馬券で生活。 馬券生活者 人気ブログランキングとブログ検索

複勝競馬投資で馬券生活するには高額投資の経験値が必須

馬券で生活

競馬で生活するなら、単勝を選べ! 出典: 馬券を当てたいと思うなら、複勝を買っておけば、そうそう外れることはないです。 また、競馬は予想できるのでもっと的中確率は上がります。 では、どのように予想すればよいのでしょうか? 単勝を的中させるのは以外に簡単! 出典: 単勝を的中させるのは簡単と言えます。 単勝は一桁台が多い 各レースの単勝配当を見ると、大体単勝一桁台か10倍台が多いです。 20倍台以上の配当も出ますが、この単勝馬券を当てることは非常に難しいので狙うだけ損です。 2019年1月20日の京都競馬場の単勝オッズを例に取ってみますと 1R: 4倍 2R: 12. 1倍 3R: 5. 4倍 4R: 17. 8倍 5R: 5. 4倍 6R: 13. 2倍 7R: 4. 4倍 8R: 2倍 9R: 7. 8倍 10R: 1. 7倍 11R: 19. 7倍 12R: 7. 9倍 12レース中 8レースが単勝 一桁台。 12レース中 4レースが単勝 10倍台。 20倍台以上はありません。 20倍以上単勝馬券が出た時 時々20倍台以上の単勝配当も出ますが、たまに出るくらいです。 2019年1月20日の中山競馬場の重賞はアメリカJCCでしたが、このレースの1着はシャケトラで、単勝オッズが 38. 5倍でした。 「なんだよ!」と怒鳴る声が聞こえそうですが、たしかに出ます。 しかし、当にたまにです。 逆にこの38. 5倍のシャケトラの単勝を取ろうと思ったら、至難の業です。 話は少しそれますが、テストで学校の先生は言います。 「分かる問題から解いていきましょうね。 競馬の単勝を買うときもこれと同じ方法でやっていったほうが良いです。 難しい問題( 38. 5倍)よりも優しく分かる問題( 一桁台と10倍台の配当)から解いていったほうが当たりますし儲かります。 この優しい問題( 一桁台と10倍台の配当)が解けるようになると、複勝の馬券を買った時に、百発百中並に馬券が的中する可能性も出てきます。 それでは次にその単勝馬券をどうやって選ぶかについて考えていきましょう! 単勝馬券を選ぶ方法 単勝馬券を選ぶ方法はたくさんあります。 ひとつ言えることは成績的に物足りない馬の馬券を買います。 間違いなく1着になる• 絶対に3着を外すことはない このように思った時は単勝馬券を獲ることはデキません。 1,間違いなく1着になるは、間違いなく2着以下になることが多いです。 2,絶対に3着以内になるは、4着以内になることが多いです。 では、どのような馬を選ぶかですが、条件的に不利な一桁台を選ぶようにしてください。 また、一桁台で条件的に有利な馬は単勝馬券をして買わないほうが無難です。 一桁台で条件的に有利な馬の代表例 2015年、アメリカJCCで7着に破れたゴールドシップ。 すでにG1で4勝を挙げていたゴールドシップでした。 前走の有馬記念でも負けはしたものの3着(0. 1差)と好走したのです。 そしてその約1ヶ月後のアメリカJCCに出走し、単勝は1. ほとんどの人がこのアメリカJCCで1着になると考えていました。 調教もいいし元気ハツラツと競馬各紙、問題のないことを伝えていました。 穴党も負けたとしても馬券には必ず絡むという風潮が流れていたのです。 しかし、結果は7着。 「ゴルシが負けたよ、なんなんだよ!」嘆きの声が聞こえたのです。 このように、「負けるわけがない!」とか「必ず勝つ!」は 良く負けます。 ゴールドシップのような7着といった大敗ではなくても、1着になることは少ないのです。 一方、オルフィーヴルのラストランの有馬記念ですが、こちらも断然の1番人気になりましたが、1着になりました。 しかし、このオルフェーヴルの有馬記念での評価は、「調教の動きが悪い」「いつものオルフェのような迫力がない」「凱旋門賞の疲れがあるな」と悪いところを探し出したのです。 結果は大楽勝の1着(1. 3差)だったのです。 私はこの結果を受けて「なるほど!」合点がいったのです。 「間違いない」は間違いがあり、「問題ない」は問題があるのです。 そして、「問題がある」は問題がなく、「危険だ!」とても 安全なのです。 あくまでも一例ですが参考にしてください。 キタサンブラックで転がすと? 複勝で大儲けする方法として、強いオープン馬で複勝をずっと転がしていく方法というものがあります。 キタサンブラックを例に出すと、キタサンブラックが馬券から外れたレースは、日本ダービー(14着)と宝塚記念(9着)です。 新馬から複勝でころがす人はまずいないと思いますが、4歳の大阪杯から複勝ころがしをした人はいるかも知れません。 大阪杯以降、一度だけ9着で馬券から外れたことがあります。 それは1番人気で絶対馬券に絡むと言われていた宝塚記念でした。 宝塚記念で3着以内は間違いないと言われていても、間違いは必ずありますので、それは肝に銘じた方がよさそうです。 波に乗るまで仕事する 複勝でコツコツ当てることにより、競馬で生活できる可能性はありますが、波に乗るまでそれ相当の時間と労力が必要になると思います。 今現在、複勝でコツコツ当てることに集中できる、ある程度のお金と時間があるのでしたら、問題はないのでしょう。 しかし、ギリギリのお金と時間しかないのなら無謀と呼べますので、少しでもお金をためてからの挑戦したり、仕事をしながら挑戦した方が無難かもしれません。 なぜ、世間の人はやめろというのか 「競馬で生活をしたい!」と言うと、世間の人、特に身近な人は「馬鹿みたいなこと言わないで働け!」と言います。 なぜでしょうか? それは安定した収入が見込めないからでしょう。 しかし、安定した収入が見込めない人は世の中にたくさんいます。 芸能人、プロスポーツ選手、投資家、起業家など。 売れたり、活躍したり、仕事がうまくいけば、これらの職業の人は成功者として世間に認められ、評価されるのです。 しかし失敗すれば、元々能力がないんだからコツコツと働け!とけなされることもあります。 これを結果論と言います。 特に「競馬で生活したい」という望みを抱くことは、簡単に誰でも挑戦できることなので、挑戦する人が多く、その分できないと諦める人が多いのです。 だから、芸能人、スポーツ選手、投資家、起業家などよりも、「やめろ!馬鹿!」と無下に扱われるのでしょう。 世間では 競馬で儲かっていない人は「やめろ」と言います。 競馬で儲かっている人は「やれ!」とも「やめろ!」とも言いません。 単勝馬券を当てる方法! 今回は競馬で生活するためには?ということについて簡単にまとめました。 そのためには• 複勝で挑戦する。 単勝を当てる気持ちで予想する。 絶対の1番人気より、大丈夫かな?と思う• 1番人気の方が馬券的に面白い。 間違いなく馬券に絡む!、という馬には疑いの目を持つ。 などを挙げました。 しかしこれ以外にもさまざまな要素がありますので、思いついた時点で追記します。 競馬生活は お金があれば複勝競馬に専念して、競馬で生活することも可能です。 お金が無い方は、仕事をしながら競馬生活を夢見た方が無難です。 競馬で生活は実力が明確でない分、芸能人、プロスポーツ選手、投資家、起業家など以上にリスクは高く、世間から批判されます。 そのリスクが高いことを意識しながら、自己責任で夢を追ってください。

次の

【競馬】単勝のおすすめの予想の仕方

馬券で生活

サクッと読むのに便利な目次• いやいや、競馬ってギャンブルでしょ?どうせ負けるんでしょ? 競馬ってギャンブルでしょ?と思っている、そこのアナタ。 僕も初めはそう思ってました。 そもそも競馬も競艇もパチンコもカジノも、そういったギャンブルの類は全て胴元が儲かる仕組みになっているので、 一般人がどれだけあがいても、よほどの幸運がない限り回収率が100%を超えることはない。 夢を見て金を賭ける大半のプレーヤーは、すべて養分と化すのみだと。 競馬において、これが事実であることに間違いはありません。 ですが、それは稚拙な分析や勘を元にただ漫然と馬券を購入した場合、の話です。 みなさんも見に覚えがありませんか? ネットの掲示板やブログ、Twitter、競馬新聞、競馬番組なんかの予想を参考にしながら、 もっともらしく自分の予想を組み立てて、「これだ!」という買い目を決める。 納得のいく買い目が決まったときには、あたかももう馬券があたったかのように、 オッズを見ながら皮算用を始める・・・。 ハッキリ言って、 こんな買い方をしている内は、あなたは養分まっしぐらです。 競馬の世界には、本気で統計分析をして、勝てる確率が高くオッズの妙味があるレースに全力で資金を突っ込み、 養分達のなけなしの金を吸い上げ、一発でかっさらっていく人間が確実にいるのも、また事実。 馬券だけで、信じられないような利益を生み出している人間が、確実に存在しているのです。 事実、僕の友人は徹底的に競馬を研究し、効率的に勝てる馬券投資法とも言うべき手法を編み出しました。 その手法が爆発した最たる例は、 たった1レースで1000万をゆうに超える金額を獲得した時でしたね。 (正確な金額はプライバシーの為伏せます。 ) その日は僕もたまたまその当選時に一緒にレースを鑑賞しており、 その足で高級焼肉店へ向かい、100g1万円を超える焼肉を奢ってもらいましたw それからも彼の快進撃は続き、1レースで数十万円〜数百万円の利益を獲得することは普通のことになっていきました。 もうここまでくるとテンションがよくわからない感じになってましたね。 「今日50万プラったわ。 」 「おお、まあまあだね。 」 みたいな。 笑 感覚が麻痺してくるんでしょうね。 その後の彼の生活も、それまでとは売って変わりました。 毎日クラブのVIPで女子を集めてパーティ三昧、 会社へはタクシー通勤、 一着数十万するコートを彼女の分と合わせて2着即決で買ったり、 毎日数万円を超えるディナーに行くことが当たり前になり、 一回数十万円もする吉原の高級風俗(ソープ)にも入り浸るようになりました。 サービスもそんじょそこらの風俗とは比べ物になりません。 この世の天国と呼んでもいいです。 詳しく知りたい方は、別途ググってくださいw) もう、なんというか、 全世界の人間が憧れるような生活ですよ。 しかもその収入源を大好きな競馬の馬券から生み出しているんですから、 毎日毎日笑いが止まらない様子でした。 具体的な手法は詳しくは公開できませんが、その一部と、 その手法に至るまでの考え方を、後ほどみなさんに共有できればと思います。 統計競馬で最も有名な人は、「馬券裁判」の卍氏。 統計競馬といえば、一番有名なのは 「馬券裁判」で一躍有名になった卍氏ですね。 彼は一介のサラリーマンでありながら、2007年から2009年のわずか3年の間に、 28億7000万円の馬券を購入し、30億1000万円の配当を得ており、 約1億5000万円もの利益をあげていた、という伝説の馬券師です。 参考までに、「馬券裁判」について、軽く触れておきましょう。 彼は上記の1億5000万円という利益に対し、大阪国税局から、 5億7000万円という、利益を上回る納税を求められました。 その理由は、課税対象が「配当ー馬券購入金額=1億5000万円」ではなく、 「配当である30億1000万円」の総額が課税対象となった為でした。 ハズレ馬券分の購入額が、経費として認められたなかったのですね。 しかし、裁判は最高裁までもつれ、 最終的な判決は「卍氏の勝利」。 ハズレ馬券分の購入金額も経費として認められ、卍氏は晴れて利益額を上回る不当な税金を逃れることができました。 馬券裁判についてさらに詳しく知りたい方は、彼の書いた著書や、関連著書が複数出版されているので、 読んでみると面白いかも知れません。 私は、2007年から2009年の3年間で馬券で得た所得を申告せず、単純無申告の罪で刑事裁判にかけられました。 3年間で私が馬券で得た利益は約1億4千万円でしたが、それに対する課税額は約5億7千万円という異常な金額でした。 課税額が実際に得た利益の4倍にもなっているのは、馬券の払戻金の合計額のうち、的中した買い目の購入額しか控除されない計算だったからです。 刑事裁判において、私は、競馬で得た所得を申告しなかった点については認めていましたが、課税額については、外れた買い目の購入額も控除されるべきだと主張しました。 そして、地裁、高裁、最高裁のすべてにおいて、私の主張の通り、外れ馬券が経費として認められるとの判決が出されました。 その結果、課税額は大幅に減額されることになりました。 しかしながら、私が馬券で得た利益のうちの約半分はリーマンショックの際に投資信託での損失として消えてしまっており、また裁判費用も必要だったため、本税に相当する金額分はすでに納付済みですが、無申告加算税と延滞税に相当する金額分については、すぐには納付できない状況です。 そこで、少しでも納税資金に充てたいという思いから、本書を執筆しようと考えました。 卍氏が1億5000万円もの利益を生み出した、馬券購入方法が明らかに! で、卍氏が競馬のみで3年間で1億5000万円もの利益を生み出した、 その馬券の購入方法、予想の分析方法について語られていました。 一部、ご紹介しますね。 「 過小評価されている馬を買うことに目覚めました。 つまり、実力があるのに、それに見合うだけの人気となっていない馬を選ぶ。 過去に、同じレースに出走していた馬が2頭いた場合、着順が良かった馬が、 悪かった馬に比べて 人気になりすぎているのではないかと考えたんです」 お分かりになるでしょうか。 卍氏は、言うなれば勝つ馬を予想をして馬券を購入していたわけではなく、 オッズの歪み、オッズの妙味を自力で緻密に計算し、 自分なりの期待値計算を行って馬券を購入していたのです。 具体的には、例えば、近走で勝ち馬と0. 5秒差以内ならプラス1点、 0. 2秒差なら、さらにプラス1点といった具合に計算していき、 合計点数が高い馬の馬券を買っていったそうです。 その後も、馬券的中率が悪いときは予想ファクターを増やしたり、変更したりしながら、 「馬王」という馬券購入ソフトを使って馬券を半自動的に購入し続けたそうです。 卍氏が使っていた 「馬王」については、下記のサイトで会員登録(無料)後にダウンロード可能です。 オッズの歪みはなぜ生まれるのか。 ですが、一つ気になるのが、卍氏の例でも分かる通り、 「なぜオッズに歪みが生まれるのか?」という点です。 みんながみんな、自分なりの統計予想に基いて馬券を購入すれば、 そのような歪みが生まれるとは考えにくいですよね。 では、何がオッズの歪みを産んでいるのか。 一体何の要素が、馬券妙味を左右しているのか。 それは、 一般競馬ファンの心理、です。 一般の競馬ファンは、ある程度の予想をするものの、 どうしても感情に左右されます。 特に、コアなファンになればなるほど、です。 「この馬には前勝たせてもらったから」とか、 「デムーロにはいっつも期待して失敗するから、二度と買わねえ」とか。 そいうった心理的な要素が馬券オッズには反映されます。 わかりやすい例で言うと、 アイドルホースのオッズが極端に低くなったり、 最近ではJRA初の美人女性騎手・藤田菜七子騎手が騎乗する馬のオッズが極端に人気したり。 正直それが、一般的な、ごくごく普通の競馬ファンです。 僕の友人が用いた手法もやはり、「統計競馬」。 馬券で勝ちたければこれしかない。 僕の友人も、元は一般の競馬ファンでした。 1レースに多くても数千円賭ける程度の、ごく普通のファンでした。 ただ、ある時、 競馬を本気で統計分析すれば、勝てるのではないかと考え、 卍氏の事例や、競馬統計についての書籍や情報を買い集め、 自分なりの馬券予想手法を確立していきました。 そして、初めこそ少額から自分の予想の勝率を試していき、 勝てるという確信を持ってからは、 1レースに数十万円以上を平気で賭けるようになりました。 数十万円を投資して、当たる馬券はオッズ的には高くても100倍程度。 基本は1倍台から10倍台の馬券に大きく投資して、 大きく勝つ手法で、みるみるうちに資産を増やして行きました。 最初にも話したとおり、それから彼は毎日馬券生活です。 G1が行われる際は全国の競馬場に足を運んだり、 今度はドバイへ競馬観戦に行く予定だそうです。 笑 競馬も資本主義の世界。 大きく勝つためには、大きな投資が不可欠。 ここでもう一つ、競馬で大きく勝つためのコツ。 それは、 勝てると思ったレースには、思いっきり投資をするということです。 自分なりの統計に基づいた予想が完成すれば、 それぞれのレースに対して、その予想の自信度というものも出来てきます。 その中で、本当に自信があるレース。 絶対にガミらない自信があるレースに対し、全力で投資するのです。 勘違いしてほしくないのが、競馬で大きく勝つために、 万馬券を当てる必要はないのです。 当たる確率がとてつもなく低い10万馬券を100円分買って当てるのと、 ほぼ確実に勝てる自信がある単勝2. 0倍の馬券を5万円分買って当てるのと、 どちらも得られる配当は同じ10万円です。 ですが、明らかに、 誰がどう考えても後者のほうが効率がいいことに気づくはずです。 10万馬券なんて、そうそう当たらないですよ。 2倍、3倍の馬券でいいから、そこに大きく投資して、確実にリターンを得ようと考えるべきです。 万馬券に夢を見て、当たるはずもない馬券を買っている内は、ド素人です。 単勝2. 0倍の馬券を100円買って、200円の払い戻しを受けるのも、 単勝2. 0倍の馬券を100万円分買って、200万円の払い戻しを受けるのも、 やってることは全く同じなんです。 確率も全く同じ。 なのに、 実際の払い戻し金額には199万9800円もの差があるのです。 そんなの当然だとお思いになるでしょうが、 それが出来ないのが一般の競馬ファンなのです。 本当にこの原理を理解している人は、かなり少ないのではないかと思います。 とは言っても、自分で競馬の統計を編み出せる自信がない方へ。 ただ、そこで問題になるのが、 自分で競馬の統計予想なんか、出来ねえよ。 という部分ですよね。 それもそのはず。 出来てたら最初からやってるわ、って話ですからね。 でも、大丈夫です。 最近は 統計競馬は最近かなりホットなキーワードになっており、 競馬ファンはもちろん、データサイエンティストたちの研究対象になるほどの加熱ぶりです。 自分で1から全て環境を整えて統計予想を始める必要はなく、 ある程度の土台は整ってきています。 関連書籍も沢山出ていますし、しばらく無料で統計競馬予想の情報を得られる『統計競馬』というサイトなども存在します。 上記のサイトなどは、継続して情報を受け取ろうと思うと会員になる必要があり、 正直「高いなぁ」と思いますが、その分馬券でリターンが得られるのであれば全然アリだと思います。 そういう情報への投資も含め、 いくら投資して、いくらリターンを得られるか、という考え方が大事ですので。 統計競馬で勝つためのたった1つのコツとは? 統計競馬を実践し勝つために一番大事なのは、 普通の人間がアクセスしていない情報にアクセスできる環境を整える ことです。 常識的に考えて、 普通の人間がいつでもどこでも見られる情報 通りに馬券を買っていたらどうなると思いますか? 先ほど述べた通り、大衆の心理に流されて馬券を買ってしまう羽目になり、勝ってもうま味が少なく期待リターンが得られない状態になる恐れが高いのです。 私が普段参考にしているサービスをいくつか紹介しておきますので、本気で競馬で勝とうと思う方は参考にしてみてください。 登録だけならいずれも無料なので、物は試しということで、まとめて登録しておくことをオススメします。 その後、「卍の法則」などの有料コンテンツを購入することができます。 卍氏が実際に1億5千万円を手に入れる際に使用した「馬王」もこちらのサイトで提供されています。 それらは必要なときに有料で購入すればいいので、 まず無料会員登録しておくことをおすすめします。 指数情報は必見ですよ。 直近のレース情報を流してくれるので、意外と参考になります。 マニア向けにはなりますが、楽しく読めるものも多いので興味のある方は一読の価値ありです。

次の

競馬で生活している人ってどんな人?3つの鉄則とデメリットを紹介

馬券で生活

現実的にネットで馬券購入を「稼業」または、兼業として「馬券生活」の仕事として、収入を稼ぎたいなんていう人は多数いらっしゃるとお見受けします。 一度も経験がない初心者が儲ける前に必要なのは、最初に何をすべきかをある程度認識することです。 ネットがあれば誰でも簡単に始められる方法をたくさん紹介しています。 いまではメジャーなインターネットを用いた在宅馬券生活の種類には、自分で開始させるタイプの競馬などや、どこかから仕事を振ってもらう方式である在宅作業があると思われます。 実はブログアフィリで稼ぎを得ることについては、想像以上のレベル差があるのを承知して取り組むのがよいでしょう。 既にある分野で貴重な体験を持っているなら、かなりスムーズにネットで儲けることが可能でしょう。 何かと忙しい日々を過ごしている専業主婦の方にも、暇な時間を活かして、副収入をゲットしたいといった人も沢山いるはずです。 このウェブサイトでは主婦に向けて馬券生活案件を掲載します。 本業の際には、後追い組はどうしても不利という認識が往々にしてあるのですが、おおよそネット馬券生活に関しては、後発組だったとしても気にならずに、儲けることが可能なのがポイントでしょう。 今サラリーマンを対象としたおすすめの馬券生活ランキングの上で、一際注目されているのは、商品を転売して儲けるせどり。 その理由については、漫画・小説など古本の転売を行う方法ですので、身の回りに取引できるアイテムなどが取り揃っているためです。 自分の実体験から、様々な在宅の馬券生活の各種照会や、メリットと注意点等を記載みました。 ぜひこれらを踏まえて、あなたの明るい分野にマッチした、自分らしい馬券生活で稼ぎましょう! 色々ございます馬券生活の中におきましては、限定的であるみたいな、月の収入が変動するジャンルのものも存在します。 やはり家計を守る大多数の主婦ワーカーなどは、安定性を重要視するという方針が全体的に多い状況みたいです。 それぞれ置かれている現状が違いますから、おすすめの馬券生活ジャンルにつきましても一口にはいえません。 非の無い馬券生活などは決して無いもので、見つけるべきは自分自身に適した馬券生活でしょう。 おそらく月収10万円程度なら、例外なく誰もが儲けることは不可能ではないと、私は考えます。 仕掛けた数が多いほど、収入に繋がるのが競馬の魅力ですので、月100万円も可能でしょう。 実際的にネットで儲けることに自信がない人は、企業の質問に返答するものや企業のサイトの広告を読んでクリックなど、難しいことなく堅実にお小遣いが受領できる、とっつきやすいポイントサイトから体験してみてください。 実はネットで儲けることにおいて注目すべき点は、リスクゼロで取り組みが可能ということも大きなポイントですが、始めるのが早い人の収益が、かなり大きなものになるという点もあると言えます。 案外手間暇を要せずに収入額が積み重ねられていく、おすすめの馬券生活なのでございます。 一言で馬券生活と言っても、昔よくあった手仕事や真夜中の仕事といった関係のものでなく、ネットを駆使した時代に沿った馬券生活が増加しており、可能性のあるネットで馬券購入として着々と活況となっています。 最初だけ準備してしまうと競馬を実践しているサイトは、日々サラリーマンとして就労している場面だとしても、稼ぎ続けてくれるのです。 貴重な時間を無駄に費やすことのない馬券生活は、とても割が良いと考えられます。 信頼性の高い競馬情報サイトを使えば初心者の方でも儲ける事ができるのがの醍醐味です。 回収率の違いが体感できる!• カテゴリーリンク• ほんとに馬券生活は可能なのか。

次の