ヴァン クリーフ。 ヴァンクリーフをつけている芸能人は?ドラマやテレビで人気!|ANOTHER RING~婚約指輪・結婚指輪の選び方~

ヴァンクリーフ&アーペル

ヴァン クリーフ

鮮やかなエメラルドのドレスを纏ったフェアリーは、小さな身体に強い個性を持ち、飛びながら光を振りまいて幸せな感情を全身で表現する。 妖精はあまりの眩しさに一瞬目をしかめる。 小さな体がぐらっと傾き、バランスを崩した妖精は慌ててすぐ近くにあった何かに飛びつく。 なんかさらさらしてる。 妖精がつかまったのは、通りを歩いていた女の人の髪の毛だった。 肩のあたりで切りそろえられたキャラメル色の髪はするんとそのまま妖精を下まで落としてしまいそうで、妖精は渾身の力で髪の束にしがみつく。 女の人は迷いない足取りで、どんどん前に歩いていく。 肩が揺れると、妖精も揺れる。 まるで自分がクリスマスツリーのオーナメントにでもなったようで、妖精はおかしくなる。 ゆらゆらしながら、女の人の横顔を覗き込む。 しっかりと上を向いたまつげにプラム色に塗られた唇。 頰の高いところに塗られたきらきらのハイライトが、日の光を浴びてさらに輝いている。 妖精と同じようにゆらゆらしているシルバーのロングピアスを、たわむれに何度か蹴ってみる。 女の人のジーンズのポケットから音が鳴りはじめる。 彼女はポケットからスマートフォンを取り出すと耳にあて、歩くスピードはゆるめずに、話しはじめる。 (スマートフォンぐらい、妖精だって知っている。 なにしろ自分は21世紀の妖精なのだから。 )「あ、ひさしぶり、うん、元気元気。 そっちは?」凛として、元気というより豪快な、まっすぐな声。 妖精は女の人の声が気に入った。 妖精のいる場所からは、相手の声も十分聞こえる。 その見えない誰かの声から、女の人がニコという名前だとわかる。 もしかしたら、ニックネームかもしれない。 見えない誰かは、ニコの今日の予定を聞いている。 「今日はこれから友だち3、4人で、好きなDVD持ち寄って、お菓子とか食べるものたくさん買い込んでさ、ホテルの部屋でオールナイトの鑑賞会するんだよ。 最近そういうプラン安くあるんだ。 部屋に大きな液晶テレビがあるし、カラオケもできるんだって」ニコは陽気に答えると、うんじゃあまたね、と通話を終え、横断歩道を渡っていく。 あれ、そういえば、道に迷ったんだっけ。 妖精はあたりを見回すが、すぐに気を取り直して、こう思う。 こっちのほうが楽しそう。 ニコの耳の上あたりで期待に胸をふくらませた妖精は、小さく一度光ってみせる。 松田青子 三日月に腰を掛けたリュミヌーズは、光のドレスを身に纏い、美しい笛の音色を奏でながら物語の世界へと誘う。 アーサー王伝説に登場する湖の姫に着想を得たフェ ヴィヴィアン。 丸みのあるおでこ、得意のつま先立ちが愛らしい。 2013年、デビュー作『スタッキング可能』(河出書房新社刊)が三島由紀夫賞及び野間文芸新人賞候補に、14年Twitter文学賞国内編第1位となる。 19年『ワイルドフラワーの見えない一年』(河出書房新社刊)収録の「女が死ぬ」(翻訳:ポリー・バートン)がアメリカのシャーリィ・ジャクスン賞短編部門の候補となる。 最新刊は、初長編『持続可能な魂の利用』(中央公論新社刊)。

次の

ヴァンクリーフ&アーペル : Van Cleef & Arpels

ヴァン クリーフ

『』(1969年)でライアンを演じるヴァン・クリーフ 本名 Clarence LeRoy Van Cleef, Jr. 、 - )は多くのとアクション映画に出演した出身の。 生まれ付いてのその鋭い目を活かし、『』や『』、『』などで悪役を演じた。 生い立ち [ ] 本名「クラレンス・リーロイ・ヴァン・クリーフ・ジュニア」としてニュージャージー州サマービルに生まれた。 が始まるとに入隊し、カリブ海で任務に就いた。 終戦後は会計士として働いた。 1950年、そのルックスから家族や友人に俳優になることを勧められ、俳優活動を始めた。 キャリア [ ] での舞台『』のわき役で初めて演技をした。 初めて出演した映画は古典的西部劇『』だった。 彼はこの映画で悪役を演じた。 また、同じころ『』にも出演した。 1956年には『』でと共演した。 、SFに加えて、彼の初期の活動を代表する3つのがある。 1952年の『』と1953年の『』、1955年の『』である。 彼は1950年代のノワール映画への出演によって地位を確立していった。 また、彼は脇役、悪役を演じて観客に強い印象を残した。 1959年、によるを起こして膝を痛め、医師からは2度とで馬には乗れないだろうと言われる。 この事故は彼を悩ませ、回復するまでに長い時間がかかった。 ヴァン・クリーフは俳優業を半ば引退し、妻のジョアンとインテリアの事業を始める。 また、海や風景画も描き始めた。 また、彼はグラナダの家屋建築現場で誤って右手中指の先端を切断してしまう。 だがこれは後に彼のトレードマークとして認知されるようになった。 1965年、彼の人生にとって最も大きな転機が訪れる。 イタリアの若手監督がヴァン・クリーフに出演依頼をしたのがきっかけだった。 その映画は『』であり、主演のと並ぶもう1人の主人公の役だった。 さらにレオーネは『』でもヴァン・クリーフとイーストウッドを起用した。 レオーネの映画に出演したことによって彼はの大スターとなった。 その後は『』や『』、『』、「サバタ三部作」の2作品(『』、『』、『』のうちの『~悪人伝』と『~決闘史』)でメインキャラクターを演じた。 また監督の『』に出演し、1984年にはの『』で忍者を演じた。 最終的に、リーは38年間の間に90作の映画と109作のテレビドラマに出演したことになる。 私生活 [ ] ヴァン・クリーフは生涯で3度結婚している。 最初は、1943年12月10日に高校時代の交際相手だったパッシー・ルース・カールと結婚、3人の子、アラン、デボラ、デイヴィッドを儲けた。 しかし1960年に離婚。 その後、同年4月9日にジョアン・ドレーンと二度目の結婚をする。 1974年に彼女と離婚し、その2年後1976年7月13日にバーバラ・ハヴローンと三度目の結婚をした。 1989年にヴァン・クリーフがこの世を去るまで2人は別れることはなかった。 死去 [ ] に64歳で生涯を閉じる。 自宅にいる時にに襲われ、妻のバーバラが救急隊員を呼んだが間に合わなかった。 彼は多くのハリウッドスターが眠っていることで知られるカリフォルニア州ロサンゼルスにあるフォレスト・ローン記念公園へ埋葬された。 墓碑銘は 『リー・ヴァン・クリーフ 1925年1月9日 - 1989年12月16日 「最良の悪役」 愛と光を』 (原文:"Lee Van Cleef January 9, 1925 - December 16, 1989 'Best of the Bad' Love and Light. ")である。 エピソード [ ]• 映画中での役柄同様、私生活でも気骨溢れる人柄で知られた。 『真昼の決闘』のプロデューサーであると初めて面会した時、彼に鼻を整形する様にと言われたヴァン・クリーフは「黙れ」と一喝、クレイマーを激怒させたという逸話が伝わる。 更に監督のから映画中で掛け声を出すよう指示されたときも、ヴァン・クリーフが「演じるキャラクターに似つかわしくない」としてこれを拒否、結果的にジンネマンを納得させた。 1985年に日本でのCMに出演した。 テレビゲーム『』に登場するキャラクターの一人、は彼がモデルである。 出演作品 [ ] 公開年 邦題 原題 役名 備考 1952 High Noon ジャック・コルビー Kansas City Confidential トニー・ロマノ 1953 The Bandits of Corsica Nerva The Lawless Breed ダーク・ハンレイ The Beast from 20,000 Fathoms ストーン Arena スミッティ Vice Squad ピート・モンティ コロラドの決闘 Jack Slade ボルト・マッケイ Tumbleweed マーヴ 1954 縄張りを荒らすな Rails Into Laramie エース・ウィントン 赤い谷 Arrow In The Dust Tillotson Henchman イエロー・トマホーク The Yellow Tomahawk ファイアー・ナイフ 1955 十人のならず者 Ten Wanted Men アル・ドラッカー The Big Combo ファンテ デンヴァーの狼 The Road To Denver ペコス・ラリー 硝煙のユタ荒野 The Vanishing American ジェイ・ロード A Man Alone クラントン 1956 The Conqueror Chepei 悪人への貢物 Tribute To A Bad Man ファット・ジョーンズ It Conquered the World トム・アンダーソン Pardners ガス 1957 西部の顔役 The Quiet Gun ダグ・サドラー 偽保安官 The Badge of Marshal Brennan シャド・ドナフィン Gunfight at the O. Rock-Skipping Grandfather 脚注 [ ]• Christopher Frayling 2005. SERGIO LEONE ONCE UPON A TIME IN ITALY. 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

ヴァンクリーフ&アーペル

ヴァン クリーフ

生い立ち [編集 ] 本名「クラレンス・リーロイ・ヴァン・クリーフ・ジュニア」としてニュージャージー州サマービルに生まれた。 が始まるとに入隊し、カリブ海で任務に就いた。 終戦後は会計士として働いた。 1950年、そのルックスから家族や友人に俳優になることを勧められ、俳優活動を始めた。 キャリア [編集 ] での舞台『ミスタア・ロバーツ』のわき役で初めて演技をした。 初めて出演した映画は古典的西部劇『』だった。 彼はこの映画で悪役を演じた。 また、同じころ『』にも出演した。 1956年には『』でと共演した。 、SFに加えて、彼の初期の活動を代表する3つのがある。 1952年の『アリバイなき男』と1953年の『目撃者は語らず』、1955年の『暴力団』である。 彼は1950年代のノワール映画への出演によって地位を確立していった。 また、彼は脇役、悪役を演じて観客に強い印象を残した。 1959年、によるを起こして膝を痛め、医師からは2度とで馬には乗れないだろうと言われる。 この事故は彼を悩ませ、回復するまでに長い時間がかかった。 ヴァン・クリーフは俳優業を半ば引退し、妻のジョアンとインテリアの事業を始める。 また、海や風景画も描き始めた。 また、彼はグラナダの家屋建築現場で誤って右手中指の先端を切断してしまう。 だがこれは後に彼のトレードマークとして認知されるようになった。 1965年、彼の人生にとって最も大きな転機が訪れる。 イタリアの若手監督がヴァン・クリーフに出演依頼をしたのがきっかけだった。 その映画は『』であり、主演のと並ぶもう1人の主人公の役だった。 さらにレオーネは『』でもヴァン・クリーフとイーストウッドを起用した。 レオーネの映画に出演したことによって彼はの大スターとなった。 その後は『』や『』、『』、「サバタ三部作」の2作品(『』、『大西部無頼列伝』、『西部決闘史』のうちの『~悪人伝』と『~決闘史』)でメインキャラクターを演じた。 最終的に、リーは38年間の間に90作の映画と109作のテレビドラマに出演したことになる。 私生活 [編集 ] ヴァン・クリーフは生涯で3度結婚している。 最初は、1943年12月10日に高校時代の交際相手だったパッシー・ルース・カールと結婚、3人の子、アラン、デボラ、デイヴィッドを儲けた。 しかし1960年に離婚。 その後、同年4月9日にジョアン・ドレーンと二度目の結婚をする。 1974年に彼女と離婚し、その2年後1976年7月13日にバーバラ・ハヴローンと三度目の結婚をした。 1989年にヴァン・クリーフがこの世を去るまで2人は別れることはなかった。 死去 [編集 ] に64歳で生涯を閉じる。 自宅にいる時にに襲われ、妻のバーバラが救急隊員を呼んだが間に合わなかった。 彼は多くのハリウッドスターが眠っていることで知られるカリフォルニア州ロサンゼルスにあるフォレスト・ローン記念公園へ埋葬された。 墓碑銘は 『リー・ヴァン・クリーフ 1925年1月9日 - 1989年12月16日 「最良の悪役」 愛と光を』 (原文:"Lee Van Cleef January 9, 1925 - December 16, 1989 'Best of the Bad' Love and Light. ")である。 エピソード [編集 ]• 映画中での役柄同様、私生活でも気骨溢れる人柄で知られた。 『真昼の決闘』のプロデューサーであると初めて面会した時、彼に鼻を整形する様にと言われたヴァン・クリーフは「黙れ」と一喝、クレイマーを激怒させたという逸話が伝わる。 更に監督のから映画中で掛け声を出すよう指示されたときも、ヴァン・クリーフが「演じるキャラクターに似つかわしくない」としてこれを拒否、結果的にジンネマンを納得させた。 1985年に日本でのCMに出演した。 テレビゲーム『』に登場するキャラクターの一人、は彼がモデルである。 出演作品 [編集 ] 公開年 邦題 原題 役名 備考 1952 High Noon ジャック・コルビー アリバイなき男 Kansas City Confidential トニー・ロマノ 1953 コルシカの嵐 The Bandits of Corsica Nerva 決斗! 一対三 The Lawless Breed ダーク・ハンレイ The Beast from 20,000 Fathoms ストーン ロデオの英雄 Arena スミッティ 目撃者は語らず Vice Squad ピート・モンティ コロラドの決闘 Jack Slade ボルト・マッケイ 早撃ち無宿 Tumbleweed マーヴ 1954 縄張りを荒らすな Rails Into Laramie エース・ウィントン 赤い谷 Arrow In The Dust Tillotson Henchman イエロー・トマホーク The Yellow Tomahawk ファイアー・ナイフ 1955 十人のならず者 Ten Wanted Men アル・ドラッカー 暴力団 The Big Combo ファンテ デンヴァーの狼 The Road To Denver ペコス・ラリー 硝煙のユタ荒野 The Vanishing American ジェイ・ロード 白昼の対決 A Man Alone クラントン 1956 征服者 The Conqueror Chepei 悪人への貢物 Tribute To A Bad Man ファット・ジョーンズ It Conquered the World トム・アンダーソン 底抜け西部へ行く Pardners ガス 1957 西部の顔役 The Quiet Gun ダグ・サドラー 偽保安官 The Badge of Marshal Brennan シャド・ドナフィン Gunfight at the O. Rock-Skipping Grandfather 脚注 [編集 ]• Christopher Frayling 2005. SERGIO LEONE ONCE UPON A TIME IN ITALY. ISBN 9780500512289. 外部リンク [編集 ]• - (英語).

次の