千葉 県 市川 市 市長。 市川市長選、選管の開票作業に異議相次ぐ…再選挙で税金1億円が無駄、市長不在へ

千葉・市川市長の公用車騒動!スピルバーグ愛用のリース代1500万円の超高級電気自動車: J

千葉 県 市川 市 市長

千葉県市川市役所(「」より/ウェルワィ) 立候補者5人全員が法定得票(有効投票総数の4分の1)に届かず、再選挙となった千葉県 市川市長選挙。 市長選と同時に行われた市川市議会議員補欠選挙をめぐり、次点で落選した元市議が市川市の選挙管理委員会に「開票作業には不自然な点が多い」と異議申し立てを行ったことで、再選挙の見通しが立たなくなっている。 再選挙の日程は、異議申し立ての判断が確定するまで決められない。 補選の落選者が選管に抗議、決まらない再選日程 11月26日に行われた市川市の市長選および市議補選の結果は次の通りだった。 【市川市長選挙(当選者なし)】 村越祐民(元衆議院議員) 28109票(得票率23. 6%) 坂下茂樹(前千葉県議会議員) 27725票(得票率23. 3%) 田中甲(元衆議院議員) 26128票(得票率21. 9%) 高橋亮平(元市川市議会議員) 20338票(得票率17. 1%) 小泉文人(前市川市議会議員)16778票(得票率14. 1%) 【市川市議会議員補欠選挙】 大久保貴之 39765票 当選(前市長の息子) 星健太郎 19324票 当選 石崎英幸 17338票 次点 冨田嘉敬 14364票 中町圭 12954票 吉住威典 4162票 異議申し立てを行った石崎英幸氏(補選の次点)は、フェイスブックやツイッターで市長選について次のように述べている。 「市川市選挙管理委員会が確定を出す前に各候補の票数がピタッと一桁まで正確に流出している。 しかも、村越候補の山に高橋候補の票が積まれていたので高橋候補の票が1,000票少なく19,338票として流出していた。 (高橋候補の正式確定は20,338票)。 立会人が見つけなければ高橋候補の1,000票は村越候補の票になっていた可能性は否定できない。 確定前の各候補の票数を開票所にいる職員が関わらなければ情報も流れないし票も混入することはないだろう。 市川市選挙管理委員会はどんな言い訳をするのか、それとも過ちを認めるのか連絡を待ってみます」 この申し立てについて、ある市川市議は筆者の取材に次のように答えた。 「石崎氏は『票の開け方が不自然だ』としています。 彼は開票率77%時点で2番手で当確線上にいました(当選者数は2名)。 市長選でも同じく、『開票率77%の時点と最終結果で順位が変わっていた』と言いますが、全国区の選挙ではなく地方選挙ですから、開票が進むにつれて順位が変わっても不思議ではありません。 票のまとめ方など、開票の段取りによっても起こり得ることでしょう。 そのため、『負け惜しみだ』と言われています」 石崎氏は「開票の過程を丁寧に説明し、次回の選挙では開票所に監視カメラを設置せよ」と新聞紙上で語っているが、開票作業そのものに疑惑を持たれないようにするためにも、石崎氏の「監視カメラ設置」の訴えには応じるべきかもしれない。 ただし、こんな話もある。 「石崎氏は、市長選候補者だった高橋氏とタッグを組んでいました。 今回の異議申し立ては『再選挙までの時間稼ぎではないか』ともみられています」(前出の市議)というのだ。

次の

市川市長選、選管の開票作業に異議相次ぐ…再選挙で税金1億円が無駄、市長不在へ

千葉 県 市川 市 市長

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて千葉県市川市の村越祐民市長は8日、PCR検査センターを開設すると発表した。 軽症者用の宿泊療養施設の確保も進めるとした。 市によると、設置するのは検体のみを採取するドライブスルー方式の検査センター。 医師が必要と判断した場合のみ利用できる。 村越市長は「なるべく速やかに開始できるようにしたい」としている。 症状が安定した入院患者や軽症者向けの宿泊療養施設は、国の要請により海外から帰国した軽症者らを受け入れている市内のホテルに空室があることから、同ホテルを活用する意向。 現在、約100室が空いているという。 村越市長は中小企業などに対する市独自の支援についても言及。 「(緊急事態宣言が)延長した分の対応が求められている。 第2、3弾の対策を行っていく。 6月市議会の前には具体的な内容を提示したい」と述べた。

次の

千葉・市川市長の公用車騒動!スピルバーグ愛用のリース代1500万円の超高級電気自動車: J

千葉 県 市川 市 市長

2017年11月選挙(第1回選挙) [ ] 2期を務めた現職市長のが2017年に同年12月24日の任期満了をもっての引退を表明したのを受け、5名が立候補した。 選挙日程など [ ]• 選挙事由:任期満了• 告示日:2017年11月19日• 投票日:2017年11月26日 立候補者 [ ] 5名、届け出順。 投票率は30. 05ポイント) 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 村越祐民 43 無所属 新 28,109票 23. 61% (推薦)民進党・日本共産党・自由党・社民党・市民ネットワーク千葉県 坂下茂樹 43 無所属 新 27,725票 23. 28% (推薦)自由民主党 田中甲 60 無所属 新 26,128票 21. 94% 高橋亮平 41 無所属 新 20,338票 17. 08% 小泉文人 44 無所属 新 16,778票 14. 09% 2018年4月選挙(再選挙) [ ] 選挙日程 [ ]• 告示日:2018年4月15日• 投票日:2018年4月22日 立候補者 [ ] 3名、届け出順。 立候補者(届け出順) 立候補者名 年齢 党派 新旧 推薦・支持党派 肩書き 坂下茂樹 43 無所属 新人 元市川市議会議員、前千葉県議会議員 村越祐民 43 無所属 新人 立民・民進・共産・自由・社民 元衆議院議員、元外務大臣政務官 田中甲 60 無所属 新人 元衆議院議員、元千葉県議会議員、元市川市議会議員 第1回選挙立候補者のうち、高橋亮平・小泉文人両名は立候補をとりやめ、高橋は坂下茂樹の、小泉は田中甲の支援に回った。 また、村越祐民は新たにの推薦を取り付けた一方、前回坂下を推薦した自由民主党は同党市川市支部内の意向がまとまらず、今回は推薦を見送った。 選挙結果 [ ] 前回得票を合計すれば坂下・田中が有利との見方が大きかったが 、選挙期間中、立憲民主党の代表、日本共産党のらの応援を受け、他の系2候補との違いを打ち出した村越が初当選を果たした。 坂下は市議団の支持も受けたが、伸び悩んだ。 市川市 2017年11月27日. 2017年11月27日閲覧。 日刊スポーツ. 2017年12月4日. 2017年12月5日閲覧。 産経新聞. 2018年2月21日. 2018年2月22日閲覧。 市川市選挙管理委員会. 2018年2月22日. 2018年2月22日閲覧。 東京新聞. 2017年8月30日. 市川市 2017年11月22日. 2017年11月27日閲覧。 千葉日報. 2017年11月27日. 2018年4月16日閲覧。 市川市 2017年11月27日. 2017年11月27日閲覧。 市川市 2017年11月27日. 2017年11月29日閲覧。 市川市 2018年4月15日. 2018年4月16日閲覧。 東京新聞. 2018年4月15日. 2018年4月16日閲覧。 東京新聞. 2018年4月7日. 2018年4月17日閲覧。 毎日新聞. 2018年4月19日. 2018年4月19日閲覧。 東京新聞. 2018年4月23日. 2018年4月25日閲覧。 この項目は、に関連した です。

次の