さだまさし 償い 実話。 の『償い』 のエピソード

運転免許試験場で、さだまさしの「償い」を聞かせる理由とは

さだまさし 償い 実話

投稿者によれば、鮫洲運転免許試験場(東京都)で、違反者講習のあと、最後に部屋を暗くして、同曲を聞かされたとのこと。 BuzzFeed Newsが、鮫洲運転免許試験場に取材したところ、担当者は「実施しているのは事実です」と話します。 「違反者講習や免許更新者が対象です。 『償い』は、交通事故の怖さ、命の尊さを歌ったもの。 それをわかってもらうために、今年6月から実施しています」 「反応はさまざまですが、教官が言うだけでは伝わらないこともあります。 交通事故は、被害者はもちろんですが、加害者も不幸にします。 少しでも事故を減らすのが目的です」 これは鮫洲だけではなく、府中と江東の試験場でも行われているそう。 アルバム「夢の轍」に収録された「償い」は、さだまさしさんの知人の実話をもとに作られた曲です。 2001年、東京都で、4人の少年が40代銀行員の男性に対し、車内で足が当たったと口論の末、三軒茶屋駅のホームで暴行を加え、くも膜下出血で死亡させる事件がありました。 東京地裁において判決公判が行われ、主犯格少年2人に対して、懲役3-5年の不定期実刑が下されます。 裁判中、「深くお詫びします」と述べながらも、「酔っぱらって絡んできた」などの過剰防衛を訴えたりと少年たちの真に反省しているのか疑問を抱く態度に、裁判長は判決は述べます。 「あなたたちは、さだまさし氏の『償い』という歌を知っていますか?」「歌を知らなくても、歌詞だけは読みなさい。 読めば、あなたたちの言葉がなぜ心に響かなかったのか、分かるでしょう」 さださんは、この裁判を受け、新聞社の取材にこう答えました。 法律で心を裁くには限界がある。 今回、実刑判決で決着がついたのではなく、心の部分の反省を促したのではないでしょうか。

次の

さだまさしの「償い」の歌詞は実話だった?裁判でのエピソードとは?

さだまさし 償い 実話

ある若者が命がけで謝罪した実話の歌。 彼女は加害者の文字を見るたびに、 亡き主人を思い出しては辛い思いをし、 「もうお金は送ってくれなくて結構です」と 手紙を書きましたが、翌月以降も 送金は続けられたのでした・・・。 2001年東京都世田谷区の 東急田園都市線において、 4人の少年が 銀行員の男性に対し、 車内で足が当たったと口論の末、 三軒茶屋駅のホームで、4人がかりで 暴行を加え、くも膜下出血で死亡させる という事件がありました。 後日出頭した主犯格となった2名が、 傷害致死罪に問われて逮捕されました。 しかし、裁判の中で過剰防衛であると 主張し、真に反省しているかどうか 疑問を抱く態度でした。 その事件での裁判長の 判決の 言葉です。 裁判官が、具体的に唄の題名を述べて 被告を諭すことは異例のことなのです。 「この歌のせめて歌詞だけでも読めば、 なぜ君たちの反省の弁が 人の心を打たないか分かるだろう」 このお話は、「償い説論」として、 当時のマスコミでも取り上げられ 話題になりました。 命がけで謝罪した この歌の若者のように、 人の命を奪ったことに対する 誠実な謝罪こそ大切。 それは、被害者の家族が加害者に思いやる心、加害者が一生懸命家族に対する償い方の姿勢・ 態度・努力などに心を打たれたのかも知れません。 また、加害者も心を入れ替えて、尊い命を奪ってしまった以上、 償い切れない罪に向かって、一生懸命償っている加害者の姿勢などが、 被害者の家族の心に届いたのかも知れません。 被害者の家族もいつまでも補償に捕らわれず、 加害者の将来を案じての「加害者への手紙」には、この上ない感動を受けました。 このように人情に満ちた人間味のある実話を、全世界の方々にも知って貰い、 人情溢れる世界に一歩でも近づけたい思いから、 私のブログにシェアさせて頂きますことお許しのの上ご了承ください。 「償い」の歌と動画」 償い さだまさしの曲 この楽曲は、知人の実話を元に作られたものである。 ただし曲中では、 優しく真面目な心の持ち主である交通事故の加害者「ゆうちゃん」をメインに、 それを見守る同僚の気持ちを歌詞にした物になっているが、 実際にはさだの知人である被害者の妻の体験と事実を元に詩が作られている (さだは、「ゆうちゃん」に該当する加害者とは会ってはいない)。 さだの知人の女性が交通事故で伴侶を亡くした。 加害者の男性は真面目な人らしく、毎月わずかずつではあるが賠償金を郵送してきていた。 事故から数年経ってもその送金は続き、知人は茶道の師範として経済的にも自立できていること 、加害者の直筆の手紙を見る都度、事故の事や亡き主人を思い出し、辛い思いをする事があり、 加害者に対して「もうお金は送ってくれなくて結構です」と返事の手紙を書いた。 しかし被害者の許しの手紙を受け取ったはずの加害者は、 自分の起こした罪を償い続けるために翌月以降も送金を続けた。 裁判での引用[編集] 2001年4月29日、東京都世田谷区の東急田園都市線において、 4人の少年が泥酔した銀行員の男性から車内で足が当たったと絡 まれ口論となった末、 三軒茶屋駅のホームに降ろされた4人が男性からの暴行に対応する形で 男性の意識がなくなるまで暴行を加え、 放置し、のちにくも膜下出血で死亡させるという事件が起きた。 後日出頭した4人の内、主犯格となった2名が傷害致死罪に問われて逮捕され、 事件の重大さから逆送され、地方裁判所の公開法廷で審理が行われることとなった。 裁判の中で2人は「申し訳なく思います」 「自分という人間を根本から変えてゆきたい」などと 反省の弁を述べた一方、 事件自体は酔った被害者がからんできたことによる過剰防衛であると主張し、 裁判中の淡々とした態度や発言から、 真に事件に向き合い反省しているかどうか疑問を抱く態度を繰り返していた。 2002年2月19日、東京地裁において判決公判が行われ、少年2人に対して、 懲役3 - 5年の不定期刑の実刑判決が下された。 判決理由を述べあげた後、山室惠裁判長は被告人2人に対し 「唐突だが、君たちはさだまさしの『償い』という唄を聴いたことがあるだろうか」と切り出し、 「この歌のせめて歌詞だけでも読めば、 なぜ君たちの反省の弁が人の心を打たないか分かるだろう」と説諭を行った。 裁判官が具体的に唄の題名を述べて被告を諭すことは異例のことであり、 「償い説諭」はマスコミに取り上げられ話題となった。 さだまさしは新聞社の取材に対して、「法律で心を裁くには限界がある。 今回、実刑判決で決着がついたのではなく、 心の部分の反省を促したのではないでしょうか」とコメントしたうえで、 「この歌の若者は命がけで謝罪したんです。 人の命を奪ったことに対する誠実な謝罪こそ大切。 裁判長はそのことを2人に訴えたかったのでは」と述べた。

次の

償い (さだまさしの曲)

さだまさし 償い 実話

三軒茶駅銀行員暴行殺害事件 三軒茶屋駅銀行員暴行殺害事件 【事件概要】 2001年4月28日0時前、、東京都世田谷区の東急田園都市線中央林間行きに乗っていた少年達が、近くに座っていたチェース・マンハッタン銀行東京支店に勤める牧顕さん(43歳)と足を踏んだ踏まないで口論となり、三軒茶屋駅停車中にA(当時18歳)とB(当時18歳)が牧さんを殴り、意識不明の重態にさせた。 5月4日朝、牧さんが入院先の病院で死亡。 同日夜、神奈川県相模原市に住むBとC(当時18歳)が「三軒茶屋の事件は僕がやった」と神奈川県警相模原署に相次いで出頭した。 さらにAとD(当時18歳)が4日深夜から5日未明にかけて警視庁町田署に出頭した。 A B 【車内で】 2001年4月28日、A(当時18歳)とB(当時18歳)は、友人のC(当時18歳)とD(当時18歳)と渋谷で遊んだいた。 午後11時53分、Aら4人は帰宅するために東急田園都市線水天宮発中央林間行きの普通電車(10両編成の前から3両目)に乗りこんだ。 当時電車はゴールデンウィーク初日の終電前で混雑しており、Aたちが立っていたところ、Bが前には座っていた牧顕さん(43歳)が座っていた。 牧顕さんは鳥取県出身で独身。 01年1月から4月30日までチェース・マンハッタン銀行東京支店の契約社員をしており、同28日以降は休日だった。 事件当時は都内で酒を飲んで帰宅途中だったとみられる。 事件当時、婚約者もいた。 電車が渋谷駅を出てまもなく、牧さんとBが「足を踏んだ」「踏まない」で口論になり、池尻大橋駅を出た後、牧さんが「次の駅で降りろ」と言った。 電車が三軒茶屋駅に到着すると、牧さんは電車を降り、Bたちにも降りるように行った。 Bたちは一旦ホームに降りたものの、この電車がAたちの自宅付近まで行くことのできる最終電車だったことから、牧さんを置き去りにしようと再び電車に乗りこんだ。 しかし、牧さんがBを追い駆け、閉まりかけていた電車のドアを力づくで開けて乗りこんでこようとしたため、AとBは牧さんの手を殴りつけたり、胸腹部を蹴ったりした。 やがて電車のドアが再び開き始め、牧さんはAさんを引きずり出そうとするが、その際Aのスウェットが破れた。 これに怒ったAとBが牧さんを数回殴り、ホーム上に転倒させた。 その後も電車を降りたAたちは10分近く殴る蹴るの暴行を続け、牧さんは血まみれになり、意識不明となった。 4人は犯行後、ホームの階段を駆け上がって逃走。 自動改札機を乗り越えたりはせず、切符か定期券を入れて走り去った。 5月4日午前7時45分ごろ、牧さんは搬送先の病院で外傷性くも膜下出血により亡くなった。 テレビで牧さんの死を知ったBは家族に打ち明け、4日午後9時半頃に出頭した。 AはCから牧さんの死を聞き、同日11時55分頃、家族に付き添われ出頭した。 【裁判】 2002年 東京地裁 AとBの二人に対し、 懲役3年以上5年以下を言い渡す。 この 法廷で山室恵裁判長は、さだまさしの歌を引用した。 少年2人はキョトンとした表情。 裁判長は「この歌の、せめて歌詞だけでも読めば、なぜ君たちの反省の弁が人の心を打たないか分かるだろう」と続けた。 「償い」はさだまさしが作詞、作曲。 実話にもとづいた作品で、雨天に運転中、道を横切った男性をはねて死亡させた若者を歌っている。 若者は遺族に仕送りを続け、事故から7年目に遺族からの手紙を受け取るという内容のものだ。 歌詞を書いてみたので、ぜひ読んで見て欲しい。

次の