剣盾 水タイプ。 ポケモン剣盾における鋼タイプ統一パーティの考察|めくみね|note

【ソードシールド】旅パにおすすめのポケモンと構成のコツ【ポケモン剣盾】

剣盾 水タイプ

Contents• ストーリー攻略時に強いポケモンってどんなポケモン? ストーリー攻略時に強いポケモンの特徴は、ある程度決まっているといえます。 攻撃or特攻と素早さが高い• 攻撃範囲が広い(相手の弱点をつきやすい) この二点が攻略時には最も大事だと思います。 ただ攻略時にはポケモンを選び放題というわけにもいかないので、タイプ相性の補完を重視しながらパーティを選んでいくことになるかと思います。 ポケモン剣盾 ソード・シールド のおすすめ御三家ポケモンは? まず、今回の御三家• サルノリ• ヒバニー• メッソン の中で最も優秀なポケモンは、ヒバニーかメッソンだと思います。 まずそれぞれの最終進化の種族値ですが、 ゴリランダー:100. 125. 85 エースバーン:80. 116. 119 インテリオン:70. 125. 120 となっていて 数字は順番にHP、攻撃、防御、特攻、特防、素早さ 、 この時点ではストーリー攻略に優秀なのはエースバーン、そしてインテリオンです。 (素早さが高いため) ジムリーダーのタイプから考える 今作のジムリーダーは…• ほのお• かくとう(ソード)ゴースト(シールド)• フェアリー• いわ(ソード)こおり(シールド)• ドラゴン となっていて、 特に序盤であるほどパーティが整っておらず、御三家ポケモンの重要性が高くなるかなと思います。 このことからも、最初のジム戦で有利が取れるヒバニーが最も優秀なんじゃないかなと。 結論: 種族値的にはヒバニー、メッソンが素早さ火力ともに高く優秀。 ジムリーダーの傾向からすると、序盤の草、水、炎という構成からどちらかというとヒバニー優勢か。 また、 御三家の専用技の威力が草・水80に対して炎が120になっているので、その点からもヒバニーが優秀です。 御三家の厳選について(色違いはいないとの噂) 御三家の厳選について、これは海外ソースですが、 個体値ランダム 色違いはなし とのことです。 序盤のおすすめポケモンとその生息地 ココガラ 1番道路、まどろみの森などで出現。 最初は飛行単タイプですが最終進化のアーマーガアが鋼・飛行と非常に優秀なタイプになります。 最初のジムがくさタイプなので、ひこうタイプで有利を取れるのも優秀。 アーマーガアの種族値は、98-87-105-53-85-67。 カジリガメの種族値は、90-115-90-48-68-74。 貴重な電気タイプで2番目のジムが水タイプなので、ここで1匹は確保しておくのがおすすめ。 ワンパチの進化系、パルスワンの種族値は、69-90-60-90-60-121。 ジグザグマ(ガラルの姿) 2番道路の陸側で、低確率でシンボルエンカウントにて出現。 今回は悪タイプが入っているためピンポイントで使いやすく、 さらに進化も1段階増えているので使いやすくなっているのではないかと思います。 最終進化のタチフサグマの種族値は、93-90-101-60-81-95。 進化はできない特殊個体のようですが性格厳選可能なのでレポートを書いてから受け取るのがおすすめ。 エンジンシティ前のワイルドエリアの注目ポケモン エンジンシティに行くまでにワイルドエリアがありますが、すごく単純に言うと、 「ここの柱のレイドバトルで粘れば粘るほどパーティが強くなります」 レイドバトルでは運がいいと珍しいポケモンが出現するので(後述)、ここで頑張ればかなりいいパーティが仕上がります。 ワイルドエリアの仕様に関してはこちらの記事に。 2019-11-20 15:49 ホルード 「うららかそうげん」にてシンボルエンカウントで出現。 貴重なじめんタイプで、レベル15なので即戦力として使える。 ただし若干強いので注意。 キバゴ 光の柱でのレイドバトルで出現。 (うららかそうげん南西の隅の柱) 貴重なドラゴンタイプだが現状では弱点がつけないため単純に勝利しにくいが、上のホルードがいればなんとかなります。 入手時のレベルは20と非常に高く、ドラゴンクローまで覚えているという強者っぷり(個体差があるようで、2匹目はLv18でドラゴンクローなしでした)。 かなりおすすめですが、進化が遅いため中盤伸び悩む点には注意です。 ちなみに キバゴ以外に出る可能性があるのは、オンバットとナックラー。 カジッチュ、リオル、ヒトツキ、ヒトモシなど レア柱でのレイドバトルで出現。 自分で狙うのは難しいので、オンライン状態で他のプレイヤーのレイド募集を見かけたら参加するのが一番簡単。 貴重な草タイプなので、2番目の水タイプジムに備えて、御三家でサルノリ以外を選んだ人、カジッチュをワイルドエリアで捕まえていない人は一匹捕まえておくといいかも。 ワタシラガは5番道路での固定シンボルでも戦うことができる。 ワタシラガの種族値は、60-50-90-80-120-60。 ガーディ、ロコン 3番道路にて、 ソードではロコン。 シールドではガーディがシンボルエンカウントで出現。 ロコンはそこまでですが、ガーディは種族値が非常に優秀なので特に御三家でヒバニー以外を選んだ場合はおすすめ。 最初のジムが草タイプなのでジム対策にも。 こちらもヒバニーを選んでいない場合におすすめ。 進化系のマルヤクデの種族値は、100-115-65-90-90-65。 数字面でもなかなかの強さ。 地面タイプという優秀なタイプで高い攻撃と素早さ。 イーブイ 4番道路にて、低確率のシンボルエンカウントにて出現。 後の進化に向けてぜひ捕まえておきたい。 ピカチュウ 4番道路にて、ピカチュウは低確率のシンボルエンカウントにて出現。 ちなみにここではワンパチ、ラクライも出現する。 (こちらの2匹はそれなりの確率でシンボルが出現する) ベロバー エンジンシティはずれで低確率で!エンカウント。 悪・フェアリーという珍しいタイプを2つ持っているのでピンポイントで役立てそうなポケモン。 しかも特性がいたずらごころ。 最終進化のオーロンゲの種族値は、95-120-65-95-75-60。 カモネギ(ガラルの姿) ソードバージョンのみ、5番道路で低確率でシンボルエンカウント。 格闘タイプ単になっているので使いやすくなっています。 ヒトモシ 3番目のジム、エンジンシティのジムのミッションで出現。 こちらは2人というのもあり倒してしまいやすいのでレポートを書いておきましょう。 草・ドラゴンという珍しいタイプで、特に草タイプが貴重なため活躍の場が多い。 ソードのアップリューのほうは素早さもそれなりに高くて攻略向け。 だいたい草・ドラゴン・飛行の範囲を担当してくれる。 シールドのタルップルは素早さ種族値が30しかないため、攻略には不向きか。 アーマーガア 貴重な鋼タイプ枠。 アーマーガアはココガラ最終進化ではがねタイプが付き、防御面がかなり優秀に。 フェアリータイプのジムはこいつだけで無双できるので、是非入れておきたいです。 ルカリオ、ギルガルド ワイルドエリアが広がると、 リオルは天候「ふぶき」の巨人の帽子で、低確率でシンボルエンカウントで出現。 ヒトツキは天候「きり」のナックル丘陵でシンボルエンカウントで出現します。 レイドで狙えなかった人はここで頑張れば狙えるかも!ただし天気次第…。 ヒメシラガ・マルヤクデ・カジリガメ・ストリンダー 明らかに旅パ用に用意された基本タイプのポケモンたち。 それぞれ、他のポケモンでももちろん代用が効きますが困ったら彼らに頼ればOK。 個人的には、• 草はアップリュー• 炎はかなり自由(ウインディやヒトモシを使っていくのも• 水はカジリガメ、ヌオー、ギャラドスなど• 電気はパルスワン、ストリンダー(エレズン進化系)、ランターンなど がおすすめかなと。 ドラゴンクロー、かみくだくと技自体が強いので、弱点がつきにくく活躍の場が減ったとはいえ頼れるポケモンなのは間違いないです。 また、アラベスクタウンでしんかの輝石が手に入るので、防御面が強化されます。 タイプ別のおすすめポケモンたち ここからはタイプ別の攻略おすすめポケモンを簡単に挙げていきます。 特徴なんですが、「火力が高くても極端に素早さが遅いポケモン」は攻略向けとは違うため省いています。 炎タイプのおすすめポケモン エースバーン 御三家最終。 かえんボールが威力120命中90と強すぎ。 絶対対戦環境でも強いと思う一匹。 マルヤクデ かなりバランスのいい種族値で、HPと攻撃の高さが特に魅力。 進化が若干遅いので(ランプラー41 、ヒトモシで使い続ける愛は若干必要。 水タイプのおすすめポケモン インテレオン エースバーンより早いという事実が既に強い。 カジリガメ とりあえずみずタイプがほしいという人に。 岩タイプがあるので炎タイプには滅法強く役割をもたせやすい。 ヌオー レイドでウパーを捕まえればすぐに進化。 地味にじめんタイプも有能。 ギャラドス レイドでコイキングを捕まえて進化。 安定して強いが流石に飽きてる人多そう。 草タイプのおすすめポケモン ゴリランダー 遅さは気になるが、草タイプ自体が割と貴重なので価値が高い。 ワタシラガ とりあえず草タイプがほしいときに。 アップリュー レイドでカジッチュを捕獲してナックルシティで進化。 ソードバージョンならイチオシの草タイプ。 Gのちからがタネばくだんの上位互換で強い。 電気タイプのおすすめポケモン パルスワン とりあえず電気タイプがほしいときに。 素早さがはやいため攻略向き。 ストリンダー エレズンの進化系。 珍しい毒タイプを持っているためかゆいところに手が届く。 火力もパルスワンより上で、素早さもまぁまぁ 75 と結構な高水準ポケモン。 ランターン 水上自転車入手後にワイルドエリアで捕獲。 水タイプを兼ねているのが最大の強み。 氷タイプのおすすめポケモン ヒヒダルマ(ガラルのすがた) ソードバージョンのみ、8番道路でゲット可能。 進化するとH105A140S95とかなり頼れる火力ポケモンになります。 バリコオル 10番道路で出現するバリヤード(ガラル)がLv42で進化。 エスパータイプが入っているのでかゆいところにも手が届きます。 マニューラ レイドで手に入る、高速高火力の鉄板の攻略ポケモン。 あくタイプが入っているのでいざというときに頼りになります。 地面タイプが入っているのが大きい。 格闘タイプのおすすめポケモン ネギガナイト ソードバージョンのみ、5番道路に出現。 タイプも種族値も強いので最後まで安定して使えます。 ルカリオ レイドでリオルがゲットできれば。 鋼タイプを併せ持つのも優秀。 一応、天候晴れのミロ湖北でシンボルとしても出現するが、レベルが高い。 電気タイプのところにも書いてます。 地面タイプのおすすめポケモン ダグトリオ 高速高火力安定ポケモン。 耐久だけには注意。 マンムー 対戦の安定ポケモン。 氷タイプが入っているので終盤ドラゴンにも強い。 飛行タイプのおすすめポケモン アーマーガア 鋼タイプも入っているので耐久も強い。 エアームドと同じタイプですがこちらは火力も結構あって攻略でも充分使える。 ウッウ 9番道路に出現。 A-C-S全て85で面白い特性をもつ。 水タイプを併せ持っているので水の補完にも。 エスパータイプのおすすめポケモン ギャロップ(ガラル) シールドバージョンのみ、ルミナスメイズの森で若干の低確率で出現。 特攻と素早さが高いので安定して使える。 フェアリータイプとしても。 イエッサン ルミナスメイズの森で低確率で出現。 特攻と素早さ両方高いので攻略向けのステータス。 虫タイプのおすすめポケモン マルヤクデ 炎タイプも兼ね備えた高ステータスポケモン。 レイドでダイマックスのマルヤクデがほしい。 途中からエスパータイプも入るのが特徴。 イオルブはB-Dが110-120と高くC-Sも80-90とそれなりの高水準。 岩タイプのおすすめポケモン カジリガメ 水タイプ参照。 イシヘンジン ソードバージョンのみ、10番道路で出現。 H-A-Bが100-125-135と非常に高く素早さも70とそれなり。 ただDが20なので注意。 バンギラス レイドでヨーギラス以降全てシールドバージョンのみで出現。 (ソードでも参加は可能) ヨーギラスさえゲットできれば超安定。 ゴーストタイプのおすすめポケモン ポットデス ルミナスメイズの森でゲットできるヤバチャを割れたポット、またはかけたポットで進化。 特攻134と非常に高い。 特攻145というお化けで炎タイプも持っているのが優秀。 ギルガルド レイドでヒトツキをゲットしてニダンギルをやみのいしで進化。 ワイルドエリアの巨人の帽子でもニダンギル、ギルガルドが野生で出現しますが、レベルが56と高すぎるのでゲットできるのはかなり終盤。 ドラゴンタイプのおすすめポケモン アップリュー 草タイプ参照。 A120S142と強烈な数字なので活躍間違いなし。 進化前のドラメシヤは、げきりんのみずうみで豪雨、霧のときに!エンカウントで低確率で出現。 オノノクス レイドでそれなりの確率でキバゴがゲットできるので、安定して使いやすい。 あくタイプのおすすめポケモン オーロンゲ ベロバー、ギモーが進化。 悪フェアリーという珍しいタイプを兼ねているので1枠として使いやすい。 ギモーはルミナスメイズの森で出現。 キリキザン 8番道路でコマタナが出現。 はがねタイプも併せ持つのでこちらも使いやすい。 マニューラ こおりタイプ参照。 鋼タイプのおすすめポケモン アーマーガア ひこうタイプ参照。 ギルガルド ゴーストタイプ参照。 キリキザン あくタイプ参照。 ルカリオ 格闘タイプ参照。 フェアリータイプのおすすめポケモン ギャロップ(ガラル) エスパータイプ参照。 オーロンゲ あくタイプ参照。 マホイップ 4番道路で出現するマホミルに飴細工をもたせてその場でクルクル回転することで進化という面白いポケモン。 C110と高く、Dも121と優秀。 素早さは64と若干遅めなので注意。 どんどん追記していきます! 2019-04-30 13:51 カテゴリー• 335•

次の

【ソードシールド】旅パにおすすめのポケモンと構成のコツ【ポケモン剣盾】

剣盾 水タイプ

ボーノと申します。 皆さんシーズン5お疲れ様でした。 今回は自分が何シーズンか使っていた構築について、ある程度納得できる結果が残せたので、区切りとして簡単にまとめたいと思います。 拙い記事になりますが最後まで見ていただけると嬉しいです。 まず、水統一が苦手にするであろうナットレイに打点の持てる積みアタッカーのガメノデスから構築をスタートさせた。 ただ、ガメノデスは積んでしまえば抜き性能は高いが、このダイマックス環境下では無邪気に積める機会も少ないため、起点づくり要員としてトリトドンを採用。 次にダイマックスを切らずとも積みアタッカーとしての仕事をこなせるパルシェン、汎用性を持ちながらナット、アーマーガアで止まらない積みアタッカーの両刀ギャラドス、受けル崩しのラプラス、最後にパッチラゴンを上からしばきたいという安直な理由で爆誕したスカーフアシレーヌを添えて、結果として雨を主軸としない水統一が完成した。 後続の積みアタッカーを無償で積ませたいという思いから採用。 努力値はHD方面、C補正ありラプラスのフリドラを最高乱数以外切って耐え、残りBという感じ。 こちらのパーティに刺さっているように見えるのか、カビゴン、水ロトムあたりは高確率で選出されるので対面をうまく操作すれば、上述の動きができることも少なくなかった。 また、理想ムーブができなくとも、元々の耐久とリンドのみを持たせることによって、最低限の起点を作ることができるのが優秀だった。 水ポケモンでいえばシャワーズでも同じような動きができるが、今回は電気耐性のあるトリトドンに軍配が上がった。 サブウエポンが冷凍ビームなのは今シーズンよく見かけるようになった身代わりドラパに好き勝手させないため。 ついでに、身代わり持っているエルフーン、サザンドラあたりの打点にもなって使い勝手が良かった。 このポケモンは統一に限らず、どの積みアタッカー組ませても強いと思っているので、今後ほかのパーティでも活躍させてみたい。 一度、殻を破ることができれば、なかなか止まることがなく、高火力格闘技を打てる水統一では貴重な存在。 かたいツメ補正の乗った馬鹿力は非常に火力が高く、+2馬鹿力でHBナットがちょうど確1。 また、積みアタッカーをあくびで流そうとするカビゴン、ブラッキーあたりに馬鹿力が刺さるのも評価が高く、その点ラムのみとの相性が非常に良いポケモンだと感じた。 +2ダイロックでダイマックスラプラスが飛ぶのもGOOD。 他のウエポンに関してもこれで確定だと思っていて、地震はドヒドイデ、パッチラゴン、ギルガルドへの打点。 そして、岩技がロックブラストなのはミミッキュにワンチャン残すため。 ストーンエッジと比較してダイロックの威力も変わらないため、岩技がロックブラストで困る場面はほとんどなかった。 また、この構築に関して言えば水技が欲しくなる場面はほぼなかった。 岩タイプであるため、ダイロックを打つことでD耐久が上がるのも非常に重宝した。 できれば最速で採用したいが、仮想敵へのダメージがギリギリであるため、泣く泣く準速での採用。 1破りで最速スカーフダルマを抜けないのは内緒。 弱点が多く、少々扱いにくいポケモンであるが、環境に岩技の通りが良いこともあって、ポテンシャル自体は非常に高く、この構築を3桁に連れて行ってくれた立役者だったと思う。 特筆すべきところはないが、ミミッキュに対面有利、非ダイマックス状態で火力を出せるのがとても偉かった。 選出数こそ、そこまで多くなかったが、見せあいの圧力はある程度あるようで、相手の選出を読ませやすくしてくれた影の功労者だったと感じた。 飛行技、水技で積みアタッカーとしてのギャラの最低限の汎用性を持たせつつ、構築単位で苦手なナットレイ、アーマーガアで止まらないことをコンセプトに半ば無理やり作り出したポケモン。 CはダイバーンでH振りナットが最低乱数以外1発。 Sはキッス等を意識して最速、残りAといった感じ。 竜舞を見せることで、相手視点積みアタッカーに見えるため、止めに来たナット、アマガにダイバーンが素直に通ることが多かった。 また、副産物として+1ダイジェットでギリ足りないダイマックス状態のアイアントにダイバーンで確定取れるのも強い。 物理方面の火力を削っているが、珠を持っていることもあり、そこまで火力不足を感じることはなかった。 また、ワガママを言えば草技か地面技が欲しいが、何よりダイウォールが打てるという理由で竜舞が切れなかった。 物理方面が2ウエポンでも積みアタッカーとしての仕事は十分にこなしており、ダイジェットの強さを改めて認識したポケモンだった。 HB方面アーマーガアのボディプレ2耐え、Sは4振りアーマーガア抜き。 殴りながら壁を張れるポケモンが弱いわけがなく、受け構築はもちろんのこと、通常の構築相手にも安定した活躍を見せてくれていた。 ただ、上位帯になるほど対策が進んでいるように思い、選出のタイミング、選出時の動かし方の難しさを感じた。 一撃技をつのドリルにしている理由はひとえに構築単位で激重のラプラスへの打点。 環境にいる霊タイプがドラパ、ミミッキュ、ギルガルドぐらいなので、零度を打ちたくなる場面はほぼなかった。 また、今作の1撃必殺技には相手にダイマックスを強要させる力もあると考えており、つのドリルを見せて相手をビビらせてから、ダイマックスターンを切らせるという動きが強かった。 70%の外しに賭けるよりも確実な1ターンをという心理は今後の対戦でも生きると考えており、1撃必殺技の新たな可能性を感じた。 現環境のパッチラゴンは珠か弱保しかいない前提() Sはスカーフ込みで最速100族抜き。 現在の環境下で100族抜きは結構多くのポケモンを上から殴ることができ、スカーフ持ちとしてはSが低めだが、十分に役割は果たしていたと思う。 サブウエポンの吹雪については、これまた構築単位でゲロ重のカットロトム、ゴリランダーへの打点。 CSベースのロトムなら確1がとれ、耐えられれば、Sに割いてないと断定して、後続のポケモンが上から処理するというルートをとっていた。 上から殴ることを想定されないポケモンで殴ることで、相手の立ち回りの計算を崩せるのがスカーフ枠の強みであると考えており、このポケモンはもとの火力の高さもあってか、試合をこちらのペースに持っていけることも少なくなかった。 純粋にS振っているアシレーヌが使いやすく、ダイマックスを切っても強いなど予想以上に汎用性が高かった。 このポケモンはいろいろなカスタマイズができるポケモンだと感じており、今後も様々な型で育成してみたいと感じた。 ラプラスに自覚を見せてもらうしかない。 ・ヒヒダルマ 先に積みアタッカーを展開した状態で対面させないと崩壊待ったなし。 パルの襷を盾にしようにもとんぼで逃げられる。 起点を作ろうにも、無補正ハチマキで起点づくりトリトドンが、つのドリル程度の確率で何もできずに飛ばされる。 意地ハチマキはクソ漏らして降参。

次の

【剣盾シングルS5使用構築】「雨の降らない水統一」【最終日3桁順位達成】:いばる is GOD

剣盾 水タイプ

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 育成論と使い方 安定感を求めるならおくびょう スカーフ運用はひかえめも選択肢に入るが、最速ドラパルトや準速スカーフヒヒダルマを抜けなくなる。 これらのポケモンを見れるようになるおくびょうが無難。 先手のボルトチェンジが強力 最速スカーフであれば、多くのポケモンの先手を取れる。 ボルトチェンジを撃ち逃げして少しずつ負担をかけよう。 また、交代読みで地面タイプにハイドロポンプが決まれば、倒せなくても大ダメージを与えられる。 おにびとトリックも優秀 厄介な物理受けに、トリックでスカーフを押し付けるのも強力な選択肢だ。 もしくはおにびを採用し、相手の物理アタッカーの攻撃性能を下げるという手もある。 おにびを採用する際は、 交代かダイマックスでこだわりを解除する必要がある点に気をつけよう。 中途半端にSに振っても見れるポケモンが少なく、振り切るくらいならこだわり型の方が使いやすい。 優秀な耐性を活かして戦う 水ロトムは、 「かたやぶり」を考慮しなければ弱点が草タイプのみ。 チョッキを持つことで、多くの特殊アタッカーに対して強気に出られる。 不利対面ではボルトチェンジで撤退して、少しずつ負担をかけよう。 後出しは危険 チョッキ型は、素早さの低さがネック。 有利対面だからと言って後出しすると、立て直せない被害を受ける可能性が高い。 基本的に後攻になることを念頭に入れ、交代読みでの繰り出しを狙おう。 かたやぶりで突破も有効 「かたやぶり」であれば、地面タイプでも弱点を突けるようになる。 ただし、ドリュウズの場合は、 ハイドロポンプで大ダメージを受けてしまう点に注意。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の