匂い 玉 とる 方法。 部屋の匂いをとる方法!家にあるもので出来る意外な消臭法とは?!

臭い玉の原因と5つの取り方&7つの予防方法まとめ【膿栓】

匂い 玉 とる 方法

目次:• 喉の横にある臭い玉の見つけ方 [用意するもの:手鏡、耳かき] 口の奥には、 扁桃腺の穴がいくつか空いています。 臭い玉はここに溜まります。 臭い玉を見つけるには、夜のほうが良いです。 朝や昼の場合はカーテンを閉め切って部屋の明かりを強くしましょう。 そして手鏡を持って真下を覗き込み、部屋の明かりを鏡で反射させて 喉の奥を照らしながら白い玉がないか確認します。 もし喉のヒダが邪魔な時は、耳かきで少しヒダを押さえるといいです ダイソーの 光る耳かきも便利! 臭い玉はスポイトで吸い取ろう! 臭い玉を自分でとる方法は調べるといくつか出てきますが、どれも あまりおすすめできません。 うがいで取れたりはしません。 では一体どうやって取るのがいいかというと、 スポイトを使うのが一番おすすめです。 これなら臭い玉がちぎれたり、奥に押し込んでしまったりする心配はありません。 簡単確実にとることができます 鼻の奥にある臭い玉をとるには 臭い玉は基本的には喉の横の穴にできますが、たまに喉の奥の上部(上咽頭)にできることもあります。 喉の横に臭い玉が無いのに匂いがするときは、 上咽頭に隠れているかもしれません。 残念ながらここにできた玉を、あるかないか目で確認することはできませんが、ちゃんと自分で取る方法はあります。 喉に真空を作って、鼻水やタンを吸い出すようにして臭い玉を取ってみましょう。 舌を口の上につけるのがポイントです。 一度で取れるとは限らないので、鼻の奥を吸ってみたり、喉の後ろ奥を吸ってみたりと場所を変えながら何度か試してみてください。

次の

部屋の匂いをとる方法!家にあるもので出来る意外な消臭法とは?!

匂い 玉 とる 方法

取れない臭い玉の取り方とは? くしゃみやせき込んだときや寝てる時などにぽろっととれる「膿腺」。 臭い玉という名前が一般的ですが、これは 細菌の死骸の塊です。 確かにためしてガッテンでもやってましたね。 臭い玉(膿腺)の正体は歯周病菌や大腸菌などの悪臭をはなつ悪玉菌の死骸です。 大腸菌の仲間であるため臭いもそれらが出すガスに近い大便のようなドブの腐ったような悪臭です。 「え?1人?その人ってなんで臭い玉あったの?」 と思いますよね? 臭い玉ができやすいのは 冬場に多く、 唾液の質が悪くなったり口の乾燥が臭い玉の原因となります。 もちろん臭い玉は夏場にもできるんですが、• 鼻づまりによる口呼吸• 風邪など扁桃腺に負担がかかりやすい• 空気の乾燥して唾液が乾いたり、ネバネバしやすい など冬場は臭い玉ができやすい、いろんな条件がそろいやすいんです。 ためしてガッテンでもこの臭い玉がある1人を調べた結果 その人は口呼吸だったということがわかりました。 口の乾燥は様々な口臭の原因として知られていますが、乾燥によって歯、舌、舌苔などに細菌が増えたり、 唾液の質が悪くなるために 臭い玉がたまりやすい原因になることもあるんです。 なので舌苔が増える状況である唾液不足、ドライマウスを防ぐこと、そしてサラサラした唾液を出すことが口臭予防には大事です。 こちらも参考に 臭い玉が取れない 臭い玉自分で意識しない時は案外取れるものです。 寝てる時とか力が思い切り入ったとき、またはくしゃみの時などに取れます。 ただしいざ取ろうと思うと取れないんです。 いきんでみても、のどを刺激しても取れないんですね。 そう、臭い玉は自分で意識してなかなか取れないんです。 ただ、どうしても取れない・・けど取りたい! という人も多いようで臭い玉の取り方について書いてみます。 臭い玉のある場所は扁桃 扁桃は喉の両脇にあってボコボコとしてる部分で そこに臭い玉がたまりやすいんですね。 この扁桃腺の穴に臭い玉はできて人に よっては大きくたまる場合があります。 臭い玉を取る方法とは? この臭い玉の取り方として海外のやり方を見てるとほとんどが ・綿棒で押さえて取り出す ・金属の耳かきのようなもので押し出す ・水で洗い流す 感じです。 扁桃腺の部分を押すと臭い玉がたまってる場合ブニュっと出てきます。 つまり大きい膿腺は比較的カンタンに取れるんですね。 臭い玉を取るときの水はただの水よりも生理食塩水の方が刺激が少ないのでおすすめです。。 道具はスポイトタイプが多いですね。 ちょうど動画がありました。 耳鼻咽喉科でも臭い玉は取れる?費用は? あまり知られていませんが耳鼻咽喉科でも臭い玉は取ってくれます。 膿腺の除去・陰窩の吸引については、 保険が適用となりますので千円以下で可能です。 耳鼻咽喉科での取り方も同じように専用の金属の器具で 押し出したりするような感じでとってくれます。 ただし 耳鼻咽喉科でも膿腺の除去をやってないところも多いので 最初に電話などで膿腺除去をやっているのか確認しましょう。 なので単に臭い玉を取るのが楽しい場合は良いのですが、 口臭予防の目的で臭い玉を取るとどんどん臭い玉がたまりやすい 口臭体質になります。 え?うそでしょ?と思われるかもしれませんがこれは 事実。 イチゴ鼻の角質と同じで、取ればとるほどどんどん臭い玉のたまる穴が大きくなります。 その結果、臭い玉がどんどん増えて口臭がきつくなります。 扁桃腺あたりの粘膜が傷つくとそこで細菌との闘いが生まれるので 扁桃炎になってしまいます。 扁桃炎は臭い玉ができる大きな原因になるので、結果として臭い玉ができやすくなります。 実は臭い玉より厄介なのは 膿汁(のうじゅう)と呼ばれる臭い玉ができる前の液状のものの存在。 ニオイは当然臭い玉と同じで、めちゃくちゃ臭いんですが、これは取るのは不可能。 臭い玉がないのに相変わらずニオイが扁桃腺から出てるのはこの膿汁のせいです。 奥に入り込んだ臭い玉や膿汁などは取り去ることはほぼ不可能だからです。 そもそも前述のとおり、 臭い玉ができやすい人は口の乾燥などの唾液不足が根本的な原因。 口臭の原因そのものがなくならない限りはいつまでも口臭に悩まされてしまいます。 確かに臭い玉そのものは口臭の原因ですが、その臭い玉ができやすい状態が問題なのです。 口臭をなくしたいのであれば、臭い玉ができにくい状態にすることが一番です。 臭い玉ができにくい体質をする方法はこちらを参考に.

次の

臭い玉の原因と5つの取り方&7つの予防方法まとめ【膿栓】

匂い 玉 とる 方法

<使い方> ・舌を思いっきりだして、大きな口を開きます。 膿栓ができている場所を確認しましょう。 ・1度舌をしまった状態で膿栓がある辺りにノズルをセットしていきます。 患部に直接当たらないようにしましょう。 ・ちょうど良い位置にノズルをセットできたら、もう1度舌を出して大きな口を開けます。 ・患部をめがけて水を噴射しましょう。 うまくいかない場合は逆に吸うという使い方もできますが、扁桃腺を傷つけないように注意してください。 扁桃は、とても傷つきやすくデリケートな部分です。 この道具を使って水で洗い流すことが1番安全な方法と言えるでしょう。 舌や患部に接触してしまうと、えずいてしまってなかなか取ることができません。 取るときには膿栓を確認することはできませんが、この方法なら比較的高い確率で取ることができると思います。 また道具に慣れるうちは、失敗してしまうこともあります。 少しずつ試していきましょう。 <方法> ・生理食塩水 洗浄液 をポンプで鼻の奥に流し込みましょう。 片方の鼻の穴を押さえ、もう片方の穴から流し込むのです。 ・吸った穴から生理食塩水 洗浄液 を出しましょう。 3~5回繰り返したら、反対側も行います。 鼻うがいでも十分に効果があります。 ・(鼻から鼻へのうがいに慣れてきたら)口から生理食塩水 洗浄液 を吐き出します。 鼻の中のウイルスや汚れを洗い流してくれます。 喉の方にも液体が流れていくので、取れやすいといわれています。 やりすぎると粘膜を傷つけてしまう恐れがあるので、気をつけましょう。 鼻うがい洗浄液「ハナノア」は膿栓を取るのに効果があるという話もあるので、ぜひ試してみましょう。 <方法> ・シャワーを患部めがけて吹き付けて、飛ばします。 最初は弱い出力から試して見ましょう。 ・シャワーを当てながら「あ~~~」と声を出すと取れやすいともいわれています。 シャワーを直接吹き付けると、喉に強い圧力がかかりますのでリスクが大きく伴います。 口の中に一気に大量の水が入るので苦しくなったり、吐き気をもよおしてしまったりすることもあるので気をつけましょう。 あまり長時間続けることができない方法ですし、患部を直接ピンポイントで狙えるわけではありません。 綿棒やピンセットで膿栓を取ると・・・ 膿栓を取ろうとまずは身近なもので試みる人が多いですよね。 ご家庭にある身近なもので膿栓が取れたという人もいるのですが、綿棒やピンセットなどを使った方法は危険です。 とても簡単に試せる方法ではあるのですが、リスクがとても高い方法なのです。 さらに膿栓が広がってしまったり、喉が余計にイガイガしてしまったりしたという人もいるので気をつけましょう。 扁桃はとてもデリケートな場所になりますので、道具を患部に直接当ててしまうと、傷ついてしまいます。 無理やり道具を使ってほじくり出そうとすると、出血してしまうこともあります。 喉から出血するととても焦りますよね。 出血がなくても粘膜が傷つくと、炎症を起こし赤く腫れてしまうこともあるのです。 喉が炎症を起こすことによって、そこからばい菌が入ります。 最悪の場合「扁桃炎」になり高熱が出てしまうこともありますよ。 そして膿栓の無理やり除去し失敗したことにより、穴が広がってしまうことにつながります。 穴が広がると、ゴミが溜まりやすい状態になるので、結果的には膿栓がより作られやすい環境になってしまったことになるのです。 そうすると一気に膿栓が増えて、口臭や喉の不快感など余計に悩まされることになるでしょう。 まとめ 膿栓をいち早く除去したいという思いから自力で除去を試みようとする人は多いですよね。 自力で膿栓が取れそうな方法をご紹介しましたが、無理をしすぎるのはやめましょう。 無理やり道具を突っ込む・強く押し付ける・強い水圧で飛ばすなどは、粘膜を傷つけることにつながります。 あなたが思っている以上に喉はとてもデリケートな部分なのです。 上手く自力で取ることができれば良いのですが、失敗したときのリスクがとても高いですよね。 病院に行くのは恥ずかしいという気持ちも分かりますが、病院に行くことも考えてみましょうね。

次の