがおしゃれな印象に。 メンズの髪型として日本や海外を問わず定番のアップバングヘアですが、フェードカットを取り入れることで個性的でトレンド感のある髪型を作ることが出来ます。 関連記事: スリックバックも都会感のある仕上がりに! こちらはスリックバックと呼ばれる髪型で、前髪やトップ全てを後ろに流して撫でつけるそのスタイリングは日本ではオールバックとも呼ばれ古くから親しまれている髪型。 オールバックと言うと日本では古臭いようなおじさんのする髪型というイメージがありますが、サイドやバックにフェードカットを取り入れることで、トレンド感のある今風の若者っぽい雰囲気を作ることができます。 関連記事: 黒髪クールなポンパドールヘア 前髪とトップを上に立ち上げ、おでこの上でまとめたポンパドールと呼ばれるこちらの髪型は、海外のメンズ髪型の中でもトップの人気を誇ります。 ポンパドールはそのままでも男らしさやフォーマルさを演出してくれるヘアスタイルですが、フェードカットと組み合わせることでさらにトレンド感のあるおしゃれな仕上がりに。 関連記事: 艶やかなコームオーバーヘアで大人メンズを演出 トップ部分の髪をまるでコーム(くし)でサイドに流したようなスタイリングからその名がついたコームオーバーヘアも、フェードカットとの組み合わせが人気アレンジの一つ。 スリックバックやポンパドールよりも個性を重視したこちらの髪型は、アンダーカットやフェードカットのような刈り上げとも相性抜群で、男性のヘアスタイルにとって必須要素である清潔感を高めることが出来ます。 関連記事: ベリーショートクルーカットでスポーティに! 海外メンズのベリーショートヘアの中でも、もっとも人気が高く愛用者も多いクルーカットにもフェードカットはおすすめ。 メンズのベリーショートと言えば、ある意味無骨とも言えるようなスタイリングでなかなかおしゃれを楽しむことが難しいものですが、そんな時もフェードカットとの組み合わせで個性のあるおしゃれヘアーを作ることが出来ます。 関連記事: 坊主だってかっこいい!バズカット+フェードカット 海外でバズカットと呼ばれるこちらの髪型は、日本で言う坊主ヘアのこと。 日本で坊主と言うとおしゃれに興味がない人の髪型というイメージがありますが、トップとサイドの長さにメリハリを付けるようなフェードカットによって一気に都会的な印象の髪型に。 フェードカットを入れることでノーセットでもかっこいい坊主を作ることができるので、朝が忙しい男性にも嬉しい髪型ですよね。 関連記事: クールなダウンバングヘア 海外メンズには珍しい、バング(前髪)を下ろしたスタイリングのダウンバングヘアは、個性を大切にする外国人ヘアの中でもひと際目立つ個性を持っています。 モードでクールな雰囲気のあるダウンバングヘアも、フェードカットによって野暮ったくならずにかっこよさを高めることの出来る組み合わせなのでおすすめ。 関連記事: あのジャスティンビーバーもフェードカットの愛用者 ショートヘア時代のジャスティン・ビーバーの髪型と言えば、画像のような金髪+アップバングヘアのイメージが強いですよね。 実はそんなショートヘア時代のジャスティン・ビーバーもフェードカットの愛用者で、日本ではあまり見かけない刈り上げ方法でもおしゃれな海外セレブにとってはもはや定番とも言える髪型になっています。 関連記事: フェードカットにはシルエットを補正する効果も 「メンズの髪型はシルエットが最重要」とも言われるように、正面や横から見た時のシルエットにもこだわりたいのがメンズのヘアスタイル。 そんな時、地肌を露出させるフェードカットを取り入れることで生え際の形を調整することが出来るため、正面やサイドから見た時のシルエットイメージを整えることが出来ます。 関連記事: 高い位置のハイフェードスタイル フェードカットは入れる位置や高さをアレンジすることによって個性を出すことが出来ますが、画像のような高い位置に入れられたハイフェードカットだと都会感を全面に押し出すことの出来るスタイルに。 あまりにも地肌が露出する部分を多く取るとハゲているような違和感のある雰囲気になってしまうので、ハイフェードスタイルにする場合は短くしすぎないグラデーションを意識するのがポイント。 ロウフェードでワイルドに 逆に低い位置にフェードカットを入れるロウフェードと呼ばれるスタイルなら、グラデーションの上の部分を広くとることが出来るためワイルドで男らしい雰囲気に。 ロウフェードの場合は黒髪でも使いやすく、黒髪にありがちな野暮ったさを軽減してくれるなど日本人にも嬉しいスタイリングとなっています。 海外のイケメン俳優もフェードカットの愛用者 海外ドラマ「スーパーナチュラル」シリーズの主人公としてもお馴染みのイケメン俳優、ジェンセン・アクレスも、かっこよすぎるフェードカット愛用者の1人。 小顔でスタイルの良い人が多い海外メンズとしては珍しく面長でベース顔のジェンセン・アクレスですが、フェードカットで髪型のシルエットを補正することで、大きな顔をうまく誤魔化すことに成功しています。 関連記事: 外国人男性に学ぶフェードカットのまとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、 「海外の髪型フェードカットとは?外国人メンズのヘアスタイルに学ぶ!」というテーマでお送りしました。 日本ではまだあまり馴染みのないフェードカットですが、だからこそ取り入れることで周りの男性に差をつけるようなかっこよさを手に入れることができます。 特に最近ではおしゃれに敏感な海外メンズがこぞってフェードカットに挑戦しているので、今なら外国人のような雰囲気を髪型ひとつで作ることができるようになりますよ。 なのでぜひあなたも、海外メンズに大流行している刈り上げスタイル 「フェードカット」にチャレンジしてみてください。 きっと今までセットしていた髪型でも、完成度がワンランク上がること間違いなしですよ! そしてそんなフェードカットを活かしたヘアスタイルに挑戦したい時は、 で美容室を探すのがおすすめ! ホットペッパービューティなら、 ・メンズにおすすめな美容室を探せる機能があるので男性でも安心 ・ネットでカレンダーを見ながら予約できるので、空いている日がわかりやすい ・「カット中に話しかけられたくない」「セットの方法も教えてほしい」なんて要望もネット上で気軽にできる と、初めて美容室にチャレンジする男性にもオススメできる嬉しいポイントがたくさんあります。

次の

【2020年夏】メンズ|ボウズの髪型・ヘアアレンジ|中国|人気順|ホットペッパービューティー ヘアスタイル・ヘアカタログ

外国 人 髪型 メンズ ボウズ

— 2019年 8月月7日午後7時55分PDT パーマを取り入れた髪型も海外の人の間でよく見られます。 特に ミディアムヘアにパーマをかけてランダム感を出しつつサイドを短めにした髪型は人気が高いです。 外国人風のワイルドな髪型にするには何が必要? 日本人が 外国人風のワイルドな髪型にするために必要なポイントをチェックしてみましょう。 顔の形に合わせた髪型にする 顔の形は人それぞれさまざまです。 顔の形に合った髪型を参考にしてみましょう。 一般的に顔と髪型をあわせてひし形になるようにすると小顔効果があるといわれます。 また、顔の形を強調するような髪型は避けるのが無難です。 ヒゲを生やすときには整えておく ワイルドさを出すために ヒゲを生やすという人もいると思います。 ヒゲはうまく活用するとワイルド感を手軽に出すことができて便利ですが、 無精ヒゲにならないように注意しましょう。 海外ではヒゲの手入れに時間をかける人も多く、コームを入れて流れを作ったり、長さを整えたりするとよいでしょう。 カラーリングにもこだわろう ワイルドさを出すときには カラーリングにもこだわりましょう。 無計画にブリーチ・カラー・メッシュなどをいれるのではなく、ワイルドな中にもきれいに見えるようなカラーリングがおすすめです。 もちろん黒髪を活かすという方法もあります。 面長の人は高さを抑えるのがポイント 面長の人におすすめのヘアアレンジをチェックしていきましょう。 面長の場合にはタテに長くなりすぎないよう、高さを抑えたりサイドに流したりするのがポイントです。 コームオーバーでサイドに流す コームオーバーで サイドに流すことで高さを出さずに外国人風の髪型にすることができます。 動画内ではトップが短めですが、長い髪では多少高さが出てしまいます。 それでもサイドへの動きをもたせることで高さを抑えた印象になるのでおすすめです。 シャンプー後、髪をタオルドライしておく。 ワックスなどの整髪料を手に取ってなじませる。 整髪料を髪全体にまんべんなくつけていく。 コームで流したい方向へしっかり流す。 七三のように分けるのもおすすめ。 やや高さを出したい場合はタオルドライしたあとにドライヤーを使って形を作るとよい。 サイドは長めに残すとベター! 面長の人はサイドの刈り上げをやや長めにしておくとよいでしょう。 サイドを短く刈り込んでしまうと顔の長さが強調されてしまいます。 通常の刈り上げは6mm程度ですが、 9mm〜12mm程度の長さにしておくのがおすすめです。 サイドを長めにした低めのポンパドールも面長の人に人気です。 丸顔・卵型の人はサイドを短めに 丸顔や卵型の人は サイドを短めにしてタテの長さを活かすという方法があります。 またヒゲと組み合わせると上手にひし形のシルエットになります。 王道のポンパドールは形をしっかりとキメよう つぶしすぎない ふんわりとしたボリュームのあるスリックバックもおすすめです。 スリックバックは整髪料をつけて後ろになでつけるだけではセットが長持ちしません。 しっかりとドライヤーを使って後方への髪の流れを作ってから整髪料をつけましょう。 タオルドライした髪をドライヤーを使って乾かしていく。 その中でフロントは根元から温風を当てて立ち上げるようなクセをつけておく。 表面だけでなく内側にもしっかり温風を当てる。 センターの髪を取り、後ろの方まで立ち上げるようなクセをつける。 ドライヤーの時点で立ち上げやすくしておくのがポイント。 ワックスなどの整髪料を手に取り、髪全体になじませていく。 内側やバックにもしっかりなじませる。 押しつぶしすぎないようにボリュームを出しながら後方に髪を流していく。 耳周りはしっかりと耳にかけておくとよい。 ヒゲを組み合わせるのもGood! A post shared by raulobicks on Mar 5, 2019 at 11:56pm PST あごひげを組み合わせるとひし形が強調されるのでおすすめです。 特にイタリアやフランスなどを始めとしたラテン系の人はヒゲと組み合わせることがうまく、オシャレな印象にしています。 四角顔・三角顔の人はここがポイント 四角顔や三角顔の人は トップを持ち上げたり頭の丸みを活かすようなヘアアレンジをするとよいでしょう。 全体的に選べる髪型が多いのも特徴です。 頭の丸みを活かしたヘアアレンジを 頭の丸みを生かした髪型を作ってみましょう。 やや高めにセットしたポンパドールやコームオーバーなどがおすすめです。 アップバングにして前髪を上げるのもよいでしょう。 ボウズや短く刈り込んだ髪も — 2019年 8月月1日午前10時11分PDT 敢えて ボウズや短く刈り込んだ髪もアリです。 カラーリングすると単なるボウズよりもスタイリッシュな印象になりますし、ヒゲと組み合わせてワイルド感を出すのもおすすめです。 外国人風のヘアアレンジをするときはここに注意! 外国人風のヘアアレンジをするときに 注意したいポイントを挙げておきましょう。 眉毛もしっかり整えておこう 外国人風のワイルドな雰囲気を出すためには、 眉毛もしっかりと整えておきましょう。 細すぎるのも考えものですが、手入れをしていない眉毛はワイルドではなくだらしない印象になってしまいます。 メガネやメイクなどで顔を強調するのもアリ! 一般的に外国の人よりも日本人の方が目が切れ長なことが多く、 外国人の彫りの深さは日本人にはないものです。 そのため メガネをかけてみたりメイクで陰影をつけたり目を強調したりといったテクニックを使ってみるのも有効です。 似合わない髪型は無理にやらないこと 「憧れ」と「似合う」は全く別物です。 そのため、憧れの髪型にしてみたけれど全く似合わないという悲劇がよくあります。 似合わない髪型は無理にやらず、 自分に似合うようなアレンジをしてみましょう。 切ってしまったあとは取り返しがつかないと思いがちですが、セットの仕方によってはうまい落とし所を見つけられる場合があります。 まとめ 外国人風の髪型はワイルドさはもちろん、ナチュラル感やかっちりした印象など、さまざまな効果をもたせることができます。 自分の顔の形に合わせた髪型をチョイスし、おしゃれな髪型を楽しみましょう。 もちろん 髪型に合わせた小物や服などのコーディネートも忘れずにビシッと決めましょう。

次の

海外おしゃれメンズの人気ヘアスタイルおすすめ30選 | VOKKA [ヴォッカ]

外国 人 髪型 メンズ ボウズ

スリックバックスタイルとフェイドスタイルを組み合わせたカットで、簡単に言うと襟足からサイドを刈り上げトップの髪の毛をかなりラフなオールバックにスタイリングをしたヘアスタイルです。 後ろに流した髪の毛の大胆な動きと刈り上げ部分のメリハリが特徴的なスタイルでモードな雰囲気があります。 スタイリングの際に重要なことは太めの毛束感を出すことです。 美容室でオーダーする際はトップ部分を残すこと、刈り上げ部分はトップになるにしたがって長くなることを伝えましょう。 髪の毛を濡らしてタオルで水気をとります。 トップの髪を後ろにかき上げるようにして乾かしていきましょう。 ハードワックスを適量手に取り全体になじませます。 太めの毛束を作りシルエットを整えスタイリング完了です。 フリンジスタイルとはサイドを刈り上げトップの髪の毛を前方にかけてボリュームを増してくスタイルです。 前髪をあげておでこを出すスタイルが一般的な海外のスタイルでは珍しいスタイルで、若々しい印象を与えます。 ナチュラルな仕上がりになるという点で日本人でも取り入れやすいのも特徴です。 スタイリングの時短にもなり、トップの髪の毛をうごかしすぎなければビジネスにおいても対応可能なのもポイントです。 美容室ではサイドをグラデーションで刈り上げることを伝え、前髪にボリュームを残すことを伝えましょう。 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。 トップから前髪かけてボリュームを出していくように髪の毛を乾かしていきましょう。 9割ほど乾かしたらワックスを適量手に取り髪の毛になじませます。 コームなどで毛流れを整えスタイリング完了です。 髪の毛を全体的に後ろにかき上げたスタイルを日本ではオールバック、海外ではスリックバックと言います。 画像のスリックバックスタイルはサイドをグラデーションに刈り上げ、トップをかき上げたメリハリのあるスタイルでビジネスはもちろんカジュアルも活躍するヘアスタイルです。 整然と整えられた前髪からトップにかけての髪の毛が大人の魅力を演出するでしょう。 スタイリングの際にはコームやブラシを使用したいところです。 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。 トップの髪の毛を後ろにかき上げるようにして乾かします。 7割ほど乾いたらグリースを手に取り髪の毛になじませます。 コームやブラシを使いスタイルを整えましょう。 サイドを刈り上げたフェイドスタイルとパーマを組み合わせたスタイルです。 トップの髪の毛の強い動きとサイドの刈り上げはスタイルにメリハリを生み出し、スタイリッシュな印象を与えます。 しかし、刈り上げ部分がとても広くサイド部分からバック全体にわたるので、日本のビジネスシーンでは受け入れがたいヘアスタイルであるということも考慮したうえでスタイリングを行いましょう。 髪の毛を濡らしたタオルで水気をとります。 前髪は根元から立上げ、トップのカールしている部分は握りこむように乾かしましょう。 8割ほど乾いたらハードワックスを手に取りなじませます。 前髪を横に流しトップに毛束を作ったらスタイリング完了です。 サイドを刈り上げたフェイドスタイルとトップから前髪にかけてボリュームのあるフリンジスタイルを組み合わせスパイキーに仕上げたヘアスタイルです。 日本ではソフトモヒカンに分類される髪型で、トップにとがりのあるスタイルはワイルドな印象を与えます。 無造作に髪の毛をうごかすのは難しくスタイリングには練習が必要です。 以下にセット方法を解説するので参考にしてください。 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。 前髪を根元から立上げ他の部分は無造作に動かします。 乾かしたらハードワックスを手にとり全体になじませます。 手のひらでなでるように髪の毛を動かします。 無造作に動かした髪の毛に毛束をつくりスタイリング完了です。 サイドの刈り上げに段をいれ、前髪を9:1に分けたヘアスタイルです。 毛先をそろえたサイドの髪の毛がスタイルにモードな雰囲気をプラスしています。 こちらのヘアスタイルも他の海外のスタイルと比べると日本人の方に取り入れやすいのが特徴で、特に40代~50代の年齢的にも熟したメンズがこのスタイルにすることで自らの魅力を更に引き出すことが出来るでしょう。 ビジネスの場においても適応するのでビジネスマンの方にもおすすめです。 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。 9:1の分け目をつくりそれにそって全体を乾かしていきます。 7割ほど全体を乾かしたらグリースを髪の毛になじませます。 ブラシやコームで毛流れを整えスタイリング完了です。 バックの襟足部分を長めにとったスリックバックスタイルで、髪の毛を後ろにかき上げた流れに合わせて襟足につながるようなカットになっています。 他のフェイドスタイルとは異なり、後ろにも髪の毛を残しているため、伸びた襟足がセクシーな印象を演出します。 スリックバックのフォーマルな雰囲気も持ちつつも、程よいカジュアルさもあるため幅広いメンズにオススメのヘアスタイルです。 美容室では画像を参考にしながらオールバックと伝え、襟足は残すことを伝えましょう。 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。 根元からかき上げるようにして髪の毛を乾かしていきます。 7割ほど髪の毛を乾かしたらグリースやジェルを全体になじませスタイリング完了です。 前方に行くにつれて前髪のボリュームが増すフリンジスタイルにパーマをかけることで、より強く動きを出したヘアスタイルです。 サイドとバックは刈り上げているため、トップから前髪にかけての髪にボリュームがあるにも関わらず、全体的にはシャープな印象があります。 フリンジスタイルの中でも前髪が長く、パーマで動きを出しているのでビジネスシーンにおいてのヘアスタイルではありませんが、スタイル全体のエッジの効いた雰囲気はプライベートで他のメンズと差を付けることが出来るのは間違いないでしょう。 髪の毛を濡らしタオルで水気をとる。 全体的にカールを意識しながら乾かします。 7割ほど乾いたらワックスを全体的になじませます。 軽く握りこむようにして動きをだし、毛束を作りながら全体を整えてスタイリング完了です。 後ろにかき上げた髪の毛を後ろで固めずに無造作にちりばめることでカッチリとした感じではなく、カジュアルな雰囲気に仕上げたヘアスタイルです。 プライベートシーンで活躍することは間違いありませんが、スリックバックスタイルをベースとしているためジェルやグリースなどの整髪料を使って髪の毛をまとめることでフォーマルな雰囲気が必要とされるビジネスシーンにも対応します。 スリックバックのカットに加えて軽いパーマをあてることでセットがしやすくなるのでおすすめです。 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。 なるべく動きを出すようにしながら髪の毛をかき上げるようにして乾かします。 8割ほど乾かしハードワックスを全体になじませましょう。 手クシで髪の毛をうごかし軽く毛束を作ったらスタイリング完了です。 ミディアムほど伸びた髪の毛にパーマで動きをだし、そこにサイドの刈り上げを組み合わせることで髪の毛の長さがありながら全体にスッキリとした印象のあるヘアスタイルです。 片方の髪の毛を耳にかけることで、セクシーな印象も演出しています。 それなりの長さがあるのでジェルなどの固めることの出来るスタイリング剤を使用することでオールバックにすることも可能です。 意外にもヘアスタイルとしては万能という点も魅力的なヘアスタイルです。 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。 鉢周りなどを押さえボリュームが出すぎない様に意識しながら髪の毛を乾かしていきます。 8割ほど乾かしたらワックスを全体になじませます。 パーマをうごかし片耳に髪の毛をかけたらスタイリング完了です。 ミディアムヘアを無造作にかき上げた抜け感のあるヘアスタイルです。 かき上げた髪の毛の抜け感がオフモードとのギャップを演出します。 カジュアルなシーンに特におすすめのヘアスタイルですが、ビジネスの場においてもジェルやグリースなどで髪の毛を後ろにまとめてオールバックにすれば対応可能な使い勝手の良さも併せ持っています。 オンとオフどちらも決まるのでカジュアルなスタイルですが、ビジネスマンの方にもおすすめです。 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。 無造作に前髪をかき上げ、他の部分をうごかしていきながら髪の毛を乾かしていきます。 9割ほど乾かしたらソフトワックスを全体になじませます。 全体を手クシで整えたらスタイリング完了です。 サイドからバックにかけて刈り上げトップに髪の毛を残したヘアスタイルです。 日本でもツーブロックスタイルとしてなじみのあるヘアスタイルではないでしょうか。 ビジネスとカジュアルのどちらにも対応することが出来る使い勝手の良さに加えて、スタイリングにあまり時間が掛からないという点も魅力です。 トップの部分に動きを出すために軽いパーマを当てるとスタイルの再現性が高くなるのでおすすめです。 髪の毛を濡らしてタオルで水気をとります。 トップの部分に動きをだすことを意識しながら乾かしていきます。 全体を7割ほど乾かしたらハードワックスを全体になじませます。 トップを立ち上げたり毛束を作り全体を整えたらスタイリング完了です。 ここまで紹介してきたヘアスタイルは基本的にサイドを刈り上げたスタイルですが、刈り上げることなくナチュラルに仕上げたヘアスタイルは海外でも定番の1つです。 前髪を立ち上げトップを立ち上げ、パーマで動きをつけるといった王道のスタイルは似合わせ力が高く、どんなメンズにもおすすめすることができます。 ビジネスとカジュアル、両方の場面で活躍するのでヘアスタイルに迷ったらベーシックショートスタイルが無難です。 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。 鉢周りを押さえ、トップと前髪を立ち上げ7割ほど乾かします。 ハードワックスを手に取りなじませます。 全体のシルエットを整えたらスタイリング完了です。 サイドをグラデーションで刈り上げるフェイドカットとトップのパーマを組み合わせたヘアスタイルです。 先に紹介したクロップスタイルと異なる点は前髪の毛先を切りそろえている点です。 トップの強い動きとは逆に整えられた前髪がスタイル全体のモードな雰囲気を演出しています。 シーンを選ばないのも特徴で、セットの方法を変えればプライベートとビジネスどちらにも対応することが出来ます。 髪の毛を濡らしてタオルで水気をとります。 トップの髪の毛を全体的に立ち上げまえがみをそろえることを意識しながら髪の毛を乾かしていきます。 8割ほど乾かしたらハードワックスを全体になじませます。 手クシでなるべく無造作にすることを意識しながら全体を整えたらスタイリング完了です。 トップから前髪にかけてボリュームの多くなるフリンジスタイルとパーマスタイルを組み合わせたスタイルです。 カーリースタイルの部分で述べた通り外国人のパーマスタイルはとてもカールが強いのが特徴です。 このフリンジパーマスタイルは前髪にボリュームがあるのが特徴で、それらがトレンディな雰囲気を演出しています。 ヘアスタイルの個性が強い分、合わせるファッションには気をつけたいところです、あまり派手なファッションと合わせるとチャラい印象になってしまうので注意してください。 髪の毛を濡らしてタオルで水気をとります。 カールを意識しながら髪の毛を乾かします。 7割ほど全体が乾いたらワックスを全体になじませましょう。 手クシで全体のシルエットを整えスタイリング完了です。 ポンパドールとは簡単に言うとオールバックスタイルのトップの部分が盛り上がったヘアスタイルです。 日本ではあまり見かけることはありませんが海外では一般的なヘアスタイルであり、オシャレヘアとして定番のスタイルです。 オールバックと異なる点は髪の毛が盛り上がっているという点だけではなく、トップからバックにいくにつれて盛り上がりが低くなっていくという点にあります。 そのためスタイリングは難しく、それなりに練習が必要なヘアスタイルです。 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。 ブラシやクシを使用して画像のような盛り上がりをイメージして乾かします。 全体を乾かしたらジェルを手に取り髪の毛になじませましょう。 再度ブラシやコームを使用し形を整えたらスタイリング完了です。

次の