痰が絡む コロナ。 痰の色で病気がわかる!?風邪や肺炎などの違いを見分けるには…医師が解説(健康ぴた)咳は、喉や気管粘膜に付いた異物を体外へと…|dメニューニュース(NTTドコモ)

新型コロナの典型的な症状と受診する目安は?(忽那賢志)

痰が絡む コロナ

現地情報!ななみさん有難う から 【同級生の甥が、修士号を取得して卒業し深圳病院で働いていましたが、現在、彼は新型肺炎ウイルスを研究するために武漢へ転勤になっています。 その彼から電話があって、風邪気味になった場合、その症状に鼻水と痰が出る場合、それが新型コロナウイルス肺炎であると結論付けることはできないという事を私の家族・親戚や友人全員に伝えるように言ってくれました。 コロナウイルス肺炎は鼻水を伴わない乾いた咳であるため、これはそれを識別する最も簡単な方法だということです。 彼はまた、新しいタイプの冠状動脈肺炎ウイルスは耐熱性はなく、26~27度の温度で殺せると言っています。 したがって、ウイルスを防ぐためにはお湯を飲んでください。 運動すると、ウイルスに感染することはありません。 高熱がある場合は、身体を温めて、生姜スープを飲んで体の熱エネルギーを増やすことで、ワクチン接種はしなくても良いです。 より多くの生姜、ニンニク、唐辛子、胡椒をたくさん食べると良いです。 甘いものや、酸味の多いもの、塩分の摂取は少な目にし、寒いところへは行かないようにした方が良いです。 ウイルスは太陽にさらされると完全に消えます。 全ての人がこの事を共有して相互に助け合って下さい。 】 ・・・・転載おわり・・・・ 「新型肺炎は、鼻水痰はなく、渇いた咳のみ。 」 「鼻水をともなう風邪は、新型肺炎ではない」 「26~27度で、殺せる」 「体を温めて、しょうが・ニンニク・唐辛子・こしょうなどが、大切。 日光消毒で、完全に消える。 ・・・・・・・・・・・・ 今、深圳は封鎖中。 そこから、武漢に応援とは。 アビカンの投与を決めた昨日を境に、何かが変わったようです。 まずは、十分な休養と体質強化: 太陽は、私たちの味方です。 黒酢に玉ねぎスライス。 黒酢にハチミツ、生姜下し、レモン汁、少しのジン(焼酎)、 市販のマーボー豆腐の素に、豆腐に加え、ひき肉、生姜・ネギ・ニンニク・唐辛子。 身体をあっため、栄養をたくさん入れる。 次は、地震に備えないといけません。 北朝鮮では、妹の金与正に、全権が渡ったと。 しかも、白頭山で! 半島のイザナミさんにするのかな? お兄ちゃんは、どうなったでしょう? 12月14日に「東京」で開催した新井信介講演会『皆神塾(東京)』のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!! <テーマ>:『行き過ぎた「予定調和」がもたらした悲劇を消せ!! NHK東京直下地震を特集。 キリスト教と、国家神道。 秦河勝とリニアの行方。 白山の泰澄 川勝知事と王毅外相 最大の犠牲者は、「自分の幸福を、マネーで、社会階層の中に見つけようとしたこと」 金融ワンワールドは、列島民がマネーを単なる道具と自覚するまで、「演出」をつづける マネーでの金融破綻は起こさない。 「持てる者」の意識をとことん変えさせる どうなるソフトバンク? 要注意日は?2月11日。 その前に、衆議院選挙はあるか? 地震は? 販売価格は、通常価格6000円のところを、2020年1月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会の方は、「2000円」)でご提供します。 尚、恐縮ですが、別途送料380円を頂戴します。 (注)10月からは消費増税となりましたが、DVDの価格はそのままで、従来と同じ「4000円」で販売させて頂きます。 ただ、送料については「380円」に変更させて頂きました。 全編で、2時間41分(161分)です。 《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。 home. jp 弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。 次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。 》 何のために、私たちはこの世に存在するのか? この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。 瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。 人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。 どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。 注 「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。 『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。 時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。 注 『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。 詳細については「」をご覧ください。 『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。 「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。 また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。 詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。 「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。 月別アーカイブ•

次の

【痰.com】〜痰が絡む原因と対処法〜

痰が絡む コロナ

1.痰とは 痰は気道から出る分泌物です。 健康な人でも常に少しずつ出ていますが、普段は気道表面から再吸収されたり、のどまで上がってから無意識に飲み込まれたりしているのであまり意識されません。 のどの奥から肺までの空気の通り道の粘膜表面に強い刺激や炎症が長く続くと、痰が増えます。 実は、「痰がでる」と訴えている方でも、 のどの奥にたれた「鼻水」や「鼻漏」を痰と言われている方もたくさんいらっしゃいます。 痰はあくまでも気道から分泌されたものですから、 肺炎や気管支炎では病原菌を排除する反応の結果として分泌されます。 また、 煙草を吸う方は健康でも痰がでます。 2.痰の種類 痰にも色や時期により種類があります。 2-1.痰の色• 黄色または緑色:サラサラした水っぽい痰が硬くなり、白色から黄色や緑色に代わると、 膿性の痰と呼ばれます。 これは細菌と白血球と粘液の混ざったものです。 例えば、 慢性副鼻腔炎で膿性の鼻汁がのどの奥に落ちてくる後鼻漏が、 膿性の痰が増えてきたと誤解されることがあります。 赤色: 痰に血液が混じっている場合を血痰、 ほどんどが血液そのものである場合を喀血と呼びます。 口から血が出た場合、出血した可能性のある部位としては、鼻の中・口の中(歯肉・舌等)・のどからの出血(咽頭・喉頭)や気管支・肺からの出血、もしくは吐血(とけつ)といった食道や胃からの出血が考えられます。 外来診療における 最も多い原因は上気道炎によるものですが、なかには 重大な病気が隠れていることもあります。 2-2.痰がでている期間 痰が続く期間で、おおよその原因が予想できます 痰が排出されるような病気では、咳の反射が低下するような基礎疾患がない咳を伴います。 そのため、 咳の期間である程度原因が予想されます。 3週間未満の咳と痰:ほとんど感染が原因です。 特別な経過やほかに特別な症状があれば、必要に応じて胸のレントゲンやインフルエンザの検査などを行います。 3週間〜8週間未満の咳と痰:多くは感染後の名残であることが多いのですが、症状がだんだん強くなったり通常の経過と異なることがあればレントゲンで経過をみたり、喀痰の検査で細菌や悪性細胞の有無をみる検査を行うこともあります。 8週間を過ぎた咳と痰:感染以外の原因が考えられます。 3.痰がでる原因疾患 痰がでる代表的な疾患をご紹介します。 3-1.風邪 風邪の原因は、ほとんどが ウイルスです。 風邪のウイルスが気管支の粘膜を痛めると咳や痰がでます。 3-2.アレルギー性鼻炎 アレルギー性鼻炎で、鼻内の鼻水が増えてくると、鼻の穴から鼻水が出て、さらに喉の奥に鼻水が垂れたものを痰と言われる患者さんは多いのです。 3-3.副鼻腔気管支症候群 副鼻腔炎いわゆる「 蓄膿」が原因です。 副鼻腔に分泌物や膿がたまることで、鼻水が粘り気を帯びます。 その鼻水が喉へ流れることで、寝ている間に喉にたまった分泌物を出そうとします。 多くの患者さんは、この分泌物を痰といいますが、実は痰ではありせん。 寝ている間に咳が出て、粘り気のある分泌物が喉から出る場合は、 耳鼻科での副鼻腔のチェックが必要です。 3-4.肺炎 風邪がこじれて気管支肺炎になると、熱が38度以上になり気管支から痰が大量に分泌されます。 これこそが 細菌と白血球と粘液の混ざったものであり、典型的な痰といえます。 3-5.慢性閉塞性肺疾患(COPD) 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の原因の90%がタバコの煙です。 煙に含まれる有害物質を長期にわたって肺に取り込むことで、肺が炎症を起こすのです。 坂道や階段の昇り降りで息切れをしたり、咳や痰が続きます。 この病気の怖さについては以下の記事を参考になさってください。 3-6.肺結核、肺がん 命に関わる疾患です。 痰が続く場合は、念頭に置く必要があります。 4.対応策 痰には以下のように対応します。 煙草を吸っている方では禁煙が絶対必要です。 時々、煙草を吸いながら「咳や痰が止まらない」と訴える患者さんがあります。 医療はあくまで、自然治癒のサポートです。 患者さん自身にも努力していただく必要があるのです。 4-2.痰が続く場合の注意点 痰を気にしすぎてしょっちゅう 強く「痰切り」をしたり「咳払い」をしたりすると、逆にのどの粘膜を痛めてしまい逆効果です。 うがいも極端に強く行うのはよくありません。 軽く口に含んで出せば十分です。 診断は重症度の高い順から否定する必要があります。 命に関わる、肺がん、肺結核、肺炎を否定する必要があります。 内科では、胸のエックス線写真を撮ってもらいましょう。 肺に異常陰影が見えることがあります。 大きい病院で行う胸部CTスキャン検査で、初めて見える陰影もあります。 痰を容器に出して検査することも大切で、痰のなかに含まれる細菌や結核菌、がん細胞、喘息にかかわりが深い炎症細胞である好酸球などを調べます。 これらが否定されて内科的に異常がないことが確認されても痰が残る場合は、耳鼻科で副鼻腔炎やアレルギー疾患をチェックしてもらいましょう。 細菌による肺炎が咳と痰を引き起こすことがあります。 気管支炎、肺気腫、肺結核、肺癌の可能性も探ります 5.痰の治療 検査で痰と診断された場合は、痰を減らすために去痰剤を使用します。 5-1.去痰剤には2種類ある 臨床では、以下の2種類を組み合わせて処方します。 気道の粘液の分泌を亢進させ、気道壁を潤滑にして痰の喀出を容易にするもの:ビソルボンやムコソルバンなど• 痰の粘稠度を低下させてその喀出を容易にするもの:ムコダインなど 5-2.吸入 患者さんが寝たきりなどで、自分自身で痰も出せないようなときは、去痰剤の吸入も効果的です。 この場合は、去痰剤の中でも吸入液があるビソルボンを使うことで痰を出しやすくします。 5-3.抗生剤 通常の風邪の原因の8割を占める ウイルス感染に抗生剤は無効ですが、 細菌性の肺炎や副鼻腔炎には抗生剤は有効です。 必要な時に適切な量の抗生剤を使用します。 6.まとめ• 痰は気道からの分泌物です。 痰を訴える患者さんの中には、鼻水や副鼻腔からの濃を痰と訴える患者さんもいます。 3週間以上痰が続く場合は、まずは内科で命に関わる疾患を否定することが第一です。

次の

新型コロナウイルス感染症について

痰が絡む コロナ

咳は、喉や気管粘膜に付いた異物を体外へと排除する働きをしてくれる重要な生体防御反応の一つです。 しかし、痰が絡むような咳が長く続くと、身体的疲労が溜まり、体力も低下していきます。 症状が続けば何らかの病気ではないかと不安も募るものではないでしょうか。 通常の風邪による、咳や痰はおよそ1週間で快方に向かうことが多いですが、長期にわたり咳や痰が続くということは、何らかの病気が潜んでいる可能性が高いともいわれています。 風邪などが原因でおこる痰や、それ以外の病気を見極めるための手段についても紹介していきます。 風邪で痰が出る仕組み 痰はなぜ出るの? 咳や痰は、気道(喉から肺に通じる空気の通り道)に何らかの障害や疾患が生じていることを示すサインといわれています。 咳や痰によって、気道は清潔な状態に保たれ、肺を防御しているのです。 痰は、気道に侵入した細菌やチリ、ホコリなどを絡めとる、気道から分泌される粘液のことです。 風邪などをひいていない健康な人であっても、毎日約100mlは作られますが、気道粘膜の表面に何らかの刺激や炎症が生じると痰の量が増えます。 咳や痰が2週間以上続くときは、肺結核など肺の病気を発症している可能性があるので要注意です。 咳と痰の関係 咳には、痰を伴う咳と、ほぼ痰を伴わない咳があります。 痰を伴う咳は「湿性咳嗽(しっせいがいそう)」と呼ばれ、痰を出すための咳です。 このような痰が絡むような湿った咳は、異物を除去するために出るので、無理やり止めると逆に痰が出にくくなることがあります。 ほぼ痰を伴わない咳は「乾性咳嗽(かんせいがいそう)」と呼ばれています。 痰を伴わない乾いた咳は、繰り返し生じるケースが多く、体力の消耗が目立つので、早期に止めることが望まれます。 人は、生涯空気を吸って生きていきます。 しかし空気の中には、雑菌や粉塵、埃、花粉なども含まれているため、私たちはこれらを空気と一緒に吸い込んでいることになります。 そのため、吸い込んでしまった不要なものを体の外へ排出しなければいけません。 それらを体外へと排出するために咳や痰が出るといわれています。 咳や痰は私たちに必要不可欠な防御反応なのです。 風邪以外で痰が出ることも 風邪以外が原因で咳や痰が出ることもあります。 それは、生活環境から受ける刺激です。 例えば、喫煙(受動喫煙も含まれます)や工場などからの排煙、工事現場で発生する粉塵、自動車の排気ガスなどが挙げられます。 また、高血圧などで処方されるACE阻害薬の副作用によって起こることもあります。 風邪による痰への対処法 咳の回数や痰の状態によっては早めの対処を 風邪(一般的にはウイルス感染)では細菌感染を伴うことがあり、気道粘膜にウイルスが感染することで炎症が生じると咳が出ます。 緑色や黄色の痰が出るときは細菌の二次感染を起こしていることが多いので、抗菌剤を用いた治療が行われます。 風邪による咳は、痰を排出するためにも発生します。 また、喉の粘膜に炎症が生じると、不要な異物を排除するために粘膜から粘液が過剰分泌され痰になります。 そして、痰の量が増加すると、それを排出するために咳も出ます。 さらに炎症が進行してしまうと、痰は白濁色や黄色などに変わっていくような見た目になります。 この粘液中には白血球の死骸などが混じることがあります。 すると、痰の粘り気が増加し、喉の繊毛の機能が低下するため、痰が喉に絡みつきやすくなります。 風邪が悪化して咳もひどくなってしまった場合、泡沫状の痰が発生することがあります。 この痰には、血が混ざりピンク色になることもあります。 このような状態になったときは、症状が急激に悪化する恐れがあるので、早急に治療を行う必要があります。 風邪で痰が出るときのセルフケア 温かい飲み物で体を内側から温める ・生姜湯:咳や痰を抑える働き、発汗作用などが期待できます。 ・ビワ茶:咳や痰を抑える働きが期待できます。 ・はちみつ:はちみつに含まれているフラボノイドには、殺菌作用や炎症の緩和が期待できます。 外側からも体を温める 首や背中をマッサージして血行を改善することで、症状の緩和が期待できます。 体温を上昇させ、ウイルスや細菌の増加を阻止することが狙いです。 適度な湿度を維持する 加湿器を使って部屋を適度な湿度に維持し、さらに換気をすることで空気をきれいにすることが大切です。 水分補給をしっかり行う 特に夜咳き込む、痰が絡むなどがみられる際には、少量の水を何回かに分けて摂取するようにしてください。 夜間咳が止まらないときは、上半身を起こす 夜間に咳込んでしまう場合には、上半身を起こすことで肺や気管の圧迫を防ぐことができ、痰も排出しやすくなるといわれています。 寝るときは、予め上半身を高くしておくこともおすすめです。 ツボを押す 喉周辺の天突(てんとつ)や水突(すいとつ)、胸周辺の中府(ちゅうふ)やだん中などのツボを押すことで、痰が排出しやすくなるといわれています。 詳しい「ツボの位置」は下記をご覧ください。 痰が絡むことを防ぐ食品を摂る おすすめの食材として、大根、れんこん、山芋、たけのこなどが挙げられます。 特に大根おろし汁にはちみつを入れて混ぜたものをゆっくり飲むことで、痰が絡みにくくなるといわれています。 また、症状を緩和させるために、塩を入れた白湯でうがいをすることもおすすめです。 風邪による痰は薬を使うべき? それぞれの原因により、使用する薬や処方される薬は異なるため一概にはいえませんが、医療機関を受診せず、自己判断により薬を服用してしまうと、逆に症状を悪化させてしまう可能性もあるため注意が必要です。 薬の服用は医師の診断を受けてから服用することが望ましいです。 ・去痰薬(気道壁を滑りやすくする、痰の粘り気を抑えることで、痰を排出しやすくするために気道をきれいにする) ・気管支拡張薬(気管支を拡張することで呼吸を楽にしながら、痰の排出も促進する) 風邪以外の痰の特徴 風邪以外の痰が出たときに色から病気を考えてみる 痰に血が混じる「血痰(けったん)」が出る 肺結核、肺がん、気管支拡張症からの出血。 緑色の痰が出る 気管支肺炎・気管支拡張症に感染を伴うケースや重度の気管支炎。 (気管支拡張症は、肺炎を繰り返す人に多い) 肺炎は放置すると重症化する可能性があるため、高熱や激しい咳、痰などが続く場合には早急に医療機関を受診してください。 赤錆びがかった色、濃い黄色の痰が出る 肺炎球菌性肺炎、肺結核。 (細菌感染の可能性が高い) 透明で粘り気がある 喘息の可能性あり。 灰色っぽい痰が出る たばこを吸う人に多くみられる痰です。 タバコ病という別名がある「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」は、発症者の90%が喫煙者です。 咳や痰の症状が長引き、息切れなども起こります。 喫煙によって起こっている場合のCOPDでは、禁煙が有効な治療法の一つです。 痰は、肺の異常を知ることができる重要なものです。 そのため、痰をとって捨てる前に色や性状を確認するようにしてください。 ちなみに、健康状態のときの痰は無色透明といわれています。 痰に血が混ざっている場合には、早めに医療機関を受診することをおすすめします。 まとめ 痰は多くの疾患と関連して起こるものです。 痰の色により、どんな疾患が起きているかを判断することができる場合もあります。 慢性的に症状が続いている場合は、透明なコップなどに排出した痰を入れてみて、量や色、性状などを記録しておくと、症状の進行具合が分かりやすくなり、医療機関を受診する際にも参考になります。 痰を伴う咳が2週間以上続く場合には風邪ではなく、結核や肺がんなどの病気の可能性があるので、迷わず医療機関を受診してください。 執筆者:荒牧内科 荒牧竜太郎 先生• 関連記事.

次の