ヘ ファイス ティオ。 ヘファイスティオン : definition of ヘファイスティオン and synonyms of ヘファイスティオン (Japanese)

★アレキサンダー&ヘファイスティオン お気に入りの場面PART2

ヘ ファイス ティオ

- 秋)は、のの幕僚、友人である。 アレクサンドロスと同年であったが、身長と体格では優っていた。 容貌は美しかったが、軟弱ではなく武勇に優れていた。 大王とは非常に親密な関係であり、大王よりも1年早く病死したが、そのとき大王は大いに悲しんだという。 生涯 [編集 ] ヘファイスティオンは貴族アミュンタスの子としてマケドニアの首都に生まれた。 彼は少年時代からアレクサンドロスの親友で、アレクサンドロスが即位するとに任じられた。 東方遠征が開始されるとアレクサンドロスの家臣として常にそば近くに侍り、の遺跡ではアレクサンドロスが英雄の墓に花冠を捧げたのに倣い、アキレウスの無二の親友であったとされるの墓に花冠を捧げている。 こうしたことから、彼とアレクサンドロスが一種の関係にあったとする説が有力である。 のの後、アレクサンドロスとヘファイスティオンが連れ立って捕えられたの母親と妃の許を訪れたとき、ダレイオスの母は2人のどちらが王であるか見分けがつかず、より上背のあるヘファイスティオンの前に跪いてしまう。 しかしアレクサンドロスは「お気になさるな。 この男もまたアレクサンドロスなのだから」と笑って咎めなかったという。 その後征服戦の際はアレクサンドロスに命じられての町の新しい王を選び出し、エジプト侵攻前には艦隊を率いてフェニキア沿岸を巡航し、一帯の治安を保った。 のではアレクサンドロスとともにの一員として奮戦し、左翼のの部隊を助け、乱戦のなかで腕を槍で貫かれるという重傷を負う。 同年冬に起こったのアレクサンドロス暗殺の陰謀事件の際には、幕僚の多くが即時処刑を要求したのに対し、らとともに拷問による真相究明を主張して容れられた。 フィロタスの処刑の結果騎兵指揮官の座が空席となるとヘファイスティオンはとともに後任の指揮官に任じられた。 ヘファイスティオンはの平定から侵攻にかけてはしばしば別働隊を率いて活躍し、とともに渓谷を確保。 王の本隊に先駆けてまで下り、渡河の準備をする。 なお具体的な準備内容としてはは架橋説、クルティウス・ルフスは船の建造説をとっているが、いずれが事実かは定かでない。 のではアレクサンドロスの本隊に加わって奮戦し、その後別働隊を率いて東部の諸侯の一人、小ポロス(パウラヴァ王とは別人)に降伏を勧告。 アレクサンドロスが撤退を決意すると、を下る船隊に並行して陸路を南下し、住民が逃げ去った南部のパタラ砦を接収した。 その後アレクサンドロスとともにゲドロシアの砂漠を行軍してに到達し、紀元前324年春にで行なわれた合同結婚式での娘、を娶る。 彼女はこの時アレクサンドロスが妻とした皇女の妹である。 またアレクサンドロスの舅の娘アマストリネも彼の妻となった。 この時ヘファイスティオンはキリアルケス、すなわち帝国に相当する地位を与えられている。 しかし同年秋にヘファイスティオンはで突如病に倒れ、7日ほどで病死した。 このときアレクサンドロスは非常に嘆き悲しみ、投薬を誤ったかどで医師を処刑し、三日間にわたって食事もとらず衣服も整えずにひきこもり、に1万タラントンを費やして巨大な火葬壇を築き、彼を神として祭るように命じたという。 またアレクサンドロスはエジプトの総督に宛ててにヘファイスティオンを英雄神として祭るための壮大な神殿や霊廟を築くように指示したが、このとき彼がクレオメネスに「神殿や霊廟が立派に築かれたと見て取ったあかつきには、たとえこれまでにどんな非違があろうと、また今後どのような過失があろうと、決しておまえを咎めることはない」とまで記しており、ら多くの史家に批判されている。 なお、ヘファイスティオンはアレクサンドロスの幕僚の一人で後にとなると不仲であったことが知られている。 アレクサンドロスの母や諸人に声望のあった将軍との対立も知られており、王の寵愛を受けつつもマケドニア軍のなかでは孤立的な立場であったらしい。 ヘファイスティオンが登場する作品 [編集 ]• 『』()• 漫画『』()• 『』(監督)• 『アレクサンドロス 〜世界帝国への夢〜』()• 『獅子王アレクサンドロス』()• /TVアニメ『』(女性として脚色された設定で登場).

次の

とある夏の暑い日に

ヘ ファイス ティオ

- 秋)は、のの幕僚、友人である。 アレクサンドロスと同年であったが、身長と体格では優っていた。 容貌は美しかったが、軟弱ではなく武勇に優れていた。 大王とは非常に親密な関係であり、大王よりも1年早く病死したが、そのとき大王は大いに悲しんだという。 のにはヘファイスティオン神殿がある。 生涯 ヘファイスティオンは貴族アミュンタスの子としてマケドニアの首都に生まれた。 彼は少年時代からアレクサンドロスの親友で、アレクサンドロスが即位するとに任じられた。 東方遠征が開始されるとアレクサンドロスの家臣として常にそば近くに侍り、の遺跡ではアレクサンドロスが英雄の墓に花冠を捧げたのに倣い、アキレウスの無二の親友であったとされるの墓に花冠を捧げている。 こうしたことから、彼とアレクサンドロスが一種の関係にあったとする説が有力である。 のの後、アレクサンドロスとヘファイスティオンが連れ立って捕えられたの母親と妃の許を訪れたとき、ダレイオスの母シシュガンビスは2人のどちらが王であるか見分けがつかず、より上背のあるヘファイスティオンの前に跪いてしまう。 しかしアレクサンドロスは「お気になさるな。 この男もまたアレクサンドロスなのだから」と笑って咎めなかったという。 その後征服戦の際はアレクサンドロスに命じられての町の新しい王を選び出し、エジプト侵攻前には艦隊を率いてフェニキア沿岸を巡航し、一帯の治安を保った。 のではアレクサンドロスとともにの一員として奮戦し、左翼のの部隊を助け、乱戦のなかで腕を槍で貫かれるという重傷を負う。 同年冬に起こったのアレクサンドロス暗殺の陰謀事件の際には、幕僚の多くが即時処刑を要求したのに対し、らとともに拷問による真相究明を主張して容れられた。 フィロタスの処刑の結果騎兵指揮官の座が空席となるとヘファイスティオンはとともに後任の指揮官に任じられた。 ヘファイスティオンはの平定から侵攻にかけてはしばしば別働隊を率いて活躍し、とともに渓谷を確保。 王の本隊に先駆けてまで下り、渡河の準備をする。 なお具体的な準備内容としてはは架橋説、クルティウス・ルフスは船の建造説をとっているが、いずれが事実かは定かでない。 のではアレクサンドロスの本隊に加わって奮戦し、その後別働隊を率いて東部の諸侯の一人、小ポロス(パウラヴァ王とは別人)に降伏を勧告。 アレクサンドロスが撤退を決意すると、を下る船隊に並行して陸路を南下し、住民が逃げ去った南部のパタラ砦を接収した。 その後アレクサンドロスとともにゲドロシアの砂漠を行軍してに到達し、紀元前324年春にで行なわれた合同結婚式での娘、ドリュペティスを娶る。 彼女はこの時アレクサンドロスが妻とした皇女の妹である。 またアレクサンドロスの舅の娘アマストリネも彼の妻となった。 この時ヘファイスティオンはキリアルケス、すなわち帝国に相当する地位を与えられている。 しかし同年秋にヘファイスティオンはで突如病に倒れ、7日ほどで病死した。 このときアレクサンドロスは非常に嘆き悲しみ、投薬を誤ったかどで医師を処刑し、三日間にわたって食事もとらず衣服も整えずにひきこもり、に1万タラントンを費やして巨大な火葬壇を築き、彼を神として祭るように命じたという。 またアレクサンドロスはエジプトの総督に宛ててにヘファイスティオンを英雄神として祭るための壮大な神殿や霊廟を築くように指示したが、このとき彼がクレオメネスに「神殿や霊廟が立派に築かれたと見て取ったあかつきには、たとえこれまでにどんな非違があろうと、また今後どのような過失があろうと、決しておまえを咎めることはない」とまで記しており、ら多くの史家に批判されている。 なお、ヘファイスティオンはアレクサンドロスの幕僚の一人で後にとなると不仲であったことが知られている。 アレクサンドロスの母オリュンピアスや諸人に声望のあった将軍との対立も知られており、王の寵愛を受けつつもマケドニア軍のなかでは孤立的な立場であったらしい。 ヘファイスティオンが登場する作品• 『』()• 『』(監督) Webmaster Solution Alexandria A windows pop-into of information full-content of Sensagent triggered by double-clicking any word on your webpage. Give contextual explanation and translation from your sites! Try or get the SensagentBox With a , visitors to your site can access reliable information on over 5 million pages provided by Sensagent. com. Choose the design that fits your site.

次の

300人の子供を一斉去勢!?アレクサンドロスの2人の恋人【中編】|なぜ闘う男は少年が好きなのか?|黒澤はゆま|cakes(ケイクス)

ヘ ファイス ティオ

概要 [ ] 「」の。 略歴 魔眼蒐集列車 レール・ツェッペリンを訪れたを突如として襲撃した謎のサーヴァント。 それからもマスターのと共に時計塔の魔術師たちの前に強敵として立ち塞がる。 人物 ウェーブの黒髪に、赤い革鎧を纏った女戦士。 右目が黒、左目が青の 金銀妖眼 ヘテロクロミアになっている。 外見年齢は20歳かそこそこ。 聖杯もマスターも令呪もハートレスが用意した偽物でしかないが、ハートレスはそれを逆手に取って英霊の偽物・影武者としての一面を呼び出すエクストラクラス『フェイカー』として、イスカンダルの影武者の英霊召喚を成立させた。 ヘファイスティオンを名乗ったが、その正体はイスカンダルの影武者となった女性であり、本当のヘファイスティオンの双子の妹。 イスカンダルの母オリュンピアスにより兄妹共々イスカンダルの腹心となるべく幼少時から育てられた。 完全な影武者になりきるため自分本来の名前を持たず、自分の名が必要な場合は兄ヘファイスティオンの名を借りることもあったと言う。 影武者でありながらイスカンダルと外見が全く似ていないのは、彼女が単なる替え玉ではなくイスカンダルを狙う呪詛、魔術を引き受ける身代わりとしての魔術的な影武者であったため。 後世に残るイスカンダルの容姿に関する伝承(小柄、黒髪、ヘテロクロミア等)には彼女のものが多分に含まれている。 とはいえ、は印象だけなら似てはいたらしい。 性格は誇り高く苛烈。 状況を見極める冷静さを持つ一方で、一旦火が入るとマスターの方針に反して戦闘を優先し、ハートレスを困らせることも。 イスカンダルの死後に起きた 後継者 ディアドコイ戦争の顛末を知り激怒、彼らと共に戦うことを拒絶し『王の軍勢』の招集に応じなかったため、王の軍勢の中にその姿はない。 なお、作中の台詞から彼女は扱いとしては「フェイカークラスで召喚されたイスカンダル」である模様。 ただ、元となった人物に個体名が存在しないため「『イスカンダル』が彼女の真名かどうか」については見解が分かれるところである。 巻頭のキャラクター紹介では、素性が露見して以降も引き続き名前は『ヘファイスティオン』と表記されている。 能力 多彩な能力とそれを使いこなす技量を併せ持つ歴戦の戦士。 普段は直剣を主武装として扱うが、本業は魔術師であり、神代の魔術を使いこなす。 高速神言により一小節で高位魔術を使用可能。 宝石や黄金クラスとまでは行かず、魔眼避けの礼装があれば抵抗は可能。 他にも、影武者としてイスカンダルをあらゆる呪いから守り続けた生涯が形となった特殊なスキルを所持している。 敵の攻撃の狙いを本来のターゲットから逸らし自分に引き付ける能力で、マスター狙いの攻撃を自分に向けさせ守る。 ただし戦車を牽引するのは神牛ではなく、デュオニュソス信仰の蛇崇拝に由来する骨だけの小型の飛竜になっている。 イスカンダルがゼウスの神威で戦車を操るのに対してフェイカーは魔術によってこの戦車を操っている。 性能も『神威の車輪』とほぼ同じで、剣で虚空を裂くことで出現し、紫電を纏った疾走により相手を粉砕する。 独自の使用法としては、牽引している竜種を魔術で拘束制御することにより、フェイカー自身が騎乗せずとも自動制御による遠隔攻撃が可能。 あくまで戦車での通常攻撃に限られるため、真名開放時ほどの威力は出せない。 真名:なし(イスカンダルの影武者) [ ] 真名なし。 の母オリュンピアスによって双子の兄ヘファイスティオンと共に幼少期から忠臣となるよう教育され、鍛え上げられた影武者。 を神代の呪詛や異境の魔術から守り続けた稀有なる臣下の一人。 大王と共に世界の国々を蹂躙制覇する遠征を行ったが、最果てに至らんとする当時の興奮は2000年以上経った後も冷めない様子。 王と共に築いた全ての物を尊く思っており、王に対する忠誠もまた堅固である。 それ故に王の築きあげた国や軌跡を壊した後継者戦争とその参加者を憎んでいる。 登場作品と役柄 [ ] Fateシリーズ [ ] エクストラクラス・フェイカーのサーヴァントとして登場。 癪に障る存在。 王を召喚し、その臣下になったと思い上がる愚か者。 上記の愚か者の従者。 敵対関係であり交戦することも多いが、「の影を追うもの」という共感からか、休戦時には話を聞いたりと当たりがそこそこ柔らかい。 生前 [ ] 影武者として身を挺して仕えた主君。 親しみと絶対的な信仰を抱く相手。 しかし同時に、その最期と死後に起きた争いには複雑な想いがある模様。 主君の若い頃の姿。 成長するに従い自分とは似ても似つかない姿になってしまったが、若い頃は代理をしたこともあるくらいに似てはいたらしい。 ヘファイスティオン 双子の兄。 時に名を借りることもあった。 ディアドコイと共に王の軍勢に参加していることに反感を抱いている。 オリュンピアス 幼少の自分に魔術を仕込み、イスカンダルの影武者に据えた人物。 イスカンダルを操り利用しようとする彼女を快くは思っていない。 エウメネス 同じ主君に仕えていたが相性の悪かった相手。 後のディアドコイの一人。 後継者 ディアドコイ かつての仲間であり、イスカンダル死後に彼が築いてきた全てを台無しにした憎むべき者たち。 「ふーん 気に入らない顔だな。 ケチ、せせこましい、暗くて偏屈、寝起きが悪い。 さも苦労人でございって顔をしてるくせに終わってみれば一番事態をかき回してる」 「どうだ?全部当たってるだろう?」 ロード・エルメロイ二世を前にして、その性質を看破してみせる。 ……と言ってもこれはおそらく、二世の内面を見抜いたのではなく、印象のよく似た知人に対する評価であろう。 「 最果ての海 オケアノスを目指した帝国は崩壊し、夢見た全ては失われた・・・これほど無残な結果がどこにある!」 征服王の死後に発生した戦争の顛末を知った彼女は 後継者 ディアドコイたちを激しく憎み、王の軍勢への参加を拒否している。 「たかが半月ばかり阿った雑兵ごときが、失われた我が王を語るな!!」 文字通り生まれてから死ぬまで忠義を尽くした彼女からすれば、王の全てを理解したような言動を聞くのは我慢ならなかったのだろう。 メモ [ ]• 聖杯戦争以外の場所に召喚された、初のサーヴァント。 ヘファイスティオンの宝具は「彼もまたアレクサンドロスなのだから」と言う逸話によるものである。 イッソスの戦いの後、敗戦し捕虜となったダレイオスの母親と妃がイスカンダルとヘファイスティオンに面会した際に間違えてヘファイスティオンの方に跪いてしまった。 普通ならば処刑もやむ無しの無礼ではあるが、イスカンダルは上記の事を述べて笑って許した。 話題まとめ [ ] 脚注 [ ] 注釈 [ ] 出典 [ ] リンク [ ]•

次の