トランペット 高 音域 出し 方。 【トランペット】俺がたどり着いた高音の出し方と道のり【ハイノート】

トランペットの高音が楽に出せないときに確認すること|トランペットおじさんのブログ

トランペット 高 音域 出し 方

タグ api 教本 演奏会 楽譜 楽団 楽器店 格安 東京 教室 独学 探し方 山野ビッグバンドジャズコンテスト 定期演奏会 安い 失敗談 吹奏楽部 無料で楽器 相場 吹奏楽 運指 音の出し方 難しい 部費 選定 選び方 運指表 赤いきつね 社会人 買い替え 試奏 脱初心者 練習法 練習メニュー 練習 管楽器専門店 吹奏楽団 力加減 Bach カップ トランペットケース トランペットおじさん トランペット セット ストレート コンクール アーバン バルブオイル アンブシュア アクセサリ お手入れ zoom YAMAHA laravel EYS音楽教室 ハーマン プラクティス 力み 中級者 初心者 全日本吹奏楽連盟 値段 係 価格 仲間 中古 プロ ロングトーン レンタル レッスン メンテナンス ミュート マウスピース練習 マウスピース 高音 スポンサーリンク トランペットで高音に悩まないためのコツを音域3オクターブの私が解説 初心者が活動を初めてまもなくぶつかるのがこれだ。 「楽譜にあるこの音、高すぎて出ないんだが・・・」 今でこそ運指表を超えて音が出るようになってきたが、私も常に悩み試行錯誤してきた。 トランペットの高音に近道はない 熟練者は何かシンプルなコツや秘密の特訓をしていると考える人も多い。 しかし、ごく一部の天才を除いて音域を広げることは時間がかかる作業だ。 地道な毎日の積み重ねがあるのみである。 とはいえ、積み重ねるものを間違えれば、成果にならない。 個人的な経験則からくるコツを伝授しよう。 高音では特に力を抜くこと 「そんなこと知ってるよ」 というのは至極もっともで、多くの指導者はまずこう言う。 だが、私もあえて高音を出すためのコツは 「力を抜くこと」 と言わせてもらう。 力を抜く=??? 力を抜くと聞いて完全脱力をしてみると、高音どころかなんの音も出なくなる。 「このコツ間違ってるじゃねーか」 となるが、少し考えてみてほしい。 スポーツでも「力を抜く」=「力まない」ことが必要になる場面がある。 この時に完全脱力するだろうか。 動作に必要な最低限の力が必要になるはずだ。 ということはこの場合 力を抜く=必要最小限の力を加える がアドバイスの意図となる。 高音域における力みの根本解決 ここで一つ図を見ていただきたい。 普通に高音域を出そうとすると矢印が一番右側の最も力が入った状態になる。 「力を抜いて」といわれると最も左側の完全脱力状態になる。 経験的にいい音で高音が出やすい状態はこの間にある。 力んでいることは問題だが、根本はそこではない。 力み具合をコントロールできないことこそ解決すべき問題だ。 力みのコントロールへのアプローチ 完全脱力から強めていく方法をおすすめする。 図でいうと左から攻めていく状態だ。 左から攻めていくと、音が鳴る最小限の力を見極めやすい。 というのも音が鳴らない状態から始まるからだ。 右から攻める場合は音が鳴った状態からスタートするので、音が出るという状態に固執してしまう。 結果必要な力加減まで下げ切れないことが多い。 音が鳴る最小限の力が見えてきたら毎日その加減を研究する。 出したい音域の音が鳴る最小限を繰り返して体にしみこませていく。 すると、高音域が力みなく鳴らせるようになっていく。 参考動画 youtubeにて私の感覚でこれが近いなと思ったものを紹介する。 英語で申し訳ないが、要点をかいつまむとこのような感じだ。 ・息の量最小限でいい。 ほとんどいらない ・力もほとんどいらない。 ・自分の体内で空気の行き来を邪魔させない。 ・唇も空気が出ていくのを阻んでいない。 ・音量を上げたいときだけ少し力がいる。 ぜひ試してみてほしい。 トランペットのレッスンを受けるのも効果的 高音に対する悩みはトランぺッター全員の悩みといっても過言ではない。 ということはレッスンを開講しているプロもそれぞれ何かしらの解決策を持っている。 それを信じて乗っかっていくのも効果的な練習方法だ。 レッスンの大切さはこちらの記事を参考にしてほしい。 高音域はやはり練習の積み重ね 今回紹介したコツを使うにせよ、レッスンを受けるにせよ、最後にものをいうのは毎日続けて積みかさねられるかどうかだ。 数か月後の自分がハイノートヒッターになれることを信じてやり抜こう。

次の

トランペットの音域

トランペット 高 音域 出し 方

スポンサードリンク トランペットの吹き方 高い音を出す前に まずは高音限らず、トランペットを吹くうえで重要なポイントをご紹介します。 トランペットには ピストンが3本しかなく、そしてそれぞれを開閉する組み合わせはなんとたったの 8通りしかないので、 同じピストンの押さえ方でいくつかの音を出さなければいけないことがわかります。 したがって、出したい音をきちんと自分の中でイメージできていないと、練習を重ねていても音程を外してしまう……といったことが起きてしまうのです。 姿勢を正す 譜面台を使うことを面倒くさがって、楽譜を床や机に置いて演奏していると、どうしても前かがみになってしまい、 十分なブレスが取れなくなってしまったり、息がまっすぐはいらなくなってしまったりします。 さらにベルが下を向いてしまうと音が響かなくなってしまいます。 初心者のうちから良い姿勢での演奏を習慣づけるようにしましょう。 トランペットで高い音 ハイトーン を出す吹き方やコツ 続いて高い音が出せない……とつまずいてしまったときに注意したいポイントを紹介します。 息の入れ方 トランペットで高い音が出せないと悩んでいるとき、その原因の多くは 息の入れ方にある可能性が極めて高いです。 前の項目にも書きましたが、トランペットは唇を振動させて演奏する楽器で、高い音をふくためには、低い音を吹くときよりも息を調節して振動を速くさせなければなりません。 この感覚は水やりに使う ホースによく例えられます。 ホースの先を指で狭めると、蛇口から出る水の力を変えずに、勢いよく遠くへ水を飛ばすことができます。 トランペットの場合はホースの先を指で狭める代わりに、 舌の位置や息の圧をコントロールして高い音を出しますが、この感覚が理解できていると息の入れ方が改善できるのではないでしょうか。 アンブシュア アンブシュアとは、一般的に マウスピースをあてたときのフォームのことを言います。 歯並びなどによって人それぞれアンブシュアは変わってくるので、一概に「良いアンブシュア」というのは言い切れず、無理せずに吹くことができる自分に合ったものを探していく必要があります。 高い音を吹くときに、アンブシュアが崩れてしまうと悩んでいる方には、鏡を見ながらマウスピースだけでサイレンのように低い音から高い音をスラーで吹いてみる方法はおすすめです。 高い音を出すための練習方法 最後に高い音を出すために効果的な練習方法をいくつか紹介させていただきます。 リップスラー リップスラーとは、 同じ指のままスラーで2音以上を行き来する練習です。 マウスピースで唇をプレスせずに高い音を出したり、息のコントロールが上達したりするので、 音域を拡大するのに効果的な練習です。 このときアンブシュアが変わったり、楽器が動いてしまわないように注意が必要です。 2音のゆっくりなリップスラーからはじめ、慣れてきたら徐々に行き来する音を増やしたり、テンポを速くしたりして練習しましょう。 スケール 高い音を出すためには 低い音の練習も欠かせません。 アンブシュアが崩れないように意識しながら スケール 音階 練習はリップスラーと同様に効果的な練習方法です。 また、高い音を連続して吹いて唇がバテてしまったときの回復にも、 低い音のロングトーンは効果的です。 Advertisement 関連する記事• チューバの持ち味はその豊かな低音ですが、ソロを吹くときは高音も求められます。 今回は、「チューバで高音を出す前にチェックするポイントは?」と題して、チ[…]• 肺活量をアップしたい!鍛えたい!というのは、吹奏楽部で楽器を始めたばかりの人に多い悩みですね。 ロングトーンが全然続かなくて、先輩に「肺活量鍛えなさい[…]• クラリネット吹きなら誰しも経験するリードミス。 演奏していると大事なところで「ピー」とか「キャー」という音がなってしまったということは、一度は経験があ[…]• 吹奏楽でいろいろな曲を演奏していくと、 「これって、どうやって演奏すればいいんだろう?」 「どんな練習をしたら、この部分は上手に演奏できるようになるん[…]•

次の

トランペットでハイトーンを出すための練習法・ポイント!

トランペット 高 音域 出し 方

もくじ• まずなぜ高い音がでないのか? 一つは息の勢いが足りない、もしくは太すぎるから。 そのためには唇の形が非常に重要になってきます。 フルートを吹くときに唇の端に力をいれるように平ぺったくしてわずかな隙間から息をだすのですが、なるべくその 隙間は小さく、 勢いある息を出せるような形にするのが望ましいです。 特に日本人は唇やその付近の筋肉が弱い傾向にあるため、なれないときは唇がかゆく感じるときもあります。 しかしそれはちゃんと筋肉を使えている証拠。 練習していくうち筋肉が鍛えられて、痒くなることもなくなっていきます。 唇の筋肉は鍛えられるのか? フルートを吹く際、口周りの筋肉が重要とわかりましたが、では具体的にトレーニング方法はあるのか。 これに関してなんですが、手っ取り早いのは蛸唇のまま数秒維持するのがお勧めです。 また口をよく動かして喋ってみる(なれないと本当に疲れます・・・)、リップトリルも口周りの筋肉に良い影響を与えます。 高音に適した息の出し方 高音を出す際に重要なのは、いかに勢いよい息をだせるか、ということ。 そしてそのためにいかに細くしっかりした息を出せるか、ということです。 高音を出す際に重要なのは中に勢いある息を無駄なく楽器のなかに吹き込めるか、ということです。 イメージとしてはスイカの種をひとつ遠くへとばすといったものが近いです。 ただ息の向きは下を向いているほうがのぞましいです。 まとめ 高音をだす技術と言うのはどうしても自分自身で模索しないといけない部分もあります。 しかしフルートの高音と言うのは他の楽器ではできない役割。 高音を制すれば合奏での貢献に大きく役立ちます。 最初は高音がでたとしてもチューナーがふりきってしまっている、といった場合も多くなります。 しかしまずはそこから。 それからチューナーを意識して息をコントロールしていけばいいんです。 出せる音域が多くなれば、楽器演奏もたのしくなりますよ!.

次の