藤田 まこと の 死因。 三田村邦彦&京本政樹らが藤田まことさんと最後のお別れ「国民的ヒーローでした」

俳優 藤田まことさん大動脈瘤破裂のため死去を霊視 奇跡への階段 本当に残念です。

藤田 まこと の 死因

藤田まことの息子が逮捕された? 藤田まことさんの息子さんといえば、原田知樹という名前を聞いたことがある人も多いと思います。 原田知樹さんは藤田まことさんの長男で、藤田まことさんの死後に逮捕されていることがわかりました。 逮捕理由は覚せい剤取締法違反でした。 原田知樹さんは俳優や芸能界の方ではなく一般企業の社員ですが、原田被告と知人女性との間でトラブルがあった際に駆け付けた大阪府警の警察官が原田被告の様子に違和感を感じ、尿検査をしたところ覚せい剤反応が出たようです。 必殺シリーズの中村主水 必殺シリーズに登場する中村主水とは説明するまでもないほど有名な人物ですが、藤田まことさんが必殺仕事人シリーズで演じた人物で小説などの原作を持たないテレビ番組オリジナルのキャラクターとしても知られています。 中村主水は第2作の「必殺仕置人」で初登場し、その後「必殺仕事人2009」まで、シリーズの半分を超える16作にレギュラーとして登場し、その他のシリーズでもゲスト出演し、公式にも「必殺の顔」として称されています。 東山紀之は第二の中村主水になれるのか 藤田まことさんは若い頃から芸能活動を行っており、家庭を顧みなかったことを悔いていたのか奥さんが作った借金を背負い、還暦を過ぎてからは家族と手を携えて歩むことを選び妻や息子、娘家族6人で同居し、ハワイに住む次女に会いに行くことを励みに仕事をしていました。 藤田まことの生まれ変わりとツイッターで話題のハムスターとは? ツイッターであることが話題になっています。 それはあるツイッター投稿者の飼っているハムスターなのですが、そのハムスターが見たことも無い表情をしているとの投稿でした。 そしてその投稿者はあることに気付きます。 それが、そのハムスターのしていた表情がなんとも藤田まことさんにそっくりだというのです。 その画像をよく見てみると確かに似ているのです。 目元や口元もそうなのですが、雰囲気も似ておりこの投稿で爆笑した人が続出したほどです。 多くの人に送られた「藤田まことを偲ぶ会」.

次の

藤田まことさん 3回忌で長女が語った「最後の姿」

藤田 まこと の 死因

「早いもので、父・藤田まことの三回忌を迎えました。 でも、私には父の死そのものがいまだにピンとこないんです。 大阪では、いまも父が出演したドラマが再放送されていますし、生前父は仕事で1〜2カ月家を留守にすることが多かったですから。 いまでも『ただいま〜』と帰ってくるような気がするんです」 こう語るのは故・藤田まことさん(享年76)の長女・原田敬子さん(48)。 『株式会社藤田まこと企画』の代表取締役を務める彼女は32歳のとき、ハワイ在住で日系三世のゴルフのインストラクター(48)と結婚、13歳の女児のママでもある。 その後、『はぐれ刑事純情派』シリーズ、『剣客商売』に相次いで出演し、俳優としての地位を不動のものとした。 8時間に及ぶ大手術でした。 術後ICUに運ばれた父は麻酔から目が覚めると、また意識が朦朧としているにもかかわらず、枕元を囲む私たちに両手を合わせて『すまなかった』『ありがとう』と。 天国に旅立つときの身支度は、父がいつもディナーショーで着ていた黒のベルベットのスーツ。 ちょっと窮屈だと思いましたけど『パパさん、ごめんなさいね』と言って、みんなで着せてあげました」.

次の

追悼の森/藤田まこと死去

藤田 まこと の 死因

76歳だった。 読売新聞によると、藤田氏は16日午後9時ごろに吐血し、病院に運ばれた。 所属事務所の話では16日は(昨年11月に患ったの治療のため)リハビリを行っていたという。 読売新聞によると、藤田氏は1933年(昭和8年)生まれで、東京都出身。 父はの時代劇スターだった。 少年時代をで過ごし、19歳のとき、歌手を志して上京。 劇団や司会などを経て芸能の道に入った。 2002年にはを受賞している。 産経新聞によると、代表的な作品と役柄は「」のあんかけ時次郎、「」のムコ殿こと中村主水、「」の安浦刑事など。 共同通信によると、藤田氏は2008年にが見つかり舞台公演の出演を取りやめたり、2009年11月には慢性閉塞性肺疾患を患い、出演の決まっていたドラマを降板して治療するなど、体調は思わしくなった。 日刊スポーツによると、昨年11月にドラマの役を降板する際、藤田氏は「(病気が見つかり、出演できないことに)断腸の思いです」と謝意を表していた。 サンケイスポーツによると、藤田氏はのナレーションで今年1月に仕事に復帰しており、今年3月には現場復帰する予定だった。 情報源 [ ]• 共同通信社。 、2010年2月18日午前11時47分。 サンケイスポーツ。 、2010年2月18日午前11時55分。 産経新聞。 、2010年2月18日午前11時56分。 読売新聞。 、2010年2月18日午前11時53分。 関連外部リンク [ ]• 日刊スポーツ。 、2009年11月16日。 - 2010年2月18日午後0時28分に復刻.

次の