香典返し のし。 【初盆のお返し】品物・お礼状・のし・表書き・お返しの時期・お供え・供養

香典返しのマナー、相場、品物、お礼状などのまとめ[引き物ドットコム]

香典返し のし

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 日本では、親族が亡くなって自身が喪主として葬儀を主催することになった時、たくさんの方に香典を贈っていただくと思います。 また、香典を頂いた人にそのお礼や法要が無事終わったご報告も兼ねて香典返しをするのが習慣になっていますね。 香典返しをする際、品物やお返しをする時期などで悩まれる方も多いようですが、慶事の時の贈り物のように熨斗(のし)を付ける必要はあるのかと疑問に思われる方も多いかと思います。 不幸は突然やってくるものですから、いざというときに慌てることのないよう香典返しのマナーについては抑えておきたいものです。 そこで今回「終活ねっと」では、 香典返しの熨斗(のし)について選び方や書き方などのマナーも含め以下の流れで解説していきます。 贈り物にのしを付けるというのはよく聞くと思いますが、そもそも熨斗(のし)とは何なのでしょうか? ここでは 慶事などに使うのしと香典返しなど弔事で使うのしについて解説します。 熨斗とは のしとは 慶事の際の贈り物などにつけられる飾りのことで、水引と呼ばれる紐の飾りと併用されます。 また、あわび貝を薄くのばして乾燥させたあわび熨斗をお祝い事の贈り物に付ける慣習がのしの由来とされています。 現代ではのしは 黄色い紙を六角形の紙で包んだものになっていますが、近頃は 熨斗紙(のし紙)という贈り物に巻く紙にその絵が印刷されていることが多く、「のし」の2文字だけが印刷されている場合もあります。 しかし、のしと水引が印刷された のし紙は あくまで略式とされているので、大切な贈り物などでは使えないこともあるので気を付けましょう。 香典返しの熨斗は掛け紙という 香典返しも熨斗紙のような紙に包んで贈られることが多いようですが、香典返しなど 弔辞で使われるのは熨斗飾りのない掛け紙と呼ばれる紙になります。 そのため、香典返しに「熨斗を付ける」と言う人もよくいるのですが、正確には 掛け紙になります。 香典返しに使う熨斗の選び方 香典返しに使うのし紙、つまり掛け紙はどのようなものを選べばよいのでしょうか? ここでは 水引や印刷されている絵などについて解説します。 水引のみが印刷されているもの 香典返しに使う掛け紙は のしのついていない、水引のみが印刷されたものになります。 熨斗飾りは祝い事など慶事で使うものなので、弔事である香典返しでは水引のほかにのしが印刷されているのし紙はふさわしくありません。 水引は結び切りで色が黒白か黄白のもの 香典返しに使う掛け紙に印刷されている水引はどのようなものを選べばよいのでしょうか? 基本的に水引は宗教問わず黒白か黄白の結び切りのものとなります。 黄白の水引は主に関西地方で使われます。 また、水引の結び方には、蝶結びと結び切り、あわじ(あわび)結びの3通りがあります。 蝶結びは何度も結び直せることから、何度あってもよいという意味でお祝いごとに使われます。 結び切りは結び直せないことから、弔事が繰り返されないようにという意味で弔事の時に使われます。 また、あわじ(あわび)結びは慶事・弔事両方に使われます。 あわじ(あわび)結びは、結び切りと同じように結び直すことが難しいものですが、水引の両端を持って引っ張るとさらに強く結ばれることから、末永く付き合うという意味もあります。 香典返しの水引には、 結び切り、もしくは あわじ(あわび)結びを使いましょう。 蓮などの絵がついている場合 基本的に香典返しには水引のみが印刷されたものを使いますが、 仏式用の掛け紙には蓮(ハス)の絵が印刷されていることがあります。 仏式の場合はこのタイプの掛け紙を使うことができますが、キリスト教や神式の場合はマナー違反となってしまうので気を付けてください。 ちなみに、絵の上に後述する名前や表書きを書いても問題ありません。 のし紙のテンプレートを使う手も のし紙の水引などのテンプレートをインターネット上でフリーでダウンロードし、印刷できるサービスがあるのをご存知ですか? 慶事用のサイトが多いですが、中には弔事用のテンプレートを扱っているサイトもあり、後述する表書きや名前を設定して印刷することもできます。 無料で利用できる上、熨斗を買いに行く手間もかからないので、葬儀や法要の片付けで忙しいときなどに活用してみてください。 香典返しの熨斗の書き方 香典返しに使う熨斗は水引のみが印刷された掛け紙ですが、掛け紙には何を書けばよいのでしょうか? 基本的には表書きと喪主・喪家がわかる名前を書きます。 ここではのし上・のし下に書く表書きや名前の書き方、薄墨で書かなければいけないのかなどの疑問について解説していきます。 のし上の表書き(上書き)の書き方 掛け紙(のし紙)の水引の上をのし上と呼びますが、 のし上には表書きを書きます。 ここではその表書きについて宗教や地方別に見ていきます。 宗教問わず使える志 香典返しの表書きには 一般的に志と書きます。 これは、宗教を問わず使うことができます。 志の意味は気持ちと言われています。 そのため、お礼の気持ちを込めて 志と書きます。 仏式 仏式、つまり 仏教においては使われる表書きは志になります。 浄土真宗 浄土真宗において香典袋に書く表書きは通常の仏式と異なるので、香典返しでも異なる表書きを使うと思われる方がいらっしゃると思いますが、 香典返しの場合は仏式と同じく志で問題ありません。 キリスト教・神式 キリスト教や神道の場合は、 掛け紙に偲び草と書くことが多いです。 そもそも、香典とは故人の御霊前にお香をお供えする代わりに金銭をお供えするもので、仏式のものです。 そのため、キリスト教や神道ではそういう香典返しという習慣はもともとありません。 ですが、昔からキリスト教や神道のご葬儀の時には、香典に代わる御花料や玉串料をお供えする風習がありますので、そのお礼を込めて品物をお返しするようになりました。 偲び草には故人を偲ぶ気持ちを粗品に代えてという意味が込められています。 また、キリスト教式や神道の場合でも志を使って大丈夫です。 関西・西日本では満中陰志 関西・西日本では、仏式の香典返しの表書きには満中陰志と書くところもあります。 中陰とは仏教用語で亡くなられてから四十九日の期間を指し、満中陰とは四十九日目の忌明けを迎えることを意味する言葉です。 香典返しは四十九日の忌明けの時にお渡しすることが一般的なので、満中陰に贈る志(気持ち)という意味で香典返しの表書きに満中陰志と書くようになりました。 粗供養と書く場合 粗供養(そくよう)とは、ご葬儀や法要などで御供養して下さった方にお礼を込めてお返しする粗品のことをいいます。 主に西日本で多く使われます。 東日本では法要の返礼品全般には 志が使われることが多いですが、西日本ではこの 粗供養という言葉が使われることが多くなっています。 最近ではご葬儀の当日返しなど、忌中にお返しを贈る際にこの言葉が使われるようになりました。 しかし、西日本では 志と同じように 粗供養という言葉が使われますので、当日返しのみならず、四十九日などの法要の際のお返しの時にも 粗供養と書いても問題はないと言えます。 のし下の名前の書き方 香典返しを包む掛け紙の 水引の下をのし下と言いますが、ここには名前を書きます。 ここでポイントとなるのは、 受け取る側に誰からの香典返しかがわかるように気を付けることです。 名前は喪主・施主のフルネームか苗字 のし下に書く名前は 喪主・施主のフルネーム、または苗字を真ん中に縦書きで書きます。 実家が喪家の時は旧姓 実家が喪家の場合で現在の姓と異なる場合などは、受け取った側が誰の葬儀に贈った香典の香典返しかがわかりやすいように、 喪家の姓に合わせて旧姓を使用しましょう。 名前なしでも良いか のし下に名前を入れる必要があるかどうかですが、 基本的に名前を入れることが望ましいです。 なぜなら、名前がないといつ誰のご葬儀の香典返しか分からないからです。 喪主側の何かしらの事情で名前を書かないこともあるようですが、かなり稀なケースになります。 のし下にはきちんと名前を書いておきましょう。 濃い墨でも薄墨でも良い 文字の色は 黒(濃墨)でも薄墨でもどちらでもよいとされています。 基本的に亡くなられた直後は「悲しみの涙で墨が薄くなった」という意味から薄墨を使います。 忌明け(四十九日)後は「気持ちが落ち着いて穏やかに暮らしています」という意味から濃墨を使います。 しかし、最近では忌明け後でも「悲しみがまだ癒えません」という意味から薄墨を使うことも増えてきています。 だだし、薄墨でなくてよいとされていても、 ボールペンやサインペンで書くのは避けるのが無難といえます。 また、先ほどご紹介したインターネットからダウンロードできるテンプレートには表書きや名前を印刷できるものありますが、その場合は 印刷でも問題ありません。 香典の薄墨については以下の記事を参考にしてみてください。 香典返しののしのかけ方には、 内のし(内掛け)と外のし(外掛け)の2種類があるのをご存知ですか? 内のし(内掛け)とは、 品物の上に直接のしをかけてそれを包装紙で包むものです。 外のし(外掛け)とは、 品物を包装紙で包んでその上にのしをかけるものです。 当日返しなど相手に直接香典返しを手渡しする場合は、外のしをかけることが一般的です。 外のしの場合、誰から贈られたものなのか受け取る側が一目でわかるというメリットがあります。 しかし、最近では宅急便などで香典返しを贈ることが増えてきて配送途中でのしが破れてしまう可能性があります。 そのため、香典返しを発送する場合は内のしをかけるのが一般的です。 また、外のしに比べて内のしの方が控えめに感じるという人もいます。 香典返しはお祝いごとではありませんので、より控えめな内のしを選ばれる方も多くなっています。 香典返しの挨拶状の書き方• 熨斗とは慶事の際に使われる飾りのことだが、弔事である香典返しにおいては熨斗のついたのし紙ではなく、水引のみが印刷された掛け紙を使う。 水引は宗教関わらず黒白か黄白の結び切りか、あわじ(あわび)結びのものを使う。 蓮の絵が描いてある掛け紙もあるが仏式用なので、キリスト教・神式では避けるべきである。 インターネット上でフリーでダウンロードできるのし紙のテンプレートを活用する方法もある。 のし上には表書きを書くが、基本的に全宗教共通で「志」と書く。 キリスト教・神式の場合は「偲び草」と書くこともある。 また、関西・西日本の場合は「満中陰志」や、期中の場合「粗供養」と書くこともある。 のし下に書く名前は喪主のフルネームか苗字である。 実家が喪家の場合は実家の姓に合わせる。 名前を書かないのはマナー違反。 名前を書く上で重要なのは、いつ誰からの香典返しかが受け取る側にわかりやすいようにすること。 香典返しの熨斗を場合は濃い墨でも薄墨でも良いが、ボールペンやサインペンは避けたい。 香典返しはお礼や葬儀・法要を終えたことの報告などを書いた挨拶状を添えるのがマナー。 ご不幸は突然起こります。 香典返しをするときも忌明けとはいえ、まだまだ慌ただしい日々の中で準備しなければならないと思います。 香典返しをする際はぜひこの記事を参考にしてみてください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 「終活ねっと」では以下のような記事も多く読まれています。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

香典返し のし》表書き/名前/志/内のし/外のし/のし紙/薄墨/色/つけ方

香典返し のし

関西 : 親戚のみに用意する 親族以外からは香典を辞退!? 関東では、 喪主側はほぼ100%香典を受け取りますが、 関西では、親戚からは頂き、一般の方からの香典は辞退することがあります。 これは「香典返しが手間だから省きたい」という近代的な考えに基づいて生まれた習慣ではなく、関西の古くからの葬儀文化が影響し生まれた習慣です。 関西に香典辞退の習慣が生まれたのは、前述したように、昔から会葬者全員に「通夜ぶるまい」をしなかったということが関係しています。 関東では、親族だけでなく会葬者全員にも料理を振る舞うことから、その分の費用と対価としても喪主側は香典を受け取ります。 一方、 関西では「通夜ぶるまい」がなく、一般会葬者はお経が終わり、お線香をあげると帰ります。 その為、「お香典はいりません」と、関西では親族以外から香典を受け取らない習慣が広まったのです。 加えて、 最近では「香典返しの手間を省く」という新しい意味も加わり、関西の都市部を中心に、香典辞退が増えているそうです。 古くからの文化に、関西人らしい合理的な発想が加わり、香典辞退につながっています。 しかし、香典辞退の背景を知っていても、実際に「香典辞退」の葬儀に直面すると、やはり戸惑うところがありますよね。 せっかく用意した香典を、本当に持って帰っても良いものなのかと迷う人も多いようです。 でも、これは故人や喪主側の意志によって決められていることなので、その気持ちを尊重し、本当に香典は渡さずに帰っても良いです。 また、喪主側も、親族以外の方々に、事前に香典を辞退するということを連絡しておいたり、お葬式会場の受付に「香典辞退」の旨を伝える看板を出しておくと親切です。 看板は、依頼をすれば葬儀社のほうで手配してくれることが多いです。 頂いた香典の半額程度を目安に品物と挨拶状を添えてお返しするのが基本です。 一方、 関西では香典返しは 「3分の1」が相場でした。 ところが、日本の「常識」は、首都があり人口も多い関東が作ることが多い昨今です。 交通が発達した現代では、いろいろな出身地の参列者が訪れることもあり、現在では「香典返しは半返し」という「常識」が関西にも浸透してきています。 しかし未だ、 関西では「きっちり半返し」というよりも、「3分の1程度のお返し」という風潮が残っているもの事実です。 また、 関東でも関西でも、高額な香典返しを頂いた時は、即日返しで他の参列者と同じ一律の香典返しを渡した際は、後日忌明け後に上乗せ分の香典返しを挨拶状と共に送る習慣は同じです。 香典返しの表書きと贈る時期 香典返しには、のし紙を掛け、そこに表書きを書いて贈るのがマナーです。 関西では、表書きに 「満中陰志」と書くことが一般的です。 「満中陰志」の意味仏教では、人が亡くなってから四十九日の間を「中陰」と言います。 「満中陰」は「中陰が満ちた」、つまり、四十九日の忌明けを迎え、死者が無事に成仏したことを指します。 「満中陰志」は、忌明けの法要を無事に済ませた報告と共に、お悔やみを頂いた事への感謝の気持ちを表して贈る品物、香典返しに使用します。 忌明けから1か月程度を目安に、香典を頂いた方々へ「満中陰志」と表書きをした香典返しを配っていくことが関西のマナーです。 一方、 関東では、表書きにお香典のお礼という事で 「志」と書くことが一般的です。 「志」は、地域や宗教を問わず、表書きで広く用いられている言葉なので便利です。 自分の地域ではなにを書くか迷った時は「志」と書くと無難です。 「満中陰志」がNGな香典返しの時期 「満中陰志」は「無事に忌明けを迎えることができました」という報告を兼ねて行うものです。 そのため、「満中陰志」を送る時期は基本的には 四十九日法要を終えた忌明け後というのが一般的です。 ところが、近年では 葬儀当日に満中陰志を渡すことも増えています。 これは遠方からの参列者一人ひとりに送付する手間や費用を省くためです。 しかし 正式には「中陰」が満ちていない時期にお返しをする場合は表書きを「満中陰志」とするのは正しくありません。 このような場合は、どのタイミングのお返しでも使える 「志」を使用した方がいいでしょう。 香典返しの水引の色 香典返しに限らず、贈答品を贈る際は、品物にのし紙をし、その上に水引を掛けます。 この水引は、用途や地域、宗教によって結び方や色が異なります。 弔事の際には、 関東では 黒白の水引を使用するのが一般的です。 黒白の水引は、全国的にも広く用いられています。 一方 関西では、最近は黒白も増えてきましたが、昔から 黄白の水引を使用するのが一般的です。 まとめ 近いようで遠い関東と関西。 現代の発達したメディアや交通により、独自色が薄くなり「常識」として一律化されてきていることも多いですが、今だ残る習慣もありました。

次の

関東と違う!関西の香典返しのマナー!のしの表書きは?時期は?

香典返し のし

香典返しに「のし」はつけない? そもそも「のし」はお祝い事の印 「香典返しにのしはつけない」というと、包装紙に包んだままでのし紙や水引も必要ないの? と思うかもしれませんが、そうではありません。 本来の意味での「のし」はつけないということです。 もともとのしとはお祝い事の贈り物につける飾りのことを指します。 慶事ののし袋の右上に、紅白の紙を折った中に短冊型の黄色い紙が入った長六角形のものを見たことがあると思いますが、これが正式な意味ののしです。 もっと厳密にいえば、 短冊型の黄色い紙がのしです。 のしは「あわび熨斗(のし)」の略で、昔はあわびを熨したもの(薄く伸ばして乾燥させたもの)を縁起物としてお祝い事に贈る風習がありました。 この風習を簡略化して、黄色の短冊をあわびのしに見立てて紅白の紙に包んだものをお祝いの印としてつけるようになったといわれています。 香典返しに使う紙は「のし紙」ではなく「掛け紙」 のしのついた紙がのし紙であり、のしはお祝い事の贈り物につけるものなので 弔事用の紙にはつけません。 のしのついていない紙は、 「掛け紙」といいます。 最近では弔事用の紙も、のし紙といわれていますが正式には掛け紙であり、 香典返しにはこの掛け紙を使います。 なお、本記事ではこれ以降、広く使われている「のし紙」「のし」という言葉でご説明します。 香典返しの水引は「結び切り」 贈答品には美濃紙や半紙などの和紙に「水引」と呼ばれる帯紐を結んで贈るのが、日本の古くからの慣習です。 現在では、香典返しの贈答品においては、水引が印刷された掛け紙を使うのが一般的です。 水引には「結び切り」と「蝶結び」の2通りがあります。 「蝶結び」は慶事で使われ、弔事の場合は 「不幸は一度きりにしたい」という意味を込めて 「結び切り」を用います。 香典返し用の水引は何色を選ぶ? 弔事用の水引の色は、藍銀(紫銀)や黒白、黄銀(黄白)などがあります。 黒色や黄色など色の濃い方が右側にくるようにして、「結び切り(こま結び)」になったものを使用します。 この内、 仏教では藍銀や黒白が全国的によく使われています。 黄銀は、関西地方やキリスト教などで使われます。 また、 黒白は宗教を問わず広く使えます。 以上をまとめると、以下のようになります。 のしの水引の色 宗教 地域 水引の色 仏教 全国的 藍銀、黒白 仏教・関西地方 関西地方 黄銀(黄白) キリスト教、神道 全国的 黄銀(黄白) 宗教を問わず 全国的 黒白、黄銀(黄白)など なお、香典返しe-shopでは、上記すべてののし紙をご用意しています。 ぜひご活用ください。

次の