ア セッション プリーズ。 ケツメイシ「ア・セッションプリーズ」 :: @YouTube音楽PV動画無料視聴まとめ

アセンションとは?アセンションする人の特徴12個と症状25個!頭痛?眠い?

ア セッション プリーズ

知ぜらる日本の聖地・目覚めるとき アセンション(次元上昇)とは アセンション(ascension)は上昇、即位、昇天を意味する英単語。 あえて日本語を探れば、「次元上昇」になるでしょう。 次元を上げるといっても、いったい何のことかがわかりません、しかしながら、どうやら我々の世界は3次元だけではなく多次元であるということなのです。 アセンションと多次元世界 英語でマルチバース(multiverse)もしくは、メタ・ユニバース(meta-universe は多次元宇宙、もしくは多元宇宙論として有名です。 これは仮説として可能性のある複数の宇宙の集合である。 多元宇宙はすべての存在を含む。 これは、われわれが一貫して経験している歴史的な宇宙に加え、空間、時間、物質、およびエネルギーの全体、そして、それらを記述する物理法則および物理定数なども含まれる。 平行宇宙 parallel universes と呼ばれることもある。 アセンション・地球のレベルが上がってきました 地球も生きている意識体なのです。 地球自体が我々の人間より先んじて意識が急激に上昇してきております。 必然的にその上に住んでいる我々・人間も意識のレベルが向上してきております。 「愛」に元ずく生活態度に従った生活をしないと、とても辛く、苦しいことの体験がとても多くなってくるのです。 エゴに基づいた生活(今だけ・自分だけ・お金だけ)をしていると、意識レベルが下がっていき、ますます、心配、恐怖、嫉妬となって行き、結果的には「暗く・冷たい」世界へと引きつり込まれることになります。 を開けて、早いうちに「明るく・温かい」世界を体験しましょう。 アセンション・物質的な世界から意識世界へ アセンションとは、三次元から五次元へ移行することです。 物質世界から意識世界 Consciousness World への昇華(しょうか)になります。 物質世界の重い波動を超越して、軽やかな、あるがままの自分に戻ることです。 なにも特別なことではありません。 言われてみれは「なんだ、そんなこと」とつぶやかれるれるのがアセンションの信実です。 しかしながら、「そんなこと」に行き着くまでに、多くの経験を乗り越え、意識の変革を達成しなかればなりません。 アセンションとは、少しも難しいことではありません。 悪い想念で汚した地球を元に戻すこと、これ以上の環境を汚さないこと。 人間の個人のレベルでいえば、心を、魂を磨くこと。 自分の欲望ばかり追求するのではなく、多くの人と分かち合うこと• 獲得したものを独占するのではなく、広く共有すること。 広く動植物を慈しみ、その生態系を保存して、子々孫々に伝えること。 日光、空気、水、食物に感謝して、自他の生命と人格を最大源に尊重する。 日々を楽しく、感謝に満ちて、ワクワク暮らすこと• 自分が魂であるという自覚をすること• 魂は「生き通し」です、ですから「永遠」なのです。 アセンション・意識レベル 大きな浄化の現象が地球規模で起こるわけですので、我々の意識に影響を与えてしまいます。 これが『恐れ』、『心配』、『怒り』、『葛藤』、、、、を招き結果的にはレベルを落としてしまいます。 意識レベルが低下しますと、意識の低いもの(フォース)を引き寄せてしまいますので注意が必要です。 意識レベルことがよくわかります。 アセンションが序曲・資本主義 の崩壊がはじまっております 現在は共産主義が消滅してしまった後、アメリカを中心にした「資本主義」の論理で世界が回っております。 これはすなわち競争の原理、大量生産、大量消費、そして大量廃棄であります。 資本主義の問題点を是正するべき天の理がは働きだしたと思われます(2009年前半)。 現在でもお金のない国、お金のない人は、毎日の食べ物を確実に手に入れることができないために餓死したり、栄養失調に陥っておびただしい数の人々が死線をさまよっているのです。 つまり、食料の公平な分配がされておりません。 ここでも、世界の穀物、食料はどのように生産、供給したら「儲かるのか!」の原理で動いております。 お金が全てであると言う「拝金主義」のもとで現在の資本主義が発展してきましたが、はたしてこの「お金」、「財産」、「名誉」、、、という我々の価値で人間の「幸せ」が買えたでしょうか? 多くの心ある人々がこの根本的なことに気がつきだしております。 結局、われわれが学べたことは:• お金では幸せを買えない。 財産では幸せになれない。 名誉は本人の自己満足 (名誉とお金が密着していると感じられる) つまり、これらのことを追求してますと、これでよいのだという、限度がないのです。 お金を例にとりますと、最初は100万円を手にしたいとおもいます。 しかし、ちょっと他人をみますと彼は200万円を持っている。 アセンションと地球環境問題 地球はいま病める星になってしまくいました。 人間の環境破壊が進み、その地球自身も「生きております生命体です」ので「自然浄化、自然治癒力」があります。 いま地球がおかしくなっています。 世界中で、大地震や大洪水、竜巻、干ばつなどの被害が続出しているのです。 二酸化炭素による地球温暖化現象だとか、エルニーニョ現象だとか、いろいろ説明されていますが本当の原因は他にあるということです。 地球が熱くなっているのは確かなようですが、それは二酸化炭素のせいではなく、 太陽活動のせいであるといわれ始めています。 地球の次元上昇(アセンション) この地球の異変は今後ますます強まると見られています。 2004年ごろから始まった地球の浄化現象はこれからがいよいよ本番を迎えます。 いま、ある意味では地球が悲鳴を上げ、人間本位社会の歪みが吹き出しています。 しかし、これは人間で例えれば病気の症状と同じです。 人類の意識が作り出した地球の病気が全快するために、経過しなくてはならないステップなのです。 全快した地球は、よたよたした哀れな姿ではなく、光り輝く健康体となります。 病気になって回復するときに経験する「好転反応」に似ております。 その地球に住むことのできる人間も、新しい意識に次元アップした新人類です。 まもなく地球と人類、そしてこの地球上のすべての生き物、物質が丸ごと次元アップします。 今はそのための産みの苦しみをしていると思ってよいでしょう。 人類はこれからさまざまな「産みの苦しみ現象」を実体験することになります。 しかし、苦しみの程度は人の心の状態によって違ってきます。 エゴの強い人、気づきの少ない人ほど、大きな苦しみを味わうことになるでしょう。 各予言の示すところによると、その苦しみは「先に死んだ人をうらやましく思うほど」であるといいます。 2011年の3月11日の東日本大震災、そして福島原発・放射能もれ事故はまさしくこの状態だったのです。 これから、洪水、地震、突風とより大きなカタストロフィーが日本の地にも起こってくるといわれています。 この事象に対して、 「恐怖」「恐れ」は一端、棚上げして、今という瞬間、そして自然からの恵みに「感謝」いたしましょう。 アセンションと新しい太陽系周期に突入 地球を含む太陽系の惑星全部は2004年あたりから新しい周期に入る転換期にあたります。 過去の2,150年は「魚座」の周期にありました。 現在は「水瓶座」の周期に入りました! 地球を含む太陽系全部は、黄道帯の星座との関連において宇宙空間を巡っております。 この黄道帯を一周するのに約2万5千年から2万六千年ほどかかります。 これを12星座の数で割ると、約2,150年となります。 魚座(パイシス)の持っているエネルギーの特徴は:• 三次元的物質至上主義• 競争の原理• 男性的 水瓶座(アクエリアス)の持っているエネルギーの特徴は:• 人類に統合を提供する• エゴからエヴァに変換• 精神的な価値観• 女性的 アセンションという今の時代に生きる意味 おかちゃんの気のせいなのか、はたまた、老化現象なのか? このごろ一日、一週間、一ヶ月、一年の経つのが早いと感じております。 ところが、この感触はおかちゃんだけではないのですね。 実はこれには訳があったのです。 私たちはいま、「時間の川」を「地球」という舟に乗って下っています。 「地球の次元アップ」という滝が近づきつつあります。 滝に近づくにつれ、流れが速くなっていくように、今時間の流れがますます速くなっているようです。 アメリカのテレス・マッケンナという科学者によると、現実に時間は短縮されているらしく、計算すると現在は一日が以前の数分の一ぐらいしかないそうです。 2012年の12月2 1日には、時間がゼロ・ポイントを迎えるといいます。 なんと古代のマヤの人が作った「」 と不思議に一致いたします。 どんどん早くなる、われわれの時間感覚(時計で測る絶対時間はかわりません)、つまり、残されたわずかな時間を精一杯生きることに意味があると思われます。 アセンションとPnanet X 二ビル星 謎の惑星プラネットX(二ビル星)が2012〜2013年この太陽系に戻ってくるという情報があります。 二ビルは太陽の伴星です。 二ビルがもたらす、もっとも大きな影響は太陽活動です。 リモートビューイングのエドデイムス元少佐は透視を見たと報告しております。 アセンションと日本人の役割・ 日本人の精神性 21世紀にはいり、発展途上国はまだまた、物質的により豊かに なろうという価値観なのです。 それが一番顕著に現れているのが今の中国です。 より物質的によりお金持ちになろうとしております。 しかしながら、欧米の先進国においては (特に日本においては)、価値観の大転換がおこりつつあるのです。 先ずは日本女性から、そして今、働き蜂だった男性に広がってきております。 それは物質文明から精神性を高めることにフォーカスされてきています。 世界が見ていた東日本大震災 2011年3月11日の東日本大震災で、いざという時に人や物事の本質・本体が姿を現す という、まさしくその事態を目の当たりにさせられました。 その本体がほかでもない常日頃の生活を支える平常の心であることを、はっきり知ることができたと思います。 世界各地で心の癒し、心の平安を求める波が高まっている時期に、今回の大震災が起き、共生の面が被災地に圧倒的な勢いで出現していく様子をテレビやインターネットで見知り、世界の人々は驚嘆したのです。 20世紀は西洋文明主導の価値観を押し付けられたわけです。 それは受験勉強を初めとした、競争社会でした。 ここにきて、その見直しが始まっています。 大震災という未曾有(みぞう)の危機状態のなかで、多くの人々が けっして平常の心を失うことなく、自力救済と相互の助け合いに力強い働きぶりを示してくれたのでした。 日本人が本来もっていた融和を目指す心、異なる相手の内に入り込み融け合っていこうとする心は宇宙からの目の見えないエネルギーがサポートしております。 アセンション・日本人だけが出来る 国連の2011年版「世界人口白書」によると、昨年の10月31日に世界人口が70億人に到達したと推計されています。 20世紀に人類は人口爆発と呼ばれる人類史上最大の人口増加を経験しました。 このトレンドは現在進行中です。 このままの増加率では、なんと、100億人に達するのも、40年以内とされております。 中丸薫さんの本によると、世界の裏社会のリーダーはこの増えすぎた世界人口を削減する必要があると考えているようです。 食料問題 世界の農業生産、食わせることが出来るマックスは30億人と言われています。 飽食の時代、日本においては全く実感がありませんが、世界の半分くらいの人々は今でも、満足に食料がなく飢えているのです。 この30億人の食料・供給は現在の欧米主導の食文化から算出されています。 欧米の人々は「肉食・牛肉」をベース、そして、いまの日本も沢山の食料を輸入しております。 欧米の食料事情を基準にするとまさに、30億人の食料しか供給できないことになるのです。 人口削減計画 イルミナティー、フィリーメーソンのシニアメンバーは真剣にこの世界人口の増えすぎに対して、なんとか削減する方法を考えているようです。 欧米の食文化が入ってくる以前の日本、たった40年前ほどは食料はその地域の取れたものを食べていたのです。 肉食はほとんどなく、穀物、野菜、魚をベースした「和食」です。 従来から日本人は「草食人」だったことを思い出しましょう。 キイワードは 【地産・地消】です。 70億人でもOK 従来の日本人がおこなっていた「和食文化」をひろく、世界に広め、肉食からの転換をすることで、世界の食料の供給事情はすっかりと変わるはずです。 人口削減ではなく、70億人でも大丈夫なライフスタイルに変えることを必用なのでしょう。 こんなことが出来るのは「日本人にしかできません」。 我々がその成功モデルを世界にデモンストレーションする必要があるものと思います。

次の

ケツメイシ ア・セッションプリーズ 歌詞

ア セッション プリーズ

アセンションはあなた自身に起きる アセンションとは、簡単に言うと「次元上昇」です。 現在の地球は3次元の物質世界ですが、次元上昇により5次元に上がる。 なぜなら、地球という星も、人類という生命体を保有した一つの生命体だからです。 どういう事かと言いますと・・・ まず、アセンションとはその人の魂自体の変化と言えます。 簡単に言うと、 アセンションする人は、魂レベルが高く、人格や精神性が高い人です。 しかし、魂のレベルは「この人は魂レベルが高い」とか「この人は魂レベルが低い」とか、2極性に分かれるものではありません。 この世には、立派な人と未熟な人の二種類しかいないワケではないのと同じように、魂を成熟させた人と、魂が未熟な人は、段階的な開きがあります。 そのため、アセンションとは、「このラインを超えたらアセンションしますよ!」と言うことではなく、その人の魂レベルに合わせて、その人にとって「自分のレベルにふさわしい世界」へと、ゆるやかに移動していく事になるのです。 アセンションは自分自身に起きることであり、アセンション後の世界も、その人の魂レベルにあった世界を、その人自身の思考が作り出します。 なぜなら、このサイトでもよく書いていますが、 思考とは、そもそも現実化するものであり、わたしたちの考えた事が、そのまま物質化していくからです。 より高次にアセンションに向かっている人たちは、その人の魂の成熟具合によって、より高次な物質現象を作り出します。 これは、様々なスピリチュアリストの間でも言われていることであり、「アセンションは2012年から始まっている」と唱える方が多いようです。 しかし、先程も申しました通り、アセンションとは、あくまでも「自分自身の魂の状態」なのですね。 分かりやすい例えとしては・・・ 以前は仲が良かったのに、疎遠になって会わなくなってしまった人がいるとします。 そういった場合は、あなたは、 その人とは、魂のレベルが違ってきたので、同じ世界にはいられなくなった。 と解釈する事ができます。 逆に、自分の周りの人間関係などの環境が、どんどんと良い方向へ変化している!なんて人もいるかとは思います。 サイエンス(科学)の進歩がアセンションのキッカケとなる!? この説はちょっと賛否両論があるかもしれませんが・・・ わたしは、人々がアセンションしていくキッカケは、スピリチュアルの分野から始まるものではないと考えています。 わたしは、サイエンスの進化、 つまり、科学技術の進化により人々がアセンションに向かうキッカケが作られていくと考えます。 こういったテクノロジーの進歩が更に進むと、同時に人間自体の精神性も上げていかなければ、テクノロジーによる高度複雑化した社会システムに、人間が対応できなくなってしまいます。 つまり、テクノロジーの進歩により、人間の精神性(つまり魂レベル)も上がり、人類は進化していくのです。 パラレルワールドとは、簡単に言うと 「自分の思考」により無数に時空間が作られるという考え方です。 ただ、初めてこのサイトに来られた方は、「どうして自分の思考でパラレルワールドが作られるの?」と疑問に感じるかも知れません。 この世の万物のモノは、量子が運動することによるエネルギーで出来ています。 つまり、スピリチュアルの世界や量子力学の世界では、 人の思考は現実化するとされているのです。 そして、わたしたちの思考が瞬間ごとに作り出す世界は、 わたしたちの魂のレベルに応じた世界が作り出されると言えます。 そのため、魂レベルの高い人は、自分自身の思考により、どんどんと高次な世界を作り出していき、それを現実化させます。 反対に、魂レベルの低い人は、低次な世界を作り出していくのです。 その為、アセンション後の世界というのは明確に2極に分かれるのではなく、その人の魂レベルに応じた世界が、瞬間ごとに無数に存在する。 そのため、「死」とはちょっと意味が違うような気もしますが・・・ ただ、「死」によって、 いきなり飛び級するくらいの勢いで、一気に高次な世界へと移動してしまう人もいるでしょう。 たとえば、北の刈り上げ君が核ミサイルを打って、それが都心で爆発した場合、ほとんどの人は自分が「死」を意識する暇もなく肉体は消滅します。 そんな場合は、痛みも恐怖もありませんし、目が冷めたら、何だかよく分からないけどすごく景色が綺麗で心がおだやかな状態で生活していた・・・なんて事も起こりうると思います。 このように「死」によって一気に高次な世界へと移動してしまう人の場合は、「アセンション」=「死」という事も出来ます。 しかしこの時に、3次元物質世界から見れば、霊体は物として視覚的に捉えるうことが出来ませんが、4次元、5次元などの高次な世界に移動すると、高次な世界のみで認知できる「肉体」が存在するのですね。 そのため、「死」という現象は、3次元物質世界から見たら、肉体が消えてしまうような悲しい事だと考えてしまう方も多いかとは思いますが、本当はそうではなく、高次な次元に移動することなのです。 つまり、アセンションとは、 死後の世界も含めた「高次な世界」をも認知できるように人間が進化する!と考えると解りやすいのではないかな?とは思います。 わたしたちは「死」と聞くと、恐怖感を感じますし、死とは痛くて怖いものなのでは?と何となく考えてしまいます。 しかし実際、「死」とは、わたしたち人間が暮らす3次元世界での概念に過ぎません。 本当は、 命とは「魂」であり、永遠に続くエネルギーなのです。 わたしたちの魂は、物質世界で肉体に入ることにより、様々な人生を経験し、そして、その経験をお互いに共有します。 「死」は決して恐れるモノではなく、ただ単に、人間が決めた「節目」に過ぎないのですね。 そのため、3次元物質世界ではありえない法則とされる「超能力」なども普通に使えるようになると言われているのですね。 なぜなら、あの世なども含めた高次な世界では、考えるだけで物質化できる世界だからです。 そして、他の人(魂)との繋がりが更に強くなるため、言葉もいらなくなります。 つまりテレパシーです。 よく、「アセンションをすると超能力に目覚める」なんて言われていますが、その理由は、自分の魂が進化し、あの世の世界を含めた4次元、5次元などの高次な世界を、日常的に認知できる様になるからなのですね。 その結果、アセンションをしていく人は、日常的に死後の世界も認知できるようになるので、 死に対する恐怖心がまったく無くなるのです。 先程も書きました通り、あの世などの高次な世界は、考えるだけであらゆる物を物質化出来ます。 そのため、高次な世界では、言葉も要らなければ、仕事をする必要もなく、お金も必要なくなります。 そして、魂のレベルが高い人は、既に少しづつですが、 自分の目の前に現れる物理現象が「高次なもの」になってきていると気づくのではないでしょうか? もし、あなたが「自分は5年前から何も変わっていない」と感じるのなら、あなたは、自分自身の魂のレベルにあった「以前と同じ世界」を自分自身で作り出し、そこに留まっているといえます。 なぜなら、この世では「超能力」と言われるような現象も、高次な世界ではごく普通の事だからです。 自分がアセンションに向かっているかどうか知るには? 自分自身がどのくらいのレベルでアセンションに向かっているのか知る方法は簡単です。 なぜなら、あなたの周りに起きる物理現象は、すべてあなた自身で作り出しているので、 あなたの魂のレベルは、あなたの周りにすべて反映されるのです。 たとえば・・・ 最近よく聞く話として「エンジェルナンバー」をよく見るようになった、という話を聞きます。 カンが鋭くなっているとい言うことは、波動が高くなってきていると言えるのです。 わたしの場合ですと、最近は「思考が実現するスピードが早くなってきている」と感じます。 「夢が叶う」というと大げさですが、仕事などで「自分がこうしたいな」と思ったことは以前よりも早く結果が出るようになってきました。 それと、いろんな選択肢がある時に「 結局自分の直感が一番正しかった」と言うことが、何ヶ月か後になって解る。 という事も増えてきました。 落ち込んだりマイナス思考になることも、昔の自分と比べると格段に減ってきています。 その結果、私の周りには、愚痴や不満などを言う「マイナス思考の人」も、だんだんと減ってきました。 波動が軽くなるとは、つまり、この世の全てのモノを構成するエネルギーの周波数が高くなってきていると言えます。 そのため、物体の質量も本当は軽くなってきているのですが、ただ、この世のすべてのモノ全てが同時に軽くなるので、実際は、計りで測っても重さが変化するわけではない様です。 そして、アセンションに向かっていると起きる現象として「 体の不調」が起きてきます。 それもそのはずで、波動が上がり、魂のレベルが勢い良く上がり続けると、魂の入れ物である「肉体」がそれについていけず「体の不調」という現象で出てくるのですね。 そんな方は「アセンション=天国」と考えているようです。 しかし、そうではないのですね。 なぜなら、 わたしたちが何度も輪転性を繰り返す理由は「魂レベルを上げていくため」だからです。 そのため、 魂の成長に終わりはないのです。 わたしたち人間も含めたあらゆる生命体の魂は、常に変化し成長を望むものであり、このことは「宇宙の意志(神の意志)」と言えます。 わたしたちの魂は、成長をやめてはいけないのですね。 ということは、アセンションできたら、それで修了!ではなくて、アセンション後はさらなるアセンションに向かうために、また魂レベルを上げるための「努力」を始めることが必要なのです。 アセンションは一般的には、三次元物質世界から五次元に次元上昇することだと言われておりますが、仮に五次元世界を認知できるように魂のレベルが上ったとしても、今度は、六次元、七次元と、更に高次な次元に向けての成長が必要なのですね。 少し長くなってしまったので、今日の記事のポイントをまとめます・・・ 1. アセンションは、あくまでも自分自身に起きる変化である。 アセンションはその人の魂レベルに応じて起きる現象なので、「アセンションできる人とできない人」と言ったように2極に分かれるのではない。 アセンションはスピリチュアルな分野ではなく、サイエンス(科学)分野の進歩により、人々がアセンションに向かうキッカケが作られる。 パラレルワールドの考え方は、アセンションを理解するには解りやすいかも?なぜなら、個々の魂レベルにより、それぞれの人にふさわしい物質空間が作り出されるから。 そのため、魂レベルを上げていく人は、自分自身が作り出す物質空間をどんどん高次なものへと自分自身で変化させていく。 順調にアセンションしていくと、死後の世界(高次な世界)も当たり前のように認知できるようになるので、死に対しての恐怖心が全く無くなる。 同時に、死後の世界も含めた高次な世界では当たり前とされている「超能力」の様な能力に目覚めるようになる。 順調にアセンションに向かっている時には、わかりやすい物理現象が現れる。 また、体の不調としても現れる場合もある。 アセンションは次元を上がる際の節目の様なものであり、言ってみれば、アセンション完了後がゴールではないのです。 2019. 23にYoutubeにて動画公開した内容を、文字起こししたものです。 こんにちは、スピリ[…]• 2019. 2019. 2019. 宿命・自由意志・因果・神の意志の関係とは[…]• 2017. 」と言[…]• 2020. 04にYoutubeにて動画公開した内容を、文字起こししたものです。 こんにちは、スピリチ[…]• 2017. 2018. 2017. 2019. ハイヤーセルフと人生の仕組み」と[…] コメント (4件)• アセンションとかに拘ることなく、今を生きることが大事なんですよ。 たとえば、あなたがアセンションを望む理由は何ですか? もしかしたら「今の苦痛から解放されたい」という理由ではないでしょうか? もしもそんな理由なら、アセンションを望むのは無意味ですよ。 ってことです。 もしも、違う次元に行ってきたとか、そういった不思議体験を聞きたいのなら、他の人のブログを読んでください。 わたし自身の実体験は、引き寄せの法則は確実に存在するという事と、思考は現実化するという事。 それと、統計的に、宿命と因果はどうやら存在する。 という研究結果を書いております。 遊びに行くと書いたのは、その方が単に楽しんでもらえると思ったからですが、逆に気分を悪くされてしまった様ですね。 それとも、四次元に行けることは、そんなに凄い事なのですか?• 116• 136• 16 最近の投稿• 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020.

次の

ア・セッションプリーズ

ア セッション プリーズ

「」 リリース:• 「」 リリース: 2001年• 「」 リリース: 2002年 『 ケツノポリス2』(ケツノポリス・ツー)は、のグループ・の2枚目の。 また、メジャーデビュー後は初のアルバムで、自身初のオリコン初登場1位を記録。 解説 [ ]• 今回のアルバムカラーは黒。 初回特典はステッカー付き。 収録曲 [ ]• 前出し inst. (0:39)• (5:27) 3rdシングル「手紙」収録曲• ビルの谷間(4:12)• 高値の花(5:54)• 人は(5:34)• 侍ジャポン(5:35)• 中出し inst. (0:57)• album version inst. (4:14) 3rdシングル収録曲のアルバムバージョン• 雲の上から(5:45)• ア・セッションプリーズ(4:28) も参加している。 ケツメの作り方(5:16)• album mix (6:12) 2ndシングルのアルバムバージョン• (6:21) 3rdシングル収録曲• わすれもの(5:49) コンピレーションアルバム「SMOOTH II」、〜冬BEST〜にも収録されている。 (6:10) 4thシングル• 後出し inst. (1:13) 参加ミュージシャン [ ]• RYOJI(ボーカル、歯ブラシ・スプレー・ペットボトル( 1)アレンジ( 2,15)プログラミング( 2,4~6,9,12,14~15)E. guitar( 4~6,9~10,14)A. guitar( 8~9,11,15)コーラス( 4)サウンドプロデュース( 4~6,9,12,14))• RYO(ボーカル、口出す( 1))• 大蔵(ボーカル、ティッシュ・壁( 1))• DJ KOHNO(DJ、ピンセット( 1)Cuts( 2~3,8~11,13)プログラミング( 3~5,8,10~11,13,15~16))• YANAGIMAN(プログラミング( 1~7,9,11~16)アレンジ( 2)E. bass( 3,9~10)W,bass( 11)サウンドプロデュース( 3~9,12~14))• 手紙 過去~• NAM(ラップ)• 369(ラップ)• 手紙~現在~ album version• KIKE(Girly Swing)• ア・セッションプリーズ• WADA(ラップ)• TSUBOI(ラップ)• 田中義人(ギター)• 中道勝彦(エレクトリック・ピアノ)• トモダチ• (ピアノ)• 落合範久(ストリングス・アレンジ)• 武藤宏樹(1stヴァイオリン)• クラッシャー木村(2ndヴァイオリン)• 室屋光一郎(ヴィオラ)• 岩永智樹(セロ)• 後出し• うらみけした(Mc'd)• プロデュース - ケツメイシ・YANAGIMAN• サウンドプロデュース - YANAGIMAN・RYOJI.

次の