ヤクルトスワローズ 速報。 【速報】村上、陰性|ヤクルトスワローズ燕アンテナ

東京ヤクルトスワローズのチーム情報

ヤクルトスワローズ 速報

今季4回目の6連戦の2日目が、7月15日に行われます。 今回は、阪神タイガース対東京ヤクルトスワローズの5回戦をピックアップします。 両チームの今季の対戦成績は、阪神の2勝2敗です。 阪神は、ここまで8勝11敗。 前日の試合に勝利して、ついに最下位を脱出しました。 前日のヤクルト戦は、先発秋山が初回に4番村上の適時打などで2点を失うものの、尻上がりに調子を上げていき、6回を投げて3失点とクォリティスタートを達成し、先発投手としての役目を果たしました。 打線は、粘り強さが際立つ内容でした。 4回、2-0とリードされている場面で、7番梅野のタイムリーツーベースなどで3点を奪い、一時逆転に成功しました。 その後すぐに同点に追い付かれるも、その裏に糸井の適時打でまたも勝ち越しに成功。 その後も2点を追加して6-3で勝利しました。 首位ヤクルトに2度も逆転して、粘り勝ちした阪神。 これからの巻き返しに期待がかかる素晴らしい内容でした。 本試合の阪神の先発は、プロ野球に参戦して3年目のガルシア投手。 ここまで3試合に先発して0勝2敗、防御率4. 60です。 今季初登板だった6月21日の巨人戦は4回を投げて5失点と精彩を欠きましたが、その後は登板するごとに投球内容が改善しています。 特に前回登板の7月9日の巨人戦は6回を被安打1の無失点に抑える好投。 ただし、6四球と制球が定まらず、課題を残しました。 本試合までに修正し、打者の手元で動く速球で凡打の山を築きたいところです。 対するヤクルトの先発は、今季プロ野球に初参戦のイノーア投手。 ここまで3試合に先発して0勝1敗、防御率10. 64と厳しいシーズンの出だしとなっています。 3試合とも4点以上奪われており、3戦連続KO中で不安定な投球を続けています。 トレードマークのヒゲを剃って、さわやかな雰囲気となったイノーア投手。 心機一転して、本来の実力を発揮したいところです。 本試合は、ヤクルトのイノーア投手が試合を作れるかが注目ポイントでしょう。 ここでは、好調を維持している阪神の勝利を予想しておきます。

次の

ツバメ速報

ヤクルトスワローズ 速報

・動作環境 Android 4. ・「App Store」ボタンを押すとiTunes (外部サイト)が起動します• ・アプリケーションはiPhone、iPod touch、iPadまたはAndroidでご利用いただけます• ・Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc. の登録商標です• ・iPhone、iPod touch、iPadはApple Inc. の商標です• ・iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています• ・Copyright C 2020 Apple Inc. All rights reserved. ・Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です• ・スマートフォンでバーコードを読み取るには、専用のアプリケーションが必要です(参考:)• Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

東京ヤクルトスワローズのチーム情報

ヤクルトスワローズ 速報

2塁のチャンスを与えてしまったものの、勝負処でボールが低めに集まっていたので何とかピンチを凌いだ 一方、サンチェスの方も、山田哲に対してインサイド攻めの末に四球、足で揺さぶられて青木にも四球、村上内角直球で三邪飛、雄平に合わせられるが左直でこちらもギリギリで持ちこたえた。 1回の表裏終えた段階で、早くも乱打戦の予感がヒシヒシ伝わり、まるで火薬庫のそばで野球をやってるような状況だった。 そして、その火薬庫にあるダイナマイトの導火線に着火させたのは増田大だった。 2回表、2死満塁、増田大がフルカウントから粘って押し出し四球でもぎ取った1点で、丸のタイムリー(爆発)を誘発し、ヤクルトベンチも何とかその爆発を消火しようと早めにリリーフをつぎこむが、もう、こうなると簡単には消火できない 坂本、岡本にも連続タイムリーが生まれて合計5点のビッグイニングとなった。 そしてこの流れはこの後も変わることなく5回表に巨人が駄目押しとなる3点を奪い勝敗が決した。 ——————————— 【勝者の歓声】 さすがの名将!我らのハラのたっつあんやね! 相手先発が左の山田大と見るや、当たりが出始めていた尚輝と前日の試合でHRを放ったベイビーシャークをあえてスタメンから外し、右打者のマスダイを1番で起用し、左投手でもパーラと同じ左打者のカメちゃんを6番で起用して、それがものの見事に的中するもんなぁ。。。 勿論、ハラのたっつあんなりの根拠、ペナントを長期的な視点で見た起用なんだろうけど、我々凡人には計りしえない第六感というか、そういうミスターばりの動物の勘が冴えてるようにも感じる。 そして、そうこうしているうちにマルとカメちゃんにも調子上昇の兆しが徐々に出てきたし、若大将とキャプテンは相変わらずの勝負強さだし、攻撃陣の軸がしっかりしてるので、野手に関してはかなり手ごたえを感じるようになってきたかなぁ。。。 以上 敬称略 超激辛NPBコラムはTwitterでも活動しています。 (超激辛NPBコラムTwitterはをクリック) Twitterではblogで書ききれなかった事や、ファームの試合雑感、G以外他チームの試合雑感、注目選手の評価、ブログ更新情報など、様々な発信をしております。 又、ブログについての感想やご意見もこちらで受け付けております。 このブログを読んで気に入った方は是非ともフォローしてください。 尚、フォローバックにつきましては、基本的にコメントのやり取りをした方に対してのみ行いますのでご了承ください。 (超激辛NPBコラムTwitterはをクリック)•

次の