ニットベスト メンズ おすすめ。 【無印 セーター ベスト メンズも】今から出番です ! お手入れしやすくて長ーく着られる、オーガニックコットンニットのおすすめ7アイテム

ニットベストのおすすめブランド8選。ビジネスマンのスーツにぴったり

ニットベスト メンズ おすすめ

肌寒い日のトップスから真冬のインナーまで、温かに身体を包み込んでくれるのが嬉しいニット。 1枚でスタイリングが上質にキマる、人気のメンズニットウェアブランドをご紹介していきます。 最近人気なのは「ミドルゲージ」と呼ばれる網目が細かすぎず太すぎず、適度に立体感のあるものです。 リーズナブルなニットは素材に占めるアクリルの比率が高く、毛玉が出来やすいため、結局長く着れない事が多いので、カシミア混のウールなどが手入れもしやすく、価格も手頃で手を出しやすく、おすすめです。 DRUMOHR ドルモア DRUMOHR ドルモア は、1770年に設立された、 世界最古のニットブランド。 非常に品質が高くやわらかで気持ちいい着心地を体感できます。 ほどよい光沢感や模様も美しい。 ケーブル編みのタートルニットは首元が締まるようなデザインではないので、ラフに着こなしつつタートルニットの上質感を味わうことが出来ます。 価格:3万円~ S. HERNING(エスエヌエスハーニング) シンプルなニットながら途中で編み方を変えてデザインアクセントを付けるなど、さりげない拘りが特徴の北欧のニットブランド。 北欧の漁師が着用していたニットウェアにインスパイアされているため、カーディガンやクルーネック、ハイネックなどすべて肉厚で暖か。 価格以上の高級感を感じさせる商品ラインナップです。 国内ではアメリカンラグシー、ジャーナルスタンダードなどでの取り扱いが豊富ですが、個人輸入だとより安く購入できます。 素肌で着ても気持ちいい、上質で肉厚の生地を使用しています。 毛玉もかなり発生しにくいのが特徴です。 価格:2万円~ ANDERSEN-ANDERSEN(アンデルセン-アンデルセン) 2009年にデンマークのアンデルセン夫妻によりスタートしたニットウェアブランド。 デンマークで昔から着られている船員や漁師・ハンターのニットウエアのデザインにインスピレーションを受けて作られるタートルネックニットが非常に有名で、ネック部分の柔らかなフィット感と、 前後どちらでも着られるというディティールが特徴。 スタイリストなどファッション業界関係者の評判が非常に高い。 世界に名だたる紡績メーカーであるCARIAGGI(カリアッジ社)を始め最高品質の素材のみを使用し、同時にアパレルブランドで培った独創的なデザインを組み合わせることで世界的に大ヒット。 ビジネスマン向けの経済紙に広告を打つなど、ハイクラス層の知名度が高い通なブランドです。 価格:4万円~ JOHN SMEDLEY(ジョン・スメドレー) イギリスのファインゲージニットウェアのブランドで、世界中に愛用者を持つ ニット界の超定番ブランド。 軽量かつ網み目の細かいニットウェアが有名で、ハンドメイドでの製作や織り時に使用する水にまでこだわって生産されており、光沢感や手触りのしなやかさが一級品。 ローゲージ(細かい網目)の商品が多く、スーツの下などにも合わせやすい。 価格:3万円~ CANADIAN SWEATER(カナディアン セーター) 1977年創業、多くのファンを持つ 世界一知名度のあるカウチンセーターブランド。 バンクーバー島に住むインディアンが1800年代後期から編み続けきた、固有の文化や神話、伝統から生まれた古き良きデザインをモチーフに、長い年月に耐えられる天然繊維を使用した、着ながら育てる一生モノのニットウェア。 購入当初はかなり固く、着るほどに着用者の身体に馴染んでいく作り。 海外メーカーながら日本人でも着やすい細身のサイジングと、中央のジップ部分のレザーパッチがこのブランドの特徴です。 価格:5万円~ Paul Smith(ポールスミス) ご存知イギリスを代表するデザイナーズブランド。 ニットの本場スコットランド製の耐久性と手触りに優れた素材のみを使用し、毎シーズンテーマに合わせたデザイン性の高いニットウェアをリリース。 コートやダウンジャケットのインナーとしても映えるファッション性の高さはさすがです。 価格:3万円~ GRAY(グライ) 「ケーブル網み」と呼ばれる立体的なシルエットのニットを中心に人気のあるイタリアのファクトリーブランド。 ジャケットやコートなどのインナーにも使いやすい程よい厚みとタイトシルエットが特徴で、秋冬のファッション誌の掲載定番ブランド。 ユナイテッドアローズやシップスでの取り扱いが豊富です。 (ドリュー&コー) 「古典的で洗練されたスタイル」を提唱する、ヴィンテージアメリカンの世界観をイタリア風に解釈した2014年スタートの新興ブランド。 すでに雑誌LEONやOCEANSの定番アイテムとなっており、目の肥えたファッション関係者から高い評価を受けています。 金属ボタンのショールカラーのニットジャケットが美しいシルエットと質感のほか、ハイネック、クルーネックなど最高品質のニットウェアが揃っています。 こちらは同ブランド最上級の「ワッフルウール」を使用した立体感が美しい1枚。 価格:7万円~ ZANONE(ザノーネ) モダン、イノベーション、トラディションなどをコンセプトとする、イタリアを代表する上質なニットウェアブランド。 しっかりと編み込まれ、重量感と保温性に優れたニットアウター「KYOTO」が定番商品で、上質ながらしっかりと自立する襟や大きめのボタンなど、1枚でもアウターの下にも重宝。 価格:4万円~ INVERALLAN(インバーアラン) スコットランド発祥の 最高峰のハンドメイドニットブランドとして高い知名度を誇るINVERALLAN(インバーアラン)。 製品の特色を生かすため、ニットの本場スコットランドで紡績された糸のみを使用し、品質を常に保つよう努力がなされており、職人がすべて手編みし、製品にはサインが入ります。 厚手で波打つようなデザインが特徴。 価格:3万円~ Cruciani(クルチアーニ) 1966年に設立されたイタリアのアパレルメーカーのニットウェアラインとしてスタートし、ベーシックなデザインのニットウェアを最高品質の素材で作り上げることで世界的ブランドへと成長。 紡績、染色、縫製の全てを自社内で行い、毎シーズンアップデートされた高品質なニットウェアがリリースされます。 インナーに最適な薄手のタイプを始め、ガウン、ニット型のテーラードなど数多くの商品ラインアップ。 価格:3万円~.

次の

メンズジレおすすめ!プロの逸品&着こなし鉄板コーデ術

ニットベスト メンズ おすすめ

メンズジレおすすめ!プロの逸品&着こなし鉄板コーデ術 ジレは、通称ベストと呼ばれているおなじみのアイテムです。 もっと分かりやすくいうと、スーツの3ピースのベストの様なアイテムを指します。 そうと聞くと、フォーマルなイメージを思い浮かべてしまう人が多いかもしれません。 しかし、実はジレの中にはカジュアルな雰囲気を与えてくれるものもあります。 生地や材質がどんなものかによって、様々なシーンで応用ができます。 ジレとベストに大きな違いはないですが、TPOに合わせていくつかの種類に分けることができます。 そこで今回は、ジレの知識から着こなし、おすすめの逸品まで、人気スタイリストの大山旬さんにお話しをおうかがいしました。 今までジレを着たことのない方にこそ、ぜひお読みいただければと思います。 ジレとは? 最初にも申し上げましたが、ジレは、通称ベストと呼ばれているおなじみのアイテムです。 国・地域で呼び方が異なります。 日本でベストと呼ぶと、チョッキなどの防寒着を想像してしまいがちなので、おしゃれに扱うベストは、ジレと呼ぶことが多いです。 「チョッキ」より「ベスト」、「ベスト」より「ジレ」のほうがおしゃれというイメージですね。 袖がないのが共通点で、シャツの上に重ね着をしたり、さらにその上から上着を着たりします。 ジレは、ドレスシャツなどのクラシックな服装と相性が良く、大人っぽいスタイルを作ることができます。 カジュアルなスタイルも作れますが、少々コツが必要になるといったこともポイントです。 コーデについては、後ほど詳しくご説明いたします。 ジレの種類 ジレは大きく3つの種類に分けることができます。 上着の中に着ることを前提としているため、背中は薄いキュプラやレーヨン、ポリエステルなどの生地になっていることが多いです。 ポケットに蓋やボタンが付いていたり、刺繍が入っていたりというデザインの物もみられます。 サラリとした仕立てのものならジャケットと合わせて、また、太めの毛糸で織られた模様が入ったようなタイプならカジュアルな服装に合わせてラフに着こなすこともできます。 画像: ジレの着こなしコーデ事例 ジレは普段のファッションに少しだけ変化を付けたいときに、大活躍してくれるアイテムです。 ジレを選ぶ時は、グレー系が合わせやすいのでおすすめです。 スリーピースのクラシックなスーツスタイルとの差を出すために、ベストはジャケットと違う色を選ぶと良いでしょう。 写真のように、ネイビージャケットの中に、ちらりとのぞくジレ、そして白シャツのレイヤーができて、バランスが良くなります。 また、ビジネスシーンではジレは基本的に重ね着をします。 なぜならば、単品だとバーテンダーのような雰囲気が出てしまうからです。 このスタイリングはキレイ目にまとまるので、少し背伸びしたレストランへのお出かけにも最適です。 大山さんコメント ノーネクタイでジャケットという組み合わせは、ビジネスマンの王道スタイルです。 でも、おしゃれを楽しむなら「人との違い」を作りたいと思いませんか? そういう時に使いたいのが「ジレ」です。 取り入れるだけで、いつものスタイルに変化を加えることができます。 ジャケットと同じ色を選んでしてしまうと、クラシックなスリーピースになってしまうので別の色にしてくださいね。 定石はグレー系、ベージュもいいですね。 ジャケットと同系色でも、千鳥格子やウィンドウペンなど、少し柄があるものだと良いアクセントになります。 シンプルなコーディネートですが、カジュアルなジレをプラスすることで大人っぽさを出しています。 ジャケットを羽織れば秋口まで使えて、職場によっては会社でもOKなきちんと感を出すことができます。 写真のように腕まくりをすれば、よりカッコよく、おしゃれ上級者のように見えるでしょう!ジャケットをニットカーディガンにすると、よりリラックスした感じになります。 ジレは、薄手のカーディガンと同じような感覚でも使えるので、ぜひトライしてみてはいかががでしょうか? 大山さんコメント ここ数年、このようなジレを使ったスタイリングがトレンドになっています。 僕も普段からよく取り入れています。 特にTシャツとの相性が良く、カジュアル過ぎる装いの中に、程よくこぎれいさを漂わせてくれます。 ジレを重ねただけで、大人の色気をプラスすることができるでしょう。 一番下のボタンは、留めずに着ることがポイントです。 ジレは馴染みの薄いアイテムだとは思いますが、このような意外性のあるアイテムを上手に使えるようになると、ファッションの幅はグンと広がります。 どちらもはジャケット専業ブランドなので、ジレもジャケットに合わせるものが多く展開しています。 タリアトーレと はイタリア語で「裁断士」を意味しており、カッティングに定評があります。 カッティングとは型紙(パターン)に合わせて生地を裁断することです。 特徴はウエストのシェイプさで、とてもスタイリッシュに魅せることを実現しています。 ハンドメイドでmade in Italyにこだわりを持ち、中でも生地は国内屈指の生地ブランドから直接仕入れ良質なものを使用しています。 同ブランドの十八番は「アンコン・ジャケット」であり、一枚仕立てのものを作っているので、ジレも同じように作られています。 次からは、おすすめのジレについてご紹介していきます。 メランジホップサックベスト まずは『TAGLIATORE(タリアトーレ)』のジレです。 こちらは、ウエストのシェイプをスッキリ仕上げたシングルタイプです。 ジャケットを羽織らなくても様になり、単品でも使える使い勝手の良いアイテムになっています。 無地のような合わせやすさの中に、表情のある素材感も感じられるでしょう。 こういったニュアンスのある表情は、メランジ調素材を使っているからです。 糸に加工する前の状態で染色し、その時に生じる染色ムラが仕上げた際に色の濃淡として現れ、霜降り調の色合いが現れる製法です。 タリアトーレ創業者のピーノ氏は、工場のオーナーでありながらデザインやパターンも手掛ける多才な人物です。 クラシックな仕立てをベースとしながら、艶っぽさを前面に押し出した提案をしています。 大山さんレビュー 続いては、『LARDINI (ラルディーニ)』のジレになります。 レイヤードスタイルにメリハリを加えてくれる逸品です。 ちなみに、レイヤードスタイルとは「重ね着」のことを表します。 正確には、防寒のためだけに「インナーを着込むこと」ではなく、ベストの上にジャケットを羽織ったりするスタイルです。 このファッションのポイントは、色や柄そして素材などがバラバラなものを積み重ねて着ると、妙にしっくりくる点にあります。 個性を引き出したい方は、ぜひチャレンジしてみてください。 話を戻しましょう。 世界の名だたるメゾンのアイテムを30年以上作り続けてきたこちらのブランドは、2010年春夏シーズンよりクリエイティブディレクターの「LUIGI LARDINI氏」が指揮を執り、新しいコレクションを発表しています。 製品洗い・製品染め・ハンドペインティング・コントラストステッチ・拝みボタン等のディティールを生かし、それらの仕様を組み合わせることで新しい表情を生み出しています。 こちらのジレは、リネンウール素材仕様(縦糸がリネン、横糸がウール)になっています。 洗濯の際は、熱湯を使うとウール部分が縮んでフェルト化してしまいますので、必ず水を使ってください。 洗濯機の手洗いモードで、ウール洗い用洗剤をお使い頂くことをおすすめします。 大山さんレビュー 僕も『LARDINI(ラルディーニ)』のジレは愛用しています。 ジレを選ぶ上で重要なことは、色の差を付けることです。 今回のこの色はネイビーなので、ジャケットに合わせるならネイビー以外の物にしてください。 クラシックになりすぎて、やや硬い印象を与えかねないからです。 ラルディーニは、ジャケット専業ブランドでコートやドライシューズも最近は作っています。 花のロゴがモチーフで、非常に良いものを提供してくれます。 ウールリネンベストの詳細 メーカー LARDINI (ラルディーニ) サイズ 46・48 メイン素材 表地 前身頃:50%、麻50% 後身頃:綿100% 裏地:綿100% メーカー希望小売価格 36,720円(税込) ミラノリブニットジレ 最後は『UNIVERSAL LANGUAGE(ユニバーサルランゲージ) 』のジレをご紹介します。 この商品は、1850年創業の「ゼニアバルファ」というヨーロッパ最大の紡績メーカーが作っており、極上ウールを使用した美しい目面と柔らかい肌触りは格別です。 程よい厚みとハリ感が特徴の「ミラノリブニット」は型崩れしにくく、長い間きれいなシルエットを保ってくれるでしょう。 毎シーズン好評なシリーズが、より一層クラシカルな雰囲気が醸し出せるようにブラッシュアップされています。 従来のポケット風ディティールやバックベルトに加え、背面を別布で切り替えた本格仕様です。 ジャケットINでも着やすい、すっきりとしたフォルムは健在です。 大山さんレビュー 『UNIVERSAL LANGUAGE(ユニバーサルランゲージ)』の母体は洋服の青山です。 品質も素晴らしいですが突出した点はそのコスパにあります。 品質が良く値段が非常に安いので、ビジネスマンから絶大な支持を得ています。 このブランドはオプション料金も一切かからないので、リピーターがとても多いです。 おしゃれ初心者の人は、初めてのジレはユニバーサルランゲージがいいと思います。 ミラノリブニットジレの詳細 メーカー UNIVERSAL LANGUAGE(ユニバーサルランゲージ) サイズ S・M・L・L メイン素材 ウール100% 、別布部分ポリエステル:100% メーカー希望小売価格 12,960円(税込) まとめ 今回はジレについてご紹介しました。 ジレには、フォーマルなものからカジュアルなものまで、幅広く存在していることがお分かり頂けたと思います。 ジャケットにノーネクタイの王道スタイルも良いですが、そこにジレを加えることによって、おしゃれな大人の男性に魅せることができます。 普段と気分を変えたい時、少しだけ人と差をつけたい時など、打ってつけのアイテムです。 ジレ初心者の方は、コーディネート事例にあるようなグレーなどを選びましょう。 着こなしに慣れてきたら、ベージュやネイビーなど、違う色にもチャレンジしてみてください!.

次の

ニットベストのおすすめコーデ!1年中着回せるオンオフ便利な38選

ニットベスト メンズ おすすめ

アンクル丈のボトムを合わせて足首を露出すると、涼し気な印象に見せることができます。 清潔感を感じさせる色合わせは、周りからも好印象に見られるためおすすめです。 コーデのバリエーションが増える• オールシーズン着用できる• Tシャツやシャツ、ネックラインの違うインナー(例えばモックネックTシャツ)など様々なインナーと相性抜群なので、組み合わせ方次第でコーデのバリエーションを増やすことができます。 シンプルなデザインが使いやすい• ネックラインで印象を変える• サイズ感を意識する• なので合わせるインナーやボトムスに悩む必要がなく、気軽にコーデに取り入れることができるので、ニットベストを選ぶときはシンプルなデザインを選ぶのがおすすめです。 今回おすすめするネックラインは、インナーを合わせやすい Vネックラインと クルーネックラインの2つ。 柔らかい雰囲気よりも、大人っぽさを感じる服装が好きな方におすすめです。 他にもこんな方がおすすめ!• 首が短め・顔が大きめな方• 丸顔の方 クルーネックラインの印象 程よく丸みを帯びた曲線的なラインが、カジュアルでラフ感のある印象を与えるクルーネックライン。 親しみを感じさせる柔らかい雰囲気を演出したい方におすすめです。 他にもこんな方がおすすめ!• 首が長い・上半身が細身の方• 今年は ビッグシルエットや オーバーサイズなど、ユルさを感じさせるアイテムが人気! ニットベストはインナーを重ね着して着こなすので、少しゆったりとしたサイズ感のものを選ぶと合わせるインナーの幅が広がります。 しかし周りとは違った雰囲気を演出したい方は、 「トレンドを取り入れてみる」のがポイント! 特におすすめなのはラインが入っているニットベストです。 ニットベストの着こなし方 ニットベストの選び方が分かったところで、次は着こなし方のポイントを紹介します。 インナーにシャツを合わせた場合 ニットベストのインナーにシャツを合わせた着こなしは、品の良さを大人っぽさを演出することができます! 上の画像のようにキレイめな印象になりますが、ニット生地の柔らかい印象により、かっちりとし過ぎない余裕のある大人な着こなしになりますよ! おすすめなシャツ インナーにTシャツを合わせた場合 ニットベストのインナーにTシャツを合わせた着こなしは、ややカジュアルでラフ感のある印象を演出することができます。 上の画像のようにカジュアルな服装でも、ニットベストのキレイめ感により野暮ったさを感じさせないのでおすすめですよ! おすすめなTシャツ シルエットを意識する ニットベストを着る際に悩むのがボトムスだと思います。 そんなときは 「シルエット」を意識してボトムスを選ぶのがおすすめ! 「Iラインシルエット」「Aラインシルエット」の2つを意識して、ニットベストに合わせるボトムを選びましょう! Iラインシルエットの場合 大人っぽさを演出したいなら、スッキリとしたスマートな印象になるIラインシルエットがおすすめ。 Iラインシルエットを作る際は、上の画像のように細身なシルエットのボトムを合わせるのがポイントですよ! おすすめのボトムス Aラインシルエットの場合 男らしさを演出したいなら、下半身にボリューム感を持たせ安定感を出すAラインシルエットがおすすめ。 Aラインシルエットを作るときは、上の画像のように太めのボトムを合わせるのがポイント!ゆったりとしたラフ感のある着こなしになりますよ。 シンプルなシャツを合わせることで、品のある知的な印象に見せることができます。 キレイめなアイテムと、カジュアルなアイテムのバランスが取れているコーデは、オシャレな印象を与えることができるのでおすすめです。 ゆったりとしたワイドパンツは、流行りのゆるコーデに仕上げてくれるのでおすすめです。 ブルーグリーンのニットベストでより品のある印象に。

次の