メディア fgo。 【FGO】メディア(リリィ)の評価と再臨素材

【FGO】メディア(星3 キャスター)の評価と再臨素材

メディア fgo

2019年10月3日実装。 ファンからの愛称は「メリィ」また、括弧を外した「メディア・リリィ」• アプリ版では数少ない純粋なヒーラー系サポーターであり、その特性はAC版でも健在。 スキル・宝具が『味方を回復する』という方面に特化しており、瞬間的な味方への回復能力はまさしく最高の一騎となっている。 その分火力に関するスキルを持っておらず、防御方面も宝具効果の弱体耐性アップのみと、やや極端な性能となっている。 ダッシュ速度は足が遅いキャスターの中でも特に遅く設定されている。 キャスタークラス故に魔力一本分で走れる距離も短めで、魔力の回復リキャストも長めであるなど、機動力に難がある為、魔力残量には注意したい。 攻撃は射撃系のみとなっているが、敵の居場所をサーチする類が多めに揃っているので、やや癖が強い。 REVISION 33のバランス調整でコマンドカードドロー時間が短くなり隙が減った。 また、射撃攻撃のダメージが増加し、遠距離戦でより大きなダメージが期待できるようになった。 REVISION 37のバランス調整では、キャスタークラス一括での調整により、ダッシュ時に魔力を消費する時間の間隔が長くなり、ダッシュ時間のクラス格差が縮まった。 これによりフィールドを駆け回りやすくなっている。 攻撃モーションではほとんどのモーションで、攻撃終了後の硬直時間が減少し隙が減った。 宝具は、チャージ時間が短くなり、これまでよりも発動させやすくなっている。 また、スキル3の効果時間が延長し、効果を活用しやすくなった。 REVISION 42のバランス調整ではゲームの仕様変更により攻撃モーション全体で、攻撃終了後の硬直時間が伸びた。 これにより「回避狩り」がしやすくなった。 通常攻撃 【Buster】名称 [Hit数:3] Buster1:一瞬溜めてレーザーを放つ。 貫通能力があり、敵が固まっていれば纏めて命中させる事ができる。 出が遅いため、普段は使用機会が少なくなりがちだが、複数の敵が味方を取り囲んでいる時のカット攻撃としては有効なので特性は覚えておきたい。 Buster2:相手の足元から黒いもやの様なものを出す。 サーチ系。 REVISION 37のバランス調整で、Buster1・2の攻撃終了後の硬直時間が減少した。 REVISION 42のバランス調整にてBuster1・2の攻撃終了後の硬直時間が増えた。 【Arts】名称 [Hit数:4] Arts1:4本の光を螺旋状に収束させて撃つ。 レーザー状の攻撃だが、性質的にはこれまでの基本的な光弾攻撃とほぼ同じなので、同じ感覚で使っていける。 Arts2:相手の足元から光の柱を発生させる。 サーチ系。 範囲が広く、回避を踏まれても当たる事がある。 対魔神柱戦でよく食らった人も多いだろう。 REVISION 37のバランス調整で、Arts1・2の攻撃終了後の硬直時間が減少した。 REVISION 42のバランス調整にてArts1・2の攻撃終了後の硬直時間が増えた。 【Quick】名称 [Hit数:4] 4本の針状の光弾を撃つ。 攻撃の初速が速めで、弾速も速めなので、敵へと引っ掻けやすい。 そのため、 Q A Qか QQ Aが基本攻撃として推奨される。 REVISION 37のバランス調整で、Quick2の攻撃終了後の硬直時間が減少した。 REVISION 42のバランス調整にてQuick2の攻撃終了後の硬直時間が増えた。 【Extra Attack】名称 [Hit数:5] 相手の頭上からパンケーキを積み重なるように落とす。 サーチ系。 出が早めかつ、モーション自体も短めと、なかなか使い勝手がよい。 それでも敵がダッシュ状態だと簡単に抜けられるので、コンボ3段目が命中し、敵の足が止まっている時などに使って行きたい。 色合い的に、アプリ版の幕間や絆礼装で登場する無限のパンケーキだと思われる。 REVISION 37のバランス調整で、攻撃終了後の硬直時間が減少した。 【スペシャルアタック】名称 [Hit数:1] エリザベートのBuster1のように、杖に乗って突撃する。 近距離のみであり、遠距離ではSPアタックは発動しないのが特徴。 これまで遠距離攻撃系サーヴァントのSPアタックは、遠距離のみで近接が無いのが大半であっただけに、その逆となっている。 保有スキル 【スキル1】高速神言A 初期CT 属性 効果 240秒 自身 自身のNPをものすごく増やす[Lv. 行きます!」• 5」ずつの上昇により、小数点以下が表示されていない為と思われる。 (NPは画面上では表示されていないが、小数点の0. 1以下でも計算されている)• 最大級のNP増加量の代わりにスキルのCTが非常に長い。 登場と同時にすぐ使用するのも良いが、NP効率が良い部類なので、1回目の宝具を使用してから2回目の宝具を連射する為用として温存しておくのも手。 礼装次第ではあるが、1番手に据えるならば温存、2・3番手ならば登場と同時に使用といったスタンスだと活用しやすい。 【スキル2】耐毒A 初期CT 属性 効果 100秒 貫通 範囲内の味方単体のHP回復量をアップ[Lv. 味方単体が受ける回復量を増やすスキル。 回復量は1. 25倍~1. 5倍と、アプリ版と比較すると半減している。 このスキル単体で使用しても効果がなく、直後に第2スキルや宝具を発動して回復量を増すのが使い道。 CTが長く、効果時間も短めなので無駄打ちしないようにしたい。 味方が使用したスキル・宝具にも効果があるので、頭の片隅に入れておくとよいだろう。 REVISION 37のバランス調整で効果時間が延長し 10秒 から 15秒 になった。 サポートスキル 高速神言A 種別 効果 Arts 範囲内の味方全体の弱体状態を解除&HP大回復[Lv. 」 チャージ時間は3. 味方のHPを大きく回復し、弱体状態も解除できる回復系宝具。 味方に弱体耐性を付与するという珍しい効果も持っているので、余裕があればOCを狙ってみても良いだろう。 壁等の障害物は貫通し、効果範囲もかなり広めとなっているがの宝具のようにマップ全域を覆うほどではない。 発動時は味方が効果範囲の中に入っているか注意しよう。 特に、効果範囲に味方がいる場合は、アイコン・HPバーの横に矢印のような表示が出るので参考にしたい。 Arts3枚構成、且つスキル1によってNPを貯めやすいので、最低でも1回の発動は狙いやすい。 ただし宝具のチャージ時間が長く、下手な場面で狙うと大きな隙を晒すことになるので、横槍が中断されないように周囲の警戒はしておきたい。 似たようなの宝具と比較すると、あちらは回復量で劣る代わりにNPチャージとスキルのCT短縮という独自の効果があり、効果範囲でも違いがあるので単純な比較はし辛い所。 基本的には他の射撃系のサーヴァントと同じ立ち回りとなるが、彼女は最も足が遅いので、敵に追いかけられた場合は逃げ切る事がほぼ不可能と思った方がよい。 また、通常攻撃が射撃のみなので接近戦に持ち込まれた場合の切り替えし手段にも乏しいので、タイマン状況とならないよう常に味方と行動を共にするよう心掛けたい。 屈指のHP回復能力を持つとはいえ、スキルや宝具の発動には大きなスキを生む事になるので、無暗な使用は逆に味方を危険に晒す事がある。 味方が攻撃を受けている際には攻撃のカットを優先し、敵を撃破ないし後退したのを確認できてから使用するよう、周囲の状況をよく把握しておきたい。 火力の低さ、HP回復以外での自衛手段の弱さを補え、強力な必中効果も付く が鉄板。 それ以外では や でHP回復能力を更に伸ばしたり、 や といったNP獲得量アップが付いているもので宝具の大回転を狙う方向も面白い。 汎用礼装の中で初期NPチャージ系の は、スキル1の大量NP獲得と併せるとややオーバー気味となる。 装備する場合はまず自前で一回目の宝具を解放し、続けてスキル1で溜めて2回目の解放を狙うという割り切った戦術を取るならば有効だろう。 パーティ考察 チーム考察 関連動画 公式動画 CV 野中藍 開始 「戦うのは苦手ですが、やるべきことはやらせていただきます」 途中出撃 「次は、私が」 スキル 1 「」 2 「」 3 「」 サポート 「」 カード選択 1 「」 2 「」 2 「」 Buster 1 「」 2 「」 Arts 1 「」 2 「」 Quick 1 「」 2 「」 Extra 1 「メイプルハニー!」 スペシャル 1 「」 NP100以上 1 「」 2 「」 宝具 「どうか、誰も傷つけぬ…傷つけられぬ世界でありますように。 」 ガードなし被弾 1 「」 回避 1 「」 2 「」 3 「」 ガード後退 1 「」 2 「」 3 「」 直撃ふっとび 1 「」 2 「」 3 「」 昏倒 「」 戦況報告 優勢1 「」 優勢2 「」 互角1 「」 互角2 「」 劣勢1 「」 劣勢2 「」 攻撃警告 右 「」 左 「」 後ろ 「」 敵撃破 1 「」 2 「」 被撃破 「」 戦闘不能 「」 勝利 「良かった…皆さんがご無事で何よりです」 敗北 「」 魔神柱戦 10カウント 「」 敵必殺 「」 ブレイク1 「」 ブレイク2 「」 レベルアップ 「」 スキルレベル強化 「」 霊基再臨 1 「」 2 「」 3 「」 4 「」 編成選択時 1 「」 ホーム画面会話 1 「」 2 「」 3 「」 マイルーム会話 1 「」 2 「」 3 「」 召喚 「サーヴァント、キャスター。 メディアです。 あの、よろしくお願いします!」 br• PVの宝具使用時メンバーがイアソンに呼ばれる組 -- 2019-10-02 水 16:14:37• 高速神言がNP80~150チャージだからアーケード仕様で半分でNP40~75か 即使用はさすがにいかなそうだね 孔明がサポートでNP30だけど使用率そんなでもないからNP40のサポート需要は微妙かもね -- 2019-10-02 水 18:27:12• 孔明のサポは15だったはずです…。 実装は10日かな? -- 2019-10-02 水 18:42:16• 明日 -- 2019-10-02 水 19:19:44• 早! -- 2019-10-02 水 21:00:16• アイシールド21かな -- 2019-10-02 水 22:10:24• 孔明サポはRev15以前は5、Rev15以降は15チャージだぞ。 なおリリィのサポで40も配るかどうかは明日になってのお楽しみ -- 2019-10-02 水 20:21:48• さすがに40は多そうだから、20くらいに下げられそうな気もするなぁ -- 2019-10-02 水 21:29:48• あ 15か 増えたことだけ覚えてて数値覚え間違いしてた すまんサンクス 木主 -- 2019-10-02 水 22:59:06• 高速神言スキルレベル8でNP64%チャージタイム226秒……え?(唖然 -- 2019-10-03 木 17:51:13• CT240-220は草 玉藻でも回せねぇな -- 2019-10-03 木 18:28:26• ドレイクの第3スキルやこれにこんな調整をしておいて、式達の魔眼はサポ以外アプリそのままとかいう謎調整 -- 2019-10-04 金 08:54:06• 運営はnp関連だけ重く見てる? -- 2019-10-04 金 10:35:19• 出して環境みて初めてわかるものもあるから単純に出た順番の問題でしょ らっきょコラボより先にドレイク居たらCTそのままだったかもしれんし -- 2019-10-04 金 15:51:27• 宝具発動時間は遅いし範囲は全体じゃないし高速神言はCTアホほど長いし動き可愛いし攻撃モーション可愛いし宝具モーション可愛いしなんだコイツ。 -- 2019-10-03 木 18:38:42• 付け足し宝具の範囲はステージ全体のことやすまん -- 2019-10-03 木 18:39:30• 菩薩つけて3番手メデューサのスタン対策と殺式狩りしてみるか -- 2019-10-03 木 21:45:04• サポスキ孔明がct35でバフ付きなの考えると、獲得np5高いだけでct60ってショボく感じるな。 -- 2019-10-03 木 21:53:36• 攻撃遠距離だけなのにSPアタックは近距離ってなんなん?他に居たっけそんな鯖? -- 2019-10-04 金 17:47:20• 初だと思う 個人的にはSPアタック始動だとダメージ半分になるから、半減しない通常攻撃を確実に投げ込めるこっちの方がやりやすい -- 2019-10-04 金 23:57:27• 水着アルトリア使っていて、第2スキルで7000回復しては?ってなったけど、今思うとお味方さんが第3スキルかけてくれてたのかな。 -- 2019-10-06 日 12:52:35• 回復スキルを持っている味方にかける使い方もあるのか -- 2019-10-06 日 16:03:03• -- 2019-10-06 日 22:07:10• 宝具で味方への回復量を上げる場合は とプレフォーどっち付けたらいいんだろうか。 というかこの2つの違いが分からない。 -- 2019-10-08 火 10:27:13• 慈愛は味方全体の回復量が上がる。 プレゼントフォーは自分だけ回復量が上がる。 -- 2019-10-08 火 11:01:21• ありがとう、とても分かりやすい。 慈愛付けてサポート頑張ってみるかぁ -- 2019-10-08 火 11:09:31• 陽だまり やってるけど回復だけに専念してるメディアさんは攻撃して、お願い。 敵が遠い時に回復、回避3あっても数的有利は覆せんし他の味方も攻撃宝具撃ってくれないとガッツ1では持ちませんorz -- 2019-11-06 水 22:49:27• 自分の攻撃力アップしてダメージを上げるのと、相手の防御力を下げてダメージを上げるのの違いみたいなもの。 -- 2019-10-08 火 12:48:28• 「HP回復量アップ」は自身に回復効果が発生した(受けた)ときにそのぶん増減、「与HP回復量アップ」は自身が回復効果を発生させた(与えた)ときにそのぶん増減、ですぞ。 -- 2019-10-09 水 03:28:43• 宝具発動までの時間が鈍亀。。。。。。 -- 2019-10-20 日 11:00:54• 、ヘブンズフィール、 付けるとどうなりますか? -- 2019-10-20 日 11:03:14• 変わらない -- 2019-10-20 日 12:29:34• 宝具威力up効果は宝具のダメージだけ。 -- 2019-10-20 日 16:09:14• 回復だけに専念するメディアさんは攻撃して。 回避3陽だまりタゲ取役でも数的不利は覆せないよ。 時間稼ぎだけだからさ。 -- 2019-11-06 水 22:51:26 最新のゲームバージョンは REVISION 42 2020-7-1 適用開始! バランス調整が実施されました。 詳細は 期間限定イベント• 2020年6月18日 木 AM7:00~7月28日 火 AM6:59まで• 2020年6月18日 木 AM7:00~7月28日 火 AM6:59まで• 2020年6月24日 水 AM10:00~7月28日 火 AM6:59まで• 2020年7月1日 水 AM7:00~7月28日 火 AM6:59まで• ピックアップ召喚• 2020年6月18日 木 AM10:00~7月28日 火 AM9:59まで• / 2020年6月25日 木 AM10:00~8月6日 木 AM9:59まで• / 2020年6月25日 木 AM10:00~8月6日 木 AM9:59まで• 2020年7月1日 水 AM10:00~7月28日 火 AM9:59まで• 2020年7月9日 木 AM10:00~8月20日 木 AM9:59まで ゲームガイド• 掲示板・考察• サーヴァント•

次の

【FGO】メディア〔リリィ〕はスキル“うたかたの恋”強化でより高難度特化に。倍率の検証データも掲載

メディア fgo

みんな仲良し!仲良しさんでいきましょう! プロフィール 真名 〔リリィ〕 性別 女性 身長 149cm 体重 41kg 出典 地域 属性 秩序・善 ILLUST CV メディアさん14歳。 概要 コルキスの女王メディア、彼女が「魔女」と呼ばれる前、少女時代のメディアとして召喚された。 純粋無垢、可憐な少女であった彼女に「コルキスの魔女」の面影は未だない。 超要約すると「」。 デザインはコンマテ4でこやまひろかず氏が描いた「キャスターリリィ」が元になっている。 その為、『』で登場した「若い頃のメディア」とは髪型が異なる(あちらはショートボブ、こちらはポニーテール)。 『』では3章「」と共に実装。 メインストーリーでは1部3章の他でも汎人類史のサーヴァントとして中枢に先行した1人として登場した。 真名 に籠絡される前、魔術をより学び、蝶よ花よと育てられている頃のメディアとして召喚された。 攻撃的な魔術はほとんど使用できないが、治癒系の魔術に長ける。 その可憐な立ち居振る舞いから誰にも愛される少女であり、"イアソンさえいなければ"幸福な一生を送っていただろう。 …多分ではあるが。 人物 リリィは純粋で人を信じやすい。 マスターに対しても最大限好意的に接する。 だが、それは裏を返せば「人を信じたい」という想いに駆られていることに他ならない。 他者への不信に満ちているのは、本来のメディアもリリィも変わらないのだ。 献身的で純真無垢、誰かの役に立ちたいと願う可憐な少女。 それゆえか、自分が恵まれていると逆に不安がる様子を見せる。 若さも手伝って、行動力はメディア以上。 その反動で頑固 というより律義で猪突猛進 な面も強い。 そしてメディアであるがゆえに、 召喚のされ方の如何では、ともなりえる恐るべき一面も持つ。 それもまた、彼女の純粋な気質と、サーヴァントとして召喚されたための強制力もあってのこと。 敗北しイアソンが消滅した際には謝罪と共に「彼(ソロモン)からアナタを守りたかったけど、私には手段がなかった」と零しており、裏切られた記憶を持っていても決してイアソンを憎んでいたわけではない。 召喚者の人格と、メディア・リリィの気質が悪い方向に噛みあうと最悪の結果を生むという、ある意味サーヴァントとマスターの相性の一例である。 フォローしておくと、主人公に召喚された場合は、のかというほど、絆が深まり霊基再臨が進むにつれて、甲斐甲斐しく世話を焼いてくれる。 絆イベントでは蜂蜜入りのパンケーキを焼いており(材料に関しては気にするな)、絶賛されているあたり、この頃から家事スキルも高い模様。 ……が、気質でなせいか、ところがあり、幕間の物語の二幕にて、「無限に増えるパンケーキ」を作るための材料として を召喚し、見事「無限のパンケーキ」を完成させている。 当人はあくまで 善意である。 をほくほくと進行させる姿に、召喚された当人はおろかマスター自身も戦慄を覚えざるを得なかった。 から、修行前の彼女について語られる場面が登場したのだが、おっとりした平和主義にもかかわらず召喚術など派手な魔術を好み、弟子入りを拒否された瞬間に「修補すべき全ての疵」 という名の強制洗脳 をノーカウントでぶちかますなど、むしろ 若かったころの方がヤバかったといった証言が増えてきている……。 一見平和な国はその実態は 海上独裁国家メディアサイコランドなどと称されるとんでもないであった。 この辺りもを裏付けるエピソードの一つである。 さらにイベントで、との関係を気にするあまりとうとう特異点をぶち上げてしまった。 でに先行した1人であるあるらしいのだが、何故か中枢では登場しなかった。 のちにイアソンに入れ込んでしまったのは、もしかすると宿命だったのかもしれない…… 汗 には何も望んではいない。 それは黒幕役として呼び出されたが為に、その本質を知るからなのか。 それともメディアとしての記憶が、彼女に何かを訴えるからなのか。 ちなみに、大人になった自分とパーティーを組んでいると、らしい。 囁かれた睦言は、虚ろな言葉なのでしょう。 同時に周囲の毒も癒し、体力を回復する。 高速神言 A 神代(神が治めていた神話時代)の言葉により、大魔術であろうと一工程(一言)で発動させることが出来るスキル。 陣地作成 B 自身に有利な陣地を作成できる。 治癒術師としての病院を建設可能。 道具作成 B 魔術を帯びた道具を作成できる。 制作するのは、主に治療用の水薬などである。 ペインブレイカー 本来のキャスターであるメディアが使用する『』と対になる治療宝具。 あらゆる呪い、魔術による損傷を零に戻す。 詳しくは個別記事を参照されたし。 元々「陣地作成 B 」の恩恵でそこそこArtsの威力は高いため、弱点を取れるにはランク相応の強さを発揮する。 Arts強化系のを装備させればNPのチャージ効率も同時に上がるので、自分の攻撃性を上げつつ、よりパーティーの耐久を強固に出来るようになる。 スキルは、NPチャージの「高速神言」、味方全体のHPを回復しつつ毒状態を解除する「対毒」、味方単体のHP回復量を増加させる「うたかたの恋」とヒーラーに特化している。 難点はヒーラーに特化し過ぎた性能そのもの。 攻撃面には全く貢献出来ないため周回クエストでは役に立たない。 さらに、高難易度のクエストではHPが10,000以上であろうと宝具やクリティカルで即死~瀕死になるダメージがザラに飛んでくるため、これらに対処するパーティ構成が求められる。 具体的には・・等が挙げられる。 高難易度クエストの中にはデバフ・バステが山ほど襲ってくるものもあるため、そうした場合はの「オーダーチェンジ」で控えから引っ張り出すのも効果的である。 後に同じ回復特化のが配布サーヴァントとして実装されたが、あちらは宝具効果が弱体解除の代わりにガッツ 戦闘不能からの復帰 を付与、そのほかにも各所で性能が違うため、住み分け自体は容易にできる。 関連人物 成長した自分。 リリィの方は「自分に似た誰か」という認識だが、メディアにとってリリィはそのもの 純粋無垢過ぎてやばかったことから 「白歴史」とも らしく、変な行動を起こさないか気が気でない様子。 ただし、魔力量の多さや技術はリリィの方が圧倒的に多いらしく、支援魔術に関してならば、イアソンの裏切りの末に魔術の鍛錬を怠った自身よりも優れているらしい。 女神の呪いで惚れさせられた生前の夫。 彼に関する生前の記憶はリリィの状態でも残っているらしく、複雑な思いを抱いている。 それゆえ時に辛辣だが、でやけっぱちになって英霊として火が点いたイアソンを「ピンチの時ほど冴え渡ってカッコイイ」と言える辺り、決して愛想を尽かした訳ではないようだ。 この点は意外にも成長後の自分も持ち合わせている。 ちなみに暴走しがちなリリィのブレーキらしく、「」では守護獣 オトモ というぬいぐるみ状態になり、ぞんざいに扱われつつも、タガが外れかけたリリィに強烈なツッコミを入れて止めている。 逆に調子に乗り始めると、リリィの方からきついお仕置きを受ける凸凹カップルでもあった。 、 いわゆるリリィ系サーヴァント仲間。 生前のアルゴー船の冒険における同行者。 の一員。 アニメ版『』では18話のアタランテの回想にて登場、アタランテに髪を結ってもらっている。 彼女の関係者その2。 なかなか心を開いてくれないからと、「」の要領で「修補すべき全ての疵」を何の予告もなしに行使し、無理やり仲良くなろうとした。 のちに彼女からの教えは、苛烈な経歴と愛の喪失の果てに少女を大人の女性へと進歩させた。 関連イラスト.

次の

メディア・リリィ (わかいころのめでぃあさん)とは【ピクシブ百科事典】

メディア fgo

みんな仲良し!仲良しさんでいきましょう! プロフィール 真名 〔リリィ〕 性別 女性 身長 149cm 体重 41kg 出典 地域 属性 秩序・善 ILLUST CV メディアさん14歳。 概要 コルキスの女王メディア、彼女が「魔女」と呼ばれる前、少女時代のメディアとして召喚された。 純粋無垢、可憐な少女であった彼女に「コルキスの魔女」の面影は未だない。 超要約すると「」。 デザインはコンマテ4でこやまひろかず氏が描いた「キャスターリリィ」が元になっている。 その為、『』で登場した「若い頃のメディア」とは髪型が異なる(あちらはショートボブ、こちらはポニーテール)。 『』では3章「」と共に実装。 メインストーリーでは1部3章の他でも汎人類史のサーヴァントとして中枢に先行した1人として登場した。 真名 に籠絡される前、魔術をより学び、蝶よ花よと育てられている頃のメディアとして召喚された。 攻撃的な魔術はほとんど使用できないが、治癒系の魔術に長ける。 その可憐な立ち居振る舞いから誰にも愛される少女であり、"イアソンさえいなければ"幸福な一生を送っていただろう。 …多分ではあるが。 人物 リリィは純粋で人を信じやすい。 マスターに対しても最大限好意的に接する。 だが、それは裏を返せば「人を信じたい」という想いに駆られていることに他ならない。 他者への不信に満ちているのは、本来のメディアもリリィも変わらないのだ。 献身的で純真無垢、誰かの役に立ちたいと願う可憐な少女。 それゆえか、自分が恵まれていると逆に不安がる様子を見せる。 若さも手伝って、行動力はメディア以上。 その反動で頑固 というより律義で猪突猛進 な面も強い。 そしてメディアであるがゆえに、 召喚のされ方の如何では、ともなりえる恐るべき一面も持つ。 それもまた、彼女の純粋な気質と、サーヴァントとして召喚されたための強制力もあってのこと。 敗北しイアソンが消滅した際には謝罪と共に「彼(ソロモン)からアナタを守りたかったけど、私には手段がなかった」と零しており、裏切られた記憶を持っていても決してイアソンを憎んでいたわけではない。 召喚者の人格と、メディア・リリィの気質が悪い方向に噛みあうと最悪の結果を生むという、ある意味サーヴァントとマスターの相性の一例である。 フォローしておくと、主人公に召喚された場合は、のかというほど、絆が深まり霊基再臨が進むにつれて、甲斐甲斐しく世話を焼いてくれる。 絆イベントでは蜂蜜入りのパンケーキを焼いており(材料に関しては気にするな)、絶賛されているあたり、この頃から家事スキルも高い模様。 ……が、気質でなせいか、ところがあり、幕間の物語の二幕にて、「無限に増えるパンケーキ」を作るための材料として を召喚し、見事「無限のパンケーキ」を完成させている。 当人はあくまで 善意である。 をほくほくと進行させる姿に、召喚された当人はおろかマスター自身も戦慄を覚えざるを得なかった。 から、修行前の彼女について語られる場面が登場したのだが、おっとりした平和主義にもかかわらず召喚術など派手な魔術を好み、弟子入りを拒否された瞬間に「修補すべき全ての疵」 という名の強制洗脳 をノーカウントでぶちかますなど、むしろ 若かったころの方がヤバかったといった証言が増えてきている……。 一見平和な国はその実態は 海上独裁国家メディアサイコランドなどと称されるとんでもないであった。 この辺りもを裏付けるエピソードの一つである。 さらにイベントで、との関係を気にするあまりとうとう特異点をぶち上げてしまった。 でに先行した1人であるあるらしいのだが、何故か中枢では登場しなかった。 のちにイアソンに入れ込んでしまったのは、もしかすると宿命だったのかもしれない…… 汗 には何も望んではいない。 それは黒幕役として呼び出されたが為に、その本質を知るからなのか。 それともメディアとしての記憶が、彼女に何かを訴えるからなのか。 ちなみに、大人になった自分とパーティーを組んでいると、らしい。 囁かれた睦言は、虚ろな言葉なのでしょう。 同時に周囲の毒も癒し、体力を回復する。 高速神言 A 神代(神が治めていた神話時代)の言葉により、大魔術であろうと一工程(一言)で発動させることが出来るスキル。 陣地作成 B 自身に有利な陣地を作成できる。 治癒術師としての病院を建設可能。 道具作成 B 魔術を帯びた道具を作成できる。 制作するのは、主に治療用の水薬などである。 ペインブレイカー 本来のキャスターであるメディアが使用する『』と対になる治療宝具。 あらゆる呪い、魔術による損傷を零に戻す。 詳しくは個別記事を参照されたし。 元々「陣地作成 B 」の恩恵でそこそこArtsの威力は高いため、弱点を取れるにはランク相応の強さを発揮する。 Arts強化系のを装備させればNPのチャージ効率も同時に上がるので、自分の攻撃性を上げつつ、よりパーティーの耐久を強固に出来るようになる。 スキルは、NPチャージの「高速神言」、味方全体のHPを回復しつつ毒状態を解除する「対毒」、味方単体のHP回復量を増加させる「うたかたの恋」とヒーラーに特化している。 難点はヒーラーに特化し過ぎた性能そのもの。 攻撃面には全く貢献出来ないため周回クエストでは役に立たない。 さらに、高難易度のクエストではHPが10,000以上であろうと宝具やクリティカルで即死~瀕死になるダメージがザラに飛んでくるため、これらに対処するパーティ構成が求められる。 具体的には・・等が挙げられる。 高難易度クエストの中にはデバフ・バステが山ほど襲ってくるものもあるため、そうした場合はの「オーダーチェンジ」で控えから引っ張り出すのも効果的である。 後に同じ回復特化のが配布サーヴァントとして実装されたが、あちらは宝具効果が弱体解除の代わりにガッツ 戦闘不能からの復帰 を付与、そのほかにも各所で性能が違うため、住み分け自体は容易にできる。 関連人物 成長した自分。 リリィの方は「自分に似た誰か」という認識だが、メディアにとってリリィはそのもの 純粋無垢過ぎてやばかったことから 「白歴史」とも らしく、変な行動を起こさないか気が気でない様子。 ただし、魔力量の多さや技術はリリィの方が圧倒的に多いらしく、支援魔術に関してならば、イアソンの裏切りの末に魔術の鍛錬を怠った自身よりも優れているらしい。 女神の呪いで惚れさせられた生前の夫。 彼に関する生前の記憶はリリィの状態でも残っているらしく、複雑な思いを抱いている。 それゆえ時に辛辣だが、でやけっぱちになって英霊として火が点いたイアソンを「ピンチの時ほど冴え渡ってカッコイイ」と言える辺り、決して愛想を尽かした訳ではないようだ。 この点は意外にも成長後の自分も持ち合わせている。 ちなみに暴走しがちなリリィのブレーキらしく、「」では守護獣 オトモ というぬいぐるみ状態になり、ぞんざいに扱われつつも、タガが外れかけたリリィに強烈なツッコミを入れて止めている。 逆に調子に乗り始めると、リリィの方からきついお仕置きを受ける凸凹カップルでもあった。 、 いわゆるリリィ系サーヴァント仲間。 生前のアルゴー船の冒険における同行者。 の一員。 アニメ版『』では18話のアタランテの回想にて登場、アタランテに髪を結ってもらっている。 彼女の関係者その2。 なかなか心を開いてくれないからと、「」の要領で「修補すべき全ての疵」を何の予告もなしに行使し、無理やり仲良くなろうとした。 のちに彼女からの教えは、苛烈な経歴と愛の喪失の果てに少女を大人の女性へと進歩させた。 関連イラスト.

次の