僕 の 家 に おいで wedding ネタバレ 18 話。 僕の家においでWedding2巻ネタバレと感想!

みんなのレビューと感想「僕の家においで Wedding」(ネタバレ非表示)

僕 の 家 に おいで wedding ネタバレ 18 話

真野さんの仕事のことを考え、一瞬考える美玲だったが、 「ごめんなさい。 真野さんと別れるなんて、 それだけは絶対にできません…!!」 と、きっぱり断る。 美玲は以前、真野さんが、 「美玲ちゃんが、 俺の側からいなくなったら…、 きっと死んじゃうと思う」 と言っていたことを思い出し、 「私が…、真野さんの側を離れたら…、 真野さん…死んでしまうかもしれないので…」 と言った。 そんな美玲を見て、谷さんは、美玲が真野さんに依存されているのを心配していると話し、自分の方が美玲にとって有益な存在であることを証明する、と宣言した。 真野さんへの秘密 その日の夜、アメリカの真野さんから、美玲にテレビ電話がかかってきた。 なんと、谷さんが、真野さんの会社の仕事を受けてくれることになったのだそうだ。 谷さんとデートすることになった美玲 インターネットで、恋愛に関する記事を読み、女心を勉強している谷さん。 美玲は、谷さんに、真野さんの仕事を受けてくれたお礼を言いに来たのだった。 部屋に上がった美玲は、真野さんのパソコンを見て、先ほどの恋愛に関する記事を目にし、谷さんに他に好きな人がいるのだと勘違いをする。 女心 そして、デート当日、待ち合わせ場所に現れた美玲を見て、谷さんは、 「今まで見た、どんなに美しい高級雑貨よりもっ、 見目麗しく思います!!」 と、褒めたたえるが、美玲には全く響いていない。 真野さんは、谷さんとのデートを許す代わりに、1時間に1回電話と、10分に1回メールをする約束をしたのだった。 真野が、美玲を見て、 「ヤバイ…、めっちゃカワイイんだけどっ」と言うと、美玲は顔を赤くして照れていた。 谷さんは、自分のセリフは響かなかったのに、真野の軟派なセリフでドキドキする美玲に、納得できない様子。 谷さんにドキドキする その後は、美術館に行った2人。 谷さんは、美玲に懸命にアピールするも、ことごとくスルーされてしまう。 「僕には…、男としての魅力や 才能はないのかもしれないですね…」 と落ち込む谷さんに、美玲は、 「そんなことないです! 谷さんはとても素敵です…!! …というより…、そもそも私…、 真野さんにしかドキドキしない体質なんです!!」 と話す。 谷さんは、 「では、僕が先に出会っていれば、 今頃美玲さんは僕のものでしたか? 僕も初めて会った時から、 あなたの魅力に気付き、惹かれていましたから」 と言い、とりあえず今回の件は改めて出直すと話した。 そして、谷さんは、カバンからデザインコンテストの選考結果取り出し、美玲に渡した。 結果は、一次選考通過。 感極まって号泣する美玲。 「私…、今まで自分には特別な価値や 才能はなにもないんだと思っていました。 真野さんに出会って、私の価値は、 真野さんに大切にされていること だけしかないんじゃないかって…。 だけど、はじめて、自分自身の価値を みつけた気がします。 谷さんに…、出会えたおかげです…。 谷さん、ありがとうございます」 谷さんは、美玲の頭をなでて、 「美玲…、俺がこれから美玲の夢を 引っぱっていくから、 一緒にがんばっていこうな」 と、励ました。 急に呼び捨てにされたことと、タメ口になったことで、ふいを付かれれて谷さんにドキドキしてしまった美玲。 谷さんと真野さんが重なってしまっただけだ、と自分に言い聞かせるが、真野さんからの着信に気付かないくらい、心臓の音が大きくなっていた。 『僕の家においでWedding』12話ネタバレ! 無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで300P貰える。

次の

僕の家においで Wedding 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

僕 の 家 に おいで wedding ネタバレ 18 話

真野さんの仕事のことを考え、一瞬考える美玲だったが、 「ごめんなさい。 真野さんと別れるなんて、 それだけは絶対にできません…!!」 と、きっぱり断る。 美玲は以前、真野さんが、 「美玲ちゃんが、 俺の側からいなくなったら…、 きっと死んじゃうと思う」 と言っていたことを思い出し、 「私が…、真野さんの側を離れたら…、 真野さん…死んでしまうかもしれないので…」 と言った。 そんな美玲を見て、谷さんは、美玲が真野さんに依存されているのを心配していると話し、自分の方が美玲にとって有益な存在であることを証明する、と宣言した。 真野さんへの秘密 その日の夜、アメリカの真野さんから、美玲にテレビ電話がかかってきた。 なんと、谷さんが、真野さんの会社の仕事を受けてくれることになったのだそうだ。 谷さんとデートすることになった美玲 インターネットで、恋愛に関する記事を読み、女心を勉強している谷さん。 美玲は、谷さんに、真野さんの仕事を受けてくれたお礼を言いに来たのだった。 部屋に上がった美玲は、真野さんのパソコンを見て、先ほどの恋愛に関する記事を目にし、谷さんに他に好きな人がいるのだと勘違いをする。 女心 そして、デート当日、待ち合わせ場所に現れた美玲を見て、谷さんは、 「今まで見た、どんなに美しい高級雑貨よりもっ、 見目麗しく思います!!」 と、褒めたたえるが、美玲には全く響いていない。 真野さんは、谷さんとのデートを許す代わりに、1時間に1回電話と、10分に1回メールをする約束をしたのだった。 真野が、美玲を見て、 「ヤバイ…、めっちゃカワイイんだけどっ」と言うと、美玲は顔を赤くして照れていた。 谷さんは、自分のセリフは響かなかったのに、真野の軟派なセリフでドキドキする美玲に、納得できない様子。 谷さんにドキドキする その後は、美術館に行った2人。 谷さんは、美玲に懸命にアピールするも、ことごとくスルーされてしまう。 「僕には…、男としての魅力や 才能はないのかもしれないですね…」 と落ち込む谷さんに、美玲は、 「そんなことないです! 谷さんはとても素敵です…!! …というより…、そもそも私…、 真野さんにしかドキドキしない体質なんです!!」 と話す。 谷さんは、 「では、僕が先に出会っていれば、 今頃美玲さんは僕のものでしたか? 僕も初めて会った時から、 あなたの魅力に気付き、惹かれていましたから」 と言い、とりあえず今回の件は改めて出直すと話した。 そして、谷さんは、カバンからデザインコンテストの選考結果取り出し、美玲に渡した。 結果は、一次選考通過。 感極まって号泣する美玲。 「私…、今まで自分には特別な価値や 才能はなにもないんだと思っていました。 真野さんに出会って、私の価値は、 真野さんに大切にされていること だけしかないんじゃないかって…。 だけど、はじめて、自分自身の価値を みつけた気がします。 谷さんに…、出会えたおかげです…。 谷さん、ありがとうございます」 谷さんは、美玲の頭をなでて、 「美玲…、俺がこれから美玲の夢を 引っぱっていくから、 一緒にがんばっていこうな」 と、励ました。 急に呼び捨てにされたことと、タメ口になったことで、ふいを付かれれて谷さんにドキドキしてしまった美玲。 谷さんと真野さんが重なってしまっただけだ、と自分に言い聞かせるが、真野さんからの着信に気付かないくらい、心臓の音が大きくなっていた。 『僕の家においでWedding』12話ネタバレ! 無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで300P貰える。

次の

僕の家においでWedding2巻ネタバレと感想!

僕 の 家 に おいで wedding ネタバレ 18 話

Cookie クッキー 11月号の 僕の家においで Wedding 16話の感想です 僕の家においで Wedding 第16話 優木 なち 先生 著 ネタバレありの感想です! ご注意ください! 別窓で記事がでます ・ ・ ・ ネタバレ大丈夫ですか? 単行本派の方、まだ発売されていない 6巻の内容を書いていますので、ご注意ください。 やっと…、やっと 真野さんが帰国してくれて、久しぶりの 夫婦水入らずの時間。 できれば ゆっくりと、甘くて幸せな クリスマスの夜を過ごしてほしかったけれど……、 そういうわけには いきませんね。 美玲には、話さなきゃいけないことが ありますから。 正直 真野さんは、聞きたくは ないだろうな…、と思いました。 だから、何もなかったように 振る舞っていたのかな……と。 それでも、自分の口から 真野さんにお話しなきゃ、と決意している美玲が 話し始めたら、 しっかり聞いてくれて そして、美玲のことを 責めたりしない真野さんは、やっぱり大人だなぁ と感じます。 しかし、不安な気持ちを抱えながら 『仕方ない』みたいな言い方をする、真野さんの表情に 言葉に、 とっても 切なくなってしまいました…。 美玲としては、責めてくれた方が 楽だったかもしれませんね。 「……… …あの日… 谷さんから… 選考結果をいただいた時… 結果が通っていて… 私は胸が いっぱいで… そんな時 ふと 谷さんに 頭をポンとされて… 名前を…呼ばれて 美玲の夢を俺が引っぱっていくから 一緒に頑張ろうと…… 言葉をかけていただいて… そんな谷さんに… 私は胸が ドキドキしてしまいました… 結婚している身で… 他の男性の言葉にまで反応してしまうなんて… 情けない妻で ごめんなさい……」 「………別に 美玲ちゃんは 悪くないよ だって 自分の夢を そんな風に引っぱってもらえたら 頼もしくて かっこいいなって 俺が女でも 感じると思うし… …正直 俺は 谷さんに めちゃくちゃ嫉妬するけど 美玲ちゃんの その気持ちを 俺が責めることは できないよ …美玲ちゃんは まだまだ若くて これから色んな可能性があって 色んな人と出会っていくだろうし それなのに 俺が美玲ちゃんのことを自分のものにしたい一心で こんなに早く結婚して 美玲ちゃんの 自由や選ぶ権利を奪って… …バカだよね 結婚したって 気持ちが変わらない保証を もらえるわけじゃないのに」 「いえ…!! 私はっ 真野さんと 一生添い遂げると 心に誓いました 永遠に変わらない気持ちがあると… これから 誠意を持って 証明していきますっ 真野さんを… あんなふうに悲しませるなんて… もう二度としたくありません………!! どうか… どうか もう一度… 信じていただけないでしょうか…!!」 浮気とかではないのに 土下座までしちゃうところが、美玲らしいです……!! 谷さんのことで 色々あったけれど、美玲は 美玲のまま、何も変わっていない ということ、 真野さんも しっかり分かったはず。 不倫なんて する質じゃない、って 最初から分かっていたこと。 なのに、「もし」の話で 美玲を困らせる真野さんは、ちょっと 意地悪でしたね。 「もし… 美玲ちゃんが 俺じゃない 他の誰かと結婚してたとして 後から 俺と出会って 俺が美玲ちゃんに 強引に迫ったとしたらさ…… 美玲ちゃん 浮気や不倫は いけないことだから ちゃんと俺のこと 断るよね?」 ちょっと…いや ものすごく、意地悪な質問。 だけど そんな意地悪をすることによって、 真野さんは、抱えていた不安な気持ちを 表に出せたのだと思いますし、そのおかげで、 美玲から「本当に欲しい言葉」を 聞かせてもらえたのですから、よかったなぁ とホッとします。 深まった 2人の絆。 谷さんとは これから、同じマンションの住人として、仕事関係者として、師弟として、 適度に良い距離感で 付き合いを続けていけるはず。

次の