近鉄 ひ の とり 料金。 近鉄の新型名阪特急ひのとりの予約方法や時刻表、車内、設備、料金などを解説。ゆったり広々のプレミアムシート体験情報も記載。メタリックレッドの斬新な車両と上質な車内で快適|のぞみは西へ、みずほは九州へ

近鉄特急ひのとりの魅力と料金、乗り方など。

近鉄 ひ の とり 料金

広告 「アーバンライナー」を置き換え 近鉄の名阪特急は大阪難波~近鉄名古屋間を約2時間で結ぶ全席座席指定の有料特急で、同社の看板列車です。 現在は、「アーバンライナー・ネクスト」「アーバンライナー・プラス」の車両で運行しています。 近鉄では、これを置き換え、新たに新型車両「ひのとり」を投入すると発表しました。 運行開始は2020年3月14日です。 近鉄が名阪間に新たな特急車両を投入するのは、「アーバンライナー・ネクスト」が投入された2003年以来、17年ぶりです。 画像:近畿日本鉄道 全座席「バックシェル」 新型車両の形式名は「80000系」で、「ひのとり」は愛称です。 スピード感ある車体フォルムや、メタリックレッドの外観デザインが特徴。 ゆったりとして気品ある車両のイメージを、翼を大きく広げて飛翔する「ひのとり」に重ね合わせて命名しました。 「ひのとり」は、プレミアム車両とレギュラー車両を備えます。 鉄道車両としては日本初の全座席で「バックシェル」を装備。 後部座席にはみ出さず、気がねなくリクライニングできます。 広告 客席仕様は? プレミアムシートは2人掛けと1人掛けの横3列の座席配置。 ハイデッカー構造で大型ガラスを使用したことにより、広い眺望を確保しました。 画像:近畿日本鉄道 画像:近畿日本鉄道 シートには本革を使用。 座席の前後間隔は130cmあり、日本の鉄道座席で最大級です。 電動リクライニング、ヒーター、コンセント、読書灯などを備えます。 車両には横揺れを低減するフルアクティブサスペンションを設置し、乗り心地も改善しました。 画像:近畿日本鉄道 レギュラーシートは2人掛けが2列の横4列で、一般的な優等車両の配置です。 レギュラーシートでも座席の前後間隔は116cmあり、新幹線のグリーン車並み。 フットレストやテーブル、コンセントなどを備えます。 画像:近畿日本鉄道 広告 無料Wi-Fiも提供 車内にはサービス設備として多目的に使えるベンチスペースや、コーヒーサーバーなどを設置したカフェスポット、ロッカーなどの大型荷物置き場を用意。 喫煙室は1箇所設けます。 無料Wi-Fiも提供し、全客室に空気清浄機ナノイーを装備します。 ベンチスペース。 画像:近畿日本鉄道 カフェスペース。 画像:近畿日本鉄道 トイレは温水洗浄便座とベビーチェアを設置。 多目的トイレにはチェンジングボードやベビーベッド、オストメイト対応設備を配備しています。 セキュリティ対策として、客室やデッキ、大型荷物置き場には防犯カメラが取り付けられます。 客室両端の上部には大型液晶ディスプレイを2画面設置し、乗換案内などを4ヶ国語で情報提供します。 関連記事 11編成72両を投入 6両編成が8編成と、8両編成が3編成の全11編成72両を投入します。 先頭車両がプレミアム車両で、中間車両がレギュラー車両です。 6両編成の場合、1号車と6号車がプレミアム車両、2~5号車がレギュラー車両です。 8両編成の場合は、中間車両が2両増えます。 編成定員は6両編成が239人、8両編成が327人です。 画像:近畿日本鉄道 現行アーバンライナー21000系は6両が306名、8両が414名なので、定員は約2割も減少します。 シートピッチをゆったり取って、全席バックシェルシートにした結果でしょう。 運行開始時は6両編成3本でスタートし、2020年度中に6両編成5本、8両編成3本を増備し、投入を完了します。 料金は? 定員が減ったことにより、特急料金は値上げとなります。 「ひのとり」には特別車両料金が設定され、難波~名古屋間の場合、プレミアム車両で900円、レギュラー車両で200円が加算されます。 プレミアム車両の特別車両料金は、アーバンライナーのDX車両より380円高く設定されています(消費税増税後の比較)。 運賃とあわせた大人1人の総額(運賃・料金合計)は、難波~名古屋で、プレミアム車両が5,240円、レギュラー車両が4,540円となります。 価格的には、「新幹線より安く、高速バスより高い」という水準です。 「速さよりも、安さよりも、快適に移動したい」という人をターゲットにした列車といえそうです。 画像:近畿日本鉄道 画像:近畿日本鉄道.

次の

近鉄電車について質問です。新型特急のひのとりの大阪難波⇒近鉄...

近鉄 ひ の とり 料金

「近鉄特急」の運賃・料金 最初に、近鉄特急の値段をおさらいしておきましょう。 主な区間の通常価格は以下の通りです。 「近鉄特急」の運賃・料金(大人) 区間 一般車両 ひのとり しまかぜ 大阪難波~近鉄名古屋 4,340円 4,540円 大阪難波~伊勢市 3,170円 4,010円 京都~奈良 1,370円 -- 近鉄名古屋~伊勢市 2,810円 3,650円 大阪阿部野橋~吉野 1,510円 -- 近鉄特急で大阪から名古屋へ行く場合、正規料金は乗車券2,410円+特急券1,930円の片道4,330円。 「ひのとり」に乗っても4,540円。 新幹線に比べれば圧倒的に安いです。 でも、「少しでも安くなる方法はないか」と考えてしまう人も多いでしょう。 ここでは、主に名阪特急を例にとり、近鉄特急に安く乗る方法を考えてみます。 なお、それ以外の区間でも安く乗る方法はほぼ同じですので、参考にして下さい。 とはいっても、近鉄のみの割引きっぷはありません。 往復割引もありません。 ですから、近鉄の駅窓口で買えるのは、正規運賃のチケットだけです。 車両タイプによる料金の違いは? 近鉄特急には多彩な車両が走っています。 一部の車両に乗車するときは「特別車両料金」がかかります。 特別車両料金がかかるのは「ひのとり」「しまかぜ」「青の交響曲」です。 「ひのとり」(レギュラー車両)100円~200円• 「ひのとり」(プレミアム車両)300円~900円• 「しまかぜ」740円~1,050円(個室の場合は別途個室料金1,050円)• 「青の交響曲」210円 また、「アーバンライナー」「伊勢志摩ライナー」「さくらライナー」のデラックスカーを利用する場合は、特別車両料金が必要です。 210円~520円です。 株主優待券と特急券を組み合わせる 近鉄特急に安く乗る方法のうち、もっともオーソドックスな方法は、近鉄の株主優待乗車証(株主優待券)を手に入れることです。 株主優待券は近鉄全線に乗車できますので、これ1枚で名阪間を移動できますし、大阪から伊勢・志摩へ行くこともできます。 「ひのとり」「しまかぜ」に格安に乗るのもこの方法です。 近鉄の株主優待券は、近鉄の株主に配布されます。 株主でない方は、金券ショップかヤフオクなどで手に入れましょう。 金券店での相場1300円〜1600円程度です。 この価格だと、大阪〜名古屋間や、大阪〜伊勢・志摩、名古屋〜大和八木などへ行くにはお得ですが、名古屋〜伊勢・志摩は微妙です。 鳥羽まで行けば株主優待券のほうが安いことが多いですが、名古屋〜伊勢市や宇治山田までなら、普通に乗車券を買ってもほとんど変わらない価格です。 株主優待券だけでは特急には乗れませんので、別途特急券を買う必要があります。 これは駅の窓口で通常価格で買いましょう。 広告 「名阪ビジネス回数きっぷ」を使う いわゆる「名阪特急」に安く乗るのに最適の格安チケットが「 名阪ビジネス回数きっぷ」です。 大阪難波・大阪上本町・鶴橋の各駅〜近鉄名古屋駅間の乗車券の回数券タイプの割引きっぷです。 きっぷは14枚つづりで、駅の窓口ではバラ売りはしていませんが、金券ショップに行けば1枚ずつ購入することが可能です。 特急券は別途購入しなければなりません。 価格は24,100円です。 この価格で、近鉄特急の一般車両で大阪〜名古屋間を片道特急利用できます。 「ひのとり」の場合は、レギュラー車両で200円プラスです。 金券ショップで買うと1枚あたり1,800円くらいです。 仮に1,800円で名阪ビジネス回数きっぷを1枚買ったとして、大阪~名古屋間が3,730円になります。 なお、「近鉄名阪まる得きっぷ」は廃止されました。 「伊勢神宮参拝きっぷ」を使う 大阪、京都、奈良、名古屋などから伊勢方面への、特急券付きの往復割引きっぷです。 大阪、京都、奈良から6,800円、名古屋から6,100円の設定です。 伊勢神宮(宇治山田)までの単純往復ならほとんど割引にはなりませんが、松坂~賢島間の近鉄電車や三重交通バスにも乗り放題ですので、現地で少しでも観光をするならお得です。 伊勢志摩方面の観光をするなら、かなりお得なチケットです。 往復の特急料金も含めて大阪、京都、名古屋のどの駅からも9,800円です。 単純に近鉄特急に乗るだけならお得ではありません。 「奈良世界遺産フリーきっぷ」を使う 「 奈良世界遺産フリーきっぷ」は、近鉄電車往復乗車券とフリー区間内の近鉄電車・奈良交通バスの乗り放題が付いたフリーきっぷ。 特急料金は含まれていません。 「奈良・斑鳩・吉野コース」「奈良・斑鳩コース」「奈良コース」の3タイプがあります。 現地での観光スポットの料金が含まれていないフリー乗車券です。 単純に近鉄特急に乗るだけならお得ではありませんが、現地で観光するならお得です。 新幹線で京都に着き、奈良方面の観光をする人にはおすすめのきっぷです。 「近鉄週末フリーパス」を使う 「 近鉄週末フリーパス」は、土日がらみの3日間に、近鉄全線が乗り放題というきっぷです。 価格は4,200円です。 大阪~名古屋間を往復するだけで元が取れるきっぷです。 大阪・名古屋~伊勢志摩往復だけですと、元が取れるかは微妙ですが、途中で乗り降りすれば損はしないでしょう。 特急券は別途購入しなければなりません。 週末の近鉄沿線への旅行にはおすすめです。 その他の割引きっぷを使う 以上のほか、近鉄には多数の割引きっぷがあります。 全ては紹介しきれませんが、観光目的なら近鉄のウェブサイトで確認してみるといいでしょう。

次の

近鉄特急ひのとりの魅力と料金、乗り方など。

近鉄 ひ の とり 料金

近鉄は大阪~名古屋間を結ぶ新型名阪特急 『ひのとり』を来春2020年3月14日より運行することを発表しました。 同区間の名阪特急は、2003年の『アーバンライナー・ネクスト』以来17年ぶりとなります。 最大の特徴は、6両or8両編成中の1両に設けている 『プレミアム車両』。 これまでの特急車両にあるようなクロスシートではなく、各座席がそれぞれ独立した形になっていて、 【グリーン車以上、ファーストクラス未満】の快適車内でくつろぐことができます。 大阪(大阪難波)~名古屋間の 停車駅は5駅、所要時間約2時間で結びます。 そして今回この記事では、来春デビューする『ひのとり』の• 新幹線や従来特急との違い• プレミアム車両の詳細• 予約、記念乗車券 の案内について説明していきます。 Contents• 新幹線・従来特急との違い スポンサーリンク 停車駅について 近鉄HPで公開されている路線情報です。 大阪難波~名古屋までの停車駅は、• 大阪難波• 大阪上本町• 大和八木• 名古屋 の5駅分です。 kintetsu. ただし、甲特急でも大和八木駅に停車するものはひのとりと同じになります。 乗車料金について 続いて、乗車料金について。 近鉄HPではすでに、各停車駅間の運賃を公開しています。 kintetsu. レギュラー車両:4,540円• プレミアム車両:5,240円 となります。 それが高いのか安いのか、従来の名阪特急・アーバンライナーや新幹線、JR在来線と比較してみました。 鉄道会社名 区間駅名 料金(合計) 所要時間 備考 近鉄ひのとり 大阪難波-名古屋 ¥5,240 ¥4,540 2時間 上段:プレミアム 下段:レギュラー 近鉄アーバンライナー 大阪難波-名古屋 ¥4,260 2時間25分 JR東海 (新幹線) 新大阪-名古屋 ¥5,830 50分 JR西日本・東海 (在来線) 新大阪-名古屋 ¥3,350 2時間38分 乗換2回 料金でいえばJR在来線が最も安くなりますが、なにせ乗り換えが2回もあります。 また、特急列車ではなく新快速列車になるため所要時間が最も長く、指定席でないため 最悪の場合ずっと立ちっぱなしになることもあります。 そして、所要時間でいえばさすが新幹線!1時間を切っています。 『ひのとり』プレミアム車両よりも590円高いだけなので、 急ぎの出張とかなら断然新幹線に軍配です。 そのへんは近鉄も意識していて、新幹線に比べたメリットを出すために先の通りシートの快適性にこだわっています。 【決して急ぎ旅はしたくない!旅気分をじっくり味わいたい】 という客層にオススメかと思います。 mynavi. これなら、従来のアーバンライナーよりも高くなるのも納得ですね。 なお、近鉄ではこの 『ひのとり』のプレミアム車両の座席展示を実施しています。 展示は計5回、それぞれ別の場所で行われます。 大阪上本町駅 地上コンコース < 8月 31 日(土)~ 9 月 8 日(日)>• 大阪阿部野橋駅 地上コンコース < 9 月 9 日(月)~ 9月 17 日(火)>• 近鉄百貨店あべのハルカス近鉄本店 2 階ウエルカムガレリア < 9 月 18 日(水)~ 9月24日(火)・ 10月 2 日(水)~10月 8 日(火)>• あべのハルカス16階ロビー < 9 月 25 日(水)~10月 1 日(火)>• あべのハルカス17 階オフィスロビー <10月 9 日(水)~10月17日(木)> また、プレミアムではない 『レギュラー車両』でも、他の特急に比べて特別感があります。 atpress. また、前後のシート間隔も116センチとこれまでの近鉄特急の中では最大間隔になっていて、レギュラーながらも快適性がアップしています。 展示会に行った人の感想 昨日は上本町に早速展示された新型特急「ひのとり」の座席展示会へ 通行く人の注目度合いも高く、体験会にはざっと40人ほど並んでおられました 座席はレザーっぽい素材で、ちょっといい感じの席という感じ — Osaka-Subway. しかし、2019年3月にデビューした西武鉄道新型特急車両『Laview』の場合、 運行開始日の約1か月前からチケットの受付を開始していたため、『ひのとり』も約1~2か月前から何らかの動きがあると思われます。 記念乗車券 新しい車両がデビューした場合、必ずと言っていいほど記念乗車券の販売があり、多くの鉄道ファンに不動の人気ぶりです。 『ひのとり』記念乗車券についてもまだ正式な情報はありませんが、西武鉄道『Laview』の場合、 初回第1便運行日と同日に一般発売されました。 販売場所ですが、『ひのとり』停車駅が少ないことから 停車駅全駅で販売される可能性が高いでしょう。 さらに、『Laview』の場合、 各駅で平均500セットの販売数でしたので、『ひのとり』も同じくらいの販売数になると予想されます。 最大の特徴は、各車両の座席シート。 特にプレミアム車両では新幹線並みの乗車料金であることから、所要時間ではなく快適性で勝負を挑んでいます。 また、レギュラー車両も他の乗客に気を遣わせない工夫がこらされていて、こちらも従来のクロスシートよりも格段に快適性がアップしています。 レギュラー車両でも従来の近鉄特急・アーバンライナーより¥280値上がりしていますが、これらの工夫が付加価値を高めたと言えます。 そして、 運行ダイヤは1日に6本。 停車駅は5駅、大阪~名古屋の 所要時間は約2時間です。 事前予約や記念乗車券の販売などは今のところ情報はありませんが、2019年3月デビューの西武鉄道特急『Laview』を例に出すならば、• 事前予約:運行開始約1~2か月前• 記念乗車券:運行開始日に一般販売、先行販売は1週間前 となっています。 決して急がず、快適でゆったりした旅を提供するコンセプトから、リタイアした老後の旅行に好まれるかも知れません。 スポンサーリンク.

次の