カビゴン あくび まもる。 【ソードシールド】カビゴンの育成論!超耐久超火力を秘めた物理アタッカー【ポケモン剣盾】

【ポケモン剣盾】あくびの使い方と対策

カビゴン あくび まもる

確実にねむり状態にする強力な技 次のターン終了時に『ねむり』にする あくびの効果は、あくびをした 次のターンの終了時に相手を『ねむり』状態にします。 この『次のターン終了時にねむりになる状態』のことを『ねむけ』状態と呼びます。 次のターンの終了時に眠るので、相手は 眠るまでに2回行動することができます。 交代したら効果が切れる なお、眠る前に相手ポケモンが 交代した場合は効果が切れます。 あくびをした側のポケモンは交代しても関係ありません。 同じ相手に連続で使うと失敗する ちょっと分かりづらいですが、あくびを受けてから眠るまでの間は、再度あくびを受けても技は失敗します。 例えば、ラムの実を持っている相手に対してあくびをするケース。 1ターン目にあくび 成功• 相手は交代せず行動• 2ターン目にあくび 失敗• 相手は交代せず行動• 仮に2ターン目に相手ポケモンが交代した場合は、交代先のポケモンにあくびが成功します。 ダイマックスにも有効 ダイマックス状態だと無効になる技が多い中、 あくびはダイマックス相手にも有効です。 対戦環境が整い始めてからあくび持ちの人気が急上昇してきたのは、ダイマックスを流せるのが大きな要因でしょう。 あくびを使うポケモン ソードシールドに登場する、あくびを使う代表的なポケモンを紹介します。 カバルドン• ブラッキー• ヌオー• カビゴン• トリトドン• シャワーズ 相手がこれらのポケモンを出してきたら、あくびを警戒しましょう。 あくびステロの組み合わせは鬼 あくびの対策 『あくび』は厄介な技ですが、対策する方法は色々あります。 対策には対面限定で有効なものと、後出しからでも有効なものの2パターンが存在します。 ちょうはつ 相手の変化技を封じる『ちょうはつ』は代表的なあくび対策です。 あくび持ちポケモンの多くは変化技メインのため、 挑発を撃たれると置き物状態になります。 ただし挑発のデメリットとして、 後出しからでは対策にならない点が挙げられます。 相手が『あくび』したのを見てから挑発持ちに交代しても、結局あくびループに持ち込まれてしまいます。 みがわり あくびはみがわりを貫通しない為、先攻でみがわりを使うことで逆に相手を起点にできます。 ただし、挑発と同様に 後出しからは使えませんので、対面時限定の対策です。 また、カバルドンは多くの場合『ふきとばし』を持っている為、みがわりを張ったからといって油断はできません。 ラムの実・カゴの実 後出しからでもあくびを無効化できる最も手軽な選択肢です。 状態異常を無効化するラムの実や、ねむり状態を無効化するカゴの実を持ったポケモンを交代で繰り出します。 次のターンで積み技を使うなり、攻撃して倒すなり好きに行動しましょう。 ラム持ちギャラドスを出して竜舞とか マジックミラー持ち あくびは特性『マジックミラー』で反射できます。 エーフィ、ネイティオ、ブリムオンなどが代表的です。 あくびを反射すると 相手側が逆にねむり状態になるため、マジックミラー持ちポケモンがパーティにいるだけで抑止力になります。 かえんだま・どくどくだま 眠る前に こちらから状態異常になってしまうという手段もあります。 ミロカロスやローブシン、ランクルスなど、『かえんだま』を有効活用できるポケモンで使える対策です。 場に出たターンの終了時に状態異常になる為、 後出しからあくびを無力化することができます。 ボルトチェンジ・とんぼがえり 『ボルトチェンジ』や『とんぼがえり』など、相手にダメージを与えつつ交代できる技を使うと、あくびループに付き合いながらもダメージを与えられます。 後出しからでも有効な手段ですが、攻撃に合わせて『まもる』を使われると 交代できずにねむり状態になってしまうので注意が必要です。

次の

【ポケモン剣盾】あくびの使い方と対策

カビゴン あくび まもる

特性 効果 めんえき どく状態にならない。 あついしぼう ほのお、こおりタイプの技で 受けるダメージを半減する。 隠 くいしんぼう HPが最大の半分以下の時、 きのみを使う。 HP・攻撃・特防が高く、重火力アタッカーとして運用されます。 極端に低い素早さのため、素早さが低い方から攻撃できるようになる トリックルームとの相性も良いポケモンです。 ランクバトル、シーズン5の使用率ランキングでは、 5位に入っています。 特性について• めんえきは、どく・もうどく状態にならない特性です。 カビゴンの特性はどれも、登場時にアナウンスが出ません。 そのため、特性が判別するまではカビゴンにどくどくを撃ちにくいですが、めんえきの採用率はかなり低めです。 シーズン5の採用率は 1. あついしぼうは、炎と氷の被ダメージを半減する特性です。 耐性が増える優秀な特性であり、くいしんぼう型以外では、こちらが選ばれることが多いです。 シーズン5の採用率は 66. くいしんぼうは、HPが最大の半分以下になったときにきのみを使う特性です。 はらだいことの相性が良く、 混乱実+ リサイクルで、何度も回復するという戦法もあります。 また、キョダイマックス型でもこちらの特性が採用されています。 シーズン5の採用率は 32. あくび+まもる+たべのこし型 苦手な相手は あくびで流し、HPが減っても まもると たべのこしで回復するカビゴンです。 一撃必殺の じわれも覚えるため、催眠を防ぎながら早めに倒すことが求められます。 くいしんぼう型 特性 くいしんぼうにより、回復実を使うことで耐久力を増すカビゴンです。 キョダイサイセイできのみを拾ってくる型が主流ですが、ダイマックスせずにリサイクルを使ってきのみを再利用する型も存在します。 積み型 のろいや はらだいこで能力を上げ、突破力を増すカビゴンです。 特性や回復方法はさまざまで、特性くいしんぼうの場合は フィラのみなどですが、特性あついしぼうの場合は オボンのみだったり、ねむる+ カゴのみで回復する場合もあります。 とつげきチョッキ型 元々高い特防を とつげきチョッキでさらに上げ、特殊アタッカーにめっぽう強くしたカビゴンです。 状態異常対策に からげんきを覚えていることがあります。 対策 カビゴンの強さは、 少ない弱点と 高い特殊耐久、 特性と積み技がかみあっていることで成り立っています。 さらに、覚える技も豊富にあります。 突破力のないポケモンでは、積みの起点にされてしまい、要塞化したカビゴンに手も足も出無くなってしまいます。 ここでは、なるべく多くの型のカビゴンに対応できる対策を、紹介します。 やけど状態にする おにびや かえんだまトリックでカビゴンをやけど状態にすれば、物理技のダメージが半減するため、汎用的で有効な対策だと思います。 特性や技で能力変化を無効化 相手の能力変化を無効化する特性 てんねんを持ったヌオーやナマコブシであれば、耐久力も高いので、カビゴンの攻撃を受けきることが可能です。 他にも、 くろいきりや クリアスモッグといった技で、相手の能力変化を元に戻すことができます。 変化技を封じる あくびやのろいを使ってくるカビゴンに対しては、ちょうはつで変化技を封じることが有効です。 とつげきチョッキ型のカビゴンとは、殴り合いを制する必要があります。 高火力の格闘ポケモン ルカリオや ローブシンであればタイプ的に有利であり、防御の低いカビゴンを一撃で倒すことも可能です。 高耐久のポケモン しんかのきせき持ちの サニーゴや、 アーマーガア、 ナットレイなら、ノーマル技を無効や半減で受けられるため、カビゴンの攻撃を耐えながら戦うことができます。 ただし一撃必殺や炎技を覚えている場合もあります。 はたきおとす カビゴンの きのみや たべのこしを はたきおとすで使えなくすれば、リサイクルやキョダイサイセイで拾ってくることはできません。 また、はたきおとすのダメージで、きのみが発動するHPになったとしても、はたきおとすの効果が優先されるため、きのみが発動することはありません。 データから持ち物を予測する シーズン5では、カビゴンの持ち物は、多い順に、 たべのこし 29. 採用率4位から10位までが、何らかのきのみです、 たべのこしが発動しない場合、きのみを持っている可能性が高いと言えます。 おまけ 炎統一における対策 私は普段、炎統一でランクバトルに潜っており、 あついしぼうカビゴンは私のパーティ相手によく出てきます。 炎ポケモンでのカビゴンの対策は、基本的にはかくとう技を使えるポケモンや、おにびでやけどにすることが多いです。 弱点保険ウインディ カビゴンがじしんを使ってくれば、 じゃくてんほけんを発動させて インファイトで倒します。 2段階上昇ようきウインディのインファイトで、B振りカビゴンを確定1発になります。 先制で おにびを使うのも有効です。 エースバーンのとびひざげり ようきエースバーンのとびひざげりで、B振りカビゴンを確定2発 60. 1~71. とびひざげり読みでゴーストタイプに交代されることもよくあるので、様子見で みがわりを使うこともできます。 鉢巻ヒヒダルマ こだわりハチマキ持ちの、ようきヒヒダルマのばかぢからで、B振りカビゴンを乱数1発 94. 5〜111. おわりに 圧倒的な特殊耐久を持つカビゴン。 特殊ポケモンだけで挑むと、悲惨な目に遭います。 パーティは物理と特殊をバランスよく組んでおきたいですね。

次の

【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

カビゴン あくび まもる

「あくび」が通る相手には単純に強い戦法であるため、ダイマックス相手でなくとも高いタイマン性能を誇る。 広い範囲に対応するため防御に配分 なるべく広い範囲に対応するため、低めの物理耐久を補うように配分。 特殊方面はHP振りだけでもかなりの耐久力になる。 木の実を持たないため、氷・炎に役割を持てる特性「あついしぼう」としている。 メインウェポンの選択 からげんき 状態異常対策。 素の威力は低いが「おにび」で機能停止しない点が高評価。 のしかかり 安定した威力があり反動もない。 しかし追加効果の麻痺が「あくび」の眠りと重複しないため相性はあまり良くない。 すてみタックル 瞬間火力を出せるが反動が痛い。 威力が足りなければ手数で稼げば良いため、この型ではあまり向かない。 サブウェポンの選択 ヒートスタンプ ノーマル技が通らない鋼タイプへの打点。 自身の重さを活かして広い範囲に威力を出せる。 ナットレイ等に有効。 ダイマックス相手に無効化されるが、「あくび」+「まもる」で凌げるため問題ない。 ヘビーボンバー ノーマル技が通らない岩タイプに有効。 フェアリーに抜群が取れるのが利点で、特にミミッキュを強く意識した技。 自身の重さを活かして広い範囲に威力を出せる。 ダイマックス相手に無効化されるが、「あくび」+「まもる」で凌げるため問題ない。 ダイマックス技で防御UPするため自身の耐久強化も狙える。 じしん ノーマル技が通らない鋼、岩タイプに有効。 ダイマックス技で特防UPするため自身の耐久強化も狙える。 DDラリアット ノーマル技が通らないゴーストタイプに有効。 相手の防御UPを無視出来るのが偉い。 あくびまもる型の対策 対策にオススメのポケモン ポケモン名 立ち回り ・かえんだま型なら「あくび」無効で安全に繰り出せる ・ダイマックスに頼らず高火力が出せる ・「ドレインパンチ」でHPを回復しつつ大ダメージ ・「ちょうはつ」で補助技を封じられる ・「ビルドアップ」「てっぺき」の起点に ・ノーマル半減、サブウェポンでも突破を許しにくい ・ラムの実がないと「あくび」には投げられないことに注意 ・ノーマル無効 ・「つるぎのまい」の起点に ・ダイフェアリーで「あくび」無効化 かえんだま持ちであくびを無効化 このカビゴンは基本的な攻撃性能は低く「あくび」の眠りに依存した型なので、「あくび」対策が出来ていれば相手にしやすい。 かえんだま等を持たせたポケモンであれば「あくび」に対して交代で出しても問題がないため有効。 特性「こんじょう」持ちのローブシンがオススメ 特性「こんじょう」で高い火力を出せ、タイプ一致の格闘技でカビゴンの弱点を突けるローブシンは非常に有利。 交代際に攻撃技を被弾してHPを削られても「ドレインパンチ」の回復があるので、安定して繰り出しやすい。 ちょうはつで変化技をストップ 「あくび」「まもる」を封じる「ちょうはつ」持ちも有効な対策。 ノーマル半減で高い物理耐久を持つアーマーガアは適任。 「はねやすめ」もあるためダメージの蓄積に強く、自身が「ビルドアップ」「てっぺき」を持っていればそのまま起点にして行ける。 ただし、 ラムの実を持っていない場合は「あくび」に後出しすると次のターンに眠ってしまうため注意が必要。 ダイフェアリー等であくび対策 ダイフェアリー、ダイサンダーで「あくび」を無効化する動きは汎用性が高くオススメ。 ただしカビゴンが「まもる」をセットで持っているとダイマックスターンを枯らされてしまう可能性が高いため、催眠対策のためにダイマックスを切っても良いかの判断は難しい。 交代際に「あくび」が入っても先にダイフェアリーをしてから、ダイマックス終了後に「つるぎのまい」を狙っても良い。 ラムの実持ちで積み技を使えば「あくび」で起点回避したつもりになったカビゴン側は無償で積み技を許すことになるため、突破口を開きやすい。 適宜「リサイクル」の回復を挟んで複数回積むことで広い範囲と撃ち合える。 ある程度積んだらすぐに攻撃する 素早さが低いためあまり悠長にしていると急所に被弾する可能性が高くなる。 ある程度積んだら早めに攻撃に移ると良いだろう。 うまく発動させられれば 高い耐久が更に補強されて強力なため、キョダイマックス個体での採用をオススメする。 メインウェポンの選択 すてみタックル 早いうちに決定力を出すことで急所による事故や相手に起点にされることを防ぐ。 反動ダメージは痛いが、能動的に木の実を発動させられるメリットもある。 のしかかり 安定した威力と反動がないことが売り。 麻痺の追加効果は強いが、「のろい」で素早さを自ら下げるため麻痺させた相手を抜くことは諦めよう。 からげんき 状態異常に強くなる。 特に「おにび」で機能停止しないようにしたい場合はこちら。 役割対象となるロトム等に強気になれる反面、状態異常が絡まない対戦では威力不足が目立つ。 主にナットレイ等に有効。 ノーマル+炎の技構成だとドラパルトが重くなることに注意。 フェアリーに抜群が取れるのが利点で、特にミミッキュを強く意識した技。 自身の重さを活かして広い範囲に威力を出せる。 ダイマックス技で防御UPするため自身の耐久強化も狙える。 相手のダイマックスを意識するならアイアンヘッド。 じしん ノーマル技が通らない鋼、岩タイプに有効。 ダイマックス技で特防UPするため自身の耐久強化も狙える。 DDラリアット ノーマル技が通らないゴーストタイプに有効。 相手の防御UPを無視出来るのが偉く、積み合いに強め。 のろいリサイクル型の対策 対策にオススメのポケモン ポケモン名 立ち回り ・「ちょうはつ」で「のろい」「リサイクル」を封じられる ・ノーマル半減、高防御 ・「ビルドアップ」「てっぺき」で対抗出来る ・「くろいきり」で「のろい」の能力UPを打ち消せる ・単純な殴り合いになっても「どくどく」で崩せる ・特性「さいせいりょく」と「じこさいせい」で繰り出しやすい ・ノーマル無効 ・特性「ばけのかわ」で最低限の行動保証 ・「つるぎのまい」や「おにび」「のろい」と崩す手段が豊富 ちょうはつで変化技を封じて押し切る 「のろい」「リサイクル」での延命が生命線のポケモンなので、 「ちょうはつ」を早めの段階で入れると対処が楽になる。 ノーマル半減で高い物理耐久を持つアーマーガアが適任。 「はねやすめ」もあるためダメージの蓄積に強く、自身が「ビルドアップ」「てっぺき」を持っていればそのまま起点にして行ける。 アーマーガアが急に突破される火力は出ない 「DDラリアット」は防御UPを無視してくるが、「のろい」は積み速度が速くないため急に突破される火力を出されることはない。 こちらの「ボディプレス」の威力を上げて削り切るか、難しければ「ちょうはつ」を当てて回復技を封じたまま倒されて後続に任せよう。 くろいきりで積みリセット 「のろい」は素早さが下がるため、カビゴンと同じく鈍足なドヒドイデでも先制して「くろいきり」が狙える。 「のろい」が有効でないと分かった場合は「リサイクル」を絡めた殴り合いになるが、その場合に「どくどく」があればカビゴンを安全に崩すことが出来る。 ドヒドイデは防御が高く特性「さいせいりょく」と「じこさいせい」もあるため、攻撃されてもすぐ立て直せるのがポイント。 のろいで定数ダメージ 「リサイクル」で粘り強く戦う戦術に刺さるのがゴーストタイプの「のろい」。 ミミッキュは対策にオススメ ミミッキュ等は汎用性が高く技スペースに「のろい」を割いていれば安全に処理が狙える。 「つるぎのまい」でも積み速度が速いため早めにぶつけることで押し切れる可能性が高い。 特にドヒドイデの「くろいきり」、カバルドンの「あくび」、アーマーガアの「てっぺき」等に先手を取れるようになるのは大きな意味を持つため、鈍足なカビゴンでも素早さ振りの恩恵がある。 はらだいこ後の火力を高めるためA252 「はらだいこ」後の「すてみタックル」で防御特化カバルドンを確定1発、防御特化アーマーガアを「ほのおのパンチ」で確定1発とするため攻撃も伸ばしている。 技構成 確定技 ・すてみタックル ・ほのおのパンチ ・はらだいこ 選択技 ・タネばくだん ・アイアンヘッド ・じしん ・DDラリアット 役割・使い方 はらだいこで全抜きを目指す型 味方の「リフレクター」「ひかりのかべ」「おきみやげ」等の耐久サポートを受けて「はらだいこ」から全抜きを狙う型。 ダイマックスした際にノーマル技が「キョダイサイセイ」となると一度消費した木の実を拾って来る可能性があるため、キョダイマックス個体での採用が望ましい。 相手が低速、低火力な受けポケモンばかりのサイクルパーティの場合はサポートなしでの活躍も見込める。 攻撃技の選択 メインは威力重視の「すてみタックル」推奨。 ダイマックスを切らなくても「はらだいこ」後の「すてみタックル」で防御特化カバルドンを1発で落とせるようになる。 サブウェポンに関しては下記より選択だが、アーマーガアやナットレイで止まらないための「ほのおのパンチ」の優先度は高い。 ほのおのパンチ ノーマル技が通らない鋼タイプへの打点。 主にアーマーガア、ナットレイ等に有効。 タネばくだん 受けパーティに一定数採用される特性「てんねん」のヌオー意識の技。 積み技対策をヌオーに一任したパーティを崩せるようになる。 アイアンヘッド ノーマル技が通らない岩タイプに有効。 フェアリーに抜群が取れるのが利点で、特にミミッキュを強く意識した技。 DM技で防御UPするため自身の耐久強化も狙える。 じしん ノーマル技が通らない鋼、岩タイプに有効。 ダイマックス技で特防UPするため自身の耐久強化も狙える。 DDラリアット ノーマル技が通らないゴーストタイプに有効。 相手の防御UPを無視出来るのが偉く、「てっぺき」等に強くなれる。 はらだいこ型の対策 対策にオススメのポケモン ポケモン名 立ち回り ・特性「てんねん」で「はらだいこ」の攻撃上昇無効 ・4倍弱点がないためヌオーより安定 ・「くろいきり」を覚える ・素早さ無振りでも最速カビゴンより速い ・高威力な物理格闘技が使える ・特性「ごりむちゅう」のお陰で実質タイプ一致 てんねんで積み技無効化 能力上昇を無視出来る特性「てんねん」は、最も有力な「はらだいこ」対策となる。 技自体は成功してHPは削れるため、カビゴンの処理もかなり楽になる。 4倍弱点がないピクシーがオススメ ヌオーはカビゴンに「タネばくだん」があった場合に返り討ちにされる可能性があるため、 4倍弱点のないピクシーで相手をすると安定する。 防御特化ピクシーにアッキの実を持たせていれば、カビゴンに鋼技があってダイマックスされた場合でもほぼ耐え切れる。 くろいきりで積みリセット 「くろいきり」で能力変化をリセットするのも「はらだいこ」には非常に有効。 メジャーな使い手である ドヒドイデは鈍足なため、最速カビゴンに交代で出しても上から攻撃されて倒されてしまうので対策としては不十分。 ミロカロスであれば最速カビゴンより先に動けるため、交代で出してからでも「くろいきり」が十分に間に合う。 上から格闘技で倒す 「はらだいこ」後の攻撃を耐えるのは難しいため、上から倒してしまうのも有効な対策。 カビゴンの弱点である格闘技を上から撃てると良いだろう。 素早さ90以上の格闘タイプなどで対策 ルカリオなどの素早さが90を上回る格闘タイプ全般はカビゴンを倒す役割をこなせる。 そのほかに、ガラルヒヒダルマはタイプ不一致ながら特性「ごりむちゅう」のお陰で高い威力で格闘技を撃てる。 努力値・対策方法・役割・技構成などは、ユウキ氏 の監修・考案となります。 引用元: ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の