何かございましたら、ご遠慮なくお申し付けください。 英語。 「お申し付けください」の意味とは?敬語として間違い?類語や英語表現・使い方を例文付きで紹介

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。って英語でなんて言うの?

何かございましたら、ご遠慮なくお申し付けください。 英語

気になる項目をクリック• 1、「お申し付けください」の使い方 「お申し付けください」を使用することで、相手の方の要求を受け付けることができます。 一体どのように使用すれば良いのでしょうか? ここでは「お申し付けください」の意味と例文を交えながら、使い方を紹介します。 「お申し付けください」の意味 「お申し付けください」は、「言ってください」を謙譲表現したものになります。 にすることで、「言ってください」をへりくだった言い方にすることができます。 主に相手に質問や要求を促す際に使用されることが多いです。 積極的にこれらを促すことで、サービス精神があることをアピールすることができます。 それでは、どのように使用すれば良いのでしょうか?• 「お申し付けください」の例文 ここでは、「お申し付けください」の例文をいくつか紹介します。 使用する場合にはこれらの文を参考にしてみてください。 例文1、「疑問がございましたら何なりとお申し付けください」 相手の方への説明が終わった時に、質問を促すために使用されます。 自分から質問はありませんか?と尋ねることで、質問の時間にスムーズに移ることが可能です。 また、中には自分から質問をすることができない方もいらっしゃいます。 そういった方のためにも、 説明が終わったら質問ができるように一言述べるようにしておきましょう。 また、質問が無かった場合でも「質問はございませんでしょうか?」と繰り返し質問が無いかようにすると良いですね。 自分の担当以外の質問などが来た場合には、この文章を使って専門の部署に任せることができます。 文頭に「申し訳ございません」をつけることで、失礼なく表現できるため良いですね。 ただし、口頭で使用する場合には、「」を使用しないようにしましょう。 「すみません」はお客様に対するさに欠けます。 また、ホームページなどに使用すれば、相談窓口や関連ページに閲覧者を誘導することも可能です。 「お申し付けくだされば、こちらで対応いたします」 先にこの一言を付け加えることで、相手の要求を聞き出すことができます。 質問よりも具体的なお願いを聞き出したい場合に使うことが多いです。 こちらからに動きたい場合などにも使用できる表現になっています。 相手の方が困っているようであれば、「お申し付けくだされば、〜に関してはこちらで対応いたします」のように、先に悩みを聞き出してあげると良い印象を得られます。 この文章を使って、自分から悩みを伺ってみてください。 2、「お申し付けください」は身内には使わない 「お申し付けください」はお客様などの外部の方に使用する表現になります。 身内には、同僚や後輩はもちろん、上司にもあまり適した表現とは言えません。 身内には適した表現を使用する必要があります。 、「何かあったら言ってください」や「連絡をください」などを使用すると良いでしょう。 同僚や後輩にも、丁寧語でなくても良いので、これらの表現を使用するのが適しています。 上層部の方には「何かあれば連絡をお願いします」のように、もう少し丁寧な表現をすると印象がよくなるため、おすすめです。• 3、「お申し付けください」の類義語 「お申し付けください」にも類義語が存在します。 それぞれ適した表現があるため、場面によって使い分けることが必要です。 これらの表現も覚えておくと、社外での仕事やビジネス文書を書く際に役に立つでしょう。 「お問い合わせください」 主にビジネスメールや電話、雑誌や週刊誌といったメディアなどでよく見る表現だと思います。 各種申し込みや詳しい情報の提示など、 より詳細なことを説明するのには別の手段が好ましい…といった場合に使用されます。 例えば雑誌から電話やメールで応募をしてほしい場合には、「おは電話・メールからお問い合わせください」といった感じに使用することが可能です。 「仰せ付けください」 「お申しつけください」と同じ意味を持った「仰せ付けください」といった表現があります。 「言いつける」を尊敬語で表現したものです。 「お申し付けください」よりもかしこまった言い方ができるため、 より高い地位の方の要求を場合に使用します。 しかし、少し大げさな表現であるため、使用される例は少なめです。 特別な理由がなければ、会社の内外問わず「お申し付けください」で大丈夫でしょう。 「お引き受けいたします」 業務委託など、何か仕事を依頼された場合に使用する表現です。 この一言を添えることで、正式に仕事を受諾したことをお客様に意思表示することができます。 「喜んで」や「ぜひ」を文頭に持ってくると、より良い印象を与えることが可能です。 よく「お引き受け」といった表現を見かけますが、これは間違った表現なので気をつけましょう。•

次の

「お申し付け下さい/お申し付け頂ければ」とは?意味と使い方

何かございましたら、ご遠慮なくお申し付けください。 英語

A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 Q 先日うちのお店に電話がありまして、社長が不在でしたので、「もしよろしければ伝言を(社長に)お伝えしておきますが」と先方さんに言ったのです。 そうしたら傍らで聞いていたうちの母が「身内のことなのに『お伝えする』」はおかしいといわれました。 そこで質問です。 私は「お伝えする」が身内のことだとは思えなくて、むしろ先方さんの大事な「伝言」を丁寧に扱う為にそれを「お伝えする」というニュアンスで今までずっと考えていたのですが、この場合やはり「お伝えする」ではおかしいのでしょうか? 先方さんに向って伝える客体がうちの社長だからといって「それでは伝えておきますので」というのはなんかそっけないような違和感を憶えてならないんです。 「それではそのように社長には伝えておきますので」というしかないんでしょうか? どなたか有識者の方よろしかったら教えてください。

次の

「遠慮なくお申し付けください」って英語で何ていう?

何かございましたら、ご遠慮なくお申し付けください。 英語

「お申し付けください」は「申し付ける」を丁寧に表現した言葉 「お申し付けください」とは、 「言い付ける」の謙譲語である「申し付ける」をさらに丁寧した言葉です。 接頭語に「お」を加えて尊敬を表し、丁寧語の「ください」を付け加えているため敬語として正しい表現となります。 命令や指示の意味合いを含む「言い付ける」をそのまま使ってはビジネスシーンにおいて失礼にあたる場合があります。 相手を敬ってへりくだる形で「お申し付けください」とお願いすることで、目上の方や取引先の方などに敬意を表すことが可能です。 「お申し付けください」と同じ意味を持つ類語も存在します。 同じ言葉を使って表現しても良いですが、デキるビジネスパーソンを目指すのであれば語彙力を高め、時と場所によって使い分けできるよう、準備しておくことが大切です。 「お申し付けください」の意味 「お申し付けください」は、わかりやすく言うと 「なんでも遠慮なく言ってください」という意味です。 「なんでも遠慮なく言ってください」では目上の人やクライアントに対する言葉として軽い感じがするため、ビジネスシーンでは丁寧な敬語表現として「お申し付けください」を使いましょう。 「お申し付けください」の使い方 「お申し付けください」の意味を知ったうえで 正しい使い方を確認しましょう。 「お申し付けください」はビジネスシーンで目上の方や取引先との交渉など、相手側の要求を求める場面で使われます。 「部長にはよろしくとお言付けください。 」 「ことづけ」と読み、相手に対して伝言を伝えたい時や言葉を取り次いでもらう時に使います。 「言い付ける」という 命令や指図などの意味を持つ言葉ですが、告げ口や密告などと同じ読み方なので「言付け」とした方が丁寧です。 「お申し付けください」と「お申し出ください」に違いはある? 「お申し付けください」と「お申し出ください」は、共に同じ意味を持つ言葉なので使い方に大きな違いはありませんが、「お申し付けください」のほうが 要求や指示の度合いが高い言葉として使い分けることが可能です。 「お申し付けください」と「お申し出ください」はどちらも、指示や命令、要求などに対し丁寧に表現している言葉です。 目上の方や上司、クライアント、顧客など相手の立場や場面によって使い分けると良いでしょう。 ・If you have any questions, please let me know. 英語表現の場合は相手の行動に合わせた単語を使えばよいため、上記の場合は相手の「希望・願望」と「質問」を英語で表しています。 「お申し付けください」は間違いではない正しい敬語表現! 「お申し付けください」は「言い付ける」の謙譲語「申し付ける」をさらに丁寧した言葉です。 謙譲語を丁寧にした言葉であることからもわかる通り、相手の要望や命令に対して引き受けますという受け身の姿勢、へりくだった表現であるため、 正しい敬語としてビジネスシーンで使用可能です。 「お申し付けください」が正しく使える立派なビジネスパーソンを目指してくださいね。

次の