パルプ フィクション 意味。 映画『パルプフィクション』動画フル無料視聴!タランティーノ代表作を配信で見る

『パルプ・フィクション』考察 映画史に残る最高に面白い映画

パルプ フィクション 意味

クエンティン・タランティーノ監督の映画『』は、1994年10月14日にアメリカの映画館で公開された。 製作を請け負った映画会社ミラマックスが、ディズニーに買収された直後にリリースされたこの映画は、ディズニー映画史上最も暴力的な作品と言えるかもしれない。 しかし、公開から20年経った今でも人々を魅了し続ける魔力が、この映画にはある。 何年もの間『パルプ・フィクション』は、タランティーノ監督のカルト的なファンたちの間で、様々に解釈されてきた。 中には、映画の世界観そのものをひっくり返しかねないものまである。 一度、ファンたちが繰り広げるこうした「都市伝説」を読んでしまったら、あなたはもう二度と同じようにこの映画を見ることができなくなるかもしれない。 スーツケースの中には、ギャングのボス、マーセルス・ウォレスの「魂」が入っている。 『パルプ・フィクション』では、物語の仕掛けとしてブリーフケースが使われているが、その中に何が入っているかは、一切説明されていない。 そのため、ファンたちは勝手な解釈を作り上げ、中に入っているのは放射性物質だとか、タランティーノ監督の処女作『レサボア・ドッグズ』で登場したダイヤモンドでは、などといった憶測を。 しかし、最も支持されている説は、ブリーフケースに入っているのはギャングのボス、マーセルス・ウォレスの「魂」だというものだ。 都市伝説サイト「」には、このように書かれている。 マーセルス・ウォレスが最初に登場したシーンを思い出してほしい。 最初のショットには、彼の後頭部が映っていて、そこには絆創膏が貼ってあった。 また、ブリーフケースの鍵の番号が「666」だったことにも注意してほしい。 さらに、誰かがそのスーツケースを開けるたびに、必ず中身が光を発していたこと、開けた人はその美しさに呆然していたことも思い出してほしい。 そして、誰もが言葉を失っていた。 ここで、聖書に書いてあることを思い出そう。 悪魔は、人の後頭部から魂を盗んでいくのだ。 そう、ご明察のとおり。 人間の一番美しいものとは何か。 それは魂だ。 マーセルス・ウォレスは自分の魂を悪魔に売ってしまい、それを買い戻そうとしていたのだ。 つまり、映画の冒頭に登場する3人のチンピラは、その悪魔の手下なのだ。 また、最後にチンピラがトイレから飛び出して、銃を手に襲いかかってくるときも、ジュールスとヴィンセントは怪我をしなかった。 これは、2人がマーセルス・ウォレスの魂を救済しようとしていたから、「神が降臨して弾丸を止めた」からだ。 神が2人を守ったのだ。 1995年ののインタビューで、サミュエル・L・ジャクソンは、タランティーノ監督にブリーフケースの中身について聞いたときのことを語っている。 監督の答えは『お前が入っていてほしいと願うものさ』だったという。 『パルプ・フィクション』の「パルプ」とは「トイレットペーパー」のことである。 もし登場人物全員が、もっと早くトイレを済ませていたなら、映画の展開は全く違ったものになったはずだ。 ヴィンセント・ヴェガがに行くたびに、必ずヤバいことが起きる。 例えば、ヴィンセントがミア・ウォレスの家のトイレでのんびりしていたら、ミアは彼のヘロインを過剰摂取してしまった。 また、もし彼がダイナーのトイレで、コミック本の『』を読んでいなかったら、ジュールス・ウィンフィールドは、泥棒たちとのんびり話はできなかったはずだ。 さらに、もし彼がブッチ・クーリッジの家で、また『モデスティ・ブレイズ』を読んでいなかったなら、彼は逃亡中だったボクサーを余裕で殺せたはずだ。 ヤバいことが起きるのは彼がトイレに行ったときだけとは限らないが、ヴィンセントの長ーいトイレのおかげで、他の登場人物たちは色々と。 例えば、ブレットのアパートに現れた暗殺者は、もしヴィンセントがトイレでグズグズしていなければ最初から部屋にいられたはずだし、その結果、彼とマービンは二人とも死なずにすんだはずだ。 ダイナーのトイレでミアがコカインを吸ったことによる他の登場人物への影響はそこまでなかったが、もし彼女もトイレに行っていなかったら過剰摂取にならずに済んだかも知れなかった。 『モデスティ・ブレイズ』のように、この映画は実は「トイレ・フィクション」なのかもしれない。 ジュールス・ウィンフィールドが暗誦した「エゼキエル書25章17説」は実際の聖書の一節ではないが、もしかしたらタランティーノ監督の世界ではそう翻訳されていたのかもしれない。 ブレットをアパートで処刑する前、ジュールス・ウィンフィールドは、聖書から「エゼキエル書25章17節」を暗誦する。 心正しき者の歩む道は、心悪しき者のよこしまな利己と暴虐によって行く手を阻まれる。 愛と善意の名において暗黒の谷で弱き者を導く者は幸いなり。 なぜなら、彼こそは真に兄弟を守り、迷い子達を救う羊飼いなり。 よって我は、怒りに満ちた懲罰と大いなる復讐をもって、我が兄弟を毒し、滅ぼそうとする汝に制裁を下すのだ。 そして、我が汝に復讐する時、汝は我が主である事を知るだろう。 これは現実世界におけるの一節ではなく、1976年に公開された千葉真一の映画『』の序文から引用したものだ。 だが、タランティーノの世界では、きっと聖書もこのように超暴力的なのである。 ネット掲示板「Reddit」ユーザーのProfessorStephenHawkさんはこのように。 「もし聖書がこのように訳されていたならば、心悪しき者を『打ち倒す』ことを正義とする世界を作り上げていただろう。 『悪しき者を打ち倒すために暴力を用いる者にこそ、恵みあれ』という世界だ。 そして、このように聖書の言葉が翻訳されていたら、はるかに多くのイケてる悪者にあふれた歴史だっただろう』。 タランティーノ作品で表現されている超暴力は、もっとジャンゴ的な、正義のためには報復を辞さないイエス・キリストを聖書が描いていたら、とても自然なものだっただろう。 ヴィンセント・ヴェガとジュールス・ウィンフィールドは、ブレットのアパートからマーセルス・ウォレスのブリーフケースを回収しようとするが、そこへいきなり暗殺者が現れ、彼らを撃ち殺そうとする。 しかし、弾丸は全て外れ、暗殺者は返り討ちにあう。 暗殺者を殺したあと、ジュールスは、これは『神の力』のおかげだと言い始める。 「俺たちは死んでたはずだ」「神が降臨してこのクソッたれな弾を止めてくれたんだ」と言う。 ところがこのシーンで、ヴィンセントとジュールスを襲った男が撃った外れ弾によるらしい後ろの弾痕は、男が飛び出してくる前からそこに開いていた。 ほとんどの人は、これをセット設計のミスで、映画史でも有数の名NGシーンだと片づけるだろう。 だがもしこれがミスでなかったとしたら? この説を唱える人は、二人を殺そうとしていた暗殺者は気付かずにを使っていて、だから「発砲した時にリボルバーの弾倉が回転しなかった」というのだ。 そう考えれば、あれほどの至近距離にいながら、何発も外したことの説明になるとともに、ジュールスの「これは神がもたらした奇跡だ」という確信がおそらく事実ではないことを示唆する。 それまでにも、「どうして神が自分たちに手を差し伸べたりするのか」というジュールスと、そして特にヴィンセントの疑問は度々描写されており、そこにタランティーノ監督は、さらなる混乱を与えようとしたのだろう。 とは言ったものの、アパートで繰り広げられるシーンの前半部分では、壁にまだ穴は空いていなかった。 没になったミアが主演の映画試作品は、『キル・ビル』だった。 これをどうとるかはあなた次第だが、タランティーノ監督は『キル・ビル』について、『』だと言っている。 これは、タランティーノ監督のより日常を描いた映画、つまり『パルプ・フィクション』の中の登場人物が物語の中で見に行くような映画という意味だろう。 『パルプ・フィクション』が他のタランティーノ映画と関連している点はこれだけでない。 『レザボア・ドッグス』のヴィック・ヴェガはヴィンセント・ヴェガのである。 タランティーノ監督は『パルプ・フィクション』に登場した架空のタバコ銘柄「」も他の作品で何度も使っている。 いかがだっただろう? いずれにせよ、20年経った今でも、ヴィンセント・ヴェガほどイカしたツイストを踊れる男はいない。

次の

パルプ・フィクション編)続・ケチャップとキャッチアップの発音問題

パルプ フィクション 意味

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年3月) 20世紀初頭からにかけて、主にで広く出版された、主にを扱った安っぽいの総称である。 パルプ雑誌に掲載された作品はパルプ・フィクションと呼ばれ、一般的に低俗な話、くだらない話、、のようなニュアンスがある。 散文フィクションの内容が多かった。 1950年代以降はを指してパルプ・フィクションという言葉が使われることがあるほか、の映画「」のタイトルはこの言葉からとられている。 パルプ・マガジンはや、他の19世紀の短編フィクションを集めた三文雑誌などの系統に属する存在である。 パルプという名前は、その手の雑誌を刷るのに使われた pulp が、際立って粗悪で安っぽくざらざらと特徴的だったためについたものである。 一方、上質紙で刷られた雑誌や一般向けの内容の雑誌は、俗に「光沢紙雑誌 glossies 」とか「すべすべなやつ slicks 」などと呼ばれた。 標準的なパルプ・マガジンのサイズはおおむね横7縦10インチ、厚さ半インチで128ページ程度である。 これはだいたいノート2冊分に等しい。 人気のあるタイトルの大部分が月刊誌で、隔月刊も多く、季刊誌もいくつかみられた。 紙質のよい競合誌が程度で売られていた当時、パルプ・マガジンは(1ダイム)で販売されていた。 「ダイム・ノベル」とついた所以である。 どぎつく下品な物語と人目を惹く表紙絵のイメージも強いが、今では尊敬を受けている多くの作家が、パルプ・マガジンに作品を掲載していた。 パルプ・マガジンは人気作家へのでもあった。 現代のはヒーローを扱ったパルプ・マガジンの系譜にあると考えられることがある。 パルプ・マガジンが実際に「 」や「」、「」などといったの挿絵入りの物語を頻繁に売り物にしていたためである。 しかしパルプ・マガジンはコミックよりもずっと大人の読者もターゲットにしていた。 では、この手の雑誌は ()と呼ばれ、広く行き渡っていた。 「」や「ネルソン・リー」といったストーリー・ペーパーのキャラクターはアメリカのパルプ・マガジンのキャラクターに似通った側面がある。 しかし当時はまだ世界的なメディア市場がなかったので、同じ言語で書かれていたにもかかわらずアメリカとイギリスのそれぞれのキャラクターがお互いの国で認知されることはなかった。 歴史 [ ] All Detective Magazine 1934年2月号 史上最初のパルプ・マガジンは、にフランク・A・マンゼー ()が紙面刷新した「」誌 ()だと考えられる。 安い紙質と不揃いな裁断、1冊あたり192ページ約135,000語で、誌面は文字のみで構成されており、表紙にさえイラストが無かった。 当時、蒸気動力の印刷機の普及がダイムノベルの流行をもたらしていたが、さらに安い紙と安い作家の組み合わせで廉価に娯楽雑誌を仕上げ、大量にさばいたのはマンゼーが初めてだった。 アーゴシーは月販2000-3000部程度の雑誌だったが、誌面刷新後の6年間で50万部以上を売りあげる大雑誌に成長した。 ストリート&スミス社 ()はダイム・ノベルと少年向け週刊誌の出版社だったが、アーゴシー誌の成功を見てに ()を創刊した。 ポピュラー・マガジンはアーゴシーより2ページ分長く「世界一大きな雑誌」が売り文句だった。 実質的な文章量こそアーゴシーより少なかったが、誌面構成の違いに特筆すべき物があった。 パルプ・マガジンとして初めて表紙にカラーのイラストを使い始めたのである。 雑誌が軌道に乗り始めたには、の人気作であるSheシリーズ ()の続編「アイシャ ()」を連載する権利を得た。 揺るぎない作家陣を擁したポピュラー・マガジンはに1冊当たり30ページ紙面を増やして15セントに値上げし、かつ発行部数ではアーゴシーに迫った。 同誌の成功はパルプ・マガジンの市場がまだ莫大な潜在的購買層をかかえている可能性を示し、他社の参入をうながした。 パルプ・マガジンの販売戦略として、雑誌をジャンル別に専門化させたのもストリート&スミス社が始めた革新的な点である。 からのパルプ・マガジン全盛期にもっとも売れたパルプ・マガジンは100万部をさばいた。 この時期よく知られたタイトルには以下の様なものがある。 ダイム・ディテクティブ Dime Detective フライング・エース Flying Aces ホラー・ストーリーズ マーベル・テイルズ オリエンタル・ストーリーズ プラネット・ストーリーズ スパイシー・ディテクティブ Spicy Detective 低迷とパルプ時代の終焉 [ ] 中の紙不足がパルプ・マガジン業界に衝撃を与え、出版コストの上昇にともなって業界の低迷が始まった。 のを矯矢として、多くのパルプ・マガジンが従来より小さく薄いダイジェストサイズに移行しはじめた。 ストリート&スミス社は普通の雑誌市場に主力を移行するために自社のほとんどのパルプ・マガジンを廃刊にした。 パルプ・マガジンの形態の低迷は費用と価格の問題だけではなく、漫画雑誌やテレビ、ペーパーバック小説などとの激しい競争にさらされた結果でもあった。 戦後豊かさを増したアメリカでは紙質の良い雑誌とパルプ・マガジンの価格差はもはやたいして重要な問題ではなかったのである。 パルプ・マガジンの時代は、にかつての主要な業者だったアメリカン・ニュース・カンパニー American News Company が破産したことをもって終わったとされる。 ブラックマスク、シャドウ、ドック・サヴェジ、 ウィアード・テイルズといった多くの前世代の人気パルプ・マガジンもすでになくなっていた。 ごくわずかにSFやミステリのパルプ・マガジン( やエラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジンなど)でダイジェストサイズの形態でその後も刊行され続けたものもある。 に2300号を越えたドイツの週刊のSFパルプ・マガジンのように、長い連載物ではパルプ・マガジンの形態がそのまま使われ続けている例もある。 その誕生から凋落までの数十年間に出版されたパルプ・マガジンのタイトルは膨大な数に上る。 ポピュラー・パブリケーションズ社 Popular Publications のハリー・スティーガー Harry Steeger は、多くのタイトルが短命に終わったとはいえ彼の会社が300以上のタイトルを出版し、最盛時には月に42タイトルにも及んだと証言した。 パルプ・マガジンはかように短編小説の市場を寡占していたので、パルプ・マガジン産業の凋落は小説出版のあり方にも影響を与えた。 普通の雑誌や小説の需要の減少もあいまって、作家志望の人々が自分の作品を出版するには長編小説やそれに匹敵するボリュームの短編を書かねばならなくなったのである。 表紙とイラスト [ ] Planet Stories 1952年7月号 パルプ・マガジンの表紙は、本文部分より高品質な(すべすべの)紙に印刷された。 パルプ・マガジンに象徴的なモチーフとして「」が有名である。 表紙絵はパルプ・マガジンの売上げに大きな役割を果たし、何人かの表紙絵の画家は本文の著者と同じくらいの名声を得た。 著名な表紙絵の画家には、 、、、 らがいる。 表紙絵は商業上の重要性から真っ先にデザインが決まることも多く、本文の著者にはそれを見せて絵にあった物語を書かせた。 後期のパルプ・マガジンでは、物語の彩りとして本文中に挿絵が挿入されはじめた。 これらの挿絵は本文が刷られているのと同じく、クリーム色の紙に黒インクで刷られた。 安い紙にインクがにじむのを避けるには特別な技術を使う必要があり、きめ細かい線や描き込みは通常なされなかった。 陰影はやで表現され、それも肌理の粗いものでなければならなかった。 挿絵は通常紙の背景に黒い線で描かれるが、ヴァージル・フィンレイらは黒い背景に白い線をほどこした作品もいくつか残している。 ジャンル [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年3月) よくある誤解は「パルプ・フィクション」というと〜を舞台にしたの如き冒険活劇しかないと思われていることである。 確かにその手の小説はパルプ・フィクションの好例ではあるが、パルプ・マガジンが扱った作品のジャンルはそれだけに限らず、ほとんどのジャンルのフィクションを網羅していた。 、、、探偵もの、、、、、戦争小説、スポーツ、旅物、ギャングもの、、怪奇小説、からまで。 ものも伝統的なパルプ・マガジンの主要なジャンルのひとつだった。 多くの古典SFや推理小説がウィアード・テイルズ、アメージング・ストーリーズ、ブラック・マスクといったパルプ・マガジンから生まれ育った。 キャラクター [ ] 大多数のパルプ・マガジンは複数の作者やキャラクター、舞台を使ったアンソロジーだったが、人気を博したパルプ・マガジンではただ一人のキャラクターをメインに押し出したものもみられた。 そのキャラクターがたいていドック・サヴェジやシャドウのような人並外れた英雄タイプだったため、それらはヒーローパルプと呼ばれた。 パルプ・マガジンを彩ったキャラクターたち [ ]• シャドウ• またパルプ・マガジンのキャラクターとは意味合いが違うが、の小説にしばしば登場するは架空のパルプ作家である。 パルプ作家 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年3月) パルプ・マガジンが抑えたコストは紙質だけではなく作家への稿料も同様だった。 多くの有名な作家が大成する前にパルプ・マガジンで仕事をし、同様にすでに名の売れた作家も落ち目になって小銭を稼ぎたいときにパルプ・マガジンに書いた。 初期のパルプ・マガジンでは、わずかばかりの原稿料でも自分の原稿が活字に刷られることに満足してしまうような、アマチュアに書かせることさえしていた。 生計のほとんどをパルプ・マガジンの仕事でまかなうパルプ作家は者やタイピストを使って口述筆記をさせることもあった。 はパルプ作家時代に休み無しに一日あたり8000語の原稿を二人の速記者を雇って仕上げていたという。 一方出版社は同じ号に同じ作家の物語を複数掲載し、しかも内容に変化をつけて見せるために作家に複数のを使い分けさせた。 パルプ・マガジンで仕事をする作家にとってのメリットの一つは稿料が原稿との授受と同時に支払われたことである。 作家は実際の出版の1ヵ月前から1年前に原稿を書くことがあるので、稿料支払い時期の違いは大きかった。 パルプ・マガジンに書いたことのある著名な作家 [ ]• アメリカ初の作家であるはアドヴェンチャー誌の編集者をつとめ、いくつかの囲み記事なども書いた。 出版社、出版人 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年3月) 2000年以後、少数の小さな独立系出版社が『ブラッド・アンド・サンダー』 Blood 'n' Thunder や『ハイ・アドベンチャー』 High Adventure といった、伝統的な20世紀初頭のパルプ・マガジンにならった雑誌を発行し、かのアーゴシー誌も(短期間ではあるが)復刊された。 これらは専門出版社によって限定的に刷られ、往年のように脆いに刷られたり大量出版されたりすることはなかった。 にロスト・コンティネント・ライブラリー Lost Continent Library は現代の成熟した読者層を対象に、パルプフィクションに特徴的である暴力、恐怖、セックスを売り物にしたE・A・ゲスト E. Guest による「 Secret of the Amazon Queen 」を出版した。 E・A・ゲストは現実の探検家であるデビッド・ハッチャー・チルドレス David Hatcher Childress にパルプ時代のタルボット・マンディと現代のの融合と称えられた。 にマイケル・シェーボン の編集による「マックスウィニーの季刊誌」 10号は、「マックスウィニーのスリリングな話の巨大な宝箱」 McSweeney's Mammoth Treasury of Thrilling Tales と題され、スティーブン・キングや、 、 ら、近年の作家の手によるパルプ・フィクションを特集した。 シェーボンはその企画の狙いを序文で次のように説明している。 「私たちはパルプフィクションを読む楽しみがいかに大きいか忘れていたと思う。 私は少なくとも本誌がわれわれにそのことを思い出させてくれるにたるものだと信じたい」 脚注 [ ]• Haining, Peter 2000. The Classic Era of American Pulp Magazines. Prion Books. Haining, Peter 1975. The Fantastic Pulps. Vintage Books, a division of Random House. Hutchison, Don 1995. The Great Pulp Heroes. Mosaic Press. 参考文献 [ ]• ・南出康世『英和大辞典』、2008年。 『現代カタカナ語辞典』旺文社、2006年。 関連書籍 [ ]• 『SF雑誌の歴史:パルプマガジンの饗宴』翻訳 2004年 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• ドイツ語.

次の

『パルプ・フィクション』考察 映画史に残る最高に面白い映画

パルプ フィクション 意味

クエンティン・タランティーノ監督の映画『』は、1994年10月14日にアメリカの映画館で公開された。 製作を請け負った映画会社ミラマックスが、ディズニーに買収された直後にリリースされたこの映画は、ディズニー映画史上最も暴力的な作品と言えるかもしれない。 しかし、公開から20年経った今でも人々を魅了し続ける魔力が、この映画にはある。 何年もの間『パルプ・フィクション』は、タランティーノ監督のカルト的なファンたちの間で、様々に解釈されてきた。 中には、映画の世界観そのものをひっくり返しかねないものまである。 一度、ファンたちが繰り広げるこうした「都市伝説」を読んでしまったら、あなたはもう二度と同じようにこの映画を見ることができなくなるかもしれない。 スーツケースの中には、ギャングのボス、マーセルス・ウォレスの「魂」が入っている。 『パルプ・フィクション』では、物語の仕掛けとしてブリーフケースが使われているが、その中に何が入っているかは、一切説明されていない。 そのため、ファンたちは勝手な解釈を作り上げ、中に入っているのは放射性物質だとか、タランティーノ監督の処女作『レサボア・ドッグズ』で登場したダイヤモンドでは、などといった憶測を。 しかし、最も支持されている説は、ブリーフケースに入っているのはギャングのボス、マーセルス・ウォレスの「魂」だというものだ。 都市伝説サイト「」には、このように書かれている。 マーセルス・ウォレスが最初に登場したシーンを思い出してほしい。 最初のショットには、彼の後頭部が映っていて、そこには絆創膏が貼ってあった。 また、ブリーフケースの鍵の番号が「666」だったことにも注意してほしい。 さらに、誰かがそのスーツケースを開けるたびに、必ず中身が光を発していたこと、開けた人はその美しさに呆然していたことも思い出してほしい。 そして、誰もが言葉を失っていた。 ここで、聖書に書いてあることを思い出そう。 悪魔は、人の後頭部から魂を盗んでいくのだ。 そう、ご明察のとおり。 人間の一番美しいものとは何か。 それは魂だ。 マーセルス・ウォレスは自分の魂を悪魔に売ってしまい、それを買い戻そうとしていたのだ。 つまり、映画の冒頭に登場する3人のチンピラは、その悪魔の手下なのだ。 また、最後にチンピラがトイレから飛び出して、銃を手に襲いかかってくるときも、ジュールスとヴィンセントは怪我をしなかった。 これは、2人がマーセルス・ウォレスの魂を救済しようとしていたから、「神が降臨して弾丸を止めた」からだ。 神が2人を守ったのだ。 1995年ののインタビューで、サミュエル・L・ジャクソンは、タランティーノ監督にブリーフケースの中身について聞いたときのことを語っている。 監督の答えは『お前が入っていてほしいと願うものさ』だったという。 『パルプ・フィクション』の「パルプ」とは「トイレットペーパー」のことである。 もし登場人物全員が、もっと早くトイレを済ませていたなら、映画の展開は全く違ったものになったはずだ。 ヴィンセント・ヴェガがに行くたびに、必ずヤバいことが起きる。 例えば、ヴィンセントがミア・ウォレスの家のトイレでのんびりしていたら、ミアは彼のヘロインを過剰摂取してしまった。 また、もし彼がダイナーのトイレで、コミック本の『』を読んでいなかったら、ジュールス・ウィンフィールドは、泥棒たちとのんびり話はできなかったはずだ。 さらに、もし彼がブッチ・クーリッジの家で、また『モデスティ・ブレイズ』を読んでいなかったなら、彼は逃亡中だったボクサーを余裕で殺せたはずだ。 ヤバいことが起きるのは彼がトイレに行ったときだけとは限らないが、ヴィンセントの長ーいトイレのおかげで、他の登場人物たちは色々と。 例えば、ブレットのアパートに現れた暗殺者は、もしヴィンセントがトイレでグズグズしていなければ最初から部屋にいられたはずだし、その結果、彼とマービンは二人とも死なずにすんだはずだ。 ダイナーのトイレでミアがコカインを吸ったことによる他の登場人物への影響はそこまでなかったが、もし彼女もトイレに行っていなかったら過剰摂取にならずに済んだかも知れなかった。 『モデスティ・ブレイズ』のように、この映画は実は「トイレ・フィクション」なのかもしれない。 ジュールス・ウィンフィールドが暗誦した「エゼキエル書25章17説」は実際の聖書の一節ではないが、もしかしたらタランティーノ監督の世界ではそう翻訳されていたのかもしれない。 ブレットをアパートで処刑する前、ジュールス・ウィンフィールドは、聖書から「エゼキエル書25章17節」を暗誦する。 心正しき者の歩む道は、心悪しき者のよこしまな利己と暴虐によって行く手を阻まれる。 愛と善意の名において暗黒の谷で弱き者を導く者は幸いなり。 なぜなら、彼こそは真に兄弟を守り、迷い子達を救う羊飼いなり。 よって我は、怒りに満ちた懲罰と大いなる復讐をもって、我が兄弟を毒し、滅ぼそうとする汝に制裁を下すのだ。 そして、我が汝に復讐する時、汝は我が主である事を知るだろう。 これは現実世界におけるの一節ではなく、1976年に公開された千葉真一の映画『』の序文から引用したものだ。 だが、タランティーノの世界では、きっと聖書もこのように超暴力的なのである。 ネット掲示板「Reddit」ユーザーのProfessorStephenHawkさんはこのように。 「もし聖書がこのように訳されていたならば、心悪しき者を『打ち倒す』ことを正義とする世界を作り上げていただろう。 『悪しき者を打ち倒すために暴力を用いる者にこそ、恵みあれ』という世界だ。 そして、このように聖書の言葉が翻訳されていたら、はるかに多くのイケてる悪者にあふれた歴史だっただろう』。 タランティーノ作品で表現されている超暴力は、もっとジャンゴ的な、正義のためには報復を辞さないイエス・キリストを聖書が描いていたら、とても自然なものだっただろう。 ヴィンセント・ヴェガとジュールス・ウィンフィールドは、ブレットのアパートからマーセルス・ウォレスのブリーフケースを回収しようとするが、そこへいきなり暗殺者が現れ、彼らを撃ち殺そうとする。 しかし、弾丸は全て外れ、暗殺者は返り討ちにあう。 暗殺者を殺したあと、ジュールスは、これは『神の力』のおかげだと言い始める。 「俺たちは死んでたはずだ」「神が降臨してこのクソッたれな弾を止めてくれたんだ」と言う。 ところがこのシーンで、ヴィンセントとジュールスを襲った男が撃った外れ弾によるらしい後ろの弾痕は、男が飛び出してくる前からそこに開いていた。 ほとんどの人は、これをセット設計のミスで、映画史でも有数の名NGシーンだと片づけるだろう。 だがもしこれがミスでなかったとしたら? この説を唱える人は、二人を殺そうとしていた暗殺者は気付かずにを使っていて、だから「発砲した時にリボルバーの弾倉が回転しなかった」というのだ。 そう考えれば、あれほどの至近距離にいながら、何発も外したことの説明になるとともに、ジュールスの「これは神がもたらした奇跡だ」という確信がおそらく事実ではないことを示唆する。 それまでにも、「どうして神が自分たちに手を差し伸べたりするのか」というジュールスと、そして特にヴィンセントの疑問は度々描写されており、そこにタランティーノ監督は、さらなる混乱を与えようとしたのだろう。 とは言ったものの、アパートで繰り広げられるシーンの前半部分では、壁にまだ穴は空いていなかった。 没になったミアが主演の映画試作品は、『キル・ビル』だった。 これをどうとるかはあなた次第だが、タランティーノ監督は『キル・ビル』について、『』だと言っている。 これは、タランティーノ監督のより日常を描いた映画、つまり『パルプ・フィクション』の中の登場人物が物語の中で見に行くような映画という意味だろう。 『パルプ・フィクション』が他のタランティーノ映画と関連している点はこれだけでない。 『レザボア・ドッグス』のヴィック・ヴェガはヴィンセント・ヴェガのである。 タランティーノ監督は『パルプ・フィクション』に登場した架空のタバコ銘柄「」も他の作品で何度も使っている。 いかがだっただろう? いずれにせよ、20年経った今でも、ヴィンセント・ヴェガほどイカしたツイストを踊れる男はいない。

次の