平成いつまで 西暦。 西暦年齢と令和平成昭和大正一覧

明治、大正、昭和、平成、令和はそれぞれ何年から何年まで?それぞれ何年間続いた?大正が短い理由と簡単な計算方法も一緒に解説!

平成いつまで 西暦

平成はいつからいつまで? 西暦で、 1989年1月8日(日)から2019年4月30日(火)の期間となります。 なお、2019年5月1日(水)から令和に変わりました。 平成は何年まで? 平成31年までです。 平成は何日間? 11,069日間です。 計算には、以下のサイトを参考とさせていただきました。 平成から令和を計算するにはマイナス30 平成表記の場合、 マイナス30にすると、令和になります。 具体例を挙げます。 平成32年の場合、令和2年となります。 平成33年の場合、令和3年となります。 平成34年の場合、令和4年となります。 運転免許証では、更新日が平成記載が多いかと思いますので、 参考にしてください。

次の

昭和64年は西暦何年でいつまで?平成はいつまで?まとめて確認!

平成いつまで 西暦

ついに平成が終わる日程が決まりました!! 『平成』は2019年4月31日に終わります。 いよいよカウントダウンって感じですね。 でも、年号が変わると色々ややこしくなりますよね。 平成元年って西暦で何年?とかわからない。 今回は、『明治』、『大正』、『昭和』、『平成』と『西暦』についてわかりやすくまとめてみました。 Sponsored Link 明治とは? 明治天皇が即位することによって年号が新しくなりました。 新しい時代ですね!! かなり『明治』は時代の変化を感じます。 天皇を中心にした 国家体制。 政府を 京都から東京に。 色々と変化しました!! では、一体『明治』はいつから始まったのでしょうか? いつから始まった? 『1868年1月25日』『明治元年』から始まります!! では、一体『明治』はいつまであるのでしょうか? いつまであるの? 『1912年7月30日』『明治45年』まであります!! Sponsored Link 大正とは? 大正天皇が即位することによって年号が新しくなりました。 新しい時代ですね!! しかし、『大正』はかなり短い感じがします。 期間が 『14年間』。 やはり、『大正』は日本の歴史上一番短い期間みたいですね。 では、一体『大正』はいつから始まったのでしょうか? いつから始まった? 『1912年7月30日』『大正元年』から始まります!! では、一体『大正』はいつまであるのでしょうか? いつまであるの? 『1926年12月25日』『大正15年』まであります!! 昭和とは? 昭和天皇が即位することによって年号が新しくなりました。 新しい時代ですね!! 『大正』とは対照的にかなり長いですね。 なんと期間が『62年と14日』もあります!! 日本で一番長い期間みたいですね。 また、歴史上でも60年以上続いた元号は、 『清の康熙』(61年)および 『乾隆』(60年)しかない。 このことから『昭和』は長かったことがわかりますね!! では、一体『昭和』はいつから始まったのでしょうか? いつから始まった? 『1926年12月25日』『昭和元年』から始まります!! では、一体『昭和』はいつまであるのでしょうか? いつまであるの? 『1989年1月7日』『昭和64年』まであります!! 平成とは? 戦争が終わったこともあり、この時から『天皇』の名前ではなくなりました。 現在の天皇は・・・ 皇太子明仁親王(今上天皇)です!! これは知りませんでした。 では、どうして『平成』になったのでしょうか? 『平成』になった理由は? 『平成』は複数の有識者によって会議で決まられました。 しかし、いくつかの候補があったみたいです。 ・『平成』 ・『修文』 ・『正化』 が最終候補!! この中から見事、『平成』が選ばれました。 最終的には、 イニシャルで選ばれたみたいですね!! 『修文』と『正化』は『S』、『平成』は『H』。 過去の元号から見ると・・・ 明治『M』、大正『T』 、昭和『S』となります。 だから、『S』はやめておこうとなったみたいですね!! では、一体『平成』はいつから始まったのでしょうか? いつから始まった? 『1989年1月7日』『平成元年』から始まります!! では、一体『平成』はいつまであるのでしょうか? いつまであるの? 『2019年4月31日』『平成31年』まであります!! では、最後に気になったのが・・・・ 『西暦』ってどういう意味があるのでしょうか? 西暦とは? これって結構迷いますよね。 どうやら、キリスト教でキリスト(救世主)と見なされる イエス・キリストが生まれたとされる年みたいですね。 この人です!! キリストが生きていたら、いま2018歳ということですね。 そのため、迷ったら『西暦』=『キリストの年齢』と考えれば迷わなくなりますね。 年齢に『平成』とか『昭和』とか入れないですもんね笑 ちなみに・・・ 『平成』とかは 和暦と言います!! これは知らなかった笑 まとめ 2019年5月1日新しい元号になります。 まだ、どんな元号になるかわからないですが非常に楽しみですね!! 最後まで読んでいただき、ありがとうございました! Sponsored Link.

次の

和暦と西暦の早見表

平成いつまで 西暦

明治、大正、昭和、平成はそれぞれ何年から何年まで? 明治、大正、昭和、平成はそれぞれ何年から何年までなのか、まとめてみました。 明治は何年明治は何年から何年まで続いた? 明治は1868年1月25日から1912年7月30日年まで続きました。 江戸時代が終わり、西洋化進みました。 明治時代からは 一世一元の制が取られており、一人の天皇につき、一つの元号が定められるようになりました。 大正は何年から何年まで続いた? 大正は、1912年7月30日から1926年12月25日まで続きました。 約15年間と短いながらも大正デモクラシーなど、現代の文化に大きく影響を与えています。 関連記事: 昭和は何年から何年まで続いた? 昭和は1926年12月25日から1989年1月7日まで続きました。 昭和は即日即位だったので、1926年12月25日まで大正で、1926年12月25日から昭和です。 1926年12月25日は大正でもあり、昭和でもあるのでちょっとややこしいですね。 平成は何年から何年まで続いた? 平成は、1989年1月8日から2019年4月30日まで続きました。 平成は翌日即位だったので、1989年1月7日までが昭和で、1989年1月8日から平成です。 翌日即位の方がわかりやすいですよね。 明治、大正、昭和、平成はそれぞれ何年から何年までかのまとめ 明治、大正、昭和、平成はそれぞれ何年から何年までか、以下にまとめました。 明治:約45年間• 大正:約15年間• 昭和:約64年間• 平成:約31年間• 令和:未定 こうやって見てみると、明治と昭和が長いですね。 昭和は64年間続きましたが、昭和64年は1月1日~8日までと短かったので、昭和は実質63年間でした。 明治・大正・昭和・平成の中では一番長く続き、第二次世界大戦や高度経済成長、バブル経済などがあり、激動の時代でした。 逆に、明治・大正・昭和・平成の中で一番短かったのは、大正です。 なぜ、大正は短かったのかというと、明治が長かったのに加えて、大正天皇は元々体が弱く病弱だったりで、14年と短い間しか続かなかったようです。 明治からは 一世一元の制が取られているので、長い時代が続くとそのあとは短くなりがちです。

次の