三井住友visaカード とは。 Mastercard(マスターカード)とは?Visaとの違いを比較|クレジットカードの三井住友VISAカード

三井住友VISAカードのメリットと注意点|ポイント還元制度は本当にお得か

三井住友visaカード とは

三井住友VISAカードと三井住友VISA SMBC CARDの共通点 まず、三井住友VISAカードと三井住友VISA SMBC CARDの共通点は、 国際ブランドがVISAであることです。 ポイントプログラムは、どちらのカードも、 ワールドプレゼントといいます。 クレジットカード決済金額が 1,000円につき1ポイント(5円分相当)もらえるようになっています。 ポイントプログラムが同じなので、ポイント還元率も両者同じで0. 5%になります。 優待サービスも同じポイントグラムのワールドプレゼントのポイントを利用するものになります。 三井住友VISAカードと三井住友VISA SMBC CARDの相違点 2つのカードで違う点は、 年会費が無料になる条件がそれぞれ設定されているということです。 三井住友VISAクラシックカードは、 年会費が1,250円(税別)です。 初年度の年会費は 無料になります。 翌年度以降の年会費割引特典がいくつかあり、 一番割引率が高くなる特典を適用することができます。 まず、カード利用代金WEB明細書サービスの利用で翌年度の 年会費が500円割引になります。 通常の年会費が1,250円(税別)なので、WEB明細書サービスを使えば年会費750円(税別)です。 次に、マイ・ペイすリボを申し込みと利用で 年会費が無料になります。 マイ・ぺイすリボに登録、かつ前年1回以上の利用があれば翌年度年会費が無料になり、WEB明細書サービスによる年会費割引とは重複して割引対象となります。 これで、年会費を無料にすることができます。 マイ・ペイすリボとは、ショッピング1回払い利用分が自動的にリボ払いになる支払い方法の設定なので、マイ・ペイすリボに登録したくない方は、前年度のカード利用金額に応じて翌年度の年会を費無料または半額にする方法があります。 前年度を前年2月~当年1月として計算して、カード利用によるお買物累計金額 100万円以上300万円未満の場合は、次回年会費が半額になります。 前年度のカード利用金額が300万円以上の場合は、 年会費が無料になります。 一方、 三井住友VISA SMBC CARDクラシックは、初年度の 年会費が無条件で無料で、翌年度以降の年会費無料条件もシンプルです。 翌年度以降は 年会費が1,250円(税別)となっていますが、 年1回以上カードを利用すれば、 翌年度の年会費も 継続して無料になります。 三井住友VISA SMBC CARDクラシックは年会費を無料にする条件が年1回のカード利用なので、条件を達成することが簡単です。 金額に関わりなく、利用回数だけが条件なので、実質的に年会費が無料なような感じです。 項目 三井住友VISAクラシック 三井住友VISA SMBC CARDクラシック 初年度年会費 初年度無料 初年度無料 次年度以降年会費 1,250円(無料条件あり) 1,250円(無料条件あり) ポイントサービス ワールドプレゼント ワールドプレゼント ポイント還元率 0. 5% 0. 5% 国際ブランド VISA VISA 海外旅行傷害保険 最高2,000万円 最高2,000万円 国内旅行傷害保険 なし なし ETCカード年会費 540円(初年度無料) 540円(初年度無料) 家族カード 432円(税込) 432円(税込) 電子マネー iD、Apple Pay、WAON、PiTaPa、 Visa payWave iD、Apple Pay、WAON、PiTaPa お勧めカードはどちら? 三井住友VISAカードと三井住友VISA SMBC CARDは、条件を満たせばどちらも年会費が無料で使い続けることがわかりました。 他にも、カードの特徴がないか見ていきたいと思います。 三井住友VISAカードの特徴 三井住友VISAカードは、 クレジットカード単体型で自分の金融機関の口座をカード請求時の引き落とし口座として使うことができます。 カード申込と引落口座の設定をWEBで完了させると、最短3営業日でカードが発行されるようになっています。 特徴 メリット1: 最短3営業日でカード発行が可能 メリット2: クレジットカード単体型 メリット3: 既にある自分の金融機関口座をカードの請求口座に設定できる 三井住友VISA SMBC CARDクラシックの特徴 三井住友VISA SMBC CARDクラシックは クレジットカードとキャッシュカードが一体型になっています。 三井住友VISA SMBC CARDクラシック一枚で 三井住友銀行の口座も利用できます。 既に、三井住友銀行の口座をお持ちの方や、これから口座を開設しようと考えている方には、クレジットカードで口座の利用ができるのは便利です。 しかも、 ATM手数料が無料になります。 特徴 メリット1: 最短3営業日でカード発行が可能 メリット2: クレジットカードとキャッシュカード一体型 メリット3: 三井住友銀行口座が使える メリット4: 三井住友銀行ATM手数料が無料 メリット5: 年1回以上の利用で翌年度年会費無料 まとめ いろいろ違いを検討してみましたが、やはり、大きな違いは、年会費無料条件と利用口座だとおもわれます。 電子マネーにこだわる方は、三井住友VISAカードの方が使える電子マネーの種類が多いので便利です。 三井住友VISAカードはクレジットカード単体型で年会費無料条件が選べる。 三井住友VISA SMBC カードは三井住友銀行の口座を利用でき、キャッシュカードとクレジットカードが一体型になっている。 三井住友VISAカードの方が電子マネーの種類が多い。 Photo credit: Photo on Photo credit: Photo on Photo credit: Photo on Photo credit: Photo on.

次の

三井住友カードの年会費はいくら?割引、無料も可能!

三井住友visaカード とは

電子マネー「iD」とは何か?その特徴 そもそも「iD」とは電子マネーの一種です。 まずはiDとは何か、また主な機能や特徴を解説して参ります。 (1)店舗でセンサーにかざすだけで決済可能 まず、「iD」支払いと「クレジットカード」払いの最大の違いを解説します。 クレジットカードで代金を払う場合は、店舗によって暗証番号やサインが必要になります。 これを簡略化する目的で製作された電子マネーが「iD」です。 財布からお金やカードの出し入れに戸惑うなどでレジなどの列に並んでいる人を待たせすぎる心配もなく、素早く決済可能です。 使い方も簡単で、「iD」を扱っているお店(例えばセブンイレブン、ファミリーマート、ローソン等)に行き、会計時に「 支払いはiDでお願いします」と店員に伝えて、その後「三井住友VISAカードのiD一体型のカード」、もしくは「iDアプリをインストールしてカード設定したiPhone等のスマホ」を出して、所定のセンサーにかざすだけで支払いが成立します。 少し極端に言うと、iD固有のキャンペーン等がない場合は、iDでの支払いのメリットはこの1点のみとも言えます。 「クレジット機能がカードについてたら、iDはいらないと思うのですが・・・」と感じる人も一度使い心地を体験してみるのもおすすめです。 (2)クレジットカード番号が見られない iDの場合、センサーにかざすだけで決済できるため、カードのクレジットカード番号やセキュリティコードを店員に見られる可能性がなくなることもメリットの1つです。 そもそも三井住友VISAカードには不正利用時に補償がついていますので悪用されても返金される可能性は極めて高いのですが、あらかじめiD利用をして対策を講じるのもありでしょう。 (3)事前チャージがいらない iDとその他の電子マネーとの違いを解説します。 iDの大きな特徴は、 事前に入金・チャージする必要がないという点です。 Suicaやnanaco、楽天Edyなどの電子マネーはオートチャージ設定などをしない限りは、意識的にチャージをしないと利用がそもそもできません。 特に、残り金額が代金が下回っていると、エラーが出てしまいます。 一方でiDはクレジットカードと一体になって使うため、事前チャージの概念がありません。 iDはほかの電子マネーよりもスピーディでスマートな決済方法と言えるでしょう。 (4)請求・引き落としはクレジットカード本体に届く 誤解しがちですがiDを使った分の支払いは、クレジットカード、つまり iDに設定した三井住友カードに請求され引き落としされます。 クレジットカードを直接使わず、iDだけで決済を繰り返した場合も、カード利用分として請求が届き、請求日に銀行口座からの引き落としになります。 iDの利用状況は、三井住友カードの管理画面にあるWEB明細でチェック可能です。 支出の元がバラバラだと、月の使用額を把握しづらくなり、気がついたらお金が足りなくなっていることもあります。 しかしiDとカードの利用額がトータルで出れば、支出を確かめやすいです。 (5)三井住友カードを使った場合と同じ分のポイント還元がある クレジットカードと違う手段を取ったらポイントがもらえないと不安な人もいるかもしれませんが、iDでも三井住友カードで支払った場合と 同様にポイント還元を受けられるため心配は不要です。 もちろん2020年6月まで政府が実施している「キャッシュレス消費者還元事業」のポイントも加盟店(例えばセブンイレブンやファミリーマート、ローソン等)でiDを利用すると、しっかり還元されます。 (6)iDが不正利用を受けても補償 iDが不正利用を受けた場合も三井住友カードと同じように補償してもらえます。 特に一体型の場合はカードの紛失、アプリ型の場合はスマホの紛失などで不正利用を受ける可能性があるため、補償の有無が気になるところでしょう。 紛失や盗難の届け出から60日前にさかのぼり、それ以降に不正利用された金額分が対象になります。 (7)iD固有のキャンペーンに注目|idバリューによる値引き iDを三井住友カードとセットにしているときだけ受けられるキャンペーンにも要注目です。 三井住友カードやIDの公式ホームページにアクセスするかもしくはVpassアプリやiDアプリ等から、定期的にキャンペーン情報をチェックしましょう。 Apple PayまたはGoogle Payに三井住友VISAカードをiDとして新規設定すれば、使用時に 2,000円分までを対象として「iDバリュー」による値引きを実施中です。 ただし過去にApple Payまたは Google Pay のiDを設定したことがある場合は、本キャンペーンの対象となりません。 まだ入会していない方は、入会キャンペーンと併せてご確認ください。 コンビニやスーパー、ショッピングモールでガンガン購入できます。 キャンペーン中の「三井住友カード(旧:三井住友VISAクラシックカード)」がおすすめ! 2.電子マネー「iD」の注意点・デメリット メリットの多い電子マネー「iD」ですが、使用時のデメリットや注意点があるのでチェックしておきましょう。 (1)高い買い物はできない可能性 iDは同じポストペイ型の電子マネー「QUICPay」と異なり、1回の利用の上限金額は決まっていません。 ただし加盟店側で上限額を設定できるため、ご利用額が上限額を超えた場合は暗証番号の入力が必要になったり利用できないケースもあるようです。 また、設定しているクレジットカード(三井住友カード)のショッピング利用枠の上限以上はもちろん利用することはできません。 実店舗でiDだけで高額の買い物をしてしまうと、ネット通販などでカード払いを利用しようとしてもできなくなるデメリットがあるので注意しましょう。 (2)クレジットカードより加盟店(使える店)が少ない 日本全国にはiDが使える実店舗がクレジットカードよりも少ないことが実情です。 セブンイレブン、イオン、吉野家など国内大手のチェーン店の場合は使えるところは多々あります。 ショッピングモールや飲食店、スポーツショップなど業種も幅広く網羅しています。 しかし、1,000円以下のような決済も多いお店が中心であり、大手クレジットカードの加盟店数と比べると遠く及びません。 特にネットショップで使える範囲が狭いのがネックと言えます。 そのため、実店舗での少額購入はiD、高額な商品やネット通販は三井住友カードで購入と上手く分けて利用するのがデメリットを回避する賢い方法でしょう。 実践方法や注意点を説明します。 (1)iD一体型カード 三井住友のクレジットカードとiDを一体化させたケースです。 このタイプが実現できるクレジットカードは少ないですが、三井住友カードの場合は、登録の際にiD一体化の有無を選べます。 一体化による特筆すべきデメリットはないので、悩んでいる方は搭載することがおすすめです。 本来のクレジットカードよりも使える場所は限られていますが、現在も新たにiD加盟を決める大手会社は増えています。 iD一体型を使えば行きつけの店でスムーズな決済を行える可能性があるでしょう。 (2)スマホの『iD』アプリを利用|ドコモ会員以外は注意 大切なクレジットカードを財布から出さなくても決済できる方法があります。 スマートフォンでiDアプリをダウンロードしてカード設定をすることで有効活用ができます。 また、上述しましたiD固有のキャンペーンもあるので、iDの公式ホームページやニュースなども定期的に確かめておきましょう。 ただし、このタイプを使うには おサイフケータイに対応したスマートフォンを持ち、設定を行う必要があります。 またドコモ会員以外は機種によって利用できないケースも多いです。 そのためドコモ会員以外の人は後述するGoogle PayかApple Payアプリを利用するほうが良いでしょう。 iPhoneのスマホを利用している人は「Apple Payアプリ」、それ以外のスマートフォンを利用している方は「Google Pay」が利用できる可能性があります。 iD同様おサイフケータイ機能がついており、OSのバージョンがある程度新しい必要はあります。 詳しくは別途記事をご参照ください。 キャッシュレスの話題が尽きない昨今。 様々なキャッシュレス決済方法やカードが話題に上がり、広告も絶えません。 どんなキ… (4)三井住友カードiD(専用カード) 三井住友カードiD(専用カード)とは、一体型とは異なり別途iDだけ利用できるカードです。 ただし三井住友カードを持っている人が別々に発行してもらうメリットはあまりないでしょう。 iD一体型カードは、クレカとiDの決済額をひとまとめにできることが魅力です。 わざわざiDのために2枚目を取得すると、先に持っていたカードを持てあますでしょう。 三井住友のプロパーカードではなく、三井住友が提携しているカード エメラルド STACIA VISAカードなど の場合はiD一体型を利用できないカードがありますので、その場合は専用カードを発行するメリットはあります。 まとめ iDは評判が良い電子マネーの一種ですが、クレジットカードと組み合わせて使える珍しいタイプです。 そのため利用額がカードの分に加わって月の支出をまとめられるなどのメリットがありデメリットは少ないと言えます。 不正利用を受けても補償してもらえるなど、クレジットカードと共通の機能を有している点に注目しましょう。 三井住友カードはiD一体型を選ぶことで、スピーディな決済やiD固有のキャンペーンなど特有のメリットを活かせます。 iD一体型に限らず、スマートフォンアプリとの提携を選んでもスムーズな使い方が可能です。 自身の生活状況に合わせてクレジットカードとiDの組み合わせを選びましょう。 iDが使える店はまだ少ない状況ですが、クレジットカードとの組み合わせでほかの決済手段にはない使い方ができます。 この記事をきっかけに評判が良い三井住友カードのiD一体型に注目してもよいでしょう。

次の

三井住友トラストカードはプラチナ以外持つメリットが無い!その理由とは

三井住友visaカード とは

この記事の目次(もくじ)• 三井住友VISAバーチャルカードとは 三井住友VISAバーチャルカードは読んで字のごとく インターネットのみで利用できるカードです。 基本的に ネットショッピング利用のカードなので、クレジットカードは発行されません。 ネットショッピングに特化したカードなので、利用明細を紙で発行をしていません。 利用明細はWebやVpassから確認する必要があります。 三井住友VISAバーチャルカードの基本スペック まずは三井住友VISAバーチャルカードの基本スペックからご紹介しましょう。 らくらく発行をすると最短3営業日でカードを発行することができます。 ただし、 19:30以降でに申し込みをすると最短3日営業日での発行ができませんので注意が必要です。 らくらく発行につてですが、申し込みといっしょに、ネットでの引き落とし口座を設定することです。 家族カードも申し込みOK 家族カードも申し込みができますが、本カード同じ年会費です。 なので、初年度は年会が費無料です。 審査の難易度は? カード利用枠が10万円に限定されていることや、入会基準が18歳以上の年齢制限がないことからも、三井住友VISAバーチャルカードの審査難易度は低いと判断できます。 10万円のカード利用枠であれば、パート・アルバイトはもちろん、専業主婦や学生でも入会可能で、だれでも手軽に申し込みすることができます。 しかし、バーチャルとはいえクレジットカードなので 未成年は親の承諾が必要となるので注意しましょう。 三井住友VISAバーチャルカードが利用できる加盟店は限定されているので、次に詳しく説明しましょう。 三井住友VISAバーチャルカードの使い方 三井住友VISAバーチャルカードで発行されるカードには、カード番号や有効期限が印刷されていますが、一般的なカードのように国際ブランドは表示されていません。 ネットショッピング買い物をするときに必要な情報を記載した会員証と考えましょう。 利用限度額は10万円に固定されていて増枠もできないので、利用可能枠は常にチェックしておきましょう。 なお、 三井住友VISAバーチャルカードではWEB明細書が原則となっているので、会員専用サイトで残高や利用可能枠も確認できます。 また三井住友VISAバーチャルカードではポイントサービスは提供されていますが、 VJデスクといった一般カードで利用できるサービスは使えないので注意しましょう。 三井住友VISAバーチャルカードが利用できる加盟店 一般的なVISAカードはVISA加盟店であればすべて利用することができますが、三井住友VISAバーチャルカードの場合は以下の加盟店に限定されています。 Visaのマークがついているインターネット通信販売店(国内・海外)• インターネットプロバイダーの利用料 上記の加盟店を見て分かる通り 三井住友VISAバーチャルカードはネットショッピング専用カードということになり、 VISA加盟店でも実店舗では利用できないしくみとなっています。 またクレジットカードの発行がないので、 航空チケットなど受け取りにクレジットカードの提示が必要な利用はできないので注意しましょう。 もちろん キャッシング機能もありません。 ネット販売での利用限定だからこそ安全なカード 実店舗では全く使い物にはなりませんが、ネット販売に利用が限定されているからこそ、三井住友VISAバーチャルカードではネットショッピングで心配される安全性については万全の対策が取られています。 カード利用枠が10万円に固定されている点やカード本体を発行しないことも安全性を考慮した結果です。 高額な利用はできませんが、日常の買い物であれば十分利用価値があり、万一不正利用があった場合でも被害金額が大きくなりません。 また、不正利用の場合は 10万円の利用枠の範囲内であれば、全額補償されるのでカード会員の負担もありません。 ショッピング保証もばっちり付帯 ネットでの利用を目的としたクレジットカードなので、ショッピング保証が年間100万円まで付帯しています。 海外旅行保険はない ネットでの利用を考えて作られたカードなので、当然ながら海外旅行保険が付いていません。 三井住友VISAバーチャルカードのポイントサービス 三井住友VISAバーチャルカードでは三井住友カードが発行する一般的なカードと同じように ポイントサービスが利用できます。 三井住友カードのポイントプログラムは。 「Vポイント」ですが、 200円で1ポイント付与されポイント還元率は0. 5%です。 ポイントサービスはほかの三井住友カードと同じ 三井住友VISAバーチャルカードはカード発行がないバーチャルカードですが、ポイントに関しては一般的なカードと同じです。 だから、三井住友VISAバーチャルカードでもポイントUPモールやココイコといった優待サービスを使えるので、ほかの三井住友カードのようにポイントをためたり、使ったりすることができます。 まとめ 三井住友VISAバーチャルカードはネットショッピングに特化したバーチャルカードなので、ネットショッピングに不安があって利用していない人におすすめのカードです。 一般的なクレジットカードのサービスはありませんが、ポイントが貯まり安全にネットショッピングが利用できるので、ネットショッピング専用としては十分な機能があります。 すでにネットショッピングを利用している人も、これから利用しようとしている人にも三井住友VISAバーチャルカードはおすすめです。

次の