神 名前 かっこいい。 【保存版】海外のかっこいい男の子の名前は?意味と英語のランキングも!

アニメ・漫画のかっこいい名前を真似しよう!イケてるキャラの名前200選!

神 名前 かっこいい

スポンサーリンク 様々な神々が登場し、その神々同士の戦いや駆け引き、そして、神でありながら人間らしい性格で描かれるギリシャ神話の神たちの話は、とても興味深く、古代ギリシャから現在にかけて、他の文化や地域にも影響を与えてきました。 例えば、ルネサンス期の芸術や近代思想などには、このギリシャ神話が元になったものも存在していたり、から遠く離れたでは、アレクサンダー大王の遠征によって持ち込まれたギリシャ様式の彫刻「ゼウス神像の左足」が見つかっています。 一方で、ギリシャ神話に出てくる神々の中には、どのような神がいるかを知っている人はそこまで多くないかもしれません。 ギリシャ神話の神1:ガイア ガイアは 大地の象徴であるギリシャ神話の女神。 ギリシャ神話の中では、何もない状態である「 カオス (限なる存在全てを超越する無限を象徴している神でもある)」からガイアは誕生し、他の何物よりも先に存在して宇宙を支配していたとされる原初神で、天の神(ウーラノス)や、海の神(ポントス)などを産み落としたとされる 母なる神です。 そして、ガイアとガイアから産み落とされたウーラノスは結婚したため、ウーラノスは神々の王となり、二人の間にはクロノスを始めとした男女6柱ずつの ティーターン (オリュンポスの神々に先行する古の神々で巨大な体を持つのが特徴)が生まれたとされます。 また同時に、キュクロープスやギガースといった、魔人や怪物も産んだ原初神としても知られます。 このようなことから、への崇拝が広がる以前、 ギリシャ人はガイアを母なる女神として崇拝していたことがあり、アテネ、スパルタ、デルフィなどの古代都市に祭られています。 ギリシャ神話の神2:タルタロス (出典:) タルタロスもガイアと同じように原初神の一柱で、「 地獄の穴」と関連付けられる存在 (冥界タルタロス)。 その穴(空間)には、多くの神々が幽閉され、 タルタロスは神々が恐れるほどの存在でした。 一方で、女神ガイアとの間にはギリシャ神話に登場する テューポーンという息子がおり、このテューポーンは、身体の一部分が蛇である最強の巨人 (神々の王ゼウスに匹敵する力を持つとされる)にして、神あるいは怪物として恐れられています。 またテューポーンは、半人半蛇のエキドナを妻とし、ギリシャ神話に登場する多くの有名な怪物を生み出しました。 ギリシャ神話の神3:ウーラノス (出典:) ウーラノスは、 天空神であり全宇宙を最初に統一した、 原初の神々の王。 一方で、母親でもあるガイアと結婚し、その後に起こる荒々しい関係でよく知られています。 例えば、ウーラノスとガイアの間には、ティーターン12人、キュクロープス3人、ヘカトンケイル (五十頭百手の巨人)3人と、多くの子供が生まれ、その中の息子一人が自身を倒すという予言のために、ウラノスは子供たちを追放し、冥界タルタロスへ閉じ込めてしまいました。 対して ガイアは、その復讐として子供の1人であるクロノスにウーラノスを去勢するための鎌を与え、男性器を切り落とさせたのです。 ギリシャ神話の神4:クロノス 母ガイアの頼みを聞いて父であるウーラノスを去勢したクロノスは、その後、ウーラノスの後を継いで 全宇宙を支配した神々の王となりました。 また、ギリシャ神話では、 大地及び農耕の神として知られ、巨人神である ティーターンの長であったともされます。 このクロノスは、兄妹の一人 (ガイアとウーラノスの子)であるレアーとの間に子供をもうけましたが、「子供の1人は成長すると自身を凌駕するであろう」という予言にクロノスは苦しめられました。 そのため、クロノスは子供が産まれる度に子供を飲み込んでいましたが、ある時ゼウスが産まれると、レアーはゼウスを隠してクロノスには代わりに石を差し出します。 これが後に、 成長したゼウスはクロノスを倒し、兄妹を救って全知全能/全宇宙を支配する天空神となる話に繋がっていくのです。 ギリシャ神話の神5:プロメテウス ギリシャ神話に登場するティーターン神族の一柱であり、 火の神としても知られるのがプロメテウス。 人類から火を隠そうとしたゼウスから火を盗み出し、こっそりと人類に与えたことで、ゼウスとは仲が悪かったとされます。 また、プロメテウスは 人類の文明も開化させるなど、人類にとっては非常に重要な神であり、先見の明を持つ知的な神としても知られています。 ちなみに、プロメテウスという名前は「 先見の明を持つ者」という意味です。 ギリシャ神話の神6:ニュクス (出典:) ニュクスはギリシャ神話における原初神の一人で 夜の女神。 別な言い方をすると、昼を覆う存在です。 また、カオスの娘とされ、兄にして夫であるエレボスとの間に、昼の神 ヘーメラーと輝く大気の神 アイテール、そして冥界の渡し守り カローンをもうけたと言われ、他にも複数の神々を生み出しています。 ちなみに、ニュクスの兄であり夫であるエレボスは「暗黒の神」とされ、エレボスの存在によって古代ギリシャでは、暗闇の時代について、また、なぜ影と暗闇があるのかを説明されることがあったようです。 ギリシャ神話の神7:アトラース ギリシャ神話ではある時点において、 天の支配を巡り、ティーターン神族(巨人族)と、オリュンポスの神々 (ゼウスを始めとしたオリュンポス山の山頂に住まうと伝えられる12柱の神々)の間で、壮大な戦いが繰り広げられました。 そのティーターンの一人がアトラースです。 オリュンポスの神々が勝利すると、ゼウスはアトラスをティーターンの指導者として非難し、罰として、 世界の西の果てで「 天空を背負う」という役目を与えます。 ちなみに、この「天空を背負う」というのは言葉の通りで、非常に重い天空を背中で背負うため、相当な苦痛を伴うとされます。 ギリシャ神話の神8:エロース ギリシャ神話において、 愛や性愛の神とされるのがエロース。 その起源は少し不明な部分もあり、ガイアと同じようにカオスから生まれたとする説もあれば、軍神アレースと愛の女神アフロディーテの息子であるとされることもあります。 いわゆる 恋のキューピット的な存在で、エロースは弓矢を所持し、その矢で射られると、誰かと誰かが恋に落ちると信じられているのです。 ギリシャ神話の神9:アテナ ゼウスを筆頭とするオリュンポス十二神の一柱であり、ギリシャ神話では「 戦争の神」として、また他にも知恵、勇気、文明、数学、強さ、戦略、スキル、芸術、工芸を司るのがアテナという女神。 生涯処女を通したため、 処女神の一人としても知られます。 アテナは 完全に成長した鎧を着た姿でゼウスの頭から生まれたという、普通ではない出生の仕方で描かれ、ゼウスに酷い頭痛を与えたにもかかわらず、彼女はゼウスのお気に入りとなりました。 そして、その名前から分かる通り、ギリシャの首都アテネとこの女神アテナは結びついており、都市と文明の守護者としてアテネでは特に崇拝されています。 ギリシャ神話の神10:アレース ギリシャ神話に登場するオリュンポス十二神の一柱であり、神としては 戦を司るアレースは、その面で戦争の女神アテナと共通します。 しかし、 アテナは軍事戦略を象徴していましたが、アレースは露骨な暴力や戦場での狂乱を象徴しており、古代ギリシャ人にとっては畏怖の対象でした。 また、アフロディーテと関係を持ったことでも知られており、愛の神 エロース、敗走の神 フォボス、恐怖の神 デイモスなど、8人の子供を誕生させています。 ギリシャ神話の神11:アポローン 音楽、詩歌、芸術、神殿、疫病、薬学、弓、太陽、光明、知識の神であるなど、アポローンは非常に多くのことを司っていた神であり、ギリシャ神話においては重要な神でした。 ゼウスの息子であると同時に、アルテミスと双生児であるなど、その家族関係は強力で、オリュンポス十二神の中でも比較的よく耳にする存在です。 そのため、古代ギリシャにおいてアポローンは、常に尊敬の対象とされていただけでなく、 ローマ人も同じ名前で崇拝していた数少ない神の1人でした。 ギリシャ神話の神12:アルテミス アルテミスはギリシャ神話における 狩猟と貞潔の女神で処女神の一人。 ゼウスと女神レートーの間に生まれた娘で、アポローンとは双子として知られます。 勇敢で真っ直ぐな人柄を持ち、古代ギリシャでは非常に讃えられていた存在で、動物や、女性、子供たちをも保護する女神なのです。 ギリシャ神話の神13:アフロディーテ オリュンポス十二神の一柱で、ギリシャ神話において 愛と美と性を司るアフロディーテは、神々の中でも 最高の美を持つとされる女神。 そんなフロディーテは、ゼウスとアトラースの娘ディオーネーの娘であるという話がある一方、 クロノスがウーラノスを去勢した後に切り取った体の一部を海に投げ、その際に作られた泡からアフロディーテが誕生したという少し狂気じみた話も存在します。 ギリシャ神話の神14:ヘーパイストス ゼウスとヘーラーの息子として生まれ、オリュンポス十二神の一柱となったヘーパイストスは、 炎と鍛冶の神として知られます。 そして、「 親切で平和を愛する」という性格を有しており、これは、しばしば短気で嫉妬深い他の神々が有していなかった資質です。 一方でヘーパイストスは、オリュンポス十二神の中で唯一 醜い外見を持ってましたが、最も美しい女神とされたアフロディーテと後に結婚しています。 この結婚は、最も美しい女神を巡り他の神々が争うのを抑えるために行われた結婚だったようです。 ギリシャ神話の神15:デーメーテール 母なる大地という意味を持つ名前からも分かる通り、デーメーテールは 豊穣の女神として知られるオリュンポス十二神の一柱。 クロノスとレアーの娘であり、実はゼウスの姉で、また、ゼウスとの間にコレーという娘をもうけたり、ポセイドーンとの間に女神 デスポイアと アレイオーンという馬をもうけたことでも知られます。 ギリシャ神話の神16:ヘルメース ヘルメースは、オリュンポス十二神の一人であり、 人間界と天界を非常に素早く行き来できる特別な能力を有していました。 それゆえヘルメースは、神々の使者、神々と人間との結びつき、そして死者の魂を冥界や来世へ案内する役割も持っているとされ、 神々の伝令使的な存在です。 加えて、旅人や商人などを守護する一方、この神の有する機知や計略の才能によって、盗人や賭博の神としても知られます。 ギリシャ神話の神17:ニーケー ティーターン神族の血を引くパラースと、ギリシャ神話において地下を流れている大河が神格化した女神ステュクスの間に生まれたとされるのが、 勝利の女神とされるニーケー。 ニーケーは、ギリシャ人にとっては非常に崇拝されていた神で、 ゼウスの隣に座っている姿で描かれることもありました。 これは、ニーケーがゼウスを助けて勝利をもたらしたためです。 またニーケーは、勝利者に贈る花輪や、平和の象徴としてヤシの枝葉を抱く姿で描かれることもあります。 ギリシャ神話の神18:ディオニューソス オリュンポス十二神の一柱であり、ギリシャ人だけでなくローマ人にも崇拝されていたディオニューソスは、 豊穣、ブドウ酒(ワイン)、酩酊を司る神です。 特に、酩酊を生み出す力は、創作活動に有効だと考えられたため、芸術や文学を生み出すためにも重要な神と言われます。 ちなみにディオニューソスは、 古代ギリシャや古代ローマが成立する前から崇拝されていたと考えられ、もともとは外国の神であった可能性があります。 ギリシャ神話の神19:ヘスティアー 古代ギリシャにおいて、幸せな家庭生活を送ったり、美味しい食べ物を食べたりした際に、感謝する対象として存在していたのが「 炉の女神」とされるヘスティアー。 ゼウスやポセイドーン、そしてハーデースなどの兄弟です。 ある時、アポローンとポセイドンから求婚されますが、ヘスティアは両者とも拒否し、自身の希望によって「永遠の処女を守る」とゼウスに誓うなど、アテナやアルテミスと同じように 処女神であったとして知られます。 ギリシャ神話の神20:ヘーラー ゼウスの姉妹かつ妻であり、オリュンポス十二神の一柱であるヘーラーは、 結婚、母性、貞節を司る女神。 一方で、 非常に嫉妬深く復讐的な女神であり、その性格によってヘーラーは愛されるよりも恐れられる神でした。 文字通り身体をバラバラにしたり、動物に姿を変えたりすることに何のためらいもなく、意地悪く残酷な行為を多数行ったため、ある時ゼウスは怒り、ヘーラーを金色の鎖で雲の中から宙づりにしたと言われます。 ギリシャ神話の神21:ヘラクレス 名前を聞いたことがあるであろう「ヘラクレス」は、 半分が神で半分が人間である「 半神半人」の中では最大で、ギリシャ神話においては 英雄とされる存在。 同時に、ヘラクレスはその生い立ちから、本来は将来、ミケーネ王国の支配権を有するとされていました。 しかし、アルクメーネーの妊娠についてゼウスの妻で嫉妬深いヘーラーが知ると、ゼウスをだまして、もう一人のペルセウスの子孫「 エウリュステウス」をミケーネの王としてしまいます。 さらに、ヘーラーのヘラクレスの存在に対する嫉妬は、これで終わりではありませんでした。 ある時、ヘーラーは狂気でヘラクレスを襲い、妻と子供たちを殺して、ヘラクレスをエウリュステウスの奴隷としたのです。 ギリシャ神話の神22:ハーデース ゼウスやポセイドーンと共に、父であるクロノスを倒したハーデースは、 ゼウスとポセイドーンに次ぐ実力と力を持つ神。 クロノス打倒後、支配領域が3つに分けられ、ハーデースは冥界と地底を支配するようになったことから、 冥府の神や 地底の神として知られています。 ギリシャ神話の神23:ポセイドーン オリュンポス12神の一柱で、 ゼウスに次ぐ力を誇るとされるのがポセイドーン。 海の支配者としてだけでなく、その力によって大陸させも支えられているとされます。 一方で、ポセイドーンは信じられないくらい気分屋で怒りっぽく、その怒りによって度々嵐や地震が引き起こされるなど、恐れられる存在です。 そのため、古代ギリシャ神話の中では、人間だけでなく冥府の神ハーデースにさえ危惧されたこともありました。 クロノスとヘーラーの間に生まれたゼウスの力は圧倒的で絶対的。 その力を持ってすれば 全宇宙を焼き尽くすことが出来ると言われるほどです。 一方で、非常に人間らしい性格を持ち、中でも女神だけでなく人間の女性とも関係を持ったことは有名で、これが、半神半人の英雄たちを生み出してきました。 そのためギリシャ神話でゼウスは、 神々の父としてのみならず、 人類の父としても描かれます。 合わせて読みたい世界雑学記事• ギリシャ神話を知るためにも、ちょっとした参考にしてください。

次の

ギリシャ神話の神一覧|名前や種類(オリュンポス十二神・ティーターン)などを確認

神 名前 かっこいい

【第4位】 Raahithya(ラーヒズヤ) 【人名の意味・由来】インド人男性のかっこいい名前第4位の「 Raahithya(ラーヒズヤ)」は、「繁栄する」という意味を持ったヒンディー語の男性の名前です。 その意味から、たくさんの親が子どもの名付けに使っています。 【第5位】Kabir(カビーア) 【人名の意味・由来】インド人男性のかっこいい名前第5位の「Kabir(カビーア)」は、スーフィー聖者を尊敬するという意味合いを持っているヒンディー語の男性の名前です。 「偉大な」という意味も持っています。 【第6位】Arush(アールシュ) 【人名の意味・由来】インド人男性のかっこいい名前第6位の「Arush(アールシュ)」は、最近になって名付けに使われるようになった、モダンでユニークな男性の名前です。 「太陽の日差し」とい意味を持っています。 インド人男性のかっこいい名前・人名【第7位〜第9位】 【第7位】Krishna(クリシュナ) 【人名の意味・由来】インド人男性のかっこいい名前第7位の「Krishna(クリシュナ)」は、インド神話に出てくる神の第八化身でもある「クリシュナ」から取った男性の名前です。 【第8位】Atharv(アサーヴ) 【人名の意味・由来】インド人男性のかっこいい名前第8位の「Atharv(アサーヴ)」は、古代インドのバラモン教の根本聖典である「Veda(ヴェーダ)」という意味を持った男性の名前です。 【第9位】 Ishaan(イシャン) 【人名の意味・由来】インド人男性のかっこいい名前第9位の「 Ishaan(イシャン)」は、ヒンドゥー教の神の一人「Lord Vishnu(ヴィシュヌ)」の別名です。 「金持ちの先駆者」や「太陽」という意味を持っています。 インド人男性のかっこいい名前・人名【第10位〜第12位】 【第11位】Madhavaditya(マドハヴァディティア) 【人名の意味・由来】インド人男性のかっこいい名前第11位の「Madhavaditya(マドハヴァディティア)」は、インドで非常に人気の名前である「Aditya(アディティア)」を個性的にアレンジした名前です。 「春」という意味を持っています。 【第12位】Dhruv(ドゥルーヴ) 【人名の意味・由来】インド人男性のかっこいい名前第12位の「Dhruv(ドゥルーヴ)」は、ヒンディー語で「北極星」という意味を持った男性の名前です。 インド人男性のかっこいい名前・人名21選【第13位〜第21位】 インド人男性のかっこいい名前・人名21選【第13位〜第21位】 【第4位】Chaitali(チャリタリ) 【人名の意味・由来】インド人女性のかわいい名前第4位の「Chaitali(チャリタリ)」は、ベンガル語の女性の名前です。 「3月に生まれた子ども」という意味を持っています。 【第5位】Damini(ダミニ) 【人名の意味・由来】インド人女性のかわいい名前第5位の「Damini(ダミニ)」は、サンスクリット語で「雷」という意味を持った女性の名前です。 強い女性であってほしいという願いも込められてつけられる名前です。 【第6位】Deeksha(ディークシャ) 【人名の意味・由来】インド人女性のかわいい名前第6位の「Deeksha(ディークシャ)」は、「スピリチュアルの始まり」という意味を持ったヒンディー語の女性の名前です。 インドの文化が語源とされています。 インド人女性のかわいい名前・人名【第7位〜第9位】 【人名の意味・由来】インド人女性のかわいい名前第7位の「Gaurika(ガウリカ)」は、南インドでポピュラーとされるヒンディー語の女性の名前です。 「若き女性」という意味を持っています。 【第8位】Harisha(ハリシャ) 【人名の意味・由来】インド人女性のかわいい名前第8位の「Harisha(ハリシャ)」は、サンスクリット語で「幸せ」という意味を持った女性の名前です。 インドでもポピュラーな名前となっています。 【第9位】Ila(アイラ) 【人名の意味・由来】インド人女性のかわいい名前第9位の「Ila(アイラ)」は、「地球」という意味を持ったヒンディー語の女性の名前です。 ヒンドゥー教の立法者でもある「マヌ」の娘という意味も持っています。 インド人女性のかわいい名前・人名【第10位〜第12位】 【第10位】Kaira(カイラ) 【人名の意味・由来】インド人女性のかわいい名前第10位の「Kaira(カイラ)」は、「平和」という意味を持ったヒンディー語の女性の名前です。 「Katherine(キャスリン)」という名前の省略形としても使われます。 【第11位】Kanchana(カンチャーナ) 【人名の意味・由来】インド人女性のかわいい名前第11位の「Kanchana(カンチャーナ)」は、南インドやスリランカで人気の女性の名前です。 「黄金」という意味を持っています。 【第12位】Rathi(ラシ) 【人名の意味・由来】インド人女性のかわいい名前第12位の「Rathi(ラシ)」は、「ヒンドゥー教の女神たちの愛」という意味を持った女性の名前です。 ヒンドゥー教の神話を愛する親が子どもにつける名前です。 【第5位】 Varma(ヴァルマ) 【人名の意味・由来】インド人のかっこいい・かわいい苗字第5位の「 Varma(ヴァルマ)」は、北インドの地方に住む人たちの苗字です。 サンスクリット語の「armor(防御)」という言葉が語源とされています。 【第6位】Chowdhury(チャウデゥリー) 【人名の意味・由来】インド人のかっこいい・かわいい苗字第6位の「Chowdhury(チャウデゥリー)」は、階級の上位を表すヒンディー語の苗字です。 もともとは高貴な一族にしか与えられなかった苗字ですが、現在ではムスリムやヒンディーに関係なく使えるようになりました。 インド人のかっこいい・かわいい苗字【第7位〜第9位】 【第7位】Chakrabarti(チャクラバルティ) 【人名の意味・由来】インド人のかっこいい・かわいい苗字第7位の「Chakrabarti(チャクラバルティ)」は、ベンガル語苗字です。 【第8位】Amin(アミン) 【人名の意味・由来】インド人のかっこいい・かわいい苗字第8位の「Amin(アミン)」は、ムスリムの苗字です。 アラブ語の「amin(信頼できる)」という言葉が語源となっています。 【第9位】Datta(ダッタ) 【人名の意味・由来】インド人のかっこいい・かわいい苗字第9位の「Datta(ダッタ)」は、ベンガル語とプンジャビ語の苗字です。 サンスクリット語の「datta(贈り物)」という言葉が語源となっています。 インド人のかっこいい・かわいい苗字【第10位〜第12位】 【第10位】Lal(ラル) 【人名の意味・由来】インド人のかっこいい・かわいい苗字第10位の「Lal(ラル)」は、ヒンディー語の苗字です。 サンスクリット語の「lala(かわいい子ちゃん)」という言葉が語源となっています。 【第11位】Kashyap(カシュヤップ) 【人名の意味・由来】インド人のかっこいい・かわいい苗字第11位の「Kashyap(カシュヤップ)」は、インドのバラモンの血縁集団「ゴートラ」が基本となったヒンディー語の苗字です。 「鹿」や「亀」という意味を持っています。 【第12位】Gandhi(ガンディー) 【人名の意味・由来】インド人のかっこいい・かわいい苗字第12位の「Gandhi(ガンディー)」は、かつて「香水売り」という職業の方の苗字でした。 グジャラート語の「gandha(薬局)」が語源となった苗字です。 インド人のかっこいい・かわいい苗字21選【第13位〜第21位】 インド人のかっこいい・かわいい苗字【第13位〜第21位】 インド人のかっこいい・かわいい苗字【第13位〜第21位】• 【第13位】 Das(ダス)• 【第14位】Dubey(ドゥビー)• 【第15位】Mallick(マリック)• 【第16位】Kumar(クマール)• 【第17位】Mani(マニ)• 【第18位】Biswas(ビスワス)• 【第19位】Seth(セス)• 【第20位】Pandey(パンディー)• 【第21位】Naidu(ナイドゥ) インド人の名前はかっこいいものもかわいいものもたくさん! インド人のかっこいい名前、かわいい名前はいかがだったでしょうか。 インド人の名前は普段あまり親しみがないので、どれも日本人にとっては不思議な魅力のある名前ばかりだったのではないでしょうか。 インドの名前は、下の名前も苗字も、宗教やカースト制が絡んでいる場合が多いようですね。 他にも、アジア人の名前を以下の記事で紹介いたします。 国民性や宗教、言語などの由来があってユニークですので、ぜひご覧ください!.

次の

かっこいい名前の日本刀ランキング10!思わず惚れる名刀は?

神 名前 かっこいい

中近東 [ ] アブラハムの宗教 [ ] 、、は、同じ神を信じている。 しかし、ユダヤ教徒とイスラム教徒は神を、厳格な的な語として思い浮かべるのに対して、ほとんどのキリスト教徒の神はとして存在すると信じている。 ユダヤ教 [ ] の1つ、 20章7節の命令を根拠として、ユダヤ教においては古代から神の名を発音することを避けてきた。 このため、現在では正確な呼称を知っている者は少なく、祭司家系の者たちの間で口伝されるのみであると伝えられる。 詳細は「」を参照 キリスト教 [ ] 歴史的には、キリスト教はひとりの神を信じ、「神」として知られ、ひとりの神また神格を成す神聖な三者()を信じると公言した。 (参照 : )。 そのため、三位一体論的一神論者であるキリスト教徒がほとんどであるが、中にはそれに異議を唱える者もいる。 以下の記事を参照。 、、例えば、。 これら反三位一体論のグループは、ただひとりのが神であると信じている。 末日聖徒は父と子ととが三つの別個の神々を成すと信じている。 エホバの証人は はイエス・キリストより上位であり、は神の活動する力であると信じている。 イスラム教 [ ] はイスラム教のもっとも伝統的な神を表す言葉である(固有名詞ではない)。 イスラム教の伝統はまたも語る。 ユダヤ教やキリスト教よりもある意味では詳細に神の存在の状態を定義しており、キリスト教で伝える三位一体は明確に否定し、その実態については「目なくして見、耳なくして聞き、口なくして語る」物理的な要素はない精神と力のみの存在としている。 その他 [ ] 二つの小宗教はのどの区分にもまったく該当しない。 はを崇拝し、もユダヤ教、キリスト教、イスラム教と同じ神を崇拝する。 エジプト神話の神々 [ ] の神々は実在の動物と関連する姿をとることが多い。 例えば、アヌビスはの体を持つが、頭はである。 - 創造神の一柱。 - 太陽の光の化身。 - 死体を腐らせない神。 死の友。 - 闇と混沌の象徴。 - 雄羊の神。 - 魔法の女神。 ネフテュスの姉妹。 - 知恵、医術と魔法の神。 - の女神。 - 冥府の神。 - 創造神の一柱。 - 大地の神。 - 、日の出の化身。 - 月の神。 - 大気の神。 - 戦闘の女神。 の頭を持つ。 - 嵐の神。 アヌビスの父ともいわれる。 - の神。 - の女神。 イシスの従者。 - 星の女神。 - の女神。 - 天候の女神。 秩序、公正、時、天国と地獄の守護神。 - 月、製造、著述、幾何学、知恵、医術、音楽、天文学、魔術の神。 - 偉大なる母なる女神。 - の女神。 - 天国と空の女神。 - 原始の海。 - アヌビスの母。 - の女神。 - 愛の女神、音楽の女神、ホルスの妻。 - ナイル川の神、豊穣の神。 - 創造神の一柱。 - の女神。 - 出産や娯楽、保護の神-魔神(? - 隼の頭を持つ神。 - 4個のを人格化した神。 - 真理、調和、秩序の女神。 () - ライオンの頭をもつ戦闘の神。 () - 雌獅子の神。 - 戦争の神。 - アメンの妻。 ムートとも。 - 太陽神。 アヌビスの父ともいわれる。 参照: メソポタミア神話の神々 [ ] に伝わる神話の総称。 とから成る。 - 天の父。 - 最高の天の神• - 神々と地下世界の海の支配者• - アッシリアの国家神。 - 地球の母なる女神• - 知恵の神。 - 天候と嵐の神。 () - 戦争の神。 () - 天候の神。 - 愛の女神。 - ティアマトの夫。 - 地を司る女神(の妻にして妹)• - バビロニアの国家神。 - 霧の神。 - 知恵と書紀の神。 - 全ての神々の母• - 太陽と正義の神。 - 月の神。 - 原初の女神。 - との子。 との父。 - アプスーとティアマトの娘。 アンシャルとキシャルの母。 シュメール神話の神々 [ ] の神々。 () 「」も参照 アッカド神話 [ ] を支配したが継承した神話。 言語によりとに分けられる。 バビロニア神話の神々 [ ]• アッシリア神話 [ ]• ウガリット神話の神々 [ ] はアブラハムの宗教と民族的にも近縁の神話体系。 - 神々の女王• - 豊穣多産の女神• - 愛と戦いの女神• - 神を指す言葉• - 工芸神• - 太陽神• / - 嵐と慈雨の神• - 炎と死と乾季の神• - 海と川の神 ヒッタイト神話の神々 [ ] は紀元前15世紀頃現在のに王国を築いた民族。 ( ()も参照)• Alalu• () Hebat• () Kumarbi• Sharruma• () Shaushka• Telipinu• () Teshub - 嵐・天候神。 アルメニア神話 [ ] はキリスト教が入るよりも以前の古代で信仰されていた神話• - 愛と美貌・水源と湖の神• - 太陽・光・豊穣の神• - 太陽・火・戦いの神• ゾロアスター教の神々 [ ]• - の最高神。 - アフラ・マズダーに従う7柱の善神。 - 水の神• - アムシャ・スプンタに次ぐ地位の善神。 - 火の神• - 水神• - 川・水を司る神• - 英雄神• - 星、慈雨の神• - 太陽神• - 英雄神、司法神、光明神、牧畜の守護神• - 万物に宿るとされる精霊。 - ゾロアスター教の最大の悪神• 北アジア [ ] エヴェンキ族の神話 [ ] はの民族。 東アジア [ ] 中国の神々 [ ] (詳細はを参照)• ばんこ - 創世神• の三皇• / ふっき、ふくぎ• じょか• へきかげんくん /天仙娘娘• 道教の神々 [ ] は三大宗教()の一つ。 元始天王() — 天地創造の神• 天地人三才• — 元始天王から生まれた神• — 天皇から生まれた神• — 地皇から生まれた神• — 神農の後裔• せんぎょく• (玉清) — でないと近づき難い最も神格の高い最高神• 道徳天尊(太清・・)• 霊宝天尊(上清・)• (雷帝) — 雷神の最高神• (九霊太妙亀山金母)• 東王公()• (昊天上帝・天公) — 信仰者にとって事実上の最高神• 五斗星君• — 北斗七星の神格化• — 南斗六星の神格化• (寿星) — の神格化での・と同一神とされることもある。 四霊星君()• (玄天上帝) — の分身とされる• (五雷元帥) — 雷帝の部下• — 水界の神• — 地界の神• — 天界の神• () — 北極星の神格化• 東岳大帝() — ()の神• — ()の神• — ()の神• — ()の神• — ()の神• 救済の神• — 免罪の神• — 国難打破の神• (天上聖母) — 航海の守護神• 衣食神• — かまどの神• 関聖帝君() — を神格化した武神・財神• 趙玄壇 — の神格化• 冥界の神• — 地獄の最高神• — 仏教のを取り込んだ神• 学問の神• — 学問の神• /制字先師(そうけつ) — を作ったとされる神• 生育の神• (へきかげんくん)• — 安産の神• — の神格化• 芸能神• — 黄帝の臣で音楽の神• — 唐の皇帝を神格化した芸能・芸術の神• — 病気治癒の医神• — 医師の守護神• 辟邪神• (いしがんどう)• (しょうき)• — 悪霊の侵入を防ぐ神• 中壇元帥()• 張天師()• — の神格化• (、、 ()、、、 ()) — トイレで殺害された女性の• () — 厠神• (、) — 厠神• /城隍爺(じょうこうしん) — 城壁都市の支配神• — 村落・郊外の守護神• — 墓の守護神• (しょううりけん)/• (そうこっきゅう)• — 黄河の神• (けんせいじろうしんくん) — 治水の神• 日本の神々 [ ] 、で多数な神がおり、総称して「八百万(やおよろず)の神」といわれる。 日本神話においての神々のなかでもとくにが尊いとされ、そのは主神となっている。 詳細は「」を参照 インド・南アジア [ ] ヒンドゥー教の神々 [ ] はやで多数派を占める。 - 火神• - 雷霆神。 - 風神。 - 維持の神。 - 戦いの女神。 - 愛の神。 - ガンジス川を神格化した女神。 - 富と財宝の神• - 破壊の神• - 軍神• - 太陽神• ダーキニー()• (梵天) - 創造の神。 - 暴風雨神。 /ルドラ神群• ヨーロッパ [ ] ギリシア神話 [ ] も参照。 - 原初神、天空神• - 医神• - 星空の神• - 知恵、芸術、工芸、戦略の神• - 風の神々• エウロス - 東風• ゼピュロス - 西風• ノトス - 南風• ボレアース - 北風• /アフロディテ - 愛と美と性を司る神• /アポロン - 太陽と光明と芸術を司る神• - 狩猟、純潔の神• - 戦を司る神• - ティーターン族• - 虹の女神• - 天空神• - 暁の神• - 復讐の女神達• - 暗黒の神• - 恋心と性愛の神• - 海の神• - 夢の神• / - 吟遊詩人• - 原初の地母神、世界そのもの• - 混沌の神• - 美と優雅を司る女神達• カリテス - カリスの複数形• / -単眼の巨人• - ティーターン族• - 農耕、または時間の神• - ティーターン族• - 雷と天空を司る最高神• - 月の女神• - 死の神• / - 地獄・奈落の神• - 地下水の女神の母• - 豊穣とブドウ酒と酩酊の神• - 天空の女神• - 古の神々• - 法・掟の女神• - 穀物の栽培を人間に教えた神• - 夜の女神• - 義憤の女神• - 地下・豊穣・冥界の神• - 牧羊神• - 眠りの神• - 太陽神・光明神• - 人に火を与えた神• - 地母神• / - 三人の巨人• - 炉の女神• - 炎・鍛冶の神• - 青春の女神• - 昼の女神• - 結婚・母性・貞節の女神• - 太陽神• / - 春の女神・冥界の女王• - 幸運と盗みの青年神• - 時間の女神• - ホーラの複数形• - 海洋の神• /ミューズ - 文芸を司る女神達• ムーサイ - ムーサの複数形• - 運命の三女神• - 定業の神• - 大地の女神• 以下も参照。 、、、、、、 ローマ神話の神々 [ ]• - 火の神• - 竈の女神・家庭の守護神• - 愛と美の女神• /キューピット - 愛の神• - 豊穣神、地母神、地下神• - 太陽神• - 狩猟、貞節、月の女神• - 海神、馬の神• - 戦神、農耕神• - 医学・知恵・工芸・魔術を司る女神• - 最高神• - 月の女神• (詳細はを参照) エトルリア人の神々 [ ] は中部の先住民族。 ( ())• Turan - 愛と活力の女神• () サルデーニャ島の神々 [ ] は西の島。 ( Deities) Sardinian deities, mainly referred to in the age of , are partly derived from n ones. - Goddesses of death• - God of• - Goddesses of reproduction women dead in childbirth• - Goddess of Earth and fertility ダキア人の神々 [ ] はに住んでいた系の民族。 ( Deities)• () ケルト神話の神々 [ ] はの草原からと付きの乗り物を持ってに渡来したの民族。 (も参照)()• () Artio - 熊の女神。 - 馬・ロバ・ラバの神。 - 戦いと豊穣の女神。 (アンガス・マク・オグ)• - 戦い・言語・霊感の神。 () Creidhne - ゴヴニュの息子で金属細工の神。 クレーニュとも。 - 月の女神、冥界の女神。 - 狩猟の神・冥府神。 - 工芸の神の一柱。 () - 雷神。 - 戦いの神、水に縁のある神。 - 光・火・治癒を司る神。 ()(「祝福されたブラン」とも。 Bendigeidfran) - 『』に登場するウェールズ王。 その名前は「祝福されたカラス(またはワタリガラス)」を意味する。 () Boann - の女神。 () Miach - ディアン・ケヒトの息子。 父より優れた医術を持っていたため父に恐れられて殺される。 - 太陽神。 北欧神話の神々 [ ] 詳細は、を参照。 - オーディンの息子。 - 狩猟、弓術、スキー、決闘の神。 - 海の神。 - 神々の王。 - 太陽の女神• - 軍神。 - 雷神・農耕神・戦神。 - 海の神。 - 運命の女神。 複数形は。 - 光の神。 - 正義、平和、真実を司る神。 - 詩の神• - 愛と結婚と豊穣の女神• - 豊穣の神。 - 光の神• - 月神• - 冥界の女神• (ワルキューレとも。 も参照) スラヴ神話の神々 [ ] は、・に居住し、に属する言語を話す諸民族集団。 (も参照)• 東スラヴの神々• - 太陽神、火の精霊• - 風神• - 太陽神• - 雷神• - 太陽神• 西スラヴの神々• - 天神• - 死神• () Jarovit - 豊穣神。 南スラヴのと同一起原と考えられている。 南スラヴの神々• - 植物、肥沃、春を司る神。 バルト神話 [ ] ラトビア人の神々 [ ] はの基本住民を形成する民族。 ( ()も参照)• Auseklis - 明星神。 かつては運命を司ると考えられていた。 () - 天空神。 () Jumis - 豊饒神。 かつては運命を司ると考えられていた。 () Laima - 運命の女神。 Saule - 太陽の女神。 馬との結びつきも深く、この神を象徴する記号は太陽を運ぶ馬を表現している。 ウースィンシュとも。 自然やを崇拝し、日本神道と似ているラトビア土着信仰「」における主要な神々は約20柱いる。 リトアニアの神々 [ ] は北ヨーロッパの国家。 (、 ()も参照)• () Dalia - 運命の女神。 () Dievas - 天空神。 () Laima - 運命の女神。 () Menuo - 月の神。 ( ()も参照)• () またはDeiwas - 天空神• フィンランド神話の神々 [ ] 古の宗教に関する文書はあまり残されていない上、神々の名前や崇拝の仕方に関していえば土地土地で異なっていた。 次に示すのは、最重要かつ最も広範に崇拝されている神々の概略である。 () - 川、湖、海の神。 - 冥界の女神。 - タピオの妻。 () - 草原と農業を司る神もしくは女神(実際の性別は不明)。 - 古代のフィン族あるいはエストニア人の神。 () - ウッコの妻。 豊穣の女神。 - 森と野生動物の神。 - 最高神。 天と雷の神。 アフリカ(エジプト以外) [ ] アカン族の神話 [ ] ()は、の民族。 (も参照)• アカンバ族の神話 [ ] は、の先住民族。 アサ Asa アシャンティの神話 [ ] は、かつてにあった王国。 (も参照)• ビア Bia)• イボ神話 [ ] は、の民族。 (も参照)• ズールー族の神々 [ ] は、の民族。 (も参照)• ブションゴ族の神話 [ ] ()• () ダホメ神話 [ ] (ダオメともいう)は、17世紀から19世紀にかけて西アフリカにあった王国。 (も参照)• Ayaba• ダ Da• Gbadu• ロコ Loko• Sogbo• Zinsi• Zinsu ディンカ族の神話 [ ] は、の民族。 (も参照)• ニャリッチ Nyalitch エフィク族の神話 [ ]• アバッシ Abassi• アタイ Atai Isoko mythology [ ]• コイコイ人の神話 [ ] は、南アフリカの民族。 「ホッテントット」と呼ばれた。 (も参照)• () Utixo - ティクア Tiqua とも。 天空神。 キリスト教の宣教師が聖書の神を表す名として用いた。 サン人の神話 [ ] は、南アフリカの民族。 「ブッシュマン」と呼ばれた。 (も参照)• ()(Cagn。 カアング Kaang 、カッゲン Kaggen とも) - 太陽神、創造神• コティ Coti - カグンの妻• ガウナブ Gaunab - 疫病神、死神• ヘイツィ・エイビブ Heitsi-Eibib - 文化英雄• ツイ・ゴアブ Tsui'goab - 天空神、雷神• Xu - 慈悲の神、全能の神 トゥンブカ族の神話 [ ] トゥンブカ族は、北部、東部、南部に住む民族。 (も参照)• チウタ Chiuta - 全能の神 ドゴン族の神話 [ ] はに住む民族。 (も参照)• Amma• Nonmo• Yurugu ピグミー族の神々 [ ] は各地で暮らす民族。 (も参照)• Arebati• トレ Tore ヨルバ族の神話 [ ] は、ナイジェリアの民族。 (、も参照)• アジェ Aje• シャンゴ Shango• ルグバラ族の神話 [ ]• ロトゥコ族の神話 [ ] ()• Ajok アメリカ大陸 [ ] メソアメリカ [ ] アステカ神話の神々 [ ] はの中央部に栄えたの国家(も参照)。 - 霜の神• - 塩の女神• - 太陽神・軍神・狩猟神• - 音楽・ダンスの神• - 風の神• /オメテクトリ/オメシワトル - 創造神• - 狩猟と釣りの神• - 文化神・農耕神• - 地母神• - 星の神• - 穀物神• - 金星の神• - 地母神• /シンテオトル - トウモロコシの神• - トウモロコシと豊穣の女神• - 水の神• - かまどと火山の火の女神• - 創造神・悪魔• - 地震・山彦・ジャガーの神• - 食物の創造者にして分配者• - 太陽神• - 破壊神• - 大地・愛欲の女神• - 雨・稲妻の神• - リュウゼツランの女神、の妻• - 死神• - 死神• () - 古き神• () - 大地と死と銀河の女神• () - 農耕の女神、 ()の女王• () - 癒しと祝祭とゲームの神• () - 音楽と踊りの神• () - 月の神• () - 卑しき神• () - 酒の神、薬の神• () - ウィツィロポチトリの伝令• () - 古き月の神• () - 大地の女神• () - 若いトウモロコシの実の女神• () - 死の中の生命を司る神• () - 花、肥沃、ゲーム、ダンス、農業、職人、売春婦、および妊婦の女神• () - 花の神、狩猟の神、祝祭と若いトウモロコシの神• () - 商人の神、旅人の守護神 マヤ神話の神々 [ ] はメキシコ南東部、、などの地域を中心に栄えた文明。 (詳細は、を参照)• - 自殺の女神。 - 月の女神。 - ジャガーの神。 - 知識の神。 Kauil - 稲妻、火、王朝の始祖に関連づけられる神。 「 ()の神々 : Schellhas gods 」においては神Kに分類されている。 後は「ボロン・ザカブ」 (ボロン・ツァカブ Bolon tza cab とも)と呼ばれた。 - 蝙蝠の悪神。 - 太陽神。 - 羽の生えた蛇の神。 - 死の神。 - 雨の神。 - 4つの方角の神。 - 創造神。 - 創造神。 - トウモロコシの神。 北アメリカ [ ] のたちは、「」という概念を共有している。 これはによって呼び名は違うが、を包み込む「」であり、万物の中心である。 あらゆる神々、もすべてこの「偉大なる神秘」のもとにあるが、「偉大なる神秘」そのものは神でも精霊でもない。 アベナキ族の神話 [ ] は、のインディアン部族。 ( )• - spirit• - kind protector of humanity• - cruel, evil god• - the creator エスキモー・イヌイットの神話 [ ] は・のに暮らす狩猟民族。 () - 海の邪神、死と破壊を司る• () - 月の神• () - イガルクの宿敵、敗れて星となる• () - 地母神であり海の女神• () - 熊の神• () - セドナの別名• () - 狩猟の女神• () - 太陽の女神 グアラニー族の神話 [ ] は、の。 () クリーク族の神話 [ ] は、アメリカ南東部とのインディアン部族、のこと。 () クワキウトル族の神話 [ ] 族は、部のインディアン部族。 () サリシ族の神々 [ ] は、カナダのインディアン部族で、西海岸の漁猟部族。 () チペワ族の神話 [ ] は、アメリカのに住む部族。 () -。 () ハイダ族の神話 [ ] は、のインディアン部族で、西海岸の漁猟民族。 () ヒューロン族の神話 [ ] は、北アメリカ大陸北部の、周辺や周辺などに居住するインディアン部族で、のこと。 () ポーニー族の神々 [ ] は、アメリカ中西部平原のインディアン部族。 - 大地母神。 パー Pah - 月の神。 - 太陽神。 - 創造神。 19世紀末までは、を捧げられた。 ホピ族の神話 [ ] は・に暮らすインディアンで、彼らの宗教観はなど現代の文化に影響を与えている。 () - 収穫の神• ) - 原初の創造神• See also ()娯楽の神ターニングチーゴ イロコイ族の神話 [ ] はとの間にあるインディアン国家。 合衆国憲法の元となった仕組みを持っている。 () スー族の神話 [ ] は、アメリカの大平原に住むインディアン部族。 - 宇宙の真理。 神、精霊ではない。 - 石の精霊。 - 母なる大地の精霊。 - 空の精霊。 - 太陽の精霊。 - 月の精霊。 ウィの妻。 - 風の精霊。 - ウィとハンウィの娘。 偉大なる仲介者。 - 邪悪の精霊。 - 地下に棲む「オールド・マン」• - 魔女。 - ワズィヤとワカンカの娘。 二つの顔を持つ。 - 雷の精霊。 - 蜘蛛の精霊。。 ナバホ族の神話 [ ] は、アメリカ南西部に住むインディアン部族。 神話を原典に持つ。 () ズニ族の神々 [ ] は、アメリカ南西部のインディアン部族。 定住農耕民。 () セネカ族の神々 [ ] は、インディアンのの6部族のひとつ。 () 南アメリカ [ ] インカ神話の神々 [ ] はのを中心に存在し、インカ人は現在も伝統を伝えている。 (参照)• () - 稲妻の神• () - 夜明け、夕暮れ、金星の女神• Coniraya - 創造神の一柱、月の神• () - 家庭と富の神• () - 神的存在• Huallallo Carhuincho - 創造神の一柱、火の神• () - 天候の神• Inti - 太陽神• () - インティとママ・キジャの息子。 () - 豊穣と収穫の女神• () - 海と魚の神• Pachamama - 竜の姿をした沃土の女神• () - 月の女神• () - 穀物の女神• Manqu Qhapaq• Pachacamac - 創造の神• Pariacaca, - 創造神の一柱、水の神• () - 死の神• () - 金属と宝石の神• Viracocha - 文明の創造者• Amaru - 竜神 オーストラリア・オセアニア [ ] アボリジニーの神話 [ ] は、の先住民族。 ターニングチーゴ 娯楽の神( )• Eingana• [ ]( [ ])• Yurlungur ターニングチーゴ 娯楽の神 ポリネシアの神話 [ ] は、の海洋部の区分の一つ。 タンガロア、タガロア、タアロア、 , , , ,• , p. 126. (「ゴブニュ」の項)• , pp. 117-118. (「エスス、タラニス、テウタテス」の項)• , p. 140. (「ベンディゲイドブラン」の項)• , pp. 140-141. (「ボアン」の項)• , p. 132. (「ディアン・ケヒト」の項)• 中堀正洋「ヤロヴィト」『神の文化史事典』ほか編、白水社、2013年2月、p. 549。 265. (第6章 バルト族の女神(ライマ) A ラトヴィア人)• (249 バルト諸民族の宗教)• , p. (249 バルト諸民族の宗教)• 『木漏れ日のラトヴィア』、pp. 14-15。 , p. (249 バルト諸民族の宗教)• 『木漏れ日のラトヴィア』、p. , pp. 268-269. (第6章 バルト族の女神(ライマ) B リトアニア人)• , p. 267. (第6章 バルト族の女神(ライマ) B リトアニア人)• 599-601。 (参照:p. 600)• , p. 154. (「シェルハスの神々」の項)• , p. 261. (「パレンケの三神」の項)• 『Lame Deer Seeker of Visions. Simon and Schuster』(Lame Deer, John Fire and Richard Erdoes. New York, New York, 1972) 参考文献 [ ]• 『妖精学大全』、2008年7月。 『世界宗教史 5 ムハンマドから宗教改革の時代まで(上)』訳、〈〉、2000年7月。 『図説 マヤ・アステカ神話宗教事典』、編、増田義郎監修、武井摩利訳、、2000年9月(原著1993年)。 『運命の女神 - その説話と民間信仰 新装』竹原威滋訳、、2005年6月。 関連項目 [ ]•

次の