メイン テート ジェネリック。 降圧剤は要注意!安易な服用は命の危険?脳梗塞、認知症、意識障害の恐れも

メインテート/慢性心不全・頻脈性心房細動にも

メイン テート ジェネリック

特徴 メインテートジェネリックはインタスファーマ社が開発した、本態性高血圧症、狭心症、心室性期外収縮の治療薬です。 メインテートのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 メインテートジェネリックの主成分であるビソプロロールフマル塩酸は心拍を抑え心臓を休ませる効果があります。 心拍が抑えられることにより、血圧が下がります。 副作用 主な副作用には、徐脈、倦怠感、ふらつき、めまい、むくみなどがあげられます。 成分 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは5mgが購入可能です。 高血圧症• 狭心症• 心室性期外収縮 有効成分:ビソプロロールフマル塩酸/Bisoprolol Fumarate 5mg• ご注文 メインテート・ジェネリック 5mg 内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文 100錠 メインテートジェネリックの特徴 メインテートジェネリックはインタスファーマ社が開発した、本態性高血圧、狭心症、心室性期外収縮の治療薬です。 メインテートのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 ビソプロロールフマル塩酸は、心拍を抑え心臓を休ませる作用があります。 心臓の負担が抑えられることから、高血圧症、狭心症、心室性期外収縮、虚血性心疾患または拡張型真剣症にもとづく慢性心不全、頻脈性心房細動の治療に用いられています。 高血圧を抑え、血圧を適切に保つことにより、 脳卒中や心臓病、腎臓病の予防にも繋がります。 メインテートジェネリックの成分量 日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。 個人輸入を行っている当サイトでは5mgの購入が可能です。 日本国内では2011年に慢性心不全への適応が認められました。 メインテートジェネリックの関連ページ 高血圧・狭心症の商品一覧 ・ 参考サイト 商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。 ・ 服用方法・使用方法 服用のタイミング なるべく 毎日決まった時間に服用してください。 服用量の目安 本態性高血圧症、狭心症、心室性期外収縮の場合、1日1回5mg(1錠)を服用します。 なお、年齢や症状により用量を調節してください。 虚血性心疾患、または拡張型心筋症に基づく慢性心不全の場合、1日1回0. 625mgから服用を開始します。 1日1回0. 625mgの用量を2週間以上服用し、忍容性がある場合には1日1回1. 25mgに増量します。 その後忍容性がある場合は4週間以上の間隔で段階的に増量し、忍容性がない場合は減量を行ってください。 用量の増減は0. 625mg、1. 25mg、2. 5mg、3. 75mg、5mgとして必ず段階的に行い、いずれの用量においても1日1回服用します。 なお、年齢、症状により服用開始用量は低用量に、増量幅は更に小さくしても問題はありませんが、 1日1回5mgを超えないでください。 頻脈性心房細動の場合、1日1回2. 5mgから服用を開始し、効果が不十分な場合には1日1回5mgに増量します。 なお、年齢、症状により調整を行いますが、 1日1回5mgを超えないでください。 食事とアルコールの影響 ほとんど影響はありません。 副作用 併用禁忌 現在報告されておりません。 併用注意 併用注意薬は、メインテートジェネリックと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。 ・交感神経系に対し抑制的に作用する薬剤(レセルピン等) 過剰の交感神経抑制作用が現れることがあります。 ・血糖降下剤(インスリン製剤等) 血糖降下作用が増強することがあります。 また、低血糖症状をマスクすることがあります。 ・非ステロイド性抗炎症剤(インドメタシン等) メインテートジェネリックの降圧作用が減弱する可能性があります。 ・降圧作用を有する薬剤 降圧作用が増強することがあります。 これらの他にも併用注意があるため、参考サイトをご確認ください。 参考サイト 服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。 ・ 保管方法 決済が失敗する場合があります。 まれにカード発行会社の規制により、国をまたいだクレジット決済がエラーとなる場合がございます。 クレジット決済ができない場合には、カード発行会社にご連絡いただき、クレジット決済をしたい旨をお伝えいただくことで決済が可能となる場合がございます。 【ご注意ください】 本来、医薬品のクレジット決済はカード規約で禁止されています。 医薬品である旨を伝えてトラブルになったケースもあるようですので、ご連絡される際には「海外の通販サイトを利用したいので制限を解除して欲しい」という旨だけとお伝え下さい。 請求金額が異なる場合があります。 昨今は外貨の変動幅が大きく、元から円へのエクスチェンジ時に為替差益が発生しており、1~2%前後の手数料が掛かっております。 購入金額以外に、この為替差益がお客様の負担となりクレジット会社から請求される可能性がございます。 ご負担頂いた3%分を当サイトでは、次回購入時に利用頂けるポイントとして付与しております。 こちらをご理解の上で、クレジット決済をお願い致します。

次の

メインテートの副作用や効果について、添付文書を参考にわかりやすく解説

メイン テート ジェネリック

アーチストは、慢性心不全、持続性の高血圧・狭心症、頻脈性心房細動の治療に使われる薬です。 アーチストには血圧を下げる作用や心臓を保護する作用、心拍数を調整する作用などがあり、疾患に合わせて使用されます。 アーチストの有効成分はカルベジロールです。 その結果、血圧が下がります。 アーチストの効果 アーチストは錠剤の規格によって、使用される疾患が異なります。 効能・効果 用いられる剤形 本態性高血圧症(軽症~中等症) アーチスト錠10mg アーチスト錠20mg 腎実質性高血圧症 アーチスト錠10mg アーチスト錠20mg 狭心症 アーチスト錠10mg アーチスト錠20mg 虚血性心疾患または拡張型心筋症に基づく慢性心不全 アーチスト錠1. 25mg アーチスト錠2. 5mg アーチスト錠10mg 頻脈性心房細動 アーチスト錠2. アーチストの主な副作用として、めまい、全身倦怠感、眠気、頭痛、徐脈、低血圧、吐き気などがあげられています。 国内で行われた調査では、高血圧や狭心症に使用された場合は4. 特に、薬の飲み始めや使用量を増やしたときは、めまいやふらつきなどの症状が現れやすい傾向があります。 薬の使用中は自動車や危険な機械などの運転を行わないでください。 重大な副作用の初期症状 アーチストには、発生頻度は不明ですが、注意すべき重大な副作用があります。 副作用の初期症状と思われる体調の悪化が現れた場合は、すみやかに医師に相談しましょう。 重大な副作用 初期症状 高度な徐脈、ショック、完全房室ブロック、心不全、心停止 息切れ、めまい、失神、顔面蒼白、冷汗、ふらつき 肝機能障害、黄疸 全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる 中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群 発熱、全身倦怠感、皮膚・眼・口内に発疹ができる・赤くなる アナフィラキシー 呼吸困難、ふらふら感、眼や唇の周りがはれる アーチストには、併用に注意すべき薬がさまざまあります。 アーチストの他にも日常的に使用している薬がある場合は、必ず医師や薬剤師に申告しましょう。 妊娠中・授乳中の方の注意 アーチストは妊娠中の方は使用できません。 また、授乳中の場合も基本的には使用を控えることとなっています。 妊娠中や授乳中の場合は必ず医師に申告してください。 高齢者の注意 アーチストは肝臓で代謝される薬です。 高齢者は加齢により肝機能などの生理機能が低下していることが多くあるため、薬の効果が強くですぎるおそれもあります。 高齢者が使用する場合は、薬を使用後の体調の変化に十分に注意して観察してください。 メインテートは、アーチストと同じく慢性心不全などの治療に使われる薬です。 それぞれ作用する場所が少しずつ異なるため、そのときの症状や心臓以外の疾患などによって使いわけられます。 診断の結果、医師がより適切だと判断した薬が処方されますが、処方について不安や疑問がある場合は医師に相談しましょう。 アーチストの特徴 ・呼吸器疾患がある場合は使用が難しい ・糖・脂質代謝を悪化させない メインテートの特徴 ・呼吸器疾患のある場合でも使用できる ・心拍数が下がりやすいため、頻脈の治療に使われることが多い アーチストは錠剤の規格が4種類(1. 25mg、2. 5mg、10mg、20mg)ありますが、それぞれにジェネリックが販売されています。 ジェネリックは「カルベジロール錠+規格+製薬会社名」で販売されています。 先発薬とジェネリックは同じ成分を使用しており、ほとんど効果は一緒であるといえます。 ただし、配合されている添加物の違いにより、まれに薬の吸収に若干の影響がでて効きが悪いと感じてしまう方もいます。 その場合は先発薬に戻すことも検討してみましょう。 アーチストのジェネリックは、先発薬に比べると半分以下の価格になります。 ジェネリックを希望する場合は、医師や薬剤師に申告してください。 おわりに アーチストには、気をつけるべき副作用や飲み合わせなどがあります。 また、症状や年齢に合わせて薬の量を調整する必要があります。 副作用を予防するためにも、医師から指示された用量や使用法を正しく守って使用しましょう。

次の

メインテート(ビソプロロール)の作用機序:高血圧・狭心症・不整脈治療薬

メイン テート ジェネリック

AF「慢性心不全にも頻脈性心房細動にも。 比較的軽度から中等度の高血圧症、狭心症、不整脈、一部の慢性心不全の改善に用います。 降圧の他にも、心臓の拍動を調節することで、狭心症や頻脈、不整脈などを治療する効果が認められています。 そのおかげで2011年に特例扱いで、慢性心不全の効能が正式に認められました。 その結果として、血圧が下がるという仕組みです。 心臓は4つの部屋に分かれています。 そのうちの「心房」と呼ばれる上部2つの部屋で生じた異常によって起こる不整脈です。 心房細動が起こると、どきどきしたり胸が苦しくなったり、心臓が痙攣のように不規則に震え、結果として、脈が不規則(速くなったり遅くなったり)になってしまいます。 心房細動は高齢になるほど発生率が高くなり、女性よりも男性の割合が多いのが特徴です。 国内では約70万人が心房細動を抱えていると推測されています。 心房細動自体が命に関わることはほとんどありませんが、心拍数が高い状態が続くと、心臓の機能が低下し、心不全を引き起こす可能性もあります。 また、心房細動が起こると、心房の中の血液の流れるスピードが低下し、血液が上手く流れなくなってしまいます(血液が心房の中で固まりやすく血栓ができやすい状態になる)。 そこで形成された血栓が流れて、脳の血管に達して脳で詰まってしまうと、脳梗塞を引き起こします。 ちなみに、 脳梗塞の15%が心房細動による血栓が原因と言われています。 服用初期には、身体がだるくなったり、めまいを感じることがあります。 心臓の代表的な副作用として、徐脈があります。 心拍数が極端に下がり、息苦しさや胸苦しさを感じる症状です。 特に高齢者は、徐脈が起こりやすいので注意が必要です。 その他の副作用としては、倦怠感、めまい、ふらつき、低血圧、むくみ、手足の冷え、しびれ感、目の乾燥、眠気、不眠などが報告されています。 慢性心不全の治療の場合は、逆に病状が悪化するおそれがあるので注意が必要です。 疲労や息切れ、息苦しさ、めまい、むくみや体重増加、徐脈など、身体に異変を感じた場合はすぐに医師へ連絡する必要があります。 機能する箇所が微妙に異なるため、 患者の症状やその他に罹っている病気によって使い分けがされています。 メインテート ・呼吸器疾患のある場合でも使用可 ・心拍数が下がりやすいので、頻脈の治療に向いている アーチスト ・呼吸器疾患がある場合、使用は困難 ・心拍数に影響を与えにくいので、徐脈の症状にも使用可.

次の