国名 漢字 一文字。 【世界一難しい漢字一文字】超・超・超・難読漢字!!ランキングTOP10を紹介!

難読漢字 国名:漢字辞典ネット

国名 漢字 一文字

武蔵国古地図(「」より/BotMultichillT) 日本の 地名は、漢字2文字で書き表されるケースが非常に多い。 例えば、北海道以外の都府県を見ると、神奈川、和歌山、鹿児島以外はすべて漢字2文字だ。 これは、なぜなのだろうか。 古代、日本の地名の文字数はバラバラだったが、8世紀初頭に突然、2文字に揃えられたのである。 平城京に都が遷されて間もない和銅6(713)年、律令政府は各国に以下のようなお触れを出した。 「諸国の郡名、里名を、好い字の二文字に改めて定着させよ」 これが、「好字二字化令」と呼ばれるものだ。 当時の日本が手本にしていたのは、世界最高の先進国である唐だった。 そのため、朝廷は遣唐使を差し向け、唐のシステムを貪欲に吸収していた。 「何事も唐に倣え」というのが、当時の日本のスタンダードだったのだ。 そうした事情から、地名についても唐と同じように漢字2文字を選んで表記することになった。 つまり、地名に漢字2文字が多いのは、古代日本の国家方針だったわけだ。 10世紀初頭に成立した『和名類聚抄』という史料には、当時の国名が記載されている。 これを見ると、すべての国名が漢字2文字で揃えられている。 国の下に位置する郡についても、例外は薩摩国の鹿児島郡ひとつだけという徹底ぶりだ。 おそらく、表記のバラつきを嫌った中央の役人が、各地の国司に厳命したのだろう。 今も昔も、役人というのは杓子定規に事を運びたがるものだ。 好字二字化令は、戸籍の作成には便利だったと思われる。 しかし、それまでバラバラの文字数で表記されていた地名がいきなり2文字にされたため、無理も生じた。 例えば、3文字以上で表記されていた「波伯吉国」は「伯耆国(ほうきのくに)」となり、「吉備道中国」は「備中国」に改められた。 逆に、1文字を2文字にした例も多い。 「粟国」は「阿波国」に、「木国」は「紀伊国」に、「泉国」は「和泉国」となった。 こういった2文字化が、現代に残る難読地名の源泉になったことは、間違いないだろう。 現代の「武蔵」は「胸刺」だった? ところで、筆者は生まれも育ちも、そして現在も埼玉県に住み続けている生粋の埼玉県民だ。 当地は、奈良時代から明治時代初期まで、ずっと「ムサシ」と呼ばれていた。 現代の「 武蔵」は、埼玉と東京都の一部、それに神奈川県の川崎市と横浜市の大部分を含む広大な地域を指す。

次の

国名の漢字一覧

国名 漢字 一文字

世界各国の国名の漢字表記を、角字でデザインしてみました。 使用されている漢字のコードも()内に併記してあります。 Kakuji Design for Country Names in Kanji. Kanji code used for each country is written inside the bracket. 8倍) 人口:約2,103万人(2016年) 首都:スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ 民族:シンハラ人(74. 9%),タミル人(15. 3%),スリランカ・ムーア人(9. 3%)(一部地域を除く値) 言語:公用語(シンハラ語,タミル語),連結語(英語) 宗教:仏教徒(70. 1%),ヒンドゥ教徒(12. 6%),イスラム教徒(9. 7%),キリスト教徒(7. lk スリランカ民主社会主義共和国政府 (英語)(シンハラ語)(タミル語) スリランカ民主社会主義共和国 出入国管理局(シンハラ語)(英語)(タミル語) 角字とは? 江戸時代に誕生した遊び心満載の伝統的なグラフィックアートで、正方形のグリッド内にほぼ水平・垂直のラインのみで文字(漢字)を表現しています。 直線を多用したそのデザインは、一見質素で、ともすれば地味になりそうだと思われますが、長年にわたり研鑽、洗練したおかげで、江戸時代の日本人が持っていた「粋」と呼ばれる美意識が結晶した、美しいアート書体として、今日まで伝えられてきました。 シンプルで有りながら奥深い角字は、現在でも商標、印鑑、家紋、看板などに数多く使用されています。 What is Kakuji? Edo-born Kakuji is a graphicart that expresses letters kanji with almost horizontal and vertical lines only. Kakuji with its simplicity and depth is used for designs such as trademark, hanko stamp, family crest and signboard.

次の

「墨」と書く国はどこ?国名の由来は?

国名 漢字 一文字

国名を漢字一文字で表記するようになった理由 江戸時代(1603年~1868年)中期に世界地図を作成する際、外国の名前を日本語の発音に近い漢字を当てはめたそうです。 例えば、現在は「イギリス」と発音しますが、昔は「エゲレス」と発音していたので、「英吉利」や「英吉利私」という漢字を当てました。 外国の国名の漢字表記は明治時代(1868年~1912年)まで続きましたが、カタカナの普及に伴って、多くの国がカタカナ表記になりました。 大正時代(1912年~1926年)になると、「米(アメリカ)」や「英(イギリス)」のように主要な20ヵ国程度が漢字一文字に略され、現在も使われているものがあります。 昭和27年(1952年)になると、公用文を作成する際、外国の地名や人名などはカタカナで表記するように内閣が各省庁に通達をしました。 しかし、新聞や雑誌の見出しのように文字数が限られる場合にカタカナだとスペースを取りすぎるため、現在も漢字一文字の表記は使われています。 また、戦後にできた国についても漢字一文字の表記が使われている国もあります。 世界中のほとんどの国名に漢字が当てられていますが、漢字一文字に略されているのは主要国など一部の国だけです。 国名の漢字一文字での表記一覧! それでは、漢字一文字では国名がどう表記されるのか調べました。 「米」アメリカ合衆国 国名:アメリカ合衆国 全部漢字を当てた場合は「亜米利加」「亜墨利加」「亜美利加」「阿墨利加」など 「英」イギリス 国名:イギリス 全部漢字を当てた場合は「英吉利」「英吉利私」「英吉利斯」「英吉里斯」など 「仏」 フランス 国名: フランス 全部漢字を当てた場合は「仏蘭西」「法蘭西」「仏蘭」など 「独」ドイツ 国名:ドイツ 全部漢字を当てた場合は「独逸」「独乙」「都逸」など 「伊」イタリア 国名:イタリア 全部漢字を当てた場合は「伊太利」「伊太利亜」「以太利亜」など 「豪」オーストラリア 国名:オーストラリア 全部漢字を当てた場合は「濠太剌利」「濠州」「濠太利亜」など 本来であれば最初の一文字である「濠」が用いられるのですが、「濠」は常用漢字にないため、さんずいのない「豪」という漢字に置き換えているそうです。 「露」ロシア 国名:ロシア 全部漢字を当てた場合は「露西亜」「魯西亜」「露国」など 「加」カナダ 国名:カナダ 全部漢字を当てた場合は「加奈陀」「加奈太」「加那陀」など 「蘭」オランダ 国名: オランダ 全部漢字を当てた場合は「阿蘭陀」「和蘭」「和蘭陀」など 「中」中華人民共和国 国名:中華人民共和国 全部漢字を当てた場合は「中華人民共和国」「中国」 「台」台湾 中華民国 国名:台湾 中華民国 全部漢字を当てた場合は「台湾」「中華民国」 「韓」大韓民国 国名:大韓民国 全部漢字を当てた場合は「大韓民国」「韓国」 「朝」朝鮮民主主義人民共和国 国名:朝鮮民主主義人民共和国 全部漢字を当てた場合は「朝鮮民主主義人民共和国」「北朝鮮」 「印」インド 国名:インド 全部漢字を当てた場合は「印度」「応帝亜」「印第亜」 「泰」タイ 国名: タイ 全部漢字を当てた場合は「泰」 「比」または「非」フィリピン 国名: フィリピン 全部漢字を当てた場合は「比律賓」「非立賓」「比国」など 「越」 ベトナム 国名: ベトナム 全部漢字を当てた場合は「越南」 「蒙」モンゴル 国名:モンゴル 全部漢字を当てた場合は「蒙古」「蒙兀」「莫臥児」 知っていたらすごい!漢字一文字の国名 「新」ニュージーランド 国名:ニュージーランド 全部漢字を当てた場合は「新西蘭」「新西蘭土」「新設蘭杜」など 「尼」インドネシア 国名:インドネシア 全部漢字を当てた場合は「印度尼西亜」 一般的に考えると「印」の一文字になるのですが、インドが「印」なので重ならないように「尼」にしたそうです。 「墺」オーストリア 国名: オーストリア 全部漢字を当てた場合は「墺太利」「墺土利」「澳太利亜」など 「瑞」 スイス 国名: スイス 全部漢字を当てた場合は「瑞西」「瑞士」「瑞士蘭」など 「瑞」または「典」スウェーデン 国名: スウェーデン 全部漢字を当てた場合は「瑞典」「雪際亜」「蘇亦斉亜」など スイスとスウェーデンは漢字一文字だと同じ「瑞」になりますが、区別するためにスウェーデンを「典」と表記することもあります。 「諾」ノルウェー 国名:ノルウェー 全部漢字を当てた場合は「諾威」「那威」「梛耳回」など 「香」カザフスタン 国名:カザフスタン 全部漢字を当てた場合は「香佐富斯坦」 「沙」サウジアラビア 国名: サウジアラビア 全部漢字を当てた場合は「沙特阿拉伯」「沙地亜剌比亜」 「叙」シリア 国名: シリア 全部漢字を当てた場合は「叙利亜」「叙里亜」「西里亜」など 「錫」スリランカ 国名:スリランカ 全部漢字を当てた場合は「錫蘭」「斯里蘭」「獅子国」など 「塔」タジキスタン 国名:タジキスタン 全部漢字を当てた場合は「塔吉克斯坦」「汰爾奇斯坦」 「緬」ミャンマー 国名: ミャンマー 全部漢字を当てた場合は「緬甸」 ミャンマーは1989年まではビルマという国名で、中国では「緬甸(めんでん)」と言っていました。 その名残でミャンマーという国名になった現在も「緬甸」と表記します。 「老」ラオス 国名: ラオス 全部漢字を当てた場合は「老檛」「羅宇」 「埃」または「阨」エジプト 国名: エジプト 全部漢字を当てた場合は「埃及」「埃及多」「阨日布土」など 「公」 コンゴ共和国、コンゴ民主共和国 国名: コンゴ共和国、コンゴ民主共和国 全部漢字を当てた場合は「公果」「公額」「公我」など コンゴ共和国、コンゴ民主共和国は漢字で書くと同じなのですが別々の国で、中部アフリカに位置する二つの国は隣り合っています。 コンゴ民主共和国は、1997年以前は「ザイール」という名前でした。 「突」チュニジア 国名:チュニジア 全部漢字を当てた場合は「突尼斯」「土尼斯」「都尼斯」 「チュニジア」は現地の発音に近い「トゥーニス」に漢字が当てられたそうです。 「氷」アイスランド 国名: アイスランド 全部漢字を当てた場合は「氷島」「氷州」「愛斯蘭」など 「愛」アイルランド 国名:アイルランド 全部漢字を当てた場合は「愛蘭」「愛蘭土」「阿耳蘭」など 「烏」または「宇」ウクライナ 国名:ウクライナ 全部漢字を当てた場合は「烏克蘭」「宇克蘭」「育加来涅」 「希」ギリシャ 国名: ギリシャ 全部漢字を当てた場合は「希臘」「厄勒祭亜」「厄利斉亜」など 「丁」デンマーク 国名: デンマーク 全部漢字を当てた場合は「丁抹」「嗹馬」「丹麦」など 「土」 トルコ 国名: トルコ 全部漢字を当てた場合は「土耳古」「土耳格」「都児格」など 「洪」ハンガリー 国名: ハンガリー 全部漢字を当てた場合は「洪牙利」「匈牙利」「哄喝利」など 「芬」 フィンランド 国名: フィンランド 全部漢字を当てた場合は「芬蘭」「芬蘭土」「分蘭」など 「勃」ブルガリア 国名: ブルガリア 全部漢字を当てた場合は「勃牙利」「布加利亜」「保加利亜」など 「白」ベルギー 国名: ベルギー 全部漢字を当てた場合は「白耳義」「白耳牛」「比利時」など 「波」ポーランド 国名: ポーランド 全部漢字を当てた場合は「波蘭」「波蘭土」「波羅泥亜」など 「葡」ポルトガル 国名: ポルトガル 全部漢字を当てた場合は「葡萄牙」「葡萄耳」「波爾杜瓦爾」など 「良」ラトビア 国名: ラトビア 全部漢字を当てた場合は「良都美野」「拉脱維亜」 「羅」ルーマニア 国名:ルーマニア 全部漢字を当てた場合は「羅馬尼亜」「羅馬尼」「魯馬尼亜」など 「巴」パナマ 国名:パナマ 全部漢字を当てた場合は「巴奈馬」「巴那馬」「巴那麻」など 「墨」メキシコ 国名:メキシコ 全部漢字を当てた場合は「墨西哥」「墨是可」「墨其西哥」など 「亜」アルゼンチン 国名:アルゼンチン 全部漢字を当てた場合は「亜爾然丁」「阿根廷」「阿爾然丁」など 「智」チリ 国名:チリ 全部漢字を当てた場合は「智利」「智里」「知里」など 「伯」ブラジル 国名:ブラジル 全部漢字を当てた場合は「伯剌西爾」「巴西」「伯拉西」など 「委」ベネズエラ 国名:ベネズエラ 全部漢字を当てた場合は「委内瑞拉」「委内瑞辣」「部根重良」など 「暮」ボリビア 国名:ボリビア 全部漢字を当てた場合は「暮利比亜」「玻里非」「波利非亜」など 「秘」ペルー 国名: ペルー 全部漢字を当てた場合は「秘露」「秘魯」「白露」など 「馬」マレーシア 国名:マレーシア 全部漢字を当てた場合は「馬来西亜」「瑪雷西亜」 「西」スペイン 国名:スペイン 全部漢字を当てた場合は「西班牙」「士班牙」「日斯巴尼亜」「伊斯把儞亞」など 「星」シンガポール 国名:シンガポール 全部漢字を当てた場合は「新加坡」「新嘉坡」「星嘉波」「星港」など 一般的に考えると「新」の一文字になるのですが、ニュージーランドが「新」なので重ならないように「星」にしたそうです。 「普」プロイセン王国 国名:プロイセン王国 全部漢字を当てた場合は「普魯西」「普露西」「孛魯西」など プロイセン王国は、昔ヨーロッパにあった国で現在は存在しません。 現在のドイツ北部からポーランド西部にかけて領土としていましたが、1918年からのドイツ革命によりプロイセン自由州となり、その後、第二次世界大戦の結果ソ連(現在のロシア)とポーランドに割譲され、1947年に名実ともに消滅しました。 国名は発音に合わせて漢字が当てているので、複数の漢字名が存在するようですが、漢字一文字にした場合はほぼひとつに統一されているようです。 「米」や「英」など定番の国は知っていましたが、「馬」「西」「星」「普」のように知らない国がほとんどでした。 中には国自体知らない国もあり今回知りえてよかったです。

次の