ほし まち 彗星。 彗星

星街すいせいの前世(中の人)のやかんとは?炎上や引退は?個人勢から移籍?

ほし まち 彗星

概要 [ ] 太陽系の天体の分類 () 太陽の 周りを 回る 天体 にあるもの (のみ) 冥王星型天体以外の 太陽以外の の周りを 回る天体 (未定義) (海王星との ) 3:4 2:3 3:5 - 1:2 類似天体 の () 関連項目 () 彗星は、尾が伸びた姿からでは 星(ほうきぼし、彗星、帚星)とも呼ばれる。 では コメット comet と呼ばれる。 が似るためと混同されがちであるが、における見かけの移動速度は大きく異なり、肉眼による彗星の見かけ移動はにほぼ等しいため、流星と違い尾を引いたまま天空に留まって見える。 彗星ととは、や尾の有無で形態的に区別するため、から遠方にあるうちは、彗星は小惑星と区別がつかない。 彗星は、太陽からおおよそ3AU()以内の距離に近づいてから、コマや尾が観測されることが多い。 その位置は軌道と軌道のほぼ中間にあたる。 太陽に近づく周期()は、約3年から数百万年以上まで大きな幅があり、中には二度と近づかないものもある。 を参照のこと。 彗星が太陽に近づいた時に放出された塵はの元となる塵の供給源となっている。 彗星の中には肉眼でもはっきり見えるほど明るくなるものもあり、不吉なことの前兆と考えられるなど、古くから人類の関心の的となってきた。 いくつかの明るい彗星の出現の記録は古文献などに残っている。 の時代から長い間、彗星は内の現象だと考えられてきたが、になって、宇宙空間にあることが証明された。 彗星の性質などにはいまだに不明な点も多く、また近年は太陽系生成論の方面からも大きな関心が寄せられ、彗星のにが送り込まれるなど、研究・観測が活発に続けられている。 彗星には、発見報告順に最大3人まで発見者(個人またはチーム、プロジェクト)の名前がつけられる。 彗星を熱心に捜索する「」と呼ばれるもいるが、20世紀末以降は多くの彗星が自動捜索プロジェクトによって発見されるようになっている。 8月にで開かれた(IAU)総会での決議により、彗星は小惑星とともに small solar system bodies(SSSB)のカテゴリーに包括することが決定された。 これを受け、はの対外報告(第一報告) において、2007年現在使われている「彗星」「小惑星」などの用語との関係については将来的に整理されることを前提としたうえで、small solar system bodies の訳語として「太陽系小天体」の使用を推奨した。 物理的特徴 [ ] 核 [ ] 探査機の衝突体が撮影したの核。 核の大きさは差し渡し6キロほどである。 彗星の本体は 核と呼ばれる。 核は純粋な氷ではなく、岩石質および有機質の塵を含んでいる。 このことから、彗星の核はよく「汚れた雪玉」に例えられる。 核の標準的な直径は1 - 10キロ程度で 、小さく暗いものでは数十メートル、非常に大きいものでは稀に50キロほどに達する。 質量は、大きさによってかなり異なってくるが、直径1キロ程度の彗星で数十億トン単位、10キロ程度の彗星で数兆トン単位であると考えられる。 これは、地球の山1つ分ほどに相当する。 自らの重力で球形になるには質量が足りないため、彗星の核は不規則な形をしている。 さらに鎖の長いやなどのより複雑な分子が含まれる可能性もある。 やで見たときに青緑色に見えるのは、これらの微量成分が太陽光で解離してできる C 2(炭素が2つつながったもの)やCNなどののスペクトルが強いためである。 2009年には、NASAの探査機によるミッションで回収された彗星の塵から、アミノ酸のが発見されたことが確認された。 塵の成分はや有機物を始めとする炭素質である。 ケイ酸塩は結晶質との両方を含む。 通常、ケイ酸塩が結晶化するには数百度の高温が必要であり、彗星は、低温でできる氷と高温でできるケイ酸塩結晶が混じり合っている点で珍しい。 彗星の核は、太陽系に存在する物体の中でもっともい天体である。 また探査機もにに接近して観測を行い、核の表面のアルベドが2. 複雑ながこのような暗い表面を構成していると考えられている。 太陽によって表面が熱せられると揮発性の化合物が、特に黒っぽい傾向のある長鎖の化合物を残して蒸発して飛び去ってしまい、やのように黒くなる。 彗星の表面が非常に黒いため、熱を吸収して外層のガスが流出する。 コマと尾 [ ] 尾が引きちぎられる そして、太陽からのとにより、太陽と反対側の方向に 尾が形成される。 尾には、 ダストテイル(塵の尾)という、塵や金属から構成された白っぽい尾と、 イオンテイル(イオンの尾)または プラズマテイルという、イオン化されたガスで構成される青っぽい尾がある。 ダストテイルは曲線状となる。 これには、核から放出された塵が独自の軌道で公転するようになり、徐々に核本体から遅れていくため、また、太陽の自転により太陽風が渦巻いていたり、太陽の光の圧力(光圧)の影響なども受けていたりするためなどの理由がある。 2007年のや歴史上ののいくつかでは、何本もに枝分かれしたダストテイルが扇状に広がって見えた。 これに対しイオンテイルは、ガスが塵より強く太陽風の影響を受け、太陽の引力よりも磁場に従って運動するため、太陽のほぼ反対側に直線状に伸びていく。 ただし、太陽風の乱れによって、時には折れ曲がったりちぎれたりするなど、激しい変化を見せることもある。 実際には太陽に向かって尾が伸びているわけではなく、あくまでも視覚上の錯覚である。 アンチテイルの観測は太陽風の発見に大きく貢献した。 彗星の運動と尾の方向の関係。 太陽に接近すると尾が生じる。 イオンの尾はほぼ常に太陽と逆の方向を向いているが、塵の尾は曲線状になる。 コマや尾は、核に比べて非常に規模が大きくなる。 コマは水素コロナを含めると、時には太陽(直径約139万キロ)よりも大きくなることがある。 また、尾も1以上の長さになることがある。 1996年春に明るくなり、観測史上もっとも尾が長く伸びたでは、尾の実長は実に3. 8天文単位(5億7,000万キロ)にも達した。 コマと尾はどちらも太陽に照らされ、太陽系の内側に入り込んでくると地球から肉眼で見えるようになることもある。 塵は太陽の光を直接反射し、ガスはイオン化されるため明るく輝く。 ほとんどの彗星は暗すぎてがなければ見ることができないが、10年に数個ほどは、肉眼でも充分見えるほどに明るくなる。 、百武彗星の観測から彗星がを放射していることが発見された。 彗星がX線を放射していることはそれまで予測されていなかったため、この発見は研究者たちを驚かせた。 このX線は彗星ととの相互作用により生じると考えられている。 が急速に彗星の大気に突入すると、イオンと彗星のやが衝突する。 この衝突により、イオンは1つか複数の電子を捕獲し、それがX線や遠のの放出につながると考えられている。 が1より小さい楕円軌道を持つ彗星は、太陽を周期的に周回するもので、と呼ばれる。 周期彗星が太陽の近くへ戻ってくることを「回帰」という。 離心率が1である放物線軌道、あるいは離心率が1より大きい双曲線軌道を持つ彗星は、二度と戻ってこないと考えられ、と呼ばれる。 ただ、惑星や近傍恒星の重力や、により、実際の彗星の軌道は不安定である。 特に、周期数百年以上の彗星の楕円軌道は、わずかな軌道の変化で周期が大きく変わるため、周期どおりに戻ってくるとは限らない。 また後述する通り、起源や特性からも、周期の長い周期彗星は非周期彗星に近い。 このような理由により、彗星を、周期彗星と非周期彗星ではなく、公転周期200年未満のと、200年以上のに分けることが多い。 その場合、「周期彗星」という言葉は、短周期彗星と長周期彗星の両方を指す場合もあるが 、特に短周期彗星のみを指して用いられる場合もある。 周期彗星、長周期彗星、非周期彗星の3つに分けることもある。 21世紀初頭では別の種類として、上にありながら彗星として活動する彗星が発見されており、と呼ばれている。 これは小惑星と彗星の分類に見直しを迫ることになるかもしれない。 ほかにも、特徴的な軌道を持つ彗星として、近日点が太陽にきわめて近いがある(後述)。 軌道の特徴と起源 [ ] (赤)と(青)の軌道。 彗星の軌道のが大きく、太陽に近づいたときに軌道速度が速くなることが分かる。 短周期彗星は、またはそれに隣接するを起源に持つと考えられ 、ハレー彗星以外に大型の彗星は少ない。 一方、長周期彗星の起源はにあると考えられ、大彗星になるものが多い。 特に、以前の観測記録がない大型の彗星は、太陽系の起源を知る上で重要な手がかりとなると考えられている。 小惑星は比較的円に近い楕円軌道を描いているものが多いのに対して、彗星は非常に細長い楕円や放物線、双曲線の軌道をとるものが多い(軌道のの値が大きい)。 彗星がなぜ極端な楕円軌道になるような摂動を受けるのかを説明するために、さまざまな説が提唱されてきた。 有名なものとして、の中の恒星が太陽の近くを通過したことにより、オールトの雲を含むの軌道がかき乱され、その一部が太陽へと落下してくるとする説や、という太陽の連星、あるいは未知のの存在を仮定して、その重力的影響によるものだとする説などがある。 、のは、長周期彗星の軌道計算を行い、遠日点が太陽から1万 - 10万天文単位(約0. 1 - 1光年)の距離のものが多いことを発見した。 そこでオールトは、小天体が多く集まると呼ばれる領域が太陽系の最外縁部に存在するという仮説を提唱した。 この仮説は広く受け入れられ、それ以後彗星はオールトの雲に起源を持つと考えられるようになった。 オールトの雲に存在する天体は、ときどきお互いに重力的相互作用()を起こし、一部が太陽の引力にとらえられて極端な楕円軌道を描くようになり、太陽に非常に接近するようになる。 オールトの雲とエッジワース・カイパーベルトはいずれも、の過程においてで形成された、または微惑星が集まったが残っていると考えられている領域である。 から3AU以遠では比較的の高い物質がすべて凍り、岩石質の物質の総量を上回るため、微惑星の主成分は氷になる。 オールトの雲は、主としてやが形成される付近の軌道にあった氷小天体が、形成後の木星や土星に弾き飛ばされたものと考えられ、太陽系を球殻状に取り巻いている。 エッジワース・カイパーベルトは太陽系外縁部の氷小天体が惑星にまで成長できずに残ったものと考えられており、面を取り巻くようにして環状に広がっている。 したがって、オールト雲起源の彗星の方がエッジワース・カイパーベルト起源のものより形成温度が高いと考えられている。 2009年11月の時点までで、3,648個の彗星が知られており 、そのうち約1,500個がの彗星、約400個が短周期彗星である。 この数は増え続けているが、本当に存在するはずの彗星のうちのごく一部である。 太陽系外部に存在する彗星の元になる天体はおよそ1兆個存在するかもしれない。 地上からで見えるようになる彗星の数はおおまかには1年に1個程度だが、その大部分は暗く目立たない。 歴史上、非常に明るく肉眼でもはっきり見え、多くの人に目撃されたような彗星はと呼ばれることがある。 彗星は質量が小さく、軌道が楕円であるため、周期的に巨大な惑星に接近し、その度に彗星の軌道は摂動を受け変わる。 短周期彗星は、遠日点までの距離が、巨大な惑星の軌道半径と同じになるような強い傾向が見られる。 これらはその惑星の名を取って 木星族、 土星族、 天王星族、 海王星族の彗星などと呼ばれる。 その中でも、木星の軌道付近に遠日点を持つ木星族の彗星が特に多い。 オールトの雲からやってきた彗星は、しばしば巨大な惑星に接近し、重力の強い影響を受ける。 特に木星は、ほかの惑星をすべて合計したより2倍以上大きな質量を持っているため、非常に大きな摂動を彗星に与える。 なお、もし木星や土星のような巨大惑星がなければ、現実より多くの彗星が太陽系中心部に侵入し、一部は地球と衝突していただろうという説がある (も参照)。 また、重力的な相互作用により軌道が変わったため、過去数十年や数世紀の間に発見された周期彗星のうち、その彗星が将来どこに現れるか予測できるほどよく軌道が定まっていなかったいくつかが見失われている。 しかし時折、「新」彗星の過去の軌道をさかのぼることにより、古い「見失われた」彗星と同一だと判明することがある。 その例として、(11P)が挙げられる。 この彗星はに発見され、「テンペル・スイフト彗星」と命名されたが、木星の摂動により軌道が変わり、以降見失われていた。 彗星の軌道に関する特徴のひとつとして、軌道面の傾き(軌道傾斜角)が非常に大きいものが多いということが挙げられる。 太陽系の惑星は、軌道傾斜角はおおむね数度程度、大きくても10度以内に収まっている。 また小惑星も、20度から30度程度まで傾いているものは多いが、軌道傾斜角がある程度小さいものが多い傾向はある。 短周期彗星も、惑星の摂動により軌道を変えられた影響もあって、軌道傾斜角が小さいものが大半を占める。 しかし、長周期彗星は、黄道面とほとんど垂直な軌道を持ったもの(軌道傾斜角が90度前後)や、惑星や大半の彗星、小惑星と逆向きに公転しているもの(軌道傾斜角が180度であるとも見なせる)も多く、ほとんどランダムに空のどこからでも現れるように見える。 これは、オールトの雲の分布が球殻状であると推定する根拠になっている。 彗星の明るさとその予測 [ ] 彗星の明るさ、すなわち光度は、恒星と同じようにを単位として表される。 しかし、彗星は恒星と違って核、コマ、尾などの構造があり、それぞれ明るさがあるため、すべての部分を含んだ明るさを 全光度、核だけの明るさを 核光度と呼び区別する。 したがって、コマや尾がほとんど発達していない状態の彗星では全光度と核光度は等しく、逆に大きく発達している場合は核光度より全光度のほうが明るくなることになる。 彗星には、中心核が特に明るい、すなわち 中央集光が強いものも、逆に特に明るい部分がなく非常に拡散しているものもある。 彗星の明るさを測定するには、近くにある恒星と比較することになる。 コマや尾が発達していない恒星状の彗星では、や小惑星の場合と同じように、 比例法と 光階法という方法を用いる。 しかし、コマや尾が発達している場合、同じ明るさでも点光源と面光源では明るさが違って見えてくるため、単純に比較することはできない。 このため、彗星の明るさを憶えてからピントをずらして基準星が同じ大きさに見えるようにし、明るさを比較する シジウィック法(Sidgwick法、S法)、わざとピントをずらし、彗星と比較星が同じ大きさに見えるようにしてから明るさを比較する ボブロフニコフ法(Bobrovnikoff法、B法)、彗星が均一な明るさに見える程度にピントをずらしてから明るさと大きさを憶え、基準星が同じ大きさに見えるまでぼかしてから覚えた彗星の明るさと比較する モーリス法(Morris法、M法)などの方法が用いられる。 核光度も、全光度と同様に測定する。 測定された彗星の光度は、観測者の熟練の程度やその日の体調、観測器材の状態、観測状況、基準星の明るさの誤差など、さまざまな要因により、観測者によって0. 5等級以上ばらつく場合がほとんどである。 また、などで写真を撮影し、近くの基準星を用いて専用ソフトで明るさを測定することもできる。 肉眼で見た光度(眼視光度)と、写真で測定した光度(写真光度)は数等級ずれることもある。 彗星の光度を正確に予測するのは非常に難しい。 小惑星などの天体は通常、地球までの距離(地心距離)と太陽までの距離(日心距離)の2乗に反比例して明るくなるが、彗星の場合は太陽に近づくと塵やガスが噴出し、コマができたり尾が伸びたりするため、太陽までの距離の5乗から、場合によっては10乗以上に反比例して明るくなっていく。 彗星の光度の予測には、一般に以下のような式(光度式)が使用される。 m 0 は 標準光度、または 絶対光度と呼ばれ、彗星が太陽からも地球からも1天文単位の距離にある時の明るさを表す。 また、 k は 光度係数と呼ばれる値で、この値が大きいと光度変化は激しくなり、小さいと光度変化は穏やかになる。 観測期間が長くなり観測データが多数集まってくると、専用ソフトウェア などを用い、などの方法で標準光度と光度係数を求めることができる。 発見からまもないなど、観測期間が短くデータも少ない場合は、光度係数を10と仮定して明るさを予測することが一般的である。 標準光度は彗星の規模によって大きく違うが、光度係数は5. 0から30程度の間に収まるものが大半である。 しかし、核が分裂するなどの要因で活動が活発化し急激な増光(アウトバースト)が起こった場合は光度係数が100を越える場合もあるし、アウトバーストが終わるなどで活動が衰えた場合や核が崩壊して消滅していく場合などは、光度係数が大きく負の値を取る場合もある。 ある1本の光度式に常によく当てはまる光度変化をする彗星もあるが、活動の規模が途中で変化すれば当てはまる標準光度や光度係数の値も変化する。 しかし、いつどのように活動が変化するかを予測することは非常に難しい。 何回か回帰している彗星は、以前の記録を基にある程度予測が可能だが、初出現の彗星についてはほぼ不可能である。 また初出現の彗星は、しばらく観測しないとどんな光度式が当てはまるのかも分からない。 彗星の光度予想が難しいと言われるのはこのような理由による。 彗星の崩壊と消失 [ ] 1995年に分裂を始めたのB核から放出される物質。 このアニメーションの期間は3日間。 太陽系からの離脱 [ ] 彗星の軌道速度が速い場合、太陽系の内部に入ってきてそのまま太陽系の外部へ出ていく場合がある。 大部分のがこの例にあたる。 また、木星など太陽系内のほかの天体による重力的によって加速され、太陽系の外へ放出される場合もある。 揮発性物質の枯渇 [ ] 太陽への接近を繰り返すうちに徐々に揮発性の成分が脱落していくが、崩壊・消失に至ることなく小惑星のようになる場合があり、これをや枯渇彗星核と呼ぶ。 そのような過程を経たと思われる天体や、その過渡期にある天体もいくつか見つかっている。 小惑星は彗星とは起源が異なり、太陽系の外側ではなく内側で形成されたと考えられているが 、からのにより得られたサンプルが小惑星のものと似ていたことから 、21世紀初頭では彗星と小惑星の境界はやや曖昧になっている。 分裂と崩壊 [ ] もっとも早期に発見された周期彗星のひとつである 3D はの回帰時に2つに分裂し、次の回帰であるには双子の彗星となって現れたが、その後は二度と出現しなかった。 その代わり、本来彗星が回帰するはずであったとに、1時間あたりの出現数が数万個にも達する壮大なが観測された。 この流星群はと呼ばれ、毎年11月5日前後に地球がビエラ彗星の軌道に突入するために起こる。 21世紀初頭ではほとんど出現はないが、稀に突発的な1時間あたり数十個の出現が観測されることがある。 ビエラ彗星以降も、太陽からの輻射熱や物理的作用により、分裂あるいは崩壊、消失した彗星は、多数観測されている。 彗星のさまざまな様相変化の予想は難しく、彗星核の崩壊や消失に関する理論的な研究はあまりなされていない。 しかし、のらの観測・研究グループ によれば、近日点通過前の彗星頭部の崩壊前にきわめて特異なコマ形状を共通して示していることや、光度観測により V-I の変化が特異であることが報告された(春季)。 実際には彗星の頭部がY字やT字型からおむすびのような形に変化していき、集光も薄れ消失するのだという。 また、2020年のアトラス彗星も3月下旬に分裂したと考えられる。 分裂以前に考えられていた、月より明るい光度は、可能性としてはほぼ無に等しい。 衝突 [ ] が木星の南半球に衝突して形成された黒い衝突痕 彗星の中には、太陽に飛び込む 、あるいは惑星やその他の天体に衝突するなど、より劇的な最後を迎えるものもある。 彗星と惑星や衛星との衝突はの初期にはありふれた出来事だったと考えられている。 たとえば地球の衛星である月の膨大なクレーターの一部は、彗星が衝突したことで形成されたと考えられている。 に発見されたは、に木星に非常に接近した際にその重力に捕らえられ、木星の周りを回る軌道をとっていた。 この接近ですでに彗星の核は分裂し、少なくとも21個の破片に分かれていた。 そして分裂した核はからまでに相次いで木星の大気に突入、巨大な噴煙や衝突痕は地球からも観測された。 2009年、2010年にも木星表面に彗星が衝突した痕跡らしきものが観測された。 に残されているの観測記録によると、1690年にも木星に彗星が衝突した可能性が高い。 さらに、2010年に土星と海王星の大気組成の分析が行われ、それぞれ約300年前と約200年前に彗星が衝突したことを示す結果が得られている。 地球にも約40億年前のには数多くの彗星や小惑星が衝突した。 多くの科学者は、後期重爆撃期に地球に衝突した彗星によって、地球の海を満たしている膨大な量の水のほとんど、少なくともかなりの割合がもたらされたと考えている。 しかし、その理論を疑う研究者もいる。 彗星に含まれる有機分子を探すことで、彗星やが生命の前駆物質、あるいは生命自体さえも運んできたのではないかと推測されてきた。 彗星の名前と符号 [ ] 彗星の名前 [ ] 彗星の名前は、過去2世紀にわたって、いくつかの異なる慣習に従って決められてきた。 系統的な慣習が採用されていなかった時代には、彗星の命名はさまざまな方法によってされていた。 最初の周期彗星 1P であるは、彗星の軌道を決定したの名前からとられた。 同じように、2番目の周期彗星 2P として知られているは、最初の彗星の発見者ではなく、軌道を決定した天文学者であるの名前がつけられている。 27P も、同様に軌道計算をしたの名がつけられている。 18世紀末から20世紀初頭の明るい彗星の中には、 Great March comet などと名付けられたものもある。 いくつかは単に Great comet で区別がつかないので、「」(の『』に登場する彗星)などとも呼ばれる。 初頭、彗星の命名として、発見者の名前をつけるという慣習が一般的になった。 これは現在まで続いている。 彗星にはその彗星を独立発見した人の名前が先着順で3名までつけられる。 に入ると、人工衛星(やなど)や、国際規模の彗星および小惑星の掃天プロジェクトチーム(、など)による彗星の発見が相次ぐようになり、数多くの彗星に、これらの自動捜索プロジェクト名がつくようになった。 たとえば、は、赤外線衛星IRASと、のアマチュア天文家の、のによって、独立に発見された。 現在では、自動捜索プロジェクト名でない彗星のほうが少ない。 同じ発見者が複数の彗星を発見しても、名前で区別はされない。 そのため、たとえば「」という名前の彗星は1,000を超える。 彗星を一意に示すには、後述する符号を使う必要がある。 ただし、- 第1彗星、- 第2彗星などを末尾につけて区別することもある。 また、過去に出現した彗星が再発見された場合、彗星自体の発見が公表されたあとに過去の彗星と同定された場合には過去の彗星の名に再発見者の名前がつけられることもある。 なお、発見の公表前に過去の彗星と同定された場合には再発見者の名前はつかない。 例としては、にとが再発見し、発見の公表前に同定された(前述のようにジャコビニ彗星の名のある彗星は10個あり、そのうちのひとつ)がある。 逆に見失われていた彗星が小惑星として再発見された例もあり、彗星としての名前のまま小惑星としても登録されている(を参照)。 旧方式符号 [ ] 1994年までの彗星の系統的な符号のつけ方としては、まず最初にその彗星が発見された年と、その年内の発見順を示す文字からなるが与えられた。 たとえばの仮符号は「1969i」で、1969年の9番目に発見された彗星であることを意味する。 彗星の軌道が確定すると、彗星には、通過の年とからなる確定符号が与えられた。 ベネット彗星の確定符号は「1970 II」となる。 確定符号は、日本語に訳して、1970年第2彗星などとも呼んだ。 確定符号がつくと、仮符号は使われなくなった。 彗星の発見数が増加してくると、この方法の運用に綻びが生じてきた。 観測技術の進歩により1年の発見数が25を超え、仮符号に使うアルファベットが足りなくなり、また近日点通過から1年以上経って発見されるものも出てきて、確定符号の近日点通過順という原則も崩れてきた。 そこで1994年には新しい命名方法を採用し、1995年から実施された。 新方式符号 [ ] 符号は発見が報告された年、月、発見報告順を元にしてつけられる。 「1995」は、発見が報告された年を表す。 「O」は発見が報告された時期を表す。 1月前半(15日まで)が「A」、1月後半(16日から)が「B」、というように、1年を24に分けて表す。 ただし、「I」は「J」や「1」と紛らわしいので飛ばし、「Z」は使わない。 この規則は、小惑星と共通である。 「1」は、その時期の中での発見報告順を表す。 ヘール・ボップ彗星は、1995年7月後半に発見が報告された最初の彗星であることが分かる。 彗星が分裂した場合、「-A」「-B」などが末尾につけられる。 9月現在、 まで番号がつけられている。 1994年以前の彗星にも、新方式符号がさかのぼってつけられる。 つまり、1994年以前の彗星は、符号が3つあるということになる。 なお、従来は発見者が発見した順に「テンペル第1彗星」「ヴィルト第2彗星」というように番号(接尾数字)がつけられていた(接尾数字と、公式通し番号の順とは一致しない)が、1995年頭より新発見の彗星には接尾数字がつけられなくなり、2000年には過去の彗星からも接尾数字が廃止された。 彗星観測の歴史 [ ] 古代の記録と信仰 [ ] にで観測された彗星を描いた絵画 望遠鏡が発明される以前、彗星は夜空の何もないところから突然現れ、ゆっくりと消えていくように観測された。 そのため、やと同様に王の死や国の滅亡、災害、疫病といった出来事を予告する凶兆と信じられ、果ては地球の住人に対する天からの攻撃であると解釈されることすらあり、人々はその出現を恐れた。 世界各地で古代より彗星についての記録が残っている。 のや、『』、『』、『』といった書物で「落ちる星」として言及されているが、これらは彗星もしくはについて言及したものだと解釈されている。 中国では特に多くの記録が残っており、紀元前よりの回帰が4度記録されている。 ごろ、代末期のに彗星と思われる記述が残されているが、確実な最古と言える記録はの『』に記されたものとされている。 ほか、のがハレー彗星を見たとする記録が『』に残されている。 では彗星は気象現象の一種だと考えられていたため、古い記録は中国ほど多くはないが、有名な例として、のが即位して間もない頃に「火の星」が現れ、従臣たちを怯えさせたことが『』やに記録されており 、その直後に戦役が発生、王は戦死し。 日本では、のハレー彗星の回帰に関する記述が『』にみられる。 観察と考察 [ ] は、彼が著した最初のの本『気象論』( Meteorologica)で彗星に対する見解を示し、それが西洋の思想を2000年近くにわたって支配することになった。 彼は、彗星はであるか少なくとも惑星に関係する現象であるという、それまでの学者の説を否定し天文現象ではなく気象現象と考えた。 その根拠は、惑星の動く範囲はの中に限られるが、彗星は空のあらゆるところに現れるというものであった。 その代わり、彼は彗星をの上層部で起こる現象だととらえ、そこは温度が高く、乾いた蒸気が集まり時々勢いよく炎が燃え上がるのだと考えた。 彼はこの仕組みは彗星だけでなく、や、、そしての成因にさえなっていると考えた。 その後、この彗星に対する見方に反論する古代の学者が少数だがいた。 は、彼の著書『自然研究』( Quaestiones naturales)において、彗星は空を規則的に動き、に邪魔されることがなく、大気中の現象よりは天体に典型的な運動をすることを述べていた。 彼はほかの惑星が黄道帯の外に現れることがないことを認めつつも、上のものに関する人間の知識は限られているため、惑星のような物体が空のあらゆるところに現れる可能性を否定する理由はないとした。 しかし、アリストテレスの立場のほうが影響力が大きく、彗星が地球の大気圏外にあるということが証明されたのはのことであった。 に明るい彗星が現れ、数か月間肉眼で観察できた。 の天文学者は、彗星に測定可能ながないことを確かめるため、彗星の位置を自分で測定するとともに、遠く離れた場所の観測者にも測定させた。 正確な測定をしたところ、その測定結果は、彗星が少なくとも月より4倍以上遠くにあるということを示していた。 18世紀にもなると、多くの天文学者たちが彗星の発見と研究を競ったが、中には彗星と紛らわしい天体があることも知られるようになった。 にロンドン王立協会の外国人会員になったフランスのシャルル・メシエは、自らも彗星の捜索を行うかたわら、彗星と紛らわしい天体が多いことに閉口していた。 そこでメシエは彗星ではない天体のリストを作り始めた。 これが天体カタログの『』である。 軌道の研究 [ ] のに示された、に合わせた1680年の大彗星の軌道 彗星が宇宙空間にあるということは証明されたが、彗星がどうやって空を移動しているのかという疑問は、その後、数世紀にわたって議論の中心になるように思われた。 がに、惑星の軌道はであると決着をつけたあとでさえ、彼は惑星の運動を支配している法則()がほかの天体にも影響を与えていると信じるのを躊躇した。 彼は彗星は惑星の間を軌道で運行していると信じていた。 は、を唱えたの擁護者であったにもかかわらず、ティコによる彗星の視差の測定結果を受け入れず、彗星は地球大気の上層を直線状に動くというアリストテレスの考えを支持し続けた。 ただし、ケプラーの師は彗星の軌道が直線からわずかにずれることを観測で確認しており、ケプラーも自身の説を発表するにあたって師のデータを改竄せず、その理由について「地球の運動のため」との(誤った)考察を与えている。 ケプラーの惑星の運動の法則が彗星にも適用されるべきだと初めて提案したのはで、のことであった。 その後、数十年間、、、、、そしてなどを含むほかの天文学者たちは、彗星は太陽の周りを曲線状の軌道、楕円軌道か軌道を描いて運行しているという説を唱えたが、その一方、やは、彗星は直線運動をしているという説を支持した。 この問題は、にが発見したによって解決された。 のいたるところで、天文学者たちはこの彗星の位置を観測し続けた。 、は彼の著書『』(プリンキピア)において、のの影響下で運動する物体は、軌道の形がの一種になるということを証明し、天空における彗星の運動が放物線軌道とどのように適合するかを、1680年の彗星を例にして具体的に説明した。 、は、からまでの24個の彗星の出現に対して、ニュートンの手法を応用した。 するとハレーは、1531年、1607年、1682年に現れた3つの彗星のが、きわめて似通っていることに気づいた。 しかも、軌道要素のわずかな違いは、とによる重力的な摂動によって説明することができた。 彼はこの3つの彗星の出現は、同じ彗星が3回出現したものだと確信し、この彗星は1758年か1759年に再び戻ってくるだろうと予言した (ハレー以前に、ロバート・フックがすでにと1618年の彗星を同定し 、また同じころカッシーニも1577年、1665年、1680年の彗星は同じものではないかと推測していたが 、これらはどちらも間違っていた)。 ハレーが予言した彗星の戻ってくる期日は、のちに3人ののによって改良された。 、、である。 彼らは彗星の1759年の近日点通過日時を1か月以内の誤差で予言した。 短い周期を持ち、歴史上の記録に何度も登場するような彗星の中で、ハレー彗星はどの出現でも肉眼で見えるほどの明るさになったという点で特異である。 ハレー彗星の出現の周期性が確立して以降、数多くの周期彗星がを使って発見されてきた。 からまでの期間中、の数学者・のは、1786年、1795年、1805年、1818年に観測された一連の彗星の出現から軌道を計算し、これらは同一の彗星であるという結論を下し、の出現を予言するのに成功した。 1900年までに、17個の彗星について1回以上の近日点通過が観測され、周期彗星として確認された。 2010年までに、240個以上の彗星について周期彗星としての識別に成功しているが、そのうちのいくつかは消滅したり見失われたりしている。 物理的特徴の研究 [ ] は、彗星を固く締まった頑丈な固体だとした。 つまり非常に長い楕円軌道を描き、その軌道と方向がかなり自由な惑星の1種であって、その尾は、太陽熱で着火または加熱された頭部、つまり彗星の核から放出された非常に希薄な蒸気だと考えていたのである。 また、ニュートンにとっては彗星は、惑星の水分と湿気を維持するために不可欠なものだと思われた。 つまり、彗星の蒸気と放出ガスが凝縮したものから、植物が生まれ腐敗し乾燥した土になるために使われるすべての水分が再供給、補充されるとした。 ニュートンは、すべての植物は液体から増え、それが腐敗して土になると考えていたためである。 だとすると乾いた土の量は絶えず増加するため、その惑星の水分は絶えず供給されていない限り絶えず減っていき、ついにはなくなるはずだと考えたのである。 ニュートンは、われわれの空気のもっとも精妙で最上の部分を構成する、生命とすべての存在に絶対不可欠な精気が、彗星によってもたらされるのではないかと考えた。 また、彼の推測によると、彗星は太陽に新しい燃料を補充しており、その発光体からすべての方向に絶えず送られる流れによって太陽の光を回復させているとした。 「巨いなる沸き立つ尾より振るえては あまたの珠玉に潤いを甦らせる その長き楕円の風の吹くところ 傾く太陽に新たな燃料を与える 星界を照らすがため天空の火を養う」 18世紀以前に、彗星の物理的構造について正しい仮説を立てていた科学者もいた。 、は、彗星は揮発性の物質で構成されており、それが蒸発することが原因で近日点付近で彗星が明るくなるのだという仮説を立てた。 1836年には、ドイツの数学者が、1835年のハレー彗星の回帰で蒸気の流れを観察したことから、彗星から蒸発した物質の反動は、彗星の軌道に大きな影響を与えるのに十分なほど大きい可能性があると指摘し、の非重力的な運動はこの仕組みによるという説を唱えた。 しかし、彗星に関連したほかの発見により、1世紀近くこれらの説はほとんど忘れ去られていた。 からの期間中、の天文学者はの軌道を計算し、軌道の類似性から、の塵がペルセウス座流星群の原因であるという仮説を立てた。 彗星と流星群との関連は、に劇的な形で示されることとなった。 を原因とする、激しい流星群の活動が観察されたのである。 ビエラ彗星は、の回帰で2つに分裂したのが観察され、次のの回帰以降はまったく観測されなくなっていた彗星である。 これを基にして、彗星は表面を覆う氷の層と、緩く堆積した小さな岩石のような物体から構成されているとする、彗星の構成の「砂利の堆積」モデルが現れた。 20世紀半ばまで、このモデルは数々の欠点に悩まされてきた。 特に、わずかな氷しか含んでいない物体が、何回かの近日点通過を経たあとも蒸気が蒸発することで明るく見え続けるということがなぜ可能なのかを説明できなかった。 、が、「彗星は氷と塵からなる」という「汚れた雪玉」を提唱した。 岩石主体の天体にわずかに氷が混じっているのではなく、氷が主体の天体に塵や岩石が混じっているというのである。 この「汚れた雪球」モデルはすぐに受け入れられた。 彗星探査機による観測 [ ] NASA の打ち上げたは、当初のミッションを終えたあとにICEと改名されて地球の重力圏を離れ、にに接近し、彗星への近接探査を行った最初のとなった。 翌には、日本の ISAS 、 ESA 、・東欧宇宙連合 IKI が打ち上げた計5機の探査機にICEを加えた6機、通称が連携してハレー彗星の核を観測した。 ESAのジオットが核を撮影したところ、蒸発する物質の流れが観測され、ハレー彗星は氷と塵の集まりであることが確かめられ、ホイップルの説が実証された。 ジオットは1992年にもに接近、観測を行った。 に打ち上げられたNASAの工学実験探査機は、にの核に接近して詳細な写真を撮影し、ハレー彗星の特徴はほかの彗星にも同様に当てはまることを立証した。 探査機スターダストが撮影したヴィルト第2彗星。 明るい面と暗い面からジェットが噴出しており、地形は荒涼としていて、乾燥していた。 その後の宇宙飛行ミッションは、彗星を構成している物質についての詳細を明らかにすることを目標に進められている。 に打ち上げられた探査機は、にはに接近して核を撮影するとともにコマの粒子を採取し、に標本を入れたカプセルを。 標本の分析により、彗星を構成する主要元素の構成比から、彗星は太陽や惑星などの原材料物質であることを示すとともに、高温下で形成されるやなどが発見された。 高温下で形成される物質は従来の説で彗星が生まれたとされる領域で形成されたとは考えにくく、太陽に近い場所で形成された物質が彗星が形成された太陽系外縁部まで運ばれてきた可能性や、従来の説よりも彗星が形成された場所が太陽に近い場所であった可能性など、彗星の形成理論の再構築が必要となる可能性がある。 に打ち上げられた探査機は、同年に、核内部の構造の研究のためににインパクターを衝突させた。 この結果、短周期彗星であるテンペル第1彗星の成分は長周期彗星のものとほぼ同じであることが判明した。 さらに、塵の量が氷よりも多かったことから、彗星の核は「汚れた雪玉」というよりも「凍った泥団子」であると見られている。 またテンペル第1彗星の内部物質からも、かつて高温下の条件を経験したと考えられる物質が検出されたため、ヴィルト第2彗星からの物質とともに彗星の形成理論や太陽系初期の状況を考える上で貴重な情報となった。 これまでに行われた近接探査 [ ]• … 21P 、 1P• 、、、… 1P ハレー彗星• … 1P ハレー彗星、 26P• … 19P• … 81P• … 9P 、 103P• スターダスト… 9P• … 67P 実現しなかった近接探査 [ ]• さきがけ… 21P ジャコビニ・ツィナー彗星• … 2P 、 73P• ロゼッタ… 46P• ディープ・インパクト… 85P 彗星の探索と発見の歴史 [ ] 望遠鏡がなかった時代、彗星の発見はもっぱら肉眼によるものであった。 に望遠鏡が発明されると、それによって、肉眼では見えないような暗い彗星を発見することができるようになった。 やがて、望遠鏡や双眼鏡を駆使して、彗星の捜索を精力的に行う、 comet hunter と呼ばれる天文家が現れた。 後述のような自動探査プロジェクトが、電子機器の発達などによって、技術的に可能になった20世紀最末期に至るまで、彗星や小惑星の新発見はこうしたアマチュア天文家に深く依存していた。 主なコメットハンター [ ] 20世紀以降に活躍したものを挙げる。 より詳細や過去のについては当該項目を参照のこと。 - 日本のコメットハンターの先駆け的存在。 - 1965年に大彗星になったの第一発見者。 - 池谷・関彗星の第二発見者。 - 1996年に大彗星になったの発見者。 日本以外• (Donald Machholz)- アメリカ• (Eugene Merle Shoemaker)と(Carolyn Spellman Shoemaker)夫妻 - アメリカ。 小惑星を含め多数の発見記録がある。 1994年のは有名。 (William Bradfield)- オーストラリア。 彗星発見18個はアマチュアでは現役最高記録。 (en:Terry Lovejoy)- オーストラリア。 (Robert H. McNaught)- オーストラリア。 彗星発見数は約50個。 1990年代後半になると、このような状況に劇的な変化が生じた。 やなどといったの強力な自動捜索プロジェクトが相次いで始動し、によって18等や20等などといったきわめて暗い彗星が根こそぎ発見されるようになったのである。 北半球で太陽から比較的離れた区域の空は自動捜索プロジェクトによってほとんどの彗星が発見されるようになり、アマチュア天文家などが彗星を発見することは非常に困難になった。 また、1996年には太陽観測衛星が観測を始め、その副産物として、に属する彗星がきわめて多数発見されるようになった。 自動捜索プロジェクトなど [ ] 捜索プロジェクトなど。 以下のプロジェクト名の中には定訳がないものもあるのに注意。 - Spacewatch。 アメリカの。 から2005年7月までに短周期彗星1個を含む11個の彗星を発見。 - Near Earth Asteroid Tracking、NEAT、ニート。 アメリカの。 12月から2005年7月までに3個の短周期彗星を含む45個以上の彗星を発見。 - Solar and Heliospheric Observatory、ソーホー。 太陽観測衛星。 1996年1月から2006年8月までに1,000個以上の彗星を発見。 - Lowell Observatory Near- Earth- Object Search、LONEOS、ロニオスまたはロネオス。 アメリカの。 12月から2005年7月までに短周期彗星2個を含む15個の彗星を発見。 - Lincoln Near- Earth Asteroid Research、LINEAR、リニア。 アメリカの。 1月から2005年7月までに7個の短周期彗星を含む150個以上の彗星を発見。 - Catalina Sky Survey、Catalina、カタリナ。 アメリカのアリゾナ大学。 から2005年7月までに14個の彗星を発見。 - Bisei Asteroid Tracking Telescope for Rapid Survey、BATTeRS。 の(日本協会)。 に1個の彗星を発見。 - All Sky Automated Survey、ASAS、エーザス。 チリの。 恒星の光度監視プロジェクト。 に1個の彗星を発見。 - の。 が参加している。 までに3つの短周期彗星を含む5個の彗星を発見。 大彗星 [ ] 毎年数百個の小彗星が太陽系の内側を通過していくが、そのうち世間一般の話題となるような彗星はきわめて少数である。 大体10年に1個前後、あまり夜空に関心がない人でも気づくほど明るくなるような彗星が現れる。 そのような彗星はよくと呼ばれる。 過去には、明るい彗星はしばしば一般市民にパニックやヒステリーを引き起こし、何か悪いことの前兆と考えられた。 20世紀に入ってからも、ハレー彗星の1910年の回帰の際に、彗星が地球と太陽の間を通ることから「彗星の尾によって人類は滅亡する」というような風説が広まった。 この当時、すでに分析によって()彗星の尾には猛毒のが含まれていることが知られており、また天文学者でSF作家でもあったは、尾に含まれる水素が地球の大気中の酸素と結合して地上の人々が窒息死する可能性があると発表した。 これらが世界各国の新聞で報道され、さらに尾ひれがついて一般人がパニックに陥ったと言われる。 日本では、空気がなくなっても大丈夫なようにと、ののチューブが高値でも飛ぶように売れ、貧しくて買えないものは水に頭を突っ込んで息を止める練習をするなどの騒動が起きたとされているが、世界の終わりを信じた人はごく一部だったと受け取れるような記録もある(いずれにせよ、実際には彗星の尾は地球の大気に影響を及ぼすにはあまりに希薄だった)。 しかし、ほとんどの人にとっては、大彗星の出現は単に素晴らしい天体ショーである。 さまざまな要素により、彗星の明るさは予言から大きく外れるため、彗星が大彗星になるか否かを予言するのは難しいということはよく知られている。 大まかに言うと、もし彗星の核が大きく活発で、太陽の近くを通る軌道で、もっとも明るいときに地球から見て太陽により不鮮明になっていなければ、大彗星になる可能性が高い。 しかしの は、これらすべての条件を満たしており、壮大な彗星になると期待されたにもかかわらず、実際はあまり明るくならなかった。 20世紀後半には大彗星が出現しない長い空白期間があったが、20世紀も終わりに近づいたころ、2つの彗星が相次いで大彗星となった。 1996年に発見され明るくなった と、1995年に発見され、に最大光度となったヘール・ボップ彗星である。 21世紀初頭には大彗星が、それも2個も同時に見ることができるというニュースが入った。 2001年に発見された と2002年に発見された である。 しかしどちらも最大光度は3等に留まり、大彗星とはならなかった。 2006年に発見され、2007年1月に近日点を通過した は予想を上回る増光を起こし、昼間でも見えるほどの大彗星となった。 近日点通過後は南半球でのみ観測されたが、尾が大きく広がった印象的な姿を見せた。 エンケ彗星は木星の内側からの内側にまで入る軌道を回っているし、 29P は木星と土星の軌道の間に収まった軌道を回っている。 土星との間を不安定な軌道で回っているは、最初はに分類されていたが、のちに希薄なコマが発見されたため、現在では彗星と小惑星の両方に分類されている。 同様に、 137P も小惑星1990 UL 3として発見された。 近日点、遠日点がともに内にある彗星も複数見つかっており、と呼ばれている。 上記のキロンやシューメーカー・レヴィ第2彗星のように、最初は小惑星として発見された天体がのちに彗星だと判明する例が20世紀末以降は増えている。 その他の小惑星や、惑星の衛星の中にも、軌道や成分などから元は彗星だったと考えられるものがある。 2007年に大バーストを起こした。 中央やや左に明るいコマが、右に青いイオンテイルが見えている。 彗星によっては、短時間の間に急激な増光(アウトバースト)を起こすことがある。 特にが2007年10月下旬に起こした大増光は印象深い。 2日足らずの間に17等から2等級まで(約40万倍)明るくなり、肉眼でも「明るい星」として容易に見ることができた。 その後、この増光で放出されたと思われるダストが球状に広がり、その直径は太陽よりも大きく広がった。 ホームズ彗星は一時的に太陽系最大の天体となったのである。 1986年に接近したも、後に突然増光が確認されている。 これもアウトバーストが原因ではないかと言われている。 記録に残されたもの、残されていないもの問わず、多くの彗星の核が分裂するのが観測されてきた。 の回帰の際に2つに分裂し、のちに流星群だけを残して消滅した()が有名な例である。 また、 73P はの回帰時に4個に分裂し、その後さらに分裂(いくつかは消滅)して2006年には30個以上の破片になっていた。 このほかにも、、ブルックス第2彗星 16P など、彗星核の分裂が観測された彗星は数多い。 崩壊・消滅した彗星としては、1994年7月に木星に衝突したも有名である()。 のはエンケ彗星の破片が地球に衝突したのではないかとする仮説がある。 の落下によって生じるがまったく見られなかったことから、大気圏に突入した彗星の破片が上空で爆発、蒸発したことによって甚大な被害を及ぼしたのではという見解がある。 1979年、かつてのから分裂したの彗星が面に接近し、蒸発、雲散霧消する姿がの:SOLWIND(ソルウィンド)によって観測された。 このような事例は数多く起こっており、1995年に打ち上げられた太陽探査機は、毎年数十個の彗星が太陽に突入するのを観測している。 十分に大きな彗星は、近日点通過後も生き延びるという予測があったが、初の事例となったのはのである。 彗星自体が変わった性質を持っているものも多い。 また核の直径自体もおよそ30キロ と、当時としてはかなり大きい部類に入る彗星でもあった。 有名な彗星・明るくなった彗星 [ ] 周期彗星 [ ]• 1P - 周期約76年。 2P - 周期約3. 3年で、周期彗星中最短。 17P - 周期約6. 2007年に2等級台にまで大増光、肉眼でも見えた。 153P - 周期約366年で、周期彗星中最長。 非周期彗星 [ ]• - 1858年秋に明るくなり、尾が3本に分かれて見え、世界中で観測された。 - 幅広い尾が発達し、1861年の大彗星とも呼ばれた。 日本にも記録が残っている。 - 太陽表面からわずか46万キロを通過、太陽のすぐ脇でも別の明るい天体として認識できるほど明るくなった。 - 1965年秋に明け方で長い尾が見られ、また太陽最接近時には-17に達した。 - 1970年3月に近日点を通過し、核が非常に明るく明け方の空で-3等級に達した。 - 1974年初頭にマイナス等級になると期待されたが、地上からでは3等止まりだった。 0312天文単位の至近距離を通過した。 - 1996年3月に地球に0. 102天文単位まで接近、0等になり尾が60度以上に伸びた。 - 2007年1月に近日点通過。 日本からは西の空の低い位置にあったためにすぐに見えなくなったがオーストラリア方面で世紀の大彗星となって現れた。 -4等星にまでなり昼間でも肉眼で確認できたという。 関連ドキュメンタリー作品 [ ]• 『NHKスペシャル 』 第一回『ふりそそぐ彗星が生命を育む』 フィクションの中の彗星 [ ] 彗星はや映画製作者には人気のある題材であるが、氷の天体と言うよりも燃えている天体のように誤って描写されることも多い。 フィクションの中のハレー彗星については、「」の項を参照。 の『』(1877年)は、手ごろな彗星によって太陽系を旅行する、時代の想像による小説である。 の『』(1905年)は、彗星の尾の蒸気がどのようにして世界中にユートピアのような社会を作り出すかを描いた物語である。 の『』は、の世界が燃えるような彗星に驚く様子を描写している。 の小説『』は、ハレー彗星への有人ミッションの物語が詳しく書かれている。 との合作小説『』(1987年)の中では、多国籍のチームがハレー彗星の核を掘り抜いて氷に囲まれたを作る。 の『2 彗星狩り』では、彗星を地球の衛星軌道に乗せて宇宙開発に必要な水資源を確保しようという計画と、その主導権を賭けて彗星への到達を競う宇宙船レースが描かれる。 の『シリーズ アンクスの海賊』では、木星型惑星が形成されなかったために太陽系よりはるかに多数の彗星が存在する星系を舞台に、零細(恒星間宇宙船1隻)運送業者の冒険が描かれる。 また、彗星が地球へ衝突する(または衝突しそうになる)という状況を描いた作品も多数存在する。 『此世は如何にして終わるか』• との合作『』• との合作『』• の『』• アーサー・C・クラークの『』• の『』 映画• 『』 アニメ・特撮など• 『』架空の彗星が1200年ぶりに地球に接近する中で、物語が展開されていく。 『』地球に対する新たな脅威として、宇宙を席巻し星々を侵略するが描かれる。 『』(アニメ、「磁気望遠鏡」)• 『』(最終回)• 『』主人公のライバルであるの通称が「赤い彗星」である。 『』第25話「怪彗星ツイフォン」• 『』第16話「宇宙の剣豪」• 『IX』の「江戸壊滅の危機! すい星激突の恐怖」 出典 [ ] []• Deiters, Stefan; Pailer, Dr. Norbert; Deverler, Susanne 2008. 140-149. Pilz, Uwe; Leitner, Burkhard 2013. 40-45. Hirschler, Johannes 2009年6月1日. 、、、. 2013年10月28日閲覧。 物理学委員会IAU分科会及び天文学・宇宙物理学分科会 2007年4月9日. 2010年1月31日閲覧。 2005年. World Book Online Reference Center. 2008年1月18日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年12月27日閲覧。 Meech, M. 1997年2月14日. 2009年4月25日閲覧。 2001年4月6日. 2009年1月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年4月25日閲覧。 2006年12月14日. 2009年4月25日閲覧。 ぐんま天文台• 、、17 August 2009• 井田 2009。 2001年11月29日. 2008年10月26日閲覧。 2013年5月10日時点のよりアーカイブ。 2010年1月11日閲覧。 Biermann, L. 1963. 1 3 : 553. NASA• 2009年4月26日閲覧。 2008年6月16日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年4月26日閲覧。 IAU bulletin IB74• Reddy, F. 2006年4月3日. 2009年1月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年4月29日閲覧。 Davidsson, B. 2008年. 2009年4月25日閲覧。 Johnston, R. 2009年11月21日. 2010年1月30日閲覧。 2008年12月27日閲覧。 Rosetta FAQ. 2007年11月9日. 2009年12月16日閲覧。 Licht, A. 1999. 137 2 : 355. Bortman, Henry 2004年9月29日. Astrobiology Magazine. 2007年8月5日閲覧。 Kronk, Gary W.. Gary W. Kronk's Cometography. 2009年4月27日閲覧。 2010年1月31日閲覧。 例として、 Vector• Rosetta FAQ. 2009年4月25日閲覧。 Near Earth Object Program FAQ. 2009年4月25日閲覧。 Shiga, D. 2008年1月24日. 2009年4月25日閲覧。 林 悟; 柳澤 正久; 佐藤 勲; 長谷川 均; 中島 崇; 福島 英雄 2000年10月. 日本惑星科学会秋期講演会予稿集 日本惑星科学会 2000: 51. Quanzhi Ye, Qicheng Zhang 2020年4月6日. The Astronomer's Telegram. 2020年4月10日閲覧。 2001年2月23日. 2009年4月26日閲覧。 2010年7月26日. 2016年5月22日閲覧。 Muir, H. 2007年9月25日. 2009年4月26日閲覧。 A brief history of Halley's Comet. 2009年4月27日閲覧。 Gary W. Kronk's Cometography. 2009年4月27日閲覧。 2000年1月14日. 2006年3月5日閲覧。 の版・第3段落• Bayeux tapestry. Museum of Reading. 2009年4月17日閲覧。 Aristotle 350 BCE. Webster, E. trans. Aristotle 350 BCE. Webster, E. trans. 2003年10月17日. 2012年12月9日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年4月27日閲覧。 2008年7月16日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年5月15日閲覧。 1687. 3, Prop. Halleio, Edmundo 1705. Philosophical Transactions 24: 1882-1899. 1665. Diary of Samuel Pepys. Sagan, Carl; Druyan, Ann 1985. Comet. 42-43. Sagan, Carl 1985. 『四季』(1730年)• Sagan, Carl 1985. 117• Kronk, Gary W.. Gary W. Kronk's Cometography. 2009年4月27日閲覧。 1950. 111: 375-394. 179-188• Ridpath, Ian 2008年7月3日. A brief history of Halley's Comet. 2008年8月11日閲覧。 New York Times. 1997年3月29日. 2008年11月9日閲覧. "According to material the group posted on its Internet site, the timing of the suicides were probably related to the arrival of the Hale-Bopp comet, which members seemed to regard as a cosmic emissary beckoning them to another world. Kronk, Gary W.. Gary W. Kronk's Cometography. 2006年3月5日閲覧。 Kronk, Gary W.. Gary W. Kronk's Cometography. 2009年4月27日閲覧。 Kronk, Gary W.. Gary W. Kronk's Cometography. 2009年4月27日閲覧。 Kronk, Gary W.. Gary W. Kronk's Cometography. 2009年4月27日閲覧。 Kronk, Gary W.. Cometography Home Page. 2010年8月4日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年8月8日閲覧。 桜井邦朋、清水幹夫編『彗星 その本性と起源』朝倉書店、1989年。 中村士、山本哲生『アストラルシリーズ4 彗星』恒星社厚生閣、1984年。 井田茂、中本泰史『ここまでわかった新・太陽系』ソフトバンク クリエイティブ、2009年。 宮本英昭、橘省吾、平田成ら『異星の踏査-「アポロ」から「はやぶさ」へ展図録』、2007年。 関連項目 [ ] で 「 彗星」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキクォートの ウィキソースの コモンズで() ウィキニュースの ウィキバーシティの• 外部リンク [ ]• (日本語)• - IAU: Minor Planet Center 彗星の名前と符号• " at archived 2010年4月9日 "• " at archived 2012年7月29日 ".

次の

新天体関連情報 (New Objects Information)

ほし まち 彗星

概要 [ ] キャラクターを、永遠の18歳の高校生アイドルVTuberと設定し 、活動やなどのの他、やの作成なども行っている。 ファンの呼称は、までは「こめとも」、以降は「 星詠み(ほしよみ)」。 にチャンネルを開設 、同日に自身のTwitterにてキャラクターデザインを公開した。 その後の同月22日にYouTubeチャンネルに1本目となる動画を投稿した。 企業などの支援を受けずに個人で活動をするいわゆる「個人勢」としてデビューをしたため、自身のアイコンやロゴ、キャラクターデザイン、の設定、動画の編集などをすべて星街1人で行っていた。 2019年に内に新たに設立された音楽活動に特化したレーベル「イノナカミュージック」への所属が決定した。 同年に星街のサポート強化などを理由にイノナカミュージックから、女性バーチャルYouTuberグループ「ホロライブ」への転籍が発表された。 ホロライブへの転籍と同時にを担当するデザイナーが星街から手島nariへ 、Live2Dモデルの制作がrariemonnへとそれぞれ変更となった。 2019年10月より、でも 星街彗星の名義でライブ配信を開始。 には舰长 の人数が1000人を超え、bilibili投稿者の中で4番目に、バーチャルYouTuberとしては初めて1000人の舰长を獲得した。 bilibili動画の視聴者の間では、あらゆる技術に精通しており、総合的にバランスの取れている人物を表す六边形战士 六角戦士 とも評価されている。 2020年にで開催された「hololive 1st Fes. ノンストップ・ストーリー」においてを披露し 、同年3月1日に自身のチャンネルにて3Dモデルのお披露目配信を行った。 3Dモデルを作成したのは、3DCGモデレーターの八剣。 活動・実績 [ ] 歌手活動、ゲーム実況などの配信活動、イラスト・デザイン作成、動画編集などを行っている。 イラスト・デザインの作成では、自身のYouTubeチャンネルやTwitterで利用するコンテンツの作成以外にも、他のバーチャルYouTuberのYouTubeチャンネルロゴイラストの作成などを行う。 動画編集においては、自身のYouTubeチャンネルで投稿する動画以外にも、やホロライブに所属するバーチャルYouTuberのの制作を行い 、としても活動をしている。 2019年3月から、同年5月までで、新しくバーチャルYouTuberとして活動を始めようとする人を支援する活動を行っていた。 2020年3月1日に行った3Dモデルのお披露目配信では、全編ライブとしてオリジナル曲とカバー曲をライブ形式で歌い、高い歌唱力を披露。 ライブ配信の最大同時接続者数は約55,000人を記録し、Twitterではトレンド世界1位を獲得した。 2020年4月からは文化放送にて初の「星街すいせいのMUSIC SPACE」を担当。 同年6月17日には文化放送において日本の地上波ラジオ番組でバーチャルアーティストとしては初のスタジオライブ「」をもこ田めめめ、花鋏キョウの2人と共に行った。 歌手活動 [ ] 2018年4月30日に自身のYouTubeチャンネルに初の「歌ってみた」動画を投稿。 その後もいくつもの楽曲をし投稿している。 その他にも、ライブ配信を行いながら、カラオケ音源を使用し歌唱を披露する配信(通称、歌枠)を行っている。 オリジナルソング [ ] 映像外部リンク ミュージックビデオ - - - 1stオリジナルソング『comet』 2018年11月22日公開された楽曲。 2018年7月2日に自身のライブ配信にて制作を発表した。 発表時は、同年9月に公開をするとしていたが、2か月遅れの公開となった。 これは、2018年7月1日から始動したバーチャルYouTuberグループ「S:gnal」へ参加したが、活動の方向性の違いが埋まらず 、同年8月に脱退をしたためである。 楽曲のミュージック・ビデオは星街自身が制作した。 系の華やかな曲調と切なくも愛らしいメロディが印象的な楽曲。 星街すいせいを見ていただいて感じたことを曲にしてください」との指示がされた。 2018年12月29日に配信された「V紅白歌合戦」においてcometが紹介され、星街のYouTubeチャンネルの登録者が2600人未満から、5000人まで約2倍に増加させることとなった。 2ndオリジナルソング『天球、彗星は夜を跨いで』 2019年3月22日に公開された楽曲。 作詞作編曲は。 2019年に自身のYouTubeチャンネルにて制作を発表した。 楽曲のミュージック・ビデオは星街自身が制作した。 公開されたミュージック・ビデオは、2020年3月28日に100万回再生を達成した。 星街の憂いを帯びた歌声を中心とし、鋭利なイメージの音楽と夜空を駆け抜ける彗星をモチーフとした歌詞がバランスよくミックスされた楽曲。 1stオリジナルソング『comet』の発注よりも前に発注された楽曲で、楽曲の制作にあたり、星街からキタニタツヤへは「王道のアイドル路線の曲みたいなことは全然意識せず、アーティスティックな路線で、ちょっとハイカラな方向で作ってもらえたら」との指示がされた。 出来上がった音楽を聞いた時、1曲目よりも2曲目として出した方が良いと判断し、cometよりも後の発表となった。 2020年1月28日に豊洲PITで開催された「hololive 1st Fes. ノンストップ・ストーリー」において、初めて公開された3Dモデルと共に高い歌唱力で楽曲を披露した。 3rdオリジナルソング『NEXT COLOR PLANET』 2020年3月21日に発表された楽曲。 作詞は星街すいせい、作編曲は。 略称は「カラプラ」。 2020年3月21日に行われたデビュー2周年の前夜祭として行われた3Dライブ配信において歌唱され、翌22日にミュージック・ビデオが公開された。 6月5日に100万再生を達成した。 楽曲の制作はが行い、サウンドプロデューサー兼ディレクターとしてが参加している。 ギター、ベース、ホーンセクションの生々しい響きとシンプルな4つ打ちビートによる高揚感溢れる音楽と、ライブを想起させる歌詞が一つになった楽曲で、星街のファンに対する愛情が込められている。 星街が酒井の制作した楽曲を歌いSNSに投稿したのを酒井が見つけ、星街に声をかけたことがきっかけとなりArte Refactの制作で楽曲が作られる運びとなった。 「ようやくスタートラインに立った」楽曲となるべく、パーティーソングのような曲調で制作するような指示がなされた。 楽曲は同年3月22日より、各種音楽配信サイトより配信発売が行われた。 デイリーデジタルシングル(単曲)において、2020年3月22日付で5位を獲得した。 アニソンランキングでは、初週2位 、第2週8位 と2週連続のランクインをした。 配信活動 [ ] 、などのにおいて配信を行なっている。 YouTube [ ] 2018年3月より、動画の投稿、ライブ配信を行っている。 活動を開始した2018年末では、チャンネル登録者数が約3,600人であったが、2018年12月29日に行われた「V紅白歌合戦」で紹介されたことをきっかけに2019年1月には約5300人へと増加した。 その後ホロライブプロダクションへ所属し、2019年7月に1万人、2020年1月末に10万人のチャンネル登録者数を達成している。 bilibili動画 [ ] 2019年10月より、動画の投稿、ライブ配信を行っている。 2020年3月1日に行われた、3Dモデルのお披露目配信において視聴者人気値 が260万に達し、2. 2億の金瓜子榜 を獲得した。 また、1時間のライブ配信中に新たに773人の舰长 を獲得し、舰长の総数は847人に達した。 同月17日には舰长の総数は1000人を突破し、bilibiliの全ての配信者の中で4番目、バーチャルYouTuberの中では初めて1000人の舰长を獲得した。 星街のbilibiliのファン数に対する舰长の人数の比率は、他のバーチャルYouTuberと比較した時に高い。 例として、同じホロライブに所属するは約64万人のファンに対し441人の舰长を獲得しているが、星街は約27万のファンに対し、約1000人の舰长を獲得している。 The Shitest Start(2019年5月22日、秋葉原エンタス)ゲスト出演• INNK EXHiBiTiON(2019年8月9日、秋葉原エンタス)• hololive 1st Fes. ノンストップ・ストーリー(2020年1月24日、)• VTuberおしゃべりフェス(2020年2月16日、3331 Arts Chiyoda 体育館)• BilibiliWorld 2020(2020年8月7日 - 9日、〈上海市〉) ディスコグラフィ [ ]• hololive. 2020年4月19日閲覧。 2020年4月19日閲覧。 11 星街すいせい」『アニメディア』第40巻第8号、、2020年6月10日、 104—105。 2018年3月22日. 2020年4月19日閲覧。 () 2020年4月9日. 2020年4月19日閲覧。 ツイート. より 2020年4月19日閲覧。 2020年4月19日閲覧。 ツイート. より 2020年4月19日閲覧。 ビルドボード・レコード. 2019年5月19日. 2020年4月19日閲覧。 2019年11月29日. 2020年4月19日閲覧。 ツイート. より 2020年4月19日閲覧。 rariemonn765 2019年12月1日. ツイート. より 2020年4月19日閲覧。 電撃オンライン. 2020年2月1日. 2020年4月19日閲覧。 時事ドットコム. 2020年2月27日. 2020年4月19日閲覧。 ツイート. より 2020年4月19日閲覧。 2020年4月19日閲覧。 2018年11月2日. 2020年4月19日閲覧。 2020年4月18日. 2020年4月19日閲覧。 ツイート. より 2020年4月19日閲覧。 PIXIV FANBOX. 2019年5月20日. 2020年4月19日閲覧。 2020年6月21日. 2020年6月26日閲覧。 2020年5月2日. 2020年6月26日閲覧。 文化放送 2020年6月4日. 2020年6月9日閲覧。 2018年4月30日. 2020年4月19日閲覧。 2020年4月15日. 2020年4月19日閲覧。 2018年11月22日. 2020年4月19日閲覧。 2018年7月2日. 2020年4月19日閲覧。 ツイート. より 2020年4月19日閲覧。 2020年6月12日. 2020年6月26日閲覧。 2019年3月22日. 2020年4月19日閲覧。 2019年2月22日. 2020年4月19日閲覧。 2020年3月28日. 2020年4月19日閲覧。 2020年1月31日. 2020年4月19日閲覧。 2020年3月21日. 2020年4月19日閲覧。 2020年6月5日. 2020年6月5日閲覧。 MoguLive. Mogura 2020年3月23日. 2020年4月19日閲覧。 PANORA. パノラプロ 2020年3月22日. 2020年4月19日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年3月25日時点の [ ]よりアーカイブ。 2020年3月24日閲覧。 Phile web. 2020年3月25日. 2020年4月19日閲覧。 Phile web. 2020年4月1日. 2020年4月19日閲覧。 2020年4月19日閲覧。 2020年4月19日閲覧。 時事ドットコム. 2020年3月22日. 2020年4月19日閲覧。 2020年3月19日閲覧。 ToriiPro 2020年3月19日. ツイート. より 2020年4月19日閲覧。 2019年5月22日. 2020年4月19日閲覧。 2019年8月9日. 2020年4月19日閲覧。 2020年1月28日. 2020年4月19日閲覧。 PANORA. パノラプロ 2020年1月30日. 2020年4月19日閲覧。 2020年6月9日閲覧。 2020年6月8日. 2020年6月9日閲覧。 2020年2月7日. 2020年4月19日閲覧。 www. screens-lab. 2020年4月28日閲覧。 2020年2月27日. 2020年4月19日閲覧。 2020年6月16日. 2020年6月26日閲覧。 2020年6月9日閲覧。 外部リンク [ ]• - チャンネル• - (中国語).

次の

星街すいせい中の人や前世は?個人勢からイノナカへ!テトリスや歌がすごい!

ほし まち 彗星

イノナカミュージック所属、星街すいせいちゃんがチャンネル登録者数5万人を突破しましたね。 見た目もかわいいですが声がとても素敵な18歳の女の子! 星街すいせいちゃんは、2018年3月23日に個人勢としてVtuberデビュー。 2019年5月に、イノナカミュージックの設立メンバーとして同日付でホロライブに加入していますよ。 そんな星街すいせいちゃんについて気になることの一つが中の人や前世についてではないでしょうか! 本人がミスをしない限り中々声優さんについての情報は明るみに出ないので難しいですが、星街すいせいちゃんの中の人や前世、魅力について現時点でわかっていることをまとめていきますよ。 それでは早速いってみましょう! Contents• 話し声はとても声が高いですが、いざ歌になると少しの太めの声になってまるで別人のようにかっこいい歌声を披露してくれていますよね。 星街すいせいや歌い手のさんだーに声が似てる歌い手誰か知りませんか — もつけんぴ motsukenpi そんな星街すいせいちゃんについて気になることの一つが中の人や前世についてではないでしょうか! 結論から言いますと、現時点では中の人や前世については明らかになっておりません。 星街すいせいちゃんの中の人や前世について新しい情報が入り次第こちらで追記いたします! ちなみに星街すいせいちゃんは身バレ顔バレはしていませんが 『親バレ』はしているとのこと。 【親バレ】家の大きなテレビで自分の動画を流された星街すいせい すいせいちゃん… — くーれすと c001357 星街すいせいちゃんがなぜ親バレしたのかの経緯は動画の中でも説明していましたが、 星街すいせいちゃんがパソコンで作業中、遊びに来ていた甥っ子がパソコンを覗きt witterのアカウントがばれてしまったのが発端みたいでしたね。 「 トップシークレットだよ」と伝えて 去年はそれで大丈夫だったが・・今年また甥っ子がやってきた際に親バレしてしまったようですね。 甥っ子はお母さんがいるところで大音量で「すいせいお姉ちゃん面白い」って言いながら動画を見ていたそうで・・。 携帯から娘の声が聞こえるため、おかあさんは「何見てるの?」と聞くとおいっこは携帯を不自然にばっと隠します。 星街すいせいちゃんのおかあさんは気になって、甥っ子に詰め寄ったことでおかあさんにまずバレます。 そしてハイテクなアプリを入手したおかあさんは星街すいせいちゃん動画を家にある大きなテレビで見たそうです。 それにはお父さんも興味津々で解説を加えながら楽しく家族で動画を見たそうですよ。 星街すいせいちゃん本人はただただ恥ずかしかったみたいですが 笑 このように家族公認でVTuberができる星街すいせいちゃんの家族エピソードは心温まりますよね。 歌は趣味で前々からよく歌っていたと感じるくらいかなりのプロ級ですし、絵師としても活動してたことがあるほど絵もプロ級にお上手です。 そんな星街すいせいちゃんは、 2018年3月23日に個人勢としてVtuberデビュー。 2019年5月、イノナカミュージックの設立メンバーとして同日付でホロライブに加入しています。 【ほしまちすたじお】個人勢卒業します配信【 12】 あれから三ヶ月くらいしかたってないのにすいちゃんの配信をみる星詠みは増えたので 昨日の配信と比べるとひろえるコメントのスピード感が変わってます — あーす Dolesta ANIMETAL0115 そしてこちらが星街すいせいちゃんのプロフィールです。 気持ちの強さが伝わってくるエピソードの一つです。 普段は雑談やゲーム配信をやっていますが、 テトリスはVtuberの中でもかなりの腕前の持ち主なので必見です。

次の